FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
これから始まる2つの研究会で「本当はどうなのだろう」という検証を
重ねたい!
と思っています。

ということで、明日から「子育て心理占星術研究会(仮称)」、そして3月28日(日)から本格的に「個人の未来を育てる心理占星術研究会(仮称)」がスタートします。

先日、プレ研究会として職業占星術のメソッドの見直しと研究会の進め方を話し合いましたが、今、考えているのは、職業の成り立ちを細分化し、個人の能力の使い方、伸ばし方と天体の利用の仕方を考えるというのをやりたいですね。
後々、天体のコーチングハンドブックみたいなものをつくれるといいかな。

昨日、今日と職業占星術カウンセリングをさせてもらいましたが、個人の欲求と能力とコンプレックスが密接に結びついていること、やむにやまれぬ衝動のエネルギーとネガティブな性質が入り交じって表現されていることなどの再確認ができました。
このエネルギーの消化=昇華のさせ方を考えることこそが、個人の未来を育てる鍵になるのではないかなと考えています。

ということで、天野さんが提案してくれた「天体とテーマ」の検証――ずっと古いテキストをそのまま使用していたので――をやりましょう。

ほんとにね、こんなに時代が進んでいるのに、これまでと同じ象徴理解ではさすがに無理がありますよね。
「本当はどうなのだろう」という否定、検証、代替案の流れをつくり、フレッシュな言葉、フレッシュな提案を考えていきたいですね。

何をすべきかようやく見えてきたので、それえは3/28(日)から本格的に検証、探求の場としての研究会をスタートさせていきましょう。
次回は、90歳越えの二人の女性(森浜子さん、瀧島未香さん)の生きざまから考える天体の利用の仕方と時期の捉え方をもとに、天体とテーマの見直しをしていきます。

で、明日の子育て研究会は、「未来をつくる子育てを考えよう!」です。

正解の見えない時代、答えのない人生に対し、 親や教育者たちは子供にどのようなことを伝えていくことができる のでしょうか。生きることを簡単に放棄できる時代に、 大人たちは子供たちに対し、 どんな生きる力を与えることができるでしょうか。
そもそも個性とは、その子らしさとは何を意味するのでしょう。

こうした問いに心理占星術のメソッドを応用、活用できないか。
参加者みんなで考えていく研究会がスタートします。

多くの方が抱えている子育ての悩みや不安はどこからきているのか 。
モヤモヤの原因は世間体や常識、既成概念にとらわれたもの、 占星術でいうところの社会天体(木星・土星)= 外発的なものなのか。
または、周囲の人や時代の影響によってあおらたもの、 占星術でいうところのトランスサタニアン(天王星、海王星、 冥王星)によるものなのか。

大人も子供も少しでも健やかに生きていくために、
また、これからの時代を生き抜いていくために、
心理占星術の考えや技術を利用し、 みんなで意見を出し合いながら、よりよい子育て、 親育ての方法を考えていきましょう。

一緒に情報収集やデータ分析などをしてくれる方、 自分の持っているリソースを共有し、 子供たちの未来を一緒に考えてくれる方のご参加をお待ちしています。

◆開催概要
未来をつくる子育て研究会:第1回
子育ての悩みはどんなもの?
悩めるときに手に取る指南書、支えの言葉や信念は?
そこから普遍的な子育てのテーマを探ります。

日時: 3/5(金)10:00~12:00
金額: 2,200円

詳細はこちらから→→【zoom研究会】未来をつくる子育てを考えよう!

では、研究生の皆さま、明日からどうぞよろしくお願いします!

nico
スポンサーサイト



【風の時代?】同意からの脱出 否定が「わたし」をつくる 
火星ワークショップ・双子座期編、参加者の皆さま、ありがとうございました!
遅い時間にもかかわらずたくさんの方に参加していただき、めちゃくちゃテンションあがりました。

明日から、火星は双子座へと移動。
今回は、「風の時代の新解釈」として、違う角度から双子座=風エレメントを捉え直してみるというのをやりましたが…多面的な象徴のある側面だけを切り取り、それを言語化するのって本当に難しい!
今回、伝えきれなかった双子座=水星的な話題は、またいつかお話しするとして、今回は、「わたしを否定するもの=他者」の存在に思い切り傷ついてみよう!なんて話をさせてもらいました。

今、皆さんが思っている風の時代と言われている象徴は、本当に風エレメントの象徴の本質なのだろうか?
風エレメントだと思われているもは、本当は水エレメントなのではないだろうか?

まず、上記の理論をトランスサタニアンの配置を使って説明させていただきました(実際、分断、断絶は、風―水のエレメントの葛藤から生じるエネルギーであるわけで、この辺は蟹座火星のときにお伝えしたいと思っています)。

3これは水エレメントなのか?それとも風エレメントなのか?
「現状の否定」が風のエレメントのそもそもの在り方だとしたら、「いいね」ではなく、「本当にそうなのだろうか?」という問題提起をし続ける姿勢こそが風エレメントの存在意義になるのではないか?

ということは、

他者とは、私という存在を自己完結の孤独から救い出してくれる希望であり、無限の可能性である

という命題は、まさに風エレメントの目指すところなのではないか?と、タロットカードの小アルカナ・ソードの3を使用しながら、そんな話もしてみたりして。

では、そろそろ「同意」の世界で甘んじることなく、否定を怖れず自分の可能性を広げてみようじゃないか?

または、こんな話もしました。
寄る辺ない時代、何が正しいのかわからない正解のない時代に、(私も含め)コンサルタント、カウンセラー、ガイド、コーチといった導きにあふれた時代=木星に、「なんでも好きにしていい」「あなたの望みどおりに生きればいい」などと、まさに哲学者サルトルの言う「自由に処せられている」ように感じる時代に、では、何をどう選択したら自分は納得できるのだろうか。
そのような問題提起もしてみました。

双子座期は、まさに人生に問いかけ続けていく、そこに生きる喜び、生きるための挑戦があるのではないだろうかということ。
「わからない」をエネルギーに変え、「本当にそうなのだろうか」をやり続けることで、前へ前へと推進するのではないか、そんなふうに考える機会にしてもらえたら、なんて思いながら話した1時間となりました。

今日、参加者のももさんから、こんなコメントをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人サインの多い私からすると世界の見方は、意識したことはありませんでしたが、改めて言われてみればnico先生の解説通りでした。すごい鋭いですね!水瓶座の刺激が新鮮で楽しいです。
トランスサタニアンから土星の流れから、「今はぜんぜん風の時代じゃない」という内容にも、確かにおっしゃる通り!という感じでした。
個人的には、特別にカウンセリングやトレーニングを受けていない限り、みんな対人関係に傷つき過ぎていたり、会社に隷属させられたりしてきたので一旦は共感水に浸からないと回復できないんだと思いました。海王星が魚座にいる間が最期のチャンスですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ありがとうございます!
なんて大事な意見!
実は、この辺の話を次の水エレメント・蟹座で考えていきたいと思っていたところなので、ももさんの意見を皆さんにも一緒に考えてもらいたい!
水エレメントの可能性ですね。

が、その前に、まず風エレメントをしっかりやりましょう。
まずは、ソード3を怖がらず、むしろ積極的にソード3をチャレンジしてみること。
おうし座の安全圏=自己完結から自分を救い出し、痛みと共に成長していくことを目指してみましょう。

そうそう、私、すっかりホームワークのお知らせを忘れてしまっていました!
近日、ライブ参加、動画視聴の方々に、ホームワークのお知らせ動画を配信する予定です。
ちょこっとだけ双子座の補足もします!

あ、あと動画のレコーディングが終わった後、ライブ参加の皆さんとおしゃべりしていたとき、「モチベーションが上がらない!」という声がとても多かったのですが、モチベーションと火星と心の関係については、蟹座でじっくりお話しする予定です。
そちらもお楽しみに!

でも、まずは大事な1,2,3のステップ、双子座期で1stステージが終了します。
ぜひ大切に過ごしてください!

nico
明日の火星ワークショップを前に、Jさんの「風の時代の所感」の紹介
今日は、朝から出張鑑定。
あんまり気持ちのいい陽気なので、早めに家を出て、のんびりお散歩しながら日の出桟橋を目指す。
IMG-8104.jpg

キャロル・キングの「Music」を聴きながらぴょんぴょん歩く。
いい気分。

昨日は、「よりよい生き方、働き方を考える」心理占星術研究会の第1回目がスタート!
こちらの報告は後日ということで、今日はクライアントのJさんからのメールの紹介。
占星術目線ではない、普通の暮らしの中で得た風の時代の所感。
明日の19:30より開催の火星ワークショップ・双子座期編を前に、Jさんの感じた「風の時代って…」を掲載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
風の時代だからかどうかは、分かりませんが、
2020年のコロナから、目に見えて、
新しい時代が始まった気がします。

インターネットで、風の時代と検索すると、
シェアの時代、モノからココロの時代という
キーワードが、多くヒットしました。
昔、nico先生に個別の火星WSをお願いしたら、
風の時代には、分離もあると、
おっしゃっていましたね。
そうそう、放牧のような時代とも、
聞いたことがあります。

あー、そうなのか...と。
当時は思っていましたが、
なるほど、今は、目に見えるアレコレが、
こういったキーワードに当てはまる。
ただし、ネット上で書かれていた説明図と、
私の肌感覚が、少し違うんですよね。

むしろ、その違いに、私は新しさを感じます。
占星術の図形から、読み解く作業の中で、
今までと違う考えや、感覚が、必要になるのかも、しれない。

例えば、シェアの時代だから、
マイカーよりも、レンタカーが増える。
という記述を読んだことが、あります。
確かに、最近はマイカー率が減って、
運転免許証を持たない若者も多いそうです。

しかし、電車や飛行機での移動よりも、
車での移動に切り替えて旅行や通勤する人が、
当県では、増えました。
営業用の軽自動車が、すごく増えた。
営業用なのか、個人用なのかは、レンタカーなのかは、
知りませんが、とにかく駐車場が争奪戦です。
そして、詰め込みだった電車が、昼はガラガラ。
(朝晩は、電車を見てないので、分かりません)

同じコロナの情報や影響をシェアしたことで、
電車や飛行機という、シェアな乗り物から、
個別の軽自動車へ、分離の乗り物へ、
移行した、とも言えます。

大きい車で家族が移動という時代から、
個別の車で出勤という時代になったり、
家族が、同じ屋根の下で、日中も暮らし、
ただ個別の部屋で、それぞれがテレワークという時代に、
今度はなっていくのかも、しれません。

そして、対面でできることは、対面で、
対面で難しいことは、オンラインで、
という別々だった世界が、
月曜と金曜は対面で、火曜から木曜はオンライン、
という放牧形式に変わり、
通常モードと、非常時モードが、平常時から混在して、
非常事態になったら、
この混合割合を、調整するだけ...みたいな、
そういう形式も、生まれるかもしれない。

でも、例えば、皆が布マスクをしても、
自分の布マスクを、他人と共有しないように、
同じyou tubeを使っていても、
各人が見る動画が、決して交わらないように、
共有するのは、目に見えない情報や、価値観で、
手で触れる物質は、家族などの小さいグループ内でしか、
共有がないのでは?とも感じました。

共有できることは、どんどん共有。
分離することは、どんどん分離。
そんな感じが、します。

むしろ、過去の時代の方が、
皆が同じ流行歌を歌い、同じドラマを見て、
同じ流行語を使って、流行の食べ物やファッションに注目し、
サザエさんと笑点を見て、アルアルみたいな気持ちになり、
共有が多かったのじゃないかなーと。

私は、zoomでフランス語のオンライン授業を、
受けるようになって、
3色ボールペンより、1色ボールペンを3本使うように、
なりました。
カチッと色を切り替える音が、気になるので。
これも、シェアから、分離です。
このボールペンは、火星手帳や英単語でも使うので、
同時にシェアも、しています。

私は、コロナの問題と、将来の引っ越し可能性を考えて、
敢えて、オンラインにしましたが、
文法や、作文などは、対面の方が、断然良いです。
会話は、マスクを外せるので、オンラインが良い。

何事も、実際に生きてみると、
色々と分かってくるものですね。

まだ古い時代の価値観と、新しい時代の価値観が、
混ざっているのかもしれないですが、
今のところ、私は、新しい時代の方が、
居心地が良いです。
最近は、もう社会の動きを、全く見なくなり、
火星手帳には、自分のことしか、書いていません。

ま、書いたとしても、
藤井聡太くんが、高校を退学していたことぐらい。
もう、誰が大統領であっても、
コロナの感染がどうであっても、
なんか、どうでも良くなっちゃったんです。
もちろん、マスクをして、三密を回避します。
世の中の見通しも、描いています。
でも、メディアやネットから、情報を得る作業を止めた。
その方が、本当の姿が分かるような、気がした。
将来ずっと、そうなのかは分かりませんが、
与えられる情報の正誤判断が難しくなった今は、
むしろ一旦離れる方が、分かる気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jさん、いつも気づきの多いメールをありがとうございます。
皆さんもぜひ、自分の感じた風の時代の感想を寄せてください!

あ、今日は火星サイクルプロジェクトチームのみねんこさんも「風の時代って…」のブログを書いてくれました。
→→→風の時代ってどうなん? と聞かれたので考えた

「今、火星は牡牛座28度、まもなく風エレメントの双子座にイングレス、考えるのに良いタイミング」とみねんこさんも書いてくれていますが、
明日の火星ワークショップ・双子座期編では、2025年以降の本格的な風の時代に向けた準備運動として、いろいろな「風エレメント」の意識についてお話ししたいと思ってます。
参加者の皆さま、どうぞお楽しみに!

【zoom開催】<<火星手帳ユーザー限定>>火星ワークショップ双子座期「挫折感と憧れがこれからの未来をつくる」
==================
◆開催概要
3/2(火)19:30~20:30(60分)
ZOOM開催 火星ワークショップ双子座編「挫折感と憧れがこれからの未来をつくる」
内容:①風のエレメントはどのようなものか?
     風エレメントと火星の関係とは?
     風の時代だからこそ、未来づくりに使える風エレメントの感性を徹底的に考えていきます!
    ②双子座期のイングレスチャート読み
    ③ホームワークの説明

金額:1,650円(税・手数料込)
ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから→→ZOOM開催 火星ワークショップ 「挫折と憧れがこれからの未来をつくる」


nico
火星が得たものを金星が慈しむ その両輪で「わたし」がつくられる
という話をたくさんさせてもらった火星ふり返り会。
参加した方にしかわからない「なるほど!」という確認作業、人の集う機会というのは、やはり気づきの多いものです。

火星が獲得したものを、金星がどれだけ大切に慈しみ、育めるか。
その「わたしにはある」を実感し、次の双子座に進んでいく。
牡羊座⇔牡牛座の補完関係、また火星⇔金星の補完関係はとっても大事ですね。

「あ、人ってちゃんと自分の進むべき道に向かうんだ。方向さえ間違わなければ、一歩ずつでも近づいていけるんだ」というのが、午前の部、午後の部ともに感じた印象でした。
その指標となるものが、皆さんに見てもらった女教皇のTORAということになります。

靴の中の石ころの違和感、
自分の声の良さ、
自分の味噌ラーメン、
新しい椅子やデニム、
アニソン歌手
みんなのパワースポット、
ファッション、
フランス語、
上司に言ってやりたいことがある…

なんでもいい、自分の中の基準を見つけること、自然に身についた「好きだー」の実感信じること、そして、それを自分のものとして丁寧に育てること。
つまり、2番目の女教皇の抱えているユダヤの律法書=TORAは、自分にとって慈しむべきのもということです。

でも、その実感を深めるためには、自分で選び取ったというアクションが必要だということです。
人から与えられたもの、人がいいといったものを手にしても自分の喜びや愛おしさに直結しない。

つまり、人が終わりのない欲望にとらわれるのは、自分の本気の力で獲得したものではないものに囲まれているからということになります。

人の幸福とは、自分の切実な思い、情熱、発露、努力によって手にしたものがあるかどうか。
その手にしたものを大切に慈しみ、育て、自分の「ある」という実感につながっているかどうか。

占星術でいうところの火星と金星の両輪がしっかり働くことで、「わたしらしさ」がつくられるということになります。

昼夜ともに、昨日のふり返り会では、そのような話をたくさんし、そして皆さんの火星と金星のバランスなどを考える機会となりました。
そして、いい報告をたくさんしてもらいました。

火星サイクルプロジェクトチームとしては、ぜひこれからもMさんのSHOWROOMも、Aさんの舞台も引き続き見届けていきたいと思っています!

来週の双子座期ワークショップは、昨日の夜の部でも話題になった水星の育て方なんかもお話ししつつ、風の時代の価値づくりのテーマ、木星と幸福の感覚なんかも話してみようかななんて思っています。
午前の部で話題になった、まゆみさんのお話し、ポモドーロと火星の関係、火星の中のイグザミネーションの感覚とタスクとモチベーションの関係なども、もう一度、おさらいしておこうかな(実は、蟹座火星期のときに話す予定だったのだけど…)。
時事的なものも考えつつ、普遍的なホロスコープのテーマも考えていくという、もりもり盛沢山の内容でお届けします!

3/3まで牡牛座期です。
ぜひ、星のワーク、またはふり返りを行い、自分の中の「ある」を実感しておいてください。
ここでつくった「ある」は、天秤座期で花咲きます。
焦らず、自分のペースでじっくりです。

ということで、来週の双子座期ワークショップでお会いしましょう!

あ、ちなみに、今週2/27(土)の10:00から心理タロット講座が始まります!
心理占星術を深く学ぶのに、タロットの知識や構造は本当に役立ちます。
占星術の構造をもっと理解したい方、ぜひタロット講座を受講してみてね!

タロット講座の詳細はこちらから→→心理タロット、第4土曜AMクラス(全6回)

火星サイクル手帳 双子座期ワークショップの詳細はこちらから→→火星ワークショップ★双子座編!

「インパクトを残す現場のつくり方」勉強会&牡牛座火星の話
と、その前に。
明日は、火星サイクル・牡牛座期のふり返り会です。
今日から牡牛座火星は25度を運行し、次のサイン・双子座へと歩みを進めていきます。
偶然にも今日の勉強会では、牡牛座火星のテーマに触れましたが、牡牛座の「I have」の実感が育たないと、人生にどのような影を落とすのか、どんな問題が起こりやすいのか、そんな話をさせてもらいました。
その実感のなさは、関係性の問題まで発展することもあります。
自分の手にしたものを自分らしく育てることに自信が持てない、養育の不安まで発展することもあります。

ということで、火星サイクル手帳ユーザーの皆さん。
そんな自分の「I have」をどんなふうに育んでいけたか、いけなかったか、そんなことをイメージしながら3/3(水)までの期間を過ごしてみてください。

「なくしてわかるありがたさ」
あるものを大切にし、自分と自分を取りまく世界を美しく育てる。
なくしてから後悔しても遅いこともあるのです。

IMG-8090_202102222038562e4.jpgそうそう、みなさん星のワークやってみましたか? 
私もやってみました! 
ティーンエージャーの私に向けて、私がここまでどんな道のりを生きてきたのか、失ったもの得たもの、喜びも悲しみも、いろいろ書き綴ってみました。

他にどのような生き方があったのか、今となってはわからないくらい、今、この私は選択の結果であることがよくわかりました。
自分で選んでここまできた。
そういうすがすがしさを感じることができました。

まだやってないよーという方、ぜひやってみてください。
明日のふり返り会で牡牛座火星とともに、星のワークの話もしていきましょう!

そして。
今日の勉強会に参加してくれた皆さま、ありがとうございました。
突然の募集にもかかわらず、たくさんの方と充実した時間を送ることができて大満足。

「インパクトを残す現場のつくり方」
決して、「当たってる!」を言わせることがインパクトなわけではない。
むしろ、心理占星術の現場では、「当たってる」と思わせてしまうことは、ネガティブに働くこともあるかもしれない。

「当たっている」という印象を与えてしまうことで、結局、同じストーリーを生き続けることになる。
ナラティブセラピーでいう「ドミナントストーリー(優勢的、支配的な物語)」をただなぞるだけになってしまうということ。
この特定のプロットに見合った出来事を重要なものとして選び出すことによって、私のいつもの言葉で言うと「轍(わだち)が深く」なって、人生のパターンから抜け出せなくなることもあるということです。

たとえば、占いの現場によく見る光景

「あなたはお金遣いが荒いでしょう」
「そうなんです!やっぱりチャートに出てますか」

占いの現場は、つまりドミナントストーリーを色濃くさせるにすぎないこともあるということです。

では、何をもって”インパクト”なのか。
やはり、ナラティブセラピーの「オルタナティブストーリー」を描くということ。
人生にはいくつもの選択肢があり、パーソナリティも自分で選ぶことができ、いつでも人生に新しい風を呼び込むことができる、そんな対話を描くことが現場のインパクトにつながるのではないか。

轍から抜け出し、新しい道を歩み直す。
そういった可能性を提示すること、アイデアを一緒につくっていくこと。
今日の勉強会では、そんな練習をしてみました。

水星をこう利用することができるのではないか。
金星をこう書き換えてみることもできるのではないか。
ご主人とはこんな会話ができるのではないか。
人生をこう受け止めてみるのはどうだろうか。

目先の景色を変えることで、パターンを抜け出すことができるかもしれない。

今日は、主にネイタルチャートを中心に、5枚のコンサルテーションチャート、1枚のホラリーチャートを使って、一人のクライアントさんの人生に深く触れてみました。
心理占星術らしい勉強会になりましたね。
またぜひやりましょう。

しかし、つびーも言っていましたが、職業占星術パーフェクトマスター講座まで出た方たちの読みが半端ないですね。
あの苦しい道のりは、決して無駄ではなかったのですね。
私もとっても誇らしいです。

次回は、春分図読みになります!
生き方、働き方研究会は、28日(日)14:00~
未来をつくる子育て研究会は、3/5(金)10:00~

わかなさんとも話して、子育て研究会、次のステップ、その次のステップの展望も見えてきました。
いい会になる予感です。
もし興味がある方、3/5(金)2時間2,000円になりますが、ぜひ参加しませんか?

ということで、「インパクトを残す現場のつくり方」の動画視聴、子育て研究会等もろもろのお問い合わせはこちらから。
→→お問い合わせ お申し込みはこちらから!

ではでは!

nico
【急募】2/23(火)月イチ勉強会「インパクトを残す現場のつくり方」
日が長くなってきて、気分がいいっすねー

1月は、月イチ勉強会をお休みしちゃったので、2月はやります。
ちょうどSさんからホラリー&コンサルテーションチャートのお題をいただいたので、そちらを見てみましょう。

質問が来た時のホラリーチャート、実際の鑑定時のチャート、ネイタルチャート、そして今回は関係性も見ていこうと思うので、そちらのチャートも使用し、セッション全体の流れをつくっていきましょう。

そういえば、先日、恵比寿のアトレで生徒のIさんにばったり会った時、最近どうですか?と聞いたとき、

先生が言う、印象に残るリーディングというのがなかなかできない…

とおっしゃてくれましたが、そうですね、先日スタートした実践読み講座のときにもお伝えしましたが、占いの現場は、相手の期待値が大きいというか、「霊能とか使って、何でも教えてくれる」といった妙な期待を持たれることもあったりするときに、無茶ぶりな期待に応えなくてもいいけれど、信頼関係を築くためには、ある程度「当たった」という印象を残さないと心を開いてもらえないことが多く(特に男性のクライアントさんの場合)、だから、自分の能力を超えたことはできないにしても、インパクトを残す努力をしていくことは、決して無駄ではないですね。
特に、心理ホラリー&コンサルテーションチャートの講座のときは、「どうしたら相手にインパクトを与えられるか」ということが狙いだったりするので、そのような実地練習をしておくに越したことはないです。

ということで、2月の月イチ勉強会は、「インパクトを与える」勉強会というのをやりましょう。
もちろん、能力の範囲内で「できる限り誠実に」をモットーにしてですが。

ということで、もう明後日になりますが、2/23(火)10:00~12:00でやります。
肝心のSさんは出られないので、参加者の方たちで力を合わせて読んでいきましょう。

受講者限定 インパクトを残す現場づくり 心理ホラリー&コンサルテーションチャート勉強会
◆日時:2/23(火)10:00~12:00
◆金額:3,000円
◆ZOOM参加でも現地参加でも、また動画参加でもOK!
◆お申し込みはこちらから→【zoom勉強会】心理ホラリー&コンサルテーションチャート
※私の講座に参加したことのあるかた限定の勉強会です
※銀行振り込みがご希望の方、お知らせください

パーシビアランスは無事着地し、ここから壮大なプロジェクトが始まる
とにかく、今、火星は大人気だ。
各国がこぞって探査機を火星に送り、火星において様々なプロジェクト任務を遂行しようとしている。

「パーシビアランス」の着陸は、過去の火星軟着陸の中でも最も複雑なつり下げ方式。
ヘリコプターも搭載されており、これまでの宇宙探査の歴史の中でもかなり画期的なプロジェクト。
その成果は、今後の惑星探査のあり方を変えるとも言われている。
だからこその「パーシビアランス=忍耐」。
今の時代にふさわしい探査機の名前だ。

そういえば、今日、まだ火星サイクルシートだったころのニューズレターに火星探査機の記事を書いたことをふと思い出した。
2017年3月10日の記事。
あの時も、ちょうど火星が牡牛座期だった。
内容はこんな感じ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015年9月にNASAが火星に大量の水を発見し、有人探査計画、移住計画まで発表され、「占星術的にもこれから火星が重要な天体になるだろう」と、講座やワークショップでくどくど言ってきました。

おそらく皆さんも、これからは今まで以上に個人のサバイバル力が問われる時代へと突入するのだろう、.そんな印象を持っているのではないでしょうか。

個人経営・フリーランス・週末起業等、働き方も多様化し、意欲やアイデアさえあれば、広い世界に個人を押し出していくことができる。メディアやSNSを使えば、新しい扉をどんどん開くこともできる。それらは火星力のテーマでもあります。

しかし、占星術業界は火星に対していまだ凶星の印象 -- 男性的で攻撃的、暴力的といったイメージを拭い去れないでいます。健全な火星力というのを育てることに積極的に取り組めないまま、未来に対し、受け身で消極的な向き合い方しかできずにいるのです。

NASAが送り出した火星探査機は「スピリット(勇気)」、「オポチュニティ(新しい世界へと開かれた扉)」の名前は、シベリアの孤児院からアメリカに渡った当時9歳の女の子がつけたものです。
今こそ、私たちも火星に対し、(恐らくかつてそうだったように)おひつじ座=火星としてのフロンティア精神を燃やし、未知の世界へ向けて勇気と希望を持って歩もうじゃないか、そのような期待を込めて、この火星ワークシートを開発したのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、火星は新たなステージに立った。
2020年、各国は我こそはと自国の最新の科学技術を争うように探査機を火星へと送った。

コロナやなんやで内向きになっているところに飛び込んできたニュース。
これが「今」を生きるための火星的な姿の一つであることを思い出させてもらった。

自分の持っている技術を利用して自分なりの未知を目指すこと、そのチャレンジ精神。
そして、ただ目指すだけではなく、そこから新しい情報なり、知識なりを探査し、新たな未来の糧にする努力をすること。

そこまで壮大でなくても、自分なりの未知なる探査を始めてみてもいいかもしれない。
今日、私も新たなプロジェクトを発案し、少し計画を立ててみた。
顔が未来を向くと、おのずと姿勢もよくなる。

ちなみに、パーシビアランス=忍耐は、火星の大好物の一つ。
火星は、山羊座でイグザミネーション(高揚)するのだ。

この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる

まあね、だから忍耐強く、歩みを続けるのが探査機の任務、そして、私たちの内的火星に求められるのも「忍耐の力」ということになる。

ということで、また新たな気持ちで火星探査を続けましょう。

nico
nicoplaNET2021魚座期号 強くあれ!賢くあれ!辛抱強くあれ!
先ほど、みねんこさんと、2月19日早朝にアメリカの火星探査車「パーサヴィアランス」が火星に着陸するねーなんて、やり取りをしていた。
ニュースにもなっていましたがアメリカ、ソ連、ヨーロッパ、インドに続いて、UAEが火星軌道に入るということ。
IT化に加えて、宇宙開発なども遅れを取ってる日本。
今日、星宙予報にも書きましたが、日本は、5ハウス的な未来に向けた投資がうまくいっていないのではないかしら。
日本の勝算はどこにあるのか、この1か月で考えてみたい。

ということで、宇宙開発なんて、まさに魚座らしい夢のある話からスタートした2021魚座期。
今月も無事、アップ作業が完了しました。

では、いつものとおり赤ペン12サイン占いから。
→→赤ペン12サイン占い 2021魚座
今日は、天秤座を担当したくみちゃんのテキストを一部ご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オンラインという世界が認知され、早1年。実際に会わずとも、心を通わせられることを理解できる人は増えた。そんな変化の中で、あなたは持ち味であるスマートな社交性を発揮できているだろうか。状況が目まぐるしく変わる中では、今の正解は次の瞬間では違うものになり、コミュニケーションの概念も著しく変化している。それだけにオンラインコミュニケーションはリアル以上の勇気と気遣いが必要で、自分を引っ込めている人はまだまだ沢山いる。いつものあなたなら、相手の出方を見てアクションを起こしただろう。だけど今は、あなたから投げかけるチャレンジをしよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵なアドバイスですね!
こんふうに時事ネタも盛り込みつつ、心理占星術的アプローチで12サインそれぞれのテーマに切り込んでくれています。
ぜひ、他のサインも参考にしてみてね!

次は、nicoの星宙予報。
→→nicoの星宙予報 2021 魚座 ~自分の未来のために何を投資するか
今回は、経済と投資の話がメイン。
やっぱりね、こんなチャートを見ちゃうとね、触れずにはいられないですね。
金星と天王星のミューチュアルレセプションも、1年に一度やってくるものですが、この配置で起こっているとしたら、やっぱり気になるわけです。
ぜひ、皆さんも「自分の未来のために何を投資するか」を考えてみてください。

最後は、今月の言葉。
→→2021 魚座の言葉 ルース・ベイダー・ギンズバーグ
言わずと知れた、アメリカの男女平等問題に長く取り組み続けた連邦最高裁判事ですが、森さんの降板劇もありましたが、やはり、もう常識が変わったというか、でも人は無知ゆえに罪を犯すわけです。
文化が違う、価値観が違う、そして大いに無知である。
そんな森氏のような男性に対し、ギンズバーグは時間をかけて理解を浸透させていったわけです。

その強く、賢く、辛抱強い力は、魚座のどこから来るのか。

今回は、かなり丁寧に魚座について解説させてもらいました。
お時間ある方はぜひ読んでみてください。

ということで、魚座期がスタートしました。
やることいっぱい、大忙しの魚座期です。
火星も双子座に移動しますし、わりとぼんやりしている暇はなさそうです。

ということで、皆さんの充実した魚座期を応援しています!

nico
3/2 双子座・火星WS 挫折感が知性や関係性、そして憧れを育てる
今、東京は雨が上がり、青空が見えてきました。
地震、怖かったですね…
私は猫たちと共にしばらくベッドの上で震えてましたが、皆さんは大丈夫でしたか?

日々、講座やセッションをする際、

人生、いつ何が起こるかわからない。
自分の人生にブレーキをかけてるのは自分だけ。
それなら、自分を生き切らないともったいない!

という思いで行わせてもらっています。

土曜日の職業占星術パーフェクトマスター講座でも、オープンセッションをやりながら、

自分のチャートの中にある可能性ならば、精一杯使ってみるしかないではないか、
その象徴を使えるのは自分しかいないのだから、

とひしと実感しました。
チャートに示されたヒントを頼りに、これからまた元気に人生に向かっていけるといいですね。

ということで、今日は3/2(火)19:30の火星ワークショップ・双子座期について。

長年の火星サイクルウォッチャーの所感として、火星双子座期は「ざわつく」という印象がある。
前回の火星・双子座期のサイクルは、2019年の3/31~5/16だった。
もう大昔のようだが、このころ天皇が退位し年号が令和に代わり、世界各国で総選挙があり、フランスではノートルダム大聖堂の大火災が、そしてスリランカでは連続爆破テロが起こった。
その前回の2017年の双子座期もイギリスのマンチェスターで大規模は爆発物事件があったけ。

もちろんネガティブな事件ばかりではなく、ポジティブな動きも含めて双子座期は動きが活発になる。
双子座=風エレメントの時期は、風が吹くのだから、それは当たり前のことなのかもしれない。
ざわつく感じをどうしたらいいのだろう。

3/2(火)の双子座火星ワークショップでは、風エレメントについて丁寧に考えていこうと思っています。
風の時代を生きるヒント、心持を知るのにとてもいい機会になると思います。

風エレメントは、私たちに「ない」という感覚の重要性を教えてくれます。
「ある」という実感の地エレメントから離れ、外部に意識を向け、「ない」という感覚をモチベーションにして動きを起こしていくのです。
「ない」という感覚は、もちろん挫折感を生みます。

「あの人にはあるけれど、自分にはない」という実感は、その挫折の体験が学びの力、成長の欲求となり、風エレメントの喜びを引き出します。
また「あの人にはあるけれど、自分にはない」という感覚は、他者に対する愛と敬意をもたらします。
そして、その愛や経緯が憧れを生み、未来のビジョンを生み出す、こういった体験が前回のワークショップの続き、風エレメントの贈与の話、関係性と価値の循環の話に通じるわけです。

Desktop189.jpg

これがこれらタロットカードの「星」につながるということですね。

情報や知識は誰のものか?
どうすれば情報や知識をうまく利用できるか。

「ない」という感覚を利用し、風エレメントの気持ちのいい循環をつくること。
価値を受け取り、手放し、相互の豊かさをつくること。
今回のワークショップでは風エレメントの役割と軽やかな動きの作り方など、これからの時代を生き残る術を学んでいこうと思います。

今回は、前回と同じようにホームワークを用意しています。
前回は、タロットカード「星」のワークを宿題にしましたが、今回はこの続きのホームワークの紹介をします。
そちらもどうぞお楽しみに!

今回、牡牛座期を過ごしてみてしみじみ思いましたが、火星は良かれ悪しかれ欲求を刺激するものだということ。
欲求を素直に解放できれば、ストレートな行動表現や純粋なモチベーションへとつながり、それが抑圧されたままだと不安や倦怠感といったストレスを内面に抱えることになったり、フラストレーションとして怒りや不満が他者に向けて表現されることもあります。

健やかさを手にするため火星を気持ちよく利用したい、その方法をぜひこのワークショップを通して一緒に考えていきましょう。

【zoom開催】<<火星手帳ユーザー限定>>火星ワークショップ双子座期「挫折感と憧れがこれからの未来をつくる」
==================
◆開催概要
3/2(火)19:30~20:30(60分)
ZOOM開催 火星ワークショップ双子座編「挫折感と憧れがこれからの未来をつくる」
内容:①風のエレメントはどのようなものか?
     風エレメントと火星の関係とは?
     風の時代だからこそ、未来づくりに使える風エレメントの感性を徹底的に考えていきます!
    ②双子座期のイングレスチャート読み
    ③ホームワークの説明

金額:1,650円(税・手数料込)
ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから→→ZOOM開催 火星ワークショップ 「挫折と憧れがこれからの未来をつくる」


book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020
子供たちの未来を育てるための心理占星術プロジェクトはじまる!
と、その前に。
今日の職業占星術パーフェクトマスター講座おつかれさまでした!
本講座の主軸の学びになっているマイナーアスペクト&ミッドポイントをやりました。
マイナーアスペクトは、いつ読んでもグッときます。
その人の人生の「なぜ?」「どうして?」「どこから?」に答えを用意してくれます。
熊川哲也や土井善晴がエネルギッシュに活動を続けているのはなぜ?そのエネルギーはどこから?は、サインはメジャーアスペクトだけでは理解しきれない。
それを補うのに十分な情報を持っているのがマイナーアスペクトです。
次回、またじっくり読み方を練習しましょう。

明日も、職業占星術パーフェクトマスター講座です。
明日は、参加者同士のリーディングに入ります。
皆さん、参加者全員分のチャートをレポートしていくことになります。
先ほどえりかちゃんから、
「自分の部分をちょっと読んだだけでも、皆さまの言葉にすごく励まされて、嬉しさに、ちょっと泣きそうになりました・・・( ;∀;)
これをフルバージョンのレポートで、お客様にも渡せるようになったら、そりゃあ、嬉しいだろうな~!って、現時点でも感じました」

というメールをいただきましたが、職業占星術レポートというより、このメソッドは、その人の生きるべき人生の可能性がギューッと詰まっているものですから、それは本当に読み応えがあると思います。

明日は、まず3名分やります。
明日、プレゼンテーションをする方、リーディングを楽しみにしています!

ということで、今日の本題。
昨日、わかなさんがポコッと

職業占星術的な手法が子育てにも活かせないかと考えておりまして、子供達の未来を育てるプロジェクトをやりたいなぁと、ここ最近ずっと考えているんです。
アイデアが欲しいと思っていたら研究生制度を見かけました!

というメールをくれた。

子供たちの未来を育てるプロジェクト!

それはステキ!
ぜひやりましょう!
ということで、わかなさんと一緒に「子供たちの未来を育てるための心理占星術プロジェクト」をスタートさせることにしました。

職業占星術の技術は間違いなく使えると思いますが、わかなさんにもお伝えした私がやりたいのは以下のことです。

●ポジティブな能力はもちろん、子供のネガティブに見えている性質のよりよい活かし方を考える
職業占星術の分析では、ネガティブな体験や資質がその人の生きる力や代名詞になっていることが検証済み。
ネガティブなものをポジティブに変えていくというより、ネガティブだと思われている資質を、社会的価値観に縛られることなく、そのまま生きる力、エネルギーに転換させていくような利用の仕方をホロスコープを通して提案していく。
●子供の活動能力の維持の仕方を考える
活動能力が維持されるということは、その子供の素直な資質に合っているということ。
子供ののびのびとした活動の力を考える。
それが見つかれば、子供はもちろん親も安心してその資質に向き合うことができるのではないか。
●これからの社会を生きる力をどう見つけていくか
これは占星術をやる人間としては必須かもしれませんが、これからの教育の在り方というものも同時に考えていく。
これから社会はどこを向かっていくのか、これから必要となる資質とはどのようなものか、それを個人のホロスコープからどう導き出していけるか。

こういったことを目標にしつつ、正解の見えない時代、答えのない人生に対し、大人は子供に何を伝えていけるのか。
子供とのかかわり方、コミュニケーションの取り方、親も一緒に成長していく方法なども考えていけるといいなと思っています。


発案者のわかなさんからメッセージが届いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「どうしたら勉強をやる気になるんだろう?」これは、小学生のお母さん達の三大ボヤキの一つ。昔からよく聞く話ですが、最近はこの後に「でも、今やっている勉強なんて、これから役に立つのかな?」と続くようになりました。

社会が変わる時は教育から変わっていくと言われるそうですが、いまや先導を切るどころか、社会の変容スピードに追いつけていないような状態。
時代が変われば価値観も変わるし、価値観が変われば社会も変わる。いい学校に入っても、有名企業に就職しても一生安泰とは限らない。そんな時代を生きる子ども達は、もう私たち大人が通ってきた道筋は辿れません。

新しい未来を手探りで生きる子ども達に必要なのは、どうやって勉強をさせるかよりも、どうやってその子の特性を伸ばすかの方が大事かもしれない。
と、ここまでは、世のお母さんお父さん達も感じていることだと思います。
しかし、この「特性」というのがなかなか難しいようで。。

親子と言えど同じ人間ではありませんから、似ているようで似てないし、わかろうとしてもわかり合えない。そもそも、自分のこともよくわかっていないお父さんお母さんもけっこういるもの。
占星術は、そんな親子の『未来を生きる力を育てるツール』になるんじゃないかと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最初からハードルがかなり高めですが、ここに挙げたものはあくまでも目標です。
まずは、みんなで必要な情報を集めながら、少しずつ分析データを増やしていけたらと思っています。

そこで、研究会のサポーターを募集します。
一緒に情報収集やデータ分析などをしてくれる方、自分の持っているリソースを共有し、子供たちの未来を一緒に考えてくれる方、大募集です!

月1回で開催できたらいいですね。
初回は皆さんが抱えている子育て、教育の不安や悩み、子供たちの未来について話し合い、占星術にできることを考えてみましょう。
チャート分析もさっそく始めてみたいと思います。

気になる方は、ぜひこちらにお問い合わせください。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!



皆さんとの研究の機会を楽しみにしています!

nico
Designed by aykm.