nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
獅子座だからね、いっときますか!nicoPLANET獅子座号リリース
太陽獅子座イングレスの新月。
火星も2日前に獅子座に入室したばかり。
なんか、いいね。
夜空に上がった三尺玉みたいに豪華だね~

ということで、今日は朝から「獅子座だから言ってみました」「獅子座だからやってみました」みたいな宣言、いろいろな方から10件ほどいただきました。
そうそう、そういうこと。
獅子座だからね、いろいろいっときましょう!

ちょうど新月を迎えたときは、プロダクション会社を営む社長宅に火星シートの使い方――例の3か月、1年、2年のサイクルをイメージしたスケジューリング&サインに合った目標設定――をお伝えしていた。

人のふせん貼りの作業にガッツリつき合うのいいものだなあと、新たな火星シートの楽しみ方を見つけて喜びつつ、Bさんの仕事に対する美学や人生観などを聞かせてもらうにつけ、「あー、人の太陽の話ってなんてステキなんだろう」と思ったりして。

彼女からのお礼メールには、「火星シート楽しすぎ!やる気になってきた!」と書いてあった。
よい獅子座の新月を迎えることができた。

それでは、ニコプラネット獅子座イングレス号。

まずは、先日行われた「蟹座アーティストの夕べ」も好評だった丸尾氏の「今月のアート」から。
国立新美術館で本格的なミュシャ展が行われていましたが、行かれた方も多いのではないかしら。
今月は、みんな大好き獅子座生まれのミュシャを丸尾氏が独特の切り口で紹介してくれています。
●ミュシャの作品に見る、獅子座が自ら放つ光と尊厳がもたらす他者への敬意
獅子座の理解が一層深まる内容です。
ぜひ読んでみてくださいね。

次は、nicoPLANET初登場、ちびママ教室でもおなじみ西塔さんによる子育て指南。
本格的な心理占星術の記事です。
思春期と年齢域
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな彼ら彼女らの行動は親から見ると危なっかしく思わず口や手を出したりしがちです。
(略)
ここは人生の先輩としてぐっと我慢です。
じゃあ親は我慢して反抗期の嵐が止むのをじっと待つだけなの?って事ですよね。
それじゃあまりにも辛すぎるのでここで一つ技を伝授します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
技を伝授!
それは知りたい!
技を知りたい人はぜひ読んでね!

次は、素人読者さんによるユニークな記事。
彼女は、私の界隈では有名な「占星術素人なのに、私の活動にすごく力添えをしてくれている」人。
そんな彼女が独特な視点で記事を書いてくれました。
備えと海王星
Jさん、いつもありがとう。

次は、大好きなピナ・バウシュの言葉を紹介。
今月の言葉 獅子座 ピナ・バウシュ
私は、獅子座=太陽はアーティストというよりはパフォーマーとして見ているところがあって、彼女なんて、まさに一挙手一投足が美しく完成されたアートで、”いきいき”という言葉が本当にぴったりな人。

そして、最後は赤ペン12サイン占い。
nicoの赤ペン12サイン占い 獅子座
今回は、2パターンを書いてくれた方がいるのですが、こんなアイデアもおつですね。
これからもユニークに、そして自由に、12サインやトランジットを語れるといいなあ。

今月のトランジットは、火エレメントの再構築の話。
大物の天体が地エレメントに移る前に、もう一度、火エレメントのエネルギーをシステム化しようという話。
なんかマニアックな内容ですが、まあ、ちょっと参考にしてみてね。

忙しい中、更新作業を行ってくれたつびー、お疲れさまでした。

さなえさんとの対談記事、「かにこー」は文字起こしが間に合わず’(さなえさん、ごめんなさい!)!
引き続き作業を行います。

ってなことで、獅子座だらかね、いろいろいっときましょう。
みなさんの獅子座期の目標なんかも教えてね!

では、よい獅子座期を!

nico
スポンサーサイト
その使い方、教えてほしい!ってな火星シートの画像続々。
その前に、nicoPLANETに新しい原稿が届きました。
うさこさんの「今月の本」です。
私がアップ作業をもたもたしていたせいでお知らせが遅くなってしまってごめんなさい!

蟹座の季節によせて~ロバート・マンチ『ラブ・ユー・フォーエバー』

♪~ アイ・ラヴ・ユーいつまでも
アイ・ラヴ・ユーどんなときも
わたしがいきているかぎり
あなたは ずっと わたしのあかちゃん ♪

というお母さんの歌から始まる本。
ほんと、蟹座期にふさわしい、愛情いっぱいの本です。
うさこさん、素敵な本の紹介、ありがとうございます!

今日、火星ニューズレターが配信されましたが、火星シートユーザーの方、ニューズレター届きましたか?
こちらの中にも紹介させてもらった、かれこれ長い付き合いになる諏訪の美貴子さん。

せっかくなので、こちらのブログでもご紹介させてもらっちゃおう!

Desktop100.jpg

付箋紙大作戦をご伝授頂き、楽しく活用してます。
A3とちょっと大きめな火星シートなので、普段は持ち歩いていませんが、4色の付箋紙を持ち歩いて、「楽しそう、やりないな!」と思うことがあったら、その付箋紙に書き込むことにしています。
付箋紙は、
ピンク:やりたいこと、いいなと思ったこと、夢など
オレンジ:プライベート
黄色:趣味・学び(仕事と趣味の融合へ向かう未来)
青:仕事
この4色を使って、カテゴリー別に書分けます。
私の場合、カラフルな方がテンションがあがるのでそうしました。
気が向いたときに付箋紙を火星シートに貼ります。
その時に、日常の振り返りをして、実際やったことなど青字で記載します。
(未来と過去を同時に俯瞰する感じがいいかな?と思います)
2年では、とうてい実現しそうのない夢は、最後のページに貼ります。
(これが以外と楽しいです)
火星シートを手に入れ、自分が好きなこと、やりたいことってなんだろう?ということをちゃんと考えるようになりました。
まずはそれが大切なのかなと思います。
チャレンジ中なのでどうなるかわかりませんし、青字に書かれていることは反省も多かったりしますが、それでも楽しむことを忘れずに、ワクワクを倍増させていけたらいいなと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は、美貴子さんのシートに書かれているある言葉のおかげで、くすぶっていた私の気持ちに力が宿ったのです。
これも一つの獅子座火星の働きですね。
一人の勇気が誰かの心に火をつける。
美貴子さん、ありがとうございます!

そして…
今日、みねんこさんが教えてくれた、とあるツイッター情報。
どうも凄腕の火星シートユーザーがいるという情報が…

IMG_1432.jpg
なんと!
水煮さんではないですか!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
火星蟹座期の火星シート、わりと真面目に書いてたけどこんなのひとに見せられるか!みたいな内容だらけだったので、厳重にぼかした上で見せびらかします。 #火星シート
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知らないうちに真面目に使ってくれていたのですね!
何この美しいバインダー方式。
マネしたい!
ちょっと、今度詳しく、色分けのこととか教えてほしいわー

または、AYAKOさん!
IMG_1431.jpg蟹座火星の振り返りもそこそこ。雄叫び覚悟せんと。宇宙にも私にも開き直る。#火星シート
・・・・・・・・・・
そうそう!
水瓶座は開き直りっすね、AYAKOさん!
お二人は勝手に次の火星シート制作に組み込まれていますから、次回の火星シート、いいものができないはずがないですね。

しかし、Twitter。
なんだか楽しそうな動きが起こっているのね。
#火星シート。
みねんこさんに今後やり方を教えてもらおうかしら。

ということで、「火星のサイクルをうまく利用すれば人生が面白いことになる」そんな意識で獅子座火星を進んでいきましょう!
個性化の話の続き。プラネット大学院は「自分をプレゼンしよう!」の巻
個性化の話が刺激になったというメールをいただき、また仲間内からも、これは誰にとっても有意義なので、しっかりコンテンツ化していきたいという話で盛り上がっている。

そうはいっても個性化はそんな簡単な話ではなく、また、とても時間の作業なので、どうやってその過程を作っていくかは、私にとってのチャレンジでもある。

今日のタロット&占星術の勉強会でも個性化の構造の話、たくさんさせてもらいました。

月から太陽へ。

占星術の構造では、そんな話になるのだけど、太陽も個性化も決して一人できない。
個性化は、信頼できる他者の存在が間違いなく不可欠だ。
自己存在を、または自分が表現したものを信頼してくれる人の存在が圧倒的に必要である。

そのうえで、自己を表出していく。
表現しては恥をかき、自己をさらし出しては失敗する。
そしてまたは、よくできたと褒めてあげたい自分を知り、よかったよと言ってくれる他者に育てられる。
その繰り返しの中で、自分のまわりを覆っている殻が少しずつ破れ、生身の自分が顔を出し始める。
ついに、ようやく、鏡の中や夢の中ではなく、実像としての「私」との出会いが実現するのだ。

神経症は想像力のあやまった働きと考えた精神分析家のオットーランクは、「個性化とは、自己を創造することだ」と言っている。
そしてまた、「全体との同一化は個人が自分の願望を最大限に生き、自分自身とうまくいっている場合のみに生じうる」と。

アナイス・ニンは、ランクやヘンリー・ミラーとの信頼関係の中で数々の作品を発表した。
個性化には、信頼のおける「他者」と「創造」、この二つの力が必要だということだ。

ということで、、講座や鑑定、ニコラボの活動を通して、皆さんの創造性を見守りたいと思っている。
一緒に何かを生み出し、創造の力をサポートできたらいい。
そんな気持ちでいる。

ということで、8月5日(土)のプラネット大学院はプレゼン大会やります。
公美ちゃんが、宣伝文を作ってくれました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3限目 プラネット大学院
※こちら、大きく予定を大きく変更しております!
◆時間 17:30-20:00
◆内容 【ネイタルチャートを使って、自分自身をプレゼンしよう!】

明石天文台に行った際に、nicoさんからのご要望で、獅子座の時期に合わせて。自分をPRする時間にしよう!、自分のチャートを使って自己紹介しよう!という内容に変更となりました。

しかもこの日は、太陽&火星が獅子座でコンジャンクトしている日なので、またとない機会だと思います。
自分のチャートを使って自己紹介していただき、まだまだ見せれていない自分を表現していただけたらと思います。(獅子座の時期ですから。)
どんな風に?と思われるかもしれませんが、どんな風でも構いません。
プロジェクターでチャートは出しますが、今の自分が一番良いと思う方法でお願いいたします。
大きく予定は変更しておりますが、この貴重な日【太陽&火星が獅子座でコンジャンクト】の日を有意義にお使い下さいませ。
お会いできるのを楽しみにしております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初の15~20分で、私が最近、好んで使っているホロスコープの構造と個性化の話をします。
その後、ホロスコープを前に、私をあっと言わせるプレゼンしちゃってください。
えっ?そこが見せ所?みたいなユニークな性質こと、むしろネガティブに思えるような特徴を前面に出してくれてもOKです。
みなさんのプレゼンを心から楽しみにしてます!

その後は、納涼会を行うみたいです。
そちらも楽しみです。

この日は大忙し。
1限目 11:00~13:00 心理占星術基礎講座
2限目 14:00~17:00 職業占星術
3限目 17:30~20:00 個性化の話&プラネット大学院 

です。

職業占星術は、全員分(10人分!)の職業占星術の分析をします。
これだけでも、かなりの勉強になりますねー。
後ほど、人数分の出生データをメールにて配布します。
できるとことまで、わかるところまででいいのでやってきてくださいね。

image1.jpgでね、”困った時のkさん頼み”のKさんが、こんなチャートを作ってくれたそうですよ!
まずはKさんのコメントから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先週末の職業占星術と、イチロー、そして相性も、ありがとうございました。
今回もすごく楽しくて、メディアでその人となりまで知らしめるようなたくさんの評判が出回っている方たちですが、「あの姿であるために、この天体のエネルギーが!」という感動や驚きに満ちていました。その人らしい、現代らしい象徴の扱いが、心理占星術にロジックとしてくっきりきっちり落とし込まれてゆくのが、鳥肌ものでした!
ミッドヘブン拡張プロセスからチャンネルを探る時に、この象徴にはもう注目済みだったっけ……?と、こんがらがってしまっていたので、練習用のプリントを作って、チャンネルごと象徴を色分けして、見落としがないように復習しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おーっ!すばらしい!
8月5日にKさんに見せてもらいましょうね。

それでは、関西方面の皆さん、8月も楽しく占星術の世界やりましょう!

nico
火星WS ホロスコープの構造と個性化について話してみたかったこと
週末のWS,講座に参加してくれた皆さま。
お疲れさまでした!

火星WSは、実は毎回、何を話そうか直前まで悩む。
運行中の生きた天体の話をするにあたり、意識的にも無意識的にも、今、多くの人が感じているだろう話題に触れたい。
または普遍的に、この話をしておかないと、火星のトランジットとして前に進んでいけないだろう、そんなことを伝えたい。
いつも、この辺で悩む。

実は、先日の火星WSで話した構造理解と個性化を結びつけたロジックは、今回、初めてのお披露目。
火星見守り隊の面接の後、「個性化」についてしっかり話をする機会を持ちたいという願いから思いついたロジックなのです。

昨日の勉強会でも、ちょうどこの話が必要な方がいらしてくれたので、もう一度見直しできたけれど、まだ洗練の余地があるので、またやれたらいいなあ。
いちごさんも「みぽりんの嫁へ行こうプロジェクト、自分の売りや個性を見つける作業やってみたいです」とメモ書きを渡してくれましたものね。
なので、やりましょう!

というので、灯台屋火星ワークショップ第3弾。
中年の危機と月、火星の話ということでしたが、内容を少々変更して、蟹座=月を吸収し獅子座=太陽に向かう個性化についての話をさせてもらいました。

まずはユングの「中年の危機」の理論の説明と抑圧について、心の機能についての話からはじまり、私の講義ではおなじみですね、土星回帰の際、大型船で進むのか、一人小舟に乗り換えるのかの話なんかもしました。

私の考える個性化とは、「自分の中にある性質をそのまま(あるがまま)に受け入れる勇気」のことを言っている。
何者かになろうとするのではなく、短所も長所も自分のパーソナリティとして受け入れられた時、本当の意味でも個性化が始まるということだ。

なので、カッコつけたり、臭いものにふたをしたり、自分に嘘をついていたら、個性化は決して進まない。
暗い歴史も、情けない過去も、恥ずかしい癖も考えもまるごと受け入れる。
月の器の底に澱のようにたまった沈殿物こそが、太陽が統合すべきパーソナリティであり、中年期以降の人生を生きる上での魅力や能力になるということ。

時々はなす、例の蠍座=8ハウス=冥王星の負の遺産の話ね。
こんな苦しくて難しい話、あんまり楽しくはないのだけど、火星蟹座から獅子座への移行期に一度はしておきたいと思ったわけです。

予告もありましたが、獅子座期に個性化の話、もう一度できるといいなと企画中です。
ぜひお楽しみに!

Desktop98.jpg

今回は、見守り隊の授賞式もありました。
3名の方から、力強いコメントをいただきました!
頼もしい!
そして、2年の旅を見守る「見守り鳥」をお渡ししさせてもらいました。
3名の方の頑張りが他の皆さんの勇気になるよう、私たちもできる限りのサポートをしていく予定です。
どうぞよろしくお願いします!

WSの最後は、恒例の3か月、1年、2年のふせん貼り。
ダイエット!とか、レンジャー!の話も飛び出し大盛り上がりでしたね。

または人生の重要な局面で起こった悲しくも優しい話をしてくれた方、びっくりするようなビフォーアフターの写真を見せてくれて、わしたちを感動と笑いの渦に巻き込んでくれた方(楽しい話題をありがとう!今度は落語ね)、皆さん、たくさんの蟹座火星の体験をシェアしてくれました。

そして、最後は恒例の打ち上げ。
今回はお隣の駅へ移動しての隠れ家タイ料理!
めっちゃいいムード、めっちゃおいしくて、みんなリラックスしていろいろな話ができました(今度は、うさぎさんとじっくり話したいわー。うさぎさん、よろしくお願いします)。

Desktop99.jpg

皆さん、とってもいい笑顔(うさぎさんはどこ!みねんこさん、カッコいいね!)。
私個人としては、ジョシュアさんの来々軒弁(あれは東北弁ではないと思うよ)と一本締めがツボで、本当に楽しませてもらいました。

そして、そして。
いつも心地よい環境づくり、心配りをしてくれる灯台屋のもずくさん。
おかげさまでリラックスしてお仕事させてもらっています。
ありがとうございます。

そして、心強いバックアップと素晴らしい言葉のフォローをして、WSを盛り上げてくれているみねこさん、全体を見守ってくれているつびー、いつも助かっています。

また、第4弾、第5弾と、火星の2年の旅は続きます。
2018年末、2年の旅が終わるころを、みんなで笑って迎えられますように。
ありがとうございました!

nico
遺志と教訓 ちょっとだけ魚座=海王星=12ハウスの話
明日の灯台屋火星WSは満席になりました。
お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございます。
みんなで楽しい会を作りましょうね。
明日は、「あなたの火星見守り隊」のプチ授賞式も行います(直島のKiKiさんは今夜、スカイプにて行います。もずくさん、みねんこさんも集合です)。
どうぞお楽しみに!

で。

劉暁波氏が亡くなった。
また一人、時代の、国の犠牲になったのだ。

このようなニュースを聞くたびに、または先日の九州の集中豪雨のような天災のニュースを聞くたびに、私たちは犠牲者の人からどのようなメッセージを受け取ることができているのだろうかと考える。
残されたものとして、未来へと語り継ぐものとして、故人から一体何を?

水エレメントには、「受け継ぐ」という役割を与えられている。
蟹座=月=4ハウスは血とその歴史を、蠍座=8冥王星=ハウスは遺産(有形であれ無形であれ価値あるものを)を、それぞれに受け継ぐ。
では、魚座=海王星=12ハウスは何を受け継ぐのだろうか。

または、このような考え方もできる。
環境適応能力としての知能をつかさどる柔軟サインとしての考え方だ。
双子座=水星=3ハウスは言語機能、学習機能、客観的思考といった知的活動を、乙女座=水星=6ハウスは技能や問題解決する知的活動を、射手座=木星=9ハウスは抽象的思考や直観力という知的活動をそれぞれにつかさどる。
では、魚座=海王星=12ハウスはどのような知能なのだろう。

上記の二つを合わせて考えると、魚座=海王星=12ハウスが受け継ぐものとは、故人の遺志――夢や理想といった抽象的ビジョンであり、また人々が脈々と受け継いできた人類の教訓である。

劉暁波氏が妻に最後に伝えたのは、「あなたはしっかり生きなさい」という言葉だったという。

それぞれがそれぞれに目指した理想、果たせなかった夢、言葉にならない想いなどがある。

日々、多くの人たちが命を落としている。
私たちは、故人から何を受け取ることができているのだろうか。
そしてまた、それを受け取るだけの知性が身についているだろうか。

今日のにゃん。
暑い…

Desktop96.jpg

みぽりん嫁プロジェクト会議は、かなりの成果があったね
IMG_1399.jpgその前に、先日行われた宇田川会の話。
みねんこさんが、「ここでしか体験できない面白い話をありがとうございます」と書いてくれましたが、毎回、双子座の0度に水星を持つ宇田川氏の広範にわたる情報についていくのは大変ですが、いい頭の運動になります。

○○の話とともに、今回は納涼ということで、なんと「本当にあった怖い話」なんかもいくつか聞かせてくれました。
宇田川さん、震災後の不思議な話 三陸の怪談という本も出版しているのです(そういえば、先日、オカルト研究の山口 敏太郎氏とCSに出ていたそうです)。
ボランティア活動をしながら取材を書き溜めたということです。
原作・脚本を手掛けた映画「庄内藩幕末秘話」の主役も決まり(内緒なのかな)、秋から本格的に撮影も始まるそう。

大活躍の宇田川氏。
次回の宇田川会は、野外活動として「宇田川氏と行くうまいものめぐり&下半期の日本」を行う予定(いずれ韓国取材旅行などにも同伴させてもらえるかもよ)。
または、怪談ナイトを行うかもです(私は怖い話が苦手なので…私抜きでね)。

ということで、次回もどうぞよろしくお願いします!

で、昨夜は、「みぽりんの嫁に行こうプロジェクト」会議の第0回。
一体、何するのかまったくわからないまま集まりましたが、かなりの成果がありましたね。

恋バナから始まり、好みのタイプ、好みの付き合い方、憧れの女性像などを聞きながら、最終的に「みぽりんの売りはなんだろう」「みぽりんの個性とは何か」という話に着地。

実はこのステップ、見守り隊の面接のときからずっとやってみたいと思っていたのよね。
自分の売りを見つける工程、個性を見つける作業は、職業占星術のアプローチにとてもよく似ているのだけど、この自分を知る作業を丁寧にやっていくと、人と対峙しても、誰かと深く関わり合っても、もしかしたら人と決別することになっても、自分であることを安心して受け入れられることにもなったりするという、なかなか素敵な技法。

これを最初にしっかりやっておくことで、自分の人生の目的がわかるし、相手選びにも迷いがなくなるし、自己の成長にもつながるかもしれないということ。

見守り隊の応募者の方で希望者がいたら、一度一緒にこのステップをやってみましょうか(嫁プロだけじゃなく、自分を知る作業としてやってみるのはどうかしら)。
まだ、開発の余地があるので、皆さんの意見なども聞かせていただけたらうれしいしですし。
私とみぽりん、もずくさん?、あともう一人くらい、どなたかコーチとして参加してくれれるといいなあと思っています。

例のね、火地風水の強み(おいなりさんのやつね)、一晩明けて、ももう少し練ってみたいという気になっています。
なんか面白いことができそうね。
ということで、打ち合わせ第2弾、やりましょうね。

今後、みぽりんが体を張ってプロジェクトをレポートしてくれるということなので、昨日の会議の詳細はみぽりんの記事を待ってね。
この3か月は、いっちょ水星力をあげておきますか。
IMG_1324.jpg毎週火曜は、火星の日
火星力を高めるアクションデー
Something New, Something Red
何か新しいコト始めよう, 赤い何かを見つけよう

ということで、今日の赤は…大好きなスイカジュース。
だってさ、暑いんだもの、夏だもの。

冷やしたジュースをごくごく飲んで、おなか出して昼寝する。
夏って開放的で大好き。

ということで、今日、もずくさんから素敵な感想をいただきました。

今日の勉強会もありがとうございました。
とてもおもしろかったのは、
絞ること、
何を動かすか、見つけ出していくこと。
それを個人天体に落としていく過程。
が、とても。でした。

もずくさん、いつもいつもありがとうございます。

土曜日の職業占星術でも、日曜日のイチローの時期読みでも、昨日の職業占星術でも、今日の勉強会でもテーマになったのが、「目星をつける」「鍵を見つける」ということ。

どこをどう動かしたら、このチャートはもっと軽やかに、もっと伸び伸びと働くのだろうか。
このチャートの何が鍵となり、その鍵でどの扉を開けば新しい未来が切り開けるだろうか。
この天体がしっかり働けば、もしかしたら、もっと「らしさ」をはっきすることができるのではないだろうか。

そんなことを考えながらチャートを読むのは、なんとも楽しい作業ですし、そこを見つけていかないと、ホロスコープの迷路に入り込んでしまい、出口を見失うこともあります。
その鍵を見つける訓練が、まさにチャート読みの実力をあげてくれるのかもしれません。

引き続き、この練習をするとともに、この3か月は水星力をあげていけるといいですね。

日曜日から昨日、今日と満月図の振りかえりをしていましたが、ね、水星ね、大事そうな感じですよね。
または、夏至図もね、水星、大事そうに見えますね。

満月図も夏至図も水星と3ハウスー9ハウスが非常に強調されたチャートになっています。

nicoPLANETの記事かな、火星のニューズレターに書いたのかな、木星が天秤座(双子座・水星は風エレメントの土台となる能力だから)に、もしくは射手座に土星がいる間(射手座の補完が双子座だから)は、双子座=水星力、大事なるかもしれないですね。

人と関わるにも、未来のビジョンを描くにも、個人の水星力――知性、言葉の力、気軽なコミュニケーション力、技術力、現場力といった環境適応能力を育てることは、この時期は必須と言えるはずです。

今日の勉強会でも、皆さん一様に水星力の必要性について話してくれましたが、水星がきちんと社会活動に組み込まれれば、誰もが皆、生きることが楽になるかもしれないですね。

夏至図が終わるまで、もしくは木星が蠍座に移るまで、自分の水星を育てる訓練をしてみるといいかもです。

水星は太陽月のメッセンジャーです。
この3か月、何を伝えたいのか、何を表現したいのか、どのような言葉で、どのような技術で自分を語りたいのか、それを考えてみるのはどうでしょうか。
7/11(火)19時は宇田川会 ○○の話します!下半期の日本の話も
その前に。
今週末7/15(土)のイベントは残り席3席になりました。
お得で、充実した内容です。
私だけでなく、もずくさん、みねこさんも参加し、かなり充実した内容となっています。
興味ある方は急いでお申込みを!

詳細はこちらのブログから

もずくさんからのアイデア

お時間の許す方はオプションとして終了後早めの軽い夕食を可能な範囲でお付き合いいただければありがたく思います。

ですって!
楽しみですね。

そして、明日は宇田川会。
都知事選を含め、安倍離れ、北方領土、IS等々、下半期に向けて社会的に様々な動きが起こっています。
その辺の時事的なテーマに触れつつ、明日は○○の話。
公に書かないで!と宇田川さんに言われているのですが、あれですよ、あれ、みんな大好き○○の話、それを明日は徹底的にやってくれるそうです。

宇田川氏いわく、「みなさんからの質問があれば、それにお答えします!」ということです。
なんでもかんでも、皆さんの疑問質問を持ってきてください。
社会情勢、政治動向を知れば、マンデン(季節図、新月、満月図)も読解力が増えるはずです。
みんなでワイワイやりましょう。

宇田川さん、どうぞよろしくお願いします!


宇田川会 【下半期の日本 ○○の話】
◆講師:ジャーナリスト 宇田川敬介氏
◆日時:7月11日(火)19時~21時
◆参加費:2000円(ワンドリンク付き)
◆会場:北参道心理占星術研究所

お問い合わせ お申し込みはこちらから!


たくさんの方の参加を楽しみにしています!

宇田川敬介(ジャーナリスト)
1969年、東京都生まれ。1994年、中央大学法学部を卒業後、マイカルに入社。法務部にて企業交渉を担当。
合弁会社ワーナー・マイカルの運営、1995年に経営破綻した京都厚生会の買収、1998年に初の海外店舗「マイカル大連」出店、1999年に開業したショッピングセンター小樽ベイシティ(現ウイングベイ小樽)の開発などに携わる。
マイカル破綻後に国会新聞社に入社し編集次長として第二次安倍政権樹立まで務める。その後退職しフリーのジャーナリスト、作家として活躍する傍ら地方や外国企業などのコンサルタントとしても活躍している。作家としては日本ペンクラブ会員。日本安全保障研究所研究員。

人生は学びの機会がたくさんあるね。だから人生は面白いね。
まずは。
本日の心理占星術プロ養成講座の皆さん!
グッジョ―――――ブ!
私の予想をはるかに超えて、皆さん、トランジット図を上手に読んでくれましたね。

3つのグループに分かれての成果発表。
イチローの人生を丁寧に追いかけていく練習です。
まずは、ネイタルチャートからイチローの鍵となる天体を見つけていきます。
これは非常に重要なプロセスです。
使ったテクニック、導き出した答えにちゃんと根拠を持たせなければなりません。
ここをいい加減にすると、後付け、決めつけの読み方になるので要注意!
「なぜそこを重要と思ったのか」「なぜその象徴の意味を選択したのか」といった裏付けとなる根拠をしつこいくらい聞いていきます。

皆さん、私の厳しい追及に対して、自分なりの考えを伝えてくれました。
GOOOOOD!

トランジット読み、面白いですね。
幼少期のテーマから小学校時代、ドラフト時、阪神淡路大震災時、スランプ期、200本安打、メジャーリーグ契約、3000本安打とチャートを追いかけていくと、数々のドラマ、人生がホロスコープの各所にちりばめられていて、人の持つ奥深いテーマ――ロマン、悲しみ、努力、チャレンジ、父親殺し――にグッときます。

私が最初にイチローのチャートを見たときの土星が動くタイミングの利用の仕方に、「これぞ!まさに職人芸!」と感動したのを思い出します。
自己をベストな状態で保つ努力を怠ることがない人だけが得られる土星からの恩恵。
偉人たちのトランジットの使い方は、いつも学びでいっぱいです。

しかし、皆さん、よく頑張りました。
この調子で来月の宿題もやってみてください。

9月からトランジット読みパーフェクトマスターコースが始まります。
今日みたいな感じで厳しくビシビシ課題を出す予定です。
象徴を言葉にする練習として、ライティングの勉強も徹底的にやります。
トランジットは私の一番得意で一番大切にしている分野なので、今回のマスターコースは気合満点!
詳細は後日発表します!

でね、でね、公美ちゃんが素敵な場所を見つけてきたのね。
9月からのプラネット大学院は、今後こちらで行う予定です。
好き好き!この感じ大好き!

地下鉄「谷町六丁目駅」から徒歩5分、「谷六ヴィレッジ

top95.jpg

いい学びの場ができそうでうれしいです。
公美ちゃん、ありがとう。

そうそう。
次回のプラネット大学院は8月5日(土)17時30分から。
「獅子座太陽&火星期企画 自分のホロスコープを使って、自分をプレゼンテーションしよう!」をやります。
詳細は後ほどお知らせしますが、「えっ!そこ読んだの!」という私をアッと言わせるプレゼンテーションしてください。
楽しみにしています。

そして…昨日のプラネット大学院課外授業「明石天文台で土星&木星観測しよう!」でしたが・・・
残念ながら観測できず…とほほほほほ…
その様子は、こちらから。

Desktop94.jpg

電車の中から、空の様子を気にしています。
公美ちゃんが「この人(つびー)ね、東京から来はったんやでー。見えないってどういうことやねん!」と係りの人に詰め寄っています。
天文アプリを空にかざして、「ほんとはねー、この辺に木星があるんだよねー」とやっています。
または、係りの人がパノラマってくれたり、シゴセンジャー(子午線レンジャー)に顔を入れて悪ふざけしたり(みんなかわいい!)、明石焼き食ったり、けっこう楽しそうにやっています。

昨日を振り返って思うわけです。
人生って、学びの機会なのだなあと。
わざわざ明石まで出かけても星が見られないことも、うっかりおしゃべりしすぎて明石駅で電車を40分待ったことも、駅のホームであんまり暇なので、誰がセクシーかと写真の見せ合いをしてバカ話をしたことも(結局この日は山本昌のセクシーさに落ち着いたね)、すべて学びの時間なのだと(公美ちゃん&ハリボーのスピーディーかつ鋭いツッコミもすごかったねー)。

思い通りにならないときに、自分や人はどのようなふるまいに出るのか。
気持ちをどうリカバリーして、代替案を楽しむのか。
新しい体験による新しい自己発見。
射手座の土星、天秤座の木星、山羊座の満月、かに座火星…
天体たちの影響をどう受け取り、どう利用するのか。

人生は学びの機会がたくさんあるね。だから人生は面白いね。

Sさんからこんなメールが(Sさん、お誕生日おめでとうございます!)。

これからのプラネット大学院面白くなりそうですね^_^

ほんとにね。
関西の皆さん、来月からまたよろしくお願いします!

そんなこんな、今、新幹線で東京に向かっています。
これから1か月ぶりのオイリュトミー。
火星巡業も終わり、出張もひと段落。
明日から、また新しいチャレンジの始まりです。

nico
蟹座のアーティストが描くのは、彼らの内なる心の風景
7/4(火) Goody Tuesday!
今回は、かに座の前衛芸術家パトリック・ジェロラ氏と、「今月のアート」が好評の丸尾陽介氏をお迎えしての「蟹座アーティストの夕べ」。
参加者の皆さま、豪雨の中、足を運んでいただきありがとうございました!

夢のような一夜でしたね。
パトリックの鮮やかなフレスコ画の作品群に囲まれ、丸尾氏セレクトの蟹座アーティストの「愛すべき心の風景」を鑑賞。

岸田劉生の繰り返し描かれる「麗子への想い」、ルドゥーテのアネモネやバラの葉の上の水滴のから見た「花への想い」、ドガのパトロンと対比させた「踊り子たちへの想い」等々、丸尾氏のオリジナリティあふれる絵画紹介に参加者の皆さん、そしてパトリック&ともみ夫妻も真剣に耳を傾けます。

東山魁夷の言葉。
「喜びと悲しみを経た果てに見出した心の安らぎというべきか、この眺めは対象としての現実の風景というより、私の心の姿をそのまま映し出しているように見えた」

スライドに描き出されたこの言葉とともに蟹座に対する理解を深めていきました。

誰かの、どこかに、きっとある懐かしい記憶。
暑苦し(みねんこ談)かろうが、かに座のアーティストは彼らが感じる美しき憧憬を、これでもかとぶつけてくる。
そのモチーフや色や想いが、私には時にたまらなく必要だったりするのです。

喜びの声、続々いただいてます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とっても素敵な夜でした!
最近は絵画を見に行くことも減っていました。
たくさんの画家の作品を見ながら、解説までしていただけるなんて贅沢な体験です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
蟹座のアーティスト、パトリックさんの絵に囲まれながら世界的に有名な蟹座のアーティスト達の作品の見所解説を聴く。めっちゃおもしろかった。
すると、蟹座に共通するエネルギーというものが絵画に表れていて、客観的に理解できる。
私は蟹座には2天体ももっているのに、蟹座(のエネルギー)を全く分かっておりませんでした(ちーん)。
丸尾さんの解説も火のエレメント効いててさらっと要点を簡潔に伝えて下さってアート初心者の私にはとてもとても勉強になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パトリックさんの描く世界は、みんなが共通して持っている原風景に繋がっているように感じました。
なにより表現に対する姿勢には、心が打たれました!
蟹座のあたたかな部分に触れることができたように思います。
丸尾さんのお話もわかりやすく、さすが洞察も鋭くて、刺激を受けました。
参加者の方の熱のこもったお話も面白くて、蟹座についていろいろな方向から知る機会となりました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵な空間と時間を演出してくださったパトリック&ともみ夫妻(ともみさんはなんと歌を披露してくれました!)、そして独特で新鮮なアプローチで絵画の世界への扉を開いてくれた丸尾氏、本当にありがとうございました!

Desktop93.jpg


「描くからには見てくれる人に責任がある。だから良い気持ちで描くことをいつも心がけている」と言うパトリックの作品。
美しきパトリック&ともみ夫妻。
ベルギーカラーのフードたちはつびーの作品。
みんなで赤い花を胸につけての記念撮影。

本当に素敵な夜でしたね。
またやりましょう。

nicoPLANETのサイトでは、つびーによるレポートが掲載されています。
こちらも見てみてね!

nicoPLANET 「蟹座アーティストの夕べレポート」

毎週火曜は、火星の日
火星力を高めるアクションデー
Something New, Something Red
何か新しいコト始めよう, 赤い何かを見つけよう

Designed by aykm.