FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
年末年始・火星特別鑑定スタート!自分自身を裏切らず、信頼して…
自分自身を裏切らず、自分自身の「力」を信頼して前へ前へと進んでいけるように…

session_bnr_cover_re.jpg

「また鑑定をお願いしたい!」という声が多く聞かれるようになってきましたので、再び火星特別鑑定を行います!

占星術的見地から考えても、また時代の流れ的にも、牡羊座第3期(11/14~2021/1/6)は重要な期間であり、私自身、ここでもう一度、気を引き締めて、人生を立て直そうと思いを新たにしたところなので、ぜひ皆さんにも、ここで再度、自分を見つめる機会を持っていただき、2021年に向けて、新たな一歩を歩んでほしいと思っています。

今年の6/28からスタートした火星サイクルですが、思った以上に火星サイクル手帳に対し好評価いただいており、また私自身、講座やワークショップで天体のサイクルを説明するたびに、思った以上に火星サイクルは使えるなーとしみじみ思っているところですので、

火星手帳ユーザーには特別価格でのご提供(本日、配布のニーズレターにて、割引クーポンを発行しています。クーポンが届いていない方。お申込み時に一言メッセージ入れてください)!
火星手帳をまだ手にしていない方もこの機会にぜひ!

今回の鑑定で特に行ってみたいと思っているのは、「情熱」の研究を行っているアメリカの経営学者メリッサ・カードンの「情熱」の定義をそれぞれの中に見つけてみたい!というのがあります。
その定義とは…

個人にとって深い意味を持つ、前向きで強烈な感情

この言葉、牡羊座×蠍座という、まさに火星的な表現なのではないかしら。

この前の火星のワークショップでもお話しした「頼まれなくてもやる」の話、私がダンスクラスで「みんなの言えないことを言う、それが個性」みたいな話、覚えていますか?
あのあと、みねんこさんとも話していたのですが、みねんこさんは頼まれなくても「マニアックな表を作る」と言ってましたが、まさにこれなんじゃないか、「個人にとって深い意味を持つ」というのは、そういうことなんじゃないか?と考えてみたりしています。

40分のセッションでどのくらいできるかわかりませんが、

今回の鑑定では、
・今の立ち位置、課題を見つける
・2021年を生き抜く力を探していく
・個人にとって深い意味を持つ情熱を探り当てる
・自分自身を裏切らない、信頼できる「力」を探り当てる

というのをやってみたいと思っています!
以下、詳細と申込みリンクになります!
2020年は、毎日毎日、明けても暮れても鑑定ばかりしていましたから、技術もよりパワーアップしているのではないかしら?
皆さんとの再会、新たな出会いを楽しみにしています!

【牡羊座第3期(~2021/1/6)までの火星特別鑑定スタート】
大好評だった「特別鑑定プラン」が期間限定で再び登場です!!

2020/6/28からはじまった火星サイクルは、先日の11/13に牡羊座での逆行を終え、ここから2021年へとぐんぐん運行を進めていきます。
逆行期間(9/10~11/13)には、多くの人が人生を前に進めていくことの困難さ、もどかしさを感じたことでしょう。
自分自身に対し、自己嫌悪を感じたり、失望したこともあったかもしれません。
けれど、それが人生!
困難な苦手意識を感じることは、なんとかしたい!どうにか頑張りたい!という情熱の裏返しでもあります。
それを手放さず、その思いを糧に前にすすで行くこと。
その情熱の在りかを見直して、前に進んでいく原動力にしていくこと。
火星サイクルとは、自分の中の困難さと向き合いながら、それを克服し、本来の自分らしさ=生きやすさを獲得するものであり、また、その”自分らしさ”を持続させながら、前に前にと進んでいくものなのです。

牡羊座期(~2021年1月6日)の間に、もう一度、自分自身の乗り越えるべき課題、情熱の在りか、進むための原動力を見直してみませんか?
そして、2021年へと勇気をもって歩みを進めていけるよう、もう一度、自分の立ち位置を確認してみませんか?

これからどのような時代が来ても、自分に負けない自分をつくること。
それが、今回の特別鑑定で手にしてほしい力となります。

こちらは、基本的にオンライン鑑定(ZOOM)になりますが、対面(渋谷区千駄ヶ谷)のご希望にも対応できます。
火星サイクル手帳のユーザーは6,000円(税抜)、火星サイクル手帳+鑑定付は10,000円(税抜)になります。

詳細&お申込みはこちらから!
<<< 期間限定・特別鑑定プラン >>>     40分のカウンセリング付!

スポンサーサイト



nicoplaNET射手座号 「生きる」と云うことは半ば「惑う」ということ
射手座期です。
やや重苦しく、やや心地よい、自分の中のぐずぐずとした感情との蜜月の日々(蠍座期)から抜け出し、未来へ向けての力試しをしていく時期になりました。
成功失敗にとらわれず、とにかくやってみる。
ここで気力を落とさず、次へその次へと向かってみる。
射手座期は、そういったマインドを育てる時期でもあります。

ということで、今月も無事アップできました!
ニコプラネット射手座期号の紹介です。
●まずは赤ペン12サイン占いから!
赤ペン12サイン占い 2020射手座期


今日は、あんまり素敵だったので乙女座期を担当してくれたまさこさんのテキストをちょこっとご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すきま産業、すきま時間という言葉が使われだしたのはいつの頃からだろう。
王道突破がむずかしい昨今、あなたは自分のためにも、まわりの人のためにも別ルートや、すきまを埋めるアイデアを駆使し奮闘してきたかもしれない。だが時に、人の求めるものは果てしなく、ニーズに応えようと思うほどあなたの気持ちは奮い立つとともに、もっとできることがあるかもしれないと心をすり減らす。
この一か月はそんな気分から脱出し、自分の夢を大きく広げてみよう。例えば自らがデザインしたマルシェをつくるならどんなものを提供しようか。そんなイメージをもつのはどうだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おー!射手座期にふさわしい前向きな内容。
いいですね!
他にも個性豊かなテキストが並んでいます。
ぜひ、自分のサインだけじゃなく、他のサインも読んでみて、その内容の違いを楽しんでみてください。

●次は星宙予報。
→nicoの星宙予報 2020射手座期

今回は、太陽・射手座期イングレスチャートの他に、土星・水瓶座1期、2期のイングレスチャートを掲載。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心理占星術的な考えとして、課題としてそこにあることが意識的にでも無意識にでもわかっているのだとしたら、それは必要なものとしてきっちりと現象化してくるものだと考えてもらえるといい。
「これをなんとかしなくちゃ」「これは問題だ」と心のどこかで思っていたとしたら、どんな形であれ、解決を迫るような出来事が現象化するということだ。
さて、皆さんの深層心理はどのようなテーマを持っているのだろうか。
もしも意識されているのだとしたら、ただちに手をつけておくといい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というように、射手座期に解決しておくべきことをいくつか書いてみました。
先日の火星サイクルワークショップでも水瓶座についてお話ししましたが、また少し角度を変えて「風エレメントとは」の説明もしています。
ぜひ、読んでみてください。

●最後は、きょうの表題になっている射手座生まれ・与謝野晶子の言葉を紹介。
12サインの言葉 2020射手座 与謝野晶子


勇気をもらえる非常にいい言葉なので、ぜひ読んでみてください。

10代のころ、彼女の書いた「文学に志す若き婦人たちに」という評論を読んでから、詩人というより運動家というイメージが強くあり、「歯に衣着せぬ」とはこういうことなのだなと感銘を受けたことを覚えている。
そこには、こんなことが書いてあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「婦人は感情的に傾いているから、きっと文学に適する」と考えるのは間違いです。現在の人は男も女も感情ばかりでは生活することができなくなりました。理知と感情と意志との三つが均衡を得て協力するのでなくては、真実の意味で個人の独立は難しく、何かにつけて他人の見解に盲従しなくてはなりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
力強く己を生きた人、常に射手座らしい論客ぶりを発揮していたのが与謝野晶子という人なのです。
今回の「2020 射手座の言葉」からの抜粋も載せておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は支那の古聖が「四十にして惑わず」と云った格言が私自身の生活の上には何の意味もなさないことを想わずにはいられません。私は常に多少とも前進して未来の混沌の中に踏み込んでいきます。十歩行って十歩の事を知り、百歩行って百歩の事を経験しても、それでも未来がことごとく解釈されたと云うような大それた妄想を抱くようなことは決してしません。どれだけ進んでも新しい疑惑が続々と待ち伏せしています。未来に生きようとする私にとって「生きる」と云うことは半ば「惑う」ということであると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、このテキストは、どのような着地を迎えるのでしょうか。

ということで、2020年の射手座期は、ぜひ「生きながら、惑いながら」過ごしてみる、そんな期間にしたいと思っています。
ぜひ、皆さんも素晴らしい時期をお過ごしください。

赤ペン担当の皆さま、つびー、今期もおつかれさまでした!

unnamed_20201122085541f00.jpgこちらは、なんと先日、大阪の会場でさなちゃんからもらった土星!
土星ですよ土星!
ホロスコープの配置では、太陽・月のちょうど真反対に土星が配置されることになっている。
自分が自分らしく生きるために、常に障害のように感じる天体がこの土星ということだ。
けれど、土星は自分の内なる太陽系の重要な一部である。
課題やコンプレックス、苦手意識を感じるもの、それを理解することは、自分自身のなりたい姿を知ることにもなる。
そこを目指そうとするからこそ、自分の課題を目の当たりにせざるを得ないということだ。

土星が動くとき、私たちはどのような刺激を受けるだろうか。
そのとき、どんな「なりたい」を知ることができるだろうか。
射手座期には、そんな確認もできるといいですね。

では、よい射手座期を!

あ!今日はこれから、心理占星術基礎講座の第1回目ですね。
皆さまとの新しい学びを楽しみにしています!

nico
火星力が減退する3大原因とか丑年に向け"牛"や"獅子"やる話とか
毎日、ふと千日回峰行の山道から見た琵琶湖を思い出す。
キレイだったなー

さて。
火星サイクル・牡羊座第3期のご参加ありがとうございました!
ライブで参加してくれた皆さま、全員とお話しすることはできませんでしたが、元気そうな顔を見せていただけるだけで励みになっています。

英里佳ちゃんから、さっそく感想いただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろいろ勉強になりましたが、火星牡羊座がうっかりーしちゃう3パターンの話が特に印象的でした。
①魚座海王星に引き戻され
②蟹座月の気分で左右され、
③天秤座金星で圧倒される。
わたしの場合は、1番多いのは、月の気分に左右され・・・ですかねえ。
次が、魚座海王星に引っ張られかな、って思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英里佳ちゃんありがとうございます。

第3期(11/14-2021/1/6)のレクチャーは、火星力が減退する3大原因からスタートしました。
火星サイクルは意外と長い。
着火したと思ったら、なにかにつけて消えそうになる。
今回はまず、やる気、元気、勇気、行動力、力試し…そういった火星に関わるエネルギーが減退する理由をじっくりと説明。

特に、魚座=水エレメントから牡羊座=火エレメントの移行の難しさの話。
水エレメント=心のうるおいは、火エレメントのモチベーションにとって重要ではあるけれど、水にとどまり続けると、そこから抜け出すのが難しいということ。
個の体験へと向かう力になるには、ほどほどの水エレメント体験が必要という話をしました。
人がつくり出す物語に引っ張られ過ぎないという話も、またいつか別の角度からお話しできたらなーなんて思っています。

また、かまどの火をどれだけ大事に育めるか、消さないように火を大切に守れるか、なんて話を火星を何サイクルも体験、研究してきた成果の一つとして、皆さんにお伝えさせていただきました。

そして風エレメント・不動サイン・水瓶座と不動サインのネットワークの話。
水瓶座をやるなら、牡牛座、獅子座、蠍座の流れを見直そう!という話をしましたが、ここは、まだまだ話足りない!
というか、次回の牡牛座期が不動サインの本番なので、そこでもう一度じっくり不動サインのお話ししていこうと思っています!

火星サイクル・牡牛座期は、
温故知新=不動サイン・水瓶座の意味とは?
ウラヌスとガイヤの関係とこれからの時代とは?

といった話をレクチャーする予定。

その前に、重要な牡羊座第3期を大切に過ごさなくちゃ!
ぜひ、風の時代を前に、今期のテーマである「学ぶことで迷いを払しょくする時期」を実践してみてほしいと思っています。
今期のテキストにもありますが、

環境からの要請に対し、自分の能力がうまく適用することもあれば、まったく通用しないときもある、今の自分の社会的立場の不安定さ、未来の見通しの立たない状況に、「このままではいけない」と焦る気持ちに襲われることもあるかもしれない、そんなときこそ、ただ学ぶだけではなく、学びを環境に活かして、自分を理解し、さらに学び直し、社会に貢献していく…

ということを意識して過ごしてもらえたらうれしいです。
できたと思ったら、まだまだと落ち込んだり、私も毎日学びの日々。
みんなで第3期を元気に乗り切りましょう!

申し込み間に合わなかった!という方。
見逃し配信はこちらのページからお申込みください!

↓ ↓ ↓
牡羊座火星・第3期の動画のお申込みはこちらから

次の火星サイクル・牡羊座第3期は1/5(火)、火星サイクル牡牛座期ワークショップは1/12(火)を予定しています。
天空の動きが慌ただしい2020年の年末になりそうですが、また次回、皆さんと元気にお目にかかれることを楽しみにしています!
よい牡羊座第3期をお過ごしください!

nico
本当に解決すべき課題、進むべき方向を共に言語化していく
という共同作業。
それが心理占星術の鑑定の現場の大事な風景のひとつ。
そういった緊張感もあり、そして大きな感動もある、モニターさんをお招きしてのオープンカウンセリングを久しぶりにライブで体験していただくことができました!

Desktop187.jpg

気持ちのいい秋晴れの日曜日、大阪にて開催した心理占星術の勉強会。
このようなご時世に、足を運んでくれた皆さま、ありがとうございました!
懐かしい顔ぶれ、元気な姿にお会いできてめちゃくちゃテンション上がり、またライブでの学びに刺激され、今、私にとって一番大事な心理占星術のエッセンスをギューッと凝縮してお伝えすることができたなかーと思っています。
参加者の皆さんもかなり集中して学んでくれて、あっという間の3時間となりました。

初めての方が参加してくれると、忘れがちな基礎的要素——天体の陰陽やエネルギーの適正化、個人天体、社会天体、時代天体の影響といった考え方にも触れることができ、全体を通して、まるっと復習できるのがいいですね。

ということで、心理占星術とは?というのを簡単にレクチャーした後、コンサルテーションチャート、ネイタルチャート、セカンダリープログレッション、ソーラーアークといつもの4つの天体の夢のようなシンクロニシティを体験する旅へと出かけていきました。

クライアントさんのそこにあるけれど、日々の生活や固定された信条=beliefによって見えにくくなっている本当に解決すべき課題と、本性としての進むべき方向性、それをどう表現していくか。
それをクライアントさんと一緒に言語化するという共同作業の練習をしていきます。

仕事でしっかりお金を稼がなくではならない。
人とうまくやらなくてはならない。
どこかに私に合う適職があるはずだ。

そうった、人それぞれ、なにかしら強いこだわりになっている信条を手放し、対話を通して心と頭に新しい風=視点をもたらし、自己を受容してもらい、課題に向かって新たな作戦を練り直すこと。
それをセッションの中で組み立ててやっていくことになります。

モニターさんからのコメントを紹介させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここ数年閉塞感や焦りを感じていたのですが、今日皆さんにリーディングして頂いて、自分がどう動けばいいのかが分かりすごくスッキリとした気持ちになれました。
自分でも悩みの本質がわかっていなくて、最初にお伝えしていた相談内容と違う悩みになったり、うまく質問に答えられていないところもあったと思うのですが、今日参加された皆さんの学びに少しでもお役に立てていたらとても嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらにも書いていただきましたが、「悩みの本質がわかってない」この気づきが解決の第一歩ということです。
「○○のせいだと思っていたけれど実は…」という、これが凝り固まった信条というか、問題を解決しにくくなっている点であり、そこを知ることで、人生に風が通り始めるということになります。

Kさん、こちらこそ、たくさんの気づきの機会をいただきありがとうございました!

昨日もやはりコンサルテーションチャートを土台に、重要なシンクロニシティの連動を追いかけながら、最後のソーラーアークまで、その魔法のような着地を見ることができました。
ほんと楽しい勉強会でした!

初めて参加してくれた方が「着地に感動しちゃて…」とおっしゃってくれましたが、この4つのチャートを使ったドラマは、本当に奥が深い!
また、みんなで一緒にこんな感じで学ぶ機会を持てたらいいですね!

楽しいときはあっという間。
コロナがどうなるかなー、でもまた一緒に学ぶ機会が持てますように。

その日のうちにつびーと京都に移動。
次の日は、鞍馬山→貴船→比叡山→滋賀の日吉大社を歩きに歩くという強行スケジュールで秋の美しい休日を楽しみました!
東海自然道すごくいいコースだった!
途中、秋色の自然に包まれたり、琵琶湖を見渡す静かな寺に響き渡る読経の声を聞きながら歩いたり、心から癒されたー

Desktop188_20201117183908463.jpg

皆さんからいただいたみかんやクッキー、めちゃくちゃいいおやつになりました!

2日間にわたり、世界から祝福されているような幸せな体験、みなさん、本当にお世話になりました。!
また元気にお会いできる日が来ることを心から祈って!
次回は岡崎ツアーズかな???

では、引き続き心理占星術を楽しく学んでいきましょう!
今日はこれから火星サイクルワークショップです!

nico
11/17(火)火星牡羊座第3期ワークショップ 風の時代を生き抜く!
遅くなりましたが、11/17(火)19:30、火星サイクル2020牡羊座第3期のワークショップのご案内です。
もうすでにお申込みいただいている方もいると思いますが…

火星サイクル手帳の「2020-2022 これから2年の星宙予報」のページを見ていただくと、「今回のサイクルで大切な時期は2つ」として、この牡羊座第3期(2020年11/14~2021年1/6)を挙げています。
そうです!今日からです!
天空では、今、可視光の天体と言われる肉眼で見える土星までの天体がすべて逆行を終え、今からグッと前向きな動きをつくっていくことになります。
迷いがあろうがなかろうが、今、手にしている活動を先へと進めていく、そのような時期になっていきます。
その中で、土星、木星という社会天体が水瓶座へと移り、2021年へ突入するということで、これはなかなか面白い時期になるね、ということなわけですが…

Desktop188.jpg

では、そのとき、どんなことを意識して過ごしたらいいのか。
この第3期の出来事が火星・山羊座期(2022.1.24~)にどのようにつながっていくのか?
風の時代への移行と言われる転換期に、まさに風エレメントの力を強化する動きを見せている2020ー2022火星サイクル(イングレスチャートは、ほぼ風の3・7・11ハウスを移動)は、「今を生きる」ということに忠実なサイクルであること、火星というのは、本当にサバイバルの天体であることがわかるということです。

では、その人類の「生存」とともにある火星のサイクルを読み解いてみると、今期のサイクルでどのようなテーマが浮かび上がってくるのでしょうか。
重要な時期に、どのようなことを心掛けたらいいのでしょう。
それを今回のワークショップでたっぷりお話ししたいと思います!

==================
ZOOM開催 火星ワークショップ2020
いよいよフィナーレ!火星牡羊座第3期
~風の時代へ突入! それでも自分の火を灯し続けらえるように

ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。
==================
・逆行明けの火星の動き
・土星・木星の移動と火星の関係
・水瓶座が司る「風の時代」が意味するものと備え
・牡羊座第3期のテーマ、なぜ学びが必要か
※内容が変更の可能性あり
==================
日時:11月17日(火)19:30~20:30(60分)
金額:1,650円
※延長の可能性あり、ご自由に退出ください。

詳細・お申込みはこちらから☞

そうそう、火星手帳の使い方をシェアしていただけるということで、昨日、モモさんが手帳持参で遊びにいらしてくれました!
久しぶりのモモさん!うれしい!
詳細は、後ほど火星サイクルプロジェクトのオフィシャルサイトにてレポートする予定ですが、あんまり素敵なのでチラ見せ!
牡羊座のモモさん、手帳も自由にいろいろカスタマイズ!こういうの好き!

Desktop1869.jpg

自分の好きなもの、思い出の品々、そういったものを楽しくコラージュしながら、自分の歩んだ軌跡を視覚的に見せる工夫をしていました。
パッと見たときに「楽しい!」と思えるような、そんなページ作りがおすすめだとか。

わかる!
楽しいからか、楽しく工夫しているからか、それって、結局どっちが先かわからないのだから、だったら、いろいろ楽しくしたもの勝ちかも。

モモさんはエネルギーワークも長く学ばれているのですが、そんなモモさんが「この手帳はエネルギーがいいから、他の手帳をやめてこれ一本にした!」と言ってくれました。
エネルギーがいい!まさに火星があがる魔法のフレーズ(そういえば、牡羊座のコンノマンも”気=エネルギー”の人ですね)。

ここから、2022年5月24日まで戻ることなく、ぐるっと12サインを進んでいきます。
だからこそ、自分のペースで進んでいくことが大事です。
そして、自分のペースを守るためにも、月とか太陽とかのリズムより火星のリズムのほうが作りやすいのです。

ということで、いい気=エネルギーが流れている火星サイクル手帳を手に、まずは2021年に向けての動きを作っていきましょう!

まだ火星サイクル手帳を手にしていない方。
ここから火星サイクルが楽しくなってきます。

book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020

nico
気づけば明日から火星順行 「この私でやっていこう」を確認できた?
79年ぶりの牡羊座のみでの火星逆行、皆さん、どのような期間になりましたか?
火星サイクル手帳ユーザーのみなさん、逆行期の振り返りページはやってみましたか?

私も今日、早速やってみました!
なか見!発見!

Desktop185.jpg

最近の私の火星手帳は、こんな感じで自分でアレンジしたお花の写真を記録用に貼ってみたりしています。
ふり返りながらダイアリーをつけていると、ふと、ふかーい理解にたどり着くことがあり、瞑想のようで楽しい。
最後のふり返りページの写真は、わかりにくいかもしれませんが、クライアントさんからのうれしいご感想を貼っています。
いただいた感想をプリントアウトしてダイアリーに貼り付けるのは、昔からの習慣。
私の癒しです。

あ!そうそう!
忘れる前に、先日のふり返り会の感想を少し書いておかなくちゃ。
お礼が遅くなりましたが、ふり返り会に参加のみなさま、大切なお話しをシェアしていただきありがとうございました!
ときに立ち止まり、人の体験を通して自分を知り、皆さんと共に歩むことの大切さ、とてもありがたく体験させていただきました!

生きるということの不確かさを実感させられることもあった牡羊座・火星逆行期。
私も今日、ふり返りをしてみましたが、大事なこと、たくさん手にした時期だったなと感じています。

進もうか、戻ろうか、手放そうか、しがみつこうか、そういった迷いの中でぐずぐずととどまってしまうこともある。
ふと気がつくと、同じような日常の繰り返しの中で、自分が前に進んでいないような虚しさや不安を感じてしまったり、できないことの言い訳を探し続けて、自分をごまかしてみたり。

そのようなとき、火星はいつでも自分を原点に戻してくれるのです。

自分は何をしたいと思っていたんだっけ?とふり返ってみる。
ちょっとでも”むねあつ”になった体験にフォーカスしてみる。
そして、自分の中にある火種を拾い上げ、もう一度、火を灯す。

火星の逆行は、いつでも牡羊座から魚座に返ろうとする行為である、先日のふり返り会では、そのような話を繰り返しさせていただきました。

unnamed_202011070101542ef.jpg今回は、英里佳ちゃんバージョンで。 

さかさまになって世界を見たときに、視点を変えて物事をとらえ直してみたときに、ではどんな知性、アイデア、想像力を見出すことができたでしょうか。

「うまくできない」「報われない」と現実と理想のギャップに打ちのめされそうになったとき、「こうでなくちゃいけない」という頑なさにとらわれてしまったときに、世界を柔軟にとらえ直すことができること、やり方のバリエーションを増やすこと、または無駄な抵抗を辞めて、粛々と役割をこなすこと。
これが最後の柔軟サイン魚座の役割、魚座的知性と言えるのかもしれない、という話。

認知の変換がうまくできないと、たとえ地球のどこに身を置こうとも、すぐに手に入るものを取っ替え引っ替えし続け、「ここではないどこか」に脱出することを夢想しながら、「今ここ」に永遠につなぎ留められることになるかもしれない。
目の前の状況に抵抗し続けると、結果、魚座=12ハウスからうまく脱出できないということになるという話。

ということで、牡羊座逆行期は、自己像を書き換え、マジシャンのテーブルの上の持ち物を整え直し、できることからはじめることが大事だったということです。
ここからまた、「生命とは虚無をかき集める力である。それは虚無からの形成力である」をやっていくことになるのです。

ということで、明日から火星は順行に戻り、ここから戻ることなく、前に前にと進んでいきます。

今、自分が手にしている自分の自己像とはどういうものでしょうか。
好きでも嫌いでも、その「私」とともに、未来を形成していかなければなりません。
いつまでのぐずぐず自虐していても仕方ない。
どうせなら、自分を信頼したほうがいい。
「この”わたし”でやっていこう」と開き直り、手にしている道具を背負って、前に進んでいきましょう!

次の火星サイクル・第3期のテーマは、「学ぶことで迷いを払しょくする時期」です。
手にしている武器に磨きをかける、そんなテーマです。
明日、11/17(火)の火星ワークショップのお知らせをしたいと思います!

nico
働き方診断・レポート鑑定を終えて ホロスコープは育てるもの、生きるもの
わたしの生き方、働き方プロジェクト!第3弾、働き方診断のためのモニターレポート鑑定、ようやく今日、無事提出しました!
モニター鑑定に募集してくれた10名の皆さま、お待たせしてしまってすみませんでした!
最後のほうは、書くのが楽しくて仕方なく、気がつけば、おひとり10,000Wのレポートになっていました。

これはなかなかボリューム!ですが、でも不思議なもので、象徴というのは言葉を尽くしても尽くしても空をつかむような感覚もあり、なので、心静かにネイタルチャート、マイナーアスペクトチャート、ミッドポイントチャートに配置された象徴たちの訴える声、求める声に耳を傾けながら、届けたい言葉を無心で書き連ねました。

うれしいフィードバックをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実際に鑑定レポートを読んだ感想は…
こんなにも「私」のことを細かく丁寧に描写してもらったレポートは今までに見たことがありません。
まるで私という人間、そして心のうちをすべて言語化してくださったような、一言一言に重みを感じるレポートでした。
そしてその言葉ひとつひとつには違和感などどこにもなく、自分とそれらの言葉を照らし合わせていくような感覚で、何度も読ませていただきました。



これからは、これらの力をより深めながら、それを自分のためではなく誰かのために活かしていけるよう、
コーチとして生きていこうと決めました。
まだまだ、技術やテクニック、コミュニケーションスキルは必要になりますが、日々少しずつ磨きをかけながら、学びと共に成長していきたいと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんとうれしい…
ちょうど1年前から始めた働き方プロジェクト、1年経って、少しだけ可能性の芽を発見した気持ちです。
火星逆行期の半分をレポート作成に費やしましたが、こんなにチャートと向き合ったことってあったかな?というくらい、朝から晩まで、寝る間を惜しんでチャートとふれあい、喧嘩したり、なだめすかしたりしながら格闘し、最後は娘を嫁にやるような気持ちで送りだし…といった作業を延々やっていました。

なんせ100,000W×10名ですから、それはなかなか大変な道のりでしたが、振り返ってみれば、研究者冥利に尽きる幸せな時間だったなーとしみじみ。
これから、さらにメソッドをブラッシュアップして、もっと素晴らしいサービスを提供していきたい!、今はそのように思っています。

読みながら思ったのは、やはりネイタルチャートは、持って生まれたからといって、そうそううまく使えるわけではないということ。
ギフトとしてもらったダイアの原石を手をかけて、丁寧に磨き上げていかなけれなならないのだということ。
象徴を丁寧に育て、そして勇気を持って生きるものなのだということがわかりました。

ユングのいう、「成長とは自己実現へのプロセス」に他ならない、獅子座から、獅子座らしく生きられるのではなく、獅子座になっていくための成長のプロセスが人生なのだということを強く実感したのでした。

なので、私の書いたレポートが、今、もしぴんと来なかったとしても、とにかくそこに書いてある可能性を意識して、生きてみてもらえたらと思います。
人生のどこかで、その象徴に触れてもらえる日が来るだろう、そのような期待を込めて、今回のレポートを書かせていただきました。

いちおう、今回のレポートはここまでの私の研究の集大成ではありますが、課題がたくさん見えてきました。
きのうつびーとも
せっかく「ギフト」としてのホロスコープの可能性を書いたものだから、もっと素敵なかたちにして皆さんに届けたいね
なんて話にもなりました。

これから生き方、働き方診断として、占星術の持つ素晴らしい技術がつまったレポートを皆さんにお届けできたらと思っています。
よろしかったらぜひ、こちらのサービスを利用してみてください。

この度は、お待たせしてしまってすみませんでした。
働き方診断のレポートが、皆さんのこれからの人生に少しでもお役に立てればと思います。
ありがとうございました!

nico
11/15(日)大阪・梅田にて公開リーディング勉強会やります!!
先週末のモニターさんを招いての職業占星術パーフェクトマスター講座、おつかれさまでした!
皆さん、緊張した!とおっしゃっていましたが、モニターの方の辛抱強いご協力もあり、心理占星術の魅力、コンサルテーションチャートの見事なシンクロニシティ、対話の力などなどを実感できた、素晴らしい学びの機会となりましたねー

しかし、課題もたくさん見えてきました。
今回痛感したのは、やはり皆さんの象徴読みのバリエーションが少ないということ。

昨日の勉強会でも、6人くらいのネイタルチャート&ソーラーアークチャートを読みましたが、6人いたら6人分の冥王星の利用の仕方、受け止め方がある。
その感覚を言葉で伝えられるにようになると、鑑定の現場でのボキャブラリーの幅が広がるかもしれません。

自分が伝えた言葉が相手が求めている言葉じゃないなと思ったとき、意識を切り替え、新しい視点、新しいアイデアで象徴を読むという多角的な視点が足りないのかな。
自分の思い込みを手放して、凝り固まった象徴読みから解放され、「人ありき」の自由な象徴読みをしていくこと。

その人その人に合った純粋で新鮮な言葉を伝えられるようになるには、やはり机の上で根気よく学びを繰り返すこと、また占星術以外の幅広い知識に意識を開くことが必要なのかな。
そのうえで、人との関わりを持ち、こうしてグループでのアウトプットの学びの機会を設け、客観的な視点を自分の中に育てていくことかなと思いました。

プロになるには何事も精進が必要ですが、だからこそ息長く、充実した仕事ができることになるのですね。

しかし、ライブでのリーディングは本当に学びになるということで、オープンセッションの機会を改めて設けることにしました!
今回は、ZOOMではなく、リアルな対話となります。
久しぶりの大阪上陸!
懐かしい…涙

昨日、一昨日と現地での勉強会を開いたのですが、やっぱりいいですね。
わかなさんが、久しぶりにnico先生の「実際、本当にそうだろうか?」が生で聞けてワクワクした!と言ってくれましたが、私も生で「実際、本当にそうだろうか?」が言えて本当にうれしい(ちなみに、風の時代に関する「そうだろうか?」ね)。

ということで、近畿地方も皆さま、急な募集になりますが、お時間ある方、ぜひライブで参加しませんか?
きっと皆さんが抱えている占星術のモヤモヤを解決する機会になると思います!
懐かしい方、はじめましての方、たくさんの方に出会えるのを楽しみにしています。

モニターの方々もどうぞよろしくお願いします!

大阪・現地にて開催 象徴の学び直し、カウンセリング技術の見直しの機会に!
心理占星術を知り、楽しみ、深める公開リーディング勉強会

11/15(日)大阪にて、久しぶりの勉強会を開催します!

心理占星術による鑑定とは、一体どのようなものなのでしょうか。
心理占星術の技術を使うと、何ができて、何がわかるのでしょうか。

いわゆる通常の占いの鑑定では、
「あなたはこういう人です」という性格診断として、
または、「こういうことに気をつけたほうがいい」という問題を避ける提案として利用されることがほどんどです。

けれど、それでは心理占星術の目指すところ
——本人が今の現状をしっかりと受け止められるようサポートする
——自身が持つ選択の力、本人の問題解決の力をサポートする
——自身の意思で未来をつくっていくための勇気づけをする

ということにはなりません。

今回の心理占星術による公開リーディングでは、主に二つのチャートを利用し、チャートに示された象徴の一つ一つを丁寧にひも解き、じっくりとリーディングの練習をしていきます。

一つ目のチャートは、鑑定日時のトランジット図(コンサルテーションチャート)を使い、相談者が”今”抱えている抱えている課題や問題を読み取り、その問題がどこから来て、どう解決していけばいいのか、現実的に手の届く解決策をお伝えするものです。
もう一つはネイタルチャートを使い、もともと抱えている心理的葛藤やその背景、その書き換えと未来の可能性を探っていきます。

参加者の皆さんには、事前に出生データ等の情報をお渡しします。
個人天体の目指すところ、半球の強調のパターン、アスペクト解釈、囚われたハウスからの解放等、自分なりの分析をして、公開リーディングに臨んでください。

自分の言葉で伝えていくこと。
モニターの方の言葉を注意深く聞き、それをきちんと受け止めること。
そのやり取りの中で見えてくる象徴の使い方を把握する事。
相手の状況、相手の個性に合わせて、臨機応変に象徴を解釈し直し、またそれを新たな言葉として表現できること
最終的には、モニターの方に対し、どうしたら自分の人生を生きられるようになるのかといった具体的なアクションにつながる提案まで落とし込めるといいですね。

象徴を言葉にする苦手意識を解決できるような、そんな丁寧なリーディングの学びをしていけたらと思っています。
もちろん「我こそは!」という方も、ぜひリーディングの力試しの機会にしていただけたらうれしいです。

心理やカウンセリングに興味がある方
心理占星術を学んでいる方
通常の占星術読みに飽き足らりなくなった方
自分の読み癖がついてしまっている方
もっと深く、丁寧にチャートを読んでみたいと思っている方
もちろん、ホロスコープが読めなくても、悩みの解決のヒントを知りたい!という方も参加できます。

ぜひ、心理占星術の奥深く、魅力的な世界に触れてみてください。
もし、ご自分のチャート読みに自信がない方は、今回、どのようなアプローチでチャートを読み、対話し、着地させるのか、その技術を再学習してみてください。

◆開催概要
心理占星術によるオープンリーディング
2名のモニターさんをお招きし、参加者みんなで占星術のリーディングを深めていきます。

★応募人数 20名前後★
出生ホロスコープ、心理ホラリー分析を駆使し、参加者全員で公開鑑定していきます。
分析、糸口発見、解決の提案までの流れの学びに最適です。
※50名収容可能な会場で、定員20名前後での利用となります。

【心理占星術による公開カウンセリング】
・心理占星術のカウンセリングとは?
・みんなで心理占星術リーディング 2名
・レビュー
■日時:11/15(日)13:30~16:30
■会場:エマ梅田・お手軽会議室303
大阪府大阪市北区梅田2-5-13 桜橋第一ビル
https://goo.gl/maps/chXkRmkJjxL13nLh8
JR大阪駅桜橋口より 徒歩4分

■金額:6,000円
■お申込みはこちらから→【大阪梅田】心理占星術を知り、楽しみ、深めよう~公開リーディング勉強会 


★ ★ 重要  ★ ★
・入場者数は、会場収容人数(50名)の約半数以下(20名)とし、 ソーシャルディスタンスを保持します。
・会場設備や備品は、ご入場前にアルコールでの清拭を行います。
・ご入場時には、マスク着用、 アルコールでの手指消毒をお願いします。
・室内換気は、常時換気扇の利用および一定時間での窓の開閉を行います。

11/5(木)火星逆行期ふり返り会 お昼の部も開催決定!
火星ユーザーさんのもとには、昨夜メールが届いていると思いますが…
念のため、こちらのブログでもご紹介。

11/5(木)の夜の部のふり返り会は満席のため締め切らせていただきましたので、お昼の部も受け付けることにいたしました。
2020年~2022年を乗り切るための、今が一番大事なところですから、ここはしっかりふり返っておきたいところですよね。

日々、心理占星術による鑑定、または生き方働き方のための職業占星術鑑定をさせてもらっていますが、トリガーとして、未来のスケジューリングをするのに、やはり火星のサイクルをよく利用します。
先日のモニターさんを招いての職業占星術分析でも、最後は火星サイクルの流れで「そのタイミング、ちょうどいいです!」という声を聞かせてもらいました。

火星の運行は未来へ向けて推進していくには、何よりも使えるリズムですから、これは使わない手はないです。

ということで、逆行から順行に向けての流れをうまく利用し、2021年に向けての助走の準備が始まりますよー


11/5(木)11:00 火星逆行期ふり返り会 お昼の部も開催決定!
9/10から始まった火星逆行期も残り1/3を過ぎました。
皆さんは、どのような逆行期を体験しているでしょうか。

今期のテーマは「やらずにきたことに取り組む時期」。

火星エネルギーとは、本来、前へ前へと推進していくものですが、やり残したことや心のわだかまりが残ったままだと、前へと進み続けることができなくなってしまうのです。
そのため逆行期は、自分を後ろ向きにとどめている物事=モノやコトを片付け、気持ちよく進んでいくための物理的、または心理的な解決をしておく時期でした。

火星は現在、 スピードを落としながら牡羊座の20-16度を逆行中。

そろそろ後ろ向きな作業を終わらせ、前向きに進んでいくための準備体操へと入る時期となります。
どのような整理が行われたのかをふり返り、今期の火星サイクル(~2022/5/24)を走りきるためにゆっくり動き始めましょう。

★ ━━━━━━━━━━━━━━━
 11/5(水)11:00~
 好評につき昼の部も募集!
 牡羊座逆行期レビュー会zoom 開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━

振り返りレビュー会は、
皆さんの体験をシェアする時間です。

そのため無料&ライブ配信のみ!!
録画視聴はありませんのでご注意ください

☆━┳━┳━┳━┳━┓
 参 加 費 無 料
┣━┻━┻━┻━┻━☆


”ぐずぐず”や”もやもや”の中で
自分を発見していくのが牡羊座逆行期。

意気消沈、停滞してしまう中でも
「なるほど、私ってこうなのか…」
という気づきが得られるといいですね。

そこから、自分にとって活動能力が一番上がる方法を身につけていけるとベストです。

人によって体験はさまざま。
ぜひ、嬉しい報告や不安や疑問など
こんなことがあった、こんなことを感じたことを聞かせてください。

火星手帳を使ってみての感想もぜひお寄せください。

火星ふり返り会の詳細はこちらにも→火星ふり返り会の詳細はこちらから

◆日時
11月5日(火)1100~1230(90分)

※延長の可能性がありますので、ご自由に退出ください。

無料・お申込みはこちらから☞【zoom】無料★牡羊座逆行期、火星サイクル手帳シェア会 AMの部

★ ━━━━━━━━━━━━━━━
火星牡羊座期のフィナーレ
2020年の終わり、2021年のはじまり

   牡羊座ワークショップ
11/17(火)1930~2030@zoom 開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の6月末からスタートした牡羊座期。
いよいよ11月中旬から、最後の仕上げに入ります。

牡羊座第3期は、冬至&風の時代への移行期を含んだとても重要な時期となります。
新しい時代を生き残るため、どのような生き方、力の利用の仕方、動きの作り方が必要になるのか。
水瓶座の土星木星の移動と火星の関係について、
火星のテーマを踏まえた、2021年の過ごし方について考えてみたいと思います。

次回の牡羊座ワークショップは、
11/17(火)19:30~20:30の開催!
詳細は近日発表です。
チャートやカードは、悩みや問題を外在化するのにもってこいだ
今日はこれから、モニターさんを招いての職業占星術パーフェクトマスター講座ですが、その前に、昨日の職業占星術パーフェクトマスター講座、そしてタロット講座、おつかれさまでした!

タロット講座は最終回でしたが…改めて、

タロット講座が好きだ!
教えるのも好きだし、何よりもタロット講座の学びのプロセスが好きだ!
一枚一枚丁寧に読み進めていくと、世界の見え方が変わってくるのが好きだ!
そして、実践読みが好きだ!
あの、納得感のあるシンクロニシティが好きだ!

あー言ってしまった!
昨日のさなえさんのヘキサグラムじゃないですが、寝た子を起こしてしまった!
でも好きなものは仕方ない。
占星術の学びもむちゃくちゃ楽しいのですが、タロットカードは78枚を読み進めていくのがやっぱり楽しいですね。
そしてリーディングも、カードにグッと引き込まれたときに納得感がたまらないのです。

ということで、タロット講座は1回延長してリーディング&解釈をやっていきます。
楽しみですね!

あ、11/1(日)14:00からタロット講座やります!
少しでも興味ある方はぜひ学んでみてください。
占星術とのコンビネーションが本当に面白いです。
詳細はこちらです→【zoom講座】心理タロット、第1日曜クラス(全6回)

私のところで学ぶ心理タロットも心理占星術と同様に”well-being=自分の最良=本来を生きる”ということを目指しているのですが、昨日も「それだと世の中の下世話な悩みに答えられないのではないか」という質問をいただきましたが、まあ、「魔術」ですからね、そんな些末なことを読むようにはもともとつくられてはいないですが、でも、心理ホラリーもそうですが、表面的な質問の背景には、その人の根深い不安があったりする、強い欲求が隠れていたりもする、だから入り口が不倫問題でも上司の愚痴でも、または赤いセーターとグレーのセーター、どちらを買ったほうがいいかとかでもいいわけです。
その人の中に入っていけば、目標は一つ、「今、できる限りのその人の最良を選択してもらうこと」なわけです。

大事なのは、この「自分で選択した」という意識を持ってもらうような鑑定をしていく、ここが一般の占いと、私が提唱している「心理占星術」「心理ホラリー」「心理タロット」の違いかな。

「カードがこう言っている」ではなく、「あなたの心象風景が、チャートやカードとシンクロしている」ということですから、「ああ、そうかそうか」「そうだそうだ」を引き出すことは決して難しくはないわけです。

悩んでいるときの一番の問題点は、0か100かの心理に追い込まれてしまうことだ。
今の仕事を辞めるか、嫌々続けるか。
不満を抱えながら結婚生活を続けていくか、それとも離婚するか。
とか、余裕を失い、近視眼的なものも見かた考え方しかできなくなってしまう。

その時に、チャートやカードを使うと、いったん悩みが”外在化”される。
悩みが自分の中から取り除かれると、「私が悪い」「あなたが悪い」という発想(問題の内在化)から解放される。
そして、客観的に状況判断をしたり、時期を考えたりすることができ、悩み、解決方法にバリエーションが生まれる。

では、半年間はそのように動いてみて、だめだったら、またその時、自分の進退を考えてみます。

というようにだ。
今お話しした問題の外在化、内在化はナラティブセラピーの手法だが、これをカードやチャートを使って行えるというのは、ほんとに素晴らしいことだと思う。

だから、本当は、カードや心理ホラリーチャートは瞑想として使うのが一番おすすめだ。
モヤモヤしたときに、カードを眺め、そこにあるものを客観的にとらえ、ただなるほどと受け止める。
そして、終わったら、カードをまた一つの山に戻す。

今日もモニターさんの悩みを問題化して、その人の”今”にふさわしい答えを模索していきましょう。
皆さんのリーディングを楽しみにしています。

nico
Designed by aykm.