nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
ピンクのペンからジャバラ、ベリアルまで火星WSは楽しすぎ!
火星ワークショップが始まる前、クライアントのJさんからこんなメールをもらった。

人生が実際に生きてみないと正確には分からないように、自分なりの火星の活かし方も、きっと実行してみて気づくことがあり、参加者のログ1つ1つが事実として、先生の業界のタブーに挑むのでしょう。
一般的な定義も大事。
実際の実験結果も大事。
そのベスト配合は、きっと自然に見えてきますよ。

”先生の業界のタブー”というのは、つまり火星を凶星としてではなく良きものとして使っていくということだけど、実は火星ワークシートを作った後、「みんなを巻き込んでこんなの作って、一体、どれくらいの人が火星を実感してくれるのだろう…」と弱気になることが何度もあって、だから今日のWSは自分なりに何かつかんで終わりたいというのがあり、盛況に終わって、ほっとしているし、心から喜んでもいる。

WSが終わった後、みねんこさんからも「期待以上のシェア会になりましたね」というコメントがありましたが、本当にそうね。

たくさんの方に参加してもらって、たくさんの声を聞かせてもらい、自分なりに火星シートを活用している様子を見させてもらって、楽しんでもらい、明るく元気に帰ってもらって、そして再会を約束してくれて…本当にありがとうございました。

Desktop77.jpg

ピンクのペンでぎっしり書き込んでくれた方、人から言われたことで気持ちが動いた事柄を細かにメモしてくれた方、書き込むのではなくシートに書かれている火星の動きを頭に入れて日々の生活に生かしていると報告してくれた方、12サイン分をジャバラにして持ち歩いてくれている方…

皆の声を聞きたい。
反応を見たい。
使い方を一緒に工夫したい。
火星力を楽しく使ってもらいたい。
人生を自分の力でコントロールできるようになってもらいたい。
毎日、朝起きたときに明るい気持ちで目覚めてほしい。
ほしいものに素直に手が伸び、自分の中に違和感があることにNOといえるようになってほしい。

ずっとずっと、そんな思いを持っていたので、今日、火星について、火星の重要性について話せたことは、私にとっても意味あることだった。
とにかくよかった、よかった。

占星術がわかる方も、よくわからない方も参加してくれて、みなさんのいろいろな使い方を知り、また使えない理由を知り、さて、これからどう使っていこうかという話もでき、スパイラルモデル計画も着々と進み、これからも定期的にこの会を開いて、火星2年のサイクルを進んでいこうということになりました。

回転寿司の話とか、こんまりの話とか、ASC=でかい声出すとか、水星とか木星とかWSでいろいろ話したから、ブログでの報告はこんなもんでいいかな。
医療占星術の話では、Mさんや座禅チームも巻き込むことに成功したし、まあ、楽しかったからこんな感じでいいかな。

なんて気楽な感じで打ち上げへ。

eRender_20170430001607859.jpgピザにしらすかけるだけなのに、みんなで盛り上がってみる。
引き続き火星モード。
水煮ちゃん、かわいいねー(水煮ちゃんが作った「創作活動に使えるかもしれない月星座の本」は後日発表)

わかなさんのペンネームをベリアルにするかシジョゼフィーヌにするか。
堕天使の名前なんてつけちゃったら、書くものに影響するんじゃない?
フィンジェネレーターで出た名前でいいんじゃないか。

なんだかんだ。
とにかく火星ナイトは終わらないのでした。

6月24日(土)の夏の灯台屋まつりでは、心理占星術ナイトというのやることになりました。
オープンセッションから現場でのロールプレイングまでいろいろやります。
もずくさん、またお世話になります。

それではみなさん、蟹座火星の時にまたお会いしましょう!
その時、皆さんが貼ってくれたポストイットの秘密、聞かせてくださいね。

で、火星WS地方巡業の巻は、6月18(日)の名古屋を皮切りに、松本、札幌、仙台と続きます。
きっと面白いです。
地方の方、ぜひ参加してください。
詳細は後日発表します!

スポンサーサイト
牡牛座の時期に内発的動機づけの感覚を育てる
朝、ベランダの植物に水をあげていたら、お隣の婦人にベランダ越しに「よく咲いているわね。手入れが上手なのね」とほめられ、朝から上機嫌になった。

小さいころ、「世界中どこにでも行けるとしたらどこに行ってみたい?」と聞かれ、いつも「お花畑!」と答えていたそうだけど、職変えするなら十勝千年の森のガーデンデザイナー、ダン・ピアソンのような仕事をしてみたいといつも思っている。
空間全体が愛と幸せで満ちている。
人も自然もそこにあることが当然のように違和感なく配置されている。
そんなランドスケープを作り出せたらいいなあと。

森羅万象、自然が作り出すものはすべて美しい。
朝の光も風に揺れる木々も、海に映る月光も雨音もすべての瞬間が美しい。

牡牛座のこの時期に新緑の色、春の香り、風の心地よさなど、五感を思いっきり喜ばせ、それを自己確認するのは大切だ。
自分の感覚が何を感じ取っているのかを知り、何を求めているのかを知る。
外のものさしに頼らない、自分だけのものさし=自己感覚を形成していくためには、自分の喜びを知ることが先決なのだ。

教育現場では当然の考えかもしれないが、個々人の「内発的動機づけ」をどう引き出していくかというのを、私もいつも考えている。

アメリカの心理学者リチャード・ドシャームには、「自分が外的な力によって操られる”チェスの駒”のような存在ではなく、自分自身の行為の”源泉”でありたいという欲求に内発的動機づけを解明する手掛かりがある」と考えた。

外的報酬――金銭、承認、評価、成功――を求めることで、自己の中にある成長と喜びの機会を失い続けていく、そしてやがて、行為が苦痛そのものになり、その活動に対して抱いていた熱意や喜びを失ってしまう…

一方、内発的動機づけを体験するということは、人生がより楽しくなると同時に、自己理解が深まり、自分に対する誠実さが生まれる、真の深い興味がどういうものか、その喜びを知ることができる。
つまり、自分に近づく行為ということだが、外的報酬に支配されたストレスフルの活動とは対極の体験でとなる。

この辺は、私の職業占星術でもお話ししていることですが、

熱意やワクワクを感じる活動であること(牡羊座=火星)、自己価値=自分らしさ、を実感できる喜びある活動であること(牡牛座=金星)、知的好奇心をくすぐられ続ける活動であること(双子座=水星)、この最初の三つの自己感覚を高めることによって、人生が常に内発的動機づけ(モチベーション)によって活気づくことになる。

これを絶やさず持ち続けることで、外のものに刺激に左右されない喜びを自分の内側に育てることができるだろう。

多分、うちのベランダの花は今が一番きれいなので、講座や勉強会の時はぜひ見てみてね。

IMG_0808.jpg

あー、いつか世界のガーデンをめぐる旅に出かけたい。
本当に言いたいことこそ本当に言えない でも時には心のままを伝えたい…
火曜日の朝7時、燃えるゴミを出した。
しかし、昼を過ぎても私のごみだけ残ったままになっていた。
理由がわからずゴミを持ち帰ろうとしたら、ゴミ袋の中にフライパンが2つ入っていた。
???
誰かが私のゴミに燃えないゴミを忍ばせた?
カチンときた私はフライパンを取り出し、”人のゴミに勝手にものを忍ばせてはいけません。燃えないゴミは第3水曜日です”と張り紙をして、それらを目立つところに置いた。
2時間後に見たときにはフライパンはなくなっていて、私は1週間分の大仕事をやり終えた気分でヘトヘトしてしまった。

または同じ日、私の意と違うように解釈された事柄があり、「いやいやそうではないですよ」という反論を珍しくしてみたりした。
いつもは、「人がどう捉えようがそれは本人の自由だから」と放っておくことのほうが多いのだけど、今回はなぜか私の真意をわかってほしいという欲求のほうが勝っていたので、思い切って伝えることにした。

こんなメッセージをもらった。
これからは我慢しないで思ったことを口に出して、人と円滑にコミュニケーションする訓練をしたいです。

ほんとうにそう。
でも、本当に言いたいことこそ本当に言えない。
自分の心に一番近いことこそ、自分の欲求に一番近いことこそ、なかなか言えない。
相手を変に思いやりすぎて、言うべきことが言えない。

言えないことがたまっていき、息苦しくなったり(肺=双子座)、腸(乙女座)がギューってなったりする。
吐き出せたらどんなにすっきりするだろう。

今年の初めに、私たちニコラボチームの間でシーモアさんが大流行だった。
映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』 。
ピアノ講師のシーモアさんが音楽と自分、音と世界の関係を語るというドキュメンタリー映画なのだけど、そのシーモアさんがインタビューの中でこんなことを言っていたのが印象的だった。

私の年齢になると、ごまかしを一切やめる。
人にウソを言わなくなり、自分の心のままを語るようになる。
相手が喜ぶことを言うのではなく、真実を言うことこそが、相手にとって最高の褒め言葉だと分かる。

牡羊座火星と双子座水星のミューチュアルレセプションが形成されている今こそ、もしかしたら、言いたいことを伝えるチャンスかもしれないね。
素直さという美徳を信じ、自分の声を正直に伝えられたらどんなにいいだろう。

Mさん、素直なメールをどうもありがとう。
私も正直に生きようって、再び思うことができました。

今日から始まった基礎講座でも、ICと水星の話に少しだけ触れましたね。

時には、心のままを伝えられるように、そして人の心のままを受け止めることができるように、明後日の灯台屋のイベントでも、そんなことをみんなで実践してみましょうか。
火星のワークの一環としてね。

目標が生まれれば生き方が変わり、未来のビジョンが変わる
火星ニューズレター双子座イングレス号、皆さんのもとに届いていますか?
もし、火星ワークシートを購入したのにレターが届いていない!という方。
↓こちらからお問い合わせください。

火星ニューズレターお問い合わせはこちらから!

ニュースレターの感想を寄せてくれてありがとうございます。
スタッフの励みにさせてもらっています。

火星が新しいサイクルを迎えてから早3か月。

火星の使い方がよくわからない。
火星、使える気がしない。
そんな声がいまだ聞こえてきます。

そうですね。
でもね、そんな猛々しいイメージで火星をとらえる必要はないかもしれないですね。
本当はね、前にもブログに書きましたが、火星は「シンプルで自分の心に近いワクワクを育てる」くらいの熱量がちょうどいいような気がするのですけどね。

朝起きて、毎日が何となく楽しい。
小さなワクワク、小さなチャレンジ、そんなささやかな火を燃やし、毎日、自分なりに頑張っている。
こんな感じで小さく火を燃やしながら育てていく。
それが本来の牡羊座=火星のイメージなのじゃないかなと。

それを体現してくれているのが生徒のYさんです。
ニコラボでもいつも話題にしているエピソードですし、一度、このブログにもちらっと書いたことがあったかな。
Yさんの宣誓は忘れもしません。
「先生、私、次の火星の目標決めました。モコと一緒に楽しく暮らす。これが私の次の目標です!」

目標をうれしそうに話してくれた時のYさんの表情を見たとき、「なるほど、目標はこうでないといけないな。シンプルで自分の心に近い目標、そして、それをイメージすると幸せな気分になるような、そんなモチベーションの作り方をするべきなのだな」、そう思ったわけです。

モコちゃんというのは福島の被災猫ちゃんで、里親さんが見つかるまで一時的に預かるというボランティア活動を通して出会ったということですが…以下、Yさんのコメント。

震災被災ねこの譲渡のお世話をしている方々が、自分達だけでは手が足りないのでと、預かりボランティアを募りました。
震災被災ねこをどうにかしてあげようとか、殺処分ゼロに!とかに熱心だった訳ではちっともなくて、猫と暮らしたいけど踏み切れないなぁという私にとって、都合のよい話だったという訳なんです。
ツイートで紹介されるモコについては、「何か気になるこだなぁ。」と思っていたので、「Yさんにモコを預かってもらおうと考えている」と言われた時にはビックリで、「あの子がうちに来てくれるんだぁ」と嬉しくて、運命の出会いを感じました。(笑)

生れてはじめて生き物を飼うということ、しかも心に傷を負った大人の猫ちゃんを飼うということは思ったほど簡単ではなく、日々すったもんだあり、なかなか仲良くなれず、姿を見せてもらえず、もちろんいまだ触ることはできず…

しかし、Yさんは諦めず、「モコと一緒に楽しく暮らすのだ!」という目標を諦めることなく、毎日できる努力をし、一ミリずつ距離を縮め、今ではこんな写真を取れるほどに近づけるようになりました!
モコかわいい!

IMG_0806.jpgYさんの目標はまだまだ続きます。
「もっとモコと長く一緒にいるためには仕事を変えたり、住居を整えたりしなくちゃです。これからです!」
と、毎日のように楽しいレポートをしてくれるYさん。

目標はこのようにして育っていくのですね。
目標が生まれれば生き方が変わり、生き方が変われば未来のビジョンが変わる。

これが火星→太陽→木星の流れ。
そして、火のエネルギーは人に熱伝導するものなので、私も気がついたらYさんとモコちゃんの暮らしを毎日気にし、応援しているわけです。

とにかく、火星の火は小さなとことから育てていくこと。
Yさんとモコちゃんがこれからどうなっていくのか、しつこくサポートしていきます。
Yさん、また写真&レポート楽しみにしています!

また、こちらは火星ニューズレターでも紹介しましたが、クライアントJさんから届いた火星シート。
ログのようなものがきっちり書き込んであります。

Desktop76.jpg

その中に書かれた一文、

『Tryしたので、あとは体得した感想をベースにして、「先にやるもの」「後にやるもの」「とりあえず中断するもの」に区分。持続できることを重視。小さい日にする』

なるほど!これは火星にとって大事な感覚ですね!

火星を燃やし続けるには、自己の一番中心部分、偽らない自己認識がとても重要になります。
「らしさ」とはこの感覚から来るのです。

ということで、まだまだ発展途上の段階にある双子座の火星。
ここから乙女座火星までが成長のステップとしては面白いところです。

IMG_0727.jpgサバかと思ったらパティちゃんだった!

最近のあだ名は天童よしみ。
そうね、ちょっとバランスがね、おかしいのよね。
でも、気にしない。
毎日、皆さんにかわいがってもらえて幸せだから。

次の勉強会は「コンサルテーションチャートから考える導入から着地」
その前に…

5月6日のべんてんくるみさんによるサンキャッチャーワークショップのお知らせです。
残り2席になりましたので、ご興味ある方はお早めに!

5/6(土)べんてんくるみさんによるサンキャッチャーWSやります


太陽が眩いこの季節。
みんなで楽しくキラキラさせちゃいましょう!

ということで勉強会のこと。
ほんとはね、アスペクトの言葉出しをしつこくやりたいのだけど、一度、セラピーの流れというか、コンサルテーションチャートを使って、どのくらいまでセッションを構築できるかみたいな感じを見てもらおうと思っています。

なぜかというと、誰でもそうなのですが、ホロスコープって個人の読み方の癖がすごく出ちゃうのよね。
強調されたポイントを自分で作ってしまったり、読みなれた解釈を優先してしまったり。

ホロスコープは個人だけの特別なものという感じがするから「あなたの運命は…」といったドラマチックな鑑定をやるのにはいいのかもしれないけど、ホロスコープだけで読み進めようとすると、現実的な相談が来たらお手上げになっちゃうこともあったりして、なかなか偏りが出る。

なので、個人を離れたチャートをひとつ挟むと、非常に客観的な視点を持つことができてセッションがとてもやりやすいし、有意義なものになるというのが私の考え方。

さなえさんとの対談「かにこー」でもいったかもしれないけど、

個人の意思(ネイタルチャート)
環境および状況(コンサルテーションチャート)
タイミング(トランジット)、

この三つ巴を用いて現場の流れを作るのを好んでいるのですが、今回の勉強会は、特にコンサルテーションチャートを使い、今の状況に即した流れの作り方、着地の仕方を復習しようかなと思っています。

それと同時に、今回は家族の風景というのも見てもらえたらと思っています。
昨日も講座でやりましたね、関係性の中で力学がどう働くか、そんなことを復習がてらやってみましょう。

昨日の夜、火曜勉強会のグループラインがにぎやかなことになっていましたが、そうです、今度の火曜日の勉強会ぜひ楽しみにきてください。
ベテラン組の読みを期待しています。

にわかに忙しい双子座火星期。
あ!これからニューズレターも書かなくちゃ。

そうそう、6月24日(土)は灯台屋さんのイベントで「心理占星術の現場のためのロールプレイング&オープンセッション&心理占星術トークライブ」なるものをやらせてもらうことになりました。
すごいですね、すごい充実の内容ですね。

長い講義をやるたびに、「もう空っぽになった。もはや私からは何も出てこない…」と思ったりするのですが、ちゃんといろいろ新しいことが出てくるのが自分でも不思議。
なので、こちらのイベントもどうぞ楽しみにしていてください。
詳細は、灯台屋さんのページで見られるのかな。
この日は、お昼頃から灯台屋さんチームの占い師さんたちが鑑定をしてくれたりするそうです。

この日だと、もしかしたらアストロプレイングカードの試作が出来上がっているかもしれないね。
灯台屋さんのイベントでお披露目ができるかもしれない。
楽しみだ。
結局のところ、天体は人との関係性の中で育つものなのだ。
まずは、nicoPLANETの新しい記事のご紹介。
モモさんによるユニークな記事です。
モモさんは、これまで様々な切り口で火星について触れてくれていますね。
太陽・牡羊座ならではの火星力。
ぜひ読んでみてください。

アセンダントとフルメイクレッスン

今夜は、久しぶりに超真面目にニコラボやってみた。
こんなふうに語り合える場所があり、聞き届けてくれる仲間がいるってなんて素敵なことなのだろうと思いつつ、次回からはスカイプを取り入れて、いろいろな地方の方にも参加してもらえたらいいねと話したりした。

終わった後、つびーから「いい雰囲気の会でしたね」とメールがあった。
ほんと、実りの多い会でした。

今日は、火星ワークシートの使い方の紹介、牡牛座火星の振り返り、明日からイングレスする双子座火星の傾向と対策について話し合った。

サインのイメージに引っ張られないよう、火星とは何かについても考えてみよう。
太陽に忠実な火星と、月を守りたい火星、その時、どちらの力が強く働いていたのだろう。
自分を確立するために自分のものではないものにNOを言う、それはどのような体験だったのだろう。
ひたすら落ち込んだ後、自分の中でどのようなモチベーションが働いたのだろう。
身体は火星をどのように感じているのだろう。

丁寧に話し合うことで、自分の思い、後悔、不安、力、喜び、楽しみといった様々な感情の動き、信念やスタイルが見えてくる。
火星は、普段見過ごされている自己の欲求をストレートに教えてくれるのだ。
火星と手を組めば、自分を理解することは、そう難しいことではない。

そして、結局のところ、天体は人との関係性の中で育つものなのだ。
特に金星・火星は、個人の中だけで働かせても強く育たない。
人の中でもまれ、刺激され、理不尽なものとは戦い、好きなものは受け入れる、そのようにして豊かに育てていくものだ。
それは牡牛座の火星であってもそうだ。

個人の中で育てたしたものを外に向けてアピールし、プロモーションし、打たれたら落ち込み、そして気を取り直して復活する。
火星なんてまさにその繰り返し。
だからこそ、単純で面白いのだけどね。

そんなことも火星ニューズレター双子座号でご紹介できたらと思います。
いろいろ準備があるので、次の配信は23日(日)の予定。
そこで、私と灯台屋のもずくさんによる「火星プロジェクト あなたの夢見守り隊」の募集と、2年後にマーズアワードの発表するかもよの話もします。

火星って、まだよくわからない!
そんな人にこそ使ってほしい火星ワークシート。

今日、もずくさんが言っていましたが、「火星の使い方がわからない、そんな人ほど劇的に変わるんですよ」だそうです。
そうそう、それはそう。
幸運も不運も自分の手の内にある、そのように人生を感じることができるのが火星の力なのです。

4月29日(土)灯台屋さんで火星ワークショップを行います。
定員はいっぱいらしいですが、人がもっと増えたら場所借りてやるかもだそうです。
みねんこさんもトークのお手伝いをしてくれます。
マクロな私とミクロなみねんこさん、とってもいいチームです。

2年間、どれだけの人と内なる、外なる火星を育てていけるやら。
とても楽しみです。

火星の旅はまだまだ始まったばかり。
ニコラボはこれからも皆さんの火星力アップを応援しています!

お問い合わせ お申し込みはこちらから!


05_pisces.jpg

明日は、飯田橋でカイロン東京講座です。
朝からの長丁場よろしくお願いします!

nicoPLANET牡牛座期リリース&21日(金)はニコラボ
皆さま、おはようございます!

しばらくブログを更新していかなったためご心配をおかけしました。
先週はプチバカンスに出かけ、今週は隙間なくびっちり仕事と、忙しいながらも毎日機嫌よく生活しています。
講座や勉強会の中で金星の逆行やら土星木星の話しやら、まあまあためになる話をたくさんしている(←自分で言う)ので、すっかり語りつくした気分にもなったりして。

今日からブログ復活、そして今朝から牡牛座太陽期です。
nicoPLANETの新しい記事をご紹介します。

先月からスタートした村上さなえさんとの対談「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」略して”かにこー”。
なかなか好評をいただいたので、「今月は花見でもしながらやりますか!」なんて調子に乗ってロケなんかしてみたら、すっかりグダグダな感じになり二人とも大反省。
今回の話題は、現場でのテクニック。
「現場ではどの技術を使い、どう流れを組み立てるか」なんていうのも話題にはなりましたが…さて、どんな話が展開されるのか。

●蟹は甲羅に似せて穴を掘る — 村上さなえ×nico所長 占い師になる! VOL.2

次は、「丸尾さんの美術コラム、本当に勉強になります。牡羊座の草間さんの展覧会を観に行った後でしたので実感できました。牡牛座も楽しみでーす」といったコメントも寄せられている丸尾氏による「今月のアート」
今月はサルヴァドール・ダリです。

「揺るぎない自信に支えられた牡牛座は、ここではないどこかへのあこがれを持つ必要も、自分ではない誰かのふりをする必要もありません。
むしろ、自分の外で起こる何事にもエネルギーを浪費せず、個人の内なる井戸の豊かさを味わい尽くすことで、その個性は唯一無二のものとなり、時代を大きく先取ることさえできてしまうのです」

このように牡牛座の世界観を確信に満ちた、力強い言葉で綴ってくれています。
ぜひ読んでみてね。

●ダリの作品に見る、牡牛座が確立する揺るぎない自己肯定感と唯一無二の表現世界

そして、nicoの星宙予報&みんなの集大成赤ペン12サイン占い。
いつもトランジットの天体配置を心理占星術的に解釈しているのですが、何だろう、今ってブログやSNSの情報がすごくって、多分、何を書いてもあまり目新しくないというか、どこかで聞いたような言い回しが出回りすぎていて書くほうもなんだかあんまり楽しくなくちゃったったというか、そろそろアプローチの仕方も変えたいなあと思いつつ、うっかり象徴を安易に解釈しちゃったり。
そういった反省を毎回感じつつ、その時、感じたことをぽつぽつ書いています。
よかったら、読んでみてください。

●nicoの赤ペン12サイン占い 牡牛座

最後は、nicoの今月の言葉。
ようやく日本の女性を登場させることができてほっとした。

今月の言葉 牡牛座 桂由美

ということで、今月も何とかリリースに間に合わせることができました(私たちは律儀にも太陽イングレスのちょうどその時間にアップ作業を行っているのです。今日は6時28分)。
アップ作業を支えてくれたつびー、本当にご苦労様でした。

こうして、この時期は本当にバタバタやっているのだけれど、太陽イングレスをこうしてみんなで体験できること、太陽の移り変わりをみんなで実感できることはニコラボの活動としてもうれしい限り。

占星学というこんなにも素晴らしい人類の英知――天体の運行、ホロスコープの構造をどう現代において利用していくか。
そんなことを目的にニコラボをやっていますが、なかなか大それたことはできないので、少しずつ面白いことを組み立てられたらと思っています。

21日(金)19時から、久しぶりにしっかりラボやります。

火星の双子座イングレスに合わせ、最初の2つのサインの振り返りをやりましょう。
どのような使い方に成功したか、失敗したか、火星は自分にとってどのような天体なのか。
それに合わせて、太陽や木星との関係はどうか。
その時、金星はどう感じられていたか。

私も本気で金星、火星の話します。
ぜひ、皆さんの体験を聞かせてください。

あと、今後の火星プロジェクトの流れを話し合いたいと思っています。
今のところ、私と灯台屋のもずくさんとで、「あなたの火星見守り隊 夢サポートしますプロジェクト!」をやってみようかなとか考えています。
広くから公募して、2年間、しつこくサポートしようという暑苦しい企画とかやってみようかなと。

そんなこんな盛りだくさん、時間の限りやってみましょう。
皆さんの参加をお待ちしています。

ニコラボ&ニコプラネットは、皆さんの牡牛座太陽期を応援しています。
どうか色彩豊かで美しい時を素敵にお過ごしください。
よい報告待っています!

nico


【急募】心理占星術基礎講座 残り2席 世界の見方を変えてみよう!
自分の中にあるものを言葉で伝えるのは容易ではない。
想いが強ければ強いほど、言葉で表現することにもどかしさを感じてしまう。

それでも、言葉で伝えていくべき時が、人生には往々にしてある。
自分の立場を、信念を、大切にしている世界を明確にしていかなければいけないときが、そして、時には自分だけのためだけでなく、人のために、あえて声で届けていかなければならないときがある。
真央ちゃんの記者会見がそうだ。

いずれにしても、言葉は社会の共通認識でをつくる。
だから、自分だけわかっていればいいということはない。
真央ちゃんのようにより誠実に、より力強く、言葉を伝えたらいいと思う。

Sさんからこのようなコメントが届いた。

毎回、頭の中にネットや本ので情報が雑多に浮かび、どれひとつ自分の確信が持てず、結局押し黙ることになります。
いや心に染み込むまでの言葉に昇華できていないのです。

本当にそうですね。
言葉にあふれた世界を前に、自分が伝えるべきことが見つからない。
そんなときは黙ってしまってもいい。
誠実な言葉が見つからないなら、言葉が生まれるまで大切に温めたっていい。

基礎講座は、言葉を温める場所です。
天体、サイン、ハウス、それらの構造をしっかり理解し、自分の言葉にできるよう言葉を育てる練習をします。
今回の講座は、それを意識してみようと思います。

非常に学びの多い講座です。
久しぶりの募集になりますので、興味のある方はぜひ!

★心理占星術基礎講座←残りあと2席。興味ある方はお早めに!
■日程:隔週木曜日13時 全9回 4月27日(木)13時スタート 5月11日、25日、6月8日、22日、7月13日、20日、8月3日、17日
■場所:北参道・心理占星術研究所
■講座料:65,000円(テキスト代含む)


お問い合わせ お申し込みはこちらから!

心理占星術の学びは、人生の歩みと似ています。象徴理解が進んでいくにしたがって、自分という存在に光が当たり始めます。また自分を取り巻く人々や環境が、色とりどりの色彩を放ち始めるのです。洞察が深まるごとに、世界に対する理解がクリアになってくる。こんなワクワクするような好奇心を感じること。それが本コースのひとつの目標です。

それはもちろん、現場でのクライアントとのやり取りの中にも見出すことができます。初めて出会うホロスコープを丁寧に読み進めていく。クライアントの人生がドラマのように目の前に展開されていく。人と真摯に向かうことで、さらなる自己成長のきっかけとなる。現場には、そういった驚きの体験があふれています。
このコースを通して、ぜひ、そのようなドラマチックな機会に触れていただけたらと思っています。心理占星術の学びは、あなたの人生を大きく変えることになるかもしれません。習得までの長い旅をご一緒できることを、心から楽しみにしています。

●10天体の心理的象徴の理解
天体の公転周期、発達年齢域から考える人間の成長のステップ、そして各々の天体の心理的背景を学習していきます。
・太陽エネルギーとは、一体、どういうものなのか
・月の私的感覚、所属感覚を満たすとはどういうことか
・発達心理学における水星期、金星期の成長の難しさとは
・金星&火星は、環境を生き抜くための道具
・トランスサタニアンは時代の心理を読み解く鍵
●12サインの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類(2区分、3区分、4区分)から見えてくる、マンダラのようなホロスコープの構造を学習します。
・向かい合わせのサインは、心理的な補完関係にある
・2区分から考える自然のサイクルとは
・3区分から考える世界観
・4つのエレメントの洞察から得られる経験のサイクルとは
●ホロスコープから考えるアスペクトの理解
多くの学習者が難しく感じられるアスペクトを心理的に考え、センテンスで表現していけるよう学びます。サイン同士の関係やハーモニクスを用いて、アスペクトを徹底的に理解していきます。またノーアスペクトや逆行天体が、個人の発達にどのような影響をもたらしていくのかも考察します。
●ハウスの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類と同じように、ハウスにもある決まった構造があります。ハウスとは、個人を取り巻く環境を示しています。そして、生まれた時間と場所によって導かれる、より個人的なテーマを示すものです。個人的ということは、個人の人生の物語に沿って読む必要があるということです。ハウスを制する者は、ホロスコープを制すると言えるくらい、ハウスの理解が深まれば、個人のこころにしっかり寄り添うチャート読みができるようになるでしょう。
・半球の偏りから、個人の心理的な防衛のパターンを理解する
・3つのグランドクロス(アンギュラーハウス、サクシーデントハウス、ケーデントハウス)から、環境における個人のエネルギーの力学を理解する
・1-5-9ハウス、2-6-10ハウス、3-7-11ハウス、4-8-12ハウスから、環境によって形成された個人の資質を考える
教室はまちがうところだ!なので、来月はいっぱいまちがえよう!
その前に、nicoPLANETの新しい記事のお知らせです。

森んこさんによるエンタメと占星術。
これでドラマの見方が変わるかも!
ドラマ好きもそうでない人も、ホロスコープの利用法の面白さを知ってみて。

ドラマ『バイプレイヤーズ』役者さんたちのホロスコープ

そして、うさ子さんによる今月の絵本。
うさ子さん、書くたびに文章が上手になっていきますね。
そして、今回の本、今日のブログのテーマにさせてもらいました。
この季節にふさわしい記事をありがとうございます!

牡羊座の季節によせて~蒔田 晋治『教室はまちがうところだ』

帰りの新幹線。
今回の大阪での講座&ワークショップの感想は、うさ子さんがセレクトしてくれたタイトル通り、「教室はまちがうところだ!」です。
その前に、うさ子さんがあげてくれた本の中の詩の抜粋を。

教室はまちがうところだ
みんなどしどし手をあげて
まちがった意見を言おうじゃないか
まちがった答えを言おうじゃないか

まちがうことをおそれちゃいけない
まちがったものをワラッちゃいけない
まちがった意見をまちがった答えを
ああじゃないかこうじゃないかと
みんなで出しあい言いあうなかでだ
ほんとのものを見つけていくのだ
そうしてみんなで伸びていくのだ

ですよ!
来月はみんなどしどし手をあげて、まちがった意見、まちがった答えを言おうじゃないか!
これを目標に講座&勉強会やりましょう。

プラネット大学院の後、公美ちゃん、もりもとさんと反省会をしていたとき、「やっぱり言葉がでてこないんですよー」という感想に。
そうね、タロット講座も実践読み講座もそうでしたね。

やっぱり言葉が出てこない。

今月、先月とアスペクトの勉強会をやっていますが、そうね、言葉がうまく出てこないもどかしさに「いーっ」ってなることありますね。
「どうしたらうまく言葉にすることできますか?」という質問を受けることありますが、この詩のように「どしどし手をあげて、まちがった答えを言おうじゃないか!」しかないですね。
どれだけ身体に響かせて声にするか。
これは大事な訓練ですね。

なので、5月13日(土)19時開催のプラネット大学院は題して「アスペクトを徹底的に言葉にしよう!」をやります。
たくさん間違えてくれた人に、私からとっておきのプレゼントがあるかもしれないし、ないかもしれない。
でも、声にしてくれたら私はとってもうれしいです。

今日の実践読みは、皆さん、頑張りましたね。
村上春樹の新刊の帯のような文学的な答えもありましたが、Kさん、2日間考えてくれたんですって。
努力のたまものですね。
それ以外にも、たくさんの声を聴かせてもらいました。
ありがとうございます。

私の実践読み、なかなかハードでしょう。
アスペクトは読む順番、オーブ、天体の背景にあるもの(2区分、3区分、4区分、パースペクティブ)などバカみたいに丁寧に読むし、ハウスのカスプの意味も深く盛り込んでいかなくちゃいけない、あんな難しいことね、できなくて当然なのです。
なので、間違えてくれていいのです。

来月もどしどし、皆さんの声を聴かせてね。

そうそう。
来月のプラネット大学院では、火星シートを持っている方は忘れずにもって来てください。
ちゃんと未来の予定を組んだかどうかチェックします!

IMG_0771.jpg

プラネット大学院の火星ワークの風景。
大阪の占星術・精鋭部隊(と私は信じています)。
来月も楽しく学びましょう。

nico
大阪は春の雨 でも上機嫌な理由はたくさんある
IMG_0742.jpg例えば、ガルシアくん。

生徒さんにはクールであまのじゃくな姿しか見せてない彼は、実は信じられないくらいくっつき虫。
どこにでもついてくるので、時々、ちょっとちょっと!となる。

優雅なバスタイムもものすごい近い距離で見てるからなんだか落ち着かない。
寝ているときもそう。

だから、たまの出張はにゃんがいない空間でゆっくりできるのがうれしい。
かわいいのだけどね。

または、今日のプラネット大学院。
火星ワークにたくさんの方が申し込んでくれたようでかなり上機嫌。
東京から運んできましたよ!
火星シート。
ワーク用の付箋も用意しました。

IMG_070.jpg

アメリカがシリアを攻撃し、安倍首相がそれを支持し、プーチンは批判する。
なによ、結局何も変わってないじゃん。
誰が首相になろうが、歴史は結局繰り返すだけじゃんと、気持ちの悪い気分が続く中、やっぱり自分のことは自分でハンドリングしていかなくちゃなという気持ちを強くし、現実に向き合う覚悟を再度持ち直したところなので、今日のワークは私にとってもとても楽しみ。

トランジットの話。
火星と火エレメントの話。
タロットと4つのエレメントの話。
エレメントのワークとポストイット。

そんなこと、時間の許す限り(例の音楽が流れるまでね)やっていきましょう。

そして、プラネット大学院が私を上機嫌にさせる一番の理由は、この場を支えてくれているもりもとさんと公美ちゃんの存在。
いつもぐずぐずやっている私を辛抱強く支えてくれて、様々なアイデアで盛り上げようとしてくれている。
本当にありがたいです。
ありがとう。

そして、この場を楽しんでくれている参加者の方々。
いつも夜遅い時間にいらしてくれてありがとうございます。

今日はもちろん、これからも楽しい楽しい学びの場にしていく心づもりです。
これからもよろしくお願いします。

では後ほど!

nico
Designed by aykm.