FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【火星逆行】自分じゃないものをそぎ落とし、自分であるものを育てる
皆さん、お元気ですか?
火星逆行期の実感はできていますか?

気持ちが内向きになっている。
あまり外に意識が向かない。
そんな声も届いています。

牡羊座火星逆行は、魚座的なものへ引き戻される誘惑が強いですね。
記憶、悲しみ、イメージ、痛みのない世界への逃避…
または、タロットカード「星」の忘れられていた夢や理想に再び出会うこと。
これも動き出す前のエネルギーチャージ、自分のペースで自分らしく歩み始めるための充電期間でもあります。
自分の海底をさらいながら、放置されていた自分のあるべき姿を思い出し、それを拾い上げるわけです。

今日、英里佳ちゃんからメッセージが届きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここ数日、いよいよ、世間がどーのこーのじゃなく、ホントに自分がやりたいことって何だ?!って、問う気持ちが高まってます。

最初、夫の祖父が亡くなって、日々の仕事とか、とっ散らかったので、スケジュールに空白を作って調整を図った。
そこに、今度は自分の祖母が亡くなって、ぽかっと穴が空いた。
世間がどうとか、お金がどうとか、そういうのじゃなくて。
新しく穴を埋めて、自分の人生をよりよく生きるために、真摯に取り組んでいきたいことってなんだろ。
ありきたりの社会のかくあるべきみたいな妄想からは一旦距離を置いて、真摯に本心を問おう、みたいな心境になってます。

まだ答えを持ち合わせてないですが、火星逆行期のあいだくらいは、じっくり見つめ直していこうかなと。
今回の職業占星術動画や、18日勉強会など、いろんなことがヒントになりそうな予感がしてます。
またよろしくお願いします!

私のメッセージ、好きに使ってください!生き様を見せて、自己存在を表明していってなんぼかなと思うので。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日の職業占星術パーフェクトマスター講座では、どういうことか「自分の人生に誠実に、切実に向き合うというのはどういうことか」というのをじっくり考える機会になりました。
皆さんの気になる人というテーマで、「自分を活かしきった人」「自分を活かす努力をし続けている人」をレポートしてもらいました。
坂口恭平、前田祐二、秋元里奈、taka、山本太郎、ヒロミ、伊能忠敬、デール・カーネギー…

彼らの分析を丁寧に行っていると、「自分を生きることへの切実な苦悩があり、それを昇華させるために人生がある」そう思えてならなかったりします。

1か月ほど前、心理占星術なんでもQ&Aに

「与えられたチャートを誰に教わるわけでもなく活かせる者がいる一方、術を知り得てもなお未来を創造的に繰り広げられない者が在ることをどのようにお考えですか?捉え方、環境、くせ… こうしたものと闘い続けるのは中々に難儀と感じます」

という質問をいただきましたが、職業占星術でたくさんの人を見れば見るほど、むしろ自分自身と闘い続けながら「自分」というものをつくっていくこと、それが人生の基本であって、誰の人生も決して楽なものではないなと思うことばかり。
目の前の壁がなくなる日はこないし、その前で立ち尽くすか、引き返すか、それとも乗り越える努力をするかという振舞の選択しかなく、だからもう自分のペースでやるしかないと言わざるを得ないわけです。

そして、この今の時代に生きにくさといったら!
コロナにうつらないように、うつさないように遠慮がちに生きて、マスクして、ZOOMでミュートして、自分の存在を目立たないものにして、これではどんどん委縮するしかないではないか?
個人の時代といいながら、声の大きい人、力のある人、人を巻き込むのがうまい人たちがのさばり、個人はどんどん生きにくくなっている。
こんな時代に生きにくさを感じないわけがない。
それがこの2020火星サイクルのテーマにあげた、「生きることに真摯に向き合う時代」ということなのだろうか。

それだったらなおのこと、木星とか土星とか、社会とか世間とか、風の時代とかどうでもいいや、自分が生き残るための新しい生活様式を、息苦しく、圧倒される日々の中から、自分が生きるために虚無(0)から有(1)を形成していく、それを少しでも目指していこうと思う。

そのために、まずは誰かの同意を必要とせず、勇気を持って自分がよいと思える決断できる人になりたいと思う。
間違ってるよ、常識的じゃないよと言われたとしても、まずは自分の頭や体や心で判断してみようと思う。
そのあとのことは、またそのあと考えよう。

私は、占星術で届けるべき言葉を模索中。
やはり、できればその人に確実に届く言葉を見つけたい。

今、職業占星術プロジェクトチームから届くモニター鑑定の診断レポートを夜な夜な赤入れしているのですが、やはり、ホロスコープの持ち主本人の能動的な関与がないと、ホロスコープは動かないものだな、それをレポートだけでどう引き出せるだろうかと試行錯誤。
少し時間がかかるかもしれませんが、これからの時代を生きるための手引きになるような、そんなレポートをお届けする予定です。

ということで、火星順行まであと1か月。
自分じゃないものをそぎ落とし、自分であるものを育てていく、そんな大事な期間になります。
ぜひ、11/13までの火星逆行期間を大切に過ごしてください。

nico
これからの働き方診断レポート鑑定は締め切りました!
定員になりましたので、モニター鑑定を締め切らせていただきます。
たくさんの方に興味を持っていただきありがとうございます!
応募してくれた皆さま、未来の支えとなる鑑定になること間違いなしですので、ぜひ楽しみにしていてください。

日々、心理占星術、職業占星術の鑑定をさせていただいていますが、しみじみ、自分の自然(ネイチャー)、本性を生きることが大事だなーと感じています。
自然、本性を生きることがなぜ大事かというと、人、社会、時代に揺さぶられることなく生存の力を保ち続けることができるからです。

そのような、その人の本質的な「らしさ」を考えていくこと、それが生き方、働き方プロジェクトの目指すところです。

モニターのみなさま、よりよいサービスが提供できるよう、レポートが届きました後はぜひご意見、ご感想をお寄せください。
プロジェクトチームの皆さま、それでは早速よろしくお願いします!

IMG-7486.jpg

ガルシアくんも、ガルシアくんのネイチャーを活動中。

nico
占星術の勉強とは、占星家の意識と心を豊かにする作業なのです!
2020年の春は縮こまったまま過ぎていき、夏は夏で解放より緊張感のほうが増していたので、夜空の月(そして火星)や、朝の空の美しい広がり、草花の香りなど、季節の移ろいを楽しめることを喜んでいる。

秋分過ぎてから、やはり動きが出てきましたね。
三度目の正直、秋分図のASC蟹座のホップステップジャンプの着地、水エレメントの着地はこのように出るものだという学びになっています。
水エレメントは、とどまることができないということですね。

さて、私たちはここから、どこに向かって流れていくのでしょうか。

皆さんは、秋の季節をどのように楽しんでいますか?
私はと言えば、本日10/2の12:00からスタートした「占い大学」というオンライン学校のお手伝いのため、久しぶりにノエルティルマスターワークシリーズの動画を観ることになった。

大きな声で堂々と語る講義を懐かしく聴きながら、私はティルにたくさんのことを習ったことを思い出していた。
ティルの徹底した現場主義、シンプルな理論とクライアントを象徴から解放するという考え方には賛同しかなかった。

ティルは言っている。

IMG-7471.jpg

多くの占星家は人を出生図にあてはめようとします。
人を出生図にあてはめるという事は人の持つ可能性を占星家の知識内に制限する事です。
占星術を通じて人と良い会話ができるほどの人生経験を持たないと実感しているとき、占星術の教科書の描写をそのまま使おうとします。
本当の占星術の勉強とは、占星家の意識と心を豊かにする作業なのです。
そうして得た内面の豊かさを人のために役立てます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
懐かしい!
まだ心理占星術という考え方が占い業界にまったく浸透してない頃から、自分の理論を信じ続け、広め続けてきた姿勢、本当に頭が下がります。

私もよく言っていますが、占星術の勉強は占星術の知識だけでは決して補えないものです。
様々な知識に触れ、人に触れ、人生の経験に触れることで、占星術の象徴理解もより深まっていきます。
明日の基礎講座、実践読み講座、明後日の心理ホラリー&コンサルテーションチャート講座でもそんな話をまたしていきましょう。

ということで、占い大学というサイトでノエル・ティルの講座の疑問、質問にお答えする監修役をやらせてもらうことになりました。
こちらのサイトでも心理占星術の講座もやらせていただく予定です。
ティルとのご縁も長くなりましたが、私もまた初心に戻り、この秋も心理占星術の世界を伝えていこうと思います。

では、講座や鑑定でお会いしましょう!

nico
【職業占星術】自身の課題を乗り越え、自分をつくりあげていく作業
先日の秋分の日の2020天秤座・星宙予報の締めくくりに、こんな文章を書いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私にとって、2020年の天体配置の目玉のもう一つとなる火星のテーマを最後に加えておこうと思う。

79年ぶりとなる牡羊座だけでの火星の逆行は、冥王星と並んで2020年のテーマに非常に大事な意味を持っているのではないかと思う。
ここ最近、芸能人が自ら命を絶つというニュースをよく目にする。
この世は生きるだけでも大変なのだ。
菅内閣だ、トランプ政権だ、いろいろ話題になっているけれど、本当はそんなことはどうでもいいことなのだ。

生きること。
ただ、負けないように生きること。
上も下も右も左も関係なく、自分そのものをやってみること。

火星の逆行が終わり、冥王星・木星が形成される11/13以降、私たちはきっと、もっと強くなっていく必要がある流れを体験することになるだろう。
だからこそ、天秤座期は守りではなく、太陽と金星のミューチュアルレセプション、自分の個性を生きることの喜びを、そして、それが少しでも他の誰かに届くような、外向きの活動に向かっていくことが大切になるのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋分の日スペシャルでも菅政権の外交だ、水面下にあった問題が浮上するだの、いろいろお話をしましたが、やはり、2020のテーマは「生きる」、これに尽きると思う。
牡羊座=火星、いろいろ思うところがあるので、火星の逆行おわりの振り返り会の時にでも、じっくりお話ししてみたいと思います。

今日は、この後、14時から職業占星術パーフェクトマスターコースエキストラ講座第4回目を行います。
延長4回目の今日は、ZOOM上にクライアントさんを招いてのライブ実習。

クライアントは、どのような象徴にコミットするのかしないのか。
代名詞となるアスペクトは、クライアントのどんな人生と結びついているのか。
眠っている能力やエネルギーは、どのような言葉で引き出されるのか。
クライアントは、ここまでどのような人生を経て、どこに向かっていこうとしているのか。

ここまで身につけた、心理占星術&適職診断のすべてのテクニックを駆使して、クライアントさんが納得できる流れを作っていく練習をしていきましょう。
Hさん、今日はどうぞよろしくお願いします!

職業占星術の準備をしながら、しみじみ思ったことがある。
仕事柄、グローバルに活躍している、大きな組織を動かしているクライアントを数々見させてもらっているけれど、結局、仕事というのは、また人生というのは自分の中にある課題と向き合い、それを克服していくプロセスにあるものなのだということがよくわかる。

仕事に行き詰ったとき、選択に迷ったとき、プロジェクトを進めるのに不安を覚えるときというのは、結局、常にそこにある自分の課題=暗さに触れる体験ということである。

人を頼るのが苦手。
自意識過剰である。
期待されると不安になる。
人の反応に過敏になりすぎる。
無知をさらせない。
現実を見極めるのが苦手。

どのような職業や立場の人であっても、様々な次元でその人なりの課題=暗さを一つ一つ丁寧に超えていかなければならず、だからこそ、勇気を持って課題に取り組み続けることで、自分が育ってくるというか、発言に個性が生まれ、その人らしい生き方が見えてくるようになるわけで、それが「その人らしい働き方」と言えるものなのではないかと考えることができる。

社会天体の木星の公転周期は12年、土星の公転周期は29.5年。
課題を乗り越え、これだけの年月を重ねていけるような、自分から逃げずに向き合い続けていけるような、そんな働き方を目指すことが職業占星術の目標なのではないだろうか?

「持続可能」という言葉は今流行りのものですが、土星的課題解決は、やはり意味があることなのだと深く実感するわけで、また、最近私のお気に入りの土星の象徴「未完成であることを楽しむ」というのも、まああながち間違っていないだろうと思うわけです。

人生というのは、苦労も多い。
けれど、課題を解決し続けた先には、というか、そのプロセスの中で少しずつ、自分と出会っていけるといい、そんな道すじを描けたらいいのかな。

今日の職業占星術パーフェクトマスター講座では、そのような話も共有できたらと思っています。
では、後ほど!

nico
個人を生きづらくさせている本当の原因は何だろう…
週末は、新たな職業占星術パーフェクトマスター講座が始まった。
最近、職業占星術によるカウンセリングの依頼もとても多い。

2020年1月の職業占星術イベントから「自分を生きる 人生をつくる 働き方プロジェクト」というのを立ち上げ、従来の職業占星術の技術を刷新、新しいメソッドや考え方を導入し、ここに来てようやく、ずっと釈然としない感じというか、自分の中にあった疑問に少しずつ答えが出せるようになってきた。

個人を生きづらくさせている本当の原因は何だろう…

先日の火星ワークショップ・牡羊座逆行期、職業占星術パーフェクトマスター講座1回目、タロット実践読み勉強会でも、その辺について、長く話をさせてもらった。

個人が個人らしく生きられない大きな理由は、占星術的象徴を用いて言えば、「木星・土星的イメージに縛られたままでいる」ということ。
月、水星、金星、太陽、火星といった個人天体は、自分らしく生きたくでうずうずしているのだが、木星、土星は、本来、自分の幸福とは関係のないイメージでその人物を縛りつける。

成功、モテ、バズる、
年だから、女だから、お金がないから、
人には優しくしなければ
こんなことを言ってはいけない
無駄のない生活
スポーツは身体にいい
早起きは三文の徳
自分らしく個性的に生きる
あるがままに生きる

毎日、あらゆるところでどこかの誰かが、自分の考えなのか、誰かに聞いた考えなのか、「こうあるとすばらしい」「こうあるべき」という言葉を発信する。
それに感銘を受け、実践しようと頑張るのはまだいい。
一番よくないのは、できなかったときにできない自分を責め、自分を信じられず、無力を感じ、すっかり自分を諦めてしまうことだ。

自分は「本当は」どんな人間になりたいのだろう、なりたくなりのだろう。

ここ数か月たくさんの方の鑑定をさせていただき、また自分自身を人生を振り返り、自分を活かすとは、

人と比べることなく、社会のイメージに振りまわされることなく、できない言い訳ではなく、できることで満足できるような、そんな人生をつくることだと改めて実感した。

そのような自分が自分らしく生きる、働くことができるとしたらどのような在り方が可能なのか。
どうしたら、木星、土星のイメージから解放され、個人を生きる勇気が持てるのか。
それを講座や勉強会やワークショップなどで一緒に考えていけるような、そんな機会をつくっていきたいと、いま強く感じています。

次回の火星ワークショップ・牡羊座第3期では、この木星、土星の話をたっぷりしていこうと思っています。

個人を生きるために木星、土星とどう決別し、その後、個人をよりよく生きるために木星、土星とどう再接続するか。
そのとき、火星はどんな役割を担当するのか。

天空では、木星が順行に戻り、仮設のような内閣が動き出しました。
土星も29日に順行に戻ります。
木星、土星は、ここから一気に次のサイン目指して進んでいきます。

これからの未来を恐れることなくいきれるよう、占星術の在り方も一緒に考えていけるといいですね。

nico
Designed by aykm.