FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【火星牡羊座】それぞれの立場で生きることと向き合っているから…
火星が牡羊座に入ってから一週間。
皆さん、どのようなスタートを切ることができましたか?

火星サイクル手帳のうれしいフィードバックをたくさんいただいています。
「先日、手帳を購入させていただいた者です。あまりに素晴らしくて、自分占い師なんですが、仲間の占い師連中にも宣伝しました。これから友人の占い師の方にプレゼント購入します」というコメントも!
苦労が報われます…涙
ありがとうございます。

火星の2年のサイクルは思った以上に長く、とても充実した周期。
だから、最初から飛ばすと途中息切れすることもありますが、挫けても、またやり直すチャンスを何度となく体験できます。
サイクルを丁寧に生きれば、自分なりの成長が確実に実感でき、そしてシビアな現実を前に恐れることなく生きる力がついてきます。
生きることは楽なことばかりではないですが、力を試しながら進むことは、思っている以上に楽しいことです。
ぜひ火星サイクルの旅を自分のペースで歩んでみてください。

で。
最近、朝起きてニュースを見ると、日々、刻々と世界の風景が変わっていて驚く。
熊本の水害、香港の国安法、全国のコロナ感染者数…
一体、何が起きているのか、処理しきれないまま、世界が進んでいく。

牡羊座に火星が半年間滞在するということは、生きることに真摯に向き合わなければない、そんな時期になるのではないだろうか。
そんなことを火星サイクル手帳の「はじめに」で書かせてもらった。
今、多くの人がそれぞれの立場で、それぞれの次元で生きることに向き合っていることと思う。

新しい生活様式に苦闘している人もいるかもしれない。
限られた状況の中で、少しでも自分らしく生きるために奮闘している人いるだろう。
私もその一人だ。

つまり、そういうことだ。
だからこそ、生きていること、その事実だけでも素晴らしいことなのだと思う。
緊急事態宣言が明け、友人とささやかな食事と会話を楽しむこと。
生徒さんたちと再会を喜び合い、梅雨の合間の夕暮れの風に癒されること。

凹むことの多い毎日だけれど、精一杯、牡羊座期の「生きる」を体験しようと思う。

今日、送られてきた和歌山のKさんからの写真。
なんとお部屋から見える風景だそう。

unnamed_202007052122207df.jpg

なんてステキな…
東京を脱出して、こんな美しい風景を見に行けるような、そんな日が一日も早く訪れるといいなあ。

nico
魚座・火星 宇宙の采配を知り、”今”を受け止める
先日、火星サイクル手帳2020特別鑑定を受けてくれた方が、
「魚座のワークをやってみたけど、とってもよかった。今の自分がいろいろわかりました」と言ってくれた。
そして、「よく考えられたワークですねー」と。

新しい火星サイクルまであと3日。
皆さん、魚座期の振り返りはできましたか?

私もさっそくやってみました!
Desktop171_20200626001907f1c.jpg

たかが1年半、されど1年半、時代も大きく変わりましたね。
個人的には「これからの生き方、働き方イベント」ができたこと、それこから職業占星術パーフェクトマスター講座の受講者の方とプロジェクトができたことが大きな喜びかな。

できたこと、できなかったこと、いろいろありますが、火星ワークショップでもおつかれさま会でもお話ししましたが、魚座期の終わりは、自分の生きてきた結果を目の当たりにする時期。

魚座=12ハウス=カルマじゃないですが、一つのサイクルが終わりを迎えるとき、それが良い結果であっても、悪い結果でもあっても、それを十分に受け入れなくてはならないし、もしかしたら良い悪いという判断など意味がなく、すべては宇宙の采配であると理解することが成長プロセスの重要な鍵になるかもしれません。

なるほど、宇宙は、今の私をこのように采配したのか。
それならば、
まだまだ力が足りないのだな。
もっと努力をしたほうがいいのかな。
もう少し自分は力を発揮できたかもしれない。
もう少し人に優しくすればよかった。

このように、12サインを一巡してみて、もしも、もっと○○すればよかった…という後悔があったら、それは次の課題に繰り越せばいいのです。
宗教的、スピリチュアル的な解釈は置いておいて、「良い行いにせよ、悪い行いにせよ、いずれ必ず自分に返ってくる」というのがカルマの考え方の一つだとしたら、「行い」ということを考えると、火星はカルマを理解するのにふさわしい天体だと言えるかもしれませんね。
先日、「夏至図&心の健康を守る 劣等感と対人関係」をやりましたが、木星・冥王星からのプレッシャーに対する反応というのも、火星の”行い”になっている可能性もあります。

まずは振り返りをし、1年半の「行い」が、今、どのように自分に返ってきているのかを見てみましょう。
それが納得いくものでなくても、それが今のところの宇宙の考えなのだと理解し、次のサイクルの課題にしていけるといいのかな。

少しでも身軽に、自由に、自分を生きれるといいです。

昨日の火星鑑定でも1年半の成果を見せてもらいました。
なんと、1日も休まず日記をつけてくれたとか。

unnamed_20200626101759b33.jpg

わー!びっちり書いてある!
継続は力ですね、これからの2年の旅も、ぜひ火星サイクル手帳とともに育てていきましょう。
Iさんの2年を応援しています!

では、皆さんも振り返りをしてみてねー

ということで、何はともあれ、終わり良ければ総て良し。
エミール・クストリッツァの映画じゃないけれど、にぎやかなファンファーレを鳴らしながら、自分なりに今の人生を受け止め、フィナーレを迎えられるといいなーと思っています。

Desktop172_202006261431117d2.jpg


nico
ホロスコープに示された象徴は、あなたに使われるのを待っている
にわかに忙しく、世の中で起こっている動きをうまく追いかけられていない。
中でも横田滋さんの死去のニュースは、すべての手を止めて、もっとじっくり向き合いたい気持ちになったが、次から次に新しい情報がやってきて、気がついたらあっという間にネットニュースから埋もれてしまっていた。

時が過ぎるのが早いのか、世界の動きが活発なのか、それとも私がのんびりしているのか。
いずれにしても、時の流れは待ってくれず、世の中の興味は刻々と移ろっていく。

魚座火星的な流れ――喪失、失望、悲しみ、希望といった人々の思いが押し寄せてくる中で、今、改めて実感しているのは、「自分を生きることをためらっている暇はない」ということだ。
いつ平静を奪われるかわからない時代において、力を出し惜しんでいる場合ではないとしみじみ思う。

毎日、「職業占星術カウンセリング」「火星鑑定」をやらせてもらっているが、ほんとうにそうなのだ、ホロスコープに示された象徴は、ちゃんと使われることを今か今かと待っている。

水星、天王星のセスキコードレートはアイデアの力として、先見の明として、イノベーターとして、あなたが本気で表現することを45年待ち続けている。
MCにコンタクトしたノードは、あなたがコミュニティをつくり、人々と笑顔で集う日を首を長くして待っている。
水星、冥王星のセミスクエアは、あなたの言葉が人々に影響を与えるのを心待ちにしている。

あなたのチャートにあるものは、あなたにしか使うことはできない。
あなたが責任をもって使っていかなけれは、それはただの記号の羅列でしかなく、または他者の影響力をただ受け取るだけの受信機にしかならない。

著名人はネイタルチャートに示された象徴を余すところなく使っていることを、「これからの働き方プロジェクトチーム」はよくわかっている。
あなたが本気でその活動なり、人生なりにコミットしないと、チャートに示された表示は、やりたいけどやれない、生きたいけど生きれない、そんな歯がゆさだけが残るだけかもしれない。

けれど、覚えていてほしいのは、マイナーアスペクトであろうと、ミッドポイントであろうと、その表示は間違いなくそこにある。
能力として、個性として、可能性として、そこに存在し、あなたに使われることを待ち続けている。

「職業占星術カウンセリング」「火星鑑定」にお申込みいただいたみなさま、これまでの人生の物語とこれからの人生の希望をシェアしてくれてありがとうございます。
私も丁寧に、そこにある象徴を読み解いていきます。
だから、よかったら、見つかった象徴を才能として大切に扱ってもらえたらうれしいです。

そして、「これからの働き方プロジェクトチーム」のみなさま。
昨日も遅くまでオリエンテーションに参加していただありがとうございます。

職業占星術の技術を身につけるのはなかなか難しく、情報の扱いに圧倒されることもあるかもしれませんが、未来の希望に満ちた、とても大切なメソッドになっています。
「ここを使ってほしい!」「この能力を活かしてほしい!」そんなポイントを見つけて、言語化する練習をしていきましょう。

昨日お話ししましたが、これからも研究を続けて、未来の可能性をつくるためのデータベースづくりなどができるといいですね。
それでは、引き続きよろしくお願いします!

book_00_20200602004331e5c.jpg職業占星術のカウンセリングをやっていると、火星の力が本当に重要だということがわかります。

自分の心地よい環境や作業ペース、やり方を整えていくには、最初の原動力として火星力が必須になります。
新しい仕事を考えるとともに、ぜひ火星力の使い方も見直してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
あたらしいサイクルはじまる 火星サイクル手帳2020
木星逆行 冥王星と合 この厄災の経験を「記憶する人であれ」
今日、勉強会で夏至図に少しだけ触れ、その際、わかなさんに「逆行中はコロナは収まり、順行になったら、また流行するのではという読み方が出ている」と教えてもらいました。
なるほど、世界中で少しずつ日常に戻ろうという動きが始まっていますね。
イタリアも6/3から観光客を受け入れるということですし、おそるおそる、ぼちぼち、様子をみながら動き出していくというところでしょうか。

同じ過ちを繰り返さないように。
そのために何ができるかを考えたとき、中国の作家・閻連科の言葉を思い出す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
李文亮(※最初に肺炎患者の増加に気づき、警告を発した武漢の眼科医)のような「警笛」を吹く人にはなれないのなら、笛の音を聞き取れる人になろう。
大声で話せないのなら、耳元でささやく人になろう。
ささやく人になれないのなら、記憶力のある、記憶のある沈黙者になる。
われわれはこの新型肺炎の事の起こり、ほしいままの略奪と蔓延、近くもたらされるであろう「戦争の勝利」と称される万人の合唱の中で、少し離れたところに黙って立ち、心の中に墓標を持つ人になろう。
消し難い烙印を覚えている人になろう。
いつかこの記憶を、個人の記憶として後世の人々に伝えられる人になろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界と現実を変えることはできなくても、個人の記憶が真実の心を持たせてくれる。
ここから私たちは、ただ前に進むのではなく、「覚えておくこと」の意識を持って過ごすこともできるかもしれない。

実は、私が木星の逆行で一番注目しているのが山羊座・冥王星とのコンジャンクションだ。
山羊座での木星・冥王星のコンジャンクションを体験できるのは一生に一度なわけだから、この機会を有効に使いたい。

ちょうと緊急事態宣言が発令された前日の4/6に、最初の木星・冥王星のコンジャンクションが起こっている。
木星が逆行し、冥王星と再びコンジャンクションのが6/30、そして順行の戻り、最後のコンジャンクションを形成するのが11/13。

未来の可能性としての木星。
負の遺産としての冥王星。
私たちは、未来の可能性として、何を記憶することができるだろうか。

火星サイクル手帳のリライト原稿の戻しが続々届いています。
それぞれの「もっとこうしたら」という指摘、考え方、アイデア、想いが反映されていて本当にありがたい。
おかげで私の意識も、そして火星サイクル手帳の持っている可能性も、より成長する機会となっている。
これも木星(未来の可能性)、冥王星(他者の価値)の融合だろうか。

昔、TVドラマのプロット書きでA4用紙30枚分の原稿を23回も書き直しさせられたことがある。
人物設定、セリフの言い回し、関係性、筋書き、少しでも納得いかないとすべてを書き直しをさせる、業界でも厳しい監督だった。
24,5歳だった私は、監督への怒りと恨みを原動力に頭を掻きむしりながら書き直し続けたわけだけど、今思えば、そのときの厳しい教えが私の忍耐を支える筋力になっていることがわかる。
書き直しの最後のほうでは、エゴとか自意識とか、私を支えていた気持ちの悪い自我がどんどんそぎ落ち、身の軽さのようなものを感じ始めていくのがわかった。
こだわりを手放すということを体感として理解したのは、このときが初めてだったかもしれない。

こだわりを手放し、未来へと進む力を鍛える、これも木星・冥王星のコンタクトの象徴であろうか。
私の中にあの記憶がまだ生きている。

金星、木星の逆行の間、みなさんが注いでくれた価値をよりよいものに変えていく作業に集中。

ちなみに、私が火星サイクル手帳の校正を頼んだ人たちは、占星術の知識はもちろんですが、全員が陰サイン、水エレメントの強調をチャートに持っている。
もちろん、”あえての”水エレメント。
蟹座じゃなくて蠍座or魚座。

違和感に気づく水エレメントの力。
もともとの価値をよりよく変容させる力(蠍座)と、全体をよりよくしていくためのアイデア力(魚座)。
この二つのサインは、私にとって最強の校正者、とてもありがたい存在なのです。
毎度ありがとうございます!

これから私も赤ペン12サイン原稿を読ませてもらいます!
明日から太陽は双子座期です。

nico
心理占星術的なオーブ=球体の考え方を少し紹介してみる
わたしのテキスト待ちだった火星サイクル手帳の初稿は、校正チームへと原稿が渡っていった。
ここから、大先輩の村上さなえさんをはじめとした数名の方の力を借りて、なかなかボリュームのある2年分のテキスト&データに赤入れをする作業へと移る。
少しずつ広がっていくこの感じは、いつも”うれし恥ずかし”だ。

夜、友だちから「ひとまず片付いたんだね。おつかれー」というねぎらいの連絡をもらった。
美容、健康、お金、将来のことから、おすすめのYouTube、緊急事態宣言の解除についての意見、占星術12サインそれぞれの生きることの難しさについて講釈したり、まあとにかくよくしゃべり、気がついたら夜中の3時半(6時間!)まで電話をしていた。
電話を切って窓の外を見たら、月と火星が仲良く並んでいた。

Desktop162_2020051512225689d.jpg

この写真の月と火星のオーブは5度。
基礎講座の際に、よく「夜空を見上げてみよう。そして実際の空でオーブやモイエティを確認してみよう」という説明をすることがある。
ただコンピューターではじき出すだけではなく、古代の占星術のようにビジュアルで天体との関係を体験してみようということだが、この写真、東京の空だとオーブ=球体はあまりわからないけれど、月は12度のオーブ(モイエティは6度)、火星は7度(モイエティはその半分の3.5度)を持っているという考えから、2つの天体はコンジャンクションしてるよねーということになる(古典ではホールサインという考え方があるので、それを採用するとこのアスペクトはメジャーアスペクトを取らないと考えなければならないのだけど)。

時々、「イギリスの占星術家「ウィリアム・リリー」が提唱するオーブが最も正しいです」とか書いている古典派の方がいるけれど、ホラリー占星術はともかく、心理占星術的にはネイタルチャートも、その他のチャートも「最も正しい」という考えを採用することはしない。
その時代を生きる人、またその場所、そしてタイミング、そういったものが出来事や人の心理を引き起こすと考えた場合、「正しい」ものはなく、「揺らぐのが前提である」と考えるからだ。

先ほど書いた「東京の空だと球体として見えにくい」と書いたけれど、では「その時代を生きる人、またその場所、そしてタイミングでオーブを考える」という心理占星術的発想とはどういうものなのだろう。

昔、モンゴル草原で「月の出」を見たことがある。
それはまさしく球体で、それこそ12度、もしかしたらそれ以上に感じるほどの光の幅があった。
だから、モンゴルに暮らせば、もっと広範にさまざまなことを感じ取る感受性が身につくのではないだろうか、というような考え方ができるかもしれない。

となると、東京の場合はどうだろう。
東京に住んでいると、せいぜい光が届くのは「我」「我欲」くらい。
自然の泣く声を聞き、生物の悲しみを感じ取るなんて感性は、東京にいたらそうそう働かない。

けれど、晴天の空に満月が上がった時は東京でもくっきりとしたオーブを見ることができて、そんなとき、人は他者への思いやりや優しさを呼び覚まされ、光の広がり=心の広がりを実感できるかもしれない。

とか。

でも、逆にオーブの光が届きすぎてしまうということは影響を受け取りすぎてしまうと考えることもできるわけで、空の澄んだ田舎にいると、他人事も自分事みたいになるから、「孤独」をつくるのが難しいいというような読み方もできる。

みたいな。

だから、オーブは「最も正しい」みたいな固定されたものではなく、その人の、その場所の、その時に現れる心象風景として臨機応変に読んでみるのがいいではないかと私は考えていいる。

だから、出生図のように固定されたチャートを読む場合も、その人のコンディションや周囲との関係性、またはその時々に合わせて、オーブを変えて読んでみるのは大事なことだ。

調子がいい日は、オーブ=球体が広がるし、悪い日はオーブは狭い。
だから、「先生、いつもはぜんぜん読まないのに、何で今、そのアスペクトを採用したんですか?」とか質問されることがあるが、「今、この人はやる気になっているから、いつもより火星のエネルギーを少し強めに取り入れてみたほうがいいと思って」と読んだりすることもある。

人は千差万別。
時は移ろう。
季節や気温、天候によっても空の見え方は違う。
だったら、人の心がさまようのも当然だと考えてみることもできるかもしれない。
Designed by aykm.