FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
11/23(金)梅田でイベント!金星火星のワークショップもやります!
IMG_3957.jpg

IMG_3955.jpgこれです。
プラネット大学院初のイベント
心理占星術!による鑑定、ぜひ皆さんに受けてほしい!

私もワークショップやります。
火星、太陽、木星の話、いろいろ元気がでるワークショップやろうと思います。
また、プラネット大学院チームによる金星火星のワークショップの後、美魔女のAさんが開運メイクでプロの技を見せてくれます。
内容、金額等の詳細は後ほどお知らせします。

そして、なんと!
会場で2019年度版火星手帳も発売予定です。
盛りだくさんのイベント。
関西方面の方、お暇なら、ぜひ足を運んでください。

それに先駆け、次回の11/10プラネット大学院3限目では、著名人の金星、火星を分析し、自分の金星火星の使い方の工夫をしてみようという勉強会をします。
金星火星は、その人の本質的なものを示します。
たくさんの著名人のチャートを分析してみましょう。
もし、自分の気になる著名人、アーティストやビジネスパーソン、スポーツ選手などがいましたら、ぜひみんなでシェアしてみましょう。
もしかしたら、自分の中の金星や火星にアクセスし、自分のニーズや理想を実感できるかもしれません。
蠍座金星の逆行だからこそ、新たな発見があるかもしれませんね。

そうそう。
11/23(金)のイベントに参加の方。
くみちゃんから、ぜひ鑑定を受ける側になってみましょうというアドバイスがありましたね。
自分を客観視するのにも、人のやり方を体験してみるのもいいアイデアですね。

来月もまた、たくさんのことを学びましょう。
スポンサーサイト
来月も開催決定!心理占星術の現場を学ぶロールプレイング体験
大阪プラネット大学院に参加の皆様、おつかれさまでした!
なんて楽しい占星術の学習。
どの講座も充実した学びの時間となりましたねー

実践読み講座は、いよいよ進行図読み。
今回は、参加者の皆さんのチャートとともに、時期読み講座で予想がピタリと当たった貴乃花のチャートを使いました(「貴乃花、相撲協会やめて新しいこと始めるるんじゃない?」のあれね)

やみくもに進行の月を見る、軸に触れる天体を見るのではなく、なぜこれらのチャートを使うのか、その目的をはっきりとつかんでおく。
そのうえで、セカンダリー、ソーラーアークを使い、潮目を読むというか、人生の道すじに沿って読んでいくというか、この流れ、この天体の流れに沿って行くと、この先、いい感じで動きがつくられていくだろうという点をとらえる。

占星術の象徴は深く、丁寧に読むことを知れば知るほど人間に対する理解が深まりますね。
ほんとオモシロイ!
マスターを目指すべく、次回も進行図読みの練習をしていきましょう。

そして…大阪発の「心理占星術の現場のためのロールプレイング」。
いやー、オモシロかった!
ここ最近の講座で一番オモシロかった。
みんなが見守る中、一人一人、自分のできる技術を使って、3名の方のセッションを行っていくという、なかなか緊張感のある講座でしたが、本当に勉強になりましたね。

Desktop28_201810141413499bc.jpg
あれ?Hさんがいない?

まず占いの現場の心得や気をつけるべきポイント(転移逆転移、フロイトの毒、役割意識)の話を少々。
・占う側の姿勢――自分自身の太陽と月はどのように機能しているか
・役割意識――クライアントの要求を安易に満たそうとしていないか
・自分自身の思い込みの修正――いい鑑定をしなくては!相手を喜ばせなくては!といった自分の、相手の期待をかなえようとする姿勢
・期待の現実性――不幸の埋め合わせをしなくてはというような万能感からの無力感に陥らないように

人対人の関係には、常にパワーバランスが働くものです。
自分と相手の力が50対50になるよう維持するには、自分自身の力の調整がとても大切になります。
現場での不安は、もしかしたら、占う側の損得によるものかもしれません。

私が心理占星術を勉強する人たちに現場を体験してもらいたいと切に思うのは、上記に書いているように、自分のふるまいや心持ちの調整をし、より健全な意識を育てていくことができるから。

そういったことをポツポツ話した後、いよいよ実践読みの体験です。
トップバッターはうか子さんから。
自分から手をあげてくれました。

健康、仕事、未来といった様々な質問に対し、やり取りをしながら、自分の持っている技術を使い答えを探していく。
なんてハードルが高く、なんてやりがいのある仕事でしょう!

質問のテーマになっている天体を見つけ、象徴の意味を相手に合わせて柔軟に読み変え、そして着地のための物語をつくっていく。
どこからきて、どこに向かうのか。

なぜ問題が起こったのか。
それをどう感じているのか。
どんな解決が考えられるのか。

本人の意思の確認をしながらストーリーを作っていくのが目標ですが、これがなかなか難しい。
でも、相手は目の前に座っていて、なんとか答えを絞り出さなくてはならない。
答えを出せない問題に対しては、それを率直に伝えなければいけない。

終わってみて、できたこと、できなかったこと、みんないろいろな思いが頭を駆けめぐったと思います。
足りない技術や知識も見えたかもしれません。
ベテランさんの上手ややり取りを見て、気づくことも多かったかもしれません。
現場は人生の学びそのもの。

とても勉強になったので、来月も開講決定!
私もサンプラーさんを前に、丁寧にチャート分析をします。
見学だけでもOKです。
自分の技術の見直しもできます。

今回は、ネイタルチャートとコンサルテーションチャートのみでセッションを進めてしまったので(でも、本当にすごいでしょ、コンサルテーションチャート。見事なシンクロニシティ。占星術の面白さが凝縮されているよね)、次回は進行図&トランジット図も使いましょう。
次回のサンプラーさん3名でいきますか。
タロットももしっかり読んでいきましょう。

次回の目標は、ズバリ「落としどころの見つけ方」です。
クライアントのチャートのどこをピックアップすれば、どこの象徴を拾ってあげれば、こんなボキャブラリーを使えば、こんなアプローチをすれば、クライアントの信頼を勝ち取り、実りあるセッションができます、というポイントを考えていくというのをやります。
あと、現場での関係性の温め方、みたいなのもやっていけたらいいかな。

【大阪】11/10(土)心理占星術の現場のためのロールプレイング
●心理占星術の現場 注意点と技法
どのように現場を組み立てていくか
その問いに対し、どう答えていくか
どんなことを注意したらいいか

●実際、サンプラーの方を占ってみよう!
データ作成
質問の理解
初対面でのアプローチ
どの技術を使って悩みにこたえていくか
クライアントの”今”をとらえる
具体的解決法の提案
着地
エンディング

●セッションの振り返りとこれから
・nicoによるクライアントとのセッションの作り方 プチ・オープンカウンセリング
・反省点、修正点、可能性について話し合ってみよう
・何をどうするとうまくいくか、現場の今後を考えてみよう

◆日時:2018年11月10日(土)14:00~17:00
◆参加費:5000円
◆会場:谷六Village / 谷六ヴィレッジ
〒542-0062 大阪府大阪市中央区上本町西3-3-5 
地下鉄『谷町六丁目駅』から徒歩5分


<気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

プラネット大学院3限目、11月23日のイベントの話はまた次回!
では、来月も楽しくお勉強しましょう!

nico
底を打ったら太ももの筋肉を使って浮上する 木星の話
大阪行きの新幹線。
サンドイッチを食べながら、今日のロールプレイング講座で話すことをイメージする。

初めての現場体験、緊張している人もいるかもしれないけれど、自分の経験から考えると、失敗するのが上達への一番の近道だと改めて思う。
今の私を支えてくれているのは、クライアントを前にして「うまく伝えられなかったこと」がすべての原動力になっている。

たとえば、講座で天体やハウスの象徴を個々人に合わせて読むことやアスペクトの多様で実践的な解釈などをお伝えしていますが、
これらはすべて、「うまく伝えられなかった」という過去があり、それを踏まえての改善策が今に至っているということです。

なので、たくさん失敗したもん勝ちです。
たくさん失敗すれば、すべて価値として自分に帰ってきます。
負の遺産、これが、私がイメージする蠍座のテーマのひとつです。

不動サインのテーマを「価値づくり」としたとき、栄光や賞賛といった輝かしい価値を獅子座、失敗や挫折、絶望感といった暗い歴史的価値を蠍座とする。

その暗さ。
水は低きに流れ、日の当たらないところでぐずぐず悩み、ひたすら傷をなめ、人生を呪い、世界で一番自分を不幸だと思い、人の成功がうらめしく、うらやましく、失ったものを懐かしみ、持っていないものを嘆き、けれど死にたくても死にきれない。
もういよいよダメかと思ったとき、それでも生きようする自分の中の生命力に触れることがある。
「風と共に去りぬ」のようなあんな力強い復活とは程遠いけれど、生きていくしかないなあと、顔をゆっくり上げる瞬間がくる。
私の過去にもそんなシーンが何度もあったと思う。
それでも、明るい場所で胸を張って生きていこうという瞬間。
今でもやはり、その時、自分の中に芽生えた「力」を思い出すことがある。
それが支えになっていることも知っている。

だから、いつでも思う。
その落ち込みがあったからこそ、今の自分の可能性を引き出せたのだと。
悔しい思いも、情けない姿も、いろいろさらして空っぽになったからこそ、開き直れたのだと思う。
そもそも、無力感や怒りというのは万能感の裏返しでもあるわけで、だから、そぎ落とされていく必要性が人生の時々でやってくるのかもね。

蠍座の木星は最後の5度に向かっている。
もうそろそろ、水の流れも底を打っているはずだ。
ダメな自分はよくわかった。
でも、自分なんてこんなもんだ。
それなら、今こそ成長のため、発展のため、自分の力試しのため、射手座の木星を目指して浮上していけたらと思う。
身体で一番パワフルに働く太ももの筋肉で底を蹴って、大きく、高くジャンプする(太もも、筋肉は射手座=木星の象徴だからね)。
成長ホルモンをたくさん分泌して、パワーを復活させる。

蠍座の木星の成長や発展の機会として、#Me Too運動やジェンダー問題を上げる人は多いかもしれない。
ノーベル平和賞の性暴力と闘う2人の活動家もそうだろう。
心の傷、負の体験が力になることを教えてくれた好例だと思う。

浮上するときに大事なのは、どんな体験を握りしめて上がるかだと思う。
できれば、未来に持ち込むべき希望を手にしていたらいいのにと思う。

今日の3限目では、木星のイングレスチャートともに、木星のサイクルについても考えてみようと思っています。
時期読み講座では、木星サイクルのレポートを出してもらいましたが、その復習も兼ねて。
なぜなら、私は火星とともに木星のサイクルをスケジュールに組み込んでいるからです。

では、大阪の皆さん。
今日もよろしくお願いします!

nico
「どこからきて、どこへ向かうのか」 意図を持って象徴を利用する
2019年度版火星手帳の仕上げに向けて、連日ふーふーやっている。
きっとふーふーやっているだろうと踏んで、たくさんの人が「頑張ってください!」という応援メールを送ってくれる。
つびーは、みんなのアイデアをカタチにしようと、やっぱりふーふーやっている。

ゼロから意味をつくり上げていくのは本当に難しい。
例えば、心理占星術的なアスペクトや逆行の意味。
「こう使ってほしい」「こんなふうに使えたら、もっと人生楽しくなるよ」という願いを込めて、いろいろな象徴の提案をしている(昨日の火星会議では、この辺をみんなで話し合いました)。

つびーがこんなことを言っていた。
「必死に作業やっていると、逆行とかほんとどうでもいいですね」と。

それはそうなのだ。
逆行運動は、地球と天体との相対関係の中で起こる。
太陽や月の世界には逆行はない。
自己を中心に、新しいものを生み出そうと、心を込めて生きているときには、逆行など気にならない(また同時に、社会活動をしていないと、やはり逆行を感じることはないけど)。
そんなことも考えながら、今の時代を生きるための希望となるような解釈を提示しようと作業を進めている。

↑これが、私の象徴を利用する際のモットーとなっている。
こういうことのために占星術の象徴を利用し、活動を進めている
だから、参考にならない象徴解釈も多い。
たとえば、「で?」と言われてしまうような解釈。
「バイアコンバスタだから思い通りにいかない時期」とか。
なんで?それで、じゃあどうすればいいの?というようなやつ。
この解釈では、現場はなかなか厳しい。

どこからきて、どこへ向かうのか。
そこをしっかり意識しながら象徴を読まないと、おそらく核心を伝えることがむずかしいのはもちろん、象徴の森に迷い込んでしまうだろうなと思う。

バイアコンバスタという象徴は、なぜ、そのような意味なるのか。
そして、その意味はどのような着地を迎えるのか。

そういった道筋を考えながら象徴を読むことで、鑑定する側も、される側も、不安にならずに現場をつくっていけるのではないだろうか。

明日、大阪で「心理占星術の現場のためのロールプレイング」をやります。
↓   ↓   ↓
10/13(土)開催 心理占星術の現場のためのロールプレイング

サンプラーさんが3名いらしてくれますね。
占星術を知っている方、知らない方、男性の方もいらっしゃいます。
初めて鑑定する方も、ベテランさんも、自分の象徴の読み癖を知るのにとてもいい機会です。
11月23日(金)のイベントで初めて鑑定デビューされる方もいますね。

その時、ぜひ意識してほしいのは、まず「自分が伝えたいことは何か?」です。
また、上記で話したようにありきたりの象徴を読んで、「で?」が残るくらいなら、太陽と月だけでもいいので、根拠と行先がわかる象徴を丁寧に伝えることです。
そして、いよいよ頭が真っ白になって言葉が出てこないときは、まずは相手に興味を持ち、相手を理解しようとしてみること。

この辺の話、明日、じっくり話をしていきます。
たくさんのことを学んで帰ってください。

プラネット大学院3限目は、秋分図&スケジューリング。
こちらも現場で使える技術を学べたらと思っています。
こちらは動画受講もできます。

では明日、谷6の会場でお待ちしています!

nico
恐るべし付箋パワー!これからどんな価値づくりをしていこうか
毎日、たくさんのフィードバックありがとうございます。
とてもうれしく読ませていただいています。
講座の喜びの声、どこかでぜひ使わせてもらえたらうれしいなあ。

まずは、大阪のTさんからのメール。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ノーベル賞を受賞した本庶佑さんのホロスコープがカッコイイです。
既に見られたかもですが、是非見てくださいね。
牡牛に3つとみずがめ座に3つお持ちで、グッときました。自分の持つ価値を生かし、未来の社会に大きな大きな価値を残す。
自分の牡牛を社会貢献のために、明け渡していく感じですかね。
水星のハードさもカッコイイし、火星の牡牛ってこうやって使うんだなぁとか色々お勉強になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホロスコープ、見てみました。
なんとびっくり!本庶教授、私と同じ誕生日でした。
本庶教授の言葉、
「一番大事なことは、自分が本当に何を知りたいか、いつも意識している。 何ができるかということに逃げないでおこう」にはグッときました。
まさに、風エレメント、不動サイン、社会サインの欲求という感じですね。

本当に何が知りたいか。
何を知るべきなのか。

そこにね、牡牛座の”揺るぎない個性”が加わるのですね。
まさに「地道な基礎研究」という感じ。
自分の持つ価値(牡牛座)に光をあて(獅子座)、何度も何度も変容させ(蠍座)、そして時代に通用する価値へとリノベーションを重ねる(水瓶座)。
そうやって、時間をかけ一つの体系が完成されていくのですね。

もし、未来の価値に見合わないと判断されたものは幕を閉じていく。
例えば、明日最後の営業日を迎える築地市場とか、閉鎖が決まった相模原、府中、新潟の三越伊勢丹とか。
すべてのものは時代に合わせて変化するが、最後は風のみぞ知るなのだ。
何が求められるのか。
水瓶座は、その「風」を知りたい。

私の「価値」を積み重ねる活動の一つに火星プロジェクトがある。
みねんこさんが丁寧に活動内容をブログにしてくれたので、まずはご紹介。

ニコラボ オリジナル「火星手帳2019」のご紹介①
ニコラボ オリジナル「火星手帳2019」のご紹介②


今日は火星サイクルについて、うれしい報告もいただきました。

まずはTさん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近、ふと浮かんだことを2年単位で考えられるようになっていることに気が付きました。
火星ワークショップのお陰ですね。。
早く、早く実現させたい!というせっかちな思考回路から、計画を2年というスパンで考えると今何をすべきかが、見えてくるので、日々の充実感が増していくことと、夢を描ける楽しさに未来を明るく創ろう!と思えることが、支えになっている気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうそう。丁寧にね。

次は、なんと仙台WSに参加のMさん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先生に初めてお会いした仙台のワークショップから1年が経ちましたが、あの日火星ワークシートにベタベタと貼り付けた付箋の願いが、大概実現したので、先生に報告したくてメールしてしまいました!
恐るべし付箋パワー!
新しい火星手帳も登場するとのことですし、またいっぱいベタベタ貼らなければ!!
また次のサイクル、いろんなことを実現していきたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mさん、頑張りましたねー
あの時の宣言、はっきり覚えています。
また、みんなで付箋ワークしたいですね。

ということで、これからが楽しみな火星サイクル。
ワークショップでもお話ししましたが、水瓶座で刺激を受けたビジョン、魚座で心に育ったビジョンが次の火星サイクルの芽になります。
どんな刺激を受けとっているのか。
それをしっかりつかんでおいてください。

いつかまた、みんなで付箋ワークやりましょう。

Desktop27_20181005222747d04.jpg

私は相変わらずお花好き。
今日は、宇宙のエネルギーを最大限にワイン詰め込んだ、ビオディナミ農法でつくられたナチュラルワイン「cosmic(ロゼ)」のボトルにカボチャを生ける。
明日土曜日は実践読み講座、そして日曜日はいよいよ職業占星術が始まります。
未来の価値づくりのため、知識をしっかり積み重ねていきましょう。

nico
Designed by aykm.