nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
遺志と教訓 ちょっとだけ魚座=海王星=12ハウスの話
明日の灯台屋火星WSは満席になりました。
お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございます。
みんなで楽しい会を作りましょうね。
明日は、「あなたの火星見守り隊」のプチ授賞式も行います(直島のKiKiさんは今夜、スカイプにて行います。もずくさん、みねんこさんも集合です)。
どうぞお楽しみに!

で。

劉暁波氏が亡くなった。
また一人、時代の、国の犠牲になったのだ。

このようなニュースを聞くたびに、または先日の九州の集中豪雨のような天災のニュースを聞くたびに、私たちは犠牲者の人からどのようなメッセージを受け取ることができているのだろうかと考える。
残されたものとして、未来へと語り継ぐものとして、故人から一体何を?

水エレメントには、「受け継ぐ」という役割を与えられている。
蟹座=月=4ハウスは血とその歴史を、蠍座=8冥王星=ハウスは遺産(有形であれ無形であれ価値あるものを)を、それぞれに受け継ぐ。
では、魚座=海王星=12ハウスは何を受け継ぐのだろうか。

または、このような考え方もできる。
環境適応能力としての知能をつかさどる柔軟サインとしての考え方だ。
双子座=水星=3ハウスは言語機能、学習機能、客観的思考といった知的活動を、乙女座=水星=6ハウスは技能や問題解決する知的活動を、射手座=木星=9ハウスは抽象的思考や直観力という知的活動をそれぞれにつかさどる。
では、魚座=海王星=12ハウスはどのような知能なのだろう。

上記の二つを合わせて考えると、魚座=海王星=12ハウスが受け継ぐものとは、故人の遺志――夢や理想といった抽象的ビジョンであり、また人々が脈々と受け継いできた人類の教訓である。

劉暁波氏が妻に最後に伝えたのは、「あなたはしっかり生きなさい」という言葉だったという。

それぞれがそれぞれに目指した理想、果たせなかった夢、言葉にならない想いなどがある。

日々、多くの人たちが命を落としている。
私たちは、故人から何を受け取ることができているのだろうか。
そしてまた、それを受け取るだけの知性が身についているだろうか。

今日のにゃん。
暑い…

Desktop96.jpg

スポンサーサイト
この3か月は、いっちょ水星力をあげておきますか。
IMG_1324.jpg毎週火曜は、火星の日
火星力を高めるアクションデー
Something New, Something Red
何か新しいコト始めよう, 赤い何かを見つけよう

ということで、今日の赤は…大好きなスイカジュース。
だってさ、暑いんだもの、夏だもの。

冷やしたジュースをごくごく飲んで、おなか出して昼寝する。
夏って開放的で大好き。

ということで、今日、もずくさんから素敵な感想をいただきました。

今日の勉強会もありがとうございました。
とてもおもしろかったのは、
絞ること、
何を動かすか、見つけ出していくこと。
それを個人天体に落としていく過程。
が、とても。でした。

もずくさん、いつもいつもありがとうございます。

土曜日の職業占星術でも、日曜日のイチローの時期読みでも、昨日の職業占星術でも、今日の勉強会でもテーマになったのが、「目星をつける」「鍵を見つける」ということ。

どこをどう動かしたら、このチャートはもっと軽やかに、もっと伸び伸びと働くのだろうか。
このチャートの何が鍵となり、その鍵でどの扉を開けば新しい未来が切り開けるだろうか。
この天体がしっかり働けば、もしかしたら、もっと「らしさ」をはっきすることができるのではないだろうか。

そんなことを考えながらチャートを読むのは、なんとも楽しい作業ですし、そこを見つけていかないと、ホロスコープの迷路に入り込んでしまい、出口を見失うこともあります。
その鍵を見つける訓練が、まさにチャート読みの実力をあげてくれるのかもしれません。

引き続き、この練習をするとともに、この3か月は水星力をあげていけるといいですね。

日曜日から昨日、今日と満月図の振りかえりをしていましたが、ね、水星ね、大事そうな感じですよね。
または、夏至図もね、水星、大事そうに見えますね。

満月図も夏至図も水星と3ハウスー9ハウスが非常に強調されたチャートになっています。

nicoPLANETの記事かな、火星のニューズレターに書いたのかな、木星が天秤座(双子座・水星は風エレメントの土台となる能力だから)に、もしくは射手座に土星がいる間(射手座の補完が双子座だから)は、双子座=水星力、大事なるかもしれないですね。

人と関わるにも、未来のビジョンを描くにも、個人の水星力――知性、言葉の力、気軽なコミュニケーション力、技術力、現場力といった環境適応能力を育てることは、この時期は必須と言えるはずです。

今日の勉強会でも、皆さん一様に水星力の必要性について話してくれましたが、水星がきちんと社会活動に組み込まれれば、誰もが皆、生きることが楽になるかもしれないですね。

夏至図が終わるまで、もしくは木星が蠍座に移るまで、自分の水星を育てる訓練をしてみるといいかもです。

水星は太陽月のメッセンジャーです。
この3か月、何を伝えたいのか、何を表現したいのか、どのような言葉で、どのような技術で自分を語りたいのか、それを考えてみるのはどうでしょうか。
幸福な週末 松本編 星の運行とともに生きることの喜び
松本行ってきました!
火星ワークやってきました!
連日イベント続きにもかかわらず、新宿駅から松本までノンストップで占星術談義の私たち。
朝っぱらから、「問題を問題として扱わない」「代替案が見つかるまで問題を無理に取り除かない」なんて話で盛り上がる。

今回、全面的にサポーとをしてくれた松本在住、星灯り&あかり農園経営、星読みガイドの今井恵理さんが出迎えてくれました。
農業やっているだけあって、笑顔がまるで太陽のよう!
今回は本当にお世話になりました!

城下町を抜け、緑に囲まれた会場、高校や大学の校舎として使われていた明治時代の面影を残す重要文化財、あがたの森に到着。
素敵すぎる!!!

早速、WSがスタートです。
今回は、初心者の方が多かったので、心理占星術の基礎として、「今」を生きる天体と「今」を生きる私たちをどう結び付けるかという話、星の運行とともに生きることの喜び、そして時代性と天体――冥王星、火星の話からスタート。
その後、月―太陽ー土星の話と続きました。

みねこさんが、「めずらしく月の話をしている!」と言っていましたが蟹座の季節なので、月のこと丁寧に伝えてみようと思った次第(何せ誤解の多い天体=衛星だからね)。
そして太陽の存在の仕方とか、コロナの話とか、土星の月太陽を生かしたシステムづくりの話(タロットを使って獅子座の悲しみを理解してみたり)とか、いやいや気づいたらあっという間に2時間が経っているじゃないの!!!
びっくり!

そこから夏至図に触れ、牡羊座ー天秤座、牡牛座ー蠍座の補完の話、火星ー金星のコンディションの整え方の話に触れ、いよいよ火星ワークに。
火星を問診する方法、火星の扱い方をお伝えした後、最後に恒例のふせんワーク。
3か月、1年、2年のサイクルの中でふせんを貼っていき、そして皆さんで宣誓のシェア。

6.jpg

毎回思うのだけど、皆さんの未来のビジョンが素敵すぎて驚かされちゃうというか、いつも火星チームで「そのアイデア、乗っかってもいいですか?」って聞いちゃうくらい。
おチャベリ会、赤い星、植物図鑑、山小屋…

皆さんの宣誓、聞き届けましたよ!!
その後どうなったかの進捗を聞きに、また皆さんの前に参上します(何せ火星は暑苦しいのです)。

皆さんからFBにいただいたコメントをちょっとだけご紹介。
まずはKさん。

「二コラボ火星プロジェクト」に参加してきました。
nicoさんによる占星術プチ講座。マシンガントークがすごく面白かった! 
あー、占星術っておもしろいヽ(´▽`)/と思って帰ってきました。
最後に火星を意識するということでわくわくすることを書き込む予定表(火星シート)の作成をしたのですが、その中の一つをシェアする時間があり、わたしは「ブログを書く!」と宣言してきました。
表現したい気持ちもありながら億劫で(^_^;)、伸ばし伸ばしにしていたけれど、やるって言ってきたからFBでも宣言します!

宣言されたときの衝撃と感動。
これが火が燃え移るということなだと改めて実感。
素敵です。

または全面協力の今井さんからも。

参加された方から、もっとお話をお聞きしたかったなどの声があり、とても楽しんで帰られました。
私自身も改めて占星術って楽しい、もっともっと学びたいという気持ちが湧いてワクワクしました。

ぜひ!
トマトの収穫とセットで伺いたいと思います。
その時は、どうぞよろしくお願いします!

そして今回、飲みのもの(火星ドリンク!!)セットや素敵なお花を用意してくれたみきこさん。
いつ気遣いありがとうございます!!
みきこさん、火星チームの上をいく火星シートの使いこなしぶりを披露してくれて、2年後の火星アワードも狙えるか!という感じ。
素敵な夢も宣言してくれたので、今後の活動、見守りたいと思います!
みきこさん、ありがとうございました!

その後、私たちはいつものごとく、松本駅近くのイタリアンレストランで祝杯をし、つまみと酒を買い込み、車内でポンポン音をさせながら、りんごのシードルと赤ワイを飲み干しましたとさ。

参加者の皆さま、毎回、感動をありがとうございます!
今週末は、いよいよ札幌。
巡業もひと段落。
幸福な週末 灯台屋編 心理占星術の魅力をライブで伝える機会
怒涛の週末。
まずは、土曜日の灯台屋祭りの心理占星術ナイトの様子を伝えようかな。
その前に、うれしすぎる感想をくれたつびーともずくさんのコメントから。

<つ> ニコさんのカウンセリング手法の開示が惜しみなく、大盤振る舞いでは?!と思ったりしましたが考えをあらためました。
人に見せる、人を魅せるニコさんの高度な手法に惚れ惚れした夜でした。
そんな場を設けてくださったもずくさんに感謝ですー

<も> 授業だったし、神業のようなセッションだったし、ポイント解説がまたはっきりしていて素晴らしかったです。
オープンカウンセリングが終わってから、くつろいで話し込まれている皆さんを見て。ああ、私が見たかったのはこの光景だと思いました。

このような感想をいただき、ようやくプレッシャーから解放された気分です。
もずくさん、大事な灯台屋祭りのオオトリを任せてくれて、そして全面的に信頼してくれてありがとうございます!
あーよかった。
そして、つびー。
いつもサポートをありがとう。
参加者の方も熱心で、積極的で、いい空気の中、気持ちよくセッション&解説&ディスカッションをやらせてもらうことができました。

オープンセッション終了後、この仕事をしていて、こんなに褒められたことがないというくらい素敵なコメントをいただき、心から安堵しています(何せ初めての試みだったので)。

うれしかったコメントの一つにYさんの「先生が教えてくれていた心理占星術って、本当にいいものだったのだなあ、改めて思いました」という言葉。

いつもはテクニックだけをお伝えしていますが、やっぱりね、現場でテクニックの使い方、進め方、質問の仕方、核心への迫り方、着地の仕方、クロージング等、流れをとらえることはできないですものね。

月1でやってほしい!という声もたくさんいただきました。
そうでしょう、そうでしょう。
面白いでしょう。
また、やってみますか。

今回、私が伝えたかったことは、最初の30分の導入部分に集約しています。
・問題を問題として扱わない
・権威的な言葉(占星術的専門用語使わない)
・語りを歌にしない

問題を問題として扱わない、というのは、私の現場で一番大事にしている考え方です。

参加者の方が「心理占星術で人の深い部分まで扱いたい」ということを伝えてくれたのを受けて、「深い部分に入りすぎない勇気」も大事だということも、それにあたります。
占星術やタロットは象徴なので、うっかり、そして安易に人の深いところまで入り込み過ぎてしまうことがあるのです。

信頼関係も築かないうちに、または心の扱いに慣れていないうちに、相手に踏み込む必要が本当にあるのかどうか。
ハードアスペクトを、8ハウスや12ハウスを、まるでそこに問題があるように扱うとどうなるのか。その人物が今おかれている現実生活で解決可能な範囲とは果たしてどのようなものか。
それを質問で導くことができるだろうか。

そんなことを問題提起しながら、クライアント役を引き受けてくださったビルのオーナーの石井さんに登場していただきました。

心理占星術ナイト

全体で40分のセッション。
コンサルテーションチャートを使って、まずは導入部分をつくっていきます。
今どのような悩みがあるのか、どのような状態にいるのか、今後3か月の大事な時期なども先に提案します。
開始早々、石井さんが「そんなこともわかるの?怖いなあ」と面白いようにリアクションをしていただいたおかげで、会場も緊張が解けていい雰囲気に。

そこから、ネイタルチャートを使い、私の素朴な疑問「アイソレートされた月を持つ人が今の仕事に就くということはどのようなことか」というキャリアのテーマから始まり、働き方、進め方、自己価値、未来の仕事のプランへと話を進めていきます。
もちろん専門用語は使わず、ナラティブセラピーの「オルタナティブストーリー」を引き出せるような質問を重ねていきます。

オルタナティブストーリーというのは、「例外的な質問」という意味。
きっと石井さんがこれまでにあまり質問されなかったであろう質問をチャートの中から見つけていき、「新しい自己像」を語ってもらうのです。
会場にいた方は、どのような質問を重ねていったのか覚えていますよね。

そして、最後はプログレス、ソーラーアークチャートを使って、1年~3年のプランニングをイメージしてもらいクロージング。

そこからは、バリバリの専門用語を使って、私のセッションの裏側にある数々のテクニックを説明していきます(クライアントの石井さんも残って、手の内を聞いてくれてました)。
コンサルテーションチャートのミラクルなシンクロニシティ。
ASCの山羊座を山羊座として読むのではなく、相手の山羊座=MC=土星を引き出すテクニック。
アイソレートの表示はどこに?
8ハウスに対する有効的な質問は?

そして、私の講座ではおなじみですが、皆さんが一番驚いたミッドポイント表を使った、「自己価値の見つけ方」「自己価値の作り方」。
あれ面白いでしょう。
あれね、私のオリジナルの技法なのですが、そうなの、場の作り方、自己価値の作り方、交流の作り方を考えるのに本当に使えるの。

またはAPとか、太陽・金星のSAの読み方とか…書ききれないほどのテクニックを惜しみなくお伝えし、今回のイベントは終了となりました。

この日私が使った技術は、すべて基礎が土台になっています。
エレメント、モダリティ、陰陽、これらを上手に使えば、あのような読み方に近づけるかもです。
またはナラティブセラピー=社会構成主義という考え方もとても面白いので、いつかまた、みんなでそんな議論や勉強会もしてみたいですね。

最近、私の隣で議事進行役をやってくれているみねんこさん。
ワークショップ中、「あれ?私、これから何をやるんだっけ?」とかいきなりとんちんかんな質問をしても、「○○ですよ」と冷静に受け止めてくれたりして、いやいや頼りになる。
連日、火星イベントおつかれさまです!

終始、協力的で明るく場を盛り上げてくれてクライアント役の石井さん、終わった後もたくさんの感想を寄せてくれたり、感動を伝えてくれたり、参加者の皆さん、ありがとうございました!

そして、素敵なローフードを用意してくれた晶さん。
今度はゆっくり食べてみたい!
そんな機会があったら声をかけてください。

最後に、もずくさん、素晴らしいイベントに誘っていただいてありがとうございました。
大盛況に終わった灯台屋祭り。
灯台屋の魅力がぎゅっと詰まっていて、素敵なイベントでしたね。
おつかれさまでした(明日10時からの勉強会待っています!)。

まだまだ、皆さんに伝えきれてないことたくさんあります。
またの機会にお目にかかりましょう!
火星ワーク、見守り隊、火曜日…お知らせいろいろ 
まずは…
6/18(日)名古屋火星ワーク、7/1(土)札幌火星ワークが定員(定員オーバー気味)になりました。
たくさんの方の参加、ありがとうございます!
今回参加できなかった方。
またの機会にぜひ。

火星ワーク&天体のお話は、きっと皆さんの新鮮な学びの機会になると思います。
当日、会場でお目にかかりましょう!

で、見守り隊の面接のお話。
ブログを見た方が、「ニコさん、もずくさん、つびー、3人を前に自分のやりたいことを語るなんて大変なことだ」と話していましたが、ほんとうにそう思います。
面接中に何人かの方にお話ししましたが、応募してくれただけで誰かの刺激になっていますし、これから先、見守り隊の活動そもののが、誰かに勇気を与えたり、背中を押したりするものになっていくのではないかと思います。

応募してくれて本当にありがとうございます。
結果はどうあれ、皆さんとの出会いを何かに活かせたらと火星チーム一同考えている最中です。
連絡をお待ちください。

そして…毎週火曜日は火星の日!
今週は、赤いモレスキン。
Desktop87.jpg

モレスキンと7年ほどの付き合い。
なんでも書くし、なんでも貼る。
反省もするし、夢も描く。
これからは赤いモレスキンに私のいろいろを詰め込もう。

または、赤いキャンドルで卒業式。
FullSizeRender_20170614084351627.jpg

皆さん、お疲れさまでした!
占星術の旅はこれからです。
皆さんの占星術ライフが素敵なものになりますように。

そしてモモさんに誘われてダンスワークに。
モモさんいわく、「身体が自由になればなるほど、心も自由になり、生命エネルギーが活性化する」。
「そうすると人生が借り物(両親、学校の先生など一般的な社会的価値観)ではなく、自分らしいものとしてイキイキしてくる、という感じ」だそうです。

なんと!
火星らしい話じゃないですか。
エキゾチックなダンスに合わせて、身体器官と意識を結んでいく作業をしたり、パートナーを組んで関係性を深めていく練習をしたり。
身体を動かすと、身体の奥からエネルギーが満ちてくる感じがして気持ちがいい。

帰りは麻美ちゃん、沖縄料理屋さんで乾杯。
合言葉は、もちろん「毎週火曜日は火星の日!」。
なんて楽しい火曜日!
これは癖になりそうだ。

皆さんは、どんな火曜日を過ごしましたか??

Designed by aykm.