nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
嫁プロ会議は発見だらけ2 DSC=7ハウス周辺を見直してみると…
台風一過のすがすがしい陽気の中、第2回嫁プロ会議無事終了しました。

今回はDSC=7ハウス周辺の見直し。
あれこれとテクニックを使って、
まずは

・人との関係の作り方
・人を通した世界との向き合い方

を見直し。
これ、なかなかの発見でしたね。
夜の勉強会で試してみた(最後の天秤座木星ということで、今、積極的に関係性の見直しみたいのをやっている)のですが、これ、かなり使える技法でした。
参加者の方のパターンみたいなものを見てみたのですが、みんな一様に、「まんまです」と言っていました。

実際、嫁プロチームの結果も顕著でしたよね(りんごまみちゃんの結果には、私もおたおたしちゃいましたが)。
この結果を経て、じゃあ、実際次にどうするかということなんですが、その前に、自分自身のパターンを知っておくのは確かに重要。
知っていると知らないでは、やはり向き合い方が違う。

というか、アドラー心理学の目的論じゃないですが、結局、人は自分の欲する目的に向かっていくものなのだなあとしみじみ。
自由を好めば孤立するし、寂しがりは人と結びつく人生をどうにか生きようとする。
自分の望むように結果が作られていくのだとしたら、目的を変え、天体のエネルギーのパターン変え、未来を作っていくしかない。

そのために、きのうの夜みぽりんとLINEでやり取りしましたが、「どんなロールモデルを持っているか」を考えるのも面白いかもね。
私の19歳の時のロールモデルがデュラスとジャンヌ・モローだったから、こんな人生になったわけだけど、妙齢の時に適切なロールモデルに出会えば(ペルソナではなく、アイデンティティを裏切らないやつね。アイデンティティを裏切らなければ、どんな結果がやってきても堂々としていられると思う)、それなりに「嫁」の道を歩めるのではないかと。

次回は、お見合いサイトとかを見て、直感的に自分がどこの脳の分野、どこの身体感覚を使って、人のどこを見ているか、何が判断材料になっているのかを理解してみようというのとともに、これまで付き合った、もしくは好きだった男性のチャートを分析するというのをやることになったね。
で、水煮ちゃんは年末までにシェアハウスを見つけることも決まっています。

リアリティ番組並みの、かなり本気のフィールドワークになりつつある嫁に行こうプロジェクト。
妙齢3人組+1(私)の冴えわたる分析力のおかげで、なかなかの発見の連続。

早く皆さんにもこの方法を届けたいね。
では、みぽりん、引き続きよろしくお願いします!

嫁プロ会議と勉強会の合間に、パトリックの作品が飾ってあるイベント会場へ。
ともみさんから「パトリックの小便小僧が展示される」との連絡があり、駆けつけてきました。
今年で6年目?になるのかな、毎年恒例、六本木ヒルズで行われているベルギービールフェア。
人であふれる会場でもパトリックの明るく華やかな作品はひときわ目立つ(パトリックもカッコいいから目立つのよー)。

こんな感じでこれからパトリックの作品が都内のあちこちでお目にかかれるかも。
ぜひ、皆さんも見つけてみてね。

Desktop123.jpg
スポンサーサイト
【急募】9/7(木)10時 月運、季節図のライティング講座やります!
占星術の象徴を言葉にする行為は、自分と世界の向き合い方でもあります。
言葉は、自分の世界をリアルに見せてくれます。

毎日、いろいろなニュースが飛び込んできますが、そんないろいろを星と連動させるとどんな言葉で表現できるのか。
どの象徴を拾い、どの意味を選択し、どんな言葉で表現するか。

2時間の短い講座ですが、激動の時代、激動のトランジットの流れを自分なりに言葉にしてみましょう。

ライティング講座――月運、秋分図等のトランジットを文章にしてみよう
●12サイン別に月運を読んでみよう!
●2017年の秋分図を言葉にしてみよう!

◆日時:9月7日(木)10時~12時
◆参加費:3000円
◆会場:北参道心理占星術研究所
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


せっかくだから「個性的表現とは何か」も考えられたらいいですね。
これだけ自由に言葉による表現ができる時代。
言葉を通して自分らしい世界を構成してみる、そんなことを真面目に考えてみたいなと思います。

nico
サロスサイクル145系 Great American Eclipseとか言ってるけど…
8月21日の皆既日食は、世界中でアメリカ本土のみしか見ることができないということで、今、アメリカでは日蝕を観観測しよう!と信じられないくらい盛り上がっているらしく、NASAのページ見ても、日蝕のことしか話題にしてなくて、これじゃ調べ物できないじゃん!って感じ。

Great American Eclipse。
いかにもアメリカらしいネーミングだね。
前回アメリカが唯一の皆既日食の観測地となったのは1257年らしく、だから、つまりアメリカ建国よりも前ということで、それで盛り上がっているらしい。

アメリカ人が発見した唯一の天体、冥王星が準惑星に降格(詳しくは違うけど)した時の騒ぎようといい、相変わらず「世界の中心」感がすごい。

しかし、この日蝕を詳しく調べてみるとなかなか興味深い。
21日に起こる日蝕は、サロスサイクル145系(サロスサイクルSaros cycleとは日食や月食が起こる日を予測するのに用いられる周期のこと。1サロス周期は約18年。 並行して起こっているサロス周期は約40から60ほどあり、1226から1550年間、69から87回の食を継続)。

145系は1639年に始まった日蝕サイクルだが、このサイクルが本格的な皆既日食を初めて形成したのは1927年6月29日。
この年は、「アメリカを変えた夏1927年」という本まで出版されるほど、実はこの年はアメリカにとって重要な分岐点となった。
ご存知だと思うが、1927年のバブル経済をピークに、その2年後、世界大恐慌へと世界は突入していった。

または、2017年のひとつ前の日蝕、1999年8月11日は皆さんの記憶にも新しいかもしれない。
2000年問題とかでアメリカは大騒ぎしていたが、その2年後、アメリカは911を体験することになった。

アメリカが騒ぐと、いつだってロクなことにならない。

トランプは、就任してからずっと頭のハエを追うので忙しく、政治らしい政治をしておらず、人種の二極化も進み、この先どうなることやらだし、これから2年の動向を見守らなくちゃだ。

ということで、とっても有益な発見が多いサロスサイクル。
9月から開催予定の時期読みパーフェクトマスター講座でも、取り扱ってみようと思っています(名古屋のIさん!会えるのを楽しみにしてます)。
日蝕のサイクルを利用して、時事的なテーマ、これからの未来もみていきましょうか。

ちなみに、私のお気に入りのサロスサイクル136系の話題。
2012年と古い記事もありますが、考え方の参考に読んでみてね。

●2012年5月20日 金環食直前 たくさんの方々に感謝をこめて

●2012年7月1日コントラストをなす世界

●2016年11月9日本当に風の時代がやってきたんだな サロスサイクルの話

射手座・土星ラストスパート さて最後にどんな未知なる体験をしようか
IMG_1585.jpg雨。
最近、月曜日は、恵比寿のFOOD HALLの外のベンチで作業するのがもっぱらのお気に入り。
午前中は、街も店もとても静かで集中できる。

昨日、オイリュトミーの帰りに「大石凝真素美」の話をしてから、何か急に、久しぶりに、居ても立っても居られない思いになっている。

もっと内的な探索を深めたいという思い。
宇宙の神秘にもっと近づきたいという思い。

ネイタルチャートのASCのルーラー、ノーアスペクトの射手座の金星に対し、ちょうどトランジットの土星がコンジャンクションしている。
私の枠組みがいよいよクリアになってきたわけだ。
最近、机の上に向かっていることが増えているのも、そんな理由だったのかもしれない。

この2年、射手座の土星の恩恵を受けた人をたくさん見てきた。

射手座土星の恩恵とは
・新しいチャレンジにより、自己の力を洗練させる
・大きく見積もっていた自己像を書き換える――現実感覚を利用し、適切な自己像を手に入れる(→ひとつ前の乙女座に戻る作業)
・成功体験を書き換える――移り変わった時代の中で、これまでの成功体験を手放し、新しいやり方を手に入れる
・自分の理想の限界を知り、新たな理想を構築する
・なりたい像ではなく、実現可能な道を選択する

射手座の人が描く理想はいつも大きく果てしなく、それゆえに結果に失望したり、夢が現実化しなかったりすることが多い。
そんな中、29年という長期的なサイクルの真っただ中に立ち、自己像を再構築できるのは、何て幸いなことだろうと思う。

なぜなら、痛みを感じたということは、新しいチャレンジを課したということになるからだ。
少なくとも、自分は新しい挑戦を試みたのだ。
むしろ、痛みも感じていないほうが問題だ。

現実を直視し、自己の慣れ親しんだやり方を手放すのはとても苦しいことだけど、その作業が進んでしまえば、たとえ理想とは違う、こじんまりした、ちっぽけな自分であったとしても、それはとても心地よく、そして軽やかだ。
29年に一度しかできない体験として、「憧れ」を手放し「自分自身」になることはとても大事なことかもしれない。

理想という着ぐるみを抜いて、裸の私になる。
タロットでいうと、射手座=隠者=9になるためには、おとめ座=恋人たち=6の裸の私にふさわしい感覚をまず身につけることが大事ということだ。

いつも講座で話していることなので、私の身近な人には耳タコの話かもしれないですが、8/25からの土星順行を前にもう一度、射手座・土星について振り返っておきたいと思って。

そこで手にした自己像をもとに、ようやく飛躍の軽やかさと筋力を手にすることになる。

そこで、さて最後にどんな未知なる体験をしようか。
新たな体験の中で、どんな夢や理想を手にしようか。

12月20日までの4か月間。
皆さんのプランはどんなものですか?
遺志と教訓 ちょっとだけ魚座=海王星=12ハウスの話
明日の灯台屋火星WSは満席になりました。
お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございます。
みんなで楽しい会を作りましょうね。
明日は、「あなたの火星見守り隊」のプチ授賞式も行います(直島のKiKiさんは今夜、スカイプにて行います。もずくさん、みねんこさんも集合です)。
どうぞお楽しみに!

で。

劉暁波氏が亡くなった。
また一人、時代の、国の犠牲になったのだ。

このようなニュースを聞くたびに、または先日の九州の集中豪雨のような天災のニュースを聞くたびに、私たちは犠牲者の人からどのようなメッセージを受け取ることができているのだろうかと考える。
残されたものとして、未来へと語り継ぐものとして、故人から一体何を?

水エレメントには、「受け継ぐ」という役割を与えられている。
蟹座=月=4ハウスは血とその歴史を、蠍座=8冥王星=ハウスは遺産(有形であれ無形であれ価値あるものを)を、それぞれに受け継ぐ。
では、魚座=海王星=12ハウスは何を受け継ぐのだろうか。

または、このような考え方もできる。
環境適応能力としての知能をつかさどる柔軟サインとしての考え方だ。
双子座=水星=3ハウスは言語機能、学習機能、客観的思考といった知的活動を、乙女座=水星=6ハウスは技能や問題解決する知的活動を、射手座=木星=9ハウスは抽象的思考や直観力という知的活動をそれぞれにつかさどる。
では、魚座=海王星=12ハウスはどのような知能なのだろう。

上記の二つを合わせて考えると、魚座=海王星=12ハウスが受け継ぐものとは、故人の遺志――夢や理想といった抽象的ビジョンであり、また人々が脈々と受け継いできた人類の教訓である。

劉暁波氏が妻に最後に伝えたのは、「あなたはしっかり生きなさい」という言葉だったという。

それぞれがそれぞれに目指した理想、果たせなかった夢、言葉にならない想いなどがある。

日々、多くの人たちが命を落としている。
私たちは、故人から何を受け取ることができているのだろうか。
そしてまた、それを受け取るだけの知性が身についているだろうか。

今日のにゃん。
暑い…

Desktop96.jpg

Designed by aykm.