FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
獅子座は「アンナチュラル」 だからこそのクリエイティブ
先日、私の古くからの知り合いのキャスティング会社の社長さんやデザイナーさんなど、女性ばかり12名ほどが集まったある会に参加させてもらった。
みんなおしゃれで豪快で楽しい人たちばかりなのだが、その中でも私の大好きなアートディレクターの方とちょうど向かい合わせの席に座ることができた。

NYで賞を取るなど、CM業界でずっと活躍している素晴らしい才能の持ち主の女性なのだけど、仕事をしてないときはいつもなんだか自虐的でダメダメで、それがとってもおもしろく、いつも笑わせてもらっている。

鑑定を何回かさせてもらっているので、彼女が獅子座の太陽の持ち主であることは知っているのだけれど、女子会もいよいよ宴もたけなわになり、彼女はいつものようにサービス精神で自虐的にこんなことを言い始めた。


私はね、アンナチュラルな人間なんですよ。
好きな人を前にしたら、右足と右手を同時に出してしまう、そんなおかしな人間なんです。
そしてね、とっても作為的な人間でもあるんです。
いつもなんかぐちゃぐちゃ考えている。
だからね、「自然体」とか言っている人なんて、私からすると嫌味でしかないんです。


これを聞いたとき、私は一人でハッとしていた。
そうだ、そうだ、獅子座ってアンナチュラルなサインなのだ。

アンナチュラルとは、「不自然な」「わざとらしい」「気取った」という意味になる。

確かに。
私の知っている獅子座は、なんだかみんな不器用で作為的で、段取りしないとうまくできない小心者で、どうふるまったらいいかわからないから、とにかく堂々としているふりするしかなくて、だから変にわざとらしくて、でもそれがオモシロくて。

それはそうだ。
12サインで一番作為的なサインのはずなのだ。

だからこそ、宝塚スターになったりできるわけで、自然体だったらあんなド派手でまどろっこしいことなんてやりたくないし、でもだからこそ、創り出すことに意味があるわけだし、その力で人に夢やロマンを与えることができるということだ。

「あるがまま」「ぼくとつ」な牡牛座に反発すること、超えていくことで、2番目の不動サイン・獅子座というサインが成立する。
獅子座のココ・シャネルの言葉では「天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ」ではないけれど、「そこにあるもの」をどう料理するか、あるのかないのかわからない不確かな自分の能力と格闘し続けることが獅子座の仕事みたいなものだったりする。
その作業は、とても自然体などではいられない。

だから、太陽活動は自分の中のナチュラルと向き合い続ける必要がある。
どうすれば自分の「好き」を超え、もっと美しく、もっと輝かしく、もっと人が喜ぶ光を放つことができるのか。

結局、太陽を表現するということ、創作というのもそういうことなのかもしれない。
自然体で生み出したものなど何の面白みもない。
生み出すことの違和感、矛盾、葛藤などを感じながらも、自分の中の完成形を見つけていく行為。

いつまでたっても、自分を打ち出すこと、表現することに慣れないのはこういうことなのかもしれないね。
後悔、反省、内省、分析、しおれたり、恥じたり、落ち込んだり、つまり乙女座の補完がこれにあたる。

だから、表現とは飽くなき調整なのかもしれないね。
スポンサーサイト
「成功」「幸せ」「安心」のための一般化されたフォーマットなどない 
おそらく私のところだけでないと思うが、多くの人たちが新しい時代のための新しい生き方を目指し、自分でコンサルタントやセミナー講師、ワークショップやお茶会の主催などの事業を興そうと相談にやってくる。

そして、そういう人たちの多くは、集客ビジネスセミナーやら、〇〇コンサルタントという人たちにまあまあのお金を払って、ITやSNSなどの利用方法やら、HPの見せ方などを教わったりする。
または、これは昔から存在しているが、「自分を知る」という態で多額のお金を自己啓発セミナーに投資したりもしている。

これまでは「めちゃくちゃお金に余裕がある人なら、暇つぶしに自分探しを好きなだけやればいいじゃん」とのんきに傍観していたが、今は、みんなが切羽詰まって自分の未来を考えているわけで、そしてそれに対し、それも切羽詰まった業者たちがFacebookなどを使って本気で獲物を狙ってくるわけで、これは由々しき自体だなあと、なんだかひとり暗い気持ちになったりしている。

牡牛座火星の最後に、または牡牛座天王星のスタートにあたり、もう一度、自分のリソースの大切さと、そしてその扱い方を見直したいなあ、見直してほしいなあとしみじみ思う。

その際、最近のチャート分析のひとつとして、強すぎる山羊座・土星や射手座・木星が私にとって懸念材料になっている。

社会的報酬の天体と言われている木星(そういう読み方するから、多くの人たちが木星に踊らされちゃうのだけど)が一般的な成功や幸福のイメージをつくり、土星がそれに沿ったフォーマットなり、メソッドなりを構築し、それを一般論として提供する。
そういった方法論が巷にあふれかえっているように見える。

○○をすれば人が集まる。
○○をしないと時代から後れをとる。
〇〇で収入をもっとアップする。
○○をすれば結婚できる。

気持ちはわかる。
彼らはプロだから、スキルはある、人が惹かれるキャッチコピーをつくるのもうまい、そして自分は広いビジネス界で迷子になりそうになっている。

けれど、私が見てきたいわゆる成功者――イチローは先日の会見で、「どこからが成功でどこからがそうじゃないかを判断できない、だから僕は成功という言葉が嫌いなんですけど」と言っていたね――は通常の方法論に甘んじることなく、自分のスタイルとペースを模索し続けている。
クイーンのボヘミアンラプソディーの完成秘話じゃないけど、むしろ周囲に「NO!」と言われたときこそチャンス、常識の突破の時期、自分の殻を破れるときなのかもしれない。

そのうえで、プロの声を聞く。
最初から手取り足取りお任せするのではなく、自分に合うサイズ、資金、価値観、スタイル、個性を十分にわかったうえで、自分にはどうしても足りない知識を補ってもらう。
一人の旅路が不安な時、サポーターや理解者として、突破口をもたらす客観的な視点として彼らの存在をうまく利用する。

「成功」「幸せ」「安心」のための一般化されたフォーマットなどない。
そういうのを求め始めたときから、不安と無個性化がはじまる。

「個」を生きる時代と言われる時だからこそ、占星術で言えば個人天体の力を強める必要がある。
最初からカッコつけることなどない。
チープでつぎはぎだらけでも、自分らしさがにじみ出ていれば、その個性を買ってくれる人は少なからずいる。
個人で少しずつ世界をつくっていくなら、まずは一歩一歩、自分のやり方で進めていくこと。
1年や2年で簡単にものにできるものは、1年や2年で時の流れの中で消滅することになる。

自分が長く付き合ってきた自分の姿で勝負できるよう、その個性が消えないやり方を模索すること。
それがわかっていれば業者に食い物にされることなく、不安を感じることなく、コツコツと歩みを進めていけることになるだろう。

そんな私もアドバイスする立場なので、それぞれのリソースを大切にしつつ、その人のやり方で進んでいけるよういいやり方はないかな、を模索中。
それはもちろん簡単ではない。
人生は日々精進ですね。
水星逆行 悲しみの、落ち込みの、失敗の体験を教訓にする
2011年3月11日から8年経った。
今でもこの時期になると、当時のことを思い出す人もいるだろう。
私もその一人だ。
「あの時、私はどうしていたのだろう。この8年で、私はどのように変わったのだろうか」と。

先日、どうしても思い出したい出来事があって古い日記をひも解いてみた。
2009年の日記だ。
そこには今と変わらない私、または今より若く、未来の可能性を信じる私がいた。
日記を読み返しながら思う。

この書かれている反省や後悔を何かしらの教訓として、学びの機会に変えることができているのだろうか。
または、当時の夢や理想から離れずに、ちゃんとここまで進んで来られたのだろうか。

人は日々の暮らしの中で目の前の出来事に追われ、様々なことを忘れ、前へ前へと歩みを早めてしまう。
それでもふと、このような天体の運行の機会をもらい、解決すべき事柄に意識を向け、思い出すべき姿勢を振り返ることができる。
これも天体の効用だ。

今日の鑑定は、こんな話がメインテーマとなった。

失敗は誰にでもある。
失敗をするのは、前に進んでいる証でもある。
でも、次に未来を計画するときには、この失敗を繰り返さないための努力と策が必要になるかもしれません。
どのようなことを教訓にすべきか、今日はそんなことも話し合ってみましょう。

もちろん、これはコンサルテーションチャートから導き出されたテーマでもあり、また水星逆行を念頭に入れた提案でもある。

魚座は、水エレメント、陰サイン。
補完関係にある地エレメント乙女座が具体的、現実的な情報を頼りに計画を立てるとしたら、魚座は月の裏側にある眠っている記憶や感情を呼び覚まし、やり残したテーマやトラウマ、夢、ビジョン、様々なイメージをつなぎ合わせ、未来のための再設計を行う。

時に過去と対峙しなければならないタイミングが来たり、センチメンタルな思い出に浸ってしまったりすることもあるかもしれないけれど、あまり水の世界に酔わないように。
見たいものを見るのが目的ではなく、柔軟サインの学びの機会として、「記憶やわきあがってくる感情を頼りに、過去からの教訓を学ぶ」という魚座のテーマから離れていかないように。

魚座の目的は、生まれ変わりのサイン・牡羊座へと向かうことである。
未来のために、私たちは何を教訓にして、何を解決していけばいいのか、それを考えるのが今は一番適した時だ。
私もこの一週間、たくさんの揺らぎと後悔があり、そしてまた気づきと学びがあり、そして未来への教訓があった。

逆行が終わるのは3/28、火星も3/30から双子座に入る。
春分を迎え、水星が活発に動くであろうその前に、後ろを振り返ったり、前に進むふりをしてみたり、思い出してみたり、忘れたふりをしてみたり、けれど思い出せる過去の記憶は、すべてみんな今の私を生きるための学びの機会であり教訓である。

悲しみの、落ち込みの、失敗の体験を教訓にし、未来をもう一度、設計し直してみたいと思う。

過去にもたくさん逆行について書いているけれど、今日はこの2つの記事を再度ご紹介。

あるものを隠し、ないものを捏造する

前に進むばかりがいいわけじゃない 水星逆行について


最近、四季図読みとか火星WSとかであんまり水星の重要性とかの話ばっかりしているから、水星のWSをやろうかなと思ったりして。
水星ってね、火星と同様、地球から見たサイクルなどの現象がオモシロイのです。

大人のための水星力アップWS!
これからの時代はね、今回の四季図を見てもね、やっぱり水星ですよねー

今夜の「平成とはどんな時代だったのか」は日食サロスサイクルの話
大阪に向かう新幹線の中。
皆さん、おはようございます!

IMG_4784.jpg

いいお天気、気持ちがいいですねー
ということで、今日も張り切って心理占星術&天体サイクルやっていきます。 

で。
久しくやっていなかったサロスサイクルの講義。
ここでやらなきゃいつやる!ということで、今夜、プラネット大学院3限目の「平成とはどのような時代だったのか」で日食&サロスサイクルの話をする予定。
かなりマニアックな、でも占星術を学ぶなら、学んでおいて決して損はないサロスサイクル。

でね。
平成30年と天体のサイクルを見てたら、当たり前なのだけど、とても2時間半で終わる内容じゃなくてね、もしかしたら四季図は来月に持ち越しかもしれないです。
その代わり、日食のサロスサイクルをやりましょう。

数年前から言われている日本における2025年問題。

団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない超・超高齢社会を迎える。
これが2025年問題ですが、その問題を考えるにも、このサロスサイクルを振り返るのはとっても大事になるはずです。

まずは山羊座天王星2度から始まった平成を振り返り、30年という年月を感じてみましょう。
時期読みパーフェクトマスター講座でもやりましたが、カーディナルクライマックスももう一度見直してみるとともに、バブル崩壊、サリン事件、ワーキングプアなど社会現象となったものもチャートとして見ていこうと思います。
そこから、「どこから来て、どこへ向かっていくのか」を考えましょう。

2019年5月1日の新天皇即位を前に、「ああなるほど、ここに向かって動いていくのか」そんなイメージが共有できればいいなと思っています。

今日のスケジュールは、
1限目:心理占星術実践読み講座 
2限目:心理占星術 マスター講座 総合読み編
3限目:平成とはどのような時代だったのか 

となっています。
詳細はこちらから
↓ ↓ ↓
3/9 大阪プラネット大学院 スケジュール

では後ほど、淀屋橋の会場でお待ちしています!

あ!そういえば、今日から火星サイクルは4番目蟹座のタームに入りますね。
3番目のタームはいかがでしたか?
新しい意識は広がりましたか?
火星チャレンジと年を取ることと大小の宇宙の話をちょっとだけ
今さらですが、今週火曜日に行った牡牛座期・火星チャレンジ!の記事。
バタバタしていたので、アップするが遅くなっちゃった。
今、思い出しても寒かった、キツかった…

【火曜日は火星チャレンジ】
奥多摩、川乗橋~百尋ノ滝~川苔山登山コースにチャレンジ!
↓ ↓
https://yamahack.com/1786

登り3時間10分、下り2時間25分というなかなかタフなコース。
山頂付近は、昨夜降った新雪がかなり積もっていて、足が取られてキツかったけれど、雪景色はドラマチックで美しく、そして山は静かで清々しかった。
出会ったおじさんに「地衣類」の魅力を教えてもらったり(本当に神秘的な世界がそこにあった!)、自然はいつでもオモシロい。

Desktop69_2019030523292106c.jpg

今、長野の美貴子さんと自然観測に関する新しいプロジェクトを進行中。
ゴールデンウイークに星々と木々というテーマで何か面白いことをやる予定。

今日は、いろいろな天体が動く前のちょっとした振り返りの話(3/5現在)。
まずは、灯台屋のもずくさんからのメールから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お正月、2度目のサタリタを迎えて、心境の変化を実感しました。
切り替わりがはっきりしていましたよ。
それで私は、2つ目の環を閉じてみて、
定年を迎えて
時代遅れの自分の自慢に聞こえる話をするおじさんたちの気持ちがわかりましたよ。

3つ目の環にはいってみて、もうあまり時間がないのだなと感じております。
死ぬまで働く、働ききるのが私の夢ですので、
長くてもあと15年か20年くらいでしょうか。

でも3つ目の環は入ってみたら広く堅固な場所でしたよ。
時間が有限なこと。
体が有限なこと。
お金が有限なこと。
実感できていいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もずくさん、いつも豊かな洞察をありがとうございます。

今日も山で話をしていた。
年を取ることは、とてもいいことだという話。

年を取ると無理や力技が通用しなくなる分、今あるものを大切に、うまく利用するしかないということになる。
どうせ私という人間はそう変えられないのだから、それなら今の自分をもっと楽しみながら、快適に生かしたほうがいい。
年を取るとそんなことを考えるようになり、そして自分を工夫して生かせるようになる。

これからどんな時代が来ようが、もずくさんが書いてくれているように、またよく講座で話をしているように、身体、時間、お金、資質といった個人の「資本」を実感し、生かしきることで、自分であることをもっと心地よく感じられるような未来を目指していければいいし、そんなお手伝いをしていきたいと思う。

今、週末の大阪の資料を用意していますが、私自身も牡牛座天王星移動とか大騒ぎしているけれど、歴史を丁寧に振り返ると、いつでもそこには必然的な変化が見えてくる。

太陽系の天体のサイクルは45億年間、その秩序を保っている。
その中で人間は翻弄されたり、エゴをむき出しにしたり、必死で生にしがみついたり、良いことをしたり、悪いことをしたり、そして、最後の最後に、どう生きるのかの最終判断に迫られる。

どのような選択をするのか。
この個々人の判断に心理占星術がきっと役立つを思う。

10歩歩いては立ち止まり、10歩歩いては立ち止まりしながら、雪山をふーふー登りながら、そんなことをぽつぽつと考えていた。

次回の火星チャレンジでは、おじさんのようにルーペを持って地衣類を観察しよう。
太陽系という大宇宙だけではなく、そんな小さな宇宙の中の生命にも耳を傾けてみよう。

いつか、みんなで登れたらいいな。
Designed by aykm.