FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【生き方・働き方】象徴たちはあなたの中で目覚めの時を待っている
週末の職業占星術パーフェクトマスター講座に参加の皆さま、おつかれさまでした!
土曜クラスのほうは驚きの展開がいくつも重なり、かなり熱が入ってしまい、なんと5時間半に及ぶ講座となりました。
が、やっぱり職業占星術2.0はなんとも言えない感動と、そして占星術というものへの畏怖の念というか、占星術の技術を使わないと間違いなくたどり着けない場所——その人の記憶、想い、願いにアクセスできるという信頼をひしと感じます。

つびーも今日、朝のやり取りの中で、

昨日の講座は、事前情報があってもなくても、その人につながる本質をどう見つけ出すか、の好例でしたね。
奥深さを知る時間になりました。

というコメントを書いていましたが、もちろん、個人天体の理解、コンジャンクション、オポジションといった生きる力の確認、マイナーアスペクト丁寧な理解、適職診断、そしてミッドポイントの可能性の発掘など、それなりの手順を踏むは必要はありますが、個人の中にあるうまく言葉にできずにいること――忘れ去られた記憶、大切な想いを拾えることを思えば、その苦労はまったく苦にならない作業、むしろそこにある可能性、能力の目覚め、萌芽の時を見守れる深い喜びがあるわけです。

そうなのです、まさに象徴たちは目覚めの時を待っている

チャートを扱っていると、そのように感じることが度々あります。
その人の核となる重要なテーマに関する象徴——昨日の例で言えば木星・土星、金星・火星のコンタクト、ノード月のカルミネート、繰り返し出てくる政治力のテーマ、コミュニケーションチャンネル、口伝・口承、物語ることへの想い――が「ここにいるよ!」と繰り返し訴えかけてくる。

昨日は、特に最後のミッドポイント分析で、「あーなるほどこれか!」という発見の喜びを体験することができました(やはり、最後の一押しというか、最後の個人の着地にミッドポイントの情報を使うのは、とても意味があるように思いますね)。

しかし、なぜ象徴たちは、つまりその人の能力や可能性は、そこにあるのにそのまま手つかずでいるのでしょうね。
日々の暮らしの忙しさのためか、ただ周囲の押し流されてしまったのか、痛みを伴う体験があったのか、その時はそれほど自分にとって重要だと思われなかったのか。

けれども長い時間をかけて、やはり人は「自分」に戻っていく。
そこにあることを知っていて、そこに戻ろうとする。

人は自分から逃れることはできないし、自分はいつも自分を裏切らず、ずっとそこにいてくれるものなのだ。

だから、ちゃんと自分の持っているものを余すところなく使いたいと思うし、使ってほしいと思う。
自分を大切に生きてほしい。

人生100年時代。
まだまだ自分を生きるチャンスはある。

レポート課題は大変ですが、それでも自分の中に言葉や知識が定着する重要なプロセスになります。
3回の参加者の適職診断を通して、皆さんの表現力、技術力がかなり上がったのを実感しました。

土曜クラスの方は、次回、いよいよモニターさんを招いての演習になります。
講座内でもお伝えしましたが、「カウンセリングの現場」というのをしっかり意識しながら、クライアントさんとのやり取り、技術の提供の仕方というのを考えていきましょう。
私ももう一度、家にあるカウンセリングの技法の本を片っ端から見直していこうと思っています。

来週から、新しく職業占星術パーフェクトマスター講座が始まります。
参加者の皆さま、新しい意識を開いていきましょう!

nico
スポンサーサイト



子育ては現在進行形 終わりがないから難しく、そして希望もある
そんなことを思った「心理占星術による子育て研究会4月期」を終えての感想。
参加者の皆さま、充実した時間をありがとうございました。

1回目を終えたとき、悶々とした気持ちがどこかにあって、なぜならそれぞれ家族というのは構成要素がまちまちで、一人っ子だったり兄弟がいたり、親と同居だったり、シングルマザーだったりするし、また置かれている環境——地域性や経済状態なども大きく違っていたりして、どこに焦点を当てて考えればいいのか、なかなか難しかったりする。

また、ただでさえ正解なんてない人生において、やれ子供の可能性をつぶすな、親の価値観を押し付けるな、子供と友達になりましょう、𠮟りすぎるなといった情報があふれにあふれていて、「子育てにおいて、占星術の技術が最も生きる法とはどういうものか」ということを考えに考えてみたのですが、この際だから原点に帰って、つべこべ言わずチャートを読んでみようということになり、今日を迎えたわけです。

ということで、2回目の今日は、参加者の「この1か月、子育てについて考えてみたこと」を発表してもらうとともに、それぞれの疑問、質問などの投げかけていただきました。
特に、Aさんの「お母さんの弱点が絶対子供に反映する」というお話し、2人の娘さんを育て上げたからこそのコメント、その他、いろいろな問題提起がありました。
皆さんの子育てにまつわる貴重な経験談、想いや感想などのおかげで、体験したことのない子育ての奥深さに触れることができています。
本当にありがたい!

まず今回から、お子さんのチャートを中心とした家族の力学のチャート読みを行ってみました。

実際、研究テーマとしてチャート読んでみると、既存の占星術の脆弱性というか、固定された象徴理解の問題点が浮き彫りになったなーという印象がありました。

子供のチャート=月=お母さんって…
そんな定義づけみたいな読み方で、本当に子どもの心に寄り添えるのだろうか
今は水星期だから水星を読む?そんな単純な読み方で子供の成長って考えられるのだろうか。

というのが正直な私の感想でした。
その辺は、わかなさんのお子さんのチャートのリーディングで説明させてもらったとおりですが、サインはちゃんとその裏を読まないと読み切れないですし、そもそも月ってなんだっけ?というところから理解していないと、違う欲求を拾ってしまうことにもなるかもしれない。
象徴は、どこまでいっても自分の読みたい意味を拾ってしまうので、そこは注意が必要ですし、落としどころを見つけないと、「〇〇座の月だから…」で片付けられてしまう。

サインの意味にあまり引っ張られず、月の受信機がどのようなテーマを拾いやすいのか、どんなことを理解してもらえると所属の安心を感じるのか、そのくらいにとどめて、太陽とのバランスのとり方を考えながら月を扱うといいかもしれません。

今回は、息子さんの個人天体5天体と、テーマに上がった天体とそれに伴うお父さん、お母さんとの天体との力学を中心に、息子さんのやる気スイッチの押し方、欲求の理解などに触れてみました。
関係性の力学は本当に発見が多いですし、子供の問題解決にも大いに役立つので、この辺の理解は今後も深めていきましょう。

今回、私がもっともこだわったのは、職業占星術にもつながる考え方ですが、弱点だと思われるところが「未来を支える力になる」だろうという点です。
たしかにデリケートであったり、不安定に働いたりするかもしれませんが、その危うさも含めて、可能性であり個性であるわけです。
個性とは資質と違って、「そこにあるもの」ではなく「育てていくもの」ですから、それが理解されるまでには時間がかかりますし、努力や苦労も必須です。
だからこそ、ロマンがあるし未来の希望がある。
だから、弱点と思えるテーマを大切に拾い、お子さんの未来の財産として大切に育てていく。
この辺は、皆さんがお母さんとして長い目でお子さんを見守りながら観察してもらえたらと思います。

子育てはたいてい獅子座の部屋・5ハウスで読まれることが多いですが、子育てはお互いの個性を出し合うクリエイティブな作業ですし、そして関係性が変わったとしても、完了することのない現在進行形なものなのかもしれません。
だから、いつでも「つくっていける」わけですから、そのサポートができるよう、いい占星術の使い方をみんなで考えていきたいですね。

研究会ですからどんな些細なことでも構いませんので、1か月間、自分なりの視点で子育てと占星術の関係について考察してみてください。

次回の研究会は、5/7(金)10:00。
内容(仮)は、
①占星術と子育ての話③
②進路選択を前にしたお子さんのチャートと家族の力学のリーディング

です。
では、よろしくお願いします!

nico
タロットは自己変容の機会を占星術は自分に返る機会を与えてくれる
昨日の生き方、働き方心理占星術研究会、1日経った今も、じわじわと面白さが体の隅々まで伝わっています。
週末の講座に参加してくれたみなさまおつかれさまでした!

土曜日のタロット講座の最中、ふと「タロットカードの学びは自己変容であり、占星術の学びは生きることそのものである」という考えが頭をよぎった。
だから、タロットを教えている(またはタロットについて考察している)と、新しい意識が目覚める感じというか、脳の細胞がいきいきしてきて、「もっとこう生きたらいいのではないか?」という錬金術的な新たなものが生まれる感じがする。
昨日、Aさんも「タロットを勉強してから刺激された感じがする」と言ってくれました。

一方、占星術は集合的意識、集合的無意識というか、自分の奥にあるものが再確認されるというか内的世界が整う感じというか、占星術を教えている(または占星術について考察している)と自分を取り戻していくプロセス、自分に返っていくプロセスというのを強く実感する。

学びというのは毎回毎回新しい発見があるものだ。

といった発見をも踏まえて、研究会の冒頭で「占星術を生きる知恵として利用していくこと、より日常的に、より人生に根づいた知識として役立てていく、そんな視点をもってチャートを読んでみてほしい」という話をしてみました。

人生100年時代を見据えて、これからを生きる私たちの人生を生きる知恵として占星術を活用する。
こんな希望に満ちた、明るい技術であったら、占星術って本当に素晴らしいですね。

昨日はそんなイメージを持ちながら、3度目のサターンリターンを迎えてなお活躍中のお三方(森浜子さん、瀧島未香さん、杵屋 響泉さん)のチャート分析をしていきました。
ネイタルチャートに示された特徴――特にいつものごとくマイナーアスペクト、ミッドポイントもユニークな発見が多かったですが、昨日は特に逆行天体、ノーアスペクトの天体が個性を際立出せているのがわかりました。

まさにいつも話題にしている、
「欠点、弱点こそが生きる力、生き続ける力になる」というのを体現してくれているようで、本当に胸が躍りました。
この辺は、次回の子育て研究会でもお伝えしていきたい内容です。

そして、私が一番の発見になったのは時期の活かし方でした。
まだ3名しかみてないのでなんとも言えませんが、人生が変わるきっかけとなる時期、これが多少でもわかったことで、ロングライフをデザインするのにめちゃくちゃ有益な視点を得られることができました。

これはですね、非常に使える知識だと思うので、再度、次回の研究会のメインテーマにしてみたいと思っています。
そうそう、研究生のみなさんにはすでにお伝えしましたが、4月から森美術館ではこんな企画展が開催されるそうです。
→→アナザーエナジー展: 挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
71歳から105歳まで、50年以上のキャリアを積んだ世界中の女性アーティスト16名の展覧会だそう。

ということで、めずらしく早出しですが、次回の「生き方、働き方心理占星術研究会4月期」は、再度、「人生100年時代の生き方、働き方を考える」というテーマでネイタルチャート分析&時期の活かし方分析をしていきましょう。

◆生き方、働き方心理占星術研究会4月期——人生100年時代の生き方、働き方を考える
日時:4/28(日)14:00
内容:105歳 89歳で初めて作品を販売したキューバ出身のアーティスト・カルメンヘレナ(106歳)他
    葛藤の人生を乗り越え、自分らしく生きる女性たちのチャート分析と時期の活用法を考えてみましょう。
    各象徴の生き方、働き方のテーマを整理


研究生の方たちも、ここにきてかなり実力をつけてきたので頼もしい限り。
次回もどうぞよろしくお願いします!
私的木星トランジットの利用法 自他ともに成長する機会をつくる
学びは、贈与=みんなが利用可能な価値することでさらに磨かれる。
インタラクティブな流れをつくれば、お互いが向上し合える。
だから、レポートも発言も、自分の学びのためじゃなく、みんなのために自分の中にあるものを出してほしい。
そうすると、お互いがいい刺激を受け合える。

って話を、最近、どの講座の冒頭でもお話ししている。
だから、生徒さんたちは耳タコですね。

最近、生徒さんを差し置いて講座を楽しみすぎてる気がしているのですが、仕事全般をこんふうに楽めるようになったのは双子座期火星ワークショップをやった後からかなー

昨日、Tさんから感想をいただいたのですが、

先日の火星ワークショップ双子座編のときに先生がおっしゃっていた「風は否定されてこそ」という言葉が私にはすごく沁みました。外向きの活動をするときに他者に否定されることを過度に怖がる必要なんてなくて、むしろ否定されて当然ぐらいの感覚を持てばいいんだと思うとちょっと動きやすくなるような気がして嬉しくなりました。

もちろん今までも十分楽しんでいたのですが、
自分自身、そうか、そうだだった、私はこれまでもたくさんのインタラクティブな刺激のおかげで、たくさんの知識や考え方を手にすることができてきたなー
私が伝えたことに人ぞれぞれの意見や考え方があり、思ってもみない方向から球が返ってきたり、投げた球を痛快にホームランを打たれたり、そのおかげで考えるヒント、書き換えのアイデアをたくさんもらたったり、私が先人から学んだ知識が役に立つだけじゃなく、皆さんのこれまで生きてきた中で生まれた知識にも価値がある。

ZOOMなどのオンライン講座はどうしても一方通行になってしまいますが、できる限り双方通行の講座、勉強会、研究会を目指してやっていきたいと思っているのはそういうことで、どうせ象徴には正解がないのですから、今、私たちが一番しっくりくる考え方なり、言語なりを、今ここで一緒につくっていくこと、お互いがお互いの強みを出し合って――私の強みは構造理解と人文系の知識、それを体系化することかな――、よりよい知恵の世界を築いていけたらいいなと思っています。

立ち上げたばかりの研究会では、それが生かせていて本当にワクワクしていますし、また最近スタートしたいくつかの実践読み講座でも、皆さんほんとうに勉強熱心で、たくさん質問もいただき、たくさんアイデアもいただき大いに刺激を受けています。

で、いつもライティング講座とかでお話ししているのかな、
私は、例にもれず木星でビジョンを描きながら計画を立てているのですが実際、陽サインの木星のステップを利用してここまでやってきました。

ちなみに木星のトランジットの意味は、「未来の可能性を広げるための成長の機会をつくる」という意味が一般的ですが、ここにあえて加えるとしたら、木星は”私”だけの視点を持つより、”みんな”と一緒に成長するイメージを持つほうがうまくいきます。
私も成長できるけれど、チーム全体、会社全体、業界全体がよくなるイメージを持つと、より楽しく、よりユニークなチャレンジが可能です。
講座でもお伝えしていますが、個人天体を超えたら、どれだけエゴを手放したイメージを持てるかが大事です。

では、私的にどのように成長してきたかというと…

2013年双子座木星のときに、アネモネの会というのを立ち上げました。
占星術勉強している人って、良くも悪くも人生の出来事をすべて星の運行のせいにしたり、ネイタルチャートの配置のせいにしたりして、太陽系という大きなものを扱っていながら、視野が狭くなりやすいなーと思っていたので、占星術の学びの延長で、占星術とまったく関係ないことを遊んだり、試したりしてみたとき、どんな相乗効果が生まれるか、そんな実験的な会をやってみたいなーと思って立ち上げたのですが、あれ本当に楽しかったですね。
ガムラン弾いたり、砂絵マンダラやったり、オイリュトミーもやりましたね、みねこさんには若草物語のワークショップをやってもらいました。
ただ楽しく遊ぶだけなのですが、頭を柔らかくするのが目的ですから、まあ楽しくてよかった。

で、獅子座木星のときには、古い一軒家を貸し切って、みんなのクリエイティビティを寄せ集めたイベントを大々的に行いました。
3日間、物販やらワークショップやらをギューッとつめた会であれはあれで楽しかったですね。
皆さんの持っている価値がいろいろなかたちで開花していくのを目の当たりにできて幸せな時を過ごしました。

2017年の天秤座木星で、火星サイクルシート!を公開!
世界初のなんだかよくわからない、持ち運びにくいA3サイズの火星サイクルシートなるものを発表したい!と宣言し、チームのみんなをあたふたさせました。
プロジェクトチームの存在がどれだけ有難かったことか!

2019年の射手座木星は、A3判のファイルされたシートから火星サイクル手帳を作成!
たくさんの方の手に渡り、身が引き締まる思いがしたのを覚えています。

そして、2021年の水瓶座木星は、念願の心理占星術研究生制度を設立!
知識を共に作り出すため、未来の価値づくりのため、職業占星術パーフェクトマスター講座を卒業した生徒さんたちと研究の機会を設けることになりました。
生き方、働き方をテーマに、これからを生きる人たちのための職業研究やデータベースづくりをし、それを多くの人に役立つものへとイノベーションしよう!というのが研究会の主旨。
おー!
ここまで成長のステップを重ねてきましたが、まあまあ根気強く生徒さんを育ててきたのはこのためだったのかー

ということで、木星の陽サインのトランジットは、このようにして外向きの成長を重ね、自他ともに成長する機会として利用することができるというわけです。

もうわかると思いますが、陰サインの木星の時は外に向いていたベクトルが内向きになり、内的成長を目指し、せっせと一に反省、二に反省を繰り返し、また技術や知識の鍛錬に勤しみ、次の陽サインに備えてできる準備をするということになります。
外向きに頑張れば頑張るほど失望することも増え、理解されなかった孤独に襲われたりすることもありますが、それもまた人生=木星。
そのがっかりを乗り越えるために、こそっと内向きに頑張るのがコツ。
そうすると次の飛躍のための体幹が鍛えられ、また新たなジャンプが生まれるわけです。
つまり、木星のトランジットは挫折は”込み”です。

木星は、基本的に陽サインから始めるのが通常(射手座=陽から魚座=陰のイメージ)なので、せっかくだから水瓶座からトライしてみましょう。
全体の「よりよく」という善なる意識を携えて、自他ともに成長する利益のための挑戦なら、きっと木星は喜んでサポートしてくれるはずです。

思い立ったが吉日。
皆さんのよい木星トランジットを応援しています。

nico
象徴のとらえ方、ホロスコープの使い方を変えれば、人生が変わる
職業占星術をやっていると、ホロスコープの象徴の美しさに興奮してしまうことがある。
いや、ホロスコープの美しさではなくて、ホロスコープに表示された象徴の使い方の美しさに触れたときというほうが正しいか。

金曜日の職業占星術では、皆さんが課題で取り上げてくれた著名人のマイナーアスペクト&ミッドポイントから、その美しき使い方、しいては能力活かし方、生き方を考えるというのをやりましたが、これほんと癖になる面白さですよね。
あんまり私が盛り上がるから、生徒さんにツッコミが入るほどですが、でもこんなふうに才能が輝くのか!というを知ると、占星術っていいものだなって素直に思うわけです。

私は山羊座だから…
私は柔軟サインが強いから…
私はTスクエアがあるから…
火星が逆行してるから…

ホロスコープの天体配置の言い訳をいとも簡単に覆し、むしろ、あらゆる天体配置の困難さを感動なまでに才能へと昇華されるのを見るにつけ、これぞ占星術の面白さなのだ!と毎回思うわけです。
とくに、マイナーアスペクトとミッドポイントは胸キュンものですね(ここまでいくとオタクですが…)。

Dさんが、千住博の言葉を上げつつ言語がしてくれた太陽・冥王星の135度の解説
・太陽冥王星135°→無力感を持っていたが、根源から向き合い自らの表現方法にたどり着く。
自分の限界をたびたび思い知らされたが、自分の過信を正し、本当の実力が如何ほどかを認め、正面からこれに立ち向かうことで打ち克った。

太陽・冥王星は、むしろ己の太陽系の限界の中で、改め太陽の力を認めること。
それが太陽のクリエイティビティにつながるのだということを、一人の芸術家を通して教えてもらうわけです。

または藤井聡太の非常にタイトな月=水星/金星のミッドポイント。
彼の内的世界がどれだけ豊かでユニークなことか!

もう一つの職業占星術クラスでは、3回にかけて参加者の方々の職業占星術分析のリーディング演習をしていますが、そこに才能がある、そこにあるのだけれど、才能がネガティブな表現として受け止められてしまっている、それを実感してもらうために、どのようにセッションの作っていけばいいかという練習の繰り返しをしています。

昨日、3名の方のリーディングをしましたが、改めて才能=欲求であることを実際のやり取りを通してみることができました。
そして、もっと言うと、人生において否定的に感じられているテーマ(コンプレックス、劣等感、痛み、不安)の中にこそ、強い欲求があり、そして才能と可能性があるということがわかりました。

ということは、ホロスコープのいわゆる「ハード」と解釈されている象徴を能力&欲求としてとらえ直し、生かしていくことができたら、人生の喜び、自分を生きることの喜びが増えるということになるわけです。

生き方、働き方の研究会が始まりましたが、ホロスコープの象徴をマイナスからプラスへと変換する方法、セッションの中で実感してもらう方法なども考えてみましょうか。

今、私の職業占星術講座を受講してくれている皆さま。
ぜひ、もう一度、自分のホロスコープと向き合い、ホロスコープに示されているすべての象徴をネガティブなテーマをどのような物語に変換したら、自分の人生に新しい意識をもたらすことができるか、どのような体験をすれば、千住博のような言葉を自分なりに引き出せるか、次回の講座では、そんなことも話し合ってみましょう。

ホロスコープは丁寧に丁寧に読めば、そして人生は丁寧に丁寧に生き直せば、どんどん自分の「本来」へとちかづいていけるはずです。
ぜひ、この技術を洗練させて、自分にも人にも役立つものにしていきましょう!
また来月楽しみにしています!

せっかくだから、千住博の代表作「ウォーターフォール」

2012_monthly.jpg

nico
Designed by aykm.