FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
時々は空を見上げ、そこで感じた実感を象徴解釈に加えるのも…
一昨日、大雨が降ったからだろうか。
昨夜は夜空が本当にきれいだった。
オイリュトミーのレッスンの帰り、みんなでうっとり夜空に輝く月や星を眺めながら歩いていたのだけれど、美しい星空を見ていると、「星にかかわる仕事をしていていてよかった」としみじみ思う。

よく講座で「空を見上げて、実際の星々を観察してアスペクトのオーブを体験してみよう!」という話をするのだけど、昨夜から今朝にかけて月と木星が合となる絶好のタイミングだったので、空でオーブを実感した人もいたのではないでしょうか。

こちらは、昨夜23時10分の月と木星が並んでいる夜空の写真。
スマホでの撮影なのでかなりぼけた写真ですが、さて、こちらはオーブ何度くらいだと思いますか?

IMG_0007.jpg

以下がこのタイミングで作ったトランジットチャート。
答えは、オーブ2度でした。

Image-1_20190617164955f76.jpg

チャートだけみると、カルミネートされた月・木星の配置に大騒ぎして、やれチャレンジだ冒険だ、理想を持って未来を描きましょうなどと大げさなことを言ってしまいそうですが、夜深な空に輝く星々はとても静かで厳かで、なにかむしろタロットの9番目のカード「隠者」のような胸に秘めた、つつましい夢がひっそりと心に広がるようだった。

自分に対する戒めとして、やはり時々はこうして空を見上げ、そこで感じた実感を――たとえ典型的な象徴やチャート解釈から離れてしまったとしても――、自分自身の「今」がとらえた実感をチャートの解釈に加えてみるのもいいかもしれないと思った。

今、「植物観測&象徴の書き換え」なる活動をしていますが、チャート解釈も空を眺めながらやってみるのも面白いなあと思ったりして。
ビジュアルアストロロジーと言われた古代の占星術に倣って。

ということで、今日は満月だけど、私には昨日のビジュアルですっかりお腹いっぱいなので、今夜は昨夜見た月・木星のイメージとともに、静かにみらいのイメージに思いをはせてみようと思う。
スポンサーサイト
個人が個人らしく生きるためのプロセスとして対人関係を学ぶ
どしゃぶりの雨の陽気から一転、さわやかな風が抜ける気持ちのいい天気。
猫たちだけじゃなく、大きなアゲハチョウやミツバチがやってきたりと、晴れの日はベランダにいろいろな生き物が集まる。

Desktop89.jpg

昨日は、実践読み講座のフィナーレを飾る講義となる「関係性の力学」。
個人の持っているテーマと相手が持っているテーマがバッティングしたときの解決方法、またはよりよい関係になっていくためのマッチングの在り方、そういったことをカップル、夫婦、親子、仕事仲間などのチャートを通して学んでいく。

対人関係の問題は心理占星術を学ぶ上でのの重要なテーマとなるわけだし、個人セッションでも求められる重要な技術の一つであるから、ここはやはり気合が入る。
個人が成長していくため、個人がより個性化を目指し成長していくためには、対人関係で遭遇する刺激や痛み、諸問題と向き合い、解決し、乗り越えていくことがとても重要となる。

いわゆる天秤座=7ハウス~蠍座=8ハウスのバイアコンバスタのプロセスを避けて通ると、個人は「個性化――自分らしい生き方を手にし、その個性で社会に貢献する」までたどり着くことなく、悶々とした人生を送ることになる。

もちろんこれは、対人関係に失敗したから、誰かとの関係がうまくいかなかったから、いじめにあったから、大きな離別をしたから、だから個性化までたどり着けなかったということではない。

社会化を目指した時、人との関わり、社会とのかかわりの中で挫折した心のテーマを乗り越えられないままにしていると、結果、射手座的な大きなチャレンジ、大きな飛躍、自分にしかできない自分のための挑戦ができないということだ。

射手座=9ハウス的な飛躍は、心にわだかまりがあるうちはどうしてもできない。
だから、しがらみなり、心の問題なりを解決しておく必要があるわけだけど、それに気づくきっかけとして、対人関係というのは、とても素晴らしい機会となるということだ。

だから、人と仲良くしましょうとか、人と幸せに生きましょうということを目指し、心理占星術の対人関係メソッドを学ぶわけではない。
個人が個人らしく生きるためのプロセスとして、この問題にしっかりと向き合いましょうということだ。

けれど、対人関係を整えるメリットはそれだけではない。
いつも火星WSで話しているように、一人では足りない「力」「想い」「価値」そういったものを他者から受け取ること、または自分の「力」「想い」「価値」を提供することといったエネルギーの循環、価値の洗練は、個性化にとっての重要なプロセスにもなる。

とにもかくにも、このプロセスはいつでも期待以上の成長力をもたらされるのだ。

そんな観点で、対人関係メソッドももう少ししっかり学んでいきたいなあと思っていたところ、生徒さんのほうから、「最後までしっかり学びたいので、もし足りないときは補講をお願いします!」という要望が!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
走行距離が長くてくじけそうでしたけど
やっぱり完走して、やりきったぞゴールしたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それならば最後までしっかり頑張りましょう!

今日もこれから実践読み講座。
今日は、皆さんのチャートを使っての時期読みになります。
意思と環境と時、この3つが合致するタイミングを見つける練習をしていきます!

それでは皆さん、後ほどよろしくお願いします!

nico

火星は課題を拾い上げながら、未来へと続く道を見つようとする
まずは、火星手帳の感想から。
札幌のAさんから、うれしい感想をいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は六月になってから火星手帳の凄さ素敵さがわかってきました。
そう思ったのは火星手帳の使い方動画を見て、手帳の蟹座期を読んで…
心の揺れや気分の落ち込みがあっても落ち込む途端やる気がなくなっても… 心が反応しても良かったんだと安心しました。
それで火星手帳を牡羊座さんから読みなおしです。
なんせ私は自分を肯定する力がないとずっと思っていて、頑張れば頑張ったぶん 淋しさを感じ、落ち込み罪悪感をもつんです。
そうなると何も手付かず 何かに反応することから逃げたくなります。
でもそんなとき心に落とし込めれば、"そうきたかぁ~ “と今を楽しめそうなんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うれしい感想ありがとうございます!
Aさんの頑張りは、いつも私の刺激になっています!

エッセンシャルディグニティ(天体の品位、性質)的にはフォール(-4)である蟹座の火星、いい感じでムードスウィングしていますね。
今回は、四季図読みでも紹介したように、4つの季節図のすべてに火星と冥王星のアスペクトが形成されるということもあり、また、すべての火星は陰サイン(春分:牡牛 夏至:蟹座 秋分:乙女座 冬至:蠍座)ということもあり、火星はより月のテーマを拾い上げる傾向がうかがえるわけです。

火星は蠍座の支配星でもあることから、火星は月のテーマと常に連動しながら動いているわけですが、そのため火星は感情に左右されやすくなってしまうわけですが、それが必要なときもあれば、それがtoo muchになってしまうこともあるわけです。

月=心=身体の浄化、コンディションを整えるためには、間違いなく火星が必要になります。
月だけでは浄化できない心の底にたまった”澱(オリ)”を、火星の手を借りて時々を取り除く、それが今回の蟹座の火星の重要なテーマの一つなのです。
人間はとっても愚かなので、時に荒療治と思えるようなやり方、痛みやストレスをもとなったやり方で心身に警告を出すこともあるかもしれません。
それくらいしないと、SOSに気づかないこともあるのです。

けれど、心にばかりエネルギーを使っている場合じゃありません。
メランコリーにとらわれてしまうと、火星の力の半分を失ってしまうことになります。

今日、火星は土星とタイトなオポジションになります。
心の不安は、今の自分自身の課題です。
解決すべき課題が見つかったのなら、そろそろ浮上のタイミングとなります。

あさって6/16(日)から火星は21度~25度の第5タームへと移動。
蟹座=月から、獅子座=太陽のタームへと移っていきます。

Aさんが書いてくれているように、「"そうきたかぁ~ “と今を楽しめそうなんです」を心がけ、自分なりの挑戦へと歩みを進めてみることができるといいですね。

私も自分なりの課題と目標が見えたのでそろそろ浮上。
獅子座期に向けた準備を始めていこうっと。

今日はこれから「第2回 火星サイクル手帳サポーターズインタビュー」。
どんな話が聞けるのかとっても楽しみ。

では!

いいもの教えてもらえた! 身につけた技術は宝物として大切に
本日、第2日曜・大阪ホラリー&コンサルテーションチャート講座の最終回が無事終了。

最後は、ネイタルチャート、コンサルテーションチャート、セカンダリープログレッションチャート、ソーラーアークチャートの4つのチャートを使った総合読みを練習してフィナーレを迎えました。

4枚のどのチャートを見ても同じテーマが繰り返されていく。
チャートの中の解決すべきテーマが次から次に裏づけされていく、そんなシンクロニシティの面白さをたっぷり学んでいただくことができたかなと思います。

参加者のKさんが講座終わりに

「いいものを教えたもらえた!」とおっしゃってくれたのが印象的でした。
ほんとにね、身につけておいて損はない、とても使える技術。
身につけた技術は、宝物として大切に育み、自分の強みにしていただけたらうれしいです。
あとは時々勉強会等で復習をしながら、せっかく身につけた技術を忘れないように、しっかりブラッシュアップしていきましょう。

ということで、大阪で新しいホラリー&コンサルテーションチャート講座が始まったりと、名古屋、大阪とホラリー&コンサルテーションチャートが盛り上がっています。

昨日の3限目の勉強会でも、「彼との関係は?」「彼女は自分をどう思っている?」といった問いにもホラリー&コンサルテーションチャートが大活躍!
こんなふうに擬人化させて読んでいくんだー、こんなふうに対策や解決策を導き出していくんだーと恋愛相談に関する様々なテーマに挑戦していきました。

ルミネさんのズバズバと切り込んでいく現場読みも参考になりましたね。
心理占星術的な対話形式の現場ともまた違う、迫力のある電話鑑定の様子。
力強いリーディングもまた学ばせていただきましょう。
ルミネさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

今回も新しい方、懐かしい人、そしてうれしいビッ―――――グニュ―――――――ス!!もあり、楽しい時間を皆さんと過ごすことができました。

皆さんの読み、まだ少し不安定なところがあるのが判明したので、次回の3限目もホラリー&コンサルテーションチャートの勉強会をしていこうかな。

7/13(土)17:30~の3限目は、
第1部:夏至図読み&蟹座から獅子座への新月読み
第2部:ホラリー&コンサルテーションチャートの見直し

こんな感じで進めていく予定です。

今、札幌の皆さんとも遠隔ホラリー&コンサルテーションチャート勉強会を画策中ですし、いつかみんなでホラリー&コンサルテーションチャート大会、優勝賞品熱海旅行!みたいなのもやってみたいなあ。

そうそう。
まだ未定ですが、7/14(日)は岡崎さんによる仏閣めぐりを予定しています。
お時間ある方はぜひご一緒しましょう。

ということで、楽しい関西方面の巡業のたびも無事終了。
さすがにしゃべりすぎたので、風エレメントの私は蟹座=月の甲羅の中に戻るため、寡黙な地エレメントの世界に戻っていきます。
ふふふ。
例の太陽の話も面白かったですね。
あれ、また見直しとしてやっていきましょうね。

では、また来月元気にお会いしましょう!!

nico
良いも悪いもなく、あるべくしてそこにある。
この季節になると、2016年6月20日のトスカーナのタロットガーデンに行ったことを思い出す。
日が長くなり、夕暮れが気持ちいい季節は、あの丘に並ぶタロットのモチーフの造形たちが心から懐かしい。

Desktop88.jpg

先日、集中してタロット講座をやったからだろうか。
タロットカードのモチーフが生き生きとイメージの中を駆けめぐっている。

そして、タロットガーデンの丘に建つの「ⅩⅧ 月」のモニュメントの横でトスカーナの風景を眺めていた時、ふと今日のテーマである「物事には良いも悪いもないのだな。成長のプロセスとしてあるべくしてそこにあるのだな」そんなことを考えたことを思い出す。

タロットガーデンに並ぶ「0 The Fool 愚者」から「ⅩⅩ The World」までの22個の作品たちは、どれも必要なものとして、またはある役割を担うためにそこに在していて、その全体が「世界」だということを教えてくれる。
どれがかけても完成しないものである。

太陽系ももちろんそうだ。
46億年、ただ宇宙の秩序として、また各々大きさや質量、周期といった個性を持ちながらそこに存在している。

「おっ!これは女帝だな」「これは天王星だな」というように、つまり人生の様々なシーンで、タロットのモチーフたちの、または太陽系の星々たちの、その個性を体験しているということになる。

私たちの中に完璧な状態で存在しているはずの22個のタロットモチーフ、10天体をどのように利用していくか。
私たちは今、それを学んでいるのだ。

タロットガーデンは本当にステキなところなのだけど、とにかくアクセスが悪い。
いろんな人に、次に行くときは一緒に行きましょう!と声をかけているのだけど、そろそろ本気で円谷企画にツアーを組んでもらおうかしら。

Designed by aykm.