FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
荒魂 まどろまず 大き月 満ちて 照りぬ
きのうは満月だったが、スーパームーンということもあり、たくさんの人が空を眺めたかもしれない。
満月図もインパクトがあり、それぞれが自分の月に触れる体験があっただろう。

大阪実践読み講座の課題を送ってくれたNさんから、こんなメールをもらった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校休校で子どもがずっと家にいるので、なかなかまとまって集中できる時間がとれず大変なのですが、家族が寝静まった深夜にチャートと向き合ってレポートを書いていると、頭は煮えそうになっているけれど、心はとても癒される感覚で、なんだか不思議でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
占星術では、よく月について「私を大切にする」「私を取り戻そう」というようなことが言われるが、太陽が「意識」だとしたら、月は「意識下」または「忘我」、つまり自分を手放し、自分から解放されることでもあるかもしれない。

そう考えると、Nさんのメールにあるように、またはバートランド・ラッセルが言っているように「自己没頭(自己憐憫、妄想)をやめ、外に目を向けること」でもっと自分を自由にすることができる。
環境のせいにして「できない」と嘆くのではなく、自分にできる範囲で外のものに心を注ぐことができれば、もっと自分を大切にすることができると言えるのではないか。

満月チャートとともに、そのようなことを考えてみた。

週末講座、続々とレポートが届いています。
このような時期に学んだこと、殺伐とした日常から離れ、自分の興味に深く触れるような体験をしたものは、決して自分から離れることはない、陰=身につくは、このようにして可能になるのかもしれません。

しかし、昨日の月、少しもロマンチックなものに見えなかったのは私だけかしら。
むしろ、北原白秋の「狼」という詩を思い出したりして。

荒魂(あらみたま)
まどろまず
大き月
満ちて、照りぬ

(中略)

直向(ただむか)ふ
月にのみ
耳は裂け
地に喚(おら)べば

雪かとも
身は白し
大口(おおぐち)の
真神(まがみ)、狼(おおかみ)

世界中の魂が狼のように荒ぶり、月に向かって吠えている。
それはまるで真神の導きのようではないか?

おおぐちのかみ=おおかみ(つまり、おおかみとは、「大神」と語源を同じくする。)
真神=狼とは、「まことの神」「正しい神」のこと
白い狼が表れ道案内をして、無事、日本武尊軍を導いたという神話、また人間の性質を見分ける力を持ち、善人を守護、悪人を罰するという言い伝えが残っている(18番目のタロットカード「月」も、狼が月に向かって吠えている)。

狼は、私たちをどこに導こうとしているのだろうか。
どんな狼の叫びが聞こえるのだろうか。
自分から離れ、ただ月にのみ向かったとき、神の導きのように進むべき道が見え、聞くべき声が聞こるのかもしれない。

明日は、名古屋の方たちと初のオンラインによる実践読み講座。
仲良しチーム、みんなそろっての開講、うれしいですねー
明日、元気でお会いしましょう!!!

nico
スポンサーサイト



Think!Think! 考えをめぐらせ、創意工夫で乗り切らなくちゃ
実は、私は小さいころからグズで、幼稚園、小学生と支度をするのもお弁当を食べ終わるのもいつもビリ。
おもちゃやブランコの争奪戦も、いつも戦わずして敗北。
だから、知らず知らずのうちに人とは違う遊びや楽しみを見つけるようになっていった。
これが私の最初の創意工夫かもしれない。

今日、小池百合子都知事が14時からの会見で「飲食店は、テイクアウトや出前といった工夫をしていただいて、この状況を乗り越えていただきたい」ということを言っていた。

補償はないのか!
自粛自粛と言うなら、それなりのことを国も考えろ!

とかいう気持ちもなくはないけれど、今回は「誰かに何とかしてもらう」といった他力に頼るだけで状況を乗り切れるほど甘くないような気がしている。
現金給付といった支援が広く行き渡ることは必須だけれども、それと同時に自分の身を守る努力として、というかポジティブな「陽=太陽」の力として、「創意工夫」をしていくのは大事なことだと思う。

最近、「コロナ疲れ」とか「心の健康を守ろう」という言葉を目にすることが多いが、心理占星術的にというか、私の考えでは、「月」を守るのはとっても大事なことで、自分はどうすれば癒されのか、どうすれば安心を確保できるのかを知っておくのは必要なことではあるけれど、あんまり月=陰に加担してしまうと陽の力が弱体化するというか、恐れや不安が増し、気持ちに左右されやすくなってしまうだろうと考えている。

ユングの4つのタイプ論では、思考(風)タイプと感情(水)タイプは対極にあるものなので、感情にエネルギーが偏っているときは思考はうまく働かない。
ということは、思考を働かせることによって、感情に流されない状態をつくることができるということになる。

風エレメントは、陽サイン。
つまり、思考、理性、意識を働かせることは、陽エネルギーを活発にするということだ。

そして、創意工夫とは、まさに知性をつかさどる風エレメントの能力である。

創意工夫:今までになかった新しい考え方や方法を見つけ出すこと
       他の誰も思いつかないようなことを生み出すべく、考えをめぐらせること。
       独創的なアイディアを生み出すこと

月=陰=感情のエネルギーを少し抑えて、明るい未来に意識を向けること。
頭の中が風通しの悪い密閉空間にならないよう、考えを自由にめぐらせること。
収束をじっと待つだけではなく、できる限り、理性と創意工夫の力を働かせてみること。

明日4/4(土)17:30は、水瓶座火星のワークショップです。
今回は、初めてZOOM&動画配信のみの開催となりました。
現地でお会いできないのはさみしいですが、生き残りのための「風エレメント・水瓶座」についてしっかり考えていきましょう。

今週末の基礎講座、実践読み講座、また来週末の名古屋、大阪もZOOMでの開催を予定しています。

ほとんどの方から、ZOOMでの開催を快諾していただき、私もようやく少しホッとしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
環境に適応できる種が生き残る、という事でzoomを初体験してみます。
私は独身のまま死にたくないし笑、
健康で、生き残りたいです(いろんな意味で)!生き残りましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Nさんからは、こんな文言のメールをもらいました!
おー!元気が出ますね!

環境適応も水星=風エレメント的要素ですね。

そういえば、アレサ・フランクリンが「Think」という曲を歌っていましたね。
Think♪ Think♪ フリーダーム♪


こんなときこそ遠くの天体の声に耳を澄ませてみると…
昨日、ニコプラネットに掲載している「赤ペン12サイン占い」の次回の担当をお知らせするメールの中でこんな文章を書いたら、それを受けて、まさこさんがコメントを寄せてくれた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなときこそ12サイン占い!
今、いろいろな制限がある中で、少しでも読んでくれている人たちの心の支えや希望、生き方のヒントになるようなテキスト、今回はそんなことを意識して書いてもらえたらと思います。
あまり時事的なことを意識せず、純粋に、それぞれのサインは何を求めているのか、そんなことを書いてみてください。

不安もありますが、そんなときこそ遠くの天体の声に耳を澄ませてみる。
そんなテキストをお待ちしています!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々変わる状況に戸惑っていました
私なりに2020年へのイメージを持っていましたが
目の前の現実に、何を伝えたらいいんだろう…と言葉を浮かべては消して。

そんなことをしていましたが
先生のメール『そんなときこそ遠くの天体の声に耳を澄ませてみる』

そうだ!
星のメッセージを受け取りたくて占星術をはじめたんだ
ということを思いだしました
ちょっとスッキリ

あらためて「天体と心の声に耳を澄ませて」みたいと思います
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々、刻々と様変わりする状況を前にすると、どうしても視野が小さくなってしまう。
天体の配置を読んでも、より現実的な視点、現実的な情報へと意識が向いていく。

気がつくと書いた内容も妙に所帯じみているというか、

手を洗いましょう
買いだめはやめましょう
免疫力をつけましょう
身近な人に感謝の気持ちを伝えましょう

とか言いたくなる自分に驚く。
せっかく遠いものを扱っているのだから、もう少しだけ視点を自由にしてもいいのにねー
そんな気持ちを込めて、12サイン占いの担当の方に、そんなメールを書きました。

大事なことは専門家が伝えてくれるし、余計なことを言ってデマの片棒を担ぎたくないし、だったら占星術を学んでいる人ならではのダイナミックな、またはロマンのある声を届けられるといいのかな(どうせ私たちは夢想家ですから)。

もしかしたら、そんな視点こそが、何か新しい考え方の突破口になるかもしれない。
目の前のせせこましたことはどうでもいいじゃないかと。
人類は、こんな危機は幾度となく乗り越えてきたと。

そもそも富裕層主導のおかしな経済システムは、コロナがなくても頭打ちだったはずだし、それは7年サイクルで上がったり下がったりする木星の運行を考えればそうで、だから、また、いや今度こそ、格差のない社会に向かっていくチャンスなのかもしれないし、あやうく○○ミクスとかで夢を見させられそうになった人もいたかもしれないけれど、今回ばかりは本気で目を覚まして、おかしな経済にあやからず、ちゃんと生きていく、自分のサイズでちゃんと生きていくチャンスなのだと、山羊座冥王星、牡牛座天王星、水瓶座土星、魚座海王星は教えようとしてくれているのではないか??

だから、星を読むことを学んでいる私たちは「不安」ではなく、すべてが「本来」に、あるべきところに落ち着こうとしているように感じるはずではないか?

土星は山羊座、水瓶座に。
海王星は魚座に。
そして、やがて木星は魚座に。

元に戻るということは、おかしなものは正されるということだから、まあ政治家や富裕層の思惑通りにいかなくなるのは当然で、それに乗っかろうとした人たちも共倒れになりつつあり、真面目に生きていた人たちも煽りを食らうこともあるかもしれないけれど、つまらないものに気を遣う必要はもうなくなり、あとは「生き抜くこと」に集中すればいいということになる。

もちろん、私たちは今を生きる人に届く言葉を使わなければいけないのだけど、こんなときこそ遠くの天体の声に耳を澄ませてみると…もしかしたら、少し違う音色が聞こえてくるかもしれない。

赤ペン牡牛座期。
世の中はまだ落ち着かないかもしれませんが、皆さんの占星術家としての聴覚を駆使して、彼らの声を拾ってみてほしいなと思っています。

まさこさんのテキスト、楽しみにしています。

nico
【水瓶座火星土星】長期戦を見込み、覚悟を決めアセスメントする
志村けんが亡くなったというニュースが入ってきた。
昭和のドリフ世代としては、ちびっこの頃、たくさん笑わせてもらった記憶がよみがえる。
クラスメートの男の子たちも、いつも物まねしてたっけ。
人の死は、やはりとても悲しいものだ。

地方の生徒さんとのやり取りをしていると「こちらは、いつもと変わらずのんびりしていますよー」という声があちこちから聞こえてくるが、東京(しかも原宿あたり)に住んでいるからだろうか、それとも私の思い込みなのだろうか、緊張と不安を空気の中にひしと感じる。

毎日、ブログを書こうとするたびに新しい情報が飛び込んでくる。
今、何が起こっていて、何を伝えるべきなのだろう
仕事の方向性はどうしていこうか
講座やワークショップ、新しい火星手帳のテキスト内容はどうしようか
そういったイメージをつかもうとするたびに、予想もつかないニュースが毎時毎時更新され、道に迷ったような気持ちになる。

もうわかった。
さすがに、いよいよ理解した。
これは1、2週間の短期戦で片づけられる問題ではないのだということが理解できた。
欧米の人が口々に「まるで戦渦にいるようだ」と言っているように、確かにこれは一人一人が社会にコミットし協力していかないとさすがに勝てない戦いなのかもしれないと、ようやく腹を据える覚悟を決めることにした。

明日、水瓶座0度で形成される火星・土星のコンジャンクションを前に、改めて「社会全体の脅威と戦う覚悟」のようなものを実感せざるを得ない感じがしている。

11_20200330123323b7d.jpgこれは、11番目のタロットカード。
柱=不動サイン、ソード=風エレメント、天秤=客観性と、私はこれに水瓶座に必要なテーマを見ている。

水瓶座は、ある意味、厳しいサインだ。
客観性と全体性を持ち合わせたサインであり、社会的事実を突きつけ問題を提起するサインである。
そしてまた、多くの人たちの考えや意見を拾い集める「代弁者」としての役割を担っている。
皆が思っていても口にできないこと、それを言うことがはばかれることを勇気を持って口にする。
まるで裸の王さまに、「王さま、裸じゃん!」と叫ぶ子供のように。

つまり、私たちは今、自分の中にあった事実を口に出す必要に迫られているのかもしれない。
未知の経験を前に、失敗を恐れることなく、それぞれの立場において率直な意見を述べ、議論する場が必要になる。
そして、その時に合った正しい意見が素早く採用されなければならない。

そろそろ厳しい現実を受け入れざるを得ない時期に入ってきた。
個人/企業/国のそれぞれの戦いとして、火星・土星が現実に向き合う時がきたのだろう。

でも実際、今、目の前に迫りくる課題、乗り越えるべき問題は、おそらくコロナ以前からあったはずのものでもある。
私でいえば、フリーランスで働くというリスク、女性が一人で生きるというリスクは今に始まったことではない。

今、もし不安を抱えている人がいるとしたら、ある程度の長期戦を見込んでアセスメント(現在の状況を把握する作業。程度や範囲について客観的に評価する)をすることだ。
この作業は楽しいものではないが、それが水瓶座に土星的体験の一つでもある。
タロットカードの絵柄のように、厳しく現実を見据えて、正しく評価する。

根性論「頑張ればどうにかなる」とか理想主義「誰かがどうにかしてくれる」「きっと大丈夫」とかでは乗り切っていくのは難しい。
前からあったであろう問題――生活環境、人間関係――といった生きることを阻害する要因はできるだけ減らし、人それぞれの活動能力が落ちないよう少しでも工夫していくことが必要になってくる。

不安があったら、人や社会サービスを頼るのも水瓶座的だ。
社会のリソースは大いに利用すること。
心理的なサポートがあることがわかるだけでも大きな支えになるかもしれない。

人や社会は敵ではない。
水瓶座のアドラーは言っている。
人や社会(共同体)は協力のもとにある。

こんな時だからこそ、どんな立場にある人も取りこぼさないような社会ができるよう話し合えるといい。
それぞれの戦いの中で、お互いが協力し合える社会を目指せるといい。
どうせ長期戦になるのなら、目前の対策だけではない、共同体の生き残りを目指して動いていければいいと思う。

私も自分で何ができるか、自分の力でできること、人と一緒にできること、いろいろ考えてみたい。

こんな中でもオンライン等で学び続けてくれている皆さん。
また、火星サイクルの感想を寄せてくれている皆さん。
声を聞かせてくれてありがとうございます。
皆さんが無事で頑張っているのを知るだけでホッとします。

心理占星術は、私にとって大きな心の支えになっています。
皆さんにとってもそうであるように、こんな中でも、少しでも必要な情報を届けられるよう工夫ができたらと思っています。
皆さんの声、また聞かせてください。

nico
ため息か安堵か、もしくはその両方か そして仕切り直し
いやー、生きているといろいろ目撃する。
そして、普通に過ごしているとまったく気づかないけれど、歴史の一部にいるのだと改めて実感する。

先日のブログで紹介したキューブラー・ロスの受容の5つのプロセス。
1.否認・隔離
2.怒り
3.取引
4.抑うつ
5.受容

オリンピック延期の報告を受けて、その関係者の多くの人たちが受容までの様々な心を動きを体験することになるのだろう。
でも、やはり、昨日の冥王星・火星の合ではないが、期待、思惑、もくろみは裏切られ、依存は断ち切られ、また新たな「生きる力」の振舞いを身につけて行かなければならないのだなーと深く納得した。

年末の時期読みで春分図を読んだ際、「なんでオリンピック開催のタイミングで、ASCが蟹座なんだろうね。世界に開いているというよりは閉じてるよねー」という感想をみんなで共有したわけだけど、こんな結果になるとはねー
まったくもって読み切れなかった…

オリンピック外交、オリンピックビジネスの関係者は、落胆している人たちも多いかもしれないが、実際はどうだろう。
宙ぶらりんな状態のままでいるより、方針が決まったことで、そしてまた、その事実を受け入れ、向き合うことができれば、たとえ恐る恐るだとしても、新しい未来に動き出すことができる。

ちょうど1年後、2021年東京の夏至のチャートはASC天秤座。
どうかな、少しは外向きに開いているかな。

そんなことを思った新月の夜。
私も、新しい気持ちで未来を見ていけたらいいなー

ということで、【火曜日は火星の日】
今日から、火星は山羊座最後の5度を運行。
そろそろ水瓶座に向かう準備を始めるのがヨシ。
ちょうど一週間後の3/31(火)には、ちょうど水瓶座0度で土星と合なので、まあ未来の方針を考えるのにはいいタイミングかもね。

unnamed (1)火星サイクル手帳ユーザーの皆さん。
ぼちぼち、振り返りページをやってみてね。
・新しく体験したこと
・新しく意識したこと
・改善できた仕組み、やり方はどのようなものか
・後回しにしてしまったこと
・水瓶座に持ち越すテーマ

こんな時だからこそ、自分の中にあるもの、のぞいておくのは大事です。
自分とちゃんと向き合いながら進んでいけるといいのかなと思います。
Designed by aykm.