nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
火曜日は火星の日 限界値を自分で決めているかもしれない
蠍座太陽期も今日で終わり。
蠍座太陽期は、すっかり潜伏して超真面目に仕事をし続けていた。
そのせいか、ものすごく辛抱強く、そしてものすごく豊かな気持ちになっているのは気のせいかな。

水面下でせっせと作業を進め、仕事仲間と懇意になり、コラボ仕事をこなし、みんなのレポートの赤入れをし、夢中で講座をこなし、嫁プロチームとメソッドの見直しをし、火星チームと火星についての振り返りをした。

その中で、多くの気づきをもらった。
蠍座期=150度=8ハウス的、盲点をついてくるような気づきだ。
大阪の生徒さんにファッションに関する指摘をもらい、そこ褒められるの初めてだよというところを褒められ、昨日は火星力のミーティングで、「その感覚は、nicoさんにはわからないですよ」とみねんこさんに突っ込まれ、だから、人には人が必要なのだと理解し、ということで、毎日気分よく仕事をしている。

昨日の基礎講座で、トランジット火星と冥王星のスクエアについての質問があり、「ツイッターでは、喧嘩のアスペクトだと書いてあった」と生徒さんに聞かれたけれど、そうなの? 
火星や冥王星は、その程度の象徴なの?

せっかく火星はバイアコンバスタなのだし、何より私が火星プロジェクトを始めたのは、ここ天秤座から蠍座をサバイブするための力をつけようというのが当初の目的だったわけだし、だから、もちろんここは真面目に火星をやろうとしている人たちにとっては苦しい道のりになるのは当然なわけで、思うようにいかない物事に対し、

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」

心意気で挑むと決めている。
このサイクルを体験するのは何周目かな。

大体ここで大きく揺れてしまう人、つぶれてしまう人たちを見ていると、自分で自分の限界値を定めてしまっている人たちが多いことに気づく。
人づきあいでも、仕事の内容でも何でも、とにかく自分の心にストレスがかかると、「なんかムリ!」といって体験をシャットアウトしてしまうのだ。

いや待てよ。
蟹座=個のパースペクティブから、次の水エレメントである蠍座=関係性の段階で、もう一回り大きな器になっていないといけないのに、ここで慣れ親しんだ領域にとどまっていたら、そりゃあ変容も何も起こらず、世界はちっぽけなまま、生きづらいままに決まっている。
だから、蟹座=月の殻を90度で壊してくれる天秤座火星のなんとありがたいことか。
世界が広がれば、もっと呼吸しやすくなるのだから。

まあ、とにかく苦しいは苦しいのだけど、痛みや苦しさを感じることで「生」というドラマを感じさせてくれるのは、蠍座期、火星体験ならではだ。
心にプレッシャーを感じることで、成長しようとしている自分を感じることもできる。
限界だと思っていた領域が少しでも広がった時、「やれた」という自信を持つことができる。
痛みは生きている証。
だから、この時期は「為さねば成らぬ何事も」の意識でひたすら物事をやりこなしている。

でもね、まあ、ゆっくり眠りたいなあと思うこともあるけどね。

遅くなってしまいましたが、今週から見守り隊天秤座期の面談を開始します。
見守り隊メンバーのKaoriさんから、こんなメールが届きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は日々一喜一憂することが多く(昨日も)、振り回されない強い芯をしっかり持ちたい、と感じてます。
前回の勉強会で小さな波紋を沢山起こせるように、投げかけてるつもりですが、私が小石を投げたつもりでも、相手は大きな石だった、みたいな所も多々あり、コミュニケーションを深めるステップの大切さを思い知らされている感じです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これこれ。
まさに、この体験こそが、天秤座火星期です。
この学びをせっせと積んでほしいのです。

石を投げることを怖がらないように。
投げてみないと、自分の力や意識を図ることもできない。
そして、相手の力量、意図を理解するためにも、相手とのコミュニケーションを面倒くさがらないように。

その上で、大阪のうか子さんが時期読み講座のレポートで書いてくれたことを意識すること。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そりゃあ一人でなんでも決められたら楽ですけど、お互いが「自分が本当に正しいと思うこと」を、まずは譲らずにぶつけ合わないと、せっかくの天秤座金星だって「いま一番相応しいもの、やり方」を択びとることができません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうだよね。
金星をね、しっかりさせておかないとね。

ということで、まだまだ書きたいことは山積みですが、今日はこれまで。

見守り隊のメンバーの皆さん。
天秤座ー蠍座期は、チャレンジングでもあり、実り豊かな時期でもあります。
この人間臭い時期をどう乗り越えるのか。
一緒に話し合いましょう。

IMG_2226.jpgそうそう。
今日は火曜日だったね。

取ってつけた写真だけどトムヤムラーメン。
腹が減っては戦はできぬ。

お知らせたくさんあるけれど、今日は仕事に戻らなくては。
明日は、ニコプラネットに射手座イングレス号が届きます。

ちなみに、12月26日のGoody Tuesdayイベントの案内、火星ニューズレターで届きましたか?
火星チーム一同、たくさんの方の参加を心から楽しみにしています。
その辺の詳細はまた。
スポンサーサイト
【急募】新宿サブナード、新百合ヶ丘のブースに出てくれる人募集
週末は、世界各国で政治的動きがあったようだ。

独州議会選挙では、メルケル与党が敗北。
オーストラリアでは31歳のクルツ氏が勝利宣言。
しかし、両国とも厳しい連立政権が予想されているという。

どの国も同じね。
蠍座木星の最初の社会的動きとして「連立」、どこと手を組むのか、組まざるを得ないのか。
天秤座を超えたら、動きは全体へと向かっていく。

ということで、先日、セレスの館のセレス先生から連絡があり、コーナーの世代交代があり、ブースに出てくれる方を新しく大募集することになったようです。

今回募集しているブースの場所は2か所。

●新宿サブナード 隔週の土曜日:10時〜21時
●新百合ヶ丘   金曜日2時〜20時 ※こちらは来年1月から

募集条件としては、
①タロットができる方
②占星術はサイン、天体、ハウス、アスペクトの基本ができている方
③今後も継続して、占術を学んでいく姿勢のある方

です。
真摯に占いの仕事をしているセレス先生らしい募集内容ですね。

占い業界で40年のキャリアを持つセレス先生が経営しているセレスの館。
セレスの館ホームページ

セレスの館のブースは新宿サブナード、横浜ランドマーク、新百合ヶ丘、他たくさんの支店があり、自由で働きやすいと評判です。
私の生徒さんもたくさん活躍してくれていますね。
セレス先生自身もとっても優しくて、温かい先生です。
条件等の詳細は、直接セレス先生から説明をしてただけると思いますので、興味がある方は、まずこちらに連絡をください。
↓ ↓ ↓
興味のある方はこちらからどうぞ

まだ未熟だけど…と尻込みしている方!
現場での経験を積むことで、知識に力がつくはずです。
まずは気軽に連絡をしてください。

みなさんのヘルプをお待ちしております!

nico
天秤座は、牡牛座=金星が実感できているととても楽しい
その前に、またまた実践読み講座のうれしいフィードバック。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は昨日占星術のセッションだったのですが、思い切って、実践読みを実行してみました!!!
すると、その方の問題点や着地点が見えて、とても新しい発見がありました。
もちろん、まだまだ落とし込みはできていないのですが、これからのセッションにどんどん生かしていきたいと思います^^
学びだなぁーと思ったのは、昨日いらした方は、まさに「牡羊座ポイント」の人でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソーラーアークを見る時に、一番初めに確認してほしいのがAP=牡羊座ポイントという話。
さっそく使ってくれたのですね!

占星術の技術が身につくということは、漫然とチャートを眺めるのではなく、能動的に象徴を獲得しに行けるということ。
何のためにその象徴を見る必要があるのか、その理由がわかるということですね。
Fさん、うれしいお知らせありがとうございます。

そういえば、中秋の名月でしたね。
みんな見れた?

満月は、月の在処が明確になるタイミング。
だから、自分の心の内をのぞくのにちょうどいい。
問題点を明らかにしたり、ぐずぐずを解消したり、普段見えていない心のテーマに光を当て、自分自身を再確認する。

そうやって毎月、満月の度に心をリセットできればいいのだけど、そううまくはいかない。
心なんて、ほじくり返さないほうが無難なのだ。
夜見る壁のシミはおどろおどろしいのと同じように、何が出てくるかわからないものに触れるのは怖いし、面倒だ。
そこに問題があるのはわかっている。
それはわかっているのだけど、できれば見てみぬふりをしてやり過ごしたい。

しかし、問題を問題として放置しておくことは、いずれできなくなる(野党の分裂とか)。
その予感が満月の時にピークとなるわけだ。
それがタロットカード「MOON」の意味でもあり、蟹座ー蠍座ー魚座の心の領域の話にも関連している。

光を当ててしまえば大したことじゃないんだけど、結局、やるしかないのだけど、ぐずぐずが好きな人はぐずぐずのスパイラルにはまっちゃうのよね。

私はと言えば、ずっとぐずぐずやっていた原稿がなんとか仕上がり、肩の荷を下ろすことができた。
火星プロジェクトは素晴らしいチームワークを見せ、それぞれの能力で週末のワークショップの運行を盛り上げてくれている。
大阪では、くみちゃんがプラネット大学院をさらに心地よいものにしようと会場のオーナーと掛け合ってくれたり、講座の企画を投げてくれたりしている。
物販プロジェクトでは、良いものを作ろうという意気込みを見せてくれている。

なるほどね。
天秤座での協力関係というは、いまさらながら一人一人の牡牛座=金星を生かす場なのだというのがよくわかる。
その人の持つ才能や資質、魅力といった個人の”I have”が相手の”I have”とともに動きを作っていく。
つまり、「私にできることは何だろう」「あなたにできることは何ですか」ということだ。
これが実感できて、初めて、意識の上でも対等な関係ができあがる。

これが実感できないことには、人と一緒にいても引け目を感じるし、居心地が悪い。
結局、その場から離れて、自分の殻の中(月=蟹座 てんびん座の前の活動サインの場)に戻ってしまう。

それこそ、牡牛座=金星=魅力は、イチローのようなものすごい才能である必要などまったくない。
その場に必要な能力というのは、つまり調和を生み出す能力であればいいわけだから、ささやかなことであっても輪の輪郭を少しでも形作ることはできるはずだ。
まあ、その場が大リーグとかになると、もちろんそれなりの金星を引き出してこないといけないのだけど。

別のプロジェクトの仲間が、「だからこそ、チームでやる意味があるんですよ」と言っていましたが、適材適所、それぞれの金星が輝く場所というのは、コンプレックスを刺激されたり、怖気づいたりしてしまうこともあるけど、それがいい刺激にもなれば、自己を知る大切な機会にもなる。
そして、何より自分の牡牛座=金星が実感できた時は、所属感覚がクリアになる感じがしてとても幸せな気分だ。

木星は蠍座に移るが、火星はこれから天秤座入り。
太陽がてんびん座にいる間に、自分の魅力を引き出しから出し、気軽に場に提供する練習が積めるといいね。
何が起ころうと自分の信じた道を歩くしかない&火星サイトできました
Goodby Tuesday 火曜日は火星の日。
嫌なニュースばかり。
どうしようもないくらい気分が悪い。
自分たちの国のことなのだけど、政治家の顔なんか見たくない。

月海王星、太陽水星、水星⇔金星ミューチュアルレセプション。
いわゆる理想主義的な天体配置が並ぶなか、誰かの理想が誰かの暴力になったり、悲しみになったりする。

希望ってなんだ?
理想ってなんだ?
ただの自己中心的な欲求なんじゃないか?

でもね、だからこそ、被害者気分に陥らないように。
だからこそ、何が起ころうと自分の信じた道を歩くしかない。
火曜日は火星の日だから、強い想いを持とうと思う。

Desktop128.jpg

今週の赤とか肉とか。
クライアントで友人のMMさんと、鑑定後にランチへ。
赤い靴、履いてきてくれた。
ありがとうございます!
ランチはハラミ肉。
新国立競技場は日々、姿を変える。

札幌の生徒さんから次々に感想をいただいています。
Mさんは、実践読み講座、パニくるくらい驚いたという。
いいねいいね、天秤座の季節らしくていいね。
知的な刺激は、新しい世界を開いてくれますよね。

ハーバルムーンの古川さんが素敵な感想をブログに書いてくれました。

札幌講座の感想

やはり、「今までの星読みの常識が覆される衝撃を受けた」と書いてあります。
ふふふ。
狙い通りですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
占星術はスピリチュアルなものとして扱われますが、nico先生の地に足の着いた星読みは、まさに人間の心理の機微を現実的に読む方法。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おーっ!
なんと素敵な感想!
こちら、新しくサイト作る時に使わせてもらうことにします。

皆さん、本当に勉強熱心。
私も負けずに学び続けます。
ありがとうございました。

そして…
ようやく、皆さんにお届けすることができました。
公式火星サイトがリリースされました!

公式火星サイトはこちらから

つびーが時間をかけて丁寧に作ってくれた素敵なサイトです。
つびー、ご苦労さまでした!
これから、火星に関する記事やコメント、お知らせ等々こちらに載せていく予定です。

今週の土曜日は仙台、10月21日は灯台屋火星ワーク、12月26日はGoodbyTuesdayパーティ!と火星プロジェクト続行中!
こんな時代だから、火星力をあげて勇気をもって生きていけるといいね。

皆さんのサポート随時受付ちゅーです!
週末は札幌講座 今回の目標は、「情報は少なく。象徴は丁寧に読む」
飛行機が遅れているので今日から始まる札幌講座のこと。

なんと、9/20(土)第1回ホラリー研究会が始まります!
私と竹中氏主導で、札幌の占星術精鋭チームの参加です。
占星術三昧の夜、どうぞよろしくお願いします。

今回もなかなかタイトなスケジュールですが、集中していきましょう!

●9月29日(金)18時半~21時
心理占星術 相性読み講座 親子関係、人間関係の育て方 ←満席になりました

●9月30日(土)10時~17時(ランチ休憩1時間) 
 10月1日(日)10時~16時(ランチ休憩1時間)
実践読み講座 札幌講座 ←満席になりました

●9月30日(土)17時30分
第一回 札幌ホラリー研究会←満席になりました
場所:18丁目の隣駅の円谷公園駅近く、24丁目のレトロなイタリアン(Auguri)アグーリ

今回の目標はですね、題名にも書きましたが、「情報は少なく。象徴は丁寧に読む」です。
どういうことかといいますと、占星術ができるようになるには、たくさんのテクニック――プログレス、ソーラーアーク、ミッドポイント、ハーモニック等々――を身につけなければならないと考えている人がとても多いのですが、それは全くの誤解であるということです。
どれだけ勉強しても、どれだけテクニックを身につけても読めるようになったと実感できないのは、占星術の構造理解、基礎理解が足りていないからかもしれません。

今回の講座では、度基礎に戻り、少ない情報を丁寧に扱う、基礎的知識(2区分、3区分、4区分)を組み合わせ全体を把握する、という学習をやってみようと思います。

一つ一つの象徴を深く、丁寧に。
きちんと根拠と説明ができるように読む。
難しいと感じた象徴読みから逃げない。

これらができるようになれば、少ない情報でもとても豊かな読み方ができるようになります。

今回は、すべての講座でこの3つの練習をしていきます。
ぜひ、たくさんのことを学んでください。

皆さまとの再会、出会いを楽しみにしています!
それでは、今夜お会いしましょう!

nico
Designed by aykm.