FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【職業占星術】自身の課題を乗り越え、自分をつくりあげていく作業
先日の秋分の日の2020天秤座・星宙予報の締めくくりに、こんな文章を書いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私にとって、2020年の天体配置の目玉のもう一つとなる火星のテーマを最後に加えておこうと思う。

79年ぶりとなる牡羊座だけでの火星の逆行は、冥王星と並んで2020年のテーマに非常に大事な意味を持っているのではないかと思う。
ここ最近、芸能人が自ら命を絶つというニュースをよく目にする。
この世は生きるだけでも大変なのだ。
菅内閣だ、トランプ政権だ、いろいろ話題になっているけれど、本当はそんなことはどうでもいいことなのだ。

生きること。
ただ、負けないように生きること。
上も下も右も左も関係なく、自分そのものをやってみること。

火星の逆行が終わり、冥王星・木星が形成される11/13以降、私たちはきっと、もっと強くなっていく必要がある流れを体験することになるだろう。
だからこそ、天秤座期は守りではなく、太陽と金星のミューチュアルレセプション、自分の個性を生きることの喜びを、そして、それが少しでも他の誰かに届くような、外向きの活動に向かっていくことが大切になるのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋分の日スペシャルでも菅政権の外交だ、水面下にあった問題が浮上するだの、いろいろお話をしましたが、やはり、2020のテーマは「生きる」、これに尽きると思う。
牡羊座=火星、いろいろ思うところがあるので、火星の逆行おわりの振り返り会の時にでも、じっくりお話ししてみたいと思います。

今日は、この後、14時から職業占星術パーフェクトマスターコースエキストラ講座第4回目を行います。
延長4回目の今日は、ZOOM上にクライアントさんを招いてのライブ実習。

クライアントは、どのような象徴にコミットするのかしないのか。
代名詞となるアスペクトは、クライアントのどんな人生と結びついているのか。
眠っている能力やエネルギーは、どのような言葉で引き出されるのか。
クライアントは、ここまでどのような人生を経て、どこに向かっていこうとしているのか。

ここまで身につけた、心理占星術&適職診断のすべてのテクニックを駆使して、クライアントさんが納得できる流れを作っていく練習をしていきましょう。
Hさん、今日はどうぞよろしくお願いします!

職業占星術の準備をしながら、しみじみ思ったことがある。
仕事柄、グローバルに活躍している、大きな組織を動かしているクライアントを数々見させてもらっているけれど、結局、仕事というのは、また人生というのは自分の中にある課題と向き合い、それを克服していくプロセスにあるものなのだということがよくわかる。

仕事に行き詰ったとき、選択に迷ったとき、プロジェクトを進めるのに不安を覚えるときというのは、結局、常にそこにある自分の課題=暗さに触れる体験ということである。

人を頼るのが苦手。
自意識過剰である。
期待されると不安になる。
人の反応に過敏になりすぎる。
無知をさらせない。
現実を見極めるのが苦手。

どのような職業や立場の人であっても、様々な次元でその人なりの課題=暗さを一つ一つ丁寧に超えていかなければならず、だからこそ、勇気を持って課題に取り組み続けることで、自分が育ってくるというか、発言に個性が生まれ、その人らしい生き方が見えてくるようになるわけで、それが「その人らしい働き方」と言えるものなのではないかと考えることができる。

社会天体の木星の公転周期は12年、土星の公転周期は29.5年。
課題を乗り越え、これだけの年月を重ねていけるような、自分から逃げずに向き合い続けていけるような、そんな働き方を目指すことが職業占星術の目標なのではないだろうか?

「持続可能」という言葉は今流行りのものですが、土星的課題解決は、やはり意味があることなのだと深く実感するわけで、また、最近私のお気に入りの土星の象徴「未完成であることを楽しむ」というのも、まああながち間違っていないだろうと思うわけです。

人生というのは、苦労も多い。
けれど、課題を解決し続けた先には、というか、そのプロセスの中で少しずつ、自分と出会っていけるといい、そんな道すじを描けたらいいのかな。

今日の職業占星術パーフェクトマスター講座では、そのような話も共有できたらと思っています。
では、後ほど!

nico
スポンサーサイト



個人を生きづらくさせている本当の原因は何だろう…
週末は、新たな職業占星術パーフェクトマスター講座が始まった。
最近、職業占星術によるカウンセリングの依頼もとても多い。

2020年1月の職業占星術イベントから「自分を生きる 人生をつくる 働き方プロジェクト」というのを立ち上げ、従来の職業占星術の技術を刷新、新しいメソッドや考え方を導入し、ここに来てようやく、ずっと釈然としない感じというか、自分の中にあった疑問に少しずつ答えが出せるようになってきた。

個人を生きづらくさせている本当の原因は何だろう…

先日の火星ワークショップ・牡羊座逆行期、職業占星術パーフェクトマスター講座1回目、タロット実践読み勉強会でも、その辺について、長く話をさせてもらった。

個人が個人らしく生きられない大きな理由は、占星術的象徴を用いて言えば、「木星・土星的イメージに縛られたままでいる」ということ。
月、水星、金星、太陽、火星といった個人天体は、自分らしく生きたくでうずうずしているのだが、木星、土星は、本来、自分の幸福とは関係のないイメージでその人物を縛りつける。

成功、モテ、バズる、
年だから、女だから、お金がないから、
人には優しくしなければ
こんなことを言ってはいけない
無駄のない生活
スポーツは身体にいい
早起きは三文の徳
自分らしく個性的に生きる
あるがままに生きる

毎日、あらゆるところでどこかの誰かが、自分の考えなのか、誰かに聞いた考えなのか、「こうあるとすばらしい」「こうあるべき」という言葉を発信する。
それに感銘を受け、実践しようと頑張るのはまだいい。
一番よくないのは、できなかったときにできない自分を責め、自分を信じられず、無力を感じ、すっかり自分を諦めてしまうことだ。

自分は「本当は」どんな人間になりたいのだろう、なりたくなりのだろう。

ここ数か月たくさんの方の鑑定をさせていただき、また自分自身を人生を振り返り、自分を活かすとは、

人と比べることなく、社会のイメージに振りまわされることなく、できない言い訳ではなく、できることで満足できるような、そんな人生をつくることだと改めて実感した。

そのような自分が自分らしく生きる、働くことができるとしたらどのような在り方が可能なのか。
どうしたら、木星、土星のイメージから解放され、個人を生きる勇気が持てるのか。
それを講座や勉強会やワークショップなどで一緒に考えていけるような、そんな機会をつくっていきたいと、いま強く感じています。

次回の火星ワークショップ・牡羊座第3期では、この木星、土星の話をたっぷりしていこうと思っています。

個人を生きるために木星、土星とどう決別し、その後、個人をよりよく生きるために木星、土星とどう再接続するか。
そのとき、火星はどんな役割を担当するのか。

天空では、木星が順行に戻り、仮設のような内閣が動き出しました。
土星も29日に順行に戻ります。
木星、土星は、ここから一気に次のサイン目指して進んでいきます。

これからの未来を恐れることなくいきれるよう、占星術の在り方も一緒に考えていけるといいですね。

nico
深い山の中、自分がどこに向かって進んでいるのかを知るために…
九州地方のみなさま。
今回の台風は無事過ごせているでしょうか。
水害が続き大変だと思いますが、被害が最小限にとどまっていることを願っています。

週末講座の参加者のみなさま、おつかれさまでした!
心理占星術基礎講座2回目、心理占星術実践読み講座3回目、そして心理ホラリー&コンサルテーションチャート講座2回目と、占星術の基礎、構造を理解し、それを「生きた学び」「現場で使える技術」というのを目指す学びを重ねていきました。
積極的な疑問、質問もたくさんいただき、充実した時間を送ることができた一方、心理ホラリー&コンサルテーションチャート講座では、私も盛り上がりすぎてしまって、本邦初公開の新しい技法などをガンガン紹介したりと、情報量かなり多めで皆さんをびっくりさせてしまったなーと少し反省。
本当に使える情報満載なので、動画を見直しながら、1か月、しっかり復習してみてください。

今、古典ホラリーがすごくブームのようですね。
古典の学びは、エッセンシャルディグニティやアクシデンタルディグニティといった、天体の象徴の在り方を再考するのに驚くほどたくさんことを教えてくれる一報、古典ホラリーのテクニックは、ともすると「テクニック重視、クライアント不在」の感じがしてしまい、これまでは、結局、当たらないか、もしくは現場での満足度が低いか、現場でまったく使えないと言われることが多かったようですが、古典の技法こだわらず、古くからある知識やテクニックを現代に活かす方法さえ身につけてしまえば、現場力NO.1のテクニックになってくれること間違いないしなということなのです。

先日、ある男性のビジネスパーソンの鑑定をさせてもらったとき、コンサルテーションチャートの良さを上手に表現していただいて、「そうそう、そんな感じで使っていけばいいんだ」と私もコンサルテーションチャートの良さを再認識するに至ったわけです。

学生時代山岳部だった彼は、私のセッションを山登りの地図に例えてこう言ってくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nicoさんの鑑定を受けると、自分が山登りのどこを登っていて、どこの方向に進んでいけばいいのかを地図のように的確に教えてくれるんですよ。
山って登っていると、途中で必ず自分の進んでいる道がわからなくなって、正解なのか間違っているのか、このまま進んでいけばいいのか、別の道があるのか、そういうのを知るためには、山は絶対に地図が必要で。
ビジネスとか人生も、そういうものだと思うんですけど、その時にnicoさんの鑑定が役に立つんですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当にそうだ。
山を登っていると、一本道なんてことはまったくなく、道は踏みしだかれ、木が茂り、「あれ?こっちの道で合ってる?」とかって言いながら、道に見えないような道をひたすら行くしかない。
突然雨が降ったり雪道になったりして、視界が悪く、道が見えなくなるなんてこともしょっちゅうある。

人生もまったく同じだ。
ご機嫌に道を進んでいると思ったら、あっちの道が気になりはじめたり、こっちの道が魅力的に見えたりして、自分の進んでいる道が”よい道”に思えなくなってしまったり。
自分の体力を考えず、最初からはりきりすぎて途中で進めなくなったり。

その道で合っているのか、
今後、どのようなコース取りで歩んでいけばいいのか、
ペースはどうか、
チームとしてはどうか、
何を持って、何を置いていけばいいか、

人生という孤独な道のりの中で、時にアクセントとして、道標のような、GPSのような役割をするもの。
山を登るのは本人だし、荷物を背負うのも本人で、その代わりをすることはできないし、そもそも山道=人生は、いいときもあれば、悪いとき=ハードな道のりも当然ある。
楽な道ばかり選んでいたら、結局どこにもたどり着けないし、山を登っていると、つらい体験こそ鍛えられるし、自信につながる。

古典にあるような読まないチャート、うまくいなかないチャートなどという診断は人生にはできないので、”今”目の前の状況を的確に理解し、今の状況を乗り切るための課題ややり方を考えていき、持続可能な人生のサポートをしていく。

そういったことが、このコンサルテーションチャートを利用する意義になっています。

これから、どんどんとチャートを読んでいきます。
目の前にいる人が、自分の力で歩んでいく勇気と自己信頼感をサポートできるようなリーディングを目指し、モリモリ勉強していきましょう!
第3回目もお楽しみに!
7ハウス たまには自分自身にも自分の魅力的な姿を見せてあげたい
自国の次期首相候補の話題にまったく興味が持てず、友人が「写真整理してたら出てきたよー」と送ってきてくれた2004年のパリ旅行に想いを偲ばせ、今では遥か遠いヨーロッパを懐かしんでみたり。

8/24の時点で、名古屋の実践読み講座の課題に「安倍首相の今後 引退時期の予測と病気の行方」というのを選んでみたもののこんなことになるとはねー
それでも、勉強になる表示がたくさん出ていますね。
自分なりの退陣劇をイメージし、れぽーとを仕上げてみてください。

ということで、牡羊座第1期・火星サイクル振り返り会に参加してくれたみなさま、長い時間本当にありがとうございました!
初めての無料振り返り会でしたが、たくさんの声を聞かせていただき、本当に本当に感謝です。

私の運営の仕方が慣れておらず、というかZOOMって全員参加の感じのムードをつくること、ひとりひとりの声を十分に拾うことが本当に難しくて、開催時間が大幅に延長になってしまって心苦しい限りですが、それでも、たくさんの「他者」の存在や魅力、考えに触れることができたこと、それは火星イングレスチャート・7ハウス=天秤座=戦車の体験としてとっても大きかったのではないかな、ここでガツンと刺激を受けておくのは、一つの経験として面白いものになったのではないかなと、2日経った今、そのように感じています。

たくさんの話を聞かせてもらい、そしてみんなで占星術の象徴を用いて、自分の今の在り方について考えてみました。
●サイクルを生きるとはどういうことか
●自分の黒スフィンクス、白スフィンクスのとらえ方 パターンの改善と手綱の取り方
●素数=7 新しい体験
●始めるための責任の引き受け方
●持続型火星と木星の不安定な関係
●火星と太陽の贈与の話
●火星、木星、天体が向きを変えるときのスピードと心理の関係

占星術の象徴と体験を結びつける作業は、実は本当に学びが多くて、実際、じっくり時間をかけたいくらいなのですが、今回はさわりをほんの少しだけ。
それでも、「今」を生きるヒントがたくさん出てきました。

そのそも火星(または)というのは、自分の存在が一番いい状態で存在できること、そこを目標としています。
2年というそれなりに長い旅を完走するために、人のペースややり方に引っ張られず、マイペースに進んでいくこと。
だから、休んだり、さぼったり、急に動いたり、他者の予測できないような動きをしても、それがたとえワガママに見えたとしても、人はいろいろなことを言ってくるけど、自分が納得して進んでいればいいじゃないか、常識とか人の目に縛られないで、他の誰でもない自分なりの活動能力を育てていければいいのではないか、そんな話をみんなで共有しました。

それとせっかくなのでもう一つ。
7ハウスは、天秤座=金星の部屋ですが、せっかくだから、自分なりの金星の表現の機会を作っていけるといいのかな、なんて思いました。

今、世の中は「おうち時間」「快適な住まい」などがオンパレード!
雑誌のうたい文句も、「心とカラダの整え方」「住まいはもっと快適になる」「居心地のいいおうち」などがズラッと並んでいます。
が、だからこそ、人との関係性が生まれる場では、少しでも”よそゆき”の自分——人に魅せたい自分像——をちゃんと取り繕ってもいいのかな。
無理をしないとか、等身大とかも大事だけど、たまには自分自身にも自分の魅力的な姿を見せてあげてほしいと思います。
そうすると、より火星ー金星のバランスが取れて、自分自身を好きになれるかもしれないですね。

と、皆さんとのやり取りの中でたくさんのことを考える機会をいただいた火星振り返り会。
今後も、みなさんの火星2年の旅のサポートとなるように運営の仕方を改善していきたいと思います。

いよいよ79年ぶりの逆行期の始まりです。
どんな体験があったのか、また皆さんの声を聞かせてください。

nico
不信は続く、信念は揺らぐ、自信なんて少しもない、それでも…
今日は、19:30から火星サイクル牡羊座第1期の振り返り会です。
ZOOM上で25名ほど集まり、火星サイクルについて考えます。
最初に私から、「サイクルとは」という話、そして逆行期へと向かうための準備などの話をさせてもってから、ぼちぼち話をしていきましょう。
人前で話をするのは緊張しますが、ナラティブ(自己語り)は自己像を確認するための大切な作業になります。
よかったら、ぜひ私に、そしてみなさんに声を聞かせてください。
後ほど、楽しみにしています。

そして、次に「小惑星=準惑星=ケレスの象徴を考える勉強会」の感想、続々いただいています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしにとってあの体験はこう繋がっていたんだなぁと今書いていて実感しています。
嘆き悲しんだ冬の時代として終わっていた物語が、ようやく今、自分のケレスの(成長)物語として生まれ変わっていっている…そんなひとつの癒しの体験をケレス勉強会を通じて得られた気がしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後、8/28にも、ケレスの天文ニュース「準惑星ケレスの地下に巨大な海が存在か!」が届いていましたね(いみじくも安倍さん辞任の日!)。
地下とは、まさにデーメーテールとコレーの神話そのまま、奥にしまわれていたものが表出するタイミングだったのかもしれないですね。

ゼウスに引き裂かれ傷ついた女性性。
そこにあるにもかかわらず、ないものにされ放置された心の傷。
交渉し、自分なりのシステムをつくり上げていく様子。
その人それぞれの内なる痛みと諦めのプロセスを聞かせていただき、私自身、新たな象徴理解につながりました。

「その体験をどう生かすのか」
ここまで考えられないと意味がないので、そこのところ、次回の勉強会でもう一度考えてみたいですね。
他の小惑星もやってほしい!ということなので、次回、やってみましょうか。
実際、4つの小惑星をエレメント的に考えてみてもいいかなーとか、成長段階のある側面としてそれぞれをとらえてみてもいいかな―とか、アイデアいろいろ浮かんでいます。
ぜひ、まとまったらまたやりましょう!

前置きが長くなりましたが、最近、調子が悪い、調子が上がらないという話を聞くことが多いので、チラッとだけその話を。
全体の配置を見てみても、やっぱり2019年12月3日から山羊座入りしたフォール(-4点)の木星の存在が気になります。

木星が山羊座入りしたころから、世界全体にナショナリズムや経済的な頭打ち感、グローバル化の限界といったムードが急速に起こり、そこにコロナがやってきたという流れは記憶に新しいです。
個人も企業も、このあたりから大きく失速、減退、縮小傾向がみられるようになりました。

これまでの様式では、もう通用しなくなった。
だから、新しい生活様式=ニューノーマルに向けて、私たちは、さらなる再建をしていかなければならない。

今、調子が上がらない人(去年末から調子を落としている人)は、心のどこかで昔の様式=成功体験に縛られている、もしくは懐かしんでいるかもしれないし、大きく意識を変えなくても「そのうちなんとかなるだろう」とどこかで高を括っているかもしれないし、そもそも射手座=木星タイプの人は低空飛行を得意としないので、士気が上がらず、くさくさしているのかもしれない。

山羊座木星は、速やかに低迷の時代にサイズを合わせることを要求している。
これまで時代の恩恵を受けてきた人は、かなり窮屈な思いをしているのだろうけど、自分サイズを受け入れられれば、案外と気楽に過ごせる。

けれど、こんな社会だ。
首相はいきなり辞任する。
国民のためではなく、党員のためだけの政治=システムの中で総裁選びが勝手に進んでいる。
木星がエネルギーとしている「信念」「信頼」は完全に揺らぎ、未来に対し、希望の持てるビジョンを描くことができなくなっている。

破たん、失業者が量産されると言われる時代、だったら腐らずに、自分のできる範囲で生き、自分のできる範囲で貢献的に生きることが必要なのではないか?
それがフォール木星のささやかな希望なのではないか?
そんなことを感じながら、自分のやれることを粛々とこなす日々を生きている。

unnamed (2)

これは8/29(土)21:50の天空、見た人も多いかな。
月、木星、土星が仲良く並んでいますね。
ニューノーマルな生き方していく覚悟。
そろそろ本気で、新しい自分を生きよう、自分なりに新しい希望を見つけようと、空を見上げて思ったりして。
Designed by aykm.