FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
ネイタルチャートでは、エッセンシャルディグニティは働きますか?
ここ最近、同じような質問をもらったので、ちゃんと回答しておこうかなと思って。

ネイタルチャートでは、エッセンシャルディグニティは働きますか?という質問。
または、「ファイナルディスポジターは”才能”として読むとありますが、本当に才能として働くのか?私は獅子座太陽だけど、ちっともそんな気がしないのです」という質問。

ファイナルディスポジターをネイタルチャートに持っている人は、誰もがみんな思ったことがありそうなこの質問。
昔から、占星術のテキストではファイナルディスポジタードミサイルになっている天体。獅子座太陽、蟹座ー月、天秤座ー金星というように、サインの支配している天体になっていること)について、その天体が一番上手にできるサインに入っているということは、つまり能力や才能であるとあるし、ノエル・ティルの職業占星術では、ファイナルディスポジター=仕事の能力の方向性として読むことが多いけれど…この意味をちゃんと考えないと、ちゃんと個人の成長に沿った読み方ができなくなりますよね。

まず、そもそもネイタルチャートでエッセンシャルディグニティを読む必要があるのかどうかですが、まあ働くといえば働くし、働かないといえば働かない、基本的にネイタルチャートでは、わずかな参考要素として触れることはあっても重点を置くことはないですね。

エッセンシャルディグニティとは、生きたもの、動きのあるものに利用すると一番効果があるので、トランジットチャート、ホラリーチャート、コンサルテーションチャート、四季図、、月相図などに使うと、「今、何の働きがよく、何の働きに不安があるのか」がわかって、かなりチャートが読みやすくなります。

でも、ネイタルチャートは一生もんですからねー
基本的に生きたものではなく、固定されたもの、時間をかけて育てていくもの。
だから、最初にしょぼい苗木でも、うまく育てれば大木に成長することだってままあるのです。
ということは、どんなに立派な苗でも、手をかけず、適当に育てれば、そのうち枯れてしまうこともあるということ。
ちゃんと手をかけないものは、ただのディスポジターだろうが、ファイナルディスポジターだろうが、思ったように成長してくれることはないです。

だから、ネイタルチャートでエッセンシャルディグニティを強調して読むことはないですが、時々ね、生徒さんで「私、天体のほとんどがデトリメントなんです!だからしょぼいんです」とかいう人いますけど、これはあんまり関係がないかな。
むしろ、ここからが大事なのですが、デトリメントのほうがいいんじゃないのか?と思うこと、鑑定の現場でそのように思うことは多々あります。

つまり、ドミサイル天体=ファイナルディスポジターは、ネイタルチャート上では扱いがやっかいだということ。
プイライドがね、そもそも高いんですよ、ファイナルディスポジターっていうのは。
または、完璧主義、理想主義なのです。
だから、うまく働かない、または過剰に頑張りすぎて疲れてしまう。

獅子座は失敗を恐れてカッコつけすぎて、アンナチュラルな生き方になってしまうし、天秤座は200%の人に好かれようと気合満点だし、乙女座水星は細かいことが気になり出すと本末転倒になるし、蟹座の月もねー「わかってほしい!理解してほしい!」という思いが強すぎて、なんか大変そうだし。

とにかく、ファイナルディスポジターは、その天体を立派に使おうとし過ぎて空回りすることの方が多いわけです。
私なんて、水瓶座の太陽、つまりデトリメントの太陽ですから何のプライドもないのです。
どうせカッコつけても大したことはできないので、できるだけ自然体で。
失敗上等なので、チャレンジの敷居も低いですし。
まあ、なんせ気軽なのです。

じゃあ、ファイナルディスポジターをどうしたらいいかですが、それは「それらの立派なエネルギーを何のために使うのか、その目的をしっかりさせておくこと」です。
目的もなく、それぞれの天体が暴走すれば、やりすぎ!またはやらなすぎ!になるわけですが、ちゃんと太陽が中心になって「どう生きるか」が明確になれば、
蟹座・月は太陽のよいい場所をつくり、
牡牛座・金星は持っている能力を存分に提供し、
牡羊座・火星は盲目的に任務を遂行し、
双子座・水星は、アイデアや知恵を絞るわけです。

よって、才能として人生の理想を生きるための=太陽のよきサポーターとなってくれるということ。
↑目的を持たなかったら、これらは全部宝の持ち腐れということです。

そして獅子座太陽は、ここでもいつも言っていますが、太陽神アポロンにちなんで、

デルフィの神殿の門に刻まれた2つのメッセージ
“汝自身を知れ”と“何事も過ぎることなかれ”を肝に銘じ、自分にできる範囲のことを機嫌よくやる。

それぞれに得意な天体などがあるかもしれませんが、まあね、すべて太陽系にとって必要なバランスなので、それぞれにそれぞれの個性があるわけですから、あまりエッセンシャルディグニティなどにとらわれず、各々の天体の得意なシーンでその天体をちゃんと使う、太陽が出ているときは太陽をやり、夜は月をやる、そんな訓練が大事かなと思ったりして。

スポンサーサイト



こんな面白いツールがあるのだから、実験的に生かしてみよう!
占星術に触れる、学ぶ、習得する人たちにはさまざまな動機があると思いますが、私が占星術の面白さを追求し続けている大きな動機は、
こんな面白いツールがあるのだから、もっと占星術を試してみよう!
実験的に人生に生かしてみよう!

という理由から。
そんな気持ちでいつも占星術の知識――トランジットやサイクル、イングレスチャート等を利用しているのですが、その一つが火星サイクル手帳というわけです。

これだけマニアックに一つのサイクルにこだわってみると、”大いなる”とは言わないまでも、未来の可能性を秘めたエネルギーをひしひしと実感することもままあってワクワクします。

さて、乙女座・火星は最後の5度を過ぎました。
そうです、そろそろ振り返りの時期がやってきました。

Desktop115_20190928235628cca.jpg

もう振り返りをやった人もいるかな。
火星が進むごとに、濃度が濃くなっていきますねー
火星サイクルの後半戦、天秤座火星以降を健やかに過ごすためにも、乙女座の振り返りは本当に大切。

自分の今一番の「リアル」を感じて、すべてを受容する。
自分の感覚を総動員して、「今、自分に何が起こっているのか」を観察してみる。

そんな火星サイクルでもっと重要な振り返りの時期が今になります。
丁寧に振り返り、「自分」をしっかり把握できれば、3rd. Stage以降の流れをイメージしやすく、ムリなく計画することができます。

さて、今日は皆さんにちょっとしたプレゼントがあります。
実は、私のスケジューリングのやり方には少しこだわりがあって、計画を立てるときは、火星サイクル手帳にあるように12サインを4分割した”モダリティ”の期間を利用するのだけど、その際、3つのサインの流れをまとめて考えることが多く、それがなかなかしっくりくるので、ぜひ皆さんにも試してもらいたい!ということで、3rd. Stageの3サイン分(天秤座蠍座射手座)のブロックカレンダーのPDFを配布することにしました!

blockcalender3M1024_1.jpg

火星サイクル手帳にはないデータ――5度ずつの陰陽の期間をバーでお知らせしたり、バイアコンバスタの期間に網をかけたり、山羊座木星イングレスのフラッグを立てたり――をつびーにお願いして作り直してもらいました。
これを火星サイクル手帳ユーザーのご希望者の方にお配りする予定!

私はこれをこんなふうに使っています。
IMG_624.jpg

A4サイズはクリアファイルに入れて持ち歩いて時々眺めて、A3サイズに拡大したものは、巨大なボードに貼って、3サインの期間のイメージづくりに役立てています(イングレスチャートも一緒に貼ったりして)。

後ほどつびーからお知らせがあると思いますが、お知らせが待てない!という方がいましたら、私の方まで連絡ください!
↓ ↓ ↓
●お問い合わせはこちらから!
↓  ↓         ↓  ↓
火星サイクルブロックカレンダーについて

nicoPLANET 2019年秋分号 天秤座期を健やかに生きるためのヒント
沖縄、九州、そして引き続き千葉でも台風による停電の被害が出ているようですね。
そんなときに、秋分図を読むことにどんな意味があるのか、無力感とともに自分にできることを考えながら、今月もニコプラネットをアップしました。

天秤座とは、7番目のサイン、支配星は金星、風エレメントであり、そして活動サインでもあります。
天秤座15度からはバイアコンバスタの度数にも突入するということもあり、活動サインの風エレメントというと、なんとも一筋縄ではいかない、先の見えない印象もあり、毎年、気を引き締めていかねば!という気分になります。

7.jpgけれど乙女座を通過したら、MC=山羊座期に向けて前進あるのみです。
ビビっていたら、いつまでたってもホロスコープの南半球に浮上することはできないのです。
それが7番目のタロットカード「戦車」のイメージと重なります。

ビビッて黒いスフィンクスに主導権を渡してしまうか、黒いスフィンクスをなだめすかせて、理想を掲げ、白いスフィンクスに勇気を持ってもらうか。

この内的な戦いは、毎年、私の中の天秤座期のテーマになっています。
皆さんもぜひ、このイメージをもって天秤座期の歩みを進めていただければと思います。

ということで、今月のニコプラネットの紹介です。

▼まずは、みねんこさんが秋分=天秤座の季節についての考察をまとめてくれました。
さすが天秤座のみねんこさんならでは、秋の季節を感じさせる、さわやかで風通しのいい記事です。
↓ ↓ ↓
秋の豊かさ 忙しさや手ごたえの質がかわる


▼次は、おなじみの赤ペン12サイン占い。
天秤座の季節の過ごし方を書いてくれています。
蟹座担当の月影ひびき氏がこんなことを指南してくれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自分自身が尊重されていない」と感じているとき、最もあなたを尊重していないのは、あなた自身だということ。そもそも承認が伴う自信とは自信ではなく権威だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この続きはぜひこちらから!
↓ ↓ ↓
12星座占い 9/23~10/23 — nicoの赤ペン添削付き


▼次は、nicoの星宙予報。
天秤座期は前進がテーマなのですが、今回の秋分図はちょっと勝手が違います。
牡羊座から魚座へとテーマを戻すというのは、どういうことか。
ぜひ秋分図の解説をご覧ください。
↓ ↓ ↓
nicoの星宙予報2019 天秤座


▼最後は、今月の言葉。
今回は、Netflix(ネットフリックス)CEOのリード・ヘイスティングス。
天秤座らしい、自由で風通しがよく、そして画期的な経営方針でアメリカのトップ企業の一つとなりました。
どんな言葉、どんな天秤座らしさなのか。
ぜひ記事を読んでみてください。
↓ ↓ ↓
今月の言葉 2019天秤座 リード・ヘイスティングス


ということで、今月もニコプラネットは無事更新終了。
12サイン占い担当の皆さま、みねんこさん、そして更新作業をしてくれているつびー、今月もありがとうございました!

最後に、更新作業をじゃまするパティちゃん。
IMG_6165.jpg

秋になると人も猫も人肌が恋しい!みたい。
では、皆さんの素敵な天秤座期を応援しています!

nico
もっと心地の良く、もっと楽に生きられる「力」の使い方を考える
ここ数日、「台風の被害は大丈夫ですか?」という連絡をいただきます。
こちらはすっかり通常どおりですが、東京から少ししか離れていない千葉は大変な状態が続いているようですね。
日常の生活が戻るには、まだまだ時間がかかりそうです。
普通に生活できることは信じられないくらいありがたいものだなあと、名古屋の皆さんと来月の再会の挨拶を交わした後しみじみ。

ということで、今日は少しだけ火星=冥王星
IMG_6151.jpgと、その前に、まさこさんから大阪での火星サイクル振り返りのレポートが届いたので少しだけご紹介。

わー!
懐かしい顔ぶれ!
出産を無事終えたKさんもいる!

まさこさんのレポート
↓ ↓ ↓ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
身も心も健やかに生きるには
乙女座の浄化、洗練は必要だと
今回初めて思いました。

自分を大きく見積もるでもなく
小さくみつもるでもない
等身大で過ごす心地よさ。

両方に揺れやすい私には
ちょうどいい具合を体感できたのは
火星サイクルのおかげです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おーっ!
なんとステキなコメント!
まさに乙女座的感覚。

もりもとさんからもこんなコメントをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日火星のふりかえりをした際に「自分の等身大」が把握できたという声がいくつかでてきました。
獅子-乙女の中で見えてきた思ったより小さな自分を、どう乙女座で調整し、天秤座に向かおうとしたのかという振り返りの回も
面白そうな気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それはおもしろそう!
いいですね!やってみましょう!

で、火星の話。
今日の名古屋・ホラリー&コンサルテーションチャート講座では、8ハウスの利用の仕方や、火星・冥王星のアスペクトの解釈などが話題になりました。

私が火星や火星サイクルの研究をしているせいだろうか、「力」の使い方、またはパワーバランスというのがいつも気になる。

肩に力が入りすぎたり、
気張ってギクシャクしたり、
怖気づいて力が入らなかったり、
ビビって腰が引けたり、
ドタバタと無駄にエネルギーをつかい過ぎたり、
「今ここ」で引き下がったり、
頼るべきときに手をはねのけたり、

こんなふうに、「力」の使い方が上手じゃない人があまりにも多い気がする。
力をどんなふうに使えば、目の前の相手に振り回されず、もっと心地よく、もっと楽に、もっと自由に生きられるのか。
生きるため、生き残るため、楽な力の使い方、もっと心地のいい「力」の使い方、チャートの中の火星の使い方を考えてみるといいかもしれない。

牡羊座・火=自力と蠍座・火星=他力をもっとうまく利用すればいい。
柔道の背負い投げじゃないけれど、勇気を持って懐に飛び込むことで、もっと楽に相手の力を利用できることもある。
プロレスの試合じゃないけれど、相手を信頼していないとできない技、相手とともにつくる見せ場というものもある。
そのためには、自分の「力」に対する信頼は不可欠でもある。

様々なシーンで楽で自由な「力」の使い方を模索してみること。
体の動かし方しかり、ルーティンワークのやり方しかり、目の前の人との関係性の維持の仕方しかり。

火星=冥王星=力の使い方がうまくできるようになると、人生はもっともっと自由でのびのびしたものになる。

そのためには、身体をしっかり動かしてみることがやっぱりおすすめ。
火星の使い方が上手じゃない人は、やっぱり「力」の使い方、身体の動かし方が上手じゃない人が多い気がする。
どんなふうに「力」を使うと不安になったり元気になったり、パワーを感じたり、逆に非力に感じたりするのか、身体で覚えるのは大事なこと。
自分の「力」がうまくコントロールできるようになると、無駄に肩に力が入りすぎることもなくなるし緊張することもなくなるかもしれないし、そうなると人との関係性ももっと楽に向き合えるようになるかもしれないです。
だまされたと思って、乙女座火星期の間だけでもちょっと頑張ってやってみてね。

そんなレポートも待っています!
ホロスコープの天体配置には、れっきとした意味と物語がある
週末の勉強会、講座、参加の皆さま、ほんとうにありがとうございました!
札幌の皆さんのサポートのもと、Skype勉強会という新しい試みもあり、私にとっても刺激的な機会になりました。

Skype上での再会になりましたが、それでも皆さんの顔を見れるのはうれしいもの。
ハーバルムーンの古川さんから「白板に写し出された先生が、そのままそこにいる感じで受講できました」なんてうれしいコメントもいただきました。

今回は、皆さんとホラリー&コンサルテーションチャートの復習、そしてホロスコープにおける太陽の存在について、ネイタルチャートの太陽と月の月相の物語や太陽の癒しの話などについて、すぐに使える知識をお伝えしました。

札幌ハーバルムーンの古川さんが勉強会の様子を送ってくれました。

Desktop113_20190908201548213.jpg

でもやっぱり直接会って、たくさんお話ししたい!
次は、札幌でお会いできると嬉しいなあ。
職業占星術の復習もまたやりましょう。

そしてレクティファイ講座。
講座の冒頭で「ホロスコープと仲良くなってください」というお話しをしましたが、今回の講座はレクティフィケーションの技術をマスターするだけでなく、今回の目標として、

・ホロスコープと仲良くなること
・ホロスコープに表示されている象徴ひとつひとつにちゃんと光を当てること
・クライアントが語る言葉を注意深く聞き、クライアントから語られる人生の物語、ボキャブラリーがホロスコープのどこの、何を表現しているのかをしっかり理解すること

この辺を丁寧に学ぶことを中心にやっていきました。
「人に迷惑をかけないように」とは、何半球の強調の人の語る言葉なのか。
「母親代わりとして妹の面倒を見ていた」これは何ハウスの強調の物語なのか。

ホロスコープの天体配置には、れっきとした意味と物語がある。
その物語がしっくり配置を再設置すること、それがレクティフィケーションのお仕事なのです。

クライアントから語られる言葉には心理的力学が働いているので、レクティフィケーションは、だから心理占星術と相性がいいはずですね。

占星術を学びたての方も、熟練の方も、いろいろなレベルで勉強になるレクティフィケーション講座。
私もひさびさにホロスコープの細かな仕組みを考える機会になりました。
やっぱり、占星術は楽しいですね!

Desktop112_20190908204844e22.jpg

また、みんなでレクティフィケーション講座の復習かいもやりましょう。
今度は、アスペクトとハウス配置の関係についてもやりたいと思っています。
またたくさんのことを学んでいただけたら嬉しいです。

では!
Designed by aykm.