FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
何を信じるか。期待か心情か。そこに冷静な判断はあるか。
連日、様々なニュースが飛び込んでくる。

痛ましいものもあれば心を打つものもある。
隣国の呆れるような言動を報じるものもあれば、先行きが不安になるような報道もある。
しかし、多くの人が言っているように、マスコミによって編集されたつくられた”事実”によって、多くの人たちが翻弄されているのが今の社会だ。

小林よしのりの「同情=正義になって、失言ひとつも許すまじと全体主義になってしまう」という発言は、占星術的視点から考えれば、まさに、しばらく天体に配置されていた木星ー海王星のコンタクトのことを、そのまま象徴していると考えられるだろう。

けれど、五輪大臣の全文を読もうが、元明石市長の暴言の録音をすべて聞こうが、多くの人は、結局、自分の信じたい”事実”を拾おうとする傾向がある。
特に、射手座・木星、魚座・海王星というパワフルな天体の組み合わせを前に、冷静に自分の水星力(客観的事実、冷静な分析力)を働かせられる人はどのくらいいるのだろうか。

もちろん、水星なんか持ち込まない方が、真実が見えることもある。
たとえば、池江選手の数奇な運命を前に、事実確認や冷静な分析など何の役に立つというのだろう。
そこにはただ、多くの人たちの想いや思惑、期待や不安を背負った、または背負わされた、得ればれし者のまっすぐな勇気やチャレンジがあるだけだ。

多くの人たちの心を揺さぶり、立ち上がらせ、祈る心を引き起こす。
これぞ、まさに射手座・木星、魚座・海王星の美点と言えるかもしれない。

けれど、この組み合わせが悪く出れば、冷静な判断を忘れ、”悪”をつくり出し、この真実だけが”善”であると熱狂することになるだろう。

もうあと数日すると、太陽が風エレメント・水瓶座から立ち去り、水エレメント魚座へと向かう。
その後、3月6日!には、魚座30度で水星が逆行を開始し、3月28日まで順行にはならない。
魚座・水星のエッセンシャルディグニティは、もちろんマイナス5点のデトリメントである。
この時期、すべての天体たちが風エレメント(知性、客観性の象徴)から姿を消す。

この事実だけで、十分、占星術を学んでいる人なら、どんな要素が必要になるか即座にわかるだろう。

なぜ最近、判断に迷うことが多いのだろう。
期待から不安へと気持ちが揺れるのはなぜなのだろう。
信じるべきことを信じ切ることができず、不信を抱き、自分を追い込んでしまうのはどうしてなのだろう。
本当は進むべき道がわかっているのに、なぜ迷う必要があるのだろう。

この時期ばかりは「迷ったときは直感で」ではなく、もっと現実的な判断や計画に意識を向けてもいいかもしれない。
今ここで水星力を鍛えておくことは、3/6以降の牡牛座天王星時代にも非常に重要な力になるし、また2020年12月22日3時21分のグレートコンジャンクションの形成時のチャートを見ても明らかなように、その後も、水星力のテ―マがピックアップされてくることは間違いない。

ときに、見たい真実を見ることも大事な人生のロマンとなる。
何を信じるか。
何を期待するのか。
どんな心情が動いたのか。
それを理解することによって、個々人の”信念体系”、つまり”個性”が明らかになるのはそうだろう。

けれど、それに頼りすぎると、事実を大きく見誤ることがある。
”善”を守ろうと躍起になり、自分の信じたものしか見えなくなる。
けれど、大事なのは本当にそれだけなのだろうか。

相手の立場に立った時、相手はどんな”善”を提示しているのだろうか。
または、どんな周囲の状況や関係性が取り巻いているのだろうか。
なんて悪い奴なんだ!傷つけられた!と決めつけ、相手を糾弾する前に、少しだけ状況を判断する時間を持ってもいい。
そして、自分の考えを組み立て、自分の言葉で相手に伝える。

一方通行の”善悪””白黒”の図式を自分の中に作らないようにすれば、もっとスムーズな解決や判断が見えてくるかもしれない。
答えは一つではなく、選択肢を考えながら、前に進む方法が見えるかもしれない。
そして、その後ようやく、私たちは信じる力、夢みる力を手にし、未来に希望を抱けるようになるに違いない。
スポンサーサイト
ライティング講座の宿題が続々届いています
ライティング講座に参加の皆さま。

ライティング講座の宿題、いくつか出ていましたね。
土星と12サインの関係。
そして、天王星と12サインの関係。

宿題、続々届いています。
提出してくれた方は、赤入れをして、校正後のテキストを確認してもらっています。
納得いくまで書き直してもらっている方もいます。

今日は、とてもよく書けていたふみさんの天王星・牡牛座期 獅子座編を皆さんとシェアしようと思います。
こちらは添削前の原稿になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天王星は84年かけて12サインを一巡する。その間、さまざまな分野に革新や変化をもたらしながら、ひとつの時代を作り上げていく 。

天王星が新しいサイクルに入ったのは8年前のこと。2011年3月12日。東日本大震災の翌日、福島第一原発がメルトダウンした日だった。命の尊さと儚さ、安全神話の崩壊。絶対安全・安心な場所などどこにもない。 荒野に放り出された私たちは、「これからどう生きるのか?」を自らに問いかけた。そして、勇気をだして立ち上がり、歩き始めた。私たちは生き抜く覚悟を決めたはずだ。

3月6日に天王星は2番目のサイン牡牛座へ入室する。これから、いよいよ、自分の思い描く世界を形にしていくことになる。この時期 、獅子座の人たちは、社会における役割を新しく作りかえることになるかもしれない。そのとき、相手のニーズに応じる力が鍵となる。人との関わりを通して、自分の中に眠る能力が目覚めていく。心躍るような経験にはなりにくい 苦しい場面もあるかもしれないが、その先で、見える世界が変わってくるので、ぜひ、取り組んでみてほしい。 自分の枠を取り払った先に眠る アイテムが新しい時代を生き抜く切り札となるだろう。

新しい時代はまだ始まったばかり。土の中には可能性の種がぎっしり詰まっている。土中に眠る種が芽を出して、どんな樹に育っていくか。私たちは面白い時代に生きている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
力強く、希望にあふれたテキストですね。
ふみさん、ありがとうございます!

「私のもぜひ添削してもらいたい!」という方。
どしどし送ってください。
赤入れして戻させていただきます!

nico
【火星レポート】問題を解決しないと、結局、前に進んでいけない
明日、2/14の火星牡牛座イングレスを前に、札幌のエリカさんから、牡羊座期の振り返りレポートが届きました。

まんま載せてOKをいただいたので、お言葉に甘えて、レポート公開させていただきます。
ところどころ、私の解説付きでどうぞ!
ぜひ、皆さんも読んでみてください。

1 火星サイクル手帳 こう使ってます話
火星魚座期から、高い目標だけ掲げて、実現に向けたことをちっともしてない、もしくは、日々の生活になると、自分が掲げた目標をすっかり忘れているといったところを見直したいと思っていました。

なので、火星サイクル手帳は、こんな感じに使ってみています。

①まず、最初のときに書いた「Be」「Do」ページを読む。
次に、いま何サインのタームか・陰陽どちらかを確認(たとえば1月16日だと双子座ターム。陽だなと確認)。そして、次の日のスケジュールを確認。

②①を踏まえて、①に沿った、翌日にチャレンジする(必ず実行する)具体的な行動を1個決めて、火星手帳のウィークリーページに記入する。(赤ペンで書く。チェックボックスも付けておく。)

③翌日、②で決めたチャレンジ行動を必ず実行する。

④1日の最後、夜寝る前に、②で決めたことの実行有無をチェック。&どんな感じに実行したのか、結果や感想などを記入する。(黒のペンで書く)

⑤④のふりかえり作業と同時に、翌日分について、①と②をする。

これを毎日毎日繰り返しています。

①で最初に書いた「Be」と「Do」を必ず読み直して、自分が掲げた目標意識を刷り込む。②と③で、意地でも目標に沿ったスモールステップにつながる行動を実際にやるというところを特に意識しています。

まだ意識して①~⑤をやっている感じがあるので、もっと、無意識に習慣化するように継続したいなあと思っています。

【nico解説】
今回、牡牛座期イングレス動画でも解説しましたが、高い目標を掲げても、結局、自分に失望する結果を招くことが多い。
自分に期待した分、自己嫌悪に陥るという悪循環。
それを断ち切るためには、小さな成功体験を積み重ねていくしかない。
そのための提案がここに書かれていますね。


2 牡羊座期のワクワクしたインスピレーションの話

①仕事・ブログ作成など、1週間の過ごし方を、曜日毎に決めてみたこと。
やる気があるときはすごいやるけど、やる気出ないとか天気悪いとかってなると、引きこもりがちなど、カメハメハ女王のようなムラッけというゴリゴリの北半球強調の困った行動パターンを克服し、水星に先導してもらいながら、ちゃんと社会に出て、安定して役割を果たせるようにするには、どうやったら、居心地良いかなあと模索中。そのアイディアの1つ。

実践してみると、わたしとしては異例なくらい(?)、安定して仕事を継続できています。

また、このテーマのこと(+火星手帳で決めたスモールステップチャレンジ1個)を先に済ませば、あとは、好きなように過ごして良しというご褒美制度(?)にもしているので、仕事や火星のスモールチャレンジも安定して実行しつつ、遊び時間も確保できるから、精神衛生上もなかなかよし。

これも、まだ意識的に取り組み中なので、もっと無意識に習慣化できるようにしたいところです。

②お金の収支管理・増減チェックなど、1カ月毎に集計するものは太陽サイクルに合わせてみるか&火星サイクルの陰陽のように、太陽サイクルの陰陽を意識して過ごしてもおもしろそうというひらめき。

+目的に応じて、いろんな手帳やノートを使ってきたけど、これって、惑星ごとのテーマじゃん!という気づきがあったこと。

お金の管理とか、1カ月ごとの区切りで整理しているものがいくつかあって。
今までは、1日~末日で1カ月分の増減をチェックしていましたが、太陽のサイクルに合わせて集計してみたらどうだろうと思いつきました。
なんならば、1カ月区切りで増減チェックしたりしているものは、太陽の陰陽に合わせて、重点テーマを考えてみたら、おもしろいかもと検討してみました。

あと、もともと、文房具大好き&メモ魔なので、目的に応じて、いろんな手帳やらノートやらに記録しているのですが、これって、無意識に惑星のテーマ毎になっているかも?!

水星(からの太陽)手帳、金星手帳、月手帳+火星サイクル手帳とか。振り分けを考えていたら、おもしろくなったのでメモってみました。

③牡羊座期の最初(牡羊座タームと牡牛座ターム)に体調崩したことの意味と、からだのコンディション維持(月をやる)ってこういうことなのか?と腹落ちしたこと。

牡羊座期(陽)なのに、スタート早々に風邪ひいて、咳がぜんそくみたいに残り、しばらく、しゃべれないし、日常生活もままならないから、ほぼ家で安静にするしかないしで、めちゃめちゃ陰的なスタート。
でも、いま振り返ると、これって、まさに陽の中の陰。
大事な気づきを与えてくれたなあ。
体調管理って、日々、自分で育てるものなんだ!!!と、ようやく腹落ちしたところです。

【nico解説】
今回、至るところで体調管理の話を聞いた。
ずっと放っておいた、見てみぬふりをしていたテーマと向き合い、問題や不安を解消していくこと。
これぞ、まさに牡羊座イングレスチャートのテーマでした。
わだかまりを残していると、どうしても気持ちよく火星活動ができなかったりします。
結局、火星が苦手な人の多くは、このテーマでつまづいている人が多かったりするので、今回、エリカちゃんのように、覚悟を決めてガッツリ向き合うことは本当に大事なことですね。

今日の勉強会でも火星振り返りの時間を設けてみました。
モヤモヤ続きだった牡羊座火星。
自分の活動=場を大切にすればするほどモヤモヤが増すもの。
あんまりとらわれず、毎日できることを育てていけるといいね、そんな話になりました。

Iさんの手帳にも陰陽のラインが引いてあります。
これ、便利ですね。

Desktop6_20190213212940721.jpg

お隣の写真は、AYAKOさんの機能美インデックス。
みんなそれぞれカスタマイズ。
1年半後の参考にさせていただきます!

では、明日からの牡牛座期を楽しみましょう。

nico
3/2(土)横浜にて初!心理占星術講座&初!火星WS開催!
私のふるさと横浜で初の心理占星術&火星ワークショップの開催が決まりました!
うれしいなあ~ うれしいなあ~

しかも会場が本当にステキなところなのです。

jackjackjack.jpg

赤レンガ!
火星の赤!
おーっ!やる気出ますねー
今回、企画を持ちかけてくれて、素敵な会場を用意してくれたユキコさん、ありがとうございます!

ということで、本気の心理占星術講座やります!

●これからのホロスコープリーディング――点と点、象徴と象徴とを結び、人生の物語を紡ぐ●

これほど情報にあふれた時代が今まであったでしょうか。

PCやスマホでちょっと調べれば、誰もが惑星やサイン、 ハウスの意味などを知ることができるようになった時代。また出生データを入力すれば、 簡単に統計データから導き出された鑑定結果を手にすることができるようになった今。

誰もが手軽に「星占い」ができるようになったかわりに、「あなたは〇〇な人です」「乙女座には〇〇の傾向があります」といった象徴の意味を羅列するだけの、ただの情報提供的なリーディングが増えてきたのも現状です。

では、占星術の情報を提供する者として、どのようなことを伝えていくことが価値あるものとなり得るのでしょうか。
コンピューターやAIではなく、人間にしか提供できない情報とはどのようなものなのでしょう。

それには点と点、象徴と象徴とを結び、人生の物語を紡ぐことです。

ホロスコープを固定されたものと読むのではなく、人生のドラマとして扱うこと。
個人の世界に寄り添い、「どんな物語を体験し、今をどう生き、これからどこへ向かうのか」を丁寧に読み解くこと。
それがこれからのホロスコープリーディングにとって重要な課題となるでしょう。

実は、これらの流れを理解するのには、3区分(モダリティ)4区分( エレメンツ)といった基礎的な知識だけでも十分なのです。

今回の講座では、より少ない情報を使ったリーディングのコツを学ぶとともに、クライアントの心をつかみ、信頼関係を築くアプローチの仕方なども考えてみたいと思います。

ぜひ、本来の心理占星術の楽しさ・面白さに触れてください。

初めての方・心理占星術が分からない方には、
「そんなことまで分かるの?!」

心理占星術を学んでいる方、プロの方には、
「そんな読み方があったんだ!!」

と、どんな方にも「驚き」と「面白さ」 を感じていただける内容となっています。

初めての方からプロの方までご参加をお待ちしています。

◆◆プログラム◆◆
【第1部】これからのホロスコープリーディング
点と点、 象徴と象徴とを結び、人生の物語を紡ぐ
●モダリティ・3区分(活動サイン、不動サイン、柔軟サイン)、エレメント・4区分(火・地・風・水)を深く理解しよう
モダリティ・3区分とは、12サインを3つのテーマで区分したものです。
活動サイン(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)、不動サイン(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)、柔軟サイン(双子座、乙女座、射手座、魚座)となっています。
モダリティを学ぶことで、個人の人生の流れ、個人がどのように人生を築いていくのかを見ることができます。得意なモダリティを生かすと、どのような成長、発展が体験できるのか。苦手なモダリティの流れが滞るとどのような問題が起こるのか。
そういったことを理解していきます。

エレメント・4区分とは、 12サインを4つのテーマで区分したものです。
火エレメント(牡羊座、獅子座、射手座)、地エレメント(牡牛座、乙女座、山羊座)、風エレメント(双子座、天秤座、水瓶座)、水エレメント(蟹座、蠍座、魚座)となっています。
エレメントを学ぶことで、個人の価値観と人生における優越に働く能力、劣勢に働く能力のバランスを見ることができます。
これらの理解を深めることにより、 個人の隠れた心理的ドラマ(シャドウや抑圧、過剰補償)に迫ることができ、また乗り越えるべき課題を掘り下げることもできるようになります。

●優先して見るべきポイントを把握し、心に響く伝え方などを学ぼう
点と点を線にして物語を紡ぐ練習をしていきます。
チャートを見ながら、優先して見るべきポイントを把握していきましょう。
その際、どのような言葉を使い、どのように伝えれば、より個人に人生を物語れるのか、また個人の気づきへとつながるのかも考えてみたいと思います。
ナラティブセラピーといった「語り」の技法も取り入れながら、よりよい着地を目指せる流れをつくっていきましょう。

【第2部】横浜スペシャル記念!火星サイクル手帳ワークショップ!
牡牛座天王星入り目前! 今こそ、火星力をものにして人生を健やかにサバイブしよう!
今こそ、天体のエネルギー、サイクルを利用して生きることのすばらしさを考えたい、そして、新しい時代を生きることにしっかりと向き合う機会にしたい、そんなふうに思っています。

今回のWSプログラムはこちら!
☆プログラム☆
・火星力って何?
・これからの時代に必要な火星力とは?
・あなたの秘められた能力、眠った火星の力を引き出そう
参加者のホロスコープを題材に、秘められた能力(マイナーアスペクト45度、135度)を診断しながら、 今の時代に必要な火星力について解説します。
※火星サイクル手帳(4,200円・オリジナル付箋込)を会場でご購入いただけます

<strong>◆日時:3月/2 (土) 13:30 ~ 16:30
◆参加費:¥12,960 税込
◆会場:横浜市開港記念会館→公式HPはこちらから

お申込みはこちらから!
↓ ↓ ↓
3/2(土)横浜心理占星術講座&火星ワークショップ


たくさんの方のお越しをお待ちしています!
帰りにおいしい飲茶を食べて帰ろう!

nico
今、受け取ったフィードバックは、必ず未来の価値へとつながる
幸せな大阪講座からの帰り。
どの講座も本当に楽しく、講座終わりの中華もお酒もとってもおいしく、2日間があっという間に過ぎていきました。
参加者の皆さん、充実した時間をありがとうございました。

今回の大阪講座は、太陽・水瓶座期の講座ということで、できる限りたくさんの意見交換をし、たくさんの刺激を与え合おう、それぞれの個性を再認識し、それを伝え合おう、というのを目標にしてみました。

太陽・水瓶座。
これからの未来のための価値の再編。
客観的に自分を見る機会。
どのように生きるのか、何ができるのか、どんな個性が私らしいのか。

昨日の実践読みは3重円読みの最終確認とともに、参加者の皆さんのソーラーリターン図(ビデオ受講の方のリターン図も読ませてもらいました!)を読み、9年~10年の大きな流れを把握するとともに、「今、どんな自分をクリエイトするか」ということを考えていきました。
ぜひ、みらいづくりの参考に利用してみてください。

2限目は、「現場で心をつかむリーディング 時期読み編」を行いました。

時期読みに必要なのは、
自分の心象としっかり向き合うこと。
自分の心に起きていることを客観的に言語化し、普遍的なテーマとして伝えていくこと。

それを踏まえて、まずトランジットチャートを読み、「今、起きていること」を言葉にし、聞き手に届けていくという練習をしました。

私に起こっていることは、私をとりまく社会の中でも起きている。

では、Kさんが感じている「今」の違和感をどう言葉にすると、多くの人の「あるある」につながっていくのか。
Hさんが感じている反発心を、どう天体の象意に落としていくと、「今」を示す言葉になっていくのか。

ネイタルチャートは、今、それを読んで欲しがっている。
セカンダリープログレスチャートも、同じことを伝えている。
ソーラーアークも、「ここ読んで!」と訴えてくる。

それを総合して、クライアントの”今”を切り取り、パズルのように分析を重ね、最終的に適切な言葉にしていく。
これぞ、まさにハイレベルな時期読み講座!
来月も「現場で心をつかむリーディング 時期読み編」」やります。

エレメントのストレスフルな強調、数字の繰り返し、牡牛座強調なのに金星=2ハウスの不安、かならず、”ここ読んで!”の声が聞こえるようになります。
タロット実践勉強会もホラリー&コンサルテーションチャート読み講座も、「今」を切り取り、言葉にして伝えていく練習、また来月もみっちりやりましょう。

今回は、講座を通して、皆さんにたくさんのフィードバックをするように心がけました。
今回、私が伝えた意見、感想、賛辞、耳の痛い話も含めて、できれば未来の価値につなげてもらえたらうれしいです。
私も今回、思いがけない指摘も含めて、今、受け取ったフィードバックは、必ず未来の価値へとつながるはずと、「私」の再認識をさせてもらいました。

人の意見や評価は風と共に去りぬものですが、だからこそ、心にとめたものを大切に受け止め、「私」の未来をかたちづくっていけるといいですね。
人からの声を力に、新しい太陽の可能性を広げていけますように。

来月は、太陽・魚座期。
今回は、リーディングでも水瓶座=天王星のテーマが多かった!ので、来月は心と向き合い、未来のためのリリースができるような、牡羊座に向かっていくのに必要なエネルギーを蓄えていく、そんな魚座=12ハウス的な内容を中心にやってみようかな。

参加者の皆さん、来月もよろしくお願いします(動画受講の皆さん、URL少々お待ちください)。

あ!
うか子さん、大阪・火星振り返り会のすばらしいフィードバックありがとうございます!
火星チームとともに、価値の共有をさせていただきます。

nico
Designed by aykm.