FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
占星術が持つ制度的「知識と権力」から個人を解放しよう
今週末は、名古屋→大阪。
関西方面、週末はさらに暑くなると聞いていますが、講座のほうもかなり盛り上がりそうな予感。
明日の名古屋ホラリー&コンサルテーションチャート講座4回目は、みんな大好き「発言小町」の回ですし、明後日の大阪は、久々の「心理占星術のためのアドラー早期回想ナラティブセラピー」をやる予定。
その後は、火星振り返り会も開催します。

で、今日は少しだけ、土曜日の3限目に行うナラティブセラピーの話。

実は、ナラティブセラピーの成り立ちや理論を説明するのはそう簡単ではなく、「個人とは、社会的、心理学的、そして言語学的構造によって形づくられるものであって、個人はそれを制御することはできないが、自分たちはそれを探求して明らかにすることができる」という構造主義から、さらにフランスの哲学者であり歴史学者であるミシェル・フーコーが中心となってポスト構造主義を発展していったものをマイケル・ホワイトとデイヴィッド・エプストンが体系化をしたといわれている。

魅力的な理論はたくさんあるけれど、とりわけ「セラピストとクライアントがクライアントが支配されている問題のストーリーを書き換えることに取り組む」という、実に共同手作業的なアプローチを取るというのがナラティブセラピーの中心的な考え方だ。

その際、その支配とは「知識と権力」の圧力から成り立っていると考えられている。
ひとたび、個人が社会における言語で表現されたものに統合されると、特定の文化的真実があたりまえのこととみなされ、特権化される。
その結果、オルタナティブなもの――別の選択肢や代わりとなる生き方――を構築し、受容されることが抑圧されていくということだ。

ホワイトいわく、「セラピスト自身が”知を介した権力”をめぐる古典的な分析の中にとどまっているとすれば、人々の人生と関係性を形づくる、多くの社会的な力や構造的な不公平さには気づかないままになってしまう」と主張している。

ここでは、あまり長々とそれについては論じないけれど、私がこの意味に出会ったとき、「占星術に必要なものはこれだと」確認したのをとてもよく覚えている。

占星術という文化に固定された言語は、ときに非常に支配的な力を持ち、そしてまた、ある意味の中に個人をがんじがらめにする力を持っている。

占星術を学び始めたとき、私は講義や本を読み、占星術の象徴の固定された解釈を読み、とても息苦しくなったことを思い出す。
太陽と月が水瓶座の私は、「水瓶座は変わり者。人に対してクールにふるまい、独立心があり孤独を愛する」という解釈に釈然としないモヤモヤとした気持ちを抱え続けてきた。
それが私の目指す生き方なのか?と常に疑問を持ち続けた。
私が水瓶座らしいとされている言動をすると「それ見たことか!」と嬉々として喜ぶ人もいた。
まさしく暴力のようだった。

占星術業界は「オルタナティブ」という発想がまるでなく、これではナラティブセラピーのいう「問題のある物語を支えている拘束から個人を分離する」どころか問題ある物語に居座り続け、人生の可能性を遠ざけることにもなるかもしれない。

私は〇〇座だから、
私は太陽と○○がスクエアだから
私は6ハウスが強調だから、

といった言語に支配され、違う選択に目をつむってしまうことにもなりかねない。

4ハウスに太陽や月を持っていても、点々と旅をしながら仕事をしたっていいではないか?
天王星が働いていても、静かなる平安を望んでもいいではないか?
水瓶座が強く働いていても、他者との深い関係を望み、たっぷりと愛情を注いでもいいではないか?

そもそも人間は、誰もが「オルタナティブ=例外的」な生き物なのだ。
だから、占星術が持つ制度的「知識と権力」から個人を解放し、新しい可能性を開いていこうではないか?

土曜日の3限目は、皆さんのチャートの中からオルタナティブストーリーを見つけていく練習をします。
新しい気持ち、新しい言葉でチャートを再著述していきましょう。

「効果的なセラピーは、人間の可能性についての好奇心を喚起し、イマジネーションの戯れを引き出すような方法で、感動せずにはいられない自s寧の苦境の再著述に人間を従事させるものだ」とマイケル・ホワイトは言っています。

そんな時間をみんなで送れるといいですね。

詳細はこちらです。
まだ席あります。
お時間ある方、ぜひ自分のチャートを見直してみましょう。

大阪3限目の詳細はこちらから。
↓ ↓ ↓
大阪はアドラー早期回想&ナラティブセラピー
スポンサーサイト
7/30(火)実践読み講座スタート! 心理占星術の実践の目標とは?
朝から暑い、昼がバカみたいに暑い、夜も引き続き暑いと、一日中ず――っと暑いですが、皆さん、お元気にしていますか?

明日7/30(火)の13時から、心理占星術実践読み講座がスタートします。
実践読み講座の目標の一つとして、「ホロスコープを物語として読む」というのを掲げているのですが、これが意外と難しい。

心理占星術は、幼少期のことを読むのが得意、幼少期を読むことが必須だと思っている人がけっこういるみたいですが、

子供時代、父親が不在だったんじゃないか、
親が不仲だったんじゃないか、
兄弟との問題があるんじゃないか…などなど。

こういった失われた子供時代を読むことが心理占星術のホロスコープ読みだと思われていたりするのですが、ホロスコープのリーディングは、完全に読み手の好みや価値観が反映されるので、読みたければ読めばいいし、読み必要がないと思えば読まなくてもいいのです。

それを伝えることが有効かどうかは、現場ごとに判断していけるといいですね。

人によっては、河合隼雄氏の言う「クライアントの語りを歌にしない」ではないけれど、同じ記憶、同じ不安や悩みを何度も何度も繰り返し語る癖ができている場合、その語りのつくった”轍(わだち)”から本人自身が抜け出せなくならないよう注意を払う必要もあるかもしれません。

その場合、、本人が自分自身でその轍(わだち)から抜け出せるような新しい道を提案してみる。
その新しい道は、本人の本来と矛盾がないかどうか。
環境や既存の価値観にとらわれたものではないかどうか。
本人の本来と環境とのすり合わせはどのようにできるか。
そのうえで、どのような未来を創造していくことができるだろうか。

そういったことを基礎的な知識を総動員しながら、クライアントさんと一緒に考えていく。
そういったリーディングを目指していきます。

復習動画も用意しています。
講座中は、講座の動画を何度でも視聴していただくことができるサービスです。
生徒の皆さんからは、これがないと困る!と大好評!

ということで、あと2席空いています。
心理占星術実践読み講座、興味のある方はぜひ参加してみてください。

あ、明日10時からは心理占星術勉強会です。
ホラリー&コンサルテーションチャートの復習とともに、ちょっと硬派な職業占星術、キャリアを考えるというのもやってみましょう。
よろしくお願いします!

●730日(火)スタート 心理占星術実践読み講座 第4火曜日クラス
■日程:7/30 8/27、9/24、10/22、11/26、12/24 13時~16時 3時間×6回
 ※初回のみ第5火曜日のスタートになっています!
■内容
・1回目 
半球の強調、太陽、ディスポジターからホロスコープの持ち主の心象風景を理解する
少ない情報で、どれだけ個人の世界を把握できるか
・2回目
アスペクト、ハウスからホロスコープの持ち主の発達の物語と成長の可能性を考える
どこから来てどこへ向かうのか。
幼少期から今の個人、そこからどのような未来を築いていくのかをイメージする
・3回目
ホロスコープの持ち主の資質と心理的防衛を考える
トランジット図の解釈と利用方法を考える
環境を整え、個人の生きやすい状況をつくる
・4回目
出生図と進行図(セカンダリープログレス&ソーラーアーク)との関係から、個人の”今”と”これから”を設計する
出生図とトランジット図との関係から、”環境”と”時”の利用の仕方を考える
・5回目
対人関係
出生図から対人関係の問題と可能性を考える
関係性の力学から、個人の成長の可能性を考える
6回目
総合読み
心理占星術の現場とカウンセリングの技術を学ぶ
■場所:北参道・心理占星術研究所
■講座料:72,000円
※お支払方法はご相談ください。

※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※欠席の際は、動画での補講していただくことができます。
※動画受講あり

※講座の進みに応じて、延長の可能性アリ!

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


【追記】
お問い合わせがありましたので追記させていただきます。

動画受講の方法は2つ。

①YouTubeにて動画を視聴していただく方法。
②ZOOMにて、オンラインで参加していただく方法。

となります。
いずれにしても、開催中は動画を何度も視聴していただくことができます。
動画参加の方も課題を出していただきます。
また講座中、参加者のチャートのリーディング(ネイタルチャート読み、時期読み、ソーラーリターン図)などもしていくのですが、その際、動画参加の方のチャートも講座の中で読ませていただきます。

基礎から学び直しができるとても有意義な講座です。
ぜひご参加ください。
8月の大阪はアドラー早期回想&ナラティブセラピー&住吉大社
明日から太陽は獅子座期だっていうのに、なんだかパッとしない天気が続きますね。

参政権を勝ち取ってくれた先人たちに敬意を払って選挙には足を運ぶものの、政治もなんだかパッとしない。
父性不在の社会だからこそ(芸能界もごたごたやってるみたいですが)、個々人の生き方が問われる時代ということですね。
間違った道に進まないよう、頭をクリアに、目をしっかり見開いて生きていきたいものです。

ポツポツお問い合わせがきているので、次回の大阪3限目のお知らせから。
次回は、東京でも盛り上がったアドラー早期回想のワークをやります。
ついでなので、ナラティブセラピーのテクニックも学んでみてください。
こちらをセットでやると、ものすごく効果があるというか、意味があるセラピーになるのです。

アドラー早期回想もいつも大きな気づきを与えてくれますが、それをどう書き換えていくか、それにはナラティブセラピーの技術がもってこいです。
皆さんのホロスコープを利用して、早期回想、自己像の書き換えをやってみましょう。
また、現場での使い方――適切な質問の仕方、効果的なセッションの進め方、未来のための象徴の書き換え(天体、ハウス、アスペクト)――などもお伝えしていきます。
その際、前回、時間切れで出来なかったサクシーデントハウスのテーマ(セクシュアリティ)をご希望があれば見ていきたいと思います。

他の講座では学べないとっておきの内容です。
ぜひ楽しみにいらしてください。

今回も皆さんの体験談を参考にさせていただくので動画はありません。
よかったら現地参加してください。

アドラー早期回想ナラティブセラピーで自己像を書き換えよう★
■日時:8月10日(土)17:30~20:00
■場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階C
■講座料:4,000円
気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


アドラー早期回想とは】
フロイトは「忘れている記憶に意味がある」と考えましたが、アドラーは「覚えている記憶にこそ意味がある」と考えました。
記憶とは、私の”今”を規定するための、”今”の私の存在を明確にするための、私語りの道具だからです。
つまり、覚えていること=”今の私”にふさわしい物語ということ。
すべての記憶には省略や歪曲が含まれています。
人は内的な必要にあわせて、自分の記憶に着色し、あるいは省略するのです。また強調したり省略したり、誇張したり、縮小したりもします。
早期回想を聞き取り、分析することで、その人の今の問題点や真の欲求や能力を掘り当てることができます。

ナラティブセラピーとは】
近年、カウンセリング、コニュニティーワークにおいて急速に浸透している最先端の治療的介入法です。
その要諦は、クライアントのストーリーの書き換え(リ・ストーリング)にあり、「問題が問題であり、人や人間関係が問題ではない」という前提を受け入れることからスタートします。

今回、どのくらいナラティブセラピーを体験してもらえるかわかりませんが、一応、
・袋小路にはまることなく、問題が入り組んだストーリーを聴く技術を学ぶ
・問題を名づけ外在化する
・遂行能力への手がかりを見つける
・オルタナティブストーリーを練り上げる
・過去の人間関係をリメンバリング


等々、魅力的な技法がたくさんつまっています。
どこまでできるかな。
とても素晴らしいテクニックなので、少しずつ、丁寧に学んできましょう。

そして。
岡崎ツアーズから、またまた魅力的なツアーのお誘いが来たので、さっそく皆さんにお知らせ。
今回は、「住吉大社 初辰まいり&飲める餃子」。
火星チームとしては、「発達」というワードを無視することはできません(つびーも張り切って、またまた東京から参加してくれるそう)し、商売繁盛といえばやっぱり大阪ですよねー
種貸人形、これはほしい!

そしてお参りのあとは、「飲める餃子」。
餃子好きとしても、このお誘いは見逃せません。
あんまり美味しくて、「追い餃子」なんでざら。
「追々餃子」やっちゃうかもなあ。

岡崎さん、またまた魅力的なツアーのお誘いありがとうございます。
ぜひ、みんなで射手座・木星が順行に戻るタイミング!に「はったつまいり」しましょう!

★岡崎ツアーズ企画 大阪にぎわいツアー「住吉大社 はったつさんの巻&飲める餃子」の巻★
◆日時:8月11日(日)9:00スタート 
◆天王寺集合(または9:30に阪堺線の住吉駅)
◆初辰まいり(4社めぐり)

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

初辰とは、毎月最初の辰の日で、この日に参拝すればより力を与えて守り助けてもらえます
初辰と発達をかけて、商売や家庭の発達繁栄を祈るお参りです。

種貸社(祈祷料¥1,100)
南楠社(祈祷料¥1,500)
浅澤社(お詣りのみ)
大歳社(祈祷料¥1,000)

参考までにhttp://www.sumiyoshitaisha.net/worship/hattatu.html

初めての方が多いので、それぞれで住所とお名前を書かなければいけません。
一人一人お名前を読み上げてご祈祷してくださいます。
参加人数にもよりますが、だいたい2時間くらいあれば…

12:00 純華楼で飲める餃子
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270107/27042677/
8/18(日)ホラリー&コンサルテーションチャート講座開催決定!
私の生徒さんから絶大な人気を誇るホラリー&コンサルテーションチャート講座の開催が決まりました。

占星術の持っている見事なシステムと人の心や営みとのシンクロニシティ。
このブログでも書きまくっているので、もう多くを語る必要はないかもしれませんが、この技法を身につけることのよさとして、私は一番に、

「自分自身の思考が整ってくる」

というのを上げたいと思います。
思い込みや考えグセというのが修正され、シンプルに世界を見る力がついてくる。

うまくいくときはうまくいくし、行かないときは行かない。
チャートを作成した段階からそれがわかる。

物事はこういうことかと、物事をややこしくする必要がなくなってくる。
星とともに生きるとはこういうことなのかもしれないねー
そんなふうに思える、なかなかオモシロイ技法なのです。

あと残り3席なので、気になる方はお早めに!
もちろん、動画での受講もOK!
動画による復習もできます。

★カウンセリングの現場で生かすホラリー&コンサルテーションチャート

占星術が何よりも面白いのは、天空に配置された星々と、地上における人々が作り出す事象がシンクロを体験したとき。
ホラリー&コンサルテーションチャートはその見事さ、面白さが凝縮されているのです。
クライアントは、時に自分自身の本当の悩みをうまく打ち明けられないことがあります。
または、質問とは違うところに本来の意図や悩みを持っていたりすることもあるでしょう。
ホラリーチャート、コンサルテーションチャートを使ってどのように個人の“今”とシンクロさせることができるか。
質問を受けてから、着地するまでどのようなシナリオを描けるのか。
ホラリーチャート、コンサルテーションチャートという“瞬間”を切り取った写真を使って「今ここ」の風景をあぶりだし、問題を浮き彫りにし、問題解決の糸口、またはネイタルチャートに隠されたパターンや欲求を見つけていく。
古典の技法をしっかり学び、実際の現場でのケースを多数読みこなし、じっくり学んでみたいと思います。
「今」の状況を理解し、乗り切る勇気を持つことができれば、過去の問題を消化し、未来を変えることができるはずだ。この心理学者アドラーの考え方をもとに、クライアントの“今”をしっかり理解し、サポートしていくこと。
それが心理占星術的古典の利用方法となります。
占星術の面白さ、現場の面白さがギュッとつまった講座です。
現場力をつけるためにも、ぜひ本講座を学んでみてください!

★東京クラス 8/18(日)スタート
■日時:毎月第3日曜日  13:00~16:00(3時間) 8/18、9/15、10/20、11/17、12/15(全5回)
■講座料 60,000円(1回12000円) ※お支払い方法はご相談ください ※再受講の方は30,000円で受講いただけます
■場所:北参道 みらいづくり研究所

★動画受講&動画による復習もアリ!

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

7/30(火) 「私」を健やかに生きるための 心理占星術実践読み講座
今回は、平日昼間の心理占星術実践読み講座の募集になります。
ひさしぶりの開催です!
楽しみですねー!

nicoの実践読みは、どんなホロスコープも的確に読めるようになる、自分の言葉で象徴を語ることができるようになるというだけでなく、個人の成長のプロセス(過去ー現在ー未来)をイメージし、て語ることができるようになるというのを目標にしています。

以下のカリキュラムにも書いていますが、例えば、ネイタルチャート上に、水星と土星がスクエアになっていたとして、そのアスペクトは、「どこからきて、今はどんな状態で、どんな未来を創造することができるのか」、個人の抱えやすい心理的パターンから、今を理解し、最良の状態を目指す成長を考えてみる練習をしていきます。

①水星期には、どのような体験をしたのか。
②今、このアスペクトは個人の人生にどのような体験をもたらしているのか。
③そして、このアスペクトは、今後、個人の人生にどのような可能性をもたらすのか。

この3段階を考えてチャートを読むことで、過去から今、そして未来へと続く、個人の成長プロセスをイメージできるようになるわけです。

また、ホロスコープに示された象徴(サイン、ハウス、天体のアスペクト)をすべて言葉にしていく練習もしていきます。
そもそも、ASCとは、MCとは何か。
それをクライアントさんに伝える際、占星術用語を使わずに伝えるには、どのような表現が有効か。
曖昧な状態にせず、自信を持って言葉にする練習をしていきましょう。

人生を振り返り、未来を創造するのにもとても効果的な講座です。
象徴を言葉にする練習の一環として、ホロスコープ読みの課題も出ます。

最近は、復習動画も用意しています。
講座中は、講座の動画を何度でも視聴していただくことができるサービスです。
生徒の皆さんからは、これがないと困る!と大好評!

興味のある方はぜひ参加してみてください。

●7月30日(火)スタート 心理占星術実践読み講座 第4火曜日クラス
■日程:7/30 8/27、9/24、10/22、11/26、12/24 13時~16時 3時間×6回
 ※初回のみ第5火曜日のスタートになっています!
■内容
・1回目 
半球の強調、太陽と月、ディスポジターからホロスコープの持ち主の心象風景を理解する
少ない情報で、どれだけ個人の世界を把握できるか
・2回目
アスペクト、ハウスからホロスコープの持ち主の発達の物語と成長の可能性を考える
どこから来てどこへ向かうのか。
幼少期から今の個人、そこからどのような未来を築いていくのかをイメージする
・3回目
ホロスコープの持ち主の資質と心理的防衛を考える
トランジット図の解釈と利用方法を考える
環境を整え、個人の生きやすい状況をつくる
・4回目
出生図と進行図(セカンダリープログレス&ソーラーアーク)との関係から、個人の”今”と”これから”を設計する
出生図とトランジット図との関係から、”環境”と”時”の利用の仕方を考える
・5回目
対人関係
出生図から対人関係の問題と可能性を考える
関係性の力学から、個人の成長の可能性を考える
6回目
総合読み
心理占星術の現場とカウンセリングの技術を学ぶ
■場所:北参道・心理占星術研究所
■講座料:72,000円
※お支払方法はご相談ください。

※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※欠席の際は、ビデオにて補講していただくことができます。
※ビデオ受講もあり

※講座の進みに応じて、延長の可能性アリ!

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


【追記】
お問い合わせがありましたので追記させていただきます。

ビデオ受講の方法は2つ。

①YouTubeにて動画を視聴していただく方法。
②ZOOMにて、オンラインで参加していただく方法。

となります。
いずれにしても、開催中は動画を何度も視聴していただくことができます。
動画参加の方も課題を出していただきます。
また講座中、参加者のチャートのリーディング(ネイタルチャート読み、時期読み、ソーラーリターン図)などもしていくのですが、その際、動画参加の方のチャートも講座の中で読ませていただきます。

基礎から学び直しができるとても有意義な講座です。
ぜひご参加ください。
Designed by aykm.