FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
ニコプラネット春分号 今こそ”wel-being” 生きることに責任を持つ
2017年から開始した心理占星術学習マガジン「nicoPLANETニコプラネット」は、ちょうど3周年を迎えることができました。
4年目以降、もっともっと内容充実させていく予定ですので、みんなで応援していただけたら幸いです。

ということで春分。
今回は、この3年間で一番テキストを書くのに悩んだかもしれない。
刻々と変わる状況、不透明な未来、不安におびえる世界…そんな中で、心理占星術って何ができるのかな、どんな象徴を拾って、どんな言葉を作ってけばいいのかな、そんなことを考えているうちに、言うべきことに迷いが生じたりして。

でも、「危機の心理占星術」に寄せられたたくさんのフィードバック――やっぱり心理占星術って面白いですね――のおかげもあり、向かうべき方向性が少しずつ明確になってきたかな。

今回は、nicoが考える目指すべき方向性をチャート等で見ていけたらと思っています。
赤ペン原稿には、12人による12サイン分の「目指すべき方向性」を書いてくれています。
とてもユニークで有益です。
ぜひ、2020春分号を楽しんでもらえたらうれしいです。

まずは、赤ペン12サインから。

赤ペン12サイン占い2020 牡羊座


今回は、魚座を担当してくれた苑宮さんのテキストをチラ見せ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「こんなことできたからってなんになる?」と思ってしまうようなちっぽけなことでも、それを必要としている人が必ずどこかにいるはずだ。目の前の小さな可能性を大切に育てていくことで、今はまだ見ぬ才能が花開くこともある。謙虚さは捨て去り、自分の歴史が築き上げてきた魅力の探求をしてみてほしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シンプルだけど力強い。
世界は魚座を求めてるよーと叫びたくなるほど。
皆さんのサインはどんな方向へと進んでいくのかな。
ぜひ1か月の過ごし方の参考にしてください。

そして、nicoの星宙予報。

nicoの星宙予報2020 牡羊座


今回は、いつも以上にいろんなネタを詰め込んでみた。
最近やった「危機の心理占星術」の見直しとしての火星のトランスレーションの解釈。
・フォール(-4点)の山羊座木星の意識とは
・心理占星術における冥王星の解釈とは
・そして、水瓶座土星における課題とは

そんなことにも触れつつ、Newsweek 最新号「観光業の呪い」から、価値づくりの提案をしてみたり、季節の提案として「代謝」の話をしてみたり、井原西鶴の言葉を引用してみたり。
いろんな情報盛りだくさんなので、時間があるときに読んでみてください。

最後は、おなじみ今月の言葉。

今月の言葉 2020牡羊座 エーリッヒ・フロム


私の心理占星術の考え方の原点になった考え方の一つである「well-being」。
本当はね、あんまりにもベタだし、しょっちゅう講座でもネタ出ししているし、だからわざわざ取り上げる必要ないと思っていだのだけれど、今の時期に合った言葉って何かなあーってずーっと考えあぐねてて。

ということで、私の出発点に戻ってエーリッヒ・フロムの「禅と精神分析」の本から言葉を抜粋しました。
言葉自体はちょっと難しいですが、一応、解説っぽいのも載せてみました。
書き出しはこんな感じ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 新しいサイクルのスタートである。草木は新しい芽をのびのびと伸ばし、花々は気ままにその生を楽しむ。しかし、彼らは生き残ったものたちだ。一方で長い冬に耐え切れず、命を終えたものも存在する。芽をつけられなかった、花を咲かせられなかった枝は、誰の目にとまらず朽ちていく。目に見える自然の現象は鮮やかであっても、背後で繰り広げられる生存活動は厳しい。

 占星術の本によると、牡羊座はとても単純なサインのように描写されていることが多い。せっかちでがむしゃらで人のことはお構いなく、ガツガツと自分の獲得に勤しみ、その存在はあつかましい。

 本当にそうなのだろうか? たとえそうだったとしたら、その切迫した生き様の中に何か大きな理由を秘めているのではないだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
牡羊座の方たちはもちろん、今の時代を生きる人たちにも参考にしてもらえたらなと思っています。

ということで、1か月後の世界はどうなっているのかな。
皆さんが少しでも明るく元気で過ごせることを祈って。

それにしてもいい天気。
これはうちのベランダで収穫した草花たち。
春の花は香りがスパイシー。
ちなみにミモザの香りはセクシュアリティを刺激するとか。
春ですねー

B1C3D596-39ED-4AA0-86B5-D663D5AA0EFF.jpg

スポンサーサイト



ニコプラネット魚座号 こんな時代だからこそ、こころに沿って生きる
毎回、大奮闘のニコプラネット。
講座や勉強会、ワークショップ、またはブログなどとは違うネタ、視点を少しでも盛り込もうと取り組んでみている。
つまり、私にとってチャレンジな機会。
今回もどうかなあ、新しい刺激を受け取ってもらえたらうれしいです。

●まずは赤ペン12サイン占いから。
↓ ↓ ↓
赤ペン12サイン占い 魚座期

今回はね、魚座を担当してくれたまさこさんのテキストがとてもキュートで素敵でした。
「私の笑顔が誰かを救う。そんな冗談ともいえることを日々のなかで実践していくのもいいんじゃない?」

魚座の方にも、また魚座期を過ごす方にもぜひ読んでもらいたい!
その他の方も、それぞれに個性的な内容がズラリ。
お時間あるときに、または自分の学習もかねて目を通してみてください。

●nicoの星宙予報
↓ ↓ ↓
nicoの星宙予報2020 魚座


今回は、リンパ液の話。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
体の機能から考えると、魚座は足裏とともに、水エレメントとしてリンパ液を司る。リンパ液は細菌や異物を濾過、貪食、除去するフィルターの役割を果たすわけだから、自分の月=蟹座が違和感を覚える異物は、この時期、さっさと処理してしまうに越したことはない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という話も書きました。
お時間あるときにでも読んでみてください。

●最後は、今月の言葉
↓ ↓ ↓
今月の言葉2020 魚座・石井桃子


誰でもきっと一度は手にしたことがある、とくに子育て中のママさんにはおなじみの翻訳家・石井桃子さん。
先駆者として女性の社会進出をいとも簡単にやり、「良い本を子どもたちに届けたい」という自分の想いに忠実に生きた人。
魚座の理解とともに読んでみてください。

ということで、魚座期。
先日、12サインの象徴の見直し勉強会で魚座について、「暗い想いに引っ張られずに、できる限り自分や社会の夢やイメージに心を添わせること」という話をしました。

こんな時代だからこそ、何に沿って生きるかが大事。
できれば、これからの未来を信じ、よいイメージに沿って生きるほうが魚座期らしさが出るかもです。

クラのように自分のこころに沿って、気分に身をゆだねて、ゆらゆら、ゆらゆら。

unnamed (1)


nicoplaNET 2020年水瓶座号は自分なりのユートピアを描いてみる
先日、職業占星術イベントで「ニコプラネットの今月の言葉、いつも楽しみにしています」と声をかけてもらった。
「続けるのは大変だと思いますが頑張ってください」ですって!
なんてうれしい…涙涙涙

自分で言うのもなんですが、みんながその時々の太陽トランジットの力をうまく利用してステキな日々を送れるといいなあ、そんな思いでいつも記事を書いています。
The 理想主義の水瓶座期だから、恥ずかしげもなく言ってもいいか。

ということで、今月も無事間に合いました。
お時間あるときに読んでみてください。

まずは、
▼nicoの赤ペン12サイン占い 2020年水瓶座期から

nicoの赤ペン12サイン占い

今回は、たくさんのスマッシュヒット、パーフェクトなテキストがたくさん登場しています。
初参加の方もいらっしゃいますね。
私のお気に入りは、もうすぐ出産を迎える魚座担当:うか子さんのテキスト。
幸せなのかな、ロマンがあってとてもステキな文章に仕上がっています。
魚座の方、ぜひ楽しみに読んでみてください。

▼次は、nicoの星宙予報。

星宙予報 2020年水瓶座期

今回も太陽イングレスチャートを読み、水瓶座期にやっておくときっといいことあるよーということを書いています。
今回は、ICのテーマが中心の内容です。
水瓶座期にIC??
さて、どのようなことを提案しているでしょうか。

▼最後は、今月の言葉「水瓶座 竹宮恵子」

今月の言葉 水瓶座 竹宮恵子

「地球(テラ)へ」懐かしいですねー
ちびっこ時の夢中になって読んだ愛読マンガが満を持しての登場です。
居場所がうまく見つけられなかった私にとって、無理に所属しなくてもいいという決断をさせてくれた本でもあります。

ということで、2020年最初のニコプラネット。
皆さんの水瓶座期がステキな体験になりますように。

Desktop142.jpg

星宙予報でも書きましたが、今日のようなキラキラした陽気の日は、太陽の光の中に春の兆しを感じますね。
ニコんちのベランダも、植物たちがさっそく芽吹きの準備に入っています。
春が待ち遠しいです。
nicoplaNET2020年冬至号 山羊座てんこ盛りだって!何やる?
まず、週末の講座に参加してくれたみなさま!
おつかれさまです!

東京でも始まりました、内容を一新しての職業占星術パーフェクトマスター講座。
ホロスコープの可能性、個人の可能性を最大限に生かすことを目標にした第1回目、皆さん、本当に楽しそうでした。
使えるでしょー、
皆さんにお伝えしましたが、
今回の講座を通して、まず自分自身が個人を活かすことに本気で挑んでもらいたいということ。
どのような生き方を選択したとしても、既成概念、固定観念にとらわれず、自分の生き方を自由にクリエイトしてもらいたいということ。

6回が終わるころには、きっと人生のとらえ方、働き方の意識が変わっていることを楽しみに、たくさんのことを学んでもらえたらと思っています。
これから半年間、どうぞよろしくお願いします。

その他の講座――タロット講座は魂の成長のための学びを、ホラリー&コンサルテーションチャート講座はシンクロニシティの面白さを引き続き学んでいこうと思います。
2020年もどうぞよろしくお願いします!

ということで、ニコプラネット冬至号!
まずは赤ペン12サイン占い。
↓ ↓ ↓
12星座占い 12/22~1/19 — nicoの赤ペン添削付き
赤ペン占い担当のみなさま。
2019年の頑張って駆け抜けましたが、1年を通して、印象に残った天体配置や象徴の解釈などはありましたか?

やはり私は、2018年後半から2019年の秋口まで続いた、ファイナルディスポジター同士で形成されていた射手座・木星□魚座・海王星がとても印象的でした。
このコンタクトは2184年!まで起こらないわけですから、まあなかなか意味深いものがあります。
このときに生まれた理想――サスティナビリティなのか、Me tooなのか、世の中がよりよくなるための理想をどのくらい共有できたのか、自分の中にどんな夢が育ったのか。
失望ばかりの現実ですが、その中で残った夢の種をこれからの未来でどう育てていけるかどうか。

つびーは「火星サイクル手帳で日本を元気にしたい!」と言ってましたが、皆さんの理想はどのようなものだったのかな。
いつか、また聞かせてもらえたらうれしいなあ。

次は、星宙予報。
↓ ↓ ↓
nicoの星宙予報2019 山羊座

本当はね、先に書いた木星□海王星のことを書きたかったのですが、明日の火星ワークショップでもお話しする予定だしなあということで、山羊座の利用の仕方と射手座のお話を少しだけ書きました。
皆さんが知っていることですが、改めてまとめてみたので、時間があるときに読んでみてください。

最後は、今月の言葉。
↓ ↓ ↓
今月の言葉 2019山羊座 坂本龍一

今日のタロット講座終わりに「山羊座ってなんか堅苦しい感じがするけど、どう思いますか?」という質問に対し、「山羊座って、しゃれてる、アーバンだよねー」という話でみんなで盛り上がった。

今回の今月の言葉は、こんな書き出し。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
占星術における地エレメントの象徴というのは、どうも誤解があるというか、決めつけが激しいというか、実社会で活躍している人たちの言葉を聞くと、『なんと占星術の象徴はちっぽけな世界しか表現できていないのだろう』と憤ることばかりだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
教授はどんな言葉を言っているのかな。
こちらもお時間あるときに読んでみてね。

あー今回も間に合ったー
つびーもアップ作業おつかれさまでした!

IMG_6591.jpg

明日は、楽しい楽しい火星ワークショップ!
みんなで射手座のビジョンを共有できたらいいですね!

皆さんの山羊座期がよい時間になりますように。

nico
nicoPLANET2019年射手座期号 声を出す 勇気を出す そして…
今年も残すところあと1か月ちょっと。
そのはやる気持ちも射手座らしい。

ということで、今月もニコプラネットの記事をどうぞ!

まずは赤ペン12サイン占いから。
↓ ↓ ↓
赤ペン12サイン占い2019 射手座


今回はね、みねんこさんのテキストがとってもよかった!
400ワードの中にたくさんのエッセンス―――ずっと読んでいたいような心地よさもあり、言葉選びやリズムに個性もあり、時期読みやサインの特徴もしっかり描かれていて――が詰まっていてとても素晴らしい仕上がりでした。

みねんこさんは、牡牛座担当。
よかったら星読みの参考にしてみるのはどうでしょうか。

次は、nicoの星宙予報。
↓ ↓ ↓
nicoの星宙予報2019 射手座


今回は、私もやっているルドルフ・シュタイナーの教育ダンス「オイリュトミー」の考えと、そして「声」の結びつきの話をしてみました。
2019年射手座期は、どれだけ「声」が重要か。
ぜひ、このテキストを読んで「声」について考えてみてください。

最後は、今月の言葉。
↓ ↓ ↓
今月の言葉 2019射手座 ブルース・リー


今月の言葉は、私のアイドルの一人、ブルース・リー(あれ?ジミヘンも落合選手も、そして笠井叡も、私のアイドルはみんな射手座だ!)。
まさに哲学する武術家であるブルース・リーは、短い人生の中でたくさんの「声」を残した人。
彼の言葉から、どのくらい射手座のエッセンスが感じられるかな、どうかな。
お時間あるときに読んでみてね。

ということで、今月も無事アップ終了。
赤ペン12サイン占い担当の皆さん、アップ作業担当のつびー、今月もありがとうございました(私のテキストがギリギリの提出になってしまったので、つびーにはご迷惑おかけしちゃった。遅くまで作業ごくろうさまでした)!

では!
射手座期も元気にいきましょう!

nico
Designed by aykm.