FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
ニコプラネット水瓶座号  もたらされているギフトに気づくことができるか
風の時代といわれる中、太陽は風エレメントである水瓶座へと移動。
これだけ混迷が深まってくると、風というより、ホワイトアウトという表現のほうがしっくりくるが…

ようやくアメリカ大統領就任式。
人の命を落とすような事態は避けるべきだけれど、ドナルド・トランプのようないわゆる”風雲児”を呼ばれる刺激的な人物の出現のおかげで、考える機会というのをもらうことができている。
コロナもそうか。

ホワイトアウトな状況の中、どう考え、どう判断するか。
本当に個々人の知性が問われる時代なのかもしれない。

ということで、ニコプラネット2021水瓶座号。
自分が太陽、月に水瓶座を持っているからか、風の時代と騒がれているからか、書いてみると、自分が思っている以上に水瓶座に思い入れがあることがわかって驚いた。
当たり前と言えば当たり前なのだけれど、あまりにも誤解が多い水瓶座の解釈――個性的、変わり者、冷たい、人工的等――をどうにか是正することはできないか、そのような熱い思いがどこかにあったようだ。

ということで、占星術のキャリアもそこそこ積んできましたが、ここで改めて風エレメント・不動サイン・水瓶座についてちゃんと書いておきたいという気持ちが芽生えたニコプラネット2021水瓶座号の紹介です。

●赤ペン12サイン占い
→→赤ペン12サイン占い2021 水瓶座

今回は、牡羊座期を担当してくれたみねこさんの記事から抜粋。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなあなたが発揮できるのは「きっかけを生む能力」。不意にひらめく性質が場の問題に刺激を受けて開花します。同時に話しの聞き手としても隠れた能力があり、率直な意見だしが必要な重要場面では特に役立つでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心理占星術が12サイン占いにも有効なのは、そのサインの内的真実にぐっと迫れるから。
何を怖れ、何を望んでいるのか。
12サインそれぞれの心理に触れることで、より12サイン占いに奥行きが出てくるのです。

水瓶座期の過ごし方の参考にぜひ読んでみてね。

●星宙予報2021
→→nicoの星宙予報2021 水瓶座期

今回は、水瓶座の心理学者アドラーの言葉を引用。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライフスタイル=性格とは、人生の設計図であり、人生という舞台の脚本である。ライフスタイル=性格が変われば、人生はガラリと変わるだろう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、この言葉が今期の水瓶座とどのように関連しているのか。
風の時代が本格的にスタートするであろう、2021水瓶座期のイングレスチャートは、1ハウスに6天体(金星、冥王星、太陽、土星、木星、水星)も入室している。
その時期に、このアドラーの言葉はどのような意味を持つのか。
心理占星術に興味ある方にも、そうでない方にも、この時期の過ごし方の参考に、また水瓶座の理解を深めるのに役立てていただけたらうれしいです。

●今月の言葉
→→2021水瓶座の言葉 ヴァージニア・ウルフ

ヴァージニア・ウルフ。
名前を見聞きするだけでも胸が締めつけられる。
彼女の作品は真実の先にあるもの――何か静かな法則のようなもの――にたどり着くことができる、そんな緊張感と美しさがあるのが魅力だが、今回の「今月の言葉」は、お金も時間も、ひとりになれる部屋もない中、ものを書こうとした女性たちに思いをはせて語った「自分ひとりの部屋」という本から引用した。

先人たちの闘いの結果もたらされた多大な特権――女性のためのカレッジ、財産所有権、参政権等――がもたらされているにもかかわらず、

チャンスがなかったとか、訓練を受けていない、励ましが得られない、時間やお金がないなどという言い訳がもう有効でないのもおわかりになるでしょう

とヴァージニア・ウルフは女性たちにはっぱをかける。
本当にそうだ、この世界は、たくさんのギフト=価値にあふれているはずなのだ。
なのに、こんなに恵まれた環境においてでさえ、私たちは言い訳を続けてしまう。
ウルフは言う、ここから先も「とても長くて苦労が多く、他人から顧みられることはじつに少ないもの」だけれど、人生航路を始めなくではならない、「人生という仕事をおやりなさい」と。

今月の言葉、ちょっと長いですが、身がぎゅっと引き締まる思いがし、また愛にあふれた感動的な文章ですので、ぜひ読んでみてください。
不動サインの理解が深まり、きっと風の時代も勇気をもって進んでもらえると思います。

ということで、とても重要な2021年水瓶座期。
みなさんにとって充実の期間になることを願っています!

私の水瓶座期は、引き続き先人たちがもたらしてくれた占星術という美しき学問を、せっせとみなさんにお伝えする活動にいそしむ予定。
新しい講座もいくつか始まりました。

私の最近の野望としては、やっぱり12サインの解釈をちゃんとやり直したい。
きのうの勉強会でも、わかなさんたちとやりたいねーと話ししましたが、水瓶座期にみんなと意見を交流しながら、形骸化した12サインの言葉を改めて見直してみたい、と思っている。

日差しが少しずつ春にむかっているのを感じます。
こんな時代ですが、希望の光はいつも心に差し込むものですね。

スポンサーサイト



ニコプラネット2020冬至号 冬の空にはロマンがいっぱい!
まずは、明日の「zoom勉強会 冬至図から見る2021年をみんなで予測してみよう!」ですが、たくさんのライブ&動画参加ありがとうございます!
初めての方も参加してくれるようで、とーっても楽しみです。
明日は、様々なチャート(2020年の四季図、2021年の春分図、2020年12月15日の食図、牡牛座天王星イングレスチャート、水瓶座木星、水瓶座土星イングレスチャート等…2時間で全部読めるかな??)を使用しながら、多重構造で働いている時の流れを考えてみたいと思います。
その中でも一番強く強調されているテーマは何か?を見ていくのですが、チャートの象徴というのは、人それぞれ見たいものを拾うものなので、参加者の皆さんが気になったテーマなどを聞かせてもらえたらうれしいです。
本気の水瓶座の話も時間があったらしてみようかな。

2020年を気持ちよく締め、2021年を気持ちよく始めていきましょう!
では、明日10:00~よろしくお願いします!

ということで、冬至のはじまりにニコプラネット。
皆さんの1か月の過ごし方の参考にしていただけたら嬉しいです。

☆赤ペン12サイン占い2020 山羊座
▶▶▶12星座占い 12/21~1/19-- nicoの赤ペン添削付きはこちらから

前向きで力強い原稿がそろいました。
今回は、射手座を担当してくれたくみちゃんのテキストを一部ご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたにとっての価値ある社会とは何か? 理想とは何か? それに向かって情熱と向上心をもって行動する姿を見せることで、誰かのやる気スイッチを押すことはあるだろう。だけど分かる人が分かればいいという考え方では勿体ない。言い方や伝え方ひとつで協力者や仲間は増える。大きなものを大きく伝えるだけでなく、相手の受け取りやすい言葉にカスタマイズするバリエーションを持つことは、あなたが思う以上に重要で大切なことだ。たった一言の声がけからコミュニケーションが生まれ、喜びと共にあなたの理想が具体的に広がっていく。これまでよりももっとたくさんの人のお役に立つことができ、結果、あなたの望む未来に近づくだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほんと力強い!
ニコプラネットの運営のサポートをしてくれているつびーは、

今月は力作が多かったような気がしました。
太陽12サイン読み占いではなく、別のかたちで皆さんに力を発揮いただく場をリニューアルしたいという思いを強くしています。

と言っています。
みんなでそれぞれの能力を活かしながら、心理占星術を盛り上げていけるといいですね。
赤ペンメンバーの皆さま、今年もテキストを届けてくれてありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いします!

☆星宙予報2020
▶▶▶nicoの星宙予報2020 山羊座

明日の勉強会やら、来年1月の火星ワークショップやら、皆さんの前で「これからどうなる??」の話をする機会が多いので、当日来てくれた人のためにとっておきのネタを取っておきたくて、どうしても原稿の内容が中途半端になってしまう。
でも、まあいいか。
大事な話はちゃんと書いているし。

今回は、火エレメントと冬至チャートの話。
最近、お気に入りの「火エレメントの受難」の話をまたしてます。
占星術の勉強かがてら、よかったら読んでみてください。

☆今月の言葉
▶▶▶2020山羊座の言葉 千住博

若くしてこれだけ成功している日本画家もめずらしいけれど、これだけ真摯に、また巧妙に自分自身と向き合えば、それは何某かにはなれるだろうな。
風の時代と騒がれている今だからこそ、必要な言葉なのかなと選んでみました。
ちなみに、うちのトイレには千住さんの「鹿と森」の小さな絵を飾ってありますし、新宿高島屋から新宿駅に向かう地下道にも千住さんのウォーターフォールが飾ってありますね。

ということで、大事な2020年冬至期が始まります。
皆さんの冬が未来の太陽の輝きのための素敵な準備期間となりますように。
皆さんの山羊座期を応援しています!

nico
nicoplaNET射手座号 「生きる」と云うことは半ば「惑う」ということ
射手座期です。
やや重苦しく、やや心地よい、自分の中のぐずぐずとした感情との蜜月の日々(蠍座期)から抜け出し、未来へ向けての力試しをしていく時期になりました。
成功失敗にとらわれず、とにかくやってみる。
ここで気力を落とさず、次へその次へと向かってみる。
射手座期は、そういったマインドを育てる時期でもあります。

ということで、今月も無事アップできました!
ニコプラネット射手座期号の紹介です。
●まずは赤ペン12サイン占いから!
赤ペン12サイン占い 2020射手座期


今日は、あんまり素敵だったので乙女座期を担当してくれたまさこさんのテキストをちょこっとご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すきま産業、すきま時間という言葉が使われだしたのはいつの頃からだろう。
王道突破がむずかしい昨今、あなたは自分のためにも、まわりの人のためにも別ルートや、すきまを埋めるアイデアを駆使し奮闘してきたかもしれない。だが時に、人の求めるものは果てしなく、ニーズに応えようと思うほどあなたの気持ちは奮い立つとともに、もっとできることがあるかもしれないと心をすり減らす。
この一か月はそんな気分から脱出し、自分の夢を大きく広げてみよう。例えば自らがデザインしたマルシェをつくるならどんなものを提供しようか。そんなイメージをもつのはどうだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おー!射手座期にふさわしい前向きな内容。
いいですね!
他にも個性豊かなテキストが並んでいます。
ぜひ、自分のサインだけじゃなく、他のサインも読んでみて、その内容の違いを楽しんでみてください。

●次は星宙予報。
→nicoの星宙予報 2020射手座期

今回は、太陽・射手座期イングレスチャートの他に、土星・水瓶座1期、2期のイングレスチャートを掲載。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心理占星術的な考えとして、課題としてそこにあることが意識的にでも無意識にでもわかっているのだとしたら、それは必要なものとしてきっちりと現象化してくるものだと考えてもらえるといい。
「これをなんとかしなくちゃ」「これは問題だ」と心のどこかで思っていたとしたら、どんな形であれ、解決を迫るような出来事が現象化するということだ。
さて、皆さんの深層心理はどのようなテーマを持っているのだろうか。
もしも意識されているのだとしたら、ただちに手をつけておくといい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というように、射手座期に解決しておくべきことをいくつか書いてみました。
先日の火星サイクルワークショップでも水瓶座についてお話ししましたが、また少し角度を変えて「風エレメントとは」の説明もしています。
ぜひ、読んでみてください。

●最後は、きょうの表題になっている射手座生まれ・与謝野晶子の言葉を紹介。
12サインの言葉 2020射手座 与謝野晶子


勇気をもらえる非常にいい言葉なので、ぜひ読んでみてください。

10代のころ、彼女の書いた「文学に志す若き婦人たちに」という評論を読んでから、詩人というより運動家というイメージが強くあり、「歯に衣着せぬ」とはこういうことなのだなと感銘を受けたことを覚えている。
そこには、こんなことが書いてあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「婦人は感情的に傾いているから、きっと文学に適する」と考えるのは間違いです。現在の人は男も女も感情ばかりでは生活することができなくなりました。理知と感情と意志との三つが均衡を得て協力するのでなくては、真実の意味で個人の独立は難しく、何かにつけて他人の見解に盲従しなくてはなりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
力強く己を生きた人、常に射手座らしい論客ぶりを発揮していたのが与謝野晶子という人なのです。
今回の「2020 射手座の言葉」からの抜粋も載せておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は支那の古聖が「四十にして惑わず」と云った格言が私自身の生活の上には何の意味もなさないことを想わずにはいられません。私は常に多少とも前進して未来の混沌の中に踏み込んでいきます。十歩行って十歩の事を知り、百歩行って百歩の事を経験しても、それでも未来がことごとく解釈されたと云うような大それた妄想を抱くようなことは決してしません。どれだけ進んでも新しい疑惑が続々と待ち伏せしています。未来に生きようとする私にとって「生きる」と云うことは半ば「惑う」ということであると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、このテキストは、どのような着地を迎えるのでしょうか。

ということで、2020年の射手座期は、ぜひ「生きながら、惑いながら」過ごしてみる、そんな期間にしたいと思っています。
ぜひ、皆さんも素晴らしい時期をお過ごしください。

赤ペン担当の皆さま、つびー、今期もおつかれさまでした!

unnamed_20201122085541f00.jpgこちらは、なんと先日、大阪の会場でさなちゃんからもらった土星!
土星ですよ土星!
ホロスコープの配置では、太陽・月のちょうど真反対に土星が配置されることになっている。
自分が自分らしく生きるために、常に障害のように感じる天体がこの土星ということだ。
けれど、土星は自分の内なる太陽系の重要な一部である。
課題やコンプレックス、苦手意識を感じるもの、それを理解することは、自分自身のなりたい姿を知ることにもなる。
そこを目指そうとするからこそ、自分の課題を目の当たりにせざるを得ないということだ。

土星が動くとき、私たちはどのような刺激を受けるだろうか。
そのとき、どんな「なりたい」を知ることができるだろうか。
射手座期には、そんな確認もできるといいですね。

では、よい射手座期を!

あ!今日はこれから、心理占星術基礎講座の第1回目ですね。
皆さまとの新しい学びを楽しみにしています!

nico
ニコプラネット2020蠍座号 価値あるものにできるかは自分次第
職業占星術の分析レポート・モニター鑑定のチェックに追われていて(お申込みしてくれた皆さま、お待たせしてしまってすみません!)、ニコプラネット原稿がなかなか追いつかず、ふーふーやりながら今回もなんとか無事アップすることができました…
よかったー
久しぶりの徹夜で頭がボーっとしていますが、お知らせです。

●まずは赤ペン12サイン占い
↓ ↓ ↓
赤ペン12サイン占い2020 蠍座

今回は獅子座担当のみねんこさんが、こんな分析を送ってくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バイアコンバスタの時期をどう過ごすかをイメージしました。
またこの時期に木星と冥王星のコンジャンクションのピークが重なるのも、重そうですね。
太陽のアスペクトは、地・水の社会天体トラサタ天体と調和角が多い一方で天秤金星は、地・水と緊張や葛藤の流れ。
火星は止まっていて金星としかアスペクトしない。
逆行水星も振り幅少なく、土星スクエアと天王星オポ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、このような時期を担当の皆さんはそれぞれのサインの過ごし方をどう仕上げてくれたのでしょうか。
1か月の過ごし方の参考にぜひ読んでみてください!

●nicoによる星宙予報 2020蠍座期
↓ ↓ ↓
nicoの星宙予報2020 蠍座

蠍座、また蠍座期について書くのはいつも楽しい。
なぜなら、蠍座は心理占星術的に成長や気づきの多いテーマをたくさん持っているから。
今回も張り切って「蠍座期の過ごし方」について書かせてもらいました。

自分を取りまく他者/環境を価値あるものにできるかどうかは自分次第

そのような内容です。
お時間あるときにぜひ読んでみてね。

●今月の言葉 
↓ ↓ ↓
12サインの言葉 2020蠍座 土門拳

上記と同じ理由で、やはり蠍座の人物について書くのは楽しい。
なぜなら、彼らは必ず「変容体験」を乗り越えてきているから。
弱者から強者へ。
生きることを決断したとき、人はどんなふうに「力」を得るのか。
その力の使い方とはどのようなものか。
今、苦しい時代だからこそ、土門拳のような不屈な精神が必要になるのではないかなと思います。
こちらもお時間あるときに読んでみてください。

ということで、2020年の蠍座期が始まりました。
たかが1か月、されど1か月。
自分を変えるのは、いつでもできる。
自分に力=価値を感じるのは、いつでもできる。

生きるのは決して楽ではない。
けれど、その苦しみを乗り越えて、生きる力を感じてみたい。

今日の東京はあいにくの雨。
ここから日に日に秋が深まっていきます。
不動サインの時期とは、その季節の価値が一番味わえる時。
秋の色、音、味、におい、そういったものを存分に楽しみ、生活を価値あるものとして大切に過ごしていきたい。

IMG-7490.jpg

ということで秋色の花を生けてみました。
皆さんの秋はどんな色合いになるのかな。

それでは、皆さんの蠍座期を応援しています!

nico
9/10(木)19:30火星WS いよいよ!牡羊座火星逆行がはじまる!
「小惑星ケレスの心理的表現を考える」勉強会おつかれさまでした!
天文ニュースなどでピックアップされた天体をどう心理占星術のリーディングに活かすのか、今、私たちに起こっていることにどう結びつけ、生きた象徴として扱っていくのか、そういった新しいチャレンジの機会となった勉強会。
今回はケレスの記号や神話を再解釈しながら、参加者の体験をインタビューし、執着→喪失の不安→冬の時代→取引といった成長過程などを考えてみました。

出回っている象徴だけでは読み切れない、現代の言葉・物語、そういうものが小惑星群には詰まっているのではないか?という視点から見直してみたわけですが…

「傷つき、欠落し、諦めかけた冬の時代から、どう現実的な取引へと向かっていくのか」
最終的に成熟した解決策が今回のケレスにとって重要なテーマになるのではないか、そこを今回の着地点として、考察を深めていきましたが、なかなか深いリーディングができたのではないかしら。

ケレス、パレス、ジュノー、ベスタ、それぞれにジュピターによって破壊された「傷ついた内的世界(実際、)」というのがあり、個々人に思い入れのある体験がある。
またいつか、その辺全体の象徴を考え、火星と木星の懸け橋の在り方を考えてみたいですね。
ぜひ、また小惑星を考えていきましょう。

ということで、今日は9/10(木)に開催予定の牡羊座逆行期・火星ワークショップのお知らせです。

火星サイクル2020の最大の山場の一つ、79年ぶりの現象でもある牡羊座のみでの逆行。
この時期、動きを止めずに、どのようにして”I have nothing”の感覚と折り合いをつけ進んでいくのか、「何もない」という不安を克服し、どう持続可能な自己を形成していくのか、その辺を改めて考えていきたいですね。

この期間、山羊座の土星と最後の90度を形成します。
火星が山羊座の土星とコンタクトをとるのは、今後、約30年間やってこないわけですから、今回のコンタクトにはとても意味があるわけです。
無料動画でも説明した、「諦めない、立ち止まらない、持続可能な火星をつくるためには活動サインを整える」という話を取り上げつつ、「今、やるべき課題を見出し、そこに真摯に向き合うこと」というのをやっていくための具体的な方法や動きの作り方などを考えてみたいなと思っています。

☞ 持続可能な自己形成についてはこちらの無料動画で!

☞ 無料動画「火星ワークショップ牡羊座編」ダイジェスト版を公開中

夏至図を読んだ際、日食、木星、土星の逆行のテーマも相まって、「各国のリーダーの不在感」のようなテーマをピックアップしたのですが、火星逆行期間は木星、土星が順行に戻ってきます。
秋分時期は、ものごとが転じる時期ですから、予測できない動きが起こってくることも考えられます(大統領選、安倍首相の体調問題などもありますね。前回、牡羊座だけで逆行した1941年のちょうど逆行していた時期は、真珠湾攻撃、太平洋戦争が勃発していますから、まあ、何が起こるかわからないわけです)。
ということで、時代も動く、社会が動くとなれば、個人も動きに合わせて準備をしておかなくてはいけない時期になるということです。

今回は、持続可能な火星のテーマ、木星土星の順行、山羊座土星の意義、イングレスチャート7ハウスのテーマを再び考える、この変を皆さんとともに考えながら、牡羊座火星期に前に進んでいく力をつけ、前進していくことを目指してみたいなと思っています。

力強い内容です。
未来に不安を感じている方にぜひ参加、視聴していただけたらうれしいです。

【ZOOM開催 火星ワークショップ2020 牡羊座逆行期(9/10~11/13)】
開催日時:9/10(木)19:30~20:30(60分)
金額:1,650円(税込)
ライブ参加、録画視聴をお選びください!
お申込みはこちらから→【zoom】火星ワークショップ★牡羊座・逆行編!

【内容】
・火星逆行の時期に考えておくべきこと
・山羊座土星と牡羊座火星の90度の意義
・木星、土星の順行の動きと火星の関係
・イングレスチャートから4ハウス、7ハウスのテーマを考える

Designed by aykm.