nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
みぽりん嫁プロジェクト会議は、かなりの成果があったね
IMG_1399.jpgその前に、先日行われた宇田川会の話。
みねんこさんが、「ここでしか体験できない面白い話をありがとうございます」と書いてくれましたが、毎回、双子座の0度に水星を持つ宇田川氏の広範にわたる情報についていくのは大変ですが、いい頭の運動になります。

○○の話とともに、今回は納涼ということで、なんと「本当にあった怖い話」なんかもいくつか聞かせてくれました。
宇田川さん、震災後の不思議な話 三陸の怪談という本も出版しているのです(そういえば、先日、オカルト研究の山口 敏太郎氏とCSに出ていたそうです)。
ボランティア活動をしながら取材を書き溜めたということです。
原作・脚本を手掛けた映画「庄内藩幕末秘話」の主役も決まり(内緒なのかな)、秋から本格的に撮影も始まるそう。

大活躍の宇田川氏。
次回の宇田川会は、野外活動として「宇田川氏と行くうまいものめぐり&下半期の日本」を行う予定(いずれ韓国取材旅行などにも同伴させてもらえるかもよ)。
または、怪談ナイトを行うかもです(私は怖い話が苦手なので…私抜きでね)。

ということで、次回もどうぞよろしくお願いします!

で、昨夜は、「みぽりんの嫁に行こうプロジェクト」会議の第0回。
一体、何するのかまったくわからないまま集まりましたが、かなりの成果がありましたね。

恋バナから始まり、好みのタイプ、好みの付き合い方、憧れの女性像などを聞きながら、最終的に「みぽりんの売りはなんだろう」「みぽりんの個性とは何か」という話に着地。

実はこのステップ、見守り隊の面接のときからずっとやってみたいと思っていたのよね。
自分の売りを見つける工程、個性を見つける作業は、職業占星術のアプローチにとてもよく似ているのだけど、この自分を知る作業を丁寧にやっていくと、人と対峙しても、誰かと深く関わり合っても、もしかしたら人と決別することになっても、自分であることを安心して受け入れられることにもなったりするという、なかなか素敵な技法。

これを最初にしっかりやっておくことで、自分の人生の目的がわかるし、相手選びにも迷いがなくなるし、自己の成長にもつながるかもしれないということ。

見守り隊の応募者の方で希望者がいたら、一度一緒にこのステップをやってみましょうか(嫁プロだけじゃなく、自分を知る作業としてやってみるのはどうかしら)。
まだ、開発の余地があるので、皆さんの意見なども聞かせていただけたらうれしいしですし。
私とみぽりん、もずくさん?、あともう一人くらい、どなたかコーチとして参加してくれれるといいなあと思っています。

例のね、火地風水の強み(おいなりさんのやつね)、一晩明けて、ももう少し練ってみたいという気になっています。
なんか面白いことができそうね。
ということで、打ち合わせ第2弾、やりましょうね。

今後、みぽりんが体を張ってプロジェクトをレポートしてくれるということなので、昨日の会議の詳細はみぽりんの記事を待ってね。
スポンサーサイト
蟹座のアーティストが描くのは、彼らの内なる心の風景
7/4(火) Goody Tuesday!
今回は、かに座の前衛芸術家パトリック・ジェロラ氏と、「今月のアート」が好評の丸尾陽介氏をお迎えしての「蟹座アーティストの夕べ」。
参加者の皆さま、豪雨の中、足を運んでいただきありがとうございました!

夢のような一夜でしたね。
パトリックの鮮やかなフレスコ画の作品群に囲まれ、丸尾氏セレクトの蟹座アーティストの「愛すべき心の風景」を鑑賞。

岸田劉生の繰り返し描かれる「麗子への想い」、ルドゥーテのアネモネやバラの葉の上の水滴のから見た「花への想い」、ドガのパトロンと対比させた「踊り子たちへの想い」等々、丸尾氏のオリジナリティあふれる絵画紹介に参加者の皆さん、そしてパトリック&ともみ夫妻も真剣に耳を傾けます。

東山魁夷の言葉。
「喜びと悲しみを経た果てに見出した心の安らぎというべきか、この眺めは対象としての現実の風景というより、私の心の姿をそのまま映し出しているように見えた」

スライドに描き出されたこの言葉とともに蟹座に対する理解を深めていきました。

誰かの、どこかに、きっとある懐かしい記憶。
暑苦し(みねんこ談)かろうが、かに座のアーティストは彼らが感じる美しき憧憬を、これでもかとぶつけてくる。
そのモチーフや色や想いが、私には時にたまらなく必要だったりするのです。

喜びの声、続々いただいてます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とっても素敵な夜でした!
最近は絵画を見に行くことも減っていました。
たくさんの画家の作品を見ながら、解説までしていただけるなんて贅沢な体験です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
蟹座のアーティスト、パトリックさんの絵に囲まれながら世界的に有名な蟹座のアーティスト達の作品の見所解説を聴く。めっちゃおもしろかった。
すると、蟹座に共通するエネルギーというものが絵画に表れていて、客観的に理解できる。
私は蟹座には2天体ももっているのに、蟹座(のエネルギー)を全く分かっておりませんでした(ちーん)。
丸尾さんの解説も火のエレメント効いててさらっと要点を簡潔に伝えて下さってアート初心者の私にはとてもとても勉強になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パトリックさんの描く世界は、みんなが共通して持っている原風景に繋がっているように感じました。
なにより表現に対する姿勢には、心が打たれました!
蟹座のあたたかな部分に触れることができたように思います。
丸尾さんのお話もわかりやすく、さすが洞察も鋭くて、刺激を受けました。
参加者の方の熱のこもったお話も面白くて、蟹座についていろいろな方向から知る機会となりました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素敵な空間と時間を演出してくださったパトリック&ともみ夫妻(ともみさんはなんと歌を披露してくれました!)、そして独特で新鮮なアプローチで絵画の世界への扉を開いてくれた丸尾氏、本当にありがとうございました!

Desktop93.jpg


「描くからには見てくれる人に責任がある。だから良い気持ちで描くことをいつも心がけている」と言うパトリックの作品。
美しきパトリック&ともみ夫妻。
ベルギーカラーのフードたちはつびーの作品。
みんなで赤い花を胸につけての記念撮影。

本当に素敵な夜でしたね。
またやりましょう。

nicoPLANETのサイトでは、つびーによるレポートが掲載されています。
こちらも見てみてね!

nicoPLANET 「蟹座アーティストの夕べレポート」

毎週火曜は、火星の日
火星力を高めるアクションデー
Something New, Something Red
何か新しいコト始めよう, 赤い何かを見つけよう

7/4(火)19時からは火星の日イベント「蟹座アーティストの夕べ」
そして、7月4日(火)は蠍座の月の日なのでGoodyTuesday!!!
それに合わせて、ユニークなイベントを企画しました!

太陽、火星、水星が蟹座を運行するこの時期。
蟹座のもつ豊かな感情性を芸術作品を通して感じてみませんか?

蟹座の前衛芸術家パトリック・ジェロラ氏と
nicoPLANETの「今月のアート」が好評の丸尾陽介氏をお迎えして、
蟹座のアーティストの作品群を鑑賞する夕べを開催します。
非公開のギャラリーでの特別な一夜、どうぞ楽しみにご来場ください。

invitation-2_20170630131019f12.jpg

丸尾氏からのコメントです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは、nicoPLA.NETで「今月のArt」を書いている丸尾陽介です。
蟹座の太陽を持つ著名なアーティストは、近代画家だけでもモディリアーニ、クリムト、ドガ、ホッパー、岸田劉生、東山魁夷など数多くいます。
彼らは自分の心の中の世界を純粋に描いていて、それが見る側の奥にある記憶や感情と重なり合うことで、心を揺さぶられることが多々あります。
蟹座の太陽の時期にそのアーティストの作品に触れ、蟹座火星期らしく自分が感じたことを語り、心の刺激を受けるさそり座の月らしいイベントに参加してみませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【GoodyTuesday! 蟹座アーティストの夕べ】
展覧会場に到着したら、まず軽食&ドリンクを手にパトリックの作品を心行くまでご鑑賞いただきます。
nicoの夏至&蟹座の話、パトリックのご挨拶に続き、丸尾氏がプロジェクターを使い蟹座アーティストの作品の解説。
パトリック・ともみさん(歌手である奥様のともみさんは、なんと月と火星が蟹座なのですって!)とともに「蟹座的とは?」というディスカッションをしたいと思います。

皆さんの心に触れる「蟹座的」なものとは何か?
このなつかしさ、ノスタルジー、愛しさや悲しみはどこから来るのか。
そんなことを感じてみることができる夜になるといいですね。

◆日時:7月4日(火)19時 
◆場所:神楽坂ギャラリー (参加者に追って住所を連絡します)
◆金額:3000円 ドリンク、軽食代込
◆ドレスコード:赤いものをどこかに身につけていらしてください
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

※定員に限りがあります。
 興味がある方はぜひ早めに申し込みをしてね。

パトリックのホームページはこちら

私、蟹座のアーティストが大好き。
FullSizeRender_20170623234225f5f.jpgパトリックの作品はもちろん、中学2年のクリスマスプレゼントにモジリアニの絵をおねだりしたり、手元にある画集は蟹座アーティスト――ホックニー、ワイエス、横尾忠則――のものばかりだし、北参道のお教室のホワイトボードの横には、アーティストの友達に20年前に書いてもらったホッパーの模写を飾っているし。

ということで、7月4日は個人的にもとっても楽しみ。

みなさん!
赤い服着て集合ですよ!


あなたの火星見守り隊~夢応援プロジェクト 結果発表!!
nicoPLANETにて、通過者4名の方から届いた喜びの声、並びに選考理由をご紹介しています。

結果発表!!あなたの火星見守り隊~夢応援プロジェクト結果発表!

応募者の方々は一様に私たち火星チームの心をとらえてくれましたし、また私たちの火星に火をつけてくれもしました。
こちらのページにも書いたのですが、最終的な選出の理由は、「サイト上での活動報告のレポート&画像」ということにありました。
このプロジェクトを通して、ひとりでも多くの人に勇気と希望を与えたい、そのために必要なのは誰の火星なのだろうか、それが選出の大事な理由であったということです。

とても難しい選考になったのですが、皆さまとお会いできたことを心からうれしく思っております。
私たちニコラボ火星プロジェクトチームは、応募してくれた皆さまの活動を何らかのかたちで見守り続ける予定です。

見事選出された4名の方をこちらのブログでもご紹介します。

【ふみさん】
私は現在、44歳の主婦です。家事や育児、父親の生活支援などに追われ、慌ただしい毎日を送っています。「やりたいことをやる暇もお金もない」。確かにその通り。だけど、あえてもう一度考えてみました。今のままの私でもやれることはゼロではない。自信がなくて手を出さずにいたこと、面倒くさくて後回しにしていたこともありました。自信は待っていても歩いて来ません。自分のできることをやっていくしかないのです。
発達に凹凸のある子どもを育てていく中で出会った音楽療法。
そこには人と音楽と少しの道具たちが混ざり合い、伸びやかに成長していく子供たちの姿がありました。クリエイティブ音楽ムーブメントは年齢や障害の有無に関わらず誰もが楽しめます。
私はその講師となり、子供たちと共に豊かな時間を創り出し、育ち合っていきたいと思っています。
私にとってチャレンジのひとつだった夢応援プロジェクトへの応募。今回、火星見守り隊の方々のサポートを受けられるという機会を得ることができました。靴ひもをしっかり結び直して、目標に向かって歩いていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

【kikiさん】
私の夢は海外で保育の勉強をして保育のコミュニティーを作ることです。
考えれば、これからの2年間ですることが山ほどあります。英語もマスターして、お金も貯めて….時間が足りるのだろうか。今は頑張ろうという気持ちが大きいけれど、2年間気持ちを強くやっていけるのだろうかと不安な気持ちもありますが、見守り隊の方々に見守られ、応援してもらって頑張っていきたいと思います。
Skypeで面談したのですが、自分の思いを伝えている時涙が出そうになりました。自分の中に持っていたものはわたしが思っているよりも熱い気持ちだったことが分かったので、その思いを大切にしていこうと思います。
これから2年間いろんな気持ちになることもあると思いますが前を向いて精一杯やっていこうと思います。2年後に夢を叶えている私はどんな気持ちなのか楽しみです。

【みよの海さん】
私は今年49歳になります。だから、夢を見ること自体に「いい歳して…バカ?」「恥ずかしい…いや単純に照れくさい」などの気持ちがありました。でもワークショップで火星の意味や可能性を聞いた時、フワッと力が抜けて「意地を張らずに自分がやりたいこと考えよう」と素直に思い、手がけてみたい仕事や、今後の心の持ち方、生活の仕方など、自分の希望を気持ちよく書き出す事ができたのです。
火星が後押しする夢とは、思わず自分ツッコミをいれたくなるようなフワフワと甘いものと言うより、割と単純な「進みたい道」なのですね。今回「火星見守り隊」に選んでいただけてとても嬉しく、また緊張も感じています。
やはり、夢を追うというのは、怖いことでもあります。もう見ないふりはできませんから!
さて、この2年での目標は、公私にわたっての創作活動と、50歳から先の生活の基盤探しです。傷つくことも驚くようなことも起きそうな2年です。どうなりますでしょうか?

【kaoriさん】
回応募した一番の理由は、大きくとらえると「自分を変えたい」「本来の自分を取り戻したい」という2つがあると感じており、それを実現する手段として、仕事を軸に自分の夢を実現していきたいと考えています。
今、私は食を通してさまざまな世代の不便や不安をなくしたいという取り組みを行っています。私はほんの少しでもいいので、自分のやってきたことの証を、この世の中に刻めればと思っています。
昔、私の母方は武士を辞めた後、銀行を営んでいました。本当に人を信用しすぎる家系で、従業員にだまされ資金を持ち逃げされてしまいました。しかし私のご先祖様は残った従業員が路頭に迷わないようにと、財産を全て従業員へ分配したと伝え聞いています。いいところまではいくんだけど、もう少しのところが弱い。人を信じすぎて裏切られる。私は本当にこの性質を受け継いでいるなと、しみじみ思います。
でも、今の私はそれに気づけています。火星を使ってこのような弱い部分、人に翻弄されてしまう部分をコントロールできるようになりたい、自分のやりたいことを引き寄せ貫ける強さを手に入れたいと思います。
2年間、素敵な旅にしたいと思います。

皆さん、心のこもったレポート本当にありがとうございます!
私自身、これまでこれだけの思いを人に伝えたことがあっただろうかと思う。
こんなに自分を丁寧にプロモーションしたことがあっただろうかと。

昨日もニコラボで、火星の「自己主張」ということについて話題になりました。

自分はここにいるぞ!
私たちは、このような意図で頑張っています!

そのようにして自己存在(牡羊座・火星)を、または寄り添ったものの価値(蠍座・火星)を熱を持って推し伝えるということは、時に気恥ずかしくて、面倒で、空しいものに感じられることもあります。
その時、もう一歩自分自身に、または所属したものに一歩踏み込んでみる、コミットしてみることで覚悟が生まれ、熱が生まれ、やる気やエネルギーが生まれるかもしれない。
ここから小さな冒険が始まるのだ。

4名の方の言葉を受け、また応募者全員の勇気を受け、今一度、自分の大切なものを前に向けていく作業をしてみようと思う。
皆さん、本当にありがとうございました!
これから2年の歩みとレポートを楽しみにしています!

少々時間がかかっていますが、火星見守り隊、火星力アッププロジェクト、個性開発プロジェクトなども考案中です。
ニコラボからの連絡をお待ちください。

そうそう。
火星チームからも、見守り隊メンバーとして2年の活動をレポートしてくれることになりました。

【つびー】
火星見守り隊の伴走&サポーター役、tsubeeです。
今回の選出メンバー4名の方のサポートと伴走をしながら、ともにゴールを駆け抜けることを目標に、今回皆さんと同じスタートラインに立ち参加することになりました!!
「どんな人でも自分の情熱をもつことができ、それは意思をもったとき始めて実現できる」。
わたしの2年の目標は、火星のエネルギーを使うとは具体的にどのようなことかを自分自身の体感をもって証明し、それを2年後の新たな火星ワークシートの完成とともに、火星エネルギーの実用性、占星術の素晴らしさと有用性を社会に普及させていくことです。
これから2年にわたる火星の旅、さまざまな紆余曲折を赤裸々にレポートしながら、皆さんの火星力の刺激になれればと思います!

火星力の弱さを訴えるつびーですが縁の下の力持ちとして、また全体をまとめるディレクション能力は天下一品。
つびーの火星の旅、ぜひみんなで見守りましょう。
つびー、レポート楽しみにしています!

そして、クライアントJさんから連絡をいただきました。

と「ころで、あと1ヶ月で、火星星座の1/3が終わりますね。
応募者に限らず、あの手帳を使う皆さんは、自分の目標をどのくらい実現できているんでしょうね?
総平均で33%ぐらい達成できているのかな?...気になります😁」

ほんと、1/3が終わるのですね。
33%の達成!
急がなくちゃ!

昨日のニコラボも遅くまでありがとうございました!
夏至だし、見守り隊の選考も灯台屋祭りも終わったし、ということで小さなお祝いもしてみたり。

火星が最初の火・地・風・水のパースペクティブを過ぎたところで、昨日はエレメントの理解、エレメントの補完関係について、みんなはどのような意識を持っているのかをシェアしました。

直感?
それを補完する感覚って?
風と水って何がどう違うの?

体験を言語化しながら、みんなが持っている印象の違いを埋め、エレメントの理解を深めていきました。
そして、最後はやはり火星の話。
自分たちの火星はどのくらい利用できているのか。

次回のニコラボから、本格的にワークブック作りに向けて動いてみようと思います。
皆さま、どうぞよろしくお願いします。

nico

火曜日は火星の日!今日のニコラボは蟹座、火星、月、ワークブック
新しいこと、赤いもの、血をつくるもの、熱を生むもの…
火星的生活で活力満点!

今週の赤いもの。

op91.jpg

大好きなラズベリー、メキシカンフード、そしてみきこさんからいただいたお花。

夜19時からはニコラボ。
火星見守り隊、火星WSの活動の中で学んだこと、感じたことを受け、火星ー金星、月の話を一度じっくりしてみようと思います。
まずは、蟹座・火星について話し合いましょう。

先日、松本の火WSの参加者の中で「惑星の使い方を知りたい」とおっしゃっていた方がいましたが、これからニコラボの研究テーマとして、惑星ワークブック作りをやってみようかなと思います。
火星をどう動かすか。
金星をどう育てるか。
月を癒すということはどういうことか。
金星―火星のバランスの作り方。

惑星を育てるワークブック。
まずは自分たちの惑星の使い方を考えてみましょう。

【ホロスコープの中の火星 金星ー火星のバランス、火星→月の移行、火星→金星→水星の成長過程の見直し】
◆日時:6月27日(火)19時 火曜日は火星の日
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

今日は、火星なので私の大好きなローストチキンをみんなでオーダーしようかなと思っています。
一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

では後ほど!

nico
Designed by aykm.