FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【火星ワークショップ牡牛座期】剣を手にすると自分の身体が整う
火星ワークショップに参加の皆さま、昨日は遅くまでおつかれさまでした!
そして、たくさんの方にも動画のお申込みをいただきありがとうございました!

火星という活動力の維持に欠かせない天体、おざなりにするとエネルギーが停滞したり、心理的抑圧を生み出す面倒な天体。
火星の進みゆくプロセスとともに生きること――12サインのテーマを一つ一つこなしていくこと――で、真の自分自身との出会いがあり、自分を生きる自由がある。

そんな提案をし続けているのがこの火星サイクルプロジェクトなのです。

昨日の火星・牡牛座期のワークショップでは、風の時代に私を豊かにするためにはどのようなことを心掛けたらいいかというお話をさせていただきました。
今回は、風のエレメント・天秤座の鈴木大拙と内田樹が「なぜ身体性にこだわるのか」というテーマを掲げ、内田樹の以下の言葉を引用し、ワークショップをスタートしました(その前に、冥王星、天王星の大移動の話もしましたね)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
剣というのは、扱ってみるとわかるが、手の延長として便利に使える刃物のことではない。そうではなくて、剣を手にすると自分の身体が整うのである。私が剣を扱うのではなく、剣が私を「あるべきかたち」へ導くのである。
「身体が整う」「身体がまとまる」というのが剣を擬したときの体感である
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タロットをやっている人はおなじみの、剣=知識、言葉、技術ですね。
実はこの話の内容は、次の双子座期(3/4~4/22)の話の、というか双子座期の火星イングレスチャート、11ハウス=水瓶座=風エレメントの本格的始動の時期の伏線?になっています。
内田氏の話は、この後、身体だけではなく個人を超えた話へとつながっていきます。

次回、双子座期では春分を迎えます。
もう見た方いると思いますが、春分図は風的テーマがググっと動くのですが、その時の重要なテーマが、内田氏の話の先にあるもの――水瓶座が持っている重要なテーマ、価値の循環(贈与)と他者というテーマへとつながるのです。

ということで、次回の火星・双子座期で、ようやく不動サイン・風エレメント・水瓶座の核心に迫る話をしていきます(満を持して!)。
今回お話しした不動サイン・牡牛座の「剣を手にすると自分の身体が整う」「身体がまとまる」は、どこにつながっていくのか、そこが土台となって、ようやく不動サイン=贈与=価値の循環の準備が整うということになるのです。

この話は、私のここ最近の重要なテーマでもあるので、次回、双子座期のワークショップで大事にお話しする予定。
これからの時代を生きるため、殺伐とした時代にこそ必要なエッセンスとして、健やかに生きる一つのアイデアとしてお届けできたらと思っています。

☆彡そうそう、先ほど、ライブ参加者のももさんからこんなメッセージをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
火星手帳を世に出して下さりありがとうございます!手帳だけでも価値が高いですがWSに(可能ならライブで)絶対に出たほうが良いですね。
手帳の理解と活用の幅が飛躍的に上がりますし、真の自己成長に繋がります。
WS内でご紹介頂いたワークも地に足をつけて行いたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ももさん、ありがとうございます!!!
本当にそう!
たかが手帳、されど手帳。
最大の効果が出るよう試行錯誤、ワークショップ&ふり返り会といった様々なサービスを提供させてもらっています(昨日は、I氏から、裏火星メッセージがめちゃくちゃよかった!という声をいただきました!)。
せっかくの資源、ぜひ有効に使っていただけたらうれしいです。

火星サイクル手帳ユーザーの皆さま。
よかったら、動画も視聴してみてください。

あ、星のワークもぜひやってみてください。
ふり返り会のとき、どんなものを手にしたのか、聞かせていただこうと思います!

そして今回は、みねこさんの壮大な火星サイクル研究の紹介メッセージもあります。
まだ途上の段階ですが、みねんこさんの火星マニア的情熱と愛による活動は、実際、本当に素晴らしいものです(まだうまく言語化できていませんが)。
火星が15年から17年のサイクルで繰り返しているということ、それが食のサロスサイクルのように、一つの定義をもって285年を進んでいること。
こういったことを分布図や細かな表にしてくれている最中です。
ぜひ、火星サイクルの進行とともに、みねんこさんの研究がどう進んでいくのかを楽しみにしていただけたらと思います。

火星ワークショップ・牡牛座期はこちらのサイトからご購入いただけます。
→→ →→ →→▶録画視聴お申込みはこちらから!
https://nicoplanet.thebase.in/items/38520885


盛りだくさんの内容で1650円!
ユーザーだけの特別価格になっています。
牡牛座期火星を生きるヒントにしてみてください。
次回は、2/24(水)にふり返り会を、そして3/2(火)火星ワークショップ・双子座期を予定しています。

そんな、牡牛座期のスタートは、日本はまさに2度目の緊急事態宣言の下にありました。
2度目の緊急事態宣言は、私にとても重たい気分をもたらしたのは事実。
コロナそのものがもたらす恐怖以上に、人が作り出すムード―ーいつ終わるともわからない状況、時短要請によってあおりを受ける人のため息、医療関係者の疲労――が気持ちを暗くする。

これがおそらく、火星□土星のテーマの一つなのでしょう。

そういうときこそ、未来をよりよくしてくれる代替案が必要。
また、こんなときだからこそ、わたしを豊かにする工夫が大事になります。

今の私を豊かにしてくれるものたちの一部をチラリご紹介。

Desktop193.jpg

名古屋のスペシャリティコーヒーのお店「トランクコーヒー」のお豆たち。
これがないと私の活動能力は激減!
その隣はデメルのクッキー。
一番近いところにおいて、すぐに食べれるようになっている甘い誘惑。
そして、船橋屋のくず餅。
ここのくず餅は、なんだかおなかが喜ぶおいしさです。
その下には、ベランダから見た野良猫の昼寝。
見てるだけで、心ほっこりー
で、不気味な鍋の中身は、自家製鶏がらスープ。
ショウガとねぎを入れて、半日以上煮込むと、コラーゲンたっぷりのトロトロスープの完成!
スーパーのお肉担当に人にお願いして、捨てられそうになっている鶏ガラを山ほど買って帰ります。
といっても、山ほど買っても500円くらい!安い!
朝、起きぬけに飲むと、おなかがポカポカ、一日元気に過ごせるのです(参鶏湯やフォーにも!)。
あとは、私の至福の一つ、花のつぼみをぷにぷにしたり、のぞき込んだり(もう新しい芽が芽吹き始めました)。

こんな贅沢ができるなんて本当に幸せなこと。
いい仕事ができるよう、大事に一日の幸せを味わおう。
スポンサーサイト



【火星サイクル】自分の本性=真の欲求との出会いはあった?
緊急事態宣言発令のニュースが飛び交う緊迫した空気の中、2020年6月28日にスタートした火星サイクルは半年間続いた牡羊座を抜け、明日から牡牛座に入ります。
火星は、牡牛座に入ると天体の働きが悪くなる(エッセンシャルディグニティはデトリメント=-5点)ということから、牡羊座期は活動力、行動エネルギーがガクッと落ちることが予想でき、また一週間後の1/13(水)に水瓶座土星(エッセンシャルディグニティはルーラーの+5点)と90度の角度を取ることを考えると、社会的な決めごとによって活動に制限がかかるというように読むことができます。
でも、これは単に表面的な読み方かもしれません。

昨日の火星サイクル・牡羊座期ふり返り会の参加者の多くの人が体験していたのは、「土星と対峙することで、初めて見えてきた本来の自分」でした。
昨日のふり返り会では、社会の目、仕事や役割、自分より力のある存在や権威、頼りになる何か…そうしたものにウンザリし、自ら抜け出そうとしたとき、ようやく本来の自分が見えてきた、これまで期待されてきた役割や「ねばならない」という意識から解放され、自分の火星=本性を実感することができた、という声が圧倒的に多かったのです。

コロナが先か後かはわかりませんが、(参加者のAさんの言葉を借りると)コロナという何か大義があって、初めて人は自分自身に対して素直になれた、コロナという制限がかかることによって、ようやく自分にとって大切なものが見えた、やっと目覚める機会がやってきたということなのでしょう。
これが火星、土星の効果だとしたら、いわゆるマレフィック天体の効能というか、マレフィック天体の真の価値がわかりますね。

ということで、昨日のお昼、夜の部、参加者の皆さま、たくさんの感想を寄せていただきありがとうございました!
本当に楽しい時間でしたね。
話を聞いている私のほうが浄化されたような、そんなすがすがしい心持になった火星ふり返り会。

昨日の朝、ここ半年間で世の中/自分自身に起きたことや、また火星の働きについてあれこれ考えながら、「今日は、みなさんにどんな話をしてもらおうか」と考えをめぐらせ、最終的に着地したのが「自分の本性との出会いはあった?」という問いでした。

火星は、個人の本性を引き出す力を持っている。

これが、私の牡羊座期における火星の働きの見解のひとつでした。
ホロスコープの構造において、牡羊座=火星と山羊座=土星、蠍座=火星と水瓶座=土星は、常に90度の関係になっていることがその意味となっています(※実は金星も同様なのだけど…その話は牡牛座ワークショップで)。

aries_03-1536x963.png

火星とは、もともと社会の枠組みに収まることをよしとしない天体であり、自分が真に望まない役割、活動、仕事、関係性にエネルギーを注ぎすぎると、「これは自分ではない!」「もう我慢も限界だ!」「こんな人生は嫌だ!」「自分らしく生きてやる!」と自分の中の真の欲求が叫び始め、自分の本性が明確になるということなのです(これを一番体験するのが中年の危機と言われるものですね)。
今回、長々と牡羊座火星と山羊座土星が90度の関係を形成してくれたおかげで、それが強引に引き出されたということになります。

そんなにちゃんとしなくていいじゃないか?
理解されなくてもいいじゃないか?
マイノリティでいいじゃないか?
もっと自由に生きてもいいじゃないか?

今回のふり返り会では、そのような声を多く聞くことができました。

そのとき、ちょっとお話ししたのが牡羊座の台湾のデジタル大臣オードリー・タンの自由に対する二つの考え方、
①ネガティブ・フリーダム
 既存のルールや常識、これまでとらわれていたことから解放され、自由になること
 個人として、何かから自由になること
 これが自由への第一歩
②ポジティブ・フリーダム
 自分だけでなく他の人も解放し、自由にしてあげること。
 みんなが自由になるにはどうすればいいのかを考えること
 自分の可能性を力に変え、その力を誰かのために役立てること

火星サイクルの活動というのは、まさにこの2つのステップを推奨するものですが、ただ、これまた牡羊座のドイツの心理学者・エーリッヒフロムが「自由には孤独や責任を受け止める覚悟が必要」と言っているのも事実。
孤独や責任を受け止める勇気も、もちろん火星力にとって不可欠なものです(昨日大いに話題になった、みねんこさんの火星研究も孤独と向き合う作業ですね)。

先行きが見えないときこそ、未来が不安に感じるときこそ、自分をごまかし生きていくこと、自分の本性じゃないことをやっていくのがしんどくなっていくはずですし、自分の本性を生きることができたら、未来の不安もかなり軽減するはずです。

そして、自分の本性を生き始めたとき、自分自身の自由も、そして他者の自由も認められるようになるのかもしれません。
皆さんが昨日お話ししてくれたエピソードは、そのような覚悟を感じられるものが多く、だからこそ、私もすがすがしい気持ちになった、自由を感じることができたのかなと思っています。

ぜひ、昨日参加できなかった皆さんも、この半年間、オードリー・タンの言う二つのフリーダムを体験できたかどうか、それにより、自分の本性に少しでも触れることができたかどうかをふり返ってみてください。

昨日のふり返り会の詳細をつびーがきれいにまとめてくれました。
詳しくはこちらで読むことができます→→ →→火星サイクルプロジェクト 牡羊座期レビュー&シェア、振り返りポイントー土星との対峙

自由へと続く解放はあったでしょうか。
「やっぱり、私はこれがやりたいんだ」というものが見つかったでしょうか。
もし、見つかったのだら、それを確固たるのものにすべく、牡牛座以降の歩みにつなげてもらえればと思います。

さて、明日から火星は牡牛座入りします。
天体たちは、活動サインから不動サインへと移動します。
動きが止まったように感じる中で、ではどのようなアクションが必要になるのでしょうか。

その辺のお話しは、1/17(火)牡牛座ワークショップで。
→→ →→ 
火星ワークショップ牡牛座期編 お問い合わせ&お申し込みはこちらから


book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020

【追記】12サインの計は牡羊座にあり 未来づくりのためのふり返り
その前に。
今日書いたブログの内容を受けて、みねんこさんからコメントをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
風の時代だから○○なんですよね~、なんて分かったふうが風にとって一番大敵で、そのために自分で吟味する金星のコンディションには共感します。
風の時代幕開けといっても、山羊座の天体集中と牡牛座の火星天王星で、新月は地の強調のピークだと思います。
木星土星で成り立っていた地の強調と個人天体軍による強調の違いを考えるとまさに関門というか、風に入っていくけど準備よろしいですか?って大事なときですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みねんこさん、ありがとうございます。
ほんとにそうですね。
急に風の時代がやってきたわけではないし、地エレメントをしっかりやった人たちは自分のものさしがちゃんと出来上がっているはず。
それをもう一度考えるためにも牡牛座期ほんと大事。

1/13(水)には、最初の火星・土星のスクエアもやってきます。
火星にとって試練でもあり、成長の目標設定にもなるアスペクト。
私は、このタイミングをとても楽しみにしているのです。

IMG-7863_20210101212727f42.jpgでも、その前に、牡羊座期のふり返りをしっかりしておきたいところ。

半年にわたる火星・牡羊座期間に、何かしら湧き上がってきた未来への希望はあったでしょうか。
自分にとって大切なことが見えてきたでしょうか。
あと数日の間に、サイクルの始まりで起きたことをしっかりまとめておきましょう。
そして、大事な希望を手放さないように進んでいきましょう。

私もいくつか希望の光を見つけることができました。
この先の道のりにワクワクしています。
皆さんはいかがですか?

そうそう。
私の古いクライアントさんで火星サイクル手帳に多大な貢献をしてくれているJさんが、こんなユニーク
なものを送ってくれました。

IMG-7866.jpg

火星の闘魂カード!
火星を駆り立てるような力強い名言が手書きで書かれています。
火星の名言をダイアリーに散りばめようとしたこともあったのですが、オラクルカードのほうがいいですね。
面白そう!
未来の計画に加えてみます!

こんなアイデアも随時募集中!
牡羊座期も残りわずかですが、小さな感動、インスピレーション、ちょっとした出会いや体験を大事にして過ごしてみてください。

2021年最初のてくてく散歩は代々木公園。
IMG-7874.jpg

冷たい空気と澄んだ夕暮れの空。
気持ちのいい元旦でした。
自分なりの”豊かさ”を目指す 牡羊座火星ふり返り会&牡牛座WS
みなさま、新年あけましておめでとうございます!

2020年は、鑑定や講座、ワークショップなどを通して本当にたくさんの出会いがあり、そこからたくさんのアイデアや仕組みが生まれたりと、研究者冥利に尽きる幸せな1年を送ることができました(12/27に終わった職業占星術パーフェクトマスター講座について、また後日お知らせ)。
そこで得たアイデアを土台に、2021年はさらにパワーアップした内容をお届けしたいと思っています。

特に、ちょっとしたインスピレーションがあり、年末に30分間という短い枠のビジネスコーチングをやらせてもらったのですが、これが私的にかなり楽しくワクワクしたものになったので、ぼちぼちこういったサービスを本格化していきたいなと考えてみたり。

しかし、コンサルテーションチャートは恐るべし!
こんなに面白く使えるツールがまったく普及していないのは、私の努力不足でもあると思われるので、2021年はコンサルタントやセラピストと言われている人たちに、この有用性を伝える機会を増やしたいなと思案中。

ますます楽しい心理占星術の世界を皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思っています。
2021年もnicoともども、どうぞよろしくお願いします!

忙しさにかまけて、すっかり告知が遅くなりましたが…
半年続いた火星牡羊座期のふり返り会&牡牛座期ワークショップを開催します!

今回のテーマは二つ。
風時代(最初の20年間は水瓶座期間)に必要な2つのマインド、「未来への希望」と「豊かな価値づくり」についてお話しをしたいなーと思っています。

忙しかったというものありましたが、ここ10日くらい言葉を閉ざしていた理由として、風の時代ブームに便乗して、占星術の構造や成長プロセスを無視した、なんとも貧困な情報が出回りすぎているように感じ、辟易していたというのがありました。

風エレメントは断捨離を推奨することはないし、所有し、豊かになることを否定することもない。
創意工夫の力は、人も物も、手放す=ごみを増やすことよりも再利用することを提唱する。

この世はなんでも利用価値がある。
それが風エレメントのマインドだ。

情報は垂れ流されるものではないので、みんなでちゃんと議論したいものですが、とりあえず、火星サイクルプロジェクトとしては、風エレメントをやるための土台作りとして、牡羊座から牡牛座へと歩みを進めていく、その流れをちゃんと考えてみたいと思っています。

年末に冬至図読みの勉強会をやりましたが、そこでは牡牛座天王星イングレスチャートと風の時代の話をさせてもらいました。
風エレメント・水瓶座時代は、本当に牡牛座=金星が大事、何よりも大事という話。
最近の鑑定でも、「豊かさを目指しましょう」という話をさせてもらうことが多い。

自分自身を豊かであると感じるマインドが育っていないと、風エレメントに移ったとき、「人は持っているのに自分には何もない」という比較による不安にさいなまれやすくなる。
だから、捨てたり、離れたりする暇があったら、むしろ今、手にしているものでもっと豊かさを実感しなくてはいけない。
その実感を確かなものにすべく、火星・牡牛座期(1/7~3/3)を過ごしていく必要があるのです。

不動サイン的テーマと共に、今回は、牡牛座火星イングレスチャートの3ハウスについても再考したいと思っています。
そのためには、タロットカードの星と風エレメントとの関係について考えてみる必要があります。

Desktop189.jpg

風エレメントは未来を語る。
未来を語ることで自分を知る。
いつも講座でお話ししている3ハウス=所信表明です。
ナラティブセラピーの重要な「オルタナティブストーリーを語る」というやつでもあります。
さあ、あなたの中からどのような「所信=こうだと自分で信ずること。信ずるところ」が語られるのでしょうか。

いやー
お伝えしたいこと盛沢山ですが、まあいいか、新春だし、ドドーンとアイデアを大放出!
皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思っています。

あ、牡牛座期ワークショップの前に牡羊座期のふり返りもしっかりしましょう。
なんといっても2020/6/28からの総まとめですからね、いろいろあったです、わたしも、きっとみんなも。
そのいろいろをふり返り、「で、私にとっての牡羊座、火星ってなんだろう」を話し合ってみたいと思っています。

あー楽しみだー
ということで、皆さんの参加を心からお待ちしています!!

☆━┳━┳━┳━┳━┓
 参 加 費 無 料
┣━┻━┻━┻━┻━☆
zoom 開催 火星サイクル・牡羊座期 ユーザー限定レビュー会


振り返りレビュー会は、
皆さんの貴重な体験をシェアする時間です。
そのため無料&ライブ配信のみ!!
録画視聴はありません。

2020年夏にスタートした火星サイクル。

「グレートコンジャンクション」「風の時代」といわれる中でも、
火星は粛々と歩みを進め、1/7には牡牛座へ移動します。

今期の火星サイクル手帳のテーマは、
「虚無からの形成力、何もないところから始めよう」

この半年は、まさに世界がさまざまに新しい様式を求めた時期でした。
日常で、これまでの普通や常識が覆り、できるか、できないか、ではなく、
「あなたはどうしたい?」
「わたしはやりたい!こうしたい!」
という意思が問われることも多かったのではないでしょうか。

ぜひ皆さんの体験をもって、シェア会に参加してもらえるとうれしいです。
※zoomで開催、録画視聴はありません。

全国どこからでも、どなたでも参加OK!
お気軽にお申込みください。

◆日時
▶午前の部1/5(火)11:00~12:30(90分)→→お申し込みはこちらから
▶夜の部1/5(火)19:30~21:00(90分) →→お申し込みはこちらから

※延長の可能性がありますので、ご自由に退出ください

【zoom開催】<<火星手帳ユーザー限定>>火星ワークショップ牡牛座期編
火星牡牛期スタート! 2021年のはじまり
これからの生き方を考えるヒント
==================
◆開催概要
1/12(火)1930~2030(60分)
ZOOM開催 火星ワークショップ牡牛座編「私らしい豊かさを手に入れる!」
内容:①牡羊座から牡牛座へ 
     冬至図、火星イングレスチャート、グレートコンジャンクションチャートから考えるこれからを生きるヒント
    ②不動サインの価値の循環を再考する 不動サイン・水瓶座の真の豊かさを目指して
    ③風エレメントと未来をつくる希望の話 タロットカード解説&所信表明ワークあり
金額:1,650円(税・手数料込)
ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから→→火星ワークショップ牡牛座期編 お問い合わせ&お申し込みはこちらから


book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020


年末年始・火星特別鑑定スタート!自分自身を裏切らず、信頼して…
自分自身を裏切らず、自分自身の「力」を信頼して前へ前へと進んでいけるように…

session_bnr_cover_re.jpg

「また鑑定をお願いしたい!」という声が多く聞かれるようになってきましたので、再び火星特別鑑定を行います!

占星術的見地から考えても、また時代の流れ的にも、牡羊座第3期(11/14~2021/1/6)は重要な期間であり、私自身、ここでもう一度、気を引き締めて、人生を立て直そうと思いを新たにしたところなので、ぜひ皆さんにも、ここで再度、自分を見つめる機会を持っていただき、2021年に向けて、新たな一歩を歩んでほしいと思っています。

今年の6/28からスタートした火星サイクルですが、思った以上に火星サイクル手帳に対し好評価いただいており、また私自身、講座やワークショップで天体のサイクルを説明するたびに、思った以上に火星サイクルは使えるなーとしみじみ思っているところですので、

火星手帳ユーザーには特別価格でのご提供(本日、配布のニーズレターにて、割引クーポンを発行しています。クーポンが届いていない方。お申込み時に一言メッセージ入れてください)!
火星手帳をまだ手にしていない方もこの機会にぜひ!

今回の鑑定で特に行ってみたいと思っているのは、「情熱」の研究を行っているアメリカの経営学者メリッサ・カードンの「情熱」の定義をそれぞれの中に見つけてみたい!というのがあります。
その定義とは…

個人にとって深い意味を持つ、前向きで強烈な感情

この言葉、牡羊座×蠍座という、まさに火星的な表現なのではないかしら。

この前の火星のワークショップでもお話しした「頼まれなくてもやる」の話、私がダンスクラスで「みんなの言えないことを言う、それが個性」みたいな話、覚えていますか?
あのあと、みねんこさんとも話していたのですが、みねんこさんは頼まれなくても「マニアックな表を作る」と言ってましたが、まさにこれなんじゃないか、「個人にとって深い意味を持つ」というのは、そういうことなんじゃないか?と考えてみたりしています。

40分のセッションでどのくらいできるかわかりませんが、

今回の鑑定では、
・今の立ち位置、課題を見つける
・2021年を生き抜く力を探していく
・個人にとって深い意味を持つ情熱を探り当てる
・自分自身を裏切らない、信頼できる「力」を探り当てる

というのをやってみたいと思っています!
以下、詳細と申込みリンクになります!
2020年は、毎日毎日、明けても暮れても鑑定ばかりしていましたから、技術もよりパワーアップしているのではないかしら?
皆さんとの再会、新たな出会いを楽しみにしています!

【牡羊座第3期(~2021/1/6)までの火星特別鑑定スタート】
大好評だった「特別鑑定プラン」が期間限定で再び登場です!!

2020/6/28からはじまった火星サイクルは、先日の11/13に牡羊座での逆行を終え、ここから2021年へとぐんぐん運行を進めていきます。
逆行期間(9/10~11/13)には、多くの人が人生を前に進めていくことの困難さ、もどかしさを感じたことでしょう。
自分自身に対し、自己嫌悪を感じたり、失望したこともあったかもしれません。
けれど、それが人生!
困難な苦手意識を感じることは、なんとかしたい!どうにか頑張りたい!という情熱の裏返しでもあります。
それを手放さず、その思いを糧に前にすすで行くこと。
その情熱の在りかを見直して、前に進んでいく原動力にしていくこと。
火星サイクルとは、自分の中の困難さと向き合いながら、それを克服し、本来の自分らしさ=生きやすさを獲得するものであり、また、その”自分らしさ”を持続させながら、前に前にと進んでいくものなのです。

牡羊座期(~2021年1月6日)の間に、もう一度、自分自身の乗り越えるべき課題、情熱の在りか、進むための原動力を見直してみませんか?
そして、2021年へと勇気をもって歩みを進めていけるよう、もう一度、自分の立ち位置を確認してみませんか?

これからどのような時代が来ても、自分に負けない自分をつくること。
それが、今回の特別鑑定で手にしてほしい力となります。

こちらは、基本的にオンライン鑑定(ZOOM)になりますが、対面(渋谷区千駄ヶ谷)のご希望にも対応できます。
火星サイクル手帳のユーザーは6,000円(税抜)、火星サイクル手帳+鑑定付は10,000円(税抜)になります。

詳細&お申込みはこちらから!
<<< 期間限定・特別鑑定プラン >>>     40分のカウンセリング付!

Designed by aykm.