nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
火星WS ホロスコープの構造と個性化について話してみたかったこと
週末のWS,講座に参加してくれた皆さま。
お疲れさまでした!

火星WSは、実は毎回、何を話そうか直前まで悩む。
運行中の生きた天体の話をするにあたり、意識的にも無意識的にも、今、多くの人が感じているだろう話題に触れたい。
または普遍的に、この話をしておかないと、火星のトランジットとして前に進んでいけないだろう、そんなことを伝えたい。
いつも、この辺で悩む。

実は、先日の火星WSで話した構造理解と個性化を結びつけたロジックは、今回、初めてのお披露目。
火星見守り隊の面接の後、「個性化」についてしっかり話をする機会を持ちたいという願いから思いついたロジックなのです。

昨日の勉強会でも、ちょうどこの話が必要な方がいらしてくれたので、もう一度見直しできたけれど、まだ洗練の余地があるので、またやれたらいいなあ。
いちごさんも「みぽりんの嫁へ行こうプロジェクト、自分の売りや個性を見つける作業やってみたいです」とメモ書きを渡してくれましたものね。
なので、やりましょう!

というので、灯台屋火星ワークショップ第3弾。
中年の危機と月、火星の話ということでしたが、内容を少々変更して、蟹座=月を吸収し獅子座=太陽に向かう個性化についての話をさせてもらいました。

まずはユングの「中年の危機」の理論の説明と抑圧について、心の機能についての話からはじまり、私の講義ではおなじみですね、土星回帰の際、大型船で進むのか、一人小舟に乗り換えるのかの話なんかもしました。

私の考える個性化とは、「自分の中にある性質をそのまま(あるがまま)に受け入れる勇気」のことを言っている。
何者かになろうとするのではなく、短所も長所も自分のパーソナリティとして受け入れられた時、本当の意味でも個性化が始まるということだ。

なので、カッコつけたり、臭いものにふたをしたり、自分に嘘をついていたら、個性化は決して進まない。
暗い歴史も、情けない過去も、恥ずかしい癖も考えもまるごと受け入れる。
月の器の底に澱のようにたまった沈殿物こそが、太陽が統合すべきパーソナリティであり、中年期以降の人生を生きる上での魅力や能力になるということ。

時々はなす、例の蠍座=8ハウス=冥王星の負の遺産の話ね。
こんな苦しくて難しい話、あんまり楽しくはないのだけど、火星蟹座から獅子座への移行期に一度はしておきたいと思ったわけです。

予告もありましたが、獅子座期に個性化の話、もう一度できるといいなと企画中です。
ぜひお楽しみに!

Desktop98.jpg

今回は、見守り隊の授賞式もありました。
3名の方から、力強いコメントをいただきました!
頼もしい!
そして、2年の旅を見守る「見守り鳥」をお渡ししさせてもらいました。
3名の方の頑張りが他の皆さんの勇気になるよう、私たちもできる限りのサポートをしていく予定です。
どうぞよろしくお願いします!

WSの最後は、恒例の3か月、1年、2年のふせん貼り。
ダイエット!とか、レンジャー!の話も飛び出し大盛り上がりでしたね。

または人生の重要な局面で起こった悲しくも優しい話をしてくれた方、びっくりするようなビフォーアフターの写真を見せてくれて、わしたちを感動と笑いの渦に巻き込んでくれた方(楽しい話題をありがとう!今度は落語ね)、皆さん、たくさんの蟹座火星の体験をシェアしてくれました。

そして、最後は恒例の打ち上げ。
今回はお隣の駅へ移動しての隠れ家タイ料理!
めっちゃいいムード、めっちゃおいしくて、みんなリラックスしていろいろな話ができました(今度は、うさぎさんとじっくり話したいわー。うさぎさん、よろしくお願いします)。

Desktop99.jpg

皆さん、とってもいい笑顔(うさぎさんはどこ!みねんこさん、カッコいいね!)。
私個人としては、ジョシュアさんの来々軒弁(あれは東北弁ではないと思うよ)と一本締めがツボで、本当に楽しませてもらいました。

そして、そして。
いつも心地よい環境づくり、心配りをしてくれる灯台屋のもずくさん。
おかげさまでリラックスしてお仕事させてもらっています。
ありがとうございます。

そして、心強いバックアップと素晴らしい言葉のフォローをして、WSを盛り上げてくれているみねこさん、全体を見守ってくれているつびー、いつも助かっています。

また、第4弾、第5弾と、火星の2年の旅は続きます。
2018年末、2年の旅が終わるころを、みんなで笑って迎えられますように。
ありがとうございました!

nico
スポンサーサイト
灯台屋さんで火星の火を灯すvol.3 中年の危機と月、火星の話
前回大好評だった灯台屋火星ワークショップのお知らせです。

【灯台屋火星ワークショップ第3弾 蟹座火星 私の心を知る冒険】
第1部 nicoによる中年の危機と火星の関係——月、火星を知るためにトランスサタニアンを利用する
第2部 火星プロジェクトメンバーによる双子座→蟹座火星の振り返りと意見交換
第3部 nico&みねんこによる火星ワーク 3か月、1年、2年の目標設定の話

◆日時:7月15日(土)15:00-17:00
◆場所占い&レンタルスペース灯台屋
神奈川県川崎市中原区上新城1-2-3
JR南武線・武蔵新城駅
徒歩3分(北口はってん会、喫茶すなどけい隣)
◆参加費:火星ワークシートをお持ちの方は1500円
お持ちでない方は4500円(当日お買い求めいただけます)
◆持ち物:筆記用具、お持ちの方は火星シート

↓↓ お申込みはこちらから ↓↓
お申込みフォーム

テーマは、「中年の危機と火星の関係——月、火星を知るためにトランスサタニアンを利用する」です。
天体には年齢域というのがあって、火星期は35歳から46歳に該当するのですが、その時期はちょうど占星術的厄年=中年の危機というのに直面するわけです。

中年の危機とはユングによって研究されていた心理現象の一つですが、この時期、自分でないもの――社会的役割(立派な社会人)、これまでの自己像(よい娘、よい息子、よい父、よい母、楽しい私、おしゃれな私、真面目な私)——が崩れ、本来の自分が顔を出し始めるということですが、そううまく切り替わらないのがこの時期の難しさというわけです。

先日、メールで「SA太陽がネイタルチャートの金星に、もしくはSA金星がネイタルチャートの太陽に合するときって、実際どうなんですかね?」という質問を受けたのですが、この現象も本来の自分が顔を出し始める現象の一つと考えてもいいかもね。

占星術の時期読みには、「自我の目覚めのタイミング――サターンリターン(28歳前後)、太陽・金星の合、そして中年の危機といったタイミングがいくつかあるわけですが、それは本人が望むかたちではなく、一番最良のかたちで起こる成長の機会であり、私はいつもこの機会を「天野岩戸開き」と言っている。

どういうことかというと、天岩戸が開いて中からアマテラスが出てくるイメージ、自分らしさ=太陽が初めて表に顔を出す機会、自己の目覚めの、統合の重要な時期となるということ。

でも天体には善悪の判断はないので、どう出てくるか、どう体験するかわからない。
ネガの体験にも、ポジの体験にもなり得る。
もちろん、結果、最良の自分を獲得するわけだけれど、そこにたどり着くには、サターンリターンとか中年の危機とか、何度も何度も殻を破らないといけない。

中年の危機の機会は、それこそ個人の目覚めの段階でとりわけ重要だと考えています。
なぜなら、火星期(35歳から45歳)は個人天体の最終段階に当たるからです。

この時期は、トランスサタニアン(冥王星、海王星、天王星)が次々にネイタルチャートにアタックを開始し、偽りの仮面を一気に叩き壊そうとするのですが、月や火星のガードがあまりに堅いと、なかなか壊れてくれない。
なぜなら、壊れてしまったら、もう二度と自分に嘘がつけなくなるからです。

自分を発見できず生きていくのか、自分という人間を本気で生きていくのか。
個人の勇気が試されるところです。

先日、ブログでもご紹介しました、見守り隊に応募してくれたTさんのコメントもこれに近いお話でしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正直なところ、今の心境を言葉にするなら「期待と不安」です。
いったん「自分の夢に向かう旅」に踏み出してしまえば、様々な出来事が起こってくるでしょうし、おそらく自分が長年慣れ親しんできたパターンを変える必要が出てくることでしょう。
そして今まで気がつかないふりをして目を背けてきたことに真正面から対峙しなければならないという予感もします。
その時に本当に自分はそれを乗り越えて進んでいけるのか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ火星期に月の話なの?
7月15日は蟹座火星の振りかえりとともに、この辺の心理占星術の話をじっくりしようかななんて思っています。
どうぞお楽しみに!

そして、前回大好評だったみねんこさんとの掛け合いもやります。
みねんこさんの火星への目覚めの話、また聞かせてもらおうかしら。
今宵も灯台屋さん、盛りだくさんの夜になりそうですね。
もずくさん、どうぞよろしくお願いします!
明日の蟹座の夕べは満員御礼 嫁に行こうプロジェクト始まる⁈ 
nicoPLANETに新しい記事が届きました。

すずきわかなさんによる夏至=金星=自己価値の話。

今だからこそ金星のはなし ~この夏は自分に夢中になろう!〜

夏至のチャート、面白いですね。
天秤座の・木星のラストスパートととして、また蠍座・木星の予行練習として、牡牛座金星がとても重要になってくる時期。
この3か月間は、火星とともに金星力、つまり他者に捧げられるだけの自己価値の力をどう実感していくか、自分の価値づくりの時期です!

久々のわかな節。
グッときます。
ありがとうございます!

そして…みぽりんの発案? あれ?何でこんな話になったんだっけ?
まあいいや!こうなったら乗りかかった舟だ!
みぽりんの嫁に行こうプロジェクト、乗っかりますよ!
火星、木星の流れを使ってやってみましょうか!

ということで、みぽりん発案の嫁に行こうプロジェクト始まりの予感です!
ニコプラネットで宣誓してくれています。

みぽりんの「嫁にいこうプロジェクト」はじまる!#0

みぽりん、かわいいなあ。

「先週は、色々疲れてたせいでかなりダメージ受けてモチベーション下がっていたので…やはり励ましあうコミュニティがないと厳しいですね」

了解です!
何ができるか、どうしていくか、来週以降で話し合いましょう。
明日、火星チームとも相談してみるね。

ということで、明日はGoody Tuesday 蟹座アーティストの夕べです。
定員オーバーですので、これにて〆切。
明日、赤いものを身につけて待ち合わせ場所に集合してください。
パトリックとともに会場でお待ちしています。

Redな夜を過ごしましょうね。

nico
名古屋の火星は熱かった!その理由を解明したいからまた行くよ!
米艦イージス艦の事故。
日本の安全保障上大きな打撃となっていますが、日本の平和は、彼ら若者たちのおかげでもあると思うと胸が痛みます。
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

ということで名古屋火星ワーク。
ぎゅうぎゅうと肩を寄せ合う会場の中、3時間半、楽しく学んでいただきありがとうございました!

まず驚いたのは、参加者の皆さんの占星術のレベルがびっくりするほど高かったこと。
いろいろなところで教えていますが、9人中9人があれだけの話についてきてくれて、あれだけ理解を示してくれたのは初めて。

あんなにできるなら、実践読みとか、職業占星術とか、古典とかいろいろやりたい!と欲が出ちゃって、基礎っぽいことをやる予定が、トランジット、古典、現場の話なんかも盛りだくさんさせてもらいました!

ということで、昨日は夏至のチャートを手にしながらの季節図の読み方、天秤サインの理解の仕方、成長のさせ方(スフィンクスの話ね)、水星力の鍛え方、個性の作り方、射手座土星のストレスと成長の方向性など、2時間半の間にギュー――ーっと話をさせてもらいました。

第2部は火星ワークと火星シートの使い方の話。
みねんこさんが、火星シート誕生秘話と火星の関係について、面白エピソードを披露してくれました。
いろいろな火星スイッチがあるものですね。
ふふふ。

そして最後は火星ワーク。
水星周期(3か月)、太陽周期(1年)、火星周期(2年)の間に達成したいこと、やっておきたいこと、ふせんを貼っていき、最後にみんなの前で宣誓してもらいます。

これがね、火星チームもびっくりの火星的目標がたくさん出てきてね、楽しくて、感動的で、その夢、一緒に乗っかりたい!と私たちも大興奮でした。
アーティストのライブ行く夢も素敵だった。

結局、火星っていうのは、ワクワクという高揚感、自分を自分らしく感じさせる”熱”の部分のことなのだなあと、皆さんの話を聞いていて思いました。
名古屋の方々は、熱く、美しく、ユニーもあるのある人たちばかりでした。

みんなのふせんがその後どうなったか、その後の様子もまた聞きに来なくっちゃ!
なんせ火星ー太陽ー木星はおせっかいだからね。

楽しい時はあっという間。
名残惜しい…
再会を誓って終了となりました。

Desktop90.jpg

今回、会場を提供してくれたけいこたん!
久しぶりに会えてうれしかった!!
相変わらずかわいくて、東京に連れて帰りそうになるくらい。
keiko的健康体操、私たちも受けたい!

けいこたんが連れて行ってくれた鳥のお店の名前は「自分に惚れろ」。
まさに我々火星チームあるような名前!常連にならなくては!
そして…肝肉のおいしかったこと!

最後はご機嫌に酔っぱらって、新幹線でもスパークリングを飲み干し、楽しく岐路に着きましたとさ。
自撮り棒も相変わらず大活躍でした。

私たちの火星は、とにかく「バカやること」。
いろいろやってみて、「あー面白かった」とすっきり笑える体験だったりする。
それが明日への活力につながるのかもね。

「ニコさんにとって、今回の火星ワークはどうでした?」と帰りの新幹線でみねんこさんに聞かれたけれど、そうね、チームで動く喜びがひしと感じられたかな。

私のノンストップのトークに、みねんこさんが質問や考えを述べてくれたり、時間の調整をしてくれたり、つびーが後ろで見守ってくれていたり。
一人で仕事しているときには体験できない安心感があったりして。
蟹座火星のタイミングで、この喜びを体験できたのは大きな成果です。

来週は松本、再来週は札幌です。

松本ワークを取り仕切ってくれている今井さんが、ブログにニコラボ火星プロジェクトの詳細を載せててくれました!

今井さんのブログはこちらから↓


ありがたいです。
どのような空間、どのようなワークになるのか。
今から本当に楽しみです。
今井さん、いろいろお世話になります。
どうぞよろしくお願いします!

そうそう、札幌ワークですが、20人収容できる会場に変更していただきました!
ともこさん、小野塚さん、ありがとうございます!
なので、まだ間に合います!
気になる方はぜひ!!

札幌ワークの詳細はこちらから

札幌会場はこちら!

”二コラボ火星プロジェクト in松本 いよいよ今週末です♪
行動すること、意図を生むことは、「私」に魔法をかける行為だ
「主体的な人生を語れるようになりたい」という心を打つフレーズも登場した「あなたの火星見守り隊」インタビュー初日。
16時~21時半の間に20分×10名の面接を行いました。
参加者の皆さま、もずくさん、つびー、みねんこさん、お疲れさまでした!

どのインタビューも本当に楽しくて、感動的で、時間があっという間に過ぎていきました。
私たち火星チームの感想は、「みんなそれぞれに能力があり、魅力があり、何かお互いに面白いことが生まれそうな予感だね」でした。

○○のお母さんではなく、自分はこういうことをやっている人間だと語りたい。
残された人生の中で自分のやれることをやってみたい。
もっと生きやすくなりたい。
私にしかできない仕事をしてみたい。
自分自身を認められるようになりたい。
個性をしっかり発揮したい。
迷っている人の背中を押してあげられるような仕事がしたい。
自分も変わり、世界にも自分が変わったことを見せたい。

誰もがみな望むこと。
けれどなかなかうまくできないこと。
みんな同じ夢や理想を持ちながら、それでもやっぱり一人でやっていくのが難しい。

せっかく、それぞれがそれぞれの能力なり、魅力なりを持っているのだから、いっちょ、一緒に何か面白いことやってみますか!
そんなノリで、早速プロジェクトになりそうなこと、コラボレーションができそうな人との出会いもありました。

インタビュー中、「行動は、その中に魔法と恩寵と力を含んでいる」というゲーテの言葉、または「あらゆる意図的な行為は、すべて魔術的な行為である」とアレスター・クローリーの言葉を思い出した。

行動すること、
意図を生むこと、
それらは、「私」に魔法をかける行為なのだ。
火星を使うことというのは、つまり魔術的なことであるのだ。

インタビュー終了後、どんなかたちであれ、皆さんの2年間を応援したいねという話をしながら、今日一日が終わりました。
本当にお疲れさまでした!

Desktop86_201706122338146e5.jpg

隙間の時間に急いで作ったほうとうでねぎらい、ねぎらい。
心もおなかも大満足で一日が終わりました。

木曜日に2人のインタビュー、そして金曜日に残りの方のインタビューをします!
皆さんとの出会いを楽しみにしています!
もずくさん、つびー、引き続きよろしくね。

あ!明日は「毎週火曜日は火星の日!」ですよ!
火星頑張り隊の皆さん!
明日は、小さなチャレンジ、小さな赤いものなどなどやってみてね!
Designed by aykm.