nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【レポート】火星会議は筋力と熱をやたら消耗する。
月曜日の夜に行われた火星会議。
2019年1月1日から始まる、次の火星サイクルに向けて、急ピッチでユニークかつ有用な火星手帳を考案中。

火星のサイクルを通じて、または様々な天体の運行を通じて、

どうしたら、今よりもっと明確な意図をもって生きることができるのか。
迷いが少ない人生になっていくのか。
しっかり自分の力で生きていると実感することができるのか。

そんな問いかけの答えとなるような手帳を作ろうと、みんなでふーふー知恵を出し合っています。

イツカさんがこんなコメントともとに、会議の写真を送ってくれました。

火星手帳がますます面白くなりそうで
胸熱です(*^^*)

Desktop1.jpg

ちょっとだけネタバレ。
次回の手帳は、A5サイズに変更。
今のA3サイズは別売りで販売予定。
毎週火曜日には火星的格言を掲載などなど、ユニークな試みも盛りだくさん!

NICO11_20180418181705ad9.jpg土星は逆行を始めたし、山羊座火星も後半戦だし、天王星は牡牛座直前だし、もう感覚的に自分に嘘はつけなくなってきて、なのに現実に目を向けられないでいると、なんだか調子も上がっていかなくて、そんなブレブレしている人が多い中、どのように自分をやっていくのか。ブレない自分を作っていくのか。
そんなことを5月19日の灯台屋・火星ワークで話そうかなと。
スポンサーサイト
【特別企画】4/3(火)火星♂土星♄が合 ってことで山登ろう!
桜の散る風景が美しい東京の春の一日。
皆さん、春を堪能してますか?

今日のお知らせは…

【火曜日は火星の日 特別企画】鎌倉・天園ハイキング!
山羊座・火星(イグザルテーション)と土星(ドミサイル)の高揚感を体験してみよう!

火星、土星がコンジャンクションだからって行動に制限をかけて、窮屈な気分を味わう必要ナシ。
天体のエッセンシャルディグニティでは、山羊座火星はイグザルテーション、山羊座土星はドミサイル。
こんなアグレッシブなエネルギーを体感しないなんてもったいない!

山羊座火星、土星が喜ぶのは、目標に向かって推進すること。
山羊の習性を生かして、上へ上へと足を進めるイメージを身体に叩き込むベシ!

次の火星・土星のコンジャンクションは、2年後の2021年4月1日。
ということは、つまり山羊座でこのイケイケのアスペクトを体験するのは2回のみってこと。
アスペクトは一期一会。
この機会に一緒に山登ろう!

【火曜日は火星の日 特別企画】鎌倉・天園ハイキング!
◆日程:4月3日(火)
◆待ち合わせ時間:10:00AM
◆待ち合わせ場所:JR横須賀線・北鎌倉
◆持ち物:お昼&ドリンク


参加ご希望の方はこちらから
↓  ↓  
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

コースガイドはこちらを参考に
↓  ↓
鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)/山ガールのための山歩きガイド

このコースはね、私の大好きなコースでね、鎌倉に住んでいたころは週1ペースで通っていたのです。
特に後半の下りのコースがとってもロマンチックな風景でね。
勝手に「おじいちゃんの森」って呼んでいるのだけど、イチョウの大木たちが素晴らしいのです。
鎌倉は新緑の季節が一番きれいでね、もう紅葉の花も咲いてるかな、イチョウの新緑には少し早いかな。
この森は、本当は夕暮れのほうがキレイなのだけど、夕暮れは秋の紅葉の季節にしましょう。

私の大好きな森にみんなを連れて来れるなんて!
もし体力が残っていたら、海にも行けたらいいなあ。

ということで、楽しい一日にしましょう。
参加者の皆さん、よろしくお願いします!

今日は、近所に住む占星家の村上さなえさんと明治神宮内の桜の下でランチ。
最近、東京の桜の名所はバカみたいに人が多くてうんざりなのだけど、ここは穴場スポットかな?
IMG_2800.jpg

日差しも風も気持ちよくて、すっかり長居しちゃった。

あ、そうそう。
火星WSの動画を見た方、コラージュの画像、よかったら送ってください。
私がしっかり分析します。

先日は、大阪のTさんがコラージュ作品を送ってくれました!
IMG_2869.jpgキレイな青色。
WS参加者の皆さんは、このコラージュ、どのように分析してくれるかしら。
私の目には、母の愛にあふれたステキな作品と写っています。
深層というのは、いつでも多くのことを教えてくれますね。
自分を知るためにも、こういったワーク、時々やってみましょう。
Tさん、どうもありがとうございます!!
水星逆行記載ミス「だから予感よ、思考の力の代わりに力強く働け」
もうすでにお気づきの方もいたかもしれませんが、火星シートに今回の水星逆行が載っていませんよ!という指摘がありました。
なんと!水星逆行っぽい!

私がまったく水星逆行に注目していないもので、つい見逃してしまいました。
一応、お知らせです。
3月23日から4月15日まで、水星は見かけの逆行運動中です。
火星シートユーザーの皆様、大変失礼しました!

もはや天気予報並みに一般化されたと言われている水星逆行予報(←生徒さん情報)。
過去のブログにも水星逆行について、いろいろ書いたりもしてみましたが…
すみません…この仕事を生業にしていてなんですが…
水星逆行、正直言ってどうでもよかったりして…

たとえば、2015/2/11のブログとか

トランジット図には、時代を生きる個人のこころが反映されている

ここには、こんなことを書いた。

なので、水星の逆行により、個人に何が起こっているかを理解するには、以下のような質問が有効かもしれない。
水星逆行は、あなたの何を通常よりも難しくさせていると感じますか?
水星逆行によって、通常よりもどのようなことが敏感に感じられますか?
水星に関して、何かコンプレックや苦手意識を感じることはありますか?

または、2015/5/20のブログとか。


「前に進むばかりがいいわけじゃない 水星逆行について」


または、2016/5/16のブログでは、水星逆行期にシュタイナーの詩を紹介し、こんなコメントを書いている。

だから予感よ、現れよ
そして 感覚の仮象の中で
自分を失いかけている
思考の力の代わりに 力強く働け

水星がうまく働かないなら、思考を手放し、感性を働かせばいい。
あまり考えすぎず、スケジュールも詰め込まず、ぼんやり予感に身を任せてみるといいかもよ―――

いちおう、それらしく書いてはみたけれど、そうね、ホラリー&コンサルテーションチャートの分析の時以外、水星の逆行をとりわけピックアップすることはなくなっているかもしれない。

けれど、最後に紹介した、「だから予感よ、思考の力の代わりに力強く働け」が最近の一番の水星のお気に入りの解釈かもしれないですね。

水星過剰な時代に、水星逆行はむしろウエルカム。
水星なんてちゃんと働かなくていいじゃないか。
火や水エレメントのサイン(今は火エレメント)を運行しているときなんて、別に双子座や乙女座のように働いてくれなくていい。

電車の遅延したら大騒ぎせず、サバイバル能力と直感を生かせばいいし、電化製品が壊れたら、道具に頼らない感性を磨けばいい。
コミュニケーションの障害なんて、何よりも大歓迎。
いつも相手に気を遣い過ぎてヘトヘトなのよ。
だから、こんな時こそ気を遣わない。
なんで牡羊座の時に、コミュニケーションに注力しなくちゃならないわけ?
磨くべきは、瞬時に必要なものに手を伸ばす能力。
そこを磨く訓練をすればいい。

ということで、今夜の勉強会は、「ホロスコープを早読みする」をやります。
牡羊座の能力の訓練。
それを水星逆行時は積極的にやっていきましょう。

そういえば、札幌のタロット講座では、「今回、講座受けてソードが怖くなくなった!」という声を聴かせてもらったけれど、水星=ソードは、環境を生きる道具。
ちゃんとそれにふさわしい使い方を学べば怖いものではない。
ただし、水星=ソードは、いつだって個人を消耗させるものではあるけど。

ということで、水星逆行。
みんなの牡羊座的技術開発に期待してます!
心=月が環境に打ち解けないと世界を変えることができない
先日、大阪の生徒さんと道を歩きながら話をしていた時、「SNSの影響もあって、占星術の情報が出回るのがめちゃくちゃ早くなっていて、新月図読みも芸能ネタも早い者勝ちみたいになっているんですよー」と教えてくれた。
水星がいつから逆行するだの、次の新月はスーパームーンだの、そういった天文ネタも早くに出回るようになっているという。

鉄は熱いうちに打てというが、ダメだ…この流れについていく自信がない…

情報の裏も取りたいし、しっかり吟味したいし、象徴の意味を落とし込みたいし。
収集したら、ろ過して、火であぶって、そして残ったものだけを抽出したい。
種まいて、水あげて、象徴の意味を時間をかけて育てていきたい。

でもね…もう少し早いペースで情報を処理できるといいのだけど。

ということで、すっかり遅くなってしまったのだけど、今日は17日(土)の灯台屋・山羊座火星ワークのお話。
参加者&スタッフの皆様、おつかれさまでした!

今回は山羊座=土星と蟹座=月の関係の話がメインテーマ。

なぜ、蟹座=月を意識しないと山羊座=土星ができないのか。
蟹座=月で補完しないと山羊座=土星はどのような支障をきたすのか。
山羊座火星が機能した時、どのような利点が人生にもたらされるのか。

まずは、そんな話をぽつぽつと。

Desktop76_2018032102190145b.jpg

いつものことなのだけど、ワークの時は、きっと私が一番楽しんでる気がする。
占星術のシステムのすばらしさを説明するとき、毎度毎度、心からワクワクしてしまうのだ。

月を知ること。
それは自分の取り巻く環境を利用すること。
月が打ち解けると、生きる世界が変わる。
逆に心が環境に打ち解けないと世界を変えることができない。

そんな話をした後は付箋ワーク。
今日リリースした火星ニューズレターにも書いたのですが、私は火星が移り変わるたびにこの作業をやっていて、今回のワークでは、

山羊座期(3/18~5/15)に山羊座期の目標を
・チャレンジしたいアクション(do)
・調整したい気持ちや状態(be)

の2つを書いてもらいました。

例えば、
・子供向けのワークショップを開催しよう!(do)
・気持ちを素直に解放しよう!(be)
という感じです。

付箋に目標を書いた後、みんなで深層心理を探ろう!ホロスコープコラージュ!をやりました。
これね、本当に気づきがいっぱいでね、みんなに体験してもらいたい。

雑誌を切ったり、キラキラをはったり、皆さん楽しそうにコラージュしてくれました。
個性的でユニークなコラージュがたくさん!
火星チームも張り切って参加しました!

Desktop177.jpg

その後、私が驚きの診断を発表(みねんこさんは「バッサバッサと切りまくった」を書いてくれていた)。
本当の私を知りつつ、この春にやるべきことをコラージュから読み解いていきました。

あー楽しかった。
これまたやろうね。

ということで、山羊座火星WSも無事終了。
詳しくは、火星ニュースレターを読んでいただくか動画で視聴してください。

動画の申し込みはこちらから。
↓  ↓
動画のお申込みはこちらから


あ、そうそう。
写真の最後に映っているのはですね、藤井まほさんが手掛けている「火星クラッカー」。
もうね、おいしすぎてですね、うっかり独り占めしそうになったほど。
黒コショウ、カイエンヌペッパー、クミン、コリアンダーなど火星に由来したスパイスを使っているということです。
とにかく、一度食べてみてほしい!

お問い合わせなどは、こちらのページでチェックしてみて!
↓    ↓
藤井まほのほんわか日記

次回の灯台屋・水瓶座火星WSは5月19日(土)を予定。
また皆さんに会えるのを楽しみにしています。

では、素晴らしき山羊座火星期を!

たくさん眠ってたくさん揺れて、そしてやがて浮上する
今週17日(土)の灯台屋さんの火星WSは「ホロスコープをコラージュしよう!」というワークの関係上、募集人数がいつもより若干少なくなっています。
なので、そろそろ〆切かな。
もしかしたら、あと1名、2名くらいならOKかもしれません。
残り席、早い者勝ちですね。

お申込みはこちらから!
↓   ↓
●当日参加の方はこちらから

動画のお申込みはこちらから

◆開催概要◆
日時:2018年3月17日(土)15:00-17:30
内容:第1部(75分)レクチャー (nico)
    山羊座期を美しく過ごすための月の調整 トランスサタニアンを味方につける

    第2部(75分) ホロスコープコラージュワーク
    月の調整と未来のビジョン作り


参加費:火星シートをお持ちの方で当日参加の方は2,000円
火星シートをお持ちでない方は5,000円(当日お買い求めいただけます)
動画視聴は1,500円
※30分の拡大版のため通常料金と異なります。持ち物:筆記用具、お持ちの方は火星シート


今回は、月とトランスサタニアンの話。
先日、大阪で開催したタロット講座の大アルカナの最終回では、「太陽」に向かう統合への過程とは、何度も何度も自己の深層に向き合うことに他ならないということを学びましたが、占星術の統合への道のりもやはり同じことで、やはりどうしても月の奥の奥にある深層に触れないことには、太陽系全体のシステムも偽物、借り物でしかならない。
太陽系=公的活動の体験を自分のものとして実感するには、速やかに月を浄化する必要がある。
その方法が、トランスサタニアンの利用ということだ。

ということで、今回の火星WSでは、月の浄化とトランスサタニアンの話をする予定です。
どうぞお楽しみに!

月の浄化とトランスサタニアン。
それは、まさに太陽魚座期にやるべきことだ。
そういえば、この日は魚座の新月の日でしたね。

春を待つまどろみの中で、夢うつつの浅い眠りの中で、私たちは海の底の忘れていた印象を拾う。

時には泣くこともある。
大いに泣くこともある。
または、期待や情熱に襲われることもある。
ままならないことばかりだけど、私には空がある、言葉がある、愛や友情がある。
海の底でゴロゴロ転がって、眠って、揺れて、キレイなものもたくさん見たし、何となく素敵な未来が見えたから、やっぱりもう一度やってみようかと思う。

Desktop171.jpg

Tさんからこんなメールをもらった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋から年明けにかけて心も事象も、かなり深く向き合わないといけない状況で、停滞感満載な感じから一転、2月から流れがぐっと変わる感じがあり。
気づいたら、射手の火星をいい感じに使えていて、でも上を目指しながらも、それが現実化しそうになると不安になるやっかいな気持ちと戦っていたところ、灯台やさんでの動画をポチっと購入。
気持ちを持ち上げてもらえました。
先日の下弦の月の前日には金星をみっちり言語化する機会があり、本当に星の動きってすごいなぁ、、、と改めて思いました。
太陽や金星が明確になることで、目の前のいろんな出来事がすごく心に響いてじわじわ涙がでたりということもあり。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、充実の職業占星術勉強会の後、次期火星手帳の作成のため、2019年1月1日火星牡羊座0度から、2020年6月28日火星魚座30度までの1年半の火星のアスペクト&重要な天体配置の書き出しをやった。

未来の天体配置を追いかけるのは本当に楽しい作業だし、そしてアスペクトをすべて書き出していくと、天体と天体のコンタクトがどれだけ貴重なのかもよくわかったりする。
それがたとえスクエアであっても、アスペクトというのは天体同士の奇跡の出会いなのだ。

天体を動かしながら見ていると、1年半分の未来の人生の疑似体験をすることもできる。
季節図と月相のシステマティックな関係性にときめいたり、2019年11月27日、射手座から木星が去る最後の射手座新月のチャートを見ながら別れを悲しんだり、2020年4月、土星が水瓶座に入ったと思ったら、速攻、山羊座に引き返して、肩透かしを食らったり。

Desktop172.jpg

笑いあり、長渕の歌ありの楽しい時期読みの作業となりました。
これを書きだしたら、あとはアスペクトの象徴をテキストにしていきます。
分担作業です。

あ、次期火星手帳のイメージサンプルが出来上がりました。
いいものができそうです。

イメージができ、アイデアが広がった。
未来に向かう光の筋が見えた。
そろそろ、浮上しようかな。
Designed by aykm.