FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
生命力や長寿の象徴として崇められてきたオークは火星の木
まず、札幌の方々からのその後の感想のご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の相談に向けて、コンサルテーションチャートを作ってみました。
アセンダント蟹。
所属の不安。安心できる居場所が揺らぐ不安。
まさに、蟹の相談!
おそるべし、コンサルテーションチャート!
時間があまりなかったので、ひとまずアセンダントのチェックだけしかしてませんが、それだけでも、すごい!って、実感したところです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨夜さっそく、友人に電話をして概要を話しました。
(中略)
シンクロ、すごいですー!!
ますます自分で読めるようになりたい!!と思いました(≧▽≦)
本当にありがとうございました!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうなのです!
さっそく現場で使えるのが魅力のコンサルテーションチャート。
新しい技術を身につけ、それがうまく利用できると、なんだか自信につながりますね。
占星術を学んでいる人はぜひ使ってもらいたいテクニックのひとつです。

Eさん、Mさん、ありがとうございます。

【火曜日は火星の日】
札幌でのワークショップの後、「火星手帳のおかげで元気になった!」「本気でやる気になった!」という声をたくさんいただきました。
新しいことをやるということは不安とプレッシャーの連続ですが、このような声を聞くことができると、「頑張ってきてよかったなあ」としみじみ思うわけです。

先日、大阪でも火星の振り返り会が行われたようですね。
cache_Messagep25037.jpg赤いソファ!
なんかいい感じ。
きっとUさんのスーパーハッピーな報告も皆さんに届いたであろう振り返り会。

今回の振り返りは、まさこさんがレポートしてくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
楽しくポジティブに会話が弾みました。
牡牛座火星期どんな体験をしたか1人ずつ発表。
結論からいいますと
それぞれがネイタルチャートの牡牛座のあるハウスの体験を通して
牡牛座的な収穫を得ていました。

驚いたことは、違う体験をしたのにもかかわらず
最後に自分の腑におちたことは同じ、またはすごく近い感覚だったこと!

それは
潜在意識の気づきがあった。
存在価値にかかわることの発見
そして
自分が生きていくのに大切なものは
すごくシンプルだったことに気づいた

いろいろ纏っていたけれど、これが(こういう思い)があれば生きていける…そんなものをみつけた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この体験は、私には牡牛座ー蠍座の補完の体験のように思えます。
牡牛座だけでは、おそらくこのような体験はできないかもしれない。
人あっての、これまでの葛藤があっての、手放しがあってこその「私の大切なものの実感」。
これぞ、8H牡牛座火星という感じですね。

トランジットを丁寧に振り返ることでたくさんの気づきがあるもの。
このように振り返りを積み重ねて、自分を内からも外からも充実させてもらいたいと思います。

そして、今日の私の火星の日は、4/30(火)に開催する「ニコラボ野外活動 樹木と天体 観測会」の下見に、明治神宮と新宿御苑を散策してきました。

火星と関連する樹木は「オーク(ナラ)」どんぐりのなる木ですね。

Downloads3.jpg

鉄の火星の僕、こぶだらけの頑丈なオークが語る。
「おお人間よ、深く根を張り、高みへと聳えよ。力強く強靭であれ。戦士であり、勇者であり、守護者であれ」


みねんこさんが送ってくれた植物文化史の本の抜粋では、カシワと木星の関連、多産や繁栄の象徴として紹介されているそうですが、発芽する力としてナラの木と火星の関連もあるということです。

古典では、男性性の象徴として牡羊座を、生殖の象徴として蠍座を考えますが、このように樹木からの天体の象徴に触れることができるということです。

オークはヨーロッパの木々の中でひと際大きく、立派になるために「森の王(King of Forest)」と呼ばれています。
ヘブライの全能神エホバ、ギリシャ神話のゼウスやヘラクレス、ゲール族の始祖ダグラなどの神木とされるなどヨーロッパの神話に度々登場し、生命力や長寿の象徴として崇められてきました。
古代ギリシャではオークが最初に創造された木とされ、ローマ文学の黄金時代を代表する詩人ウェルギリウスは、人はこの木から生まれたとさえ言っています。

何やら火星っぽい象徴が並んでいますね。
さて、私たちはオーク(かし)からどんなエネルギーを感じることができるのか。
美貴子さんによるファシリテーションも楽しみですね。
詳細は後ほど発表します。

自然と星の関連性に興味がある方。
4/30(火)10時の観測会にぜひ参加してください。

nico
スポンサーサイト
過去の成功体験を手放し、未来につながる技術と常識を超える勇気を
札幌の皆さん!!!
3日間お疲れさまでした!!
札幌に行くたびに書いていますが、楽しいときはなんてあっという間なのでしょう。
楽しく、そして居心地のいい時間を本当にありがとうございました!

未来につながる技術と今の自分を超える勇気を持てるような、そんな学びを提供したい!
そんな期待を胸に札幌に向かったわけですが、どうかな、たくさんのことを持って帰ってもらえたかな。

Desktop76_2019040719062251c.jpg

火星ワークショップでは、「平成とはどのような時代だったのか」というテーマから、土星・海王星=昭和の夢にしばられた大人たち――戦後の復興、「追いつき追い越せ」の右肩上がりの経済、終身雇用、ものづくりNIPPON、安全安心――そういった神話が崩壊し、喪失、失望の時代の30年の変遷を見た後、では、これからの時代はどうなっていくのか、そのためには”火星””金星””水星”といった個人天体は、どのような意識で成長していけばいいのかを考えていきました。

自分の中の土星・海王星を超えていかないと次の時代に行けない。
自分の中の成功体験やこうあるべきというイメージを超え、社会のタブーを超え(みねんこさんが送ってくれた孫正義のメッセージ「いかがわしくあれ」ですね)、もっと自由に未来を描いていく。

今回は、全員から牡牛座期のテーマ、双子座期へと向かうテーマをシェアすることができました。
牡牛座火星8ハウスの話、盛沢山でしたね。
新しいパートナーシップづくり、関係性の中で翻弄されながらも自分を育てていく様子、お金、健康、時間といった限りある資源に対する向き合い方などなど、誰もが「そうそう!私も!」と納得してしまうような、そんな象徴的な話がたくさん出てきました。

恒例のともりんの「蟹かぶり」とともに(さすが札幌支部長!)、折り鶴まで用意していただきました。
会場がぱっと華やかになりましたね!
ともりん、忙しいところサポートありがとうございます。

そして、その後は会場をハーバルムーンさんに移し、集中して占星術&タロット勉強会を行いました!

AIに負けない「人」の技術とは何だろう。
「4ハウスに太陽が入っている人は〇〇なタイプ」といった占い雑誌に載っているような、おしなべて万人に当たるように書かれているようなものではなく、クライアントとの関係の中で育てていく象徴、または足したり引いたりしながら”今”一番必要な情報を提供していけるような、そんなさじ加減を必要とするリーディングをしていくこと。

今回は、タロットの勉強会でも「コンピューターには決して真似できないサービスとは」ということを意識した練習をしました。
あの技術、オモシロいですよね。
出ているカードの何が足りない?
足したり引いたりしてみると、実際、何のテーマが隠れているの?
なぜ、大アルカナばかり選んでしまうのか?
ワンドが足りない?
奇数がない?
では、どんなカードをプラスすると、よりよい世界をつくっていけるのか?

「クライアントの心をつかむ」ためのユニークな問いを生む練習などもしていきました。

そして、2、3日目は、お待ちかねのホラリー&コンサルテーションチャート講座。
初めて学ぶ技術に戸惑いながらも、ホラリー&コンサルテーションチャートの持つシンクロニシティの魅力に触れてもらいました!

従来の古典占星術ではなく、クライアントの心象風景を読んでいくという技術――クライアントは、何を望み、何を恐れ、何を乗り越えたいと思っているのか――を丁寧に読んでいくというものです。

昨夜の懇親会で羽妙先生とも話していましたが、「現場の技術というのは、当たってなんぼ、クライアントに満足してもらうことが大事」ではないですが、クライアントのニーズにピタリとはまらないと、やはり現場で使えるとは言えない、そこをどう提供していくか、今回はそのテーマにこだわりました。

また、「未来につながる技術」として天体の象徴を擬人化したり、チャートから感情の機微や過去から未来に続くドラマを読み解いたりと、いかに創造的にリーディングしていくかというのもテーマとなりました。
「では、その象徴をどのようにクライアントさんに伝えていきますか」その問いに繰り返し答えていく練習もしましたね。
または、「凶相」と言われる結果に対し、「天空からのメッセージ」としてどれだけ真摯に伝えていくかというのも課題になりました。

しかし、ホラリー&コンサルテーションチャート講座、本当にドラマがありますね。
ASCが繰り出す色とりどりの悩みや欲求、下世話だけれど愛すべき悩みたち、夢のようなレセプション関係、月が織りなすストーリー、前に進んでいくためにはどうしても解決していかなければならない問題…
人というのはなんだかんだ言って愛おしいものです。

そうそう、今日の講座終わりにIさんが「ホラリー&コンサルテーションチャートの技術で生きていく!」という自立宣言をしてくれました!
これはうれしい報告。
私も全面的にサポートします!

楽しい時間はあっという間。
3日間、心地よい環境を提供してくれたハーバルムーンの古川さん。
こんなに温かく居心地のいい場所で講座ができるなんて…ほんとありがたいことです。
いつもありがとうございます!

Desktop77_2019040722344854c.jpg

最後に集合写真。
あれ?かわい子ぶってるのはなんで??
動画受講になってしまったAさん、お会いできず残念!

空港にて、古川さんからこんなメールを受け取りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニコ先生、三日間、お疲れ様でした!
札幌でこんなにレベルの高い講座を受けれるのは、本当にニコ先生のおかげです。
これまで、一緒に勉強してきた仲間との関係もとてもよく、一人だったら絶対へこたれてたけど、ここまで何とかこれました(笑)
時の流れで、みんながそれぞれ変化してるのも興味深いです。
また次回お会いするときは、どんな変化があるのか、楽しみにしてて下さい。

来月の勉強会は、早速コンサルテーションをやることに!先生からの宿題お待ちしてます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おっ!宿題やる気ですね!
もちろんです、やりましょう、やりましょう。
皆さんからのレポートも待っていますし、そして皆さんの変化も楽しみにしています!

また、今回も札幌の皆さんからたくさんの刺激をいただきました。

ともこさんのソプラノ、英里佳ちゃんのシャープなリーディング、ともりんの気遣い、Hさんのキューーーートなイラスト、Mさんの文房具愛などなど、皆さんの情熱をガッツリ受け取りました。

そして今回もこんなにたくさんのいただき物が!
なんと!大好物ばかり!
やばい!独り占めしちゃうかも!

Downloads2.jpg

この先、医療占星術もやりたいし、時期読み、マンデンなどもやりたいし、ホラリー&コンサルテーションチャートを含めて総合読みもやりたいし。
まだまだお伝えしたいことがたくさん!
ではまた札幌で会いましょう!

そうそう、ホラリー&コンサルテーションチャート講座は、名古屋、東京でも開催が決まっています。
ご興味がある方は、ぜひこちらのページを見てみてね。
↓ ↓ ↓
今後開催予定のホラリー&コンサルテーションチャート講座はこちらから!

nico
火星WS 陰=月=beは、自分の心地よいサイズを知っているか?
まずは、大阪のTさんの牡牛座期の感想から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の火星牡牛座期は自分の対人関係の苦手意識も絡んで「自分は何も出来ない」と感じる場面が多くてなかなかハードな時期でした。
でも、こういう時期だからこそいろんなことやものをもう一度きちんと見直そうという気持ちにもなれました。
自分の歩みが本当に亀のように遅く感じられて、小説の「モモ」(ミヒャエル・エンデ)を思い出してまた読みたくなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほんとね、牡牛座火星、いろいろなことがありましたね。
8ハウスのテーマですものね、自分の心の中をのぞかずにはいられないですね。
他者との関係を通してなのか、「無力感」を覚えずに入られないですね。

心にわだかまりがあると、どうしても人生を前向きに進めていくことができない。
自分なりに”生きる”と向き合うために、しっかり自分の8ハウス=〇〇問題に向き合うことが大切な時期だったのかもしれません。

そんな牡牛座火星期の振り返りから始まった火星WS。

Desktop75.jpg

年号が変わる直前の大事な時期をどう過ごすか。
「昭和天皇崩御」「今上天皇のお気持ち発表」「新年号発表」といった重要な転換期のチャートと、そして2019年の四季図のチャートを使い、今、私が一番伝えたかったことを1時間40分みっちり、凝縮してお伝えしていきました。

土星・海王星から土星・冥王星の時代、私たちは何を失い何を得たのか。
失望の時代からサバイバルの時代へ。
安全神話崩壊の時代から自立の時代へ。
逆行のない今期の火星サイクルの重要なテーマとは??
2019年の四季図と陰・火星、風エレメントとの関係。

そんなこんな、夢中になってしゃべったことをみねんこさんがレポートしてくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【火星ワークショップ ふたご座編★レポート】
おうし座期間の最終日、ふたご座期へとつなぐ回。
1おひつじ、2おうし、3ふたご
1月1日からの流れが積み重なり、ユーザーそれぞれの火星の旅にもドラマが見えてきましたね。
振り返りシェアトークが充実した今回は、火星の効果ってどんな感じ?と手探りしてるアナタの4月からのプランニングに響く内容ですよ!

いまの時代の説明部分では大きく「平成」を振り返りました。
火星で扱うには大きいテーマですが、平成の始まりと終わりが「やぎ座の土星」でした。
そしていまは土星と冥王星がピタリと重なる時代の節目に当たります。

この土星冥王星と2019年の火星サイクルは切っても切れない関係に。
このことが4枚の季節図(春分、夏至、秋分、冬至)ではっきり表れています。
そして火星の中でも陰サイン(地と水のエレメント)のテーマである「be」「私はどのようにありたいか」が重要だと納得せざるを得ない完璧な仕組み。

天体サイクルを活かして日々の活力として取り入れると、目先の動きだけでなく大きなうねりで時代が切り開かれていくのを体感できる。

個人は時代の移り変わりに翻弄されて、自分の中心を手離さざるを得ない。
こんな風に固定化した観念を書き換えていく。
風エレメントふたご座火星のテーマは、理想の自分像を思い切って宣言しよう!です。
火星サイクル手帳は単なるスケジューラーではなく「魔法のワークブック」であることがジワジワと浸透中!

このワークショップ内容は後ほどyoutube動画でリリースします。
申し込みの皆様、お楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みねこさん、ありがとうございます。

陰=月=beは、自分の心地よいサイズを知っているか?
山羊座土星、冥王星をポジティブな体験にするには、陰の性質をしっかり自分の中に落とし込むことが大事という話もしましたね。

最後は、一人一人、双子座火星期に向けた

では、だったら、それならば、どんな自分軸を生きていくか。

の宣言をして火星WSが終了しました。
また、双子座期が終わるころ、宣言によってどのように場がつくられようとしていくのか、そこを振り返ってみたいですね。

2019年の過ごし方、未来をもう少しクリアにイメージしたい方、ぜひ動画を視聴してください。
↓ ↓ ↓
動画の視聴はこちらから!

そして来週、札幌でも火星WSが開催されます。
協力していただいているハーバルムーンの古川さん、火星支部長のともりん、お世話になります。

●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:4月5日(金)13:00~15:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所ハーバルムーン  → アクセス (地下鉄東西線・西18丁目駅 徒歩3分)
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
申し込み販売サイトはこちら!
3/30(土)火星WSは、四季図から考える火星の重要性の話
【火曜日は火星の日】

昨日、今日と勉強会では、昭和天皇、今上天皇、次期天皇の3人の天皇の特徴や共通項、そして平成30年における重要なターニングポイントとなった出来事のチャート分析、そして四季図から「これまでの時代、これからの時代」を考えるというのをやりました。

これからの未来を考えるのにすごく使える情報だし、かなりオモシロいし、そして今回の四季図は火星の重要性が際立っているので、せっかくだから3/30(土)の火星ワークショップ双子座期の巻で四季図と火星の重要性の話、ガッツリやろうかなと思っています。

さすがに天皇のチャートまでは触れませんが、牡羊座~双子座までの火星イングレスチャートとともに、春分から冬至にかけての4つの季節図を読みながら、この1年間に必須の火星力についてお話ししていこうと思っています。
ぜひぜひ楽しみにいらしてください!

●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:4つの四季図と双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1年、そしてこれからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:3月30日(土)14:00~16:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
火星WSのお申し込みはこちらから

火星はいよいよ牡牛座の最終ターム。
皆さんにとって、牡牛座3期はどのような時期になりましたか?
自分の「あるべき姿」とどのくらい向き合うことができたでしょうか。
自分のリソースをどのくらい実感できましたか?

そろそろ牡牛座期の振り返りページを開いて、
★牡牛座期に新しく体験したこと
★持ち物の見直しの中でトキメキを感じた出会い
★牡牛座期に後回しにしてしまったこと、自己嫌悪に陥ったこと
★双子座期にチャレンジしたいこと

などなどを丁寧に思い起こして、双子座イングレスに備えましょう。

今日の勉強会でも話題になった牡牛座期とこんまりの関係。
3年くらい前になるのかな、ミエルさんから「火星が牡牛座に入ると掃除がしたくなる!」という報告を受けて、それをみんなで検証してみたりしました。

牡牛座期は、自分の中の価値基準を育て、自分の力で「どうあるべきか」に答えを見つけていくことが目標となる。
そのために、自分のあり方を見直す必要が出てくる。
自分の持ち物を整え、安全圏を整え、今の私に一番ふさわしい在り方を物質面、現実面、身体面から見直すことが大切になる。
こういった体験から、自分にウソのない生き方が明確になるということだ。

だから、先日のイチロー引退の発表は、私にとって牡牛座火星・地エレメントに対する理解をさらに深めてくれることになったわけだ。
自分に正直に生きていたら、自ずと自分らしい生き方を選ばざるを得ない。
限界もわかる。
器もわかる。
やれること、やれないこと、身体や時間や才能がNOと言えば、やはりNOなのだ。
自分のリソースを丁寧に扱い、自分を大切に生きているからこそ、大切な決断の時期もわかる。

そんなふうに正直に生きた人の言葉を前にすると、こちらも真実を生きたくなるではないか?
何があっても堂々と生きてみたくなるではないか?
3/30までのラストスパート、できれば「私に返る」というのを意識し、自分に嘘のない在り方をここで一度見つめなおしていただけたらと思います。
その「私」を携え、活発な動きが始まっていく双子座期を前に、できる限り自分の本質に触れることができるといいですね。

そんなこんなで牡牛座期入ってから(もちろん山羊座土星、牡牛座天王星の影響もあるだろうが)、自分らしく生きたい人たちが続出した。

私も時間を作り、夢中になって大好きな土いじり。
お気に入りのオーストラリアのワイルドフラワー、セルリアや リューカデンドロン、フランネルフラワーやライスフラワーをベランダの鉢に植えたりして。

Desktop74_20190326234526c23.jpg

健やかな私を整え、この先の活発な動きに備えます。

皆さんの牡牛座期はどんなだったかな。
よかったら、土曜日のWSで聞かせてください。

nico
3/30(土)火星WS 牡羊座から双子座までの第1ステージを考える
その前に、ちょっとおちゃめな火星の写真から。

Desktop70_201903160851562c9.jpg

火星の表面に現れた、くぼみや台地が描くキュートな模様。
ハッピーフェイスクレーターと呼ばれています。
そういえば、冥王星からもハート模様の写真が届きましたよね。
愛と情熱、そして笑顔。
自分の心に正直になること。
それがないとサバイバルできない、火星力があがらない、そんなふうにとらえてみるのはどうかな。

そろそろ牡牛座火星も終盤戦。
今日から第5ターム=獅子座=個性の確立に入ります。
張り切って、つまづいて、悩んで、落ち込んでの繰り返しの中で、アポロンの「汝を知る」をやっていくことになります。

どんなに頑張っても、結局、自分は自分自身でしか生きられない。
そんな意識の領域です。

ということで、3/30(土)に「火星WS 双子座期編 第1ステージの締めくくりはどのような調整が必要になるか??」です。
私の中でますます重要性を増してきた1ステージ(牡羊座→牡牛座→双子座)の流れ。
何につけても、この流れをしっかり実感し”私”を楽しんでおかないと、揺れ戻しやらプレッシャーやら、自己反省やら挫折やら、この先つまらないことが増えてくる。

あー大事大事。
ということで、今回は天体全体の中の火星の位置づけを再び考えてみるとともに、火星・双子座期以前の流れ、そしてこれからの火星サイクルのテーマをホロスコープの構造やイングレスチャートからしっかりと考え、第1ステージの最後を爽やかに過ごしていきたいと思います。
一緒に「be」と「do」の状態、意識の調整もやっていきましょう!

牡牛座の振り返りもやらないとですね。
こんまりブームも相まって、お片付け&安全領域の確保の熱が高まったり。
または身体に対する向き合い方が変わったり。
自分の持ち物を大事にしないと何につけても始まりませんものね。

ということで、たくさんの方との火星のテーマ、シェアできたらと思います。
お時間ある方はぜひいらしてください!!

★火星WS 双子座期編 第1ステージの締めくくりはどのような調整が必要になるか??★
牡羊座イングレス以降、何となくくすぶっていた火星にもそろそろ本気で火がつく時期に突入!
皆さん、準備はいいですか?
では、そんな大切な時期を迎えるにあたり、一体、どんなことを心掛けたらいいのでしょうか。

そもそも、火星を燃やすのに必要なモチベーションって何?
牡羊座、牡牛座と運行してきた火星、何が足りないと双子座期がうまく過ごせない?
牡牛座から双子座への移行って、どんなことが難しいの?
サイクルと意識の関係をもう一度見直しつつ、人生をより魅力的にしていく方法を一緒に考えていきましょう。

●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:3月30日(土)14:00~16:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
http://ptix.at/xqfBsd

あと、大阪チームも振り返り会の開催決定です。
以下、うか子さんからの告知文となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は
●日時)4/6(土)13:00より
●於)梅田のハービスPLAZA ENT地下2階の「アンティコカフェ アルアビス」
イタリアンカフェだそうです!おしゃれ!席数は115席!場所のご提案とピックアップをしてくださったまさこさん、朝倉さんありがとうございます〜〜!

双子座イングレス後の開催となりますので、牡牛座期に振り返った内容についてもお話しできるかも?!
またお互いにおせっかいを焼き合うくらいの爽やか(双子座イングレスしてますので!)かつ熱い(火星なので!)会ができれば嬉しいですヽ(´▽`)/

牡牛座期は掃除を頑張っているという声が聞こえてきたり、こんまりさんが大ブレイクしたりしていますが、皆さまの牡牛座火星はどうでしょう??
ぜひお聞きしたいです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということです。
気になる方はぜひ、こちらに連絡してください。
前回、かなり盛り上がったという情報いただいています。
今回も楽しみですね。
うか子さん、まさこさん、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!
Designed by aykm.