FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【水瓶座・火星】私たちは今、とても大切なことを教えられている
週末の心理占星術基礎講座、火星ワークショップ、そして心理占星術実践読み講座おつかれさまでした!

こんなときでも、やっぱり占星術の学びは楽しいねー
昨日の基礎講座は、みっちりトランスサタニアン。
遠い遠い惑星へと思いをはせ、165年先の世界をイメージし、集合的無意識やらシャドウやら二重支配やら、コロナと関係ないワードに浸り、象徴を考えていく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分が現在中年の危機の最中で、加えてコロナ騒ぎで正直日々ぐったりなのですが、心身がしんどいのとは関係なく、講座復習するのが楽しみです。
新しいズームと言う方法を体験させて頂いたことにも大変感謝しております
家でも十分充実時間が過ごせる、幸せです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当にそうですね。
自分の大切なものに気づかされる毎日です。

正義11そして、初のZOOM開催での火星ワークショップも無事終了。
今、私が考える大事なこと、たっぷりお伝えさせていただきました。

ワークショップが終わり、改めてこの状況について考えてみると、水瓶座土星火星はとても大切なことを教えようとしているのだということがよくわかってきた。
最後の風エレメントである水瓶座で、大きな学びのとき、成熟のときを得ているのだと、今、深く実感している。

山羊座までの実社会の中で、私たちは本当に幸せだったといえる生を生きていたのだろうか。
誰ともなく競い合い、駆り立てられるように仕事をし、SNSで華やかな世界を見せ合い、でもそれって本当に心から望んでやっていたことなのだろうか。

政府が投げかける「コロナ後のV字回復」のスローガンがむなしく聞こえるのは私だけだろうか。
経済停滞というけれど、もともと前進などしていかなったのではないか。

そうなのだ、結局、私たちは地に足をつけることなくフワフワとただよっていただけかもしれない。
適当にお茶を濁して、なんとかやってきただけかもしれないのだ。

ならば、哲学者の三木清が言う「生命とは虚無をかき集める力である。それは虚無からの形成力である」ではないけれど、何もないところから、もう一度、自分にとって、ただ純粋に大切なものだけをかき集めて、もう一度世界を構成してみるべきではないか?
「何もない」「不安な」「むなしい」世界はいつの時代も変わりないのだから、せめて、必死にかき集める力を使い、生に応えることが大切なのではないか?

今回は、陽サインの重要性。
木星と未来。
火星の形成力。
風エレメントと新しい視点。
不動サインの柱。

こういったことをつらつらと話していきました。

Desktop155_20200405174341e92.jpg

今回は、大アルカナカードを総動員。
現地は、みねんこさん、つびーの3名でのお届け。
ZOOM上ですが、いつもの顔ぶれに会えるとホッとします。

魚座期までにしてほしいことをお伝えした後、6月21日に発売予定の2020年度版火星サイクル手帳の表紙を先だし!
暗黒の宇宙を希望を持って旅をする、自分をかき集める宇宙の旅、そんなイメージの絵を皆さんに見ていただくことができました。

水瓶座期、きっと皆さんにとって大事な時期になります。
動画を観て、しっかり自分を備えてください。
きっと後から振り返ったとき、「あのときのあの体験が…」となるはずです。

水瓶座期、気になる方はぜひこちらでチェック!
お得な価格でご提供しています。
↓ ↓ ↓
【動画配信】火星ワークショップ★水瓶座編


気を遣いながらの開催になりましたが、現場を支えてくれたみねんこさん、つびー、ありがとうございました。

次回魚座期は、5/16(土)14時を予定しています。
東京は落ち着く気配がまったくないですが、私たちには太陽系のサイクルを支えにすることができます。
最後のサイン魚座のイメージを皆さんで共有しましょう。

それまで元気に、大切なときを過ごせますように。

nico
スポンサーサイト



放置された価値を取り出し、新しい価値(個性化=本性)を知る
明日の午後は職業占星術パーフェクトマスター講座です。
課題ですが、時間があったら自己分析だけじゃなく、ぜひフェデラーもやってみてください!
大阪の生徒さんで、「フェデラーって、すごいプレイヤーなんですね。私は今までの人生でまったくテニスと縁がありませんでした。
それにしても、こんなにすごい選手の事を知らないなんて、人間って見たいものしか目に入ってないんだな、なんてことをあらためて思ってしまいました(笑)」と書いてきてくれた方がいましたが、占星術を生業に、もしくは一生の学びにしていくなら、興味を幅を広げていくことはとても大事です。
多種多様な職業、人生観、エネルギーの使い方をしている人たちを分析することで、象徴読みのバリエーションがどんどん増えていくのです。
ぜひ、一流の人のエネルギーの使い方を実感してみてください。
きっと生き方の参考にもなると思います(特に12ハウスの使い方!!)。

で、4/4(土)17:30スタートの水瓶座期火星ワークショップのお知らせです。

今朝、メールをチェックしたら、イツカさんから「買い占めにならないように、今から備蓄を少しずつしておくのがよいかなと思います」という旨のメールが届いていた。
さすがに、「これはただ事ではないぞ」という危機感をひしひしと実感。
だからこそ、
「生きる力」
「無力感と効力感」
「自力と共存」
といった意味を持つ火星の役割を、いろいろな角度からもう一度とらえ直していこうと思っています。
行動を伴わない不安に足をすくわれないよう火星と、そして火星を取り巻く天体との関係を見ていきましょう。

そして、後半は不動サイン・水瓶座とは?を考える時間にしましょう。
不動サインね、今、もっとも興味深いモダリティ。

よく基礎講座などでピラミッドと不動サインの関係の話をしたり、また昨日の星宙予報でもNewsweek最新号「観光業の呪い」の記事と不動サインの関係を紹介しましたが、どんなに立派なものを作っても、現代に合った利用の仕方を考えなければ、ただの観光資源でしかなく、それは活用ではなく消費されていくだけの遺産であり、もしかしたら、それは「負の遺産」となり下がるものだってあるかもしれない。

もはやただの「観光資源」になり下がりそうな新国立競技場ですが、でも工夫次第では、何か新しい価値を創造できるかも?しれない。

Desktop153_20200321132134c84.jpg

今回は、私たちの中に放置されている(資源=牡牛座)、または「負=蠍座」だと思われている価値を取り出し、新しい価値を知る(するというのをやってみようかなと思っています。
どんなものでもいい、「これかな?」と思えるものの芽を探してみましょう。
水瓶座での価値の発見こそが、やがて個性化へのプロセスにつながり、そしてフロムや大拙の言う「本性」への到達が近づくのではないかと思います(水瓶座土星の間にね)。

こんなの2時間でできるかな。
面白そうなので、ぜひやってみましょう!

★動画参加アリ 水瓶座期火星ワークショップ★
第4ステージ 未来を生きるために、今、私たちにできること 第2弾
「放置された価値を取り出し、新しい価値(個性化=本性)を知る」
【第1部】

改めて考える、火星とはそもそもどんな天体か
考える
【第2部】
不動サインと火星の関係
水瓶座土星イングレス、今の私たちにとって必要な水瓶座的意識を
シェアリング
  
◆日時:4月4日(土)17:30~19:30
◆金額:現地参加の方:2000円 →現地参加でお申込みはこちらから
      動画視聴の方:2000円→動画視聴の方はこちらから

◆場所:北参道 みらいづくり研究所

↓  ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

4/4(土)は水瓶座期火星WS 目減りではなく、価値の循環と工夫を
危機の心理占星術勉強会は、一通り終了。
こんな時期だから、たくさんの方に参加、視聴してもらえてよかった…
視聴の感想、フィードバックたくさんいただきありがとうございました。

わかなさんから、勉強会の感想いただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
占星術といえば古代から世相をよむのに長けているもの。
しっかりよむことが出来ればすごいツールだなぁ。。と、今日もしみじみ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、別の生徒さんから、「占星術の知識がちょっとばかりあることがマイナスに働いている方がいる…」といった内容のメールをいただきました。

せっかく心理占星術を勉強したからには、恐れや不安を煽るものとしてではなく、また現実逃避することなく、宇宙の秩序――そこにあるがまま、その状態――を受け取れるといいですね。

タロットカード10番目のカード「運命の輪」のごとく、上がったものは下がり、下がったものは上がるといったシンプルな循環、動きとしてとらえられたらいいなと、そんな気持ちを込めて、この「危機の心理占星術」勉強会をやらせてもらいました。

たくさんの方のJカーブの変化――神話の崩壊、失望、手放すべき依存、掘り起こすべき”力”、骨組み、重要、共存――を理解し、未来へとつながるイメージを作っていきました。
”本来”でないものを手放し、よりミニマムな自己像で勝負できるように。

自己理解の進みやすい時期、この時間を大切に過ごせるといいですね。
いずれまた、この時期をどう過ごしたのかを火星、海王星のコンタクトのあたりで振り返ってみたいなあ。
皆さんの「活動能力の維持」の工夫、そんな話もまた聞かせてください。

【火曜日は火星の日】
札幌のともりんが、東京の山羊期の火星ワークショップを受けて、火星振り返り会のレポートを届けてくれました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、【シビアに点数をつけてみよう】やってみました!
厳しく点数つける人、甘めにつける人、
それぞれの感性もおもしろい。

成長の経過もみんなで見守ってきた感じもあるので、
それぞれ方向性は違うけれど、1年前とは思いもよらない方向に進んで、
みんな成長したよなあ、と感心しきり。

その後、北海道は、すっかり人の集まる活動は自粛ムードになってしまったので、その後はそれぞれが、これからの活動に迷い、考える時間になったと思います。

それでも、振り返りの会で気づいた自分の魅力、持ち物、価値を活かして、
これからの新しい活動に繋げていってくれるといいなあ、と思います。

次回は、4月10日ハーバルムーン、12日いいかふぇでの開催予定です。
それまでに、この自粛ムードが解消されていますように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ともりん、いつも「akaboshi火星振り返り会」の開催ありがとうございます!
不安も多い中、同じテーマを共有できる仲間がいるというのは心強いもの。
引き続き、皆さんの指南役になっていただけたと思います。
よろしくお願いします!!

4月10日札幌で振り返り会を行ってくれるということなので、それに先駆けて、東京で火星ワークショップを開催しなくちゃ!

ということで、火星ワークショップ水瓶座期のお知らせです。

そもそも、12サインの成長物語にとって水瓶座期はどのような役割を果たすのだろうか。

これから土星が水瓶座山羊座を行ったり来たりし、天王星と90度を迎え、2020年末には本格的に水瓶座入りするという、重要な時を迎えるその水瓶座に火星が入室する、それはやっぱり、ちゃんとその動きや意味をとらえておきたい。

ともりんも書いてくれました、山羊座火星期で手にした「4つのエレメントの値」を手に水瓶座へと歩みを進めたとき、さて、私たちは何をしていけばいいのか。
このような危機的状況の中で、火星としては、または水瓶座としては何を意識することができるのか。

そんなことを話し合える機会にしたいと思っています。

★動画参加アリ 水瓶座期火星ワークショップ
第4ステージ 未来を生きるために、今、私たちにできること 第2弾
「目減りではなく、価値転換のために知恵を使う」

【第1部】
火星サイクルは、不動サイン・水瓶座で何を獲得するのか
不動サインと火星の関係
水瓶座土星イングレス、今の私たちにとって必要な水瓶座的意識を考える
【第2部】
振り返りとシェアリング
イングレスチャート読みと時期火星サイクルをターゲットにしたの目標のシェアリング
  
◆日時:4月4日(土)17:30~19:30
◆金額:現地参加の方:2000円
      動画視聴の方:2000円
    
◆場所:北参道 みらいづくり研究所

※お申込み、カリキュラムの詳細は後日発表!!!

↓  ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

unnamed (2)

あ、2020火星サイクル手帳 つびーが作業を着々と進めてくれています。
私は、テキスト思案中。
あー終わるかしら…

【火星サイクル】火星探査車名は「Perseverance忍耐力」に決定!
というニュースが飛び込んできた。
皆さんも見かけたかな?

11.jpg

NASA、7月打上げの火星探査車正式名を「Perseverance」に決定。

記事にはこんなことが書かれていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Perseverance」を応募したのはバージニア州に住む中学生Alex Mather氏。

彼は代々の火星ローバーの名前Spirit(情熱)、Opportunity(努力により得た機会)、Curiosity(好奇心)、InSight(洞察)、を紙に書き出し、それらがいずれも人間が持ち合わせている資質であることに気づきました。そして、人としての資質を新たなローバーに着けようと考えたとき、最も重要な資質のひとつPerseverance(忍耐)が抜け落ちていることに気づいたと述べています。ああなるほど!と膝を打ちつつも、13歳にしてそのことに気づいたAlexくんの聡明さにも、われわれ凡人は感嘆せざるをえません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おー!
これぞ、牡羊座から始まり、蠍座、射手座と続き、山羊座を目指すという、まさに火星サイクルが目指す成長ステップではないか?

今、まさに山羊座火星が13度まで進み、世界中が忍耐力を試されている。
行動に制限がかかったように感じる今こそ、実際、内部でふつふつと「私は○○がしたい!」という欲求、純粋な情熱が育つときなのではないか?
より限定された生活環境の中でこそ、自分にとって核となる信念が見えてくるのではないだろうか?

アレックスくんのおかげで、忍耐を持って、前向きに過ごせそうな気がしてきた。

ここから火星は、木星、冥王星、土星、天王星とアスペクトを取り、それぞれの天体の欲求を受け取り進んでいく。
その内的探査の様子も、ひとつのopportunityとして、またはinsightとして、前向きに取り組めるかもしれない。

そんな話も、「危機の心理占星術 その理解と活用法を考える」勉強会でやれるといいな。

nico
火星はいよいよ山羊座へ 未来へ持っていく荷物に何を詰め込む?
【火曜日は火星の日】
火星は、射手座最後の5度のタームへと突入。
第4ステージ・山羊座へと向かう準備態勢に入りました。
射手座期をしっかり見直し、火星サイクルの大本命”イグザルテーション”の山羊座火星への段階へと進んでいくのです。

射手座期振り返りのワークの大事な質問は、「未来へ持っていく荷物に何を詰め込もうか?」

射手座期の火星WSでお話ししました、
え?
山羊座が断捨離なの??
本来、射手座期でそれをやるんじゃないの?
なぜなら・・

ということ。
火エレメントの重要な性質の一つ「純化」が、ここ射手座期で行われていないとイグザルテーション火星なんてとてもできないよねーという話。

今の占星術の常識では、どうも山羊座で”棚卸し”的なものが行われるのが主流になっているみたいだけれど、やっぱりね、高い山は無駄なものを背負っていると登れないからね、最後の火エレメント・射手座で無駄をそぎ落とし、頂上へと向かって身を軽くしておく。

で、そのときに未来のビジョン、夢、理想にふさわしいもの、本当に自分の人生に必要な情熱をコンパクトにまとめて山羊座に持っていく。
山登りの極意ですね。

ってことで、火星サイクル手帳ユーザーの皆さん、火星が山羊座に移る前の2/15までに、ぜひこの大事な質問に即答できるようにしておきましょう。
そしたら、火星は山羊座でイグザルテーションするはずです。

もしも、火星の使い方がもっと上手になりたい!射手座期、山羊座期の話が聞きたいよーという方がいましたら、ぜひ2/15(土)14:00スタートの火星ワークショップに参加してみてね。
↓ ↓ ↓
火星ワークショップ・山羊座期はこちらから

最近、講座やワークショップは動画での参加の方がとても増えていて、遠方の方や諸事情があって参加できなかった方にも声をお届けできて光栄である反面、反応や意見を直接受け取ったりすることができず、少しさみしい気もしています。
こんなご時世ですが、お時間ある方、ぜひ直接会場に足を運んでいただき、一緒に新しい未来、新しい価値を作ってもらえたらうれしいです。

ただ参加してくれるだけでも、そこに存在があるだけで、新しい風が生まれたりするものなのです。
その存在の刺激で新しいものが生まれたりする(天秤座的な感じですね)、それが最終的に水瓶座的価値の再構築になったりして、インタラクティブな関係って本当に大事ですね。

ってことで、皆さんの参加を心からお待ちしています!
一緒に、今にふさわしい山羊座期の過ごし方、そして山羊座期で起こる水瓶座土星イングレスの話などもしつつ、未来のどんな価値を持ち込みたいか、射手座期から続く未来への懸け橋について考えていけたらいいですね。

暗い側面を底力(蠍座的)に、明るい未来を信じて(牡羊座的)。

Desktop144_20200211120805cde.jpg

スリランカ・シーギリヤロックを背景に。

nico
Designed by aykm.