FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【蟹座火星ワークショップ】気分をスウィングさせて自己理解を進めよう!
ミャンマーでは国軍により市民が700人以上も犠牲になり、アメリカと中国の対立は続き、日本はワクチン確保に失敗しと、最初の風エレメント双子座・火星期は、外部との比較や対比などにより国/企業/個人の弱点が明らかになり、何が問題なのか、どう改善していくのかという議論のテーマが浮き彫りになっている。

火星・双子座期も終盤戦。
皆さんはそれぞれに自分の中に課題、問題点を見つけることはできているだろうか。

4/23(水)より火星は蟹座へと移動する。
外部刺激により明らかになった諸問題に対し、私たちは別のアプローチを取ることになる。

蟹座は非常にambivalent(アンビバレント=正反対の感情、態度などが同時に存在すること)なサインである。
とどまりたいのか動きたいのか、そのままでいたいのか変わりたいのか、いつもムードがスウィングする。
その絶え間ない運動の中で自己認識を深め、最終的に自分が進むべき道なり、活動なり、居場所なりを見つけていく。

欲求に忠実であることを目標とし、自らの力でそこに向かっていくことを助ける火星は、スウィングのエネルギー源となる。
振り子のように揺れながら、自分にもっともふさわしい場、活動、感情、態度を見つけ、自分自身とともに生きる覚悟をする。

けれど、多くの人は、ムードをスウィングさせないように生きる。
心が動くと疲れるし、作業は滞るし、効率は悪いし、だからなるべく心を動かさないようにすることで日常生活の安定を図ろうとする。
そして、個人の欲求の解消に寄与する火星本来の刺激を避け、内発的な動機から生まれることではなく外からやってくるものごとに対処しようと懸命になりすぎるため、気がつけば「自分はどうしたらいいのかわからない」ということになる。

今期の蟹座期火星ワークショップは、外部が騒がしい今こそ、自分の中にある欲求へとアクセスし、丁寧に月=蟹座=4ハウス=水エレメント=活動サインについて理解し、自分を健やかに生きる方法を考えてみたいと思っています。

蟹座は火星サイクル最初の水エレメントであり、そして第1ステージ(牡羊座→牡牛座→双子座)を終え第2ステージ(蟹座→獅子座→乙女座)最初のサインになります。
エッセンシャルディグニティとしては、蟹座火星はフォールですが、水エレメントと火星はとても仲がいいので、その活かし方など考えてみたいですし、また活動サインの流れ、第2ステージの在り方、テーマ、やるべきことなども見てみないとです。
今期の火星期は、土星が逆行を始まるタイミングでもあるので、蟹座と土星の関係なども探ってみたいし…

ということで、またまた盛りだくさんの火星ワークショップ。
ももさんからも、絶対ライブ参加のほうがお得!という声もいただいていますので(録画が終わった後、軽く質問コーナーを設けているので)、お時間ある方は、ぜひライブで参加してみてください。

そうそう、長期火星サイクルを目下研究中のみねんこさんの火星ブログ。
①~⑨までありますが、最新の記事「⑨けっきょくのところ火星逆行ってなんだろう?」は、火星の働きについてとても丁寧に解説してくれているので、火星のことイマイチよくわからない!という方、ぜひ参考にしてみてください。

→→→みねんこブログ ものごとのなかば 二コラボ 火星サイクルPJ⑨ 

【zoom開催】<<火星手帳ユーザー限定>>火星ワークショップ蟹座期「気分をスウィングさせ自己理解を深めよう!」
==================
◆開催概要
4/27(火)19:30~20:30(60分)
内容:①双子座=風から蟹座=水への移行とは
    ②活動サイン蟹座から始まる第2ステージとは
    ③蟹座=月=水エレメントを丁寧に考える 
    ④イングレスチャートから未来づくりを考える

金額:1,650円(税・手数料込)
ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから→→【zoom】火星サイクル手帳ワークショップ★双子座編┃気分をスウィングさせ自己理解を進めよう!

book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020
スポンサーサイト



双子座火星は声を、言葉を頼りに、自己を外側から発見する
おぼろげな月、はらはらと散る桜、目に映る風景が気持ちいいですね。
でも、西日本は黄砂で大変ですね。

みなさん、火星・双子座期をどのように過ごしていますか?
外部からの刺激によって喜び、落ち込み、葛藤し、奮闘しながら自己成長のために活動能力を循環させていますか?

先日、料理の腕に自信を持っている友人が「久しぶりに行きつけのイタリアンレストランに行ったとき、プロの腕前に圧倒されて奮起した」というエピソードを聞かせてくれましたが、まさに!これぞ双子座火星!
私も外部のすばらしい刺激によって、「なるほど!」と膝を打ったり、「やられた!」という地団駄を踏んだりしながら、明日の活力にさせてもらっています。

今期の双子座期のテーマは「知らないという体験がわたしを育てる」ということで、火星サイクル手帳には、アメリカの作家トニ・モリソンの言葉「学び捨て」を主軸に以下のようなことを書きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今期の双子座では自分の「幅」を広げる機会として、他者からのフィードバック——痛みを伴う指摘、否定されたように感じる意見も含め——を受け止め、今の環境が求めている考え方や知識、技術を柔軟に取り入れてみてもらいたいのです。
自分の考えや信念に固執したり、早急に結論づけしそうになっていると思ったら、「知ったつもりにならない」ということを意識してみてください。「知らない」という姿勢からしか新しい理解は広がりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というようなことを書きましたが、みなさん、そのような体験は進んでいるでしょうか。

日々のニュースでも、日常の関係性の中でも、一瞬、目をそらしたくなるような話題が目や耳に飛び込んできます。
その時に、「それはどういうことだろう」と心の防衛を解いてみる、それが大事なのだなと、私自身も今回、たくさんのことを「学び捨て」することにエネルギーを注いでいたりします。

でも、「学び捨て」というアイデアこそ、占星術を学んでいる人たちが持つべき姿勢なのかもしれません。
先日の研究会でも「天体とテーマ」を見直し始めていますが、「天体の象徴とはこういう意味」という「知ったつもり」が横行する中で、いかにして常識や価値観、文化がもたらした「当たり前」を手放して、もう一度、謙虚に「学び捨て」てることができるかが大事ですね。

または、村上春樹の以下のインタビュー記事も双子座期のふるまいの参考になるかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遠慮なく何かを言えること。それから、もし自分の言ったことが間違ったことだったとしても、それを社会がある程度許してくれること、寛容であること。その二つです。そうではない方向に社会が流れていくことを僕は恐れます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まさに双子座・水星—射手座・木星の補完関係の話ですが、水星の先に寛容な受け皿があれば、もっと人は自由に自分を語れるようになるかもしれない、講座やワークショップでお伝えしている「間違う権利」が双子座・水星にはある。

そのための姿勢として、村上春樹はこう続けています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕がやっているのは、自分が本当に持っているもの、本当に感じていることをただ正直に示すことなんです。それはすごく大事なことだと思う。どんな世界にあっても。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
牡羊座、牡牛座と"I have"を実感したあと、双子座で「自分が本当に持っているもの」を「正直に示した」とき、自分の声を客観的に聞き、「あ、そうか!私は実際、そう思っていたのか!」と自己を外側から発見することになります。
声が、言葉が、「わたし」をよりリアルに存在させてくれるというわけです。

そして、その声や言葉は、自分だけではなく他者にとっての気づきにもなる。

双子座は、ホロスコープの一番深いところICに直結したサインです。
自分から出たひらめきやアイデアは、実際、誰かのそこにあった「正直さ」とつながっている可能性もあるのです。

あ、私もそう思っていた!

これがいつもお伝えしている「風エレメントは贈与の関係、知識やアイデアはみんなのもの」ということでもあります。

火星は4/22(木)まで双子座を運行します。
ぜひ、新しい価値観や考えにオープンになり、あた「自分が本当に持っているものをただ正直に示す」ことを心掛けて過ごしてみてください。
私もやってみたいと思います!

そうそう、火星サイクル手帳・双子座期のふり返り会は、4/20(火)11:00~と19:30~になります。
毎回、たくさんの方にお申込みいただいていますが、先着順だったため、参加できない方もいるとのことですので、今回は抽選にさせてもらうことになりました。
あんまり多かったら、別日も開催できるかもしれませんので、参加ご希望の方はぜひお申込みしてみてください。

本当は、火星サイクルユーザーの皆さんに参加していただきたいふり返り会。
「自分が本当に持っているものをただ正直に示す」だけで、自分のことはもちろん参加者みんなの気づきになり、また学び捨てにもなるのです。
一度、勇気を出して参加してみませんか?

ふり返り会のお申込みはこちらから
→→4/20開催!双子座期★火星レビュー&シェア会お申込みフォーム


春のにおいをクンクン嗅いでいるガルシアくん。
春はみんないい気持ち。

IMG-0141 (1)

nico
3/2 双子座・火星WS 挫折感が知性や関係性、そして憧れを育てる
今、東京は雨が上がり、青空が見えてきました。
地震、怖かったですね…
私は猫たちと共にしばらくベッドの上で震えてましたが、皆さんは大丈夫でしたか?

日々、講座やセッションをする際、

人生、いつ何が起こるかわからない。
自分の人生にブレーキをかけてるのは自分だけ。
それなら、自分を生き切らないともったいない!

という思いで行わせてもらっています。

土曜日の職業占星術パーフェクトマスター講座でも、オープンセッションをやりながら、

自分のチャートの中にある可能性ならば、精一杯使ってみるしかないではないか、
その象徴を使えるのは自分しかいないのだから、

とひしと実感しました。
チャートに示されたヒントを頼りに、これからまた元気に人生に向かっていけるといいですね。

ということで、今日は3/2(火)19:30の火星ワークショップ・双子座期について。

長年の火星サイクルウォッチャーの所感として、火星双子座期は「ざわつく」という印象がある。
前回の火星・双子座期のサイクルは、2019年の3/31~5/16だった。
もう大昔のようだが、このころ天皇が退位し年号が令和に代わり、世界各国で総選挙があり、フランスではノートルダム大聖堂の大火災が、そしてスリランカでは連続爆破テロが起こった。
その前回の2017年の双子座期もイギリスのマンチェスターで大規模は爆発物事件があったけ。

もちろんネガティブな事件ばかりではなく、ポジティブな動きも含めて双子座期は動きが活発になる。
双子座=風エレメントの時期は、風が吹くのだから、それは当たり前のことなのかもしれない。
ざわつく感じをどうしたらいいのだろう。

3/2(火)の双子座火星ワークショップでは、風エレメントについて丁寧に考えていこうと思っています。
風の時代を生きるヒント、心持を知るのにとてもいい機会になると思います。

風エレメントは、私たちに「ない」という感覚の重要性を教えてくれます。
「ある」という実感の地エレメントから離れ、外部に意識を向け、「ない」という感覚をモチベーションにして動きを起こしていくのです。
「ない」という感覚は、もちろん挫折感を生みます。

「あの人にはあるけれど、自分にはない」という実感は、その挫折の体験が学びの力、成長の欲求となり、風エレメントの喜びを引き出します。
また「あの人にはあるけれど、自分にはない」という感覚は、他者に対する愛と敬意をもたらします。
そして、その愛や経緯が憧れを生み、未来のビジョンを生み出す、こういった体験が前回のワークショップの続き、風エレメントの贈与の話、関係性と価値の循環の話に通じるわけです。

Desktop189.jpg

これがこれらタロットカードの「星」につながるということですね。

情報や知識は誰のものか?
どうすれば情報や知識をうまく利用できるか。

「ない」という感覚を利用し、風エレメントの気持ちのいい循環をつくること。
価値を受け取り、手放し、相互の豊かさをつくること。
今回のワークショップでは風エレメントの役割と軽やかな動きの作り方など、これからの時代を生き残る術を学んでいこうと思います。

今回は、前回と同じようにホームワークを用意しています。
前回は、タロットカード「星」のワークを宿題にしましたが、今回はこの続きのホームワークの紹介をします。
そちらもどうぞお楽しみに!

今回、牡牛座期を過ごしてみてしみじみ思いましたが、火星は良かれ悪しかれ欲求を刺激するものだということ。
欲求を素直に解放できれば、ストレートな行動表現や純粋なモチベーションへとつながり、それが抑圧されたままだと不安や倦怠感といったストレスを内面に抱えることになったり、フラストレーションとして怒りや不満が他者に向けて表現されることもあります。

健やかさを手にするため火星を気持ちよく利用したい、その方法をぜひこのワークショップを通して一緒に考えていきましょう。

【zoom開催】<<火星手帳ユーザー限定>>火星ワークショップ双子座期「挫折感と憧れがこれからの未来をつくる」
==================
◆開催概要
3/2(火)19:30~20:30(60分)
ZOOM開催 火星ワークショップ双子座編「挫折感と憧れがこれからの未来をつくる」
内容:①風のエレメントはどのようなものか?
     風エレメントと火星の関係とは?
     風の時代だからこそ、未来づくりに使える風エレメントの感性を徹底的に考えていきます!
    ②双子座期のイングレスチャート読み
    ③ホームワークの説明

金額:1,650円(税・手数料込)
ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。

お問い合わせ、お申し込みはこちらから→→ZOOM開催 火星ワークショップ 「挫折と憧れがこれからの未来をつくる」


book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020
未来へと希望をつなぐ 2/24(水)火星牡牛座期ふり返り会
まず、2/24(水)に予定している牡牛座期ふり返り会ですが午前の部が定員になりました。
さっそくのお申し込みありがとうございます!
ニュースレターでお知らせしたあと、あっという間に埋まってしまったみたいなので、これからお申込みを希望している方は、ぜひ夜の部にお申し込みください!
といっても、夜の部も残り席4席ほどなので気になる方はお早めに!

今回のふり返り会でシェアしてほしいのは2つ。
星=未来への希望のワークの結果と、そして自分らしさを実感できた自己価値、「これが私」と感じられた自分の魅力や能力について(星のワークの詳細はこちらのブログから)。
どんな未来への希望を得たか。
どんな自分らしい能力を実感したか。
この二つをぜひ一緒にシェアしていきましょう。

牡羊座期のどこかのワークショップでもお話ししましたし、また先日のタロット講座でもお伝えしましたが、陰と陽、奇数と偶数は、呼吸のようにお互いを補完し合っています。

1で起こった動きが2で着地する、陽で起こった動きが陰の段階で意味を成す。

逆に、k陽=奇数で動きをつくらないと、陰の実感も生まれないということ。
私のことがわからない、この先のことがわからないといった実感の弱い人は、自分から動きをつくっていない受動的な陰タイプの人が多く、だからいつまでも自分を確認することができないということになります。

また、陰の時期に実感したことは陽の結果であることから、自分の納得できない実感がやってきても、それは自分の振舞いや行動の結果であるということです。
なので、その失望をばねに、また次の陽=奇数で新しい動き――自分の実感に合った、自分らしい動きを重ねていくことが大切だということです。

ということで、牡牛座期のふり返りは、陽サイン・牡羊座期(2020/6/28~2021/1/6)の結果を受けた、次なる動きの前の実感、反省、調整、準備といったことを理解しておくことが大事、それがこれからの未来を生きる上で、とっても大事なふり返りになるということになります。

みんなで陰の実感を強め、そして次の双子座の動きに備えていきましょう。

そうそう、昨日、こんなコメントをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先ほど改めて『牡牛座期』を読み…

『自分の感性が心地よく感じるものを積み重ねることで、「わたし」という存在はありありと姿を現し始めます。等身大の、ありのままのわたし。その「わたし」を基準として生きること』
『「わたし」の持ち物(資質、才能、肉体、時間など)を利用して生き抜くことができれば、なにがあっても人生は揺らぐことなく安全である。こうした自己認識が進むことで、自分自身と自分が所有しているものを、愛情を持って大切に扱えるようになるのです』

を音読していると自然と涙があふれ出し。。
久しぶりに声をあげて大泣きしたこと。号泣しながら繰り返し読んだこと…を、ここにご報告いたします。笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Aさん、ありがとうございます。
自分の内側に触れる行為は、ときに愛おしく、ときに気恥ずかしい「実感」なのかもしれませんね。

ふり返り会に参加できない方も、よかったら声を聞かせてください。


☆━┳━┳━┳━┳━┓
 参 加 費 無 料
┣━┻━┻━┻━┻━☆
zoom 開催 火星サイクル・牡牛座期 ユーザー限定ふり返り会


ふり返り会は、皆さんの貴重な体験をシェアする時間です。
そのため無料&ライブ配信のみ!!
録画視聴はありません。

◆日時
2/24(水)19:30~21:00(90分)
※延長の可能性がありますので、ご自由に退出ください。


お申込み、お問い合わせはこちらから
→→【zoom】無料★夜の部 牡牛座期、火星サイクル手帳シェア会
火星ワークショップ・双子座期は、3/2(火)19:30からの予定。
内容等は近日発表です!

nico
研究生制度がスタート! 個人の未来づくりをサポートするために 
2021年12月の末、職業占星術パーフェクトマスター講座・全12回を卒業してくれた方向けに、心理占星術をより広範に利用していくための研究生制度を立ち上げることにしました。

基礎講座からはじまり、長い実践読み講座、心理ホラリー&コンサルテーションチャート講座、そして職業占星術パーフェクトマスター講座とこれまで長きにわたり学び続けてくれました。

特に職業占星術パーフェクトマスター講座は、毎回たくさんの課題をこなし、レポート鑑定をこなし、モニターを招いての実習をこなし…と数々の難関突破が必須であり、心理占星術的アプローチだけでなく、クライアントの未来をスケジューリングしたり、ビジネス戦略を考えたりといった、トータルに個人の未来づくりをサポートする高度な技術も提供しなければならず、Tさんも「悔し涙を流したー」なんて後から報告してくれましたが、本当に皆さん苦戦しながら、よくぞ最後まで頑張ってくれました。

にもかかわらず、「もっと学び続けたい」という声をいただき(Tさんも、「ああ、またみんなと勉強したいなという気持ちが強くなってきていました」なんてコメントくれましたね)、それならば!ということで、さらなる高度な学びの機会を一緒に作っていこう!ということで、今回、研究生制度というかたちをとることにしました。

今日、皆さんにメールさせていただきましたが、

皆さんとやっていきたいことは、
●ホロスコープを利用して、”今、ここから”人生をスタートするために、個人の成長のサポート、個人の可能性を広げるサポートをすることです。
心理占星術、職業占星術の技術を使って、ホロスコープから個人の”well-being その人らしい在り方”を探り、いくつになっても、どんな状況でも、「今ここから」人生をスタートさせることができるよう、個人の未来づくりの提案をしていきます。
そのために、著名人の方たちをはじめ、いろいろな人のホロスコープ分析をして、どのようにして能力を開花したのか、どういったきっかけで生き方、仕事を選択したのか、どんな挫折があったのか、どう乗り越えたのかといったことを考えてみたいのです。
1回の研究会につき、1~2名のチャートを丁寧に見ていき、天体のエネルギーの使い方、アスペクト、サインの理解などを深め、新しいアプローチでチャートを利用する方法を考えていけたらと思っています。

研究生ですので、知識を出し合う、提供し合うという意味で、できれば動画受講ではなくライブでの参加をしてもらいたいと思っています。
こちらで出し合った情報は、ゆくゆくはベータベース化して、みんなで情報を共有したり、モニター鑑定と言った実践の機会を設けたりといった技術や知識の洗練の場をつくっていく予定です。

職業占星術の日程と同じように、第4日曜日の14:00で行えたらと思っています。
第1回目は、2月28日に行いと思っていますが皆さんのご予定はいかがでしょうか。
14:00~16:00の2時間、金額はライブ参加の方は3,000円、動画の方は4000円です。

Mさんから、「気になる著名人の方がいましたらこちらから提案してもよいでしょうか?」という提案をいただきました。
もちろん!大歓迎です!
たくさんの人の人生がどのようにしてつくられていったのか、みんなでアイデアを出しながら読み解いていきましょう。

新たな学びのスタート、なんだかワクワクしますね!

職業占星術パーフェクトマスター講座、今、2クラスが同時進行しています。
無事卒業しましたら、ぜひこの研究生制度を利用してください。

nico
Designed by aykm.