FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
6/29は火星WS どこから来たのかがわからないとどこへ行くのかも…
火星は蟹座を運行中。
まだ半分(15度)も過ぎていないのに、私の元には多くの方から蟹座っぽいレポートが届いている。

前回の蟹座WSでは、とにかく蟹座火星は心を動かすこと、そして心の器を広げるために新しい挑戦、新しい環境に飛び込んでみることを心掛けてみよう!というお話しをしましたがどうかしら。
皆さんの心は動いていますか?
新たな世界が広がり、心が揺れる体験をしましたか?

心=月というのは、動かしてみないと本当のところはわからない。
しばらく感動していない人が、「自分はどうしたら感動できるのかわからない」などというが、そのようにして動いていないと自分の心の在処がよくわからなくなってしまう。
そのような無感覚が続くと、「私ってどんな人間なのだろう」という自己認識も減退してくる。

けれど、心が動くことはいいことばかりではない。
よく講座中、熱湯の中で身体を動かせないときと心を動かせないときって似てるよねという話をよくするが、心を動かし慣れていないと、ちょっとでも動くとヒリヒリ痛い。
心がすぐにやけどしてしまう。

心を動かしていたとしても、心が動くとエネルギーが大量に消耗する。
一度動くと、しばらくは心のある場所が苦しい。

けれど、蟹座期はこの”ヒリヒリ”の感覚も込みの体験が重要になる。
ヒリヒリすれば、それは器を広げるチャンスだからだ。

エッセンシャルディグニティではfallフォールの火星。
だったら、落ちるところまで落ちようぢゃないか。

惑星としても火星もその半分は水だったりするし、古典では蠍座火星が一番高い得点をもらえるし、とにかく火星は水エレメント的要素=心=気分と直結しているので、実際、落ちるのが大好きだ。
イライラしたりプリプリしたり、と思ったら急にハイテンションになったりと、ムードスウィングが得意分野だ。

だから、蟹座の時期はとことん心と向き合ってみるといい。
この時期に川底を探索し、自分本来に立ち返り、自分らしい在り方=beを確認することは、この先の長い道のりで迷子にならないためにも必要な作業となる。

どこから来たのかがわからないければ、どこへ行くのかもわからない。
始めたきっかけ、当初の情熱、子供のころの記憶、懐かしい体験…

結局、自分はどのようにいたいのか。

よく言うように、底を打てばあとは浮上するしかない。
そうなると自分のやりたいことしかやりたくなくなるはずだから、まあ落ちてみるのは悪くない。

でもね、底ばかりのぞき込む人も時々いる。
過去、記憶、思い出、傷、痛み…
いくら掘っても見たいものはそこからは出てこないから、底を打ったら、そろそろ浮上するしかない。
その先には、キラキラと輝く光、太陽の季節が待っているのだ。

火星を月とではなく、太陽とともに働かせていく時期に入る。

ということで、6/29(土)14時からは、火星ワークショップ拡大版を開催します!
最近、私がはまっている太陽の話、たくさんします。
ぜひ、足を運んでください!!

今回は、蟹座期の振り返りの時間をいつもより少し長めに取りたいと思います。
みねんこさん、私でじっくり皆さんの話を聞かせていただきます。

蟹座から獅子座へ。
月から太陽へ。
水から火へ。
「4」から「5」へ。

私の心理占星術講座、タロット講座ではおなじみの以降に失敗しやすいといわれているタームの話、たくさんしていく予定です。
ぜひ、足を運んでいただけたらうれしいです。

月から太陽へ!建設的なエネルギーを育てて、健やかな人生を進もう!】
◆第1部 蟹座期の振り返り
 どんな心の動きがあったかをみんなでシェアしていきます。
 ここでの自己開示は、きっと大きな力になります。
 臆せず、蟹座期の体験を教えてください。
◆第2部 月と太陽の関係
 月から太陽へと進むための心得(エレメント、タロットなどから考察してみよう!)
 火星ー月の関係、火星ー太陽の関係
 太陽の重要性について
◆第3部 獅子座期の火星イングレスチャート読みと未来の展望のシェア
 皆さんのこれから進む未来、立派なものでなくても大丈夫。
 大事な獅子座期に入る前に、自己認識を少しでもクリアにしておきましょう。

◆日時:6月29日(土)14:00~16:30
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,500円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,500円
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

▼現地参加の方
↓ ↓ ↓
お申込みはこちらから

▼動画の方
↓ ↓ ↓
お申込みはこちらから

スポンサーサイト
nicoPLANET 2019年双子座号 道徳と不道徳、常識を超えていく
まずは、今日の勉強会に参加の皆さま。
じゃんじゃん雨の降る中、ありがとうございました。

今日の内容は、徹底的に太陽について。
太陽の重要性、太陽に対する恐れと不安、その原因と解決法、太陽と月の関係、どのように人生、インスピレーション、夢や理想に責任を持ち、決着をつけていくか。
太陽の重力がなければ、他の天体、そのアスペクトをコントロールすることができないということ。
月に意識が向きすぎると、太陽のエネルギーが損なわれるということ。

このように、いろいろ太陽の力を自分に取り戻していく話をいろいろしていきました。
たくさんの質問をくれたMさん、私自身もとてもいい見直しができました。
ありがとうございました。
次回は、「働き方とトランジット、セカンダリープログレッション、ソーラーアーク」の話をやっていく予定です。
来月もよろしくお願いします!

で、今日から太陽は双子座へ。
今月もいろいろ書かせてもらいました。
よかったら読んでください。

●今月の言葉は、マルタ・アルゲリッチ
私の大好きなピアニストの一人。
いきいきとした躍動感があり、常に挑戦し続けるパワーがあり、そしてユーモアもあり。
「道徳と不道徳について、どこまでが限界か試したかった…」この言葉の背景にある双子座の秘密について書いてみました。
↓ ↓ ↓
今月の言葉 2019双子座 マルタ・アルゲリッチ

●そして、赤ペン12サイン占い。
この前、生徒さんに「12サイン占いを書いている方たちのように、できるようになるのでしょうか」というコメントをいただきましたが、そんなふうに多くの人のお手本になってくれている赤ペンチーム。
今回もキラリと光るテキストがたくさん届きました。
よかったら、ぜひ双子座期の過ごし方の参考にしてください。
↓ ↓ ↓
赤ペン12サイン占い2019 双子座

●最後は、nicoの星宙予報。
今月も太陽イングレスチャートを読んでみました。
丸山議員の話、日米首脳会談、いろいろありそうな予感の2019年双子座期。

双子座期だからこそやるべきこと、そんなことを考えながら読んでみてください。

ということで、「個」を育てていくために、とても重要な双子座期。
皆さんの双子座期が実り豊かな時期になりますように。

IMG_5491.jpg
蟹座期火星WS 心の器を広げ、世界を生きやすくする
自分で言うのもなんですが、真面目な話、「火星」とちゃんと向き合うと、どうも本当に世界が変わるような気がするんです。
みんな、なんだかちゃんとよくなっていく気が本当にする。
火星を信じている人たちは、単純バカが多いのかしら。

今日もたくさんのいい話を聴かせてもらいました。
いい振り返り、いい未来意識も共有させてもらいました。
「火星」がもちろんテーマですから、その人の火種にアクセスするような話をしていくわけですが、人がちゃんと自分の立ち位置を知り、その中で前向きな意図がつくられていく様子を見守るのは、本当に楽しいことであります。

そんな満足感を大いに味わった蟹座火星ワークショップ。
動画の方も含めて、多くの方に興味を持っていただき本当にありがとうございます!

Desktop86_201905182340217fe.jpg

今回は、セカンドステージの入り口となる蟹座のテーマを心ゆくまでお話しさせてもらいました。
いつもどおり火星イングレスチャートを見ていくとともに、前回に引き続き、「令和」の中心的テーマともいえる「火星―土星ー冥王星」の話を、今回は冥王星ハーフリターンの話とともに進めていきました。

1930年に発見された冥王星が、時代の流れの中でどのように今に至ったのか。
蟹座ー山羊座、火星ー冥王星ラインは、私たちにどのようなテーマを突きつけてきているのか。
日本とアメリカの関係、権力との決別、または共存に対する覚悟。
力を得て生きていくための努力の方向性。

こういった話から始まり、蟹座期(5/16~7/1)の目標をいくつか掲げていきました。
・心の器を広げ、住み心地のいい環境を作る
・意識の広がりの中で心を動かしていく
・心の違和感をどのようにとらえていくか。それはどう未来の動きにつながっていくか
・心が喜ぶ環境作りとは

だまされたと思って、とにかく火星のサイクルを丁寧に過ごしてみてみてください。
とにかく、運行中の火星サインのテーマになんとなくでもいいから沿ってみましょう。

それだけでも十分、外部に由来しない「私」が実感できるようになってきます。
いい意味での自分本位(牡羊座)が意識できれば、人との関係を親密に築くのもそんなに難しくなくなります。

セカンドステージからが本格的な「私」意識の形成期になります。
興味があるけど…とためらっている方。
ぜひ、この機会にサイクルに触れてみてください。

読み物としても面白い火星サイクル手帳あります。
無料の使い方動画もあります。
時々、ニュースレターも届きます。
これからもいろいろ特典考え中です。
そしてよかったら、セカンドステージの過ごし方動画も観てみてください。
↓ ↓ ↓
火星サイクル手帳&火星WS動画 購入サイトはこちら!

そして、次回獅子座火星WSは、6/29(土)。
蟹座期にどんな心の動きがあったのか、どんな場づくりが進んだのか、新しい景色の中でどんな自己発見があったのか、皆さんからの報告を楽しみに待っています!
次回、またお会いしましょう!!!

ということで、充実の2時間があっという間。
ワークショップ終わりに火星プロジェクトチームの仲間たちと、一時的に地元石川県に戻ることになったみぽりんの送別会を開きました。

Desktop87_20190519001014b2b.jpg

みぽりんは、これからも嫁プロの記事を書いてくれるそうですし、また金沢のほうでも火星WSを開催しようという話になりました。
なので、みぽりん、これからもよろしくね。

懐かしいメンバーと近況報告。
水煮ちゃん、麻美ちゃんからもスペシャルな報告がありましたねー

WSの中でも話しましたが、人生にはいろいろな時期がありますが、火星サイクルやっていると、どんな体験も「おっ!来たか!これがそうか!」と変に楽しめるようになってきます(私だけ?)。

個人天体最後の火星をしっかり使えるようになると、自分の領域くらいは自分で責任が取れるようになってきます。
つまり、自由な感覚です。
ぜひその自由な感覚とともに、蟹座期に少しずつ自分のテリトリーを広げてもらえればと思います。

では、皆さんもステキな蟹座期を!

nico


明日から火星は蟹座へ セルフイメージに対し、どんな刺激があった?
その前に、前回のブログの内容を受けて、いつもステキな感想を寄せてくれるFさんから新しいコメントが届きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私の運勢どうですか?」
「あの人はどんな人ですか?」
とか、もちろん、それらもみれるけど、占星術はもっと、もっと、アクティブなもの。決して、その場限りの気休めではないですね。
夢やロマンの神話の世界から抜け出して、「今を生きる私たち」の現実にしっかりと使っていけるようになりたいな、と思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よく生徒さんたちから、「占いの現場は、もっと単純な答えが求められるんです」という声を聞きますが、占星術を使う側がそういった現状に妥協せずに丁寧なリーディングをしていけば、もっと現場も変わっていくかもしれませんよね。
Fさん、いつもありがとうございます。

そして、火星の話を少々。
明日16日から、火星は蟹座へと移ります。

皆さんは、双子座の振り返り&蟹座期の”be””do”はやってみましたか?
私も今日、新宿御苑の芝生の上で火星サイクル手帳を広げてやってみました!

Desktop85_20190515213806b70.jpg

振り返ってみると、いろいろな刺激があった双子座期。
まさに小アルカナの「3」の体験をたくさん重ね、自己像にしっかり刺激を受けた時期だったなあ。

3

火のワンド:新しい時代を生きていくため、新しい自己像をイメージしてみる
地のペンタクル:そのために、自分のできることを環境に生かしてみる
風のソード:外部からのフィードバックを受け取ってみる
水のカップ:未来につながる理想の自己像を喜んでみる

痛みもあった。
風というのは、当たり過ぎれば消耗も激しい。
どんなコミュニケーションも受け止める側からしたら痛みになることもある。
人や情報に触れれば、どんなものでも刺激になる。

けれど、喜びもある。
驚きや発見もある。
ナラティブセラピーのオルタナティブストーリーじゃないが、外部からの刺激を受け、自己像の書き換えがかなり進んだ時期になった。

または、たくさんの、本当にたくさんのうれしいフィードバックももらった。
未来につながる、素晴らしいアイデアもあった。
セカンドステージの蟹座へとつながる、大事な活動も手にすることができた。

明日から蟹座期ですね。
火星サイクル手帳ユーザーの蟹座火星の方には、明日16日にnicoからの火星のお誕生日メッセージが届くことになっています。
ぜひ楽しみにしていてください。

ユーザーの皆さん、どのような双子座期を過ごしたのか、どのような蟹座期を迎えようとしているのか、よかったら教えてください。

そうそう、札幌の火星支部長のともりんが恒例の振り返り会を開いてくれるそうです。

【akaboshi20度クラブ・火星手帳振り返りの会】
火星ふたご座期の振り返りとかに座期をスタートしてみて☆
日時 : 5月19日(日)13時30分~15時30分
場所 : エルプラザ3F 多目的室

北海道札幌市北区北8条西3丁目
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/

JR札幌駅北口より徒歩3分
(札幌駅北口地下歩道12番出口横から建物の中まで直通)」

詳しくは、ともりんのブログまで!
↓ ↓ ↓
札幌振り返り会 詳細はこちらから

ともりん、どうぞよろしくお願いします!

nico
5/18(土)14時は火星WS 火星は第2ステージへ「私」をつくる時期へ
火星ワークショップ蟹座期(5/16-7/1)の開催のお知らせです。

前回の火星WS「四季図と令和時代と火星の関係」は、火星という天体そのものを考える上でもとても大事な時間となりました。

先日の樹木観測での火星・木星オークの話もそうですが、「獲得する勇気、手放す勇気」「自己信頼と他者信頼」といってテーマも含めて、火星ー冥王星は、これからの時代のキーワードとなることでしょう。
火星の大きな目標は、天秤座、蠍座を抜け、射手座の段階で成熟を迎え、山羊座で「自己」を確立することです。

来年2月の最終コーナーの飛躍を目指すべく、火星の力をつけるためには、この第2ステージの過ごし方がとても重要になります。
第2ステージは、起承転結の「承」の時期。
蟹座=月、獅子座=太陽を通過し、ここから他者との関係性も始まります。
他者との関わりを通して「私」を知り、「私」をつくる時期となるのです。

ということで、前回同様「これからの時代を生きる」をテーマに、まずは令和時代と火星―冥王星の関係をお話しからスタートしていきましょう。
夏至図でも顕著なように、火星-冥王星のアスペクトはこれからの時代の重要なテーマとなりますね。

それを踏まえつつ、山羊座土星・冥王星のテーマの補完として、蟹座のテーマというをしかり考えていきたいと思っています。
火星がフォール(マイナス4点)となる蟹座火星ですが、山羊座土星で自分なりの在り方を行っていくためには、蟹座火星のフォール――感情が揺れ、乱れ、落ち込む――といった体験が実はとても大切になるのです。

それではどのような体験なのでしょうか。
蟹座・月・活動サイン、水エレメント、このテーマを考えながら、第2ステージの始まりのエネルギーを整えていきましょう。

とっておきの初だし占星術ネタ!!も用意していますので、お時間ある方は足を運んでください!!

●第1部:オープニング 第1ステージまでの流れを振り返ってみよう!
●第2部:夏至図、火星イングレスチャートから「私づくり」の第2ステージの過ごし方を考えてみよう!
●第3部:とっておき占星術ネタから、これからの時代に必要な蟹座―山羊座のテーマを理解しよう!
●第4部:蟹座を過ごすためのアイデアをシェアしよう!

◆日時:5月18日(土)14:00~16:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

▼現地参加の方
↓ ↓ ↓
申し込みサイトはこちらから!

▼動画の方
↓ ↓ ↓
動画のお申込みはこちらから!
Designed by aykm.