FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
ネプチューンな理想
海王星が魚座入りしたのが4月5日。
そして今日、人々の様々な思いを引き連れつつ、ちょうど4か月を経て、再び水瓶座に戻った。
みなさんはこの4カ月、どのような海王星・魚座体験をしただろうか?

海王星といえば、まさに魚座の支配星だが、支配星というのは、言わばそのサインの管理者。そのサインの欲求を受け取りつつ、支配星はそれを動力エネルギーに変え、具体的な動きの方向性を作っていくのだ。

海王星の象徴を考えた時、学習が進んだ方々なら、さまざまなイメージを思い浮かべることができるかもしれない。
311の震災以降の日本の政治の混乱、放射能による目に見えない恐怖、東電や食肉業者、その他の企業による情報ねつ造や偽造、それにともなう不信感や諦めの感。残念ながら、これらは海王星の定説にはまる象徴。
そしていまだに、これらの不安材料が収まる気配がない。
被災地の復旧・復興が進んでいない。そんな声も各業界から聞こえてくる。

では、海王星が水瓶座に戻ると、一体どのような意味になるのか?
天体が前のサインに戻ることを、よく「前のサインの忘れ物を取りに行く」と表現する。
そのサインでのやり残した事柄を再検討し、そのサインの欲求をかなえるよう再び奮起するということだ。
そして、さらに海王星の重要な象徴の中には、「犠牲者/救済者の縮図」そして「みんなの夢や理想」などがある。弱者は決して忘れられるものではなく、むしろ弱者の側に立ち、そして、そういった人々も含めた「みんなの夢や理想」をかなえることを目標とするのだ。

それとともに水瓶座サインへの再入室を考えてみたとき、こんなニュースの記事が目に飛び込んできた。
『人間を主人公とした被災地の復興を 声を挙げ、公的支援求めよう』
人間が主人公、公的支援など、ソーシャルサービスの意味を象徴に持つ水瓶座の意味にぴったり。
そして海王星は、2012年の2月4日に再び魚座に入室する。
それまでには(もちろん早期解決が望ましいが)、様々な不安を抱えて生活している人々が心から安心できる海王星・水瓶座のソーシャルな支援が行き渡ることを期待するばかりだ。

それとともに、海王星のエネルギーには、それを支える大勢の祈りの声も必要です。
8月はヒロシマ、ナガサキ、終戦記念日と日本史が抱えた痛みを弔う記念式典が開かれます。
日本国民は、今こそ心をひとつにして、弱者を含めた人々の理想を祈るべき時なのかもしれない。
スポンサーサイト



Designed by aykm.