FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
マクロコスモス=ミクロコスモス
占星術は、太陽系の惑星たちの運行や相対位置を計測し、それをチャートに描き、地上における出来事や人間の特質や気質、個人の人生との関連性などを解釈していく学問。
なぜ当たるのか?
実際、科学的根拠はない。
占星術は、大宇宙(ミクロコスモス)と小宇宙(マクロコスモス)の対応という古代思想が前提とされている。
天空と地上、天体と人間(個人)が照応しているのだと考える。
つまり、宇宙で起こっていることは、地球にも国家にも、そして地域社会や各個人にも起こりうるのだということだ。
もちろん逆もある。
個人の考えることは、同時に隣に住んでいる人の頭をよぎるかもしれない。
それが企業や地域社会に潜在的な動きを作り、やがて国家を揺るがし、全世界にゆるやかに、または急速に派生していくかもしれない。
ムーブメントなどは、このようにして起こる。
ミクロからマクロへ。またマクロからミクロへ。

そんなことを考えながら、私は今日もベランダの花に水をやる。
暑さのせいで、植物たちも参っているね。
人間たちも同じ。
けれど、そんな過酷な気候にも、花は各々の性質のままを素直に生きる。
そのようなミクロな世界に意識を向けることができるのも、日本人の美しい気質だと鈴木大拙は書いている。
立秋を過ぎる頃は残暑が厳しい。
そんな中、ベランダのルリマツリの藍は涼しげな姿を見せてくれる。
蕾もいじらしい。

花
スポンサーサイト



Designed by aykm.