FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
コンサルテーションと金星の逆行
子供の頃、私は大人たちの打ち明け話を聞くことが多かった。

初恋の人からプレゼントされた島崎藤村の詩集を、ボロボロになってもなお大切にしている叔母の恋。
祖母の生まれ。
夫に秘密の趣味の話。
母の心の傷。
父の悲しみ。

普通の人々の、ごくありきたりな話が、私の原風景の一部となっており、今の私の仕事につながっている。
この仕事に就くまで、そういったことを私は思い出すこともなかった。
けれど今は時々、鑑定をしながら、ふとどこかで聞いたことのある、ある大人の話を思い出すことがある。
私が水瓶座強調だからかもしれないが、コンサルテーションをしている時、誰もに共通する「普遍的な物語」について、いつも強く意識している。
過去の、そのまた過去の、その過去に降りていけば、何か答えのヒントが見つかるかもしれないと、その記憶の水脈をたどっていることがある。

この方法が正しいのかどうかはわからないけれど、このようなアプローチを取っている自分を発見する。
金星逆行も影響しているだろうか。
最近のコンサルテーションは、そういった「いつか見た心象風景」に当たることが多い。

ユングの集合無意識的な象徴とは、また違うものではあるが、私は「私の中に答えがある」と子供の頃から考えていた。
それが「普遍性」という言葉で表わされるものだということは、だいぶ成長してから知った。
でも、そう簡単には片付けられない、様々な例外があるということも大人になってから知った。
その葛藤と模索が、私にとっての30代だった。

子供を生んだ人。
恋人と結婚した人。
会社を興した人。
念願だった海外留学を果たした人。

そういったコンサルテーションでの成功例がある一方で、

「縮小したほうがいいですよ」という忠告を聞かず倒産した人。
一押しの相性だった相手と離婚した人。
物事が思ったように進まなかった人。

など、残念な報告例もある。
もしかしたら、2度と会うこともない人たちも大勢いるだろう。
それでも私の中では、誰に対しても同じ思いを持つ。
彼らは、私の生きていない人生を選択した人たちかもしれないと。

だから、私にとってコンサルテーションは、いつだって重要なのだ。

あと数日で金星の逆行が終わる。
逆行期間中、私は金星に関する様々な忘れ物を取り戻していたような気がする。

親しい人たちが夢にたくさん登場した。
アンコールワットの赤土の道をバイクで走りぬけた旅を、繰り返し、繰り返し思い出したりもした。
それらの一片がコンサルテーションと重なることに驚いたりもした。
私にとって、幸福な期間であったことは間違いない。

これからは、また未来向きの楽しみや対人関係を育んでいくことになるだろう。
次の逆行、2013年の12月23日まで、こういった楽しみは取っておかなければならない。
今から待ち遠しいけれど。
スポンサーサイト



Designed by aykm.