nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
乙女座の季節に、乙女座考案のワークをみんなで洗練する
01c7798a5922f8f1ca368790ca2b7b4b3aff0dba04.jpg朝起きて、昨日、麻美ちゃんがニコラボの差し入れに持ってきてくれた手作りマフィンを食べてみてびっくり!

何これ!
むちゃくちゃおいしい!

最近では、お店に卸したりもしているらしく、すごいね、腕上げたね。
乙女座の季節に、自分のスキルが花開く。
いいね。励みになります。

ということで、昨夜のニコラボ。
こちらも乙女座みぽりんのスキルに触れることができました。

まずは、モモさんの感想から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日のみぽりんの月&火星ワーク、とても良かったです。
一般化されているお手軽にカテゴライズされてしまうメソッドにはnicoラボで扱うような、真に個人の成長に繋がるワークや気付きは得られにくいと感じました。
火星ワークシート、時に苦しいですが(笑)こういうのが真の実力に繋がると思います。
これからは地の時代ですしね。
中身のあるものじゃないと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yes!
そうなのですよ!

というのも、昨日のニコラボは私のモヤモヤトークからスタートしたわけですが、どういうことかというと、つびーが参考資料としてある有名占い師の婚活テキストを持ってきてくれたのですが、その著書の中にあるカテゴリー分けにどうも納得がいかなくて、「ニコラボは、狭いカテゴリーに読者を押し込めることなく、もっと個人の可能性を感じられる何かを見出していこう!」と宣言させてもらい、そのために何ができるか、どんなフィールドワークが必要かみんなで考えよう!と、私が一人で熱くなったという次第。

でもね、ずっと前からみぽりんが、「万人ウケは狙わず、ちゃんとしたことをちゃんとやっていきましょうよ」と言ってくれていたことを思い出し、「そうだっだね、みぽりん」ということで着地。
冷静で優秀なチームに感謝…涙

その後、みんなで真面目に、みぽりんの素晴らしいワークを見直してみたわけです。
Desktop122.jpg

しかし、好評でしたね。
みぽりんの「こじらせパターン月ー火星ワーク」。
つびーいわく、「月や火星の欲求がわからない人にはすごくいい」とのこと。
その他、カードスタイルを取っていると直感的に感じやすいのがいいと。
なるほど。

よし、じゃあ、こちらを2019年度版に組み込みましょう。
そのために、乙女座火星の時期にさらに洗練させていきましょう。

昨日は乙女から獅子まで火星のキーワードを見直しましたが、そうね、もう少し改善できるかもしれないね。

まず、月も火星もエゴそのものであるということ。
例え、それが乙女座だろうが魚座だろうが、自己満足のエネルギーの方向性、むしろ自己満足のための方向性じゃないと、むしろこじらせてしまうということ。
「あなたのため」とかやっているから、求め過ぎ、うざくなり、ドツボにはまり、結果孤立し、エネルギーの行き場がなくなるということなので、あえて、上手に火星が使えるようになるまでは、コツコツと自分のために使う、とにかく、乙女座までの期間は、人ではなく自分へと向かっていく力を作っておく。
そんなイメージで、キーワードづくりもできるといいね。

また、トランジットの影響力も何かしらで加味できるといいかもしれないですね。
トランジットは、私たちの個性&サバイバル力を引き出す、最も効果的な機会ですから、これを使わない手はないですものね。

そんな感じで、とっても気づきが多かったので、次回もぜひこのテーマでいきましょう。

自分の欲求と直感力を鍛える。
「神は細部に宿る」が好きな言葉だというみぽりんの優秀なワーク。
そこに書かれている意味から、並び順まで、本当にきめ細やかに作れらていました。

次回は、人数分のカードをちゃんと用意して、もう一度本気でやってみましょうか。
もう一回しっかりやったら、新しいものが見えてくる予感。

ぜひ、昨日参加できなかった方も次回はぜひ!
その中で、火星手帳のイメージも作っていけるといいですね。
スポンサーサイト
Designed by aykm.