FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
獅子座の季節 結局、自分以外の人間にはなれないことを知る
太陽神アポロンの神殿の柱に刻まれていた言葉とされる言葉、

“汝自身を知れ” “度を超すなかれ”

は、まさに太陽的な格言である。

最近、ワークショップや講座の中でちょくちょく話題にしている「太陽」のタロットカードの塀が象徴すること――自分の”限界”を知ることで、はじめて魂が自由になり、子供のように無邪気になるという話。

自分は何をしたらいいかわからない。

こういった質問には、だから、つまり、このように答えることができるかもしれない。

それなら、まず自分のできないことを知ることだ。

「自分探し」ではなく、「自分の限界探し」は、一つの重要な個性化である。
自分以外の人間になれないし、なる必要もない。
できないことがわかっているからこそ、できることをのびのびと楽しむことができる。

できないことは、できる人に任せておけばいい。
自分は、自分のできることを精一杯、力の限りやればいい。

これが、“汝自身を知れ” “度を超すなかれ”というアポロンの神託の意味かもしれない。

大阪のHさんが、びっくりするほど実力をつけてくれているので、その秘訣を聞いたところ、この「太陽」のカードを学んでから、「無理しないで、できることをしよう」と開き直れるようになり、それから大きく変わったという。
獅子座の彼女は、自分の光の届く範囲を輝かせることで個性を見つけたのかもしれない。

NASAが太陽に向けて、無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を打ち上げたところだし、私たちも自分の太陽探査をしてもいいかもね。

週末の大阪講座に参加の皆さま、おつかれさまでした。
どの講座も充実しすぎてヘトヘトになるくらい、一生懸命勉強してくれました。
皆さん、驚くほど実力を伸ばしてくれて、まったくもってうれしい限りです。
いつも熱心に学んでくれてありがとうございます!

IMG_3650.jpg

せっかくこれだけ実力者が揃っているのだから何か面白いことがしたいねーということになり、11/23(金)にもりもとさんの協力のもと、大阪でイベントをすることになりました。
その他、うか子さんの作ってくれた月相読みフォーマットのダウンロードサービスとか、いろいろ考えていこう!という話で盛り上がったり。

一人一人が主役となり、自分たちのできることをできる範囲で、のびのび楽しくやれたらいいですね。
また、みんなで未来のことを話し合っていきましょう。
では、来月!
スポンサーサイト
Designed by aykm.