fc2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
【再募】4/21(火)19時 心の健康を守る心理占星術オンライン勉強会
【火曜日は火星の日】
今夜19時30分から、火星オンライン会議です。
少し前に書いてもらった火星アスペクトのテキスト。
さすが今年に入って文脈がすっかり変わってしまったので、みんなで一度再考してみようということになりました。
わかなさんが夏至図を読み返してみたなんてコメントもくれたので、今後2年の流れについて、もう一度、みんなでイメージしてみましょうか。
といっても、実際、誰にもこの先の行方はわからないので、私たちのわかる範囲で、象徴のどういった側面に光をあてていくか、そこを考えてみることができたらと思っています。

で。
先週末の名古屋、大阪、オンライン講座が無事終了しました。

ここ最近、大阪3限目は、もりもとさんや他の生徒さんたちのリクエストもあり、私にとっても実験的かつユニークな勉強会を開催することができてとても楽しい。
お題をいただき、知恵を絞り、新しい視野が開けるような学びになるよう、毎回工夫に工夫を重ねる努力をしているのですが、今回は、たくさんの方にZOOMで参加していただき、「心の健康を守る」というテーマをやらせてもらいました。

Yahooニュースとかで流れているような、「コロナ疲れどうする?」「コロナ鬱かなと思ったら」みたいなことだけをやるのでは意味がないので、何か心理占星術らしい、そしてこの時期だからこそ意識できる心のテーマを考えてみたいなあと思って、今回は「シャドウ=影」についてじっくり考えてみることにしました(あまり人と交流が活発でないときだからこそ、シャドウが扱いやすいかもしれないというもくろみもあり)。

私が基礎講座等でいつもお伝えしている「月の裏側」「月は私を裏切る」という話、
または、ユング派のジェイムズ・ホリスの言葉、

私が「私」と口にするとき、どの私がしゃべっているのだろう? 
その瞬間、全体のどの部分が優位に立っているのだろう?
私が「私自身」と言うとき、どの自分がしゃべっているのだろう?
一体、どんなときならば、私自身を知っていると言えるのだろう?

こういったことを、心理占星術ではどのようなアプローチで理解していくのか。
今回、参加者の方から、たくさんのサンプルを出してもらいましたね。

どんな体験、どんな人、どんな思いが「私が一番苦手なもの」「私が忌み嫌うもの」なのか。
今、どんなことに腹を立てたり、思いを寄せたりしているのか。
私を不安にさせることとはどのようなものか。
どんな私が恥か。

そういった一つ一つのエピソードから、どのようなテーマ、どのサインが補完になっているのかを見ていく作業、なかなか興味深く、かなり刺激的な体験となりました。
懐かしい参加者との再会もあり、それぞれの「裏の私」を軸にいろいろな話が展開していきました(その後も、今回のアプローチを何人かの方と共有したのですが、これまた多くの発見があった)。

講義中にも話題になりましたが、シャドウと向き合うことは、個人が成長していくには、とても重要なプロセスであること。
幼稚さを手放し成熟へと向かうことで、とても楽に生きていけるようになること。
そしてもしかしたら、いつか本当に角がどんどん取れて、「まあるい私」ができ上るかもしれないということ。

そんな願いが込めて、今回の勉強会を行いました。
皆さんにとって、今回の勉強会が少しでも気づきの多いものとなることを願っています。

とても面白かったので、録画のみで参加してくれた方もライブで自己確認してみるのはどうかなーと思って、再募集することにしました。
もし、自分の心と向き合ってみたいという方も、ぜひこの機会に参加してみてください。
前回とは違う、もう少し発展的な「心を鍛える」といったテーマに触れてみようかなと思っています。

お時間ある方、よかったらオンライン上で話し合ってみましょう。

☆ZOOM開催 心の健康を守る心理占星術勉強会 録画視聴OK
■日時:4月21日(火)19:00~20:30
■講座料:3,000円(4/11のオンライン勉強会に参加してくれた方は無料)
       お支払いは銀行振り込み(三菱UFJ銀行)orこちらのオンラインサイトから→オンライン決済はこちらから
■内容:心理占星術の技術、考え方を通して、今必要な「心の健康を守るには」を考えていきます。
      PART1 心理占星術的視点を通して、心の健康を守るって何だろうを考える 
      PART2 こころの機能調整の仕方を考える

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

スポンサーサイト



Designed by aykm.