FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
身体とか車とか時計のようにホロスコープにも仕組みや仕掛けがある
大阪からの帰りの新幹線は、白い景色の中をゆるゆる進んでいる。

まずは、nicoPLANETのの新しい記事のお知らせから。
うさこさんの今月の本のお話。

山羊座の季節によせて~ジャン・ジオノ「木を植えた男」

あれ?
うさこさん、文体変わった?
すごくすっきりとした印象になりました。
「山羊座の季節、じっと忍耐もあるけれど、粛々と自分に合った人生のシステム作りをしてみるのもいいかもしれない」
そうね、粛々とね。
なるほど、いい締めくくりです。
うさこさん、ありがとうございます!

魚座のYさんから、昨日のブログの付け足しをもらった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は昨日、とても美しい音楽を聴きに行っていました。
時期としてちょうどよい過ごし方だったんですね。
「ほんとに美しいものやよいものを知ると、余分なものがいらなくなるなぁ」
と、その方の演奏後は前も同じこと思ったの思い出しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まさに!
これが魚座的リリース。
いらないもの全部手放して、最後に残ったものがタロットカード「愚者」が担ぐ小さな荷物の中身、次のサイクルに持っていくべき夢や希望なのね。
うんうん。
シンプルでないと、2年の旅は続かないもの。

IMG_0136.jpgまたは、腹心の友Sさんからも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピンク・フロイド好きのマスターのいるスタンドバーに息子につれていってもらいました。
幸せのかたまりになりました。
クイーンのIn the Lap of the Godをかけてもらい懐かしすぎて泣いてしまいました。
歌詞を聞いて素晴らしさを再認識しました。
学生時代ヘッドホンで聞いたようなサウンドが聞こえて最高でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わかる!
メールをいただいてから、ずっと大好きな「Us and Them」聴いてます。

Us (us, us, us, us) and them (them, them, them, them)
And after all we're only ordinary men

ぷぷぷ。水瓶座っぽい!
この曲のね、とらえどころのない解放感が好き。

チラシありがとうございます!
スタンドバーにも行ってみなくちゃ!
Sさん、一緒に行けるといいのになあ。

その前は移りゆく景色を眺めながら、ヘンリー・パーセルの「メアリー女王の葬送の音楽」を聴いたり。

そんな穏やかで幸せなやり取りを振り返りつつ…
週末の大阪講座に参加の皆さま、お疲れさまでした。

プラネット大学院は、ホロスコープの仕組みの話。

私の素朴な疑問

「なぜ、身体も車も時計も仕組みがあって、それに準じて修理をしたり、新たに組み立てたりするのに、どうして占星術はその仕組みを使わないのだろう」
「仕組みを遣えば、もっと適切に、もっと単純にチャートを診断したり、組み立てなおしたりできるのに…」

を皆で考えてみた。

水星の問題を修復するには、何と何を動かせば適切に動くようになるのか。
その背景にある、土星はではどういう仕組みで動いているのだろう。

とか。
新しいアプローチの仕方(もともとあるホロスコープの構造を読んでいるだけなのだけど)なので戸惑うこともあるかもしれないけど、まあ、そんな読み方もあるよということで。
次回もその理解を深めつつ(宿題アリ)、構造のもう一歩先にあるものを考えてみようと思います。

そうそう。
それと各エレメントがどのように成長していくのかというのを考えてみたりもしましたね。
あれ、ほんと面白いね。
あのロジック、もう少し発展させて何かに生かせたら面白いなあ。

あ!次回は新年会か!
2月11日ね。
アストロカードでも持っていくかな。
アストロ・ウノでもやってみる?

今日の基礎講座でもホロスコープの構造のお話し。
今回の生徒さんは、大勢いるのにみんな仲良しですね。
nico占星術というグループを作って自主勉強をしてくれるそう。
心理占星術を楽しんでくれて、盛り上げてくれてありがとうございます。

今日の各エレメントの流れ、しっかり頭に入れてきてください。
あれが理解できるだけで、間違いなく鑑定がスムーズに進みますから。

明日明後日の勉強会も、このアプローチを復習しようと思います!

あ、そうそう。
大雪の中、朝5時前に出てきてくれたKさん。
雪の龍安寺、雪の渡月橋ね。
ほんと、よくいらしてくれました。
ありがとう。

Desktop50.jpg

みんな無事帰れたかなあ。
では、来月ね!

スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.