nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
牡羊座5度前 そろそろ動き始めるか。春だし。
っていう気分になるほど気持ちいい天気でしたね。

朝からなんだかむずむずすると思ったら、そうか、5度前か。
毎年、このタイミングで居ても立っても居られない心持になる。
さあ、何やる?
みんな何やる?

昨日のタロット講座は、「自分の今をホロスコープスプレッドで物語る」→「春分以降のなりたい私をイメージしよう」をやりました。
それぞれの世界をどうタロットで表現するか。
これは私の好きなタロットカードの利用方法なのですが、これはね、みんなでやるととっても勉強になるのです。

自分の心の機微を78枚のカードで表現すること。
その繊細な作業は癒しの、そして自己発見のプロセスにもなりますし、また人の心の機微の理解にもなる。
面白かったですね。
またやりましょう。
Desktop69.jpg

みんなの「春分以降のなりたい私」記録しましたよー
3か月後、また答え合わせをしましょうね。

そして、占星術勉強会の話題は金星について。
自分の金星を語ろうとすると、何か、いつも、とてもためらいがある。

よくわからない。
そう答える人も少なくない。

逆行だから、ノーアスペクトだから、ハードアスペクトを持っているから、だからわかりにくいのか?
好きなもの、そう言われても、そう単純じゃない気がする。
愛に満ちているのか、愛を渇望しているのか、それもよくわからない。
大切なものだからこそ、そう簡単にくくったり、分析したりしてほしくない。

ここ最近、金星をテーマにすると、そんなもどかしい答えが返ってくることが多い。

でもせっかくだから、金星について考えてみよう。
2年に1回の逆行だし。

なので、次回の勉強会までに、自分を喜ばす買い物をしてみよう!ということにりました。
厳選に厳選を重ね、自分をときめかすプレゼント。
来月、みんなで見せ合いましょう。
私も買います。

やだ。
考えるだけで楽しくなるじゃない。
新しい季節を過ごすためにも、ちょっとした楽しみを日常に、ね。

ということで、急きょ、大好きなイスラエルのグランパ、イツァックとその仲間たちと一緒に日光へ!
私は半ば拉致のようにして、ドライバー役として連れ出された。
イツァックは、冷戦のさなかモスクワまで小型飛行機を操縦し、赤の広場に着陸したマチアス・ルストの弁護でしられている法学博士(時々、私の講座の中にも登場)。
彼らは、とにかく朝から晩までジョークしか言わない。
でも、みんなとても優しくて、楽しくて、心がいつも温まる。

Desktop70_20170316182700033.jpg

残雪の日光もステキ。
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.