nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
nicoPLANET魚座号リリース! 3/22(木)は火星手帳委員会
まずはnicoPLANETの魚座期号リリース。

nicoPLANET開設から早2年。
毎月ふーふー言いながら、多くの人に支えられてここまでやってきました。

ある日のニコラボで、「こんなサイトをやりたいと思っているんです。皆さん、協力してください」と発表した日をよく覚えています。
そこからアイデアを出し合って、いくつかユニークなコンテンツができたりもしましたが、仕事ではない、ただの有志の活動ということもあり、毎月書き続けていくのは本当に大変なことで、それでも、何とかここまでたどり着いた、まずは、よかった。
サポートしてくれた皆さん、本当にありがとう。

2年目を迎えて、来月の春分号はリニューアルオープンをしたいねと、つびーとも相談中。
読み物として、もっと充実させていければと思っています。

nicoPLANETは、学びや遊びのつまった占星術の知識を魅力的に伝えていきたいという思いのもので始まった場です。
ぜひ、ライティングのデビューの場に、力試しに、表現の洗練の機会にと、いろいろ利用してくれたらうれしいです。

ということで、
●まずは、12人の読み手による「赤ペン12サイン占い」
↓   ↓
12星座占い 2/19~3/20 — nicoの赤ペン添削付き

皆さん、忙し時間を割いて、その月の過ごし方の提案をしてくれています。
理想主義の私は、この発想がとても好きなのです。
その通りになるか、それができるかどうかは別として、その星座の幸せを思い、願いを込めて書く。
その姿勢が、チャートを読む力を引き出してくれる。
ぜひ、読んでみてください。

今、ニコラボ広報部では、SNSが得意なみねんこさんに教えを受けながら、ポチポチTwitterとか始めています。
今日も朝からつぶやいてくれています。
そちらも一緒にご紹介。

●人物の生き方から12サインの象徴をつかむ「今月の言葉」。
↓   ↓
今月の言葉 魚座 石垣りん

銀行員として家族の暮らしを支えながら創作を続けた詩人「石垣りん」。
これが魚座⁈と思える彼女の作風もnicoの解説を読めば納得。
魚座の強さが感じられる一編。

つびー、紹介ありがとうございます。
昨日の時期読み講座でも話に上がりましたが、魚座はどうも「柔らかく、ふわふわ」した印象を持たれがちですが、岡本太郎もしかし、創造の熱量は12サインでもぴか一かもしれないですね。
そんな魚座の「生きる力」をぜひ。

こちらもつびーの紹介から。
●nicoの星宙予報
↓   ↓
nicoの星宙予報 魚座

今月は魚座一カ月の傾向に加え、冬至〜春分までの流れを追うと、ある重要日が浮上。そこに向けた意識の育て方をアドバイス!
nicoならではのチャート解説は必見ナリ☆

初めて、無料チャートを使ってみた。
最近、私の代名詞にもなっている”小難しい”文章は、やっぱりチャートがないとイメージしずらいみたいでね。

こちらも12サイン占い原稿と同じ。
読んでくれた人の幸せを願いながら書いている。
もしかしたら、自分を鼓舞するためにも。
ということで、お時間があるとき読んでみてね。

来月、リニューアルできるかな、どうかな。
少しずつ進化していくのが目標のnicoPLANET。
これからもぜひ応援してください!!

ということで、3/22(木)19時からニコラボ火星手帳委員会。
先日、女性の経営者向けに火星ワークをやった際、「次回の火星シートも楽しみにしているよ!」といううれしい声をいただいたので、俄然やる気になっている2019年度版火星手帳。

形状はほぼ確定したので、22日からはさっそく盛り込むべき内容等&担当&スケジュールを決めていけたらと思っています。
あー楽しみだ!

昨日の、または先日の大阪の時期読みパーフェクトマスター講座でも確認できているように、トランジット火星のトリガー本当に侮れないのです。
2年の火星サイクルを体感し、その中で物事が有効的に働くトリガーを見つけ、設定すること。
それが私のスケジュールの作り方(鑑定でも私生活でも大いに利用)なのです。
特に、火星のフェーズは使えるので、その盛り込み方も考えましょう。

いいね、いいね、この魚座期に商品化のイメージをネリネリするのはいいね。
ぜひ楽しいネリネリをしていきましょう!

では木曜日よろしくお願いします!

ということで、皆さんの魚座期が素敵なものになりますように。
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.