FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
最後は自分と向き合うしかない 結局、太陽と月はひとりでやるもの
その前に。
ニコプラネットに新しい記事が届きました。
相場師・Jさんの視点による時代読み。
その中身をちょっとだけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新時代は、もう発芽し、すくすく成長し、どっしり根を下ろし始めた。
ネットによって、「本当」の事情・強さ・過去が否応なく晒されていくだけでなく、
この情報は、未来になっても現在のこととして初めて知る人がいるため、
「人の噂は75日」が永遠に更新され続ける羽目になり、
事情によって、過去の汚点を水に流して再出発する機会は、もう来ない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なるほど、こういった視点から考えることもできるのですね。
勉強になります。
皆さん、ぜひ読んでみてね。
↓   ↓
将棋戦から見る「本当」で勝負する時代

【火曜日は火星の日】の恒例となりました、皆さんから送られてきた赤をみねんこさんがコラージュ。
これ見るのすごく好き。

IMG_3192.jpg
IMG_3230.jpg

遊び心のある、楽しい画像がたくさん。
いいね、いいね、火星っぽいね。
皆さん、いつもありがとうございます。

そして。
火星メンバーのイツカさんが、先日の火星会議のレポートをブログに書いてくれました。
メンバーの個性までレポートしてくれて、イツカさんの仕事はいつも愛があるね。

私のセリフ、
「今はすごく盛り立てて商品化をしていく、そういう感じのものが多い中で、火星手帳は魔法ではないけれど、行動を起こすということ自体が魔法であり恩恵である」
を拾ってくれたり、

みねんこさんの名言
「nicoさんが作りたいなら私は手伝うのでやりましょうよ」というのがあります。なにそれカッコイイ
を拾ってくれたり。

イツカさん、いつもありがとう。

イツカさんブログ 占星術, 火星サイクルプロジェクト

最近、心理占星術・勉強会が熱いです。
月一の勉強会を5つくらい並行して行っているのですが、最近、なんだか勉強会が熱い。
グループワークと自分の言葉で象徴を伝えるということを積極的にやるようになってから、皆さんの実力も向上し、勉強会も活気づいてきました。
しかし、皆さん、本当に実力をつけてくれていますね。

近々の勉強会は、夏至チャート読み&コンサルテーションチャート読みの練習。

月曜夜の勉強会は、なんと大阪から原さんが緊急参加!
時期読みパーフェクトマスター講座の卒業生としての実力を大いに発揮し、いつもの会に新鮮な風を送りこんでくれました。
すごい!
勉強会後は代々木ビレッジの木々に囲まれ、楽しく食事をしました。

しかし、季節図読みももいつも何かしらの学びがありますね。
季節図や新月図のチャートを読む際は、ただの切り取られたチャートとして読むのではなく、「このチャートは、どこからきて、どこにむかっていくのか」という時の流れ、ストーリーの流れを作ることが鍵になります。

4枚のチャートを並べて読むと、どれもこれも成長のための必要なプロセスということがわかります。
例えば、今回のチャートだと、山羊座・土星=側を作りるために、土台(水星、金星)を整えるという感じです。
面白いです。
まだやってないクラスもありますね。
季節のストーリーをぜひ作っていきましょう。

そして…昨日の勉強会では持ち込みのチャートを読んで、象徴のとらえ方、問題解決の糸口の見つけ方などを復習しました。
そこで出た名言?が「理想主義は、選ばれるけど捨てられる」でした。

理想主義とは、チャート上で太陽、水星、金星が何かしらの関係性を持っている、または、それらの天体に対し海王星、木星が顕著なアスペクトを持っているというもの。

理想主義がうまく働くと、エネルギッシュに世界に働きかける力になる一方、難しく働くと、目の前にある問題を避け、周囲が出すSOSにも耳を貸さず、いつかどうにかなるだろうと高をくくり、そして問題がのっぴきならなくなってから大騒ぎし、結局、どうにも対処ができなくなって落ち込むという流れがつくられる。

また理想主義はドラマを必要とするため、人を巻き込み、問題を大きくすることもある。
ドラマには、観客が必要だからだ。

理想主義を回避する方法はたった一つ。
現実を直視すること。
関係性の中に癒しを求めたり、解決を求めたりするのではなく、最終的にはひとり問題に挑むこと。
カウンセリングや占いが支えになったとしても、最後は、苦しみながらも現実に一人向き合っていかなければならない。
それしか、根本的な問題に対処する方法はないのです。
スモールステップでも少しずつ現実を解決していけば、間違いなく人生はもっと生きやすくなってくるはずなのです。
それが自分の月と太陽に対する責任なのかもしれません。

昨日の勉強会でも理想主義の話をたくさんしましたが、そんなことも意識してチャートを読んでみると、もっと問題の本質に触れることができるはずです。

今度は、金曜の夜が勉強会ですね。
金曜日は、みぽりんがホラリーチャートの読みを披露してくれることになっています。
楽しみです。
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.