FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
東京、名古屋でも開催!ホラリー&コンサルテーションチャート講座
先日の勉強会でも、「鑑定の現場はコンサルテーションチャートがなくちゃ始まらないですよー」という感想をいただきましたが、本当にね、これだけ使える技術を使わない手はないですね。
生徒さんの多くの人たちが、「現場でのコンサルテーションチャートのミラクル」の報告をしてくれますが、前にも書きましたが、クライアントにしっかり寄り添いたいという方にこそ、この技法を使ってほしいと思っています。

鑑定をする人間の思い込みや価値観から離れ、純粋にチャートと向き合うことができる、この視点はとても大きな価値があります。
獅子座はプライドが高いとか、乙女座は細かいといった凝り固まった象徴の世界から、鑑定する人を解き放ち、クライアントの内的世界にもっと丁寧に沿うことができたりするのです。

4/6(土)7(日)、札幌でも開講が決まっていますね。
いつも熱心に学んでくれている札幌の方にホラリー&コンサルテーションチャートを紹介できる日がくるなんて!
うれしいですね。
こちらはあと1席、空いているみたいです。
お時間ある方はぜひ!

今回は、東京と名古屋クラスを募集します。
辛抱強く待ってくれていた名古屋のUさん、ようやく開催決定しました!
5月から、どうぞよろしくお願いします!

★カウンセリングの現場で生かすホラリー&コンサルテーションチャート

占星術が何よりも面白いのは、天空に配置された星々と、地上における人々が作り出す事象がシンクロを体験したとき。
ホラリー&コンサルテーションチャートはその見事さ、面白さが凝縮されているのです。
クライアントは、時に自分自身の本当の悩みをうまく打ち明けられないことがあります。
または、質問とは違うところに本来の意図や悩みを持っていたりすることもあるでしょう。
ホラリーチャート、コンサルテーションチャートを使ってどのように個人の“今”とシンクロさせることができるか。
質問を受けてから、着地するまでどのようなシナリオを描けるのか。
ホラリーチャート、コンサルテーションチャートという“瞬間”を切り取った写真を使って「今ここ」の風景をあぶりだし、問題を浮き彫りにし、問題解決の糸口、またはネイタルチャートに隠されたパターンや欲求を見つけていく。
古典の技法をしっかり学び、実際の現場でのケースを多数読みこなし、じっくり学んでみたいと思います。
「今」の状況を理解し、乗り切る勇気を持つことができれば、過去の問題を消化し、未来を変えることができるはずだ。この心理学者アドラーの考え方をもとに、クライアントの“今”をしっかり理解し、サポートしていくこと。
それが心理占星術的古典の利用方法となります。
占星術の面白さ、現場の面白さがギュッとつまった講座です。
現場力をつけるためにも、ぜひ本講座を学んでみてください!

★東京クラス 4/22(月)スタート
■日時:毎月第4月曜日  12:00~15:00(3時間) 4/22、5/27、6/24、7/22、8/26(全5回)
■講座料 60,000円(1回12000円) ※お支払い方法はご相談ください ※再受講の方は30,000円で受講いただけます
■場所:北参道 みらいづくり研究所

★名古屋クラス 5/10(金)スタート
■日時:毎月第2金曜日  14:00~17:00(3時間) 5/10、6/7(この日は第1金曜日になります)、7/12、8/9、9/13(全5回)
■講座料 60,000円(1回12000円) ※お支払い方法はご相談ください
■場所:愛知県名古屋市中村区名駅3-13-28名駅セブンスタービル308 → 詳細はこちらから 

※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※欠席の際は、ビデオにて補講していただくことができます
※動画による受講もあり
気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


●第1回 第2回 
古典の技法とコンサルテーション&ホラリーチャートの働きを学ぶ
ネイタルチャートとホラリー&コンサルテーションチャートのシンクロニシティを体験し、現場のアプローチを学ぶ
●第3回 第4回
総合的にネイタルチャートとホラリー&コンサルテーションチャートを使用し、現場でのアプローチを完成させる
個人の“今”を理解し、個人の人生の全体を設計する
●第5回
100本ノック! 様々なチャートを使い、即戦力となる実践的テクニックとシンクロニシティの扱い方を学ぶ
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.