FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
10/5(土)火星WS天秤座期 折れない心と美しい個性を完成させる
昨夜の火星サイクル首脳会議では、みねんこさんが作成してくれた超オタクなレポートを考察することからスタート。

火星と太陽との関係性、何サインでイングレスするのか研究などがずらりと並んだ資料を眺め、あーだこーだ言いながら、「こんなの誰が興味持つんだろうねー」とポツリ。
途中、みねんこさんが「水星や金星だけじゃなく、火星だって美しい秩序があるんだぞ!」と鼻息荒く主張していましたが、そうなのです、火星には他の惑星にはない”独特”とというか”独自”のマイパターンのようなものがあって、それがなんとも自由でユニークで、ああフィボナッチ=金星とかより、なんかのびのびしていてなんかいいねーってなるわけで。

もちろん、社会情勢と結びつくサイクルのパターンもあり、太陽との連動の規則性もあり、まあ研究とはオモシロイものです。
次回の火星サイクル手帳では、その辺の研究結果、ならびにそれらの分析による発展的な火星サイクルの利用の仕方などもモリモリ網羅していこうと思っています。

ぜひぜひ、サイクルオタクチームによる研究と2020年度版火星サイクル手帳を楽しみにしていただけたら幸いです。

ということで10/5(土)14時、「火星ワークショップ 天秤座期の巻」をやります。
いよいよ火星サイクルの最大の山場、天秤座ー蠍座のタームに突入です。
ワクワクしますねー 
ドキドキしますねー

本当にね、このタームは冗談抜きにいろいろあるんです、国も会社も個人も。
まずですね、水面下に潜んでいたものは浮上します(半球をまたいで、物事が地上化するイメージです)。
悪いものばかりが浮上するわけではないですが、見たくないもののほうが目につくことは確かです。

また、他者との関係や環境の中で、自分の思い通りにならない憤り、不満、不安を感じるような出来事がやってくるように感じるかもしれません。

やってくるのではなく、やってくるように感じる。
つまり、自身の”力”の不足がそのように感じさせるということです。

中韓との問題――歴史教科書問題や領土問題は昔からあったにもかかわらず、なぜ今は昔以上にあおられてしまうのか。
それは、こちら側にいい外交カードがないから。
昨今の日本は、たとえば経済力という強い外交カードが使えないので、目の前の関係性に不安を感じるわけです。
つまり個人もいい外交カードがないと、目の前の相手には常に不安を感じることになるということ。

ということで、天秤座火星期は、ここまでのサイクルで育ててきた自己存在の価値=金星をしっかり感じ、自身の”力”を試す時期となります。

では、エッセンシャルディグニティ(天体の品位)ではデトリメント(-5点)となる天秤座火星の時期に、どのようにすれば「よい火星力」の成長、よい「力試し」ができるのか。

鍵となるのは、このカード。

天秤座小アルカナ、7番目のソードのカード。
さて、なぜこのカードが天秤座期に火星の力をつけるのに必要なのでしょうか。
その秘密は10/5(土)の火星ワークショップでお話しします。
ヒントは、風エレメント=ソード、そして大阪なおみ選手です。

今回のワークショップでは、参加者の皆さんで自分の魅力を表現し合う、そんな機会をつくってみようと思います。

相手の美しい個性に目を向けることで、自分の美しさにも気づく。
または、その逆も然り。

さあ、楽しい楽しい火星サイクル後半戦の始まりです。
どんなワークショップになるのか、どんな天秤座気になるのか、私も今からワクワクしています。

火星サイクル後半戦! 折れない心と美しい個性を完成させる】
◆第1部 乙女座期振り返り
 どんな心の動きがあったかをみんなでシェアしていきます。
 ここでの自己開示は、きっと大きな力になります。
◆第2部 天秤座について考える
タロット、エレメントから考える天秤座
あなたの魅力=金星を教えてください 
◆第3部 天秤座期の火星イングレスチャート読みと2020年以降の未来のお話し

◆日時:10月5日(土)14:00~16:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,000円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 火星手帳半額セールのため5,000円!!
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

▼現地参加の方
↓ ↓ ↓
現地参加のお申込みページはこちらから!

▼動画の方
↓ ↓ ↓
動画の方の申込みページはこちらから!
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.