FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
2020年2月は、心理占星術で"わたし"の扉をひらく月間①
2月はnicoの講座&ワークショップが目白押し。
心理占星術を利用することで、自分自身を生きることがもっと楽になるはずです。

人生に対する言い訳をやめて、新しい人生に踏み出したい方。
占星術の知識を身につけて、自分の人生に起こっていることをちゃんと理解したい方。

”術”を利用して、世界をもっとよいものにしたい方。
そんな人たちに来てもらえたらと思っています。

ぜひ、勇気をもって、新しい扉を開いてください。

そうそう、先日、生徒のIさんからこんな素敵な言葉をもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつも眉間にシワを寄せてみている紙に印刷したチャートが
先生のお話しをうかがった途端に飛び出す絵本になったように感じます。
もっともっと、勉強しなくっちゃです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛び出せ絵本!
それはなんてステキなたとえ!
ホロスコープを立体的に読めるようになると、まさにサインも天体も饒舌に語り掛けてくるようになるのです。
ぜひ、しっかり勉強して、そのにぎやかなおしゃべりが聞こえるようになってもらえたらうれしいなあ。

充実した講座ができる予感。
楽しみです。
では、講座&ワークショップのご紹介です。

=====================
◎2/1(土)スタート! 心理占星術基礎講座東京第1土曜クラス 
nicoの一番人気の講座です。
プロとして占星術の基礎をしっかり再学習したい方はもちろん、
自分をよりよく生きるための学びとして、心理占星術の素晴らしい知識にぜひ触れてみてください。
■日程:2/1 3/7、4/4、5/2、6/6 全5回
■時間:14時~17時(3時間)
■内容
・第1回:太陽系の天体たち 天体のサイクルや発達年齢域から考える、個人の成長物語と天体の関係
・第2回:目に見える天体(月、水星、金星、火星、太陽、木星、土星)の役割と目に見えない天体(天王星、海王星、冥王星)の役割
・第3回:占星術ってこんなに面白い!こんなに使える! サインの2区分、3区分、3区分から考える人生の生き方指南
・第4回:アスペクトの概念と個人の発達のテーマを考える
・第5回:ハウスと囚われた魂の物語 個人と個人をとりまく環境との関係
■会場:北参道・みらいづくり研究所
■講座料:63,000円(テキスト代が別途2000円かかります) 再受講の方は30,000円で受講できます!
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→オンライン決済ページはこちらから

=====================
◎2/16(日)職業占星術ワークショップ 働き方診断で自分発見!
無料イベントで 大好評だった「私の働き方チェックシート」
心理占星術のエッセンスが詰まったセルフチェックツールを利用し、働き方(生き方)の調整をしていきます。
心理占星術家・nicoによる参加者の個人診断もあります。
未来の不安を感じている方
いまだ自分がよくわからない方
これから先をもっと明るく生きていきたい方
そんな方に参加してもらいたいセミナーです。
■日時:2/16(日)14時~16時
■会場:北参道・みらいづくり研究所
■講座料:4,400円(税込)
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→オンライン決済はこちらから

=====================
◎2/22(土)超入門!トライアル講座 心理占星術で”わたし”を楽しもう!
占星術に興味があるけど難しそう....
記号や用語の意味を理解して人生に役立てたい!
心理占星術で自分をもっと好きになりたい!
そんな思いをお持ちの方、ぜひお越しください。

太陽系の仕組みを理解しながら、
天体や12サイン、ハウスなど基本用語を学びながら、自分を見つけ、自分を育てていく講座です。
出生データによるホロスコープを元に
占星術の豊かな世界に触れ、これからの未来を生きるヒントにしてください。
■日時:2/22(土)10時~12時
■会場:北参道・みらいづくり研究所
■講座料:4,400円(税込)
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→決済ページはこちらから
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.