FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
3/14(土)大阪講座3限目も「危機の心理占星術 理解と活用法」
今日は、いろんな”うれしい”がありました。

Tさんが、大阪職業占星術パーフェクトマスター講座の課題をとーっても立派に仕上げてくれたこと。
基礎講座2回目、参加者の皆さんとかなり楽しい雰囲気の中、危機のための、または自分の在り方を見直すための象徴の使い方の話ができ、みんな元気いっぱいで帰ってくれたこと。

そして、Mさんからの火星サイクル手帳の報告とともに、
「nico先生の「読み方」は
過去を感じつつ
今を生きつつ
未来からの光と
未来への風を感じるから
本当に大好きです!」という素敵な言葉を送ってもらったこと。

うれしいですねー
これらの喜びを励みに、これからも張り切って仕事に努めます!

そして、「危機の心理占星術」勉強会の件。
たくさんの方にお申込みいただきありがとうございます!
動画でお申込みいただいた皆さんのチャートも取り上げて、危機の脱出方法や「今、何をすべきか」というのを考えていこうと思っていますが、けっこう人数がいるので、たくさんの時間を割けないかもしれないですが、時間の許す限り読ませていただく予定です。

太陽、火星、木星、土星、冥王星が、今、第4ステージ(山羊座→水瓶座→魚座)を迎え、最終コーナーを曲がった。
これってどういうことなのか。
時期読みパーフェクトマスター講座(懐かしいですねー)で山羊座土星以降の日本はどうなるか? 冥王星ハーフリターンはどうなるか?というレポートを書いてもらったことがありますが、その答え合わせの時期がいよいよやってきたということですね。
この辺の話ももう一度してみたいなと思っています。
時間足りるかな。
では、どうぞよろしくお願いします!

せっかく東京でも盛り上がってきたので、大阪の3限目でもやってみようと思います。
本当は「12サインの象徴の見直し第2弾」の予定だったのですが、こんな時勢なので、急きょ内容を変更してやってみたいと思います。

ちなみに、大阪のスケジュールは以下のとおり。

1限目:職業占星術パーフェクトマスター講座第4回目 
ここまでで、個人の未来の可能性、個人のwell-beingな働き方を考えてきましたが、ここからいよいよ適職診断へと移ります。
時代とともにある「働く」という概念。
賃金が頭打ちになり、資本主義の存続も危うく、生産過剰の時代も長くなり、ベーシックインカムという考え方が現実味を帯びてきた時代、「働く」というのは個人にとってどんな意味があるのか。
それを考えながら、「最良の働き方」というのを考えてみたいと思っています。

2限目:実践読み講座第4回目
時期読みに入りました。
時代を踏まえつつ、個人の成長の物語を考えていく。
課題が出ていますね。
こちらの提出も楽しみにしています。

そして、15日(日)タロット講座。
個人の心理的側面を大アルカナで、日常の現実的、具体的な側面を理解し、対策を考えるための道具として小アルカナを、個人の世界をクリエイトするための材料としてコートカードを読んでいきます。
どれも個人が個人として存在するための、その理解として重要となります。
ぜひ自分の立ち位置の理解、整え直すイメージで学んでいきましょう。

ということで、こんな時だからこそ、真摯に学んで、人生をとらえなおす機会にしたいですね。
週末もどうぞよろしくお願いします!

【危機の心理占星術 その理解と活用法を考える】※動画(Skype&ZOOM)での参加、録画(YouTube)での視聴もアリ
今、この有事のとき、トランジットからどんなことが理解できるのか、そしてそれをどのように活用できるのかを考えていきます。
◆第1部 トランジットを読んで、今、天空で起きていること、これから天空で起こることを心理占星術的に理解。
      ”危機”をテーマに天体の象徴を考える
◆第2部 これまでの自分にとっての”危機”をどう乗り越えてきたのか。自分なりの乗り越え方を見直してみる。
参加者のセカンダリープログレッション、ソーラーアークを読み、”今”の成長のテーマを考える。
                 
■日時:3月14日(土)17:30~19:30 
■場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階C
■講座料:3,000円
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済

オンライン決済はこちらから!

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


nico
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.