FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
11/17(火)火星牡羊座第3期ワークショップ 風の時代を生き抜く!
遅くなりましたが、11/17(火)19:30、火星サイクル2020牡羊座第3期のワークショップのご案内です。
もうすでにお申込みいただいている方もいると思いますが…

火星サイクル手帳の「2020-2022 これから2年の星宙予報」のページを見ていただくと、「今回のサイクルで大切な時期は2つ」として、この牡羊座第3期(2020年11/14~2021年1/6)を挙げています。
そうです!今日からです!
天空では、今、可視光の天体と言われる肉眼で見える土星までの天体がすべて逆行を終え、今からグッと前向きな動きをつくっていくことになります。
迷いがあろうがなかろうが、今、手にしている活動を先へと進めていく、そのような時期になっていきます。
その中で、土星、木星という社会天体が水瓶座へと移り、2021年へ突入するということで、これはなかなか面白い時期になるね、ということなわけですが…

Desktop188.jpg

では、そのとき、どんなことを意識して過ごしたらいいのか。
この第3期の出来事が火星・山羊座期(2022.1.24~)にどのようにつながっていくのか?
風の時代への移行と言われる転換期に、まさに風エレメントの力を強化する動きを見せている2020ー2022火星サイクル(イングレスチャートは、ほぼ風の3・7・11ハウスを移動)は、「今を生きる」ということに忠実なサイクルであること、火星というのは、本当にサバイバルの天体であることがわかるということです。

では、その人類の「生存」とともにある火星のサイクルを読み解いてみると、今期のサイクルでどのようなテーマが浮かび上がってくるのでしょうか。
重要な時期に、どのようなことを心掛けたらいいのでしょう。
それを今回のワークショップでたっぷりお話ししたいと思います!

==================
ZOOM開催 火星ワークショップ2020
いよいよフィナーレ!火星牡羊座第3期
~風の時代へ突入! それでも自分の火を灯し続けらえるように

ライブ参加、録画視聴がお選びいただけます。
==================
・逆行明けの火星の動き
・土星・木星の移動と火星の関係
・水瓶座が司る「風の時代」が意味するものと備え
・牡羊座第3期のテーマ、なぜ学びが必要か
※内容が変更の可能性あり
==================
日時:11月17日(火)19:30~20:30(60分)
金額:1,650円
※延長の可能性あり、ご自由に退出ください。

詳細・お申込みはこちらから☞

そうそう、火星手帳の使い方をシェアしていただけるということで、昨日、モモさんが手帳持参で遊びにいらしてくれました!
久しぶりのモモさん!うれしい!
詳細は、後ほど火星サイクルプロジェクトのオフィシャルサイトにてレポートする予定ですが、あんまり素敵なのでチラ見せ!
牡羊座のモモさん、手帳も自由にいろいろカスタマイズ!こういうの好き!

Desktop1869.jpg

自分の好きなもの、思い出の品々、そういったものを楽しくコラージュしながら、自分の歩んだ軌跡を視覚的に見せる工夫をしていました。
パッと見たときに「楽しい!」と思えるような、そんなページ作りがおすすめだとか。

わかる!
楽しいからか、楽しく工夫しているからか、それって、結局どっちが先かわからないのだから、だったら、いろいろ楽しくしたもの勝ちかも。

モモさんはエネルギーワークも長く学ばれているのですが、そんなモモさんが「この手帳はエネルギーがいいから、他の手帳をやめてこれ一本にした!」と言ってくれました。
エネルギーがいい!まさに火星があがる魔法のフレーズ(そういえば、牡羊座のコンノマンも”気=エネルギー”の人ですね)。

ここから、2022年5月24日まで戻ることなく、ぐるっと12サインを進んでいきます。
だからこそ、自分のペースで進んでいくことが大事です。
そして、自分のペースを守るためにも、月とか太陽とかのリズムより火星のリズムのほうが作りやすいのです。

ということで、いい気=エネルギーが流れている火星サイクル手帳を手に、まずは2021年に向けての動きを作っていきましょう!

まだ火星サイクル手帳を手にしていない方。
ここから火星サイクルが楽しくなってきます。

book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020

nico
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.