FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
日本発を目指して…
朝、幼なじみから、「知り合いの選手がレスリングの日本選手権に出ているんだけど、代々木体育館に試合を観に来ない?」というメールをもらった。
優勝すればオリンピックに行けるかもしれないということ。
私も自転車を飛ばし応援に駆けつけた。

レスリング















知り合いの選手は惜しくも決勝戦で散ってしまったが、久しぶりのスポーツ観戦に燃えた。
Iちゃん、誘ってくれてありがとう。
Iちゃんは私の一番古い友人で、子供のころから「UFO」だの「妖精」だの言っていた変わり者の私に、もう随分長いこと辛抱強く付き合ってくれている。
ご主人とふたり、葉山でお弁当屋をやっているのだけど、わたしにとってこの心優しき友人は最後の砦だ。
「いよいよ占星術で食えなくなったら、余りもののお弁当をもらいに葉山に行くね」と言っては、ふたりをビビらせている。
でもマジだから。
よろしくね。

講座の合間をぬっての忙しい再会だったけど、オリンピック3連覇を狙う伊調馨!とも会えたし(パワフルで素敵だった…)、柔道のオリンピック代表選手も見かけたし、あー幸せな外出だった。

オリンピックまであと40日。
先日はサッカーW杯予選での日本選手の活躍も堪能したし、やっぱり国際試合は愛国心に燃えるね。
日本選手が活躍してくれると、日本人であることを誇りに思うことができる。
ピアニストでもノーベル賞受賞者でも、優れた日本人の活躍を見届けられるのは幸せなことだ。
マンデンでも話をしたけれど、これからの時代、国力を上げるためには、何よりもまず「優秀なヒューマンリソースの確保」が重要になってくるだろう。

それと同時に、この前、秋本康がTVで言っていた「もっと日本文化よ、自信持とう」「これからの日本の可能性を考えてみたい」という、「日本発」の力を信じることも重要だ。
これは、私の占星術におけるテーマとも重なる。

今まで完全なる輸入品であった西洋占星術という文化も、日本の文化と混ざり合いながら、もっと成熟させることができるのではないか?
今はまだ、星占いと区別がつかないほど未発達な業界だけれど、その中でも日本人の繊細で奥深い感性と融合させた、独特な占星術を生むことができるのではないか?
サビアン占星術などは、いろいろな方々の貢献もあり、日本で非常に良い形で発展しているといえる。
ならば私のやっている心理占星術も、洗練されたものとして日本から発信することはできないだろうか。

時々、西洋の文化にうんざりするのは私だけではないだろう。
特に、心理占星術は西洋のものをそのまま輸入し、現場で活用するのは非常に難しい。
日本人の感性には、そぐわない価値観も山ほどある。

確かに、まだ日本の占星術業界は、アメリカのように層は厚くないかもしれない。
けれど優秀な占星術家たちは数多くいる。
いつかそういう人たちとともに、「日本の占星術」という確固たる基盤を作れたらと思う。
そのために、私は日々、半ばしぶしぶ、半ば刺激されつつ西洋占星術を学習している。
いつか日本人として誇りを持つために、「日本発」の力を持つことができる日を夢見て…
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
朝、幼なじみから、「知り合いの選手がレスリングの日本選手権に出ているんだけど、代々木体育館に試合を観に来ない?」というメールをもらった。優勝すればオリンピックに行けるか...
2012/06/22(金) 21:11:19 | まとめwoネタ速neo
Designed by aykm.