FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
あー面白かったヘリオセントリック金星の夜
かんでぃん今もまだ、頭の中をアートがグルグルしている。
金星食イベントにお越しいただいたみなさん、楽しんでいただいたでしょうか?

様々なアーティストたちの作品を観て、聴いて、味わって、金星の「生産性」について考えてみた。
参加者の方々からも、かなり興味深いコメントをもらうことができた。

フリーダ・カーロの自虐的、暴露的な自画像。
ゴーギャンの居場所を求める旅。
宇宙からのメッセージ!を私たちに伝えるカンディンスキーの世界。
Mさんは、カンディンスキーの絵画に対し、「目に見えないものを見るができる」というコメントをくれた。
パウル・クレーの絵に対しては、「バウハウスに憧れた」という話。
その他、夏目漱石の仕事に対する真摯な姿勢、シャガールの平和、スーラーの地道なまでの点描法、ワーグナーの自己存在の証明…
ゴッホには、「胸が苦しくなる」といった言葉があり、レンブラントでは「影の中に意味を見出す」というコメントもあった。

私も大好きな画家カンディンスキー。
7365737.jpg

















昨夜のイベントを契機に、太陽へと通じる道を見出してもらえたら本当にうれしい。

愛は惜しみなく奪うもの。
その結果が「金星は地獄」の道をたどるというのなら、私たち地球は、もうそろそろ奪うことをやめる時ではないだろうか。
フクシマの苦しみを教訓にしなくてはならない。
何か生みだすことを真剣に。


今回、このような楽しい機会を与えてくれた節子さん、そしていつもお世話をしてくれる美樹子ちゃんにお礼を言わなくちゃ。
たくさんの美しい女性に囲まれて、幸せな夜を過ごすことができました。
ブログを見て参加してくれた方々もありがとうございます。
またいつか占星術談義をしましょう!


《追伸》
節子さんの施術を受けてきた。
さすが!
プロの仕事にうっとり。
みんなに「今日は輝いてるよ!」というお褒めの言葉をもらったということは、よほど素晴らしい効果があったのかもしれません。
確かに…何だか身も心も軽くなってる気がする。
みなさんも是非、癒心香のアロマを受けてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
とっても楽しかったです!
ありがとうございました。
先日から太陽と金星の重なるときということについても、ちょうどはまっていましたので(この件についても、じっくりお話させてください!)
やっぱり、なんだか、金星には、やたら反応しております。

太陽の道を金星がつくっていく・・・というようなことをいわれてました・・よね。
すごく納得。
クリムトの絵で例示されたのが「ダナエ」だったことも、その意図でしたか。
それならば、レンブラントの「ダナエ」も傑作ですよね。私は個人的には、レンブラントは、影を描いた画家ではなく、光を描いた画家だと思っております。それは、「ダナエ」で、確信いたしました。
そして、ワークショップでのお話を聞いて、「ダナエ」は、ゼウスと関係を持たされたのではなく、まさに、太陽に道を与えたというふうにも見れるかなと思いました。むしろ、積極的に。
古来、神と繋がるのは、やっぱり女性です。

自分の、「可視物への欲」だらけの金星力も、おっしゃるように、そもそも持ってきたはずのクリエイティブな力へと、成長させたいなと、やっと反省しました。。。

2012/08/10(金) 12:04:38 | URL | Mさん #-[ 編集]
Re: とっても楽しかったです!
Mさん
興味深いコメントありがとうございます。

> 先日から太陽と金星の重なるときということについても、ちょうどはまっていましたので(この件についても、じっくりお話させてください!)
> やっぱり、なんだか、金星には、やたら反応しております。

Mさんの話、とても参考になりました。
今日の講座では「生徒さんがフィールドワークの面白い研究発表をしてくれた」と自慢しました。
引き続き、Mさんの活動に期待しています。
そして、絵を見せてくれてありがとうございます!
Mさんの心の深遠をのぞいたような、深く引き込まれる感じがしました。
落ちていきたい!という誘惑に駆られもしました。
自作も楽しみにしています!

では明日の講座で!
2012/08/12(日) 19:14:40 | URL | nico #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.