fc2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
医療占星術講座に参加してくれた皆様へ
今日は寒い中、お越しいただきありがとうございました。
初回だったため、段取りが悪く、時間を大幅にオーバーしてしまいましたね。
帰りが遅くなった方、大丈夫だったかしら?

今日は、月、太陽、土星の構造と身体との対応の勉強をしました。
実は、今日お話ししたエレメントの支配星と身体の構造のアイデアは、この前の日曜日に思いついたものだったので、まだ理論としては熟しきれていない点があったかもしれません。
来月までに、もう少しシンプルにお話しできるよう、しっかりと考察しておこうと思っています。
次回は、月、太陽、土星から派生した現場で働く天体たち=水星、金星、火星、木星とその身体的対応を考えていく予定です。
次は、もう少し段取り良く進めていけると思うので、是非、楽しみにいらしてください。

私としては、鍼灸の先生が「科学的に」という言葉を使っていたのが印象的だった。
実は、あの資料を作る際、先生に「象徴とか曖昧な言葉じゃなくて、もっとシンプルに説明してくれない?」と指摘をされることが何度かあった。
私も無意識に「象徴の曖昧さ」に逃げ込んでいたのかもしれない。
常々「原理を考えよう」とか言っているくせに、どこか「象徴逃れ」をしていたのかもしれないなと深く反省。

水星逆行時は、このように反省するのにはふさわしい時期。
もう一度、新たな気分で占星術を捉えてみようと、しみじみ思った。

それと同時に、物語の中に見出す象徴の楽しみもある。
古事記の冒頭に出てくる「次に地上世界が若く、水に浮かんでいる脂のようで、くらげのようにふわふわと漂っていた時、葦が芽を吹くように、きざし伸びるものによって成った神の名は…」とか、聖書の冒頭の「初めに神は天と地を創造された。さて、地は形がなく、荒漠としていて、闇が水の深みの表に合った。そして活動する力が水の面を行きめぐっていた…」とかを考えると、生命の誕生の科学的研究をはるかにしのぐ、美しい文学の世界に酔いしれたいという思いも募る。

まあ、その両方の側面を楽しめるのが占星術だと私は考えている。
もう少し、いろんな勉強していかないとな。
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
尽きません!
nico先生 こんにちは。
科学も文学も知りたいこと、学びたいことは
尽きませんね。

メールで質問させて下さい!と言っときながら
復習が追いついてなくて、質問させていただくまでに
なれませんでした…
混沌のまま、次のクラスですが、
混沌の雫から生み出された淡路島を目指して?!
勉強し続けてみます。

医療占星術の講座、参加できなかったの
残念無念です。
いつかお邪魔できる日のために自習しておきます。
いつか大阪でも開催していただけることも
楽しみにしています!!

今週末、またどうぞよろしくお願いします☆
11/25 そういえば、
大阪マラソン&神戸マラソン同日開催です。
道中いつも通りでないこと多いかもですが…
どうぞお気をつけてお越しくださいね!!
2012/11/22(木) 10:50:51 | URL | ayako #-[ 編集]
Re: 尽きません!
ayakoさん

いつもありがとうございます。
> 科学も文学も知りたいこと、学びたいことは
> 尽きませんね。

ほんとですね。
でも、私はayakoさんの好奇心、真摯な学びの姿勢を知っています。
探っていけば、きっとたくさんのayakoさんの独特な世界観=混沌の雫から生み出された淡路島に触れることができるのだろうと思っています。

> 医療占星術の講座、参加できなかったの
> 残念無念です。

いつか、大阪で開催できるよう、そしてもっと良い講座になるよう洗練させておきます。
ちょっとカイロンさんにも相談してみようかしら…
次の日曜日は大阪マラソン&神戸マラソン同日開催なんですね。
なんかすごそう。
熱い走りに負けないよう、楽しくお勉強していきましょう。
また、元気な姿を見せてくださいね。
では日曜日!
2012/11/23(金) 15:03:10 | URL | nico #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.