nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
カイロン講座 大阪はコンサルテーションチャート講座もやるよ!
今月から、ノエルティル来日のための集中講座が始まります!
まずは、3回でノエルティルメソッドの基礎を学習。
今日から始まる第1回目は、まさにネイタルチャート読みの土台となるテーマを扱います。
ティル先生のメソッドの一番の素晴らしさは、「確実にネイタルチャートを読むための体系がしっかりしていること」にあると考えています。
その体系を学ぶことで、9月の来日セミナーをより楽しむことができるはずです!

また、4月29日(月)のカイロン大阪講座では、待ちに待っていたコンサルテーション講座を開催します!
コンサルテーションチャート読みは、私の生徒さん達からも大人気の講座です。
なぜ、あまりコンサルテーションチャートが普及していないのか不思議になるくらい、現場鑑定にはもってこいの占術。
コンサルテーションとは相談、協議、専門家の診断や鑑定を受けることという意味ですが、まさにコンサルテーションチャートは、クライアントの「今」とシンクロし、「どのような問題にスポットが当たっているのか」というのを理解することができる素晴らしいツールとなっています。
ネイタルチャートや3重円だけでは読み切れない、「時」を切り取る作業。
是非、この面白さを知ってください!
東京校は、7月21日(日)13時~の開催となっています!


以下、今期のカイロン講座の詳細です!

■ノエルティル来日のための集中講座・基礎編

日程
第2土(4/13 5/11 6/8)15:05~17:00 (中野サンプラザ7階) 講座料6300円
※来日講座割引対象(全課程修了された方は1日分のみ1,500円引き)
※応用編とセットで来日セミナー1日3000円引きとなります。

講座案内
ティル氏は言います。「天体は何もしない。人間がものごとを行なうのだ」 
例えば、多くの占星家はあるトランジットの影響を、「転職は3ヶ月後にするとよいでしょう」と伝えるかもしれません。
しかし、心理占星術的アプローチの場合、「3ヶ月後に仕事に関する新たな動きをつくるために何が必要か、一緒に考えてみましょう」と働きかけます。
つまり、天体は何もしない。ものごとがどのように実現するかは、個人の行い次第ということなのです。こ
のような魅力的な考え方から構成されたメソッドをしっかりマスターすべく、集中的に基礎知識を学習していきます。

内容
第一回 心理占星術的アプローチの土台作り
・半球の強調、太陽と月のブレンド等によるホロスコープの全体像の分析 成長のためのアスペクトの解釈   ・ハウス間の緊張のネットワーク  3つのグランドクロス(アンギュラー、サクシーデント、ケーデント)の構成とハウスの心理的背景について

第二回 全体から中心へ特殊な筆遣い
・土星の逆行、月のノード軸、ミッドポイント等、人物像をより詳細にするテクニック
・天体による抑圧、理想主義、グランドトライン等、心理占星術に欠かせない防衛システムの分析

第三回 成長のタイムフレーム
・ソーラーアークによる成長の鍵になる時期の分析
・すべてのテクニックを用いたチャート読み 今まで学んだテクニックを用いて、総合的なチャート読みをしていきます。


■コンサルテーションチャート読み集中講座

日程
2013年4月29日(祝・月)13:00~17:00 講座料12600円

講座案内
クライアントが占星家の元を訪れたタイミングをチャートにしたのがコンサルテーションチャートです。
ネイタルチャートは長編映画のようなものです。
性格や資質、陥りやすいパターンや人生の可能性を理解するといった長いタームで個人の人生を考えるのには適していますが、ひとつひとつの細かい出来事に焦点を合わせるのはあまり得意としていません。
コンサルテーションチャートは人生のある瞬間を写真のように切り取り、詳細を観察し、個人の「今」を深く解釈する手助けとなる手法です。
訪れたクライアントが何に悩み、何に関心を寄せ、本心はどこにあるのか、この先の相談内容の行く末はどうなるのかなど、クライアントの目の前の問題を理解するのに適しているのがコンサルテーションチャートです。本講座では、天体のディグニティ等、古典的アプローチをしっかり学びつつ、実践的かつ的確に現場でのカウンセリングに活かす方法を身につけていきます。
最終的に、ネイタルチャートと照合し、双方のチャートに共通して表れている個人の問題点や陥りやすいパターン、そしてその解決法を見つけていくのがこの講座の目的となります。
コンサルテーションチャートの驚くべき効果と面白さを是非味わってください

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.