nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
蟹座の季節
FB上で高校時代の友達が、「水泳大会に挑戦してみたけど、タイムが思ったように伸びない。顧問の先生に、練習してもダメだなと言われたことを思い出す」と書いていた。
それを読んだ時、その時の光景がふとよみがえった。

夏のグラウンド。
彼女は長距離選手で、走ることが大好きで、でも期待に応えるような記録を出せずにいた。
その時、顧問の先生から先ほどの言葉をかけられ、彼女は「ハハハ」と笑顔で返し、その場の雰囲気むしろを明るくさせた。
その時の何とも言えない甘酸っぱい気分。
それを思い出した。

彼女はあさって誕生日を迎える。
今でも市民&ママさんランナーとして、駅伝チームを結成したり、そのユニフォームをデザインしたりと頑張っている。
そして、練習も走ることも大して好きでなかった私は、好きなものを大切にする彼女の生き方を、陰ながら応援している。
蟹座の彼女から、とても懐かしい記憶をプレゼントしてもらった。

講座中、よく太陽が通過中のサインの過ごし方の話をする。
魚座の季節は新しい季節の準備期間として、どんな未来を生きたいかといったビジョン作りをしましょう!というように。
蟹座の季節は、家族や親しい仲間と過ごす時間を多く持つというのもいいけれど、懐かしい記憶をたどってみるのもいい。
次の獅子座の「未来を創造する季節」「私を楽しみ喜ぶ季節」を前に、一度、立ち止まり、過去を振り返ってみるといい。

先日、文庫本の整理をしていた時、リチャード・バック著の「イリュージョン」が目に止まり、なんとなく走り読みをしてみた。
前回読んだのはいつだっただろうか…
横浜の港が見えるけど雨漏りのする、あのおんぼろの家に住んでいた時だろうか…
随分、昔の話だな…
と、すっかり回想に耽っているのに気がついた。
後からリチャード・バックのチャートを読みつつ、リチャード・バックが蟹座であることに妙に納得した。

または、昨日のカイロン講座でユングのチャートを使おうと、久しぶりにユングの自伝を読んでいたところ、例の蟹座の理想主義=水星・金星とセクスタイルの4ハウスの月に、改めて感動したりしてみた。

7月23日に、太陽は獅子座に入る。
季節はめぐり、めぐる。
あと少し、蟹座の季節を楽しもう。
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.