nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
「名前の決まらない集まり」という会に参加させてもらった
紫微斗数の椎羅先生に「東洋占術のオヤジが集まる会があるから参加してみませんか」とお誘いを受けたので、恐る恐るお邪魔してきた。
なんでも椎羅先生は、私が最近一押ししているコンサルテーションチャート読みに興味を持ってくれたというのだ。
私がネイタルチャートとコンサルテーションチャートを組み合わせて読むやり方を、紫微斗数にも応用できるのではないかと考えたということだ。

場所は、大石眞行先生の事務所「玄学舎」。
梅花心易の鎗田宗准先生、『安倍晴明撰「占事略决」詳解』の著者であり、六壬神課の北斗柄先生、そして「占い夜話」など幅広い活躍をされている隈本健一先生など、名立たる先生方が和気あいあいと、そして真剣に占術について語り合っていた。

東洋占術の話につきるのかと思いきや、ホールサインやらモイエティ、アスペクト解釈と、古典占星術の奥深い話しにもなり、私にとっては非常にオイシイ時間を過ごすことができた。
椎羅先生の気遣いもあり、私のコンサルテーションチャートの解釈をお話しする機会にも恵まれ、しかも大石先生には、私の理論を補足するようなアイデアまでいただいた。

卜占としてコンサルテーションチャートを用いることで、ネイタルチャートの「ある次元」をあぶりだすことができるというのが私の考えなのだが、それはトランジットという、皆に共通の天体の運行だけではどうしても捉えきれない「私的なテーマ」を理解するのに役に立つ。

「それは、無意識の可能性を引っ張り出すということだよね」と大石先生は言ってくれたが、まさにそうだ。
無意識の可能性に光を当て、変換し、個人のネイタルチャートに別の解釈を与えていくという作業。
それが私の行っている、ネイタルチャートとコンサルテーションチャートの2次元の解釈ということになる。

まだまだひよっこの私の考えに真剣に耳を貸してくれるなんて、まったく懐の深い先生方だなと感動しつつも、次の講座のため、後ろ髪を引かれる思いで早々に帰ってきた。
お言葉に甘えて、またお邪魔します。
ありがとうございました!

そういえば、隈本先生の奥さまのマルセイユ版・手作りタロットが発売開始となりました!
外国からも問い合わせが来ているという、大変評判の高いタロットだそう。
拝見させていただきましたが、顔の表情ひとつひとつに味わいがあり、これは現場でも使えそうだなと思いました。
裏面のピンク色がまたかわいい。

詳しくはこちらをご覧ください。

mamanmiyukiのタロット販売

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
ステキですね!
「名前が決まらない…」のステキですね!
わざと決めてらっしゃらないのでしょうか?とも
思ったりしますが、
名前があることで安心・安定できること多々ですが、
名前をつけることが制限になることも多い気がしていました。(特に疾病名ですけど…)

名前が土星で、名付けないことがトラサタ…な感じでしょうか?

ハリーポッターで、ヴォルデモードのことを
「名前を言ってはいけないあの人」扱いしていて、
でも、ハリーは彼を名前で読んでて…
海王星的にむやみに怖がられている相手を
土星的現実に引き寄せて「ここ」で対決!作戦ですね。
「土星」が怖いとかいってる場合じゃないですねー。

「ここ」がどこかわからなくなりそうな
目の回る夏…>_<…ですが、
着地に気持ちを向けられるよう、
「目が回る夏」じゃない名前つけてみようと思います!


2013/08/03(土) 10:23:46 | URL | ayako #-[ 編集]
Re: ステキですね!
ayaさん

コメントありがとうございます。

> 名前が土星で、名付けないことがトラサタ…な感じでしょうか?

ayaさんの視点、面白すぎる!
サエてますね。
海王星の段階で共有できるということは、よほど理想や夢を理解しあえていないと難しいですよね。
大抵は、結局名前を付け、「共通認識」にしていかなければ共有することはできないということかもしれません。

> ハリーポッターで、ヴォルデモードのことを
> 「名前を言ってはいけないあの人」扱いしていて、
> でも、ハリーは彼を名前で読んでて…
> 海王星的にむやみに怖がられている相手を
> 土星的現実に引き寄せて「ここ」で対決!作戦ですね。

土星化してしまえば、はっきりと個人の到達イメージを持つことができるということですから、ハリーには、その必要性があったということですね。
ターゲットに据えていたということでしょうか。
海王星のモヤモヤの段階では、個人の元型に囚われてしまうこともある。
その人それぞれの恐れや不安、夢や理想によって支配されることもあるかもしれません。
そこで、はっきり具現化し、責任と義務を持って、ハリーは対決の意思を固めたということですね。

今、目の前にある現実にどのような名前をつけるのか、そこで個人のターゲットの感覚が意識ができるのでしょうね。

ayaさん、面白すぎる。
また、コメント待っています。

nico
2013/08/05(月) 08:51:16 | URL | nico #-[ 編集]
なるほど♪
私は、老子の冒頭をおもいだしておりました♪


いろんな入り口があっても、
なんとなく、同じようなものへ、
向いているのかなと思えて、
勝手に嬉しかったです♪
2013/08/06(火) 23:40:09 | URL | mari #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.