nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
初夏の特別集中講座ー心理占星術を真面目に学ぼう!
友人のひとりが言う。
なぜ、そんな小難しいことを真面目に学ぶ必要があるの?
12星座占いで十分じゃないの?

確かに、はったりと人間力(人の扱いがうまい、洞察力がある、セルフプロデュースができる)があれば、12サイン占いくらいでも、十分人気占い師になることができるかもしれない。
それでも、私がこれだけ超真面目に占星術を追及している理由は、単純に面白いからであり、その魅力は学んでみなければわからないものでもある。
知りたいという好奇心は、「その人らしさ」を支えるエネルギーである。
人生で何を学んだのか。
それは一生涯、私を支えてくれることとなるだろう。
そして、それが人生を生き抜く力になるはずだ。

占いで生計を立てるには、学問的知識やオタク的能力だけでは難しい。
ある程度の経営者的なビジネスマインドが必要となる。
恐らく、成功している占い師は占術能力以上に、こちらの能力のほうが長けている。

けれど、占星術を真面目に学んでみると、様々な現象――人、出来事、天体の様々なからくりに近づくことができる。
知には、この広い世界とそこに住まう人間について認識を深めるパワーがあるのだ。

私は、お金儲けの方法を教えることはできないけれど知的好奇心を刺激することができる。
そして、もしかしたら、人生に向けて大きく扉を解き放つ勇気を少しだけ与えることができるかもしれない。
まずは「私は何者であるか」を明確にすべく、占星術を学んでみてほしい。

ということで、初夏の特別集中講座。
ちょうど双子座の季節ですから、好奇心を広げるのにぴったりだね。
一緒に好奇心を刺激し合いましょう。

★2日間集中 新春! 心理占星術基礎講座
2014年5月31日(土)13時~20時(プチディナーの用意アリ)
     6月1日(日)10時~17時(途中1時間のランチタイム)

講座料:55,000円(テキスト代含む)
場所:北参道 心理占星術研究所
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

1.10天体の心理的象徴の理解
天体の公転周期、発達年齢域から考える人間の成長のステップ、そして各々の天体の心理的背景を学習していきます。金星&火星の本能的欲求とは? 月期から水星期、金星期から太陽期への成長の難しさ。トランスサタニアンは時代の心理を読み解く鍵。

2.12サインの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類(2区分、3区分、4区分)から見えてくる、マンダラのようなホロスコープの構造を学習します。2区分から考える自然のサイクルとは? 4つのエレメントの洞察から得られる経験のサイクルとは?

3.ホロスコープから考えるアスペクトの理解
多くの学習者が難しく感じられるアスペクトを心理的に考え、センテンスで表現していけるよう学びます。サイン同士の関係やハーモニクスを用いて、アスペクトを徹底的に理解していきます。

4.ハウスの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類と同じように、ハウスにもある決まった構造があります。ハウスとは、生まれた時間と場所によって導かれる、より個人的なテーマを示すものです。半球の強調、3つのグランドクロスから、個人の心理的なパターンの構造を学習します。

5.ネイタルチャートを用いての実践

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.