nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
2014年ノエル・ティル来日セミナー&心理占星術の魅力
楽しみにしてくれている方も多いかと思いますが、ノエル・ティル来日セミナーの準備が着々と進んでいます。
今年は、中野サンプラザからお台場の東京ビッグサイトに会場を変更。
それに向けて、石塚氏はティル著の新しい翻訳本の追い込みに入っているようです。
楽しみですね。

以下、ティルセミナー&コンサルテーション(個人鑑定)の簡単な紹介です。

●来日セミナー
▼開催日程
9月13日(土)10:00-16:30 象徴と分析のプロセス:天体とハウス
9月14日(日)10:00-16:00 予測の主要なテクニック セカンダリープログレ
ス、トーラーアーク、トランジット
9月15日(月・祝日)10:00-16:00 時間の流れとアングルの働き
▼受講料:1日18,000円(税別)
※3日間連続受講申し込みは、
特別割引:54,000円→48,000円(6,000円OFF)
▼開催場所 東京ビッグサイト 国際展示場内
(詳しい場所はお申し込み後にお知らせいたします)
会場地図&アクセスはこちら

●来日特別コンサルテーション(マンツーマンの個人鑑定)
----------------------------------------------------------------------
▼日時
9月11日(木)8:00/9:15/10:30/13:15/14:30
9月12日(金)8:00/9:15/10:30/13:15/14:30
9月17日(水)8:00/9:15/10:30/13:15/14:30
9月18日(木)8:00/9:15/10:30/13:15/14:30
9月19日(金)8:00/9:15/10:30/13:15/14:30
鑑定料:32,000円(新里ひろき先生による同時通訳料込・約50分)

コンサルテーション会場は「東京ベイコート倶楽部ホテル」の特別ルームにて
行います。詳細はお申込み後にお知らせいたします。

▼東京ベイコート倶楽部ホテル

▼アクセス
ゆりかもめ 国際展示場正門駅より徒歩約5分 
りんかい線 国際展示場駅より徒歩約10分

そして、なんと!
ノエルティルJAPANのニュースレターをお申し込みの方の、ノエル・ティル来日プログラム・先行予約受付開始しました。
ニュースレターは、ユピテル・ジョージ氏が中心になり、ティル先生のインタビュー記事や新里さんや石塚氏、私(も時々)のティル心理占星術について語っています。
今、登録してくれると過去のバックナンバーをすべて読むことができるようですよ!
先行予約&充実の記事が読める「ノエルティルJAPANのニュースレター」。
この機会にぜひ、お申し込みください!

お申し込みは、日本語で学ぼうのホームページから!

先日、ティル来日セミナーのHPを作成するため、「nicoさん、占星術初心者が感じる心理占星術の魅力や特徴についてコメントしてください」と言われている。
うーん、難しいね。
心理占星術は、とても個人的な学びだから、人それぞれ印象が違うのではないかしら?
ただ、講座を続けてくれている生徒さんたちは、学び始めた頃とは明らかに違う。
皆、それぞれに美しく、強く、たくましくなり、真摯に自分の人生に向き合おうとしてくれているのがわかる。
最近もある生徒さんとそんな話になったけど、「随分、変わったね」というセリフをどれだけの人に向けて言っただろうか。
学びの途中は、少々苦しいこともあるけれど、そこをブレイクスルーすると、昔とは違った世界が見えるようになるのかもしれない。
それが、心理占星術の魅力なのかしら…

よかったら、どなたか、魅力について教えてもらえるとうれしいです。
というか、今までいただいた感想、使わせてもらってもいいかしら?
感想、あったら教えてください。

ということで、そんな心理占星術の魅力がたくさん詰まったティル来日セミナー。
その前に、基礎固めしたいという方。
プロのための心理占星術基礎講座も募集中です。
よかったら、心理占星術の魅力を感じに来てくださいね。
■7月13日(日)スタート!
■日時:毎月第2日曜日(9月のみ、第1日曜日) 13時~17時30分(7/13,8/10,9/7,10/12 )全4回
■7月15日(火)スタート!
■日時:毎週火曜日 10時~12時 全9回

皆さんと一緒にお勉強できることを楽しみにしています!

nico
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.