FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
講座で伝えたいこと
現実に戻ってきた。
ここ数日、私の旅行話に付き合ってくれてありがとうございました。
占星術の話も、ぼちぼちします。

でも私が占星術を通して伝えたいのは、多分、ああいうことだと思う。
ああいうことっていうのは、つまり自然とか宇宙とか、そういったこと。

テクニックを教えてくれる先生なら山ほどいる。
私よりキャリアも長く、知識も情報も豊富な先生は至る所(あまり多くは知らないけど)にいる。
とにかく、占星術を教えている人は余るほどいるはずだ。
「人によって教えることが違うから、いろんな先生に習ったほうがいいよ」という人も多いが、それはどうだろう。
私のところにも、そうそうたる講師陣、様々な講座を渡り歩いた人たちがやってくるが、どの人、どの講座に対しても「こんなもんなのかな」という感じだったという。
それはそうだ。
占星術の目標はテクニックではない。
占星術は宇宙の神秘に触れるひとつの手段であって、技術や情報だけではカバーしきれないほど壮大なドラマがある。
「占いで稼ぎたいから」「占い好きだから」という程度の表面的な学習スタイルでは、多分、得られるものは少ない。
神秘に触れたいという情熱は絶対に必要だ。
また、教える人の人生の知恵や宇宙に対する考え方を共有できなければ、深くまで理解することはできない。

私の講座で一番喜ばれているのは、多分、実践読みだ。
コンサルテーションの現場で培ったノウハウを、即践践で使えるよう教えていく。
ブースなどの現場に出ている人には、きっと役に立つ情報を提供できているだろう。
時には「こんなことまでわかるなら霊能者なんていらないですね」と言う生徒さんもいる。
ホロスコープを丁寧に読めば、驚くほど豊富な情報をそこから引き出すことができる。

でも実際、私が本当に伝えたいのは、そういったことではない。
ホロスコープのエネルギーの行方、単純にはいかない人生の物語、大きなものの一部であるという意識。
都合のいい幸福論はないが、与えられた人生の、それでも最良な道を選択していくこと。
そういったことをそれぞれのホロスコープから探し出していく。
この繰り返しを学習することで、人や環境に対し、大きな愛情が生まれてくる。
多分、私はこういった「愛情」の感覚を伝えたいのだと思う。

美ヶ原の原っぱに横たわりながら、こんなことを考えたりした。
スポンサーサイト



Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.