nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
蟹座・満月と母と決断と
皆さん、あけましておめでとうございます!

久しぶりのブログ更新。
ご心配かけました。
今日から元気に仕事始め。
2015年もどうぞよろしくお願いします。

年末、ちょうど大阪滞在中に母が緊急入院をし、たくさんの難しい決断と話し合いがあり、私もまんまと高熱で倒れ、その真っただ中でも喜びや笑いもあり、そして、病院の渡り廊下から見たまんまるの月に癒されたりしていた。
満月は、冬の空をまあるく照らしていた。

今回、一番苦しかったのは、重要な局面で決断を下さなければいけないということだった。
たくさんの話し合いがあった。
それぞれの想いがあり、それぞれの正義があり、すべての視点は同時にすべて正しく思われた。
実際、それぞれがそれぞれの立場で正しく、だからぶっちゃけ、どのような決断でも構わないような気がした。

決断というのは面白いもので、最終的に出した答えは、いつだって、とてもその人らしい。
多少驚くことはあっても、やはり「○○らしいね」というところで落ち着く。

占星術で言うと、決断とは太陽ー天王星の力だと考えられる。
大きな意思の力と精神性=太陽と、そして未来に向けられた大きなパラボラアンテナ=天王星を利用して、「私らしい未来を生きるため」の決断をする。

難しいのは、その決断を信じ続けることができるかどうかということだ。
決断はできる。
望むと望まざると、決断は下される。
けれど、自分の出した決断を信じ続けるのは難しい。
人生の様々な局面で、決断を脅かすような、後悔させるような不安に襲われる。

人生は至る所にトラップが仕込まれているから、気をつけなければいけない。
忘れてはならないのは、決断はいつでも適切になされている。
その時の最良の選択を人は行うものだ。
後悔というのは、信じ続ける勇気のなさから起こる。
信じ続けるというのは、ものすごく信念が必要なのだ。

蟹座の満月に見守られながら、母は重要な決断を下した。
母らしい決断をとても誇らしく思った。
その決断は、もしかしたら、すぐにでも後悔に変わるかもしれない。
でも、その時はその考えなり想いなりが、彼女にとって重要だったのだ。
それで十分ではないか?

それにしても、出足が遅れた2015年。
たくさんの方から連絡をいただいていますが、これから順次、返信させていただきます。
おめでたの報告などもいただきました。
本当に本当にうれしく思っているのですが、返事できなくてすみません。

鼻水流しながら、私も塗り絵やってみました!
楽しい!
またやりたい!
麻理さんに診断してもらおうかしら…

○

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/12(月) 17:36:36 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.