nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
明日はナラティブセラピー最終回 
皆さんから、いろいろコメントいただいています。
ご心配おかけしました。
ありがとうございます!
また、ちょっとずつ報告させてもらいます。

ということで、明日19時からはハウスの書き換え&ナラティブセラピーの最終回です。
前回のナラティブ講座があまりに面白く、参加者のTさんから、ちょいちょい喜びの感想を聞かせてもらっています。
ありがとうございます。

ナラティブセラピーの重要なエッセンスのひとつに、「オルタナティブストーリー=今まで語られることのなかった話を語る」というものがあります。

通常人は、人生を生きる時、経験に意味を与え続けています。
私の人生に見合うよう意味を選択し、その意味の上にストーリーを形成していくのです。
例えば、「Aさんはいつも意地悪な人だ」という人生を生きるため、嫌な気持ちにさせれられたエピソードなど、その意味に見合った出来事を拾い集め、ストーリーを紡いでいきます。
「Aさんはいつも私に意地悪をする」という文脈にふさわしい出来事を点と点でむすび、人生の流れを生んでいくのです。
そのように一度意味づけされたストーリーは、繰り返し語られ、やがて揺るぎない真実になります。
Aさん=いつも意地悪な人は強固なドミナント・ストーリーとなり、人生を支配し始めるのです。
そして、そのイメージを覆すようなエピソード――Aさんは優しい時もある――は無視されます。

しかし、本当にそうなのでしょうか。
本当に、Aさんはいつも意地悪な人なのでしょうか。
もしかしたら、これまで語られることのなかったAさんのオルタナティブ・ストーリーがあるのではないでしょうか。
そこに注目するのが、ナラティブセラピーのひとつの考え方なのです。

人は、たくさんの支配的な物語(ドミナント・ストーリー)を持っているものです。

私は物事にこだわらない性格だ。
私は飽きっぽくって、何事も長続きしない。
私は掃除は苦手だけれど、料理は得意だ。

このように一つのストーリーが選択されると、それに合った出来事の点と点を結び、物語を形成していきます。
そうなると、それ以外の可能性――実はこだわりも持っている私、長続きすることだってあるかもしれない私――はいつだって物語からこぼれ落ちてしまうのです。

語られていないエピソードは何だろう。
人生の物語からこぼれ落ちたものを拾い集めたら、どのような私に出会えるだろうか。

その辺を、もっとじっくりワークやってみたい。

明日は、ケーデントハウスとナラティブセラピーです。
ハウスの復習をしながら、オルタナティブ・ストーリを見つけていきましょう。
19時にお待ちしてます!

nico
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.