nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
キャラクター作りの重要性 人格を分裂させないように…
25日(水)は、いよいよ、みねんこさんによる「若草物語のワークショップ」です。
資料もバッチリ、何やら面白い会になりそうな予感がします。
みねんこさん、どうぞよろしくお願いします。

物語のワークショップは、私がずっとやりたいと思っていたものですが、その理由のひとつに「キャラクター作りの重要性」を考えたいというのがある。

占星術を学んでいる人なら誰でも一度は経験がある、、ホロスコープ上に示された象徴を、本に書いてあるとおりに読み進めていくと、いくつもの人格が表れてくるという現象。

獅子座の太陽は4ハウスにあり、12ハウスの牡羊座・土星がトライン。
蟹座の月と火星が3ハウスに入室し、乙女座の金星とセクスタイルになっている。

さて。
これらの象徴、どうやったら一人の人物に収まるのだろうか。
少しもブレずに、少しも矛盾することなく、ひとりの人物像を描くことができるだろうか。

この話、いつも実践読み講座の一番初めの講義でお伝えしている。

人間の生理に基づいた、矛盾のないキャラクターを設定する。
それには、ホロスコープに示された象徴だけで人物を設定せず、人物の生きた経験を象徴に組み込んでいく。
読む必要のない象徴は、惜しみなく切り捨てる(気持ちを持つ)。

それくらいの大きな覚悟ができれば、よりリアルな人物像に近づいていけるだろう。

明日のワークショップは、そういう意味で勉強になるだろう。
ホロスコープが先にあるのではなく、示された象徴からホロスコープを作り上げていく。
つまり、まず人物ありきである。

みねんこさんのユニークで鋭い視点に誘われて、面白い象徴解釈ができるのではないかと期待。
皆さんの中から、どのような象徴のイメージが出てくるのだろうか。

小説の中の登場人物のチャートには正解はないので、自由に象徴を考えてみたいですね。
そして、各々の象徴の捉え方に刺激されてみたいです。

みねんこさん、参加者の皆さん、明日はどうぞよろしくお願いします。

nico

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
参加できずに残念です
若草物語!!懐かしい
メグ、ジョー、ベス、エイミー
お転婆娘だった私は、自分をジョーだなぁと思いつつ読んでいたような気がします。気がしますというのは、私が若草物語を読んだのは小学校高学年くらい、すでに何百年(笑)も前なので記憶が曖昧です。

最近、西加奈子の「サバラ」を読み、この登場人物である姉弟のホロスコープはどうなんだろうなぁ?と考えていた時に、今回のワークショップのお知らせがあり、参加したいなあと思いました。
でも、今日は予定が入っていて、残念ですが参加できません。
また次回、是非ワークショップやってください。

サバラは面白いです。
見た目も性格も可愛くない姉、誰からも愛される弟、勝気で華やかな母、仕事熱心で優しく寡黙な父、イランで生まれた弟、自意識過剰で傷つき易い姉、両親の離婚、母の男性遍歴、父の出家、姉の・・・
もうもう盛り沢山。
そして最後の「第六章 あなたが信じるものを、誰かに決めさてはいけないわ」の言葉は、占いを学ぶ者として、とっても示唆に富む言葉だなぁと、思いました。

「信じるもの」を「人生」に置き換えてみると、占う者と占われる者の間に、必ず置いておくべき言葉と思うのです。
nico先生が講義中に「占い師の万能感」を注意するようにお話してくださいますが、まさにそれだなぁと思うのです。
あれ?なんか脱線しました。
すみません。

参加できずに残念ですが、みねんこさん、参加の皆さん、ワーク楽しんでください。

2015/03/25(水) 17:47:08 | URL | 尋子 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.