nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
"I am=私である”ことを、人との関係性の中で知る。
ss_20150927190421120.jpg

Hさんから、お月見用にと、お花とお菓子をいただいた。
お庭に咲いている花を摘んでブーケにしてくれたということ。
香りもとっても秋でした。
この感じ、私好み!

今日のプロ養成上級講座3回目、お疲れ様でした。
次回が最後の講座になりますね。
今日もお話しましたが、いくら知識やテクニックを身につけても、ホロスコープはなかなか読めるようにならない理由のひとつは、その知識やテクニックにどのような意味や効果があるのか、わからず使っている場合が多いからです。

なぜ、太陽と月を読むのか。
なぜ、職業占星術はMCからディスポジターを追いかけるのか。
MCに対するアスペクトと、MCのルーラーに対するアスペクト、それぞれにどのような意味の違いがあるのか。

意味や効果の差異を考えながら、必要な情報を適切に拾って読む。
ホロスコープリーディングには、それがとても重要です。
最後の講義、そんなことも考えながら学んでみましょう。

空を見上げると、ハッと息を飲むほどまるいお月様、出てましたね。

スーパームーンやら皆既月食やら、月の影響がピックアップされている時は意識より、無意識のうねりが強くなる。
魚座から牡羊座に向かう月の、始まりの始まりに向かう月の、意識の奥に潜む目覚めの衝動。
または、生存に対する不安と渇望とか。
パートナシップや対人関係での自己存在のあり方の見直しとか。

”I am=私である”ことを、人との関係性の中で知る。
天秤座ー牡羊座のテーマは、それを常に教えてくれる。
それは、心地よい体験ばかりではない。
存在が消え入りそうになることもあれば、迫力に負けて押しつぶされそうになるし、劣等感に落ち込むことも、情けなくて笑えることもある。
それでも、やはり私は私でしかなく、その身一つで生きていかなければならない。
クサらず、日々の新鮮なチャレンジに向けて奮闘していけるといいね。

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.