nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
秋の夜の アートセラピー いとをかし 少しだけ、秋らしいお話
食欲、読書、運動、芸術、行楽など、いろんな秋がありますが、皆さんの今年の秋、どんなモードが来ているのでしょうか。
私の今年の秋は、乙女座・木星ー射手座・土星らしく、”文武両道”を楽しく目指してみたりしている。

とはいえ、秋は意識が内に向き始める。
シュタイナーの10月の第1週の言葉――

予感と憧れに誘われながら
みずからの深みへ降りていく
おのれを省みながら
自分を夏の日の贈り物と感じる
今 私は秋の季節に
萌える芽となり
魂の熱い力となって生きる

――に深く共感しながら、秋の日を実感している。
すべては、季節のめぐりなのだ。

Iさんが昨日、こんな言葉をメールで送ってくれた。

『中秋の名月』と『スーパームーン』1日違うだけで
こんなにも受ける感情が違うモノか。。。と改めて思いました。
見る時代、場所、その時のあり方によって
きっと受け取るモノが違うのでしょうね・・・
そんな風に考えることが出来たのは占星術の世界を覗いたからだと思います。
『ざわつく感情は何処から来るのか』・・・そんな自分の感情と向き合いながら
何気ない毎日も見方を変えると違う景色を見せてくれるものだな〜と
しみじみと思った次第です。

こちらも、とても秋らしい。
月の光のような、みずみずしい感受性。
秋は、みずからの深みへ降りていくのにいい季節ですね。

そんな秋だから、今夜の麻理さんのアートセラピーはきっと心に染み入る体験になると思います。
第1回の今日は、個性(牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座)のパースペクティブのアートワーク。
残り1,2席しかありませんが、時間の都合が合いそうな方、よかったらいらしてください。
みんなで素敵な体験をしましょう。
麻理さん、後ほどよろしくお願いします!

★アートワークで体験してみるホロスコープの3分割
■日時:9/30(水) 19:00~21:30 
■講座料 各5000円(材料費込)
■場所 北参道 心理占星術研究所
お問い合わせはこちらから!

上記のカテゴライズは、人間の成長過程の様子に強く結びついています。
このステップで視野を広げていくことで、物の見かた、考え方といった認知に変化が見られるのです。
その様子をアートセラピーでやってみたらどうかということで、今回麻理さんに無茶ぶりしてみました。
非常に面白い内容を提案してくれました。

麻理さん、どうぞよろしくお願いします!

以下、麻理さんからのメッセージです。

第1回目は、「個性」の領域です。
いまの「自分」をアートを使って、ひも解いてみましょう。
無意識に選ばれていく「色」をみていきましょう。
チャートでいうと、個人の成長は、牡羊から蟹までのところです。
牡羊から生まれ出たものは、牡牛で定着させ、双子で体験を積んだら
蟹の記憶へと格納されます。
こうして、「個性」は色付けされていきます。
色は、この「記憶」と、密接に結びついています。
いま、無意識が選ぶ「色」をひもとくことは、
格納された「記憶」をひもとくことになり、
格納された「記憶」は、そもそも、自ら生み出し、育んだ、
何であったのか。
それを、みていくことは、単なる、子ども時代の思い出を
振り返るという意味ではなく、
今現在の自分が必要としている「格納された思い出」を
映し出すことになるのです。
自分にとって、一番のアドバイザーは、
他ならぬ「自分」です。
まずは、「自分自身」から、アドバイスもらってみませんか。
ちょっと、難しくコメントしちゃいましたが、(笑)
とりあえず、あまり深く考えず、
まずは、楽しく「色」体験してみましょう!
ホームワークも考えていますので、
可能な方は、全3回の期間中、継続的にアート体験してみてください。


スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.