nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
あなたの世界を教えてください 月のお話
深夜近いのに外がやたら騒がしいのは、神宮球場から聞こえてくる歓声。
11回裏、サヨナラ打で、ヤクルト14年ぶりのリーグ優勝だってさ。。

今日の講座中も話題になった、月の話。

先日、麻美ちゃんから「大江健三郎のおすすめの本があったら教えてください」と言われた。
大江健三郎好きを公言して、かれこれ25年。
「おすすめの本を教えてください」の問いかけは、5年ぶり3回目。
大江文学がなぜ素晴らしいのか、なにが面白いのかを熱弁し、一気に血圧が上がったという体験をした。

そう。
うれしかったのだ。

私の好きな世界に興味を持ってくれる。
そして、その世界に踏み込もうとしてくれる。
そのことが、とにかく素直にうれしい。

月が一番望むもの。
それは、「理解」と「受容」だ。
その感覚があって、初めて、月の安心感と所属感覚につながる。

現場では、この「理解」と「受容」が非常に重要になる。

相手は今、どのようjな理解を求めているのだろうか。
自分の世界をどんな言葉で語り、どんなものに興味を持ち、どんなことに心を痛めているのだろうか。
どんなことを「理解」することができれば、相手は心を開き、または内発的意欲にスイッチが入り、自分の言葉で熱く語り始めてくれるだろうか。

目の前の相手の声を無視して、月サインでテーマを限定するなんてことはしないように。
現場では、いつだって月は私的なものなのだ。
現場では、象徴を一般化したり、抽象化したりはしない。

月を制するものは、現場を制する。

月の領域まで触れることができた時、お互いの中に温かな関係性が生まれる。
それが現場での喜びの体験になる。

普段の生活でもそう。
相手の世界に興味を持ち、相手の好奇心を受け入れ、お互いの世界を共有していく。
少しでも多くの人と、そんな体験ができたら、みんな、いろいろな場所に所属を持つことができるよね。
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
「月のお話」を読んで
次のアート講座「関係性」について、いろいろ考えていました。
蟹座から獅子座へ向かうことは、私、個人的にも課題であり、そこには、とっても高いハードルがあることを、ずっと実感してました。でも、だからこそ、すごく、そこのところは、意識してきたと思っています。
月が一番望む「理解」と「受容」。
それを抱えての、獅子座・太陽へのチャレンジになるわけだなあと、ブログ読んで、思いました。
月の望みを、無視してのチャレンジもまた、成り立たないんだということも。

子育ての実践や、絵本・児童文学から培ってきた発達心理からすると、まさに、「他者との出会い」のところなんだと思います。
悩みを抱えて、目の前に座る人は、その時に、その蟹から獅子へのチャレンジを、一生懸命しようとしているわけですね。
私は、理解されるのだろうか、私が望むように受容されるのだろうかと。
それは、3歳のチャレンジと同じかなあ~と、ふと思いました。
何歳になっても、3歳のチャレンジです。
まあ、自分の中には、全年齢の「私」がいるんですけどね。
2015/10/03(土) 11:33:03 | URL | mari #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.