FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
防衛のパターンを知り、自分なりの答えを自分で見つけていく
暑い日が続いていますが、皆さん元気に夏やってますか?

早朝タロット勉強会、おつかれさまでした!
今日も楽しくタロット実践読みの練習。

占星術もタロットも、勉強会は私にとってもとても大事な時間。
ただ情報を受け取るだけではなく、自分自身の立ち位置の確認とともに、自分自身で答えを導き出していくという能動的、参加型の学習スタイル。
とくにタロットの勉強会は自分自身の成長のプロセス、葛藤、陥りやすい防衛パターンなどが目に見えてわかるので、自分自身の”今”を確認するのにとても役立ちます。

今日もたくさんの「またこれか!」のパターンを目の当たりにすることがたくさんありました。
なんで「8」のテーマが繰り返しでてくるの?
ネイタルチャートの8ハウスとの関連は何?
ペンタクルの不足と「5の逆位置」の問題って何?
偶数が多いというのは、どんなパターンなの?
奇数や素数ばかり出るというのは、自分自身のどんな防衛スタイルなのか?
楽天的主義が陥りやすい結果とは?

カードは本当に正直なので、こういったテーマに気づくのには本当にぴったり。
過剰と不足、数字のパターンなども見えやすいので、自覚的な問題解決にも使えますし、自分のホロスコープの確認にもぴったりです(たとえあ、ネイタルチャートに風エレメントがないとタロットカードはソードの問題や不足として出てくるというように)。

心理占星術。心理タロットの現場では、

〇〇となるので〇〇したほうがいい
といった一方通行の神託的予言をすることは少ないです
それより、〇〇と星やカードは言っていますが、それに対して自分ではどのように感じるだろうかと、相手の自覚をうながしていくリーディングを心掛けます。

そうすると、乗り越えてきた自信につながることもあれば、目の前の課題と受け止めることにもなりますし、とにかく自分なりの気づきになるというのを目標としていきます。

来月は、ケルト十字とホロスコープスプレッドの展開を学んでいきます。
この二つのスプレッドは心理占星術、心理タロットの真骨頂、とても重要な学習となります。
ケルト十字は、私の実践読み、時期読みではおなじみの考え方ですね。

意思と環境と時、この”三つ巴”の落としどころを見つけていく練習をします。
ホロスコープスプレッドは、ホラリーやコンサルテーションチャートのように読んでいきます。

名古屋、大阪でもタロット講座を開催してほしい!という声をいただいています。
ねー
近いうちに開催できるといいなあ。

では来月もお楽しみに!

nico
太陽、火星ー冥王星・土星 火星サイクル 枠組みからの解放
アドラーは、創造的なエネルギーが必ずしも正しい方向に使われるわけではないと言った。

いつも太陽の話をするときに例に出すデルフォイの神殿の門に書かれた2つのメッセージ、
”汝自身を知れ”
“何事も過ぎることなかれ”

太陽が時に間違った創造エネルギーを発揮してしまったとき、自分を超えた何かになろうとすることがある。
まるで神にでもなったかのように、自分の正義で世界を燃やし尽そうとしたり。

それは、陰陽のバランスの悪さでもある。
自分の太陽=クリエイティビティ=人生の結果を受け入れるのは、次の乙女座のテーマ「マッチング」でもある。

人はよく「こんなはずじゃなかった」と言う。
でも、基本的に世の中の多くの結果は、「こんなはず」なのだ。
誰かが誰かを陥れようと「こんなはず」じゃない結果を与える、なんてことはほとんどない。
仕事の結果も受験結果も、会社の異動も関係性も、たいてい「こんなはず」なのだ。
それが受け入れられないということは、”汝自身を知れ”“何事も過ぎることなかれ”ができていない、自分を超えた世界、妄想や願望の世界で生きているということになる。

そんな間違ったクリエイティビティのエネルギーのせいで多くの命が失われた。
自分の太陽は、間違った方向を向いていないか?そんなことを考えるきっかけになった。

または、四季図読み、火星イングレスチャート読みでも何度も触れた、土星冥王星火星の話。
理不尽な枠組み――古い体質、老害、凝り固まったルール、歪んだパワーバランスに対して、どのように「個」は対処していくのか。

自分の心が違和感を覚えたものに対し、どのように決着をつけていくか。
まずは、「誰とどう生きるか」「誰にどう生かされるか」ではなく、「自分はどう生きたいか」が大切になる。
そうでないと、心が納得しないまま、人や組織、活動のコントロール下に置かれ、自分を見失ってしまう、もしくは「個」が弱体化してしまうことになる。

夏至の時期は、一番、自分自身の違和感と戦うのにふさわしいとき。
もしも、誰か、何かのおかげで生かされているのだとしたら、今こそ、その関係を見直すときかもしれない。
自分が納得して生きるために必要な作業といえるだろう。

ということで先日、2020年度版火星サイクル手帳の1回目の感想会を行った。
突然のお誘いにもかかわらず、参加してくれた皆さま、ありがとうございました。

Desktop10_20190720001609e55.jpg

Skype上にカニをかぶったともりん、ネコを抱いたAIさんがいますね。
ふふふ。

皆さんから、2019年度版の火星サイクル手帳を使ってみた感想をたっぷり聞かせてもらったのち、私からも手帳に関する感想をおはなしさせていただきました。

使ってみると、ちょこちょこと「こうしたほうがよかったなあ」といった修正箇所が見つかったりするわけですが、それでもやっぱり火星サイクルはいいなあと、今さらながら実感しているところです。

何がいいって、この火星1サイン分のブロックカレンダー。
たとえば、現在運行中の7/2~8/17の獅子座火星期のカレンダーをみてもらうと…

IMG_5848.jpg

太陽暦とも太陰暦に影響を受けていない、つまり社会や会社の行事だとか〇〇ムーンといった集合意識に振り回されたり、流されたりすることなく、自分のリズムで人生が設計できるということ。
このブロックカレンダーを眺めていると、社会の縛りから解放され、または自分で勝手に作り上げた枠組みから解放され、自由に自分のやりたいことを発想できること。
それが火星サイクルの良さだなあとつくづく実感(ほんとにね、眺めているだけでいいのです。眺めているだけで、サイクルの感じがわかるのです)

参加者の皆さんも、火星のサイクルを体験すると「あ、まだ猶予があるじゃん」とか「人生はここでおしまいではなくて、続いていくものなのだなあ」といったサイクルをしっかり実感できるとお話ししてくれました。
火星サイクルはオモシロイよー
ぜひ試してみてほしいなあ

または、5度ずつの進行、またはサインの中にも陰陽のテーマがある、それを感じられるのがオモシロイという意見も多く見られました。

AIさんは、
「今まで半年続いた手帳を使ったことがない!けれど火星サイクル手帳は半年続いた!奇跡だ!」とおっしゃってくれました。
(AIさん、あの後、すごいボリュームの感想を寄せてくれました。いつか皆さんに見てもらえる日が来るかも!)

Jさんもこんなコメントを寄せてくれました。
自分が何者なのか?この人生でどこを目指すのか?が見えてない方や、コンマリできない方は、Beの振り返りが不足している。
だから、振り返りページは絶対やった方がいい。

ほんとにね。
アウトプットばかりに気を取られ、人からのフィードバックやどうみられるかばかりを気にし、「自分がどうありたいのか=Be」が見えなくなっている人多いですね。
陰虚と私は読んでいますが、現代は陰がうまく働かない時代。
そのためのBeのワーク、大事です。

もちろん改善点、課題などの寄せられた意見には真摯に向き合っていく覚悟ではありますが、何はともあれ、まだひよっこの段階。
占星術の持っている可能性を探りながらユニークなものをつくっていけたら、火星サイクルを通して多くの人たちが自分の可能性を広げていけたらいいなあ、そんなふうに思っています。

人の考えも、人の意見も、人の使い方も、人の人生も人それぞれ。
大切に生きていれば、ちゃんとそれぞれの個性が見えてくるはずです。

ということで、引き続き火星サイクルユーザーにインタビューを取りながら、2020年度版作成をスタートさせていく予定です。

間違いなく面白いものができる予定です。
ぜひ皆さん、楽しみにしていてください。

あ、もし「私の感想」がありましたら、いつでも寄せてください。
少しでも多くの声、いただけたらうれしいです。

そうそう。
もし、火星サイクル手帳、ちゃんと使ってみたいけど結局うまく使えていない!そんな方がいましたら、火星が天秤座の入る前に、無料使い方セミナーを再び開催する予定です。
ぜひお知らせをお待ちください。

あと、今回のインタビューで皆さん、無料で配信している使い方動画がとってもよかった!という声をたくさん寄せてくれました。
まだ観てない!という方。
お忙しいとは思いますが、ぜひぜひこちらを参考に、火星サイクルでも特に大事は獅子座→乙女座→天秤座期を過ごしてみてください。

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
火星手帳使い方無料動画はのお問い合わせはこちらから!

ホロスコープは様々な構成要素でできているわけだから…
【火曜日は火星の日】
週末の名古屋、大阪講座に参加の皆さま、おつかれさまでした!
どの講座もそうですが、皆さんに熱心に学んでいただいて幸せな限り。

今回、通常の講座に加えて大阪3限目では、公開セッションのサンプラーとして、もりもとさんのご友人の男性Yさんが恋愛&関係性のご相談にいらしてくれました。
女性にぐるっと囲まれた状況の中、私たちのリーディングや質問に快く、丁寧に答えていただき、とても勉強になる機会をいただくことができました!

IMG_0549.jpg

せっかく目の前に生きた材料があるのだからということで、かなり突っ込んだ話もたくさんさせていただきましたが、まず今回意識して読んだところはというと、

・半球の強調――関係性において、半球の強調はとても示唆的に働くのがわかりました。
今回は、南半球の強調とアイソレートされた月から、まず関係性に対する傾向を理解していきました。

・グランドトライン――強調された特徴として、まずグランドトラインを上げました。
グランドトラインは、心の防衛機能。
では風エレメントの防衛とは、どのようなものか、
Yさんのお話しから、なかなか強固に働いているのが印象的でした

・特徴的なアスペクト――チャートの中の特徴的なアスペクトは、その人の心のドラマでもあります。
アスペクトが持っているテーマを無視して、恋愛の傾向や目指すべき方向性を読むことはできません。
Yさんの場合は、トランスサタニアンの強調でした。
トランスサタニアンの強調は、関係性の中でどのように働くか。
それを無視して恋愛の方向性を示すのは、かなり雑なリーディングです。

・欠けているエレメント――Yさんのチャートでは、地エレメントがまったくないチャートとなっていました。
それは関係性の中でどう働くのか。
補うべきか、または自分の個性を大切にすべきか、ここはなかなか悩みどころでした。

・時期的なテーマ――本人の意思とともにタイミングも大事、ということで今回はソーラーアークを中心に見てきました。
意思をうながす重要な天体配置、そちらを見つけたら、力強くプッシュしていきます。

・サクシーデントハウスと価値観の共有――サクシーデントハウスは、セクシュアリティのテーマに直結しています。
今回は、2ハウスを中心にその人の大切にしている価値観を見ていきました。
香ちゃんのチャートの「結婚の決め手になった価値観」も2ハウスー5ハウスのテーマがしっかり出ているのがわかりましたね。
今回、時間がなくてあまりサクシーデントハウスに触れることができなかったので、またいつかやっていきましょう。

勉強会に参加してくれた方は分かったと思いますが、「金星や火星のサインで好みの女性を読む」みたいな単純な読み方はしないです。
10分のリーディングであっても、サインのみで何か重要なテーマを判断するということは今回もしていません。
金星は好みの女性???
獅子座の金星の「神聖で純粋な価値への希求(Yさんは、カトリック系の教育と言ってました)」こういった大事なテーマをただの「恋占い」のレベルに落とさないように。
できれば「占星術」として、全体を読む練習をしていけるといいですね。

ホロスコープは様々な構成要素でできているわけですから、ホロスコープが示している目的、思い、意志、そういったものを汲み取りながら、恋愛の方向性を考えてみるといいかもしれません。

Yさんのおかげで素晴らしい学びの機会を得ることができました。
Yさん、もりもとさん、ありがとうございました。
また、ぜひこのような生きたリーディングの勉強をしていきましょう。

たっぷり勉強した後は、たっぷり遊ぶ。
次の日は、岡崎ツアーズ「大人の遠足 京都編」!

朝、伏見稲荷8時30分に集合。
雨上がりの気持ちのいい緑の中、赤い鳥居をいくつもくぐり抜けて、気持ちよくお清め。
オカペディアの情報量の多さと深さに圧倒されつつ、清々しい気分で次の目的地へ。

Desktop98_20190716092535c28.jpg

ここで瀧井さんと合流。
長屋づくりのシックなお店「閑是」で飲茶&中国茶のランチタイム。
なんとこのお店、まだオープンしたてだというのに、すでに100組待ちなんですって!
食事のしつらえもステキ!お料理もステキ!

Desktop99_20190716092608863.jpg

美味しい料理と中国茶をゆったりと堪能した後は、岩倉実相院へ。
空も広く、山も美しく、緑が麗しい素晴らしいロケーションの中、なんと第3回目となる「私の火星手帳 - UsersVoice」のインタビューを実施。
庭園前の縁側にて、瀧井さんからたっぷりと火星手帳、火星サイクルとの付き合い方のお話し、聞かせていただくことができました。

IMG_0667.jpg

火星とともに歩む成長物語、いいインタビューができました。
瀧井さんありがとうございました。
ぜひ、みなさん楽しみにしていてください。

ということで、岡崎ツアーズ「大人の遠足 京都編」も無事終了。
岩倉実相院では岡崎さんの顔の広さのおかげで素敵なてぬぐいをいただいたりして、オカペディアの威力を心ゆくまで堪能した1日となりました。

あんまり楽しかったので、来月もやろうということに。
来月8/11(日)の岡崎ツアーズ「大人の遠足 大阪編」は、住吉大社にて「初辰まいり 」&おいしさが止まらない餃子ランチ。
また、みんなでワイワイやりましょう。

8年も大阪に毎月通っているのに、ぜんぜん関西を楽しんでなかったなあ。
こんな機会をいただけて本当に幸せ。
また来月も刺激的な時間になりますように。

あ、8/10(土)の大阪講座3限目は、アドラーの早期回想&ネイタルチャート読みをやります。
素晴らしい技法です。
ぜひこの機会にアドラー心理学に触れてみてください。

nico
週末はホラリー占星術三昧  あなたの心は、すでに答えを知っている
はやぶさが持ち帰ってくる「希望」に思いを馳せつつ、名古屋行の新幹線。
週末は名古屋、大阪では、引き続きホラリー&コンサルテーションチャート講座を行います。

心理占星術研究家として、このホラリー&コンサルテーションチャート講座は何よりも大事な講座。

①クライアントの”今”に意識を向け、
・言葉にしてこなかった
・言葉にする機会がなかった
・言葉にすることを避けていた ことをとらえ、
②同じ言葉を共有していく場をつくり、
③今、できる一番最良の答えを見つけていくサポートをしていく

フロイト、ユング、アドラー以降のホラリー&コンサルテーション占星術は、当たった外れた、合っている間違っているではなく、答えを「自分で導き出した」と実感させるための技術であると考えてもらえるといいかもしれません。

つまり、「今、ここ」を表示したチャートは、ほかの誰でもない、あなたが天空の星々とシンクロしたのだから、だから、あなた自身の心は、すでにもう答えを知っているはずだということだ。

私の役割は、つまりクライアントさんとともに答え合わせし、象徴を言葉にし、意志や想いの確認をするだけだということ。
「それだけ」なんだけど、それが本当に楽しい作業なのだ。

IMG_5810.jpgまだ完璧な理解まで至っていないのですが、今回は、初出の理論も少しだけ紹介。

エッセンシャルディグニティは、トランジットの理解などにも非常に使える知識であるし、そもそも占星術をしっかり理解するためにエッセンシャルディグニティを使わない手はない。

ということで、今日、明日も楽しく占星術講座。
今日は、まず夏至図とともにホラリーチャートの読みを深めていく予定です。
ぜひお楽しみに!!!

そして、明日の大阪講座3限目は、恋バナとセクシュアリティの話。
もりもとさんのお知り合いの男性がサンプラーとして参加してくれます。
イベント的軽いタッチのリーディングと、心理占星術的な心のドラマに寄り添ったリーディング、この二つを練習していくとともに、時間の限り、私たち自身の中にある「性と自己価値」のテーマにも触れてみようかなと思います。
「他者」とはだれか?
「私」とはだれか?(レヴィナスみたなこと言っている!)
楽しみですね。

では、名古屋、大阪の皆さん、どうぞよろしくお願いします!

■日時:7月13日(土)17:30~20:00
■内容::夏至図読み&サンプラーのお招きしての「心理占星術による恋愛相談&愛と自己価値の話」
■場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階C
■講座料:4,000円

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

火星の一日は24時間37分 地球との類似点がこんなふうに役立つ
いつか時間ができたらじっくり取りかかろう、その日が来るのを待ちわびて、ずっとベッドサイドのテーブルに置かれていた本がある。

私が「積極的読書」と呼んでいる、格闘が予想される本。
こちらも能動的に関与しないと読み進められない本。
一文字一文字取りこぼさないようにして読まないと、あっという間に置いていかれてしまうような本。
そんな本が時々、無性に読みたくなる。

先日のオイリュトミーのクラスの後、常に真摯にオイリュトミーに向き合っている仲間のHさんから、「よかったらどうぞ」とオイリュトミーの「6つの基本形」の資料をいただいた。
驚くほど丁寧な文字でHさんがこれまで学んだことが書き加えられている資料を見て、なぜかオイリュトミーの大先生・笠井叡氏の830ページある著書「金鱗の鰓を取り置く術」にそろそろ取り組もうというスイッチが入った。
たまには、格闘してみようじゃないかと。

Desktop96_20190711231147985.jpg

そこにこんな文章を見つけた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類はある一時期まで、太陽を「円形」として表象しえる客観性を、決して自身に容認し得なかった。それは人類が幼稚だからではない。「偉大なる太陽神」という主観性が、純粋な知覚活動によって生じる「円形」という客観性を、自身に受容し得なかったからである。サイコロ型の神体出現以前においては、太陽それ自体が神体である。物質的な知覚の活動より以前に、神を観る「魂の眼」の活動の方が、先行していた。太陽を前にして「円形」を知覚するより以前に、目を伏せ、恥ずかしさを伴う畏怖の感情に圧倒されていたからである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからどう大石凝真素美「真訓古事記」の「ス神」、「言葉の太陽」につながっていくのか。
積極的読書、楽しみだ!


で、今日の話。
占星術用語がよくわからないので、わかりやすく、かみ砕いて教えてほしいというご要望をいただいたので、今日は、Jさん親子(母と娘)のために初のプライベート火星ワークショップを行った。

まずはこれまでの火星サイクル手帳の使い方のチェック&感想から。

Desktop97.jpg

所狭しとびっちり文字が書き込まれ、付箋やら書き方やらが上手にカスタマイズされ、なんとも使いやすそう!
目標、記録、感想、振り返りが一目でわかるようになっていたり、いい感じに進んでいる様子がわかります。
これはすごい!

その後、来るバイアコンバスタ期を前にした獅子座期、乙女座期の過ごし方、私の大好きな”乙女座期”がなぜそんなに重要なのか、そんな話をできる限りわかりやすく説明。
素晴らしき乙女座期を迎えるための準備や心構え、重要な時期などをピックアップ。
私も話しながら、乙女座期が待ち遠しくなってみたりして。

最後に、「火星サイクル手帳を使って、母はこんなに変わったんですよ!」という話をたっぷり聞かせていただくことができた。
なぜなのでしょうね、なぜ自発性が生まれたり、モチベーションが上がりやすくなったり、人のことが気にならなくなってきたり、火星サイクルってこんなに面白く働いてくれるのでしょうね。

やはりいつも言っているのですが、「サイクル」にそのカギがあるのだと思うのです。

太陽暦や太陰暦だと、どうしても人のムード、社会の動きや流行と連動しやすくなってしまって、むしろ自我が揺れやすくなってしまう。
火星サイクルは、社会の動きと連動しにくいため、人に振り回されにくく、自分のペースを守りやすい。
自分本位の動きが取りやすいから、人との関係性も健やかになってくる。
一サイン1か月半という微妙な猶予が、心に「まだなんとかなる」という余裕を生む。

これが火星の一日が24時間37分という、地球(ジオセントリックの視点では「私」)との大きな類似点のなせる業なのです。
なんといいことづくし!

Jさん、たくさんの感想、ご意見ありがとうございます。
次期火星サイクル手帳(仮)に大いに役立てさせていただきます。
Designed by aykm.