FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
職業占星術は、個人だけじゃなく占星術の可能性も引き出してくれる
【火曜日は火星の日】
火星サイクル手帳は表紙デザインも決まり、台割もほぼ決定し、あとは細かなレイアウトの構成と、そして私のテキストのみとなりました。
あとは、火星サイクルを利用してどう生きるか、2020/6/28-2022/5/24にわたるドラマを言葉に起こすのみ!
新しいアイデアも生まれ、今以上にいい手帳をお届けできる予定です。
どうぞお楽しみに!

ということで、週末の大阪講座は、

1限目:職業占星術パーフェクトマスター講座3回目
2限目:実践読み講座4回目
3限目:12サイン見直し勉強会

で、今日のテーマ「職業占星術は個人だけじゃなく、占星術の可能性も引き出してくれる」ですが、東京の参加者Kさんが「今回の職業占星術凄いですね。こんなに個人天体から分析できるなんて驚きです。個人天体重要ですね」と書いてくれましたが、そうなんです、すごいんです、パワーアップした職業占星術、私自身、気合が入っているのです。

先日の東京クラスでは、「今回の職業占星術を学ぶにあたり、まず、自分自身が自分のホロスコープの可能性を最大限に生きること、それを目指してみてください」という話をしているとおり、まず自分で自分のホロスコープを生きてみる、それが今回の職業占星術パーフェクトマスター講座の大きな課題となっています。

職業占星術といっても、なにもホロスコープを使って、ハローワークで紹介してくれるようなライスワークの話をしたいわけじゃなく、また従来の占星術の「あなたのMCは何サインだから○○が向いている」なんて、まさかそんな単純な話をしたいわけでももちろんないわけで。

考えてみてほしい。
草間彌生は、MCサインであれだけの仕事をやっていると診断できるのだろうか。
長きにわたる創作人生は、太陽、水星や2-6-10ハウスの分析だけで読み解くことができるだろうか。

全身全霊の仕事は、ホロスコープの持つ可能性を100%生きてこそだ。

まずは個人天体を余すところなく使うこと。
メジャーアスペクトもマイナーアスペクトも、個性を表現しうる力として利用していくこと。
ミッドポイントも開発されてないハウスも、個人の隠れた可能性として使いつくすこと。

自分自身が何を携え、何を求め、どう生きるか、ホロスコープに示されている可能性の最大値を引き出していくこと。
それが、職業占星術の面白さだ。

だから、職業占星術を学ぶことは、結果、個人の可能性を引き出すだけじゃなく、占星術の可能性についても考える必要が出てくる。

ちょちょっとホロスコープを見るだけじゃなく、表から裏から、右から左から、自分の人生を育てるためならどんな象徴でも利用する、それくらいの気合でホロスコープを読んでいく。
徹底的に自分のホロスコープを分解して、育て得る可能性を見つけていく。
この講座が終わるころには、自分のホロスコープのことならなんでもわかっている、それくらいになってほしい。

そして、それ以上に職業占星術パーフェクトマスター講座を通して、まず自分のホロスコープを、または自分自身を大切に扱ってほしい。
そして、自分自身を、そしてホロスコープを生きることを楽しんでほしい。

備わっている魅力を武器にし、眠っている魅力を引き出すことができれば、誰もが自分自身の中にある”岡本太郎=なんだこれは!”を生きることができるはずなのです。

med.jpg

土曜日の職業占星術パーフェクトマスター講座は、ミッドポイントを通して自分を知る作業をしていきます。
この「個人の未来の可能性を育てるワークシート」を埋めていきましょう。
お楽しみに!

そして、大阪講座3限目は、12サインの見直し勉強会を行います。
先日、ブログにも書きましたが、占星術の象徴があまりに型通りすぎて、言われているこっちが息苦しくなるくらい、どれもこれも象徴に閉じ込められそうになるものばかり。
もっとあるでしょ、読み方。
もっと生きている人に沿った読み方、できるはずだよね。

ということで、「柔軟サインは優柔不断」とか、逃げ口上みたいに使われている象徴読みから脱出すべく、心理占星術らしい12サインの読み方を改めてちゃんとやってみたいと思っています。

従来の12サイン読みに疑問を感じている方。
もっとちゃんと理解したい方。
サインの表裏、長所短所を考えたい方。
型道理の読み方に飽き飽きしている方。
自分のことを理解したい方。

等々、みんなでガッツリ話し合ってみましょう。

◆日時:28日(土)17:30~19:30
◆金額:3,000円(当日お持ちください)
     オンライン決済は → こちらから
◆会場: 大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階
◆お申込みはこちらから

↓ ↓ ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!
※銀行振り込み、当日払いでもOKです。
ぜひお問い合わせください。
※動画視聴あり 動画ご希望の方もぜひご連絡ください
2/7 名古屋はホラリー・コンサルテーション&アストロカードゲーム
その前に、今日の心理占星術基礎講座お疲れさまでした!

今期のnico講座は、「自分を生きるってこんなに楽しい」をテーマに、個人天体を丁寧に育てていく提案をしていますが、今日の基礎講座で特に意識したテーマは以下のとおり。

昨日の実践読み講座でも話題になった、ホロスコープを読むことが「自分の妄想」にならないように読むには、とにかく基礎的土台が必要だということ。
ホロスコープの構造を理解し、その構造を踏まえた象徴を自分の言葉で伝えられるようにするということ。
○○先生の本に書いてあったとか、○○さんがSNSで言っていたというような誰かの言葉ではなく、自分なりの理解で言葉を説明できるようにすること。

そのための基礎講座として考えてくださいということでした。
今日は、月ー太陽ー土星の「私が自由に生きるための」構造理解という話。
後ほど動画のURLを送るので、こちらでしっかり復習してみてください。

ということで、週末の名古屋・大阪講座の件。

まず名古屋の基礎講座は、いつもの時間を1時間早めた13:00からのスタートになります。
基礎講座は最終回。
心理占星術の一番の山場、ハウスをどう理解していくか、個人は環境の犠牲者か、それとも「囚われた魂」としてのハウスから個人を解放することができるのか、といったことを考えていきます。
ハウスをホロスコープの持ち主の心理に沿うよう読むことができたら、ホロスコープのリーディング力はかなり上がります。
たくさんのことを学んでください。

そのあとは、お楽しみのホラリー&コンサルテーション勉強会&アストロカードゲーム大会!
名古屋はチームワークバッチリ!
先日、大阪でやったときも、基礎の勉強にぴったりという感想をもらったので、基礎講座最終回にやるのはかなり楽しみですね。
元気にお目にかかれるといいなあー
皆さんに会えるのを楽しみにしています!

《名古屋》 
◆日時:2月7日(金)13:00~19:00
・13:00~16:00基礎講座
・16:00~17:30ホラリー&コンサルテーション勉強会
・17:30~19:00アストロカードゲーム大会!
◆金額:4,000円
◆場所:名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル308号室(以前の小さいほうのお部屋です)
◆お申込みはこちらから

↓ ↓ ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!
※銀行振り込み、当日払いでもOKです。
今こそ、正当な水星力=肺=恐れを持ち、正しく情報を扱う
今日の産経新聞に載っていた寺田寅彦の言葉。

ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい…

新型コロナウィルスについて聞かれることが多くなってきたので所感を少しだけ。

私の生徒さんにはおなじみですが、2019年の春分図から2020年の冬至図の流れは、4つのチャートの水星の状態がどれも不安定で、だから「今年一年は水星力をつけよう!」という話をくどくどしてきたわけですが、特に四季図の着地・冬至図の水星的状態のあまりの不安定さに、「これからの未来、大人の再学習が必要になるのはもちろんそうなのだろうけど、なんでこんなに水星がこんなに問題になるんだろうねー」とリーディングに頭を悩ましていたら、なるほど、私の実力では、こういった”水星的現象”を読み解くことはできなかったなあ。

あ、つまり、水星は身体の部位でいうと肺(双子座)と腸(乙女座)。
というこで、肺がテーマになったということです。

20114.jpg

射手座・水星はデトリメント(-5点)で海王星とスクエア。
まさに、寺田寅彦の言う「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが…」という状態。
私のホラリー&コンサルテーション講座で出てくる射手座・水星の例題「希望的観測で現実を直視する力がない」というやつですね。
それが行き過ぎれば、魚座的不安感、過剰反応にあおられ、結局、事実無根の情報が出回ることになる。

それに加えて3ハウスのコンディションもかなり不安定な状態。
3ハウスのルーラーは蠍座・月でフォール(-4点)。
蠍座の月の弱点として、「わからない」「知らない」といったものに対し、極度な異物感と不安感を覚えてしまうこと。
魚座=海王星とともに、ネガティブなドラマを捏造しやすくなっている。

ということで、つまり、私たちは今、正当な水星力を持つことが大事な時期であるということになる。
で、私の講座でちょいちょいお話しする水星=恐れについて。
この前の職業占星術イベントでも、水星の話をするときにお話ししたかな。

東洋医学の五行の考え方では、肺は恐れの感情と結びついている。
つまり、”知らない”という無知の感情は、恐れと直結しているということになる。

自分のテリトリーに”知らない”ものがやってきたとき、私たちは強い恐怖を覚える。
そこで私たちは、コミュニケーションをとるなり、リサーチするなりして、その恐怖をぬぐう努力をする。
”知らない”が”知る”に変わったとき、私たちは環境に適応し、生きる力を手にすることになる。

今は、コロナウィルスに対し、全貌がまったくわかっていないので、多くの人たちが”恐れ”を感じているわけです。
そうすると、恐れから身を守ろうと身体が閉じるから、肺は委縮し、筋肉運動が衰え、より恐怖を感じ、世間から心を閉ざし、引きこもり、正しい情報を扱えなくなり、さらに恐怖が増していくという悪循環をたどることになる。

水星に不安がある人は、基本的に引きこもりがちになり、そして呼吸も浅く、パニックになりやすい。
かといって、大丈夫ー大丈夫ーとたかをくくるのは、あまりに文明的でない。

だから、今は「正当にこわがること」をやり、正しく情報を扱い、むやみに世界を閉じず、呼吸を深く、安定させ、不安を吐き出す。

というのが、私の考えです。
蠍座は人の心に深く寄り添うってホント?そろそろ本気で…
その前に…

占いの館で欠員が出たということで占い師さんを募集しています。
↓ ↓
町田占いHOUSE-ジョルナの占いコーナー

こちらのお店がお客さんをたくさん持っているので集客のほうは問題ないということです。
条件は、木曜日の11:30~20:30で働ける方。
詳しいことは担当の方が説明してくれるので、興味を持った方はこちらまで問い合わせください。
↓ ↓ 
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

――――――――――――――――――――――――――
ということで、今日の本題。

そろそろ本気で12サインの象徴の見直しをしていかないとなと思っている件。
昨日のホラリー&コンサルテーション勉強会の中でそんな話になりました。

蠍座は、人の心に深く寄り添うのが能力

この仕事をしてから、このフレーズを幾度となく目に耳にしてきたが、正直言って蠍座の人たちから、この能力をとりわけ強く感じたことはない。

心に寄り添うのは得意かもしれない。
でも誰の心?
人の?それとも自分の?

水エレメントが”人”の心に深く寄り添うためには、一度、自分自身から(特に自分の心から)デタッチし、自分を手放さなくてはならない。
そうでないと、”人”の側には立てないからだ。
水エレメントの能力は風エレメントとセットになったとき、この二つが完全に補完されているとき、はじめて「他者理解」という能力を発揮することになる。

じゃあ、純粋な蠍座的能力はどうやって表現したらいいの?
水エレメントが自分の心、思いに忠実なサインだとして、それが純粋に発揮されたとしたら、蠍座の能力って何?

そんなことを真面目に考える勉強会をこれからぼちぼちやっていこうと思っています。
もう占星術の本に繰り返し書かれているマンネリ化、自動化されたボキャブラリーに縛られることもないものね。

これまでの体験を通して、ちゃんと自分で納得し、腑に落ちた象徴を拾い上げて、占星術の知識へ加えていくこと。

長所と短所は紙一重のはずだから、サインの能力は弱点になることもある。
また恐れは欲求とセットだから、モチベーションは、うまくいかなければコンプレックスにもなる。

サインの象徴というのは、12サイン成長プロセスとともにあるわけで、だからどの成長段階にいるかで象徴の読み方も変わってくる。
世の中に出回っているサインの意味は、成長過程の理解をすっ飛ばして結論としての言葉だけが先行しているから、本当にそうなの?みたいになってしまう。

ということで、そういったサインの心理的エネルギー、成長過程の中の意味も再考していきたいなと思っています。

出回っている象徴にイマイチ納得感が得られていないのだとしたら、今一度、自分自身の中の生きた象徴を理解していく機会にしていきましょう。

勉強会の日程は後日。
それまで、自分の持っている個人天体のサインの見直しをしてみてください。

nico
欲求を持つことに罪悪を感じないように。 それを恐れるのではなく…
物は減らし、制限をかけ、リスクも責任も取らず…

まるで成熟とは正反対の成長の仕方を提案しているように見える山羊座土星的な昨今。
あれ?
大人になるってこんなにつまらなかった?
と嘆いているのは私だけだろうか。

おかしいなあ。
牡羊座から頑張ってやってきて、山羊座でやっと自分らしい生き方がわかってきたところ、ここから人生を謳歌できると思ったところなのに、あれをするな、これをするなと、急に老人や子供のような扱いを受けているような気分。

なるべく物は減らしたほうがカッコいいらしい。
どうも物質的欲望は流行じゃなく、サスティナブルな生活がステキみたい。
グルテンとか糖質は制限したほうが今どきだし、何かとリスクを負うのは無理している証拠だし、頑張って責任とか取らないほうがいいらしい。

そんなこと、そうそう鵜呑みはできない。
自分のために、自分の生きている環境のためにどうしたらいいかなんて、自分の心と体が一番よく知っているはずだもの。

こんまりも言っている。
「ときめきを判断基準にして片付けると、自分の好みがどんどんクリアになってきます。ときめきくものを残せば、自分に必要な量がわかります」

自分の量=裁量は、本来は自分自身が一番よくわかるはずなのだ。
自分の領域がわかっていれば、無駄なものは増えないし、身体が求めないものは口に入れない。
ってことは、つまり自分の範囲がわからない人がしょっちゅう断捨離や断食の必要性を感じたりしているということになる。

どこまでがとるべき責任で、どこまでがとらなくていい責任なのか、そんなのは生きてればわかる。
とらなくていい責任まで取ろうとする人が多いから、山羊座土星は「試練」になる。
自分の裁量=最良で生きていれば、責任は試練じゃなくて「自由」となるはずだ。

責任を取る立場でいられれば、誰かに気を遣わなくてもいいし、お伺いも立てなくていいし、自分のペース、自分のやり方で進められてめちゃくちゃ気分がいい。

「私に責任をもってやらしてください!」って言った瞬間から、少なくとも「使役=やらされている」からは解放される。
あとは、自分の力を試せばいいだけだ。

こんな楽しい生き方って他にある?

リスクだって取ってこその体験価値、つまり人生の財産が増えていくということ。
成功したって失敗したって、自分の意思で決めたことならすべてが自分の「力」になる。

この流れは、占星術的には牡羊座蟹座天秤座山羊座の活動(カーディナル)サインのテーマとなっている。

自分のときめき=力の範囲を決め、できることは自分で責任を取れば、人と一緒にいても社会的役割の中においても、常に自由な立場を確立できる。
責任を取る立場にいれば、体験に対しコミットメントが生まれ、より”私の”人生という実感が育っていく(蟹座)。

まあ、支配星に火星牡羊座)、蟹座)、金星(天秤座)を持つグループだから、基本的にカーディナルサインが充実していれば自分の範囲=裁量の中での活動となるので、少なくとも我慢したり、無理したりすることはなくなる。
自分の範囲でご機嫌に生きているので欲求不満になることはないわけで、人をうらやんだり、気にしたりすることもなくなる。

山羊座的なことは少し忘れて、まずは牡羊座火星に戻って、人生を自分中心=範囲に合わせてみるといいかもね。

世の中のほとんどのものは、悪でもなければ善でもない。
でも、「やらねば」と自動的に思い込まされていれば、やがてそれは自分にとって”悪”になる可能性がある。

だから、自分の責任のとれる範囲で楽しく生きる。
それがカーディナルサインの一連の流れ、目標である(こんまりは、個人天体のほとんどがカーディナルだものね)。

欲求を持つことに罪悪を感じないように。
それを恐れるのではなく、人生の中でポジティブに、生産的に解消していくことだ。
と、私は思う。
次期火星サイクル手帳は、くまのひでのぶさんの作品が表紙に!
【火曜日は火星の日】
という、とてもうれしいニュースからスタート!
ちょっと前にブログにも登場した、くまのさんの「はじまりのはじまり Beginning of life」の作品。
北参道みらいづくり研究所に飾ってある、あの作品です。

次回の火星サイクルは2年弱あることから、見ていて飽きない、何か物語のある表紙にしたいなあと思い、2017年度版に続き、今回もくまのひでのぶさんにイラストを描いていただくことになりました!

IMG-0640.jpg

2020年火星サイクル手帳は、「自分であること、自分を生きることを楽しもう」ということがテーマ。
いい時も悪い時も、楽しい時も落ち込んだ時も、いつでも自分を楽しめるような、そんな健やかさや受容力が持てたらいい、そんなイメージを共有しつつ、くまのさんの作品への取り組みや人生について少しだけインタビュー。

これがね、とってもいいお話しで、すごーく火星的物語だったのです。
会社員を辞め、絵の仕事に真剣に向き合ってみたももの、3回の個展が失敗に終わり、けれど諦めきれず4度の目の挑戦で、少しだけ明るい兆しが見え…というお話とか。

いつか、手帳の表紙ができ上ったあかつきには、くまのさんのインタビューもご紹介したいなと思っています。
こちらもぜひお楽しみに!

くまのさんが火星サイクル手帳の表紙を快諾してくれたこと、くまのさん&くまのさんの作品がさらに魅力的になっていたこと、明るく前向きな未来のプロジェクトの話をシェアしてくれたことで、私もつびーも大いに刺激を受けることができました。

2020年度版火星サイクル手帳もきっといい手帳になるぞ!という予感を胸に打ち合わせを終えました。

くまのさんは今、全国を車で回って作品展を行っているそう。
2/11-2/23は高円寺のギャラリーでくまのさんの作品を見ることができます。
よかったら、こちらのインスタグラムでチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
くまのさんインスタグラム

ということで、先日、またひとつ年を取りました。

1/26(日)のタロット講座と職業占星術パーフェクトマスター講座の合間に、なんと、みんなからサプライズのお祝いが!
タロット講座最後の5分くらい、何やら玄関が騒がしいと思ったら!!

本当にうれしいサプライズ(何も知らない生徒さんたちも一緒にビックリ)!
下打ち合わせ、大変だったでしょー

ミエルさん撮影。

机の上に講座代が映ってる!
なんとなくオタオタしている感じもしまずが、うれし恥ずかし誕生日祝い。
皆さんのやさしさに心から感謝です。

たくさんのいただきものありがとうございます!
大切に堪能させていただきます。

Desktop143_20200128232527891.jpg

みねんこさんがメッセージで

また楽しい実験企画をやりましょう!

と書いてくれました。
ですね!やりましょう!
新しい1年も、心理占星術やタロットを通して、自分であることを受容し。楽しみ、そして豊かに育てていく、そんな企画をたくさんやってみたいと思っています。
どんな1年にしようかな、今からとても楽しみです。

心温まる時間をありがとうございました。
また、講座&ワークショップでお会いしましょう!

nico


【コラボ企画】2/24(月)宇田川氏と語る「2020年を生き抜く術」
ファン待望のコラボ企画。
ジャーナリスト宇田川氏、久しぶりの登場です!

毎年、ある会合で「その年の運気を読む」というのやらせてもらっているのですが、最近は、私が四季図や食図などのチャートを使ってざっと全体の流れを説明したあと、宇田川氏が膨大な情報で私の読みを裏付けしてくれながら、その年のキーとなる話題をピックアップし話を進めるというのが恒例。

これがなかなか評判がよかったので、ぜひ、あたらめて機会を設けてみようということになり、このコラボ企画開催の流れとなりました。
宇田川氏は、私の星読みを楽しみ、評価してくれる理解者のひとり。
私はいつものびのび気持ちよくマンデン占星術――天体の運行、様々な季節図、イベントチャートなんかを読み、宇田川氏にドラマチックに話を広げてもらっているというわけです。

しかし、改めて2020年以降の流れは、一度自分なりに整理しておくのは大切そう。

みねこさんがメールをくれたとき、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土星が水瓶座、魚座に入ると、時代雰囲気を合わせて読みやすく、受けても反応しやすくなるとか想像しました。
時期読みをするときに主語が(さらに)大きくなっていくような気がします。
人が持つ不安や恐れを別イメージで言語化すると伝わりやすく、容易に恐怖コントロールや煽りにつながるので、占星術含めイージーなスピリチュアルでメンタルヘルス(フィジカルも)損なう人がもっと増えると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と書いてくれましたが、これから先、不用意に情報にあおられるのではなく、ちゃんと自分で考える、またはちゃんと意見を交換し合う、それこそ「風の時代=水星力」が必要になるんじゃないかと思います。

海王星の雰囲気的思い込みではなく、事実を認識しようとする力、現実的な立ち位置を確認する力が必要になるということですね。

今回のコラボ企画では、双子座0度に水星を持つ宇田川氏がクールに情報を語り、問題を提起してくれます。
それを個々人がどう受け止めるのか、どう考えるのか。
そんな視点で参加してみてもらえればと思っています。

かなり盛り上がりそうな予感。
宇田川さん、どうぞよろしくお願いいたします!

●2020年を生き抜く術!
目まぐるしく変化する国際情勢の中、どうなる日本!
2020年以降、個人の生き抜く術とは?

政治の裏を知り尽くしたジャーナリスト・宇田川敬介氏をお迎え。
まずnicoがマンデン占星術で時代の潮流を読み解き、宇田川氏が2020年の国際社会の行方を解説していきます。
東西南北、右から左、あらゆる角度から2020年を語る脱線必至の120分!
みなさまのお越しを楽しみにしてます。

◆講師:ジャーナリスト宇田川敬介氏
◆日時:2/24(祝)13:00~15:00
◆参加費:3,000円(ワンドリンク付き)
◆会場:北参道みらいづくり研究所

動画での受講もあり!
↓ ↓ ↓
動画の方はこちらのページから

お問い合わせ お申し込みはこちらから!


宇田川敬介
1969年、東京都生まれ。1994年、中央大学法学部を卒業後、マイカルに入社。法務部にて企業交渉を担当。
合弁会社ワーナー・マイカルの運営、1995年に経営破綻した京都厚生会の買収、1998年に初の海外店舗「マイカル大連」出店、1999年に開業したショッピングセンター小樽ベイシティ(現ウイングベイ小樽)の開発などに携わる。
マイカル破綻後に国会新聞社に入社し編集次長として第二次安倍政権樹立まで務める。その後退職しフリーのジャーナリスト、作家として活躍する傍ら地方や外国企業などのコンサルタントとしても活躍している。作家としては日本ペンクラブ会員。日本安全保障研究所研究員。
近著に
「我、台湾島民に捧ぐ 日台関係秘話」2016年・振学出版
「パナマ文書公開とタックス・ヘイブンの陰謀! 」2016年・青林堂ビジュアル
「どうしてダメなの?「世界のタブー」がよくわかる本」2015年・笠倉出版
「庄内藩幕末秘話第二西郷隆盛と菅秀三郎」2015年・振学出版
「本当は共産党が嫌いな中国人」2015年・PHP新書 
「習近平の肖像」2015年・飛鳥新社 
「日本文化の歳時記」2014年・振学出版 
「韓国人知日派の言い分」2014年・飛鳥新社
などがある

山羊座火星WS ○○力を実感し、次のサイクルへと準備を進める
【火曜日は火星の日】
unnamed (1)写真に写っているものたちは、AYAKOさんからのイベントの差し入れ。

25日は旧正月、2/4は立春。
冬はおめでたカラーの赤が似合いますねー

AYAKOさん、いつもありがとうございます!
久しぶりにイベントでお会いできてうれしかった!
また、近況報告に顔を見せてください。

先日、こんなうれしいメッセージをもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英里佳さんの火星サイクル手帳のインタビューを読みました。
読んでいて、私もいつも月に聞いていたなあと気が付きました!
気分が乗ったらやるし、乗らなかったら先延ばしの毎日です。
そうすると本当にいつまでたってもやらないんですよね。
やるとしても仕方なくってことが多くて。
それでインタビューを読んでとりあえず気分のことは置いといてやってみるか、と今日実践したら、
びっくりするくらいニュートラルですっきりした気持ちで仕事に取り組めたので驚いています。
火星手帳はずっと気になっていたのですが、
次の火星サイクルからの方がいいかなあとか、もともと手帳を付ける習慣がないので
続けられるかなあと尻込みしていたのですが、今からでも挑戦してみたいなと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sさん、ありがとうございます!
今からでも間に合います!
山羊座からの最後のステージ(2/16~6/27)で自分の在り方を整えて、そして次のサイクルに向かっていく、そんな自己確認のステージです。
ここで自分の”力”の確認ができれば、7月からの流れに自信がつきます。

ということで、英里佳さんのインタビューの後半をアップしました!
↓ ↓ ↓
わたしの火星サイクル手帳!Vol.6・英里佳ちゃん後編
ぜひ、火星と人生の向き合い方の参考にしてみてください。

まだ間に合う!
火星サイクル手帳の詳細はこちらから
↓ ↓ ↓
火星サイクルプロジェクト公式HPはこちらから


では、火星ワークショップのご案内です。

火星は、2/16から山羊座にイングレス、いよいよ最後の第4ステージへと向かいます。
第4ステージは、今期の火星サイクルにおける自己像の完成。
今期のサイクルで自分自身を生きるためにどのような”力”を獲得したか、その確認のステージへと入っていきます。

火星は山羊座でイグザルテーション(天体の品位が高くなる)することから、山羊座は、火星にとってとても重要なサインであることは間違ないありません。
では、火星の力があるというのは、どういうことなのでしょうか。
最近、講座やWS等で山羊座のある”力”についてよく言及していますが、さて、その”力”とはいったいどのようなものでしょう。

火星サイクルの山場で、身につけておくべき力とは???

先日行われた職業占星術イベントで、「今は山羊座が強まっているから、だから仕事の話なんですね」という声をいただきましたが、確かに、占星術の象徴では山羊座=10ハウス=仕事=ステイタスと言われることがあります。

けれど、山羊座とは牡羊座からの成長プロセスの結果、それまでの生き方の成果であって、単純に山羊座が強まっている=仕事とはいかないということになるわけです。
むしろ、牡羊座から火星力を育てていないと○○力が置いてきぼりのまま、社会の枠組みに沿った役割や責任を背負い、仕事におけるストレスや無気力感に圧倒されるようになってしまうわけです。

健やかに生活をするためには、山羊座火星での”力”の実感がとっても大事になります。
その力を持って、次のサイクルへと準備を進めるわけです。

ということで、火星サイクルの頂点でもある火星イグザルテーションの山羊座期に一体、私たちは何を意識して過ごせばいいのでしょうか。
山羊座過多の時代――攻めより守りの姿勢が強く、チャレンジを避け、排他的に偏る――だからこそ、もっと健やかな山羊座期を目指していくためにはどうしたらいいのでしょうか。
それをみんなで考えてみる機会にしてみようと思っています。

山羊座期から、ワークショップ代を大幅値下げ!
火星サイクル手帳ユーザー全員参加で第4ステージを迎え、そして例の2020年6月28日からの火星・牡羊座スタートに、勢いよく向かっていきましょう!

★山羊座期火星ワークショップ★
第4ステージ 未来を生きために、今、私たちにできること

【第1部】
第4ステージの目標とは?
山羊座過多の時代だからこそ、火星力を鍛えるべし!
火星サイクルは、活動サイン・山羊座で何を達成するのか
【第2部】
振り返りとシェアリング
第3ステージを終え、何を未来に持ち込むのか?
イングレスチャート読みと第4ステージの目標のシェアリング
  
◆日時:2月15日(土)14:00~16:00
◆金額:現地参加の方:2000円
      動画視聴の方:2000円
    
◆場所:北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み

▼現地参加の方
【東京】火星ワークショップ★山羊座編
手帳お持ちの方、税込2200円
お持ちでない方、税込4400円

▼動画の方
【動画配信】火星ワークショップ★山羊座編
税込2200円
nicoplaNET 2020年水瓶座号は自分なりのユートピアを描いてみる
先日、職業占星術イベントで「ニコプラネットの今月の言葉、いつも楽しみにしています」と声をかけてもらった。
「続けるのは大変だと思いますが頑張ってください」ですって!
なんてうれしい…涙涙涙

自分で言うのもなんですが、みんながその時々の太陽トランジットの力をうまく利用してステキな日々を送れるといいなあ、そんな思いでいつも記事を書いています。
The 理想主義の水瓶座期だから、恥ずかしげもなく言ってもいいか。

ということで、今月も無事間に合いました。
お時間あるときに読んでみてください。

まずは、
▼nicoの赤ペン12サイン占い 2020年水瓶座期から

nicoの赤ペン12サイン占い

今回は、たくさんのスマッシュヒット、パーフェクトなテキストがたくさん登場しています。
初参加の方もいらっしゃいますね。
私のお気に入りは、もうすぐ出産を迎える魚座担当:うか子さんのテキスト。
幸せなのかな、ロマンがあってとてもステキな文章に仕上がっています。
魚座の方、ぜひ楽しみに読んでみてください。

▼次は、nicoの星宙予報。

星宙予報 2020年水瓶座期

今回も太陽イングレスチャートを読み、水瓶座期にやっておくときっといいことあるよーということを書いています。
今回は、ICのテーマが中心の内容です。
水瓶座期にIC??
さて、どのようなことを提案しているでしょうか。

▼最後は、今月の言葉「水瓶座 竹宮恵子」

今月の言葉 水瓶座 竹宮恵子

「地球(テラ)へ」懐かしいですねー
ちびっこ時の夢中になって読んだ愛読マンガが満を持しての登場です。
居場所がうまく見つけられなかった私にとって、無理に所属しなくてもいいという決断をさせてくれた本でもあります。

ということで、2020年最初のニコプラネット。
皆さんの水瓶座期がステキな体験になりますように。

Desktop142.jpg

星宙予報でも書きましたが、今日のようなキラキラした陽気の日は、太陽の光の中に春の兆しを感じますね。
ニコんちのベランダも、植物たちがさっそく芽吹きの準備に入っています。
春が待ち遠しいです。
2020年2月は、心理占星術で"わたし"の扉をひらく月間①
2月はnicoの講座&ワークショップが目白押し。
心理占星術を利用することで、自分自身を生きることがもっと楽になるはずです。

人生に対する言い訳をやめて、新しい人生に踏み出したい方。
占星術の知識を身につけて、自分の人生に起こっていることをちゃんと理解したい方。

”術”を利用して、世界をもっとよいものにしたい方。
そんな人たちに来てもらえたらと思っています。

ぜひ、勇気をもって、新しい扉を開いてください。

そうそう、先日、生徒のIさんからこんな素敵な言葉をもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつも眉間にシワを寄せてみている紙に印刷したチャートが
先生のお話しをうかがった途端に飛び出す絵本になったように感じます。
もっともっと、勉強しなくっちゃです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
飛び出せ絵本!
それはなんてステキなたとえ!
ホロスコープを立体的に読めるようになると、まさにサインも天体も饒舌に語り掛けてくるようになるのです。
ぜひ、しっかり勉強して、そのにぎやかなおしゃべりが聞こえるようになってもらえたらうれしいなあ。

充実した講座ができる予感。
楽しみです。
では、講座&ワークショップのご紹介です。

=====================
◎2/1(土)スタート! 心理占星術基礎講座東京第1土曜クラス 
nicoの一番人気の講座です。
プロとして占星術の基礎をしっかり再学習したい方はもちろん、
自分をよりよく生きるための学びとして、心理占星術の素晴らしい知識にぜひ触れてみてください。
■日程:2/1 3/7、4/4、5/2、6/6 全5回
■時間:14時~17時(3時間)
■内容
・第1回:太陽系の天体たち 天体のサイクルや発達年齢域から考える、個人の成長物語と天体の関係
・第2回:目に見える天体(月、水星、金星、火星、太陽、木星、土星)の役割と目に見えない天体(天王星、海王星、冥王星)の役割
・第3回:占星術ってこんなに面白い!こんなに使える! サインの2区分、3区分、3区分から考える人生の生き方指南
・第4回:アスペクトの概念と個人の発達のテーマを考える
・第5回:ハウスと囚われた魂の物語 個人と個人をとりまく環境との関係
■会場:北参道・みらいづくり研究所
■講座料:63,000円(テキスト代が別途2000円かかります) 再受講の方は30,000円で受講できます!
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→オンライン決済ページはこちらから

=====================
◎2/16(日)職業占星術ワークショップ 働き方診断で自分発見!
無料イベントで 大好評だった「私の働き方チェックシート」
心理占星術のエッセンスが詰まったセルフチェックツールを利用し、働き方(生き方)の調整をしていきます。
心理占星術家・nicoによる参加者の個人診断もあります。
未来の不安を感じている方
いまだ自分がよくわからない方
これから先をもっと明るく生きていきたい方
そんな方に参加してもらいたいセミナーです。
■日時:2/16(日)14時~16時
■会場:北参道・みらいづくり研究所
■講座料:4,400円(税込)
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→オンライン決済はこちらから

=====================
◎2/22(土)超入門!トライアル講座 心理占星術で”わたし”を楽しもう!
占星術に興味があるけど難しそう....
記号や用語の意味を理解して人生に役立てたい!
心理占星術で自分をもっと好きになりたい!
そんな思いをお持ちの方、ぜひお越しください。

太陽系の仕組みを理解しながら、
天体や12サイン、ハウスなど基本用語を学びながら、自分を見つけ、自分を育てていく講座です。
出生データによるホロスコープを元に
占星術の豊かな世界に触れ、これからの未来を生きるヒントにしてください。
■日時:2/22(土)10時~12時
■会場:北参道・みらいづくり研究所
■講座料:4,400円(税込)
《お支払方法》
・当日直接ご持参
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→決済ページはこちらから
Designed by aykm.