FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
nicoPLANET 2019年春分号 新しい季節に必要なもの
春分、そして過去15年でもっとも春分に近い満月を迎える今日、皆さんは新しい季節を迎える準備はできているでしょうか。

今年も無事、nicoPLANETの春分号を迎えることができました。
赤ペン12サイン占いを担当してくれている皆さま、毎月のアップ作業をしてくれているつびー、そして読者の皆さま。
いつもサポートありがとうございます。
4年目を迎えたニコプラネット、これからもっと充実した記事をお届けできるよう頑張ります。

では、春分号のご紹介。

●赤ペン12サイン占い 2019年牡羊座期
↓ ↓ ↓
https://nicopla.net/monthly/3215/


今回、牡羊座を担当した月影氏のテキストは必読。
牡羊座期に、牡羊座男が牡羊座について書くとこんな冒頭文になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生きてれば、痛いことってある。痛くない、痛くないって言い聞かせたって、痛いもんは痛い。愛する人が去っていったり、クソみたいな奴に否定されたり、頑張ったのに報われなかったり、気にしないで前を向いていこうって思っても、痛いもんは痛い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さんの牡羊座期はどうなっていくのか。
ぜひ読んでみてください。

●nicoの星宙予報。
↓ ↓ ↓
https://nicopla.net/monthly/3215/


少しだけ春分図読み。
今の時期の進みづらさ、足りないもの過剰なもの。
その辺を少しだけ書いています。
もしよかったら、1か月の過ごし方の参考にしてもらえたらうれしいです。


●今月の言葉「ジャック・マイヨール」
↓ ↓ ↓
https://nicopla.net/word/3209/


牡羊座の生き難さにフォーカスしてみました。
牡羊座を生きるのは本当に大変。
けれど、その大変さと隣り合わせに”生”がある。
生きるとは過酷なものです。

どうせ生きるなら、生きると決めたなら、少しでも明るい方向に顔を向けて生きていけるといい。
明るく美しい世界がそこにある。

皆さまの春の季節が素敵なものになりますように。

IMG_5012.jpg
スリランカにて。

nico
3/30(土)火星WS 牡羊座から双子座までの第1ステージを考える
その前に、ちょっとおちゃめな火星の写真から。

Desktop70_201903160851562c9.jpg

火星の表面に現れた、くぼみや台地が描くキュートな模様。
ハッピーフェイスクレーターと呼ばれています。
そういえば、冥王星からもハート模様の写真が届きましたよね。
愛と情熱、そして笑顔。
自分の心に正直になること。
それがないとサバイバルできない、火星力があがらない、そんなふうにとらえてみるのはどうかな。

そろそろ牡牛座火星も終盤戦。
今日から第5ターム=獅子座=個性の確立に入ります。
張り切って、つまづいて、悩んで、落ち込んでの繰り返しの中で、アポロンの「汝を知る」をやっていくことになります。

どんなに頑張っても、結局、自分は自分自身でしか生きられない。
そんな意識の領域です。

ということで、3/30(土)に「火星WS 双子座期編 第1ステージの締めくくりはどのような調整が必要になるか??」です。
私の中でますます重要性を増してきた1ステージ(牡羊座→牡牛座→双子座)の流れ。
何につけても、この流れをしっかり実感し”私”を楽しんでおかないと、揺れ戻しやらプレッシャーやら、自己反省やら挫折やら、この先つまらないことが増えてくる。

あー大事大事。
ということで、今回は天体全体の中の火星の位置づけを再び考えてみるとともに、火星・双子座期以前の流れ、そしてこれからの火星サイクルのテーマをホロスコープの構造やイングレスチャートからしっかりと考え、第1ステージの最後を爽やかに過ごしていきたいと思います。
一緒に「be」と「do」の状態、意識の調整もやっていきましょう!

牡牛座の振り返りもやらないとですね。
こんまりブームも相まって、お片付け&安全領域の確保の熱が高まったり。
または身体に対する向き合い方が変わったり。
自分の持ち物を大事にしないと何につけても始まりませんものね。

ということで、たくさんの方との火星のテーマ、シェアできたらと思います。
お時間ある方はぜひいらしてください!!

★火星WS 双子座期編 第1ステージの締めくくりはどのような調整が必要になるか??★
牡羊座イングレス以降、何となくくすぶっていた火星にもそろそろ本気で火がつく時期に突入!
皆さん、準備はいいですか?
では、そんな大切な時期を迎えるにあたり、一体、どんなことを心掛けたらいいのでしょうか。

そもそも、火星を燃やすのに必要なモチベーションって何?
牡羊座、牡牛座と運行してきた火星、何が足りないと双子座期がうまく過ごせない?
牡牛座から双子座への移行って、どんなことが難しいの?
サイクルと意識の関係をもう一度見直しつつ、人生をより魅力的にしていく方法を一緒に考えていきましょう。

●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:3月30日(土)14:00~16:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
http://ptix.at/xqfBsd

あと、大阪チームも振り返り会の開催決定です。
以下、うか子さんからの告知文となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は
●日時)4/6(土)13:00より
●於)梅田のハービスPLAZA ENT地下2階の「アンティコカフェ アルアビス」
イタリアンカフェだそうです!おしゃれ!席数は115席!場所のご提案とピックアップをしてくださったまさこさん、朝倉さんありがとうございます〜〜!

双子座イングレス後の開催となりますので、牡牛座期に振り返った内容についてもお話しできるかも?!
またお互いにおせっかいを焼き合うくらいの爽やか(双子座イングレスしてますので!)かつ熱い(火星なので!)会ができれば嬉しいですヽ(´▽`)/

牡牛座期は掃除を頑張っているという声が聞こえてきたり、こんまりさんが大ブレイクしたりしていますが、皆さまの牡牛座火星はどうでしょう??
ぜひお聞きしたいです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということです。
気になる方はぜひ、こちらに連絡してください。
前回、かなり盛り上がったという情報いただいています。
今回も楽しみですね。
うか子さん、まさこさん、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!
【急募】3/22 18時スタート 心理占星術基礎講座 夜の部も開校決定!
ご要望がありましたので、3/22(金)18時スタートの基礎講座も開校決定となりました。
久しぶりの夜の講座になります。
夜しか自由な時間がないという方、この機会にぜひ楽しすぎる基礎講座にいらしてください。

読めているという実感を持てるよう、まずは基礎から土台作りを。
その後、ホロスコープを物語として読めるようになる練習をします。

実践読み講座の受講生Kさんから感想をいただいたのでご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎回、とても楽しく受講させて頂いています。
今回のマザーテレサの星読みは、すごく感動的でした。
受講後に思わず、マザーテレサをネットで検索して
画像を見ながらその生涯に思いを馳せて胸がいっぱいになりました。

天体のリズムに沿って生きること、土星の凶角も
単なる苦労と読むのではなく、その試練や苦手なものを克服して
プラスにできる「成長の為の体験」という受け止め方にはとても勇気づけられました。

マザーテレサは、立派すぎてとても遠い存在でしたが、
星読みを通して、身近に感じられハートに触れたような気がしました。

こんなふうに星読みができたらいいなと、目標にもなり、
もっとしっかり勉強したい!と改めて思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホロスコープを学ぶことは、まさに人間に対する理解を深めることです。
どのチャートにも人生のドラマがあり、それぞれのチャートに描かれた長所も短所も、喜びも悲しみも、すべて成長に必要な機会として理解することができる。
ものとして愛おしく感じられてくる。
ホロスコープをしっかり読めるようになると、それぞれのチャートの持ち主の人生が愛おしく感じられることもあります。

ホロスコープ読みって、本当に面白いですね。

★★3月22日(金)18時スタート 心理占星術基礎講座 平日 第4金曜日クラス★★
■日程:3/22 4/26、5/24、6/28 7/26 全5回
■時間:18時~21時×3回 18時~21時30分×2回
■内容
・第1回目:天体の象徴を理解する
・第2回目:サインの特徴を構造から理解する
・第3回目:アスペクトの概念と個人の発達のテーマを考える
・第4回目:ハウスと個人の未来の可能性を考える
■場所:北参道・心理占星術研究所
■講座料:63000円(テキスト代が別途2000円かかります) 
※お支払方法はご相談ください。

※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※欠席の際は、ビデオにて補講していただくことができます
※ビデオ受講もあり

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


【心理占星術 基礎講座
●10天体の心理的象徴の理解
天体の公転周期、発達年齢域から考える人間の成長のステップ、そして各々の天体の心理的背景を学習していきます。
・太陽エネルギーとは、一体、どういうものなのか
・月の私的感覚、所属感覚を満たすとはどういうことか
・発達心理学における水星期、金星期の成長の難しさとは
・金星&火星は、環境を生き抜くための道具
・トランスサタニアンは時代の心理を読み解く鍵

●12サインの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類(2区分、3区分、4区分)から見えてくる、マンダラのようなホロスコープの構造を学習します。
・向かい合わせのサインは、心理的な補完関係にある
・2区分から考える自然のサイクルとは
・3区分から考える世界観
・4つのエレメントの洞察から得られる経験のサイクルとは

●ホロスコープから考えるアスペクトの理解
多くの学習者が難しく感じられるアスペクトを心理的に考え、センテンスで表現していけるよう学びます。サイン同士の関係やハーモニクスを用いて、アスペクトを徹底的に理解していきます。またノーアスペクトや逆行天体が、個人の発達にどのような影響をもたらしていくのかも考察します。

●ハウスの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類と同じように、ハウスにもある決まった構造があります。ハウスとは、個人を取り巻く環境を示しています。そして、生まれた時間と場所によって導かれる、より個人的なテーマを示すものです。個人的ということは、個人の人生の物語に沿って読む必要があるということです。ハウスを制する者は、ホロスコープを制すると言えるくらい、ハウスの理解が深まれば、個人のこころにしっかり寄り添うチャート読みができるようになるでしょう。
・半球の偏りから、個人の心理的な防衛のパターンを理解する
・3つのグランドクロス(アンギュラーハウス、サクシーデントハウス、ケーデントハウス)から、環境における個人のエネルギーの力学を理解する
・1-5-9ハウス、2-6-10ハウス、3-7-11ハウス、4-8-12ハウスから、環境によって形成された個人の資質を考える
【急募】3/22心理占星術基礎講座プロ、セミプロの方の学び直しにも!
プロ、セミプロの方の学び直し受講、また占星術をもっと体系的に学びたいという方のお問い合わせが増えています。

・ホロスコープのリーディングがマンネリになっている
・リーディングの根拠があいまいなままなので、いつまでたっても自信が持てない
・もっと自信をつけて、講座やワークショップなどを開催したい
・本やネットに書いてあるようなありきたりの象徴読みではなく、自分の言葉でチしっかりャートを読みこなしたい
・「あなたは〇〇な人です」ではなく、着地の方向性まで導けるリーディンがしたい
・ホロスコープというツールを使って、問題解決を図りたい
・ホロスコープというツールを使って、もっと未来を発展的にしていきたい


最近、このような問い合わせをたくさんいただいています。
ぜひ、お任せください!

先日行った実践読み講座の終了後に生徒さんから、「これまでネイタルチャートを物語として読むことがなかった」「着地を見つけるという発想がなかった」という声をいただきましたが、そうですね、基礎の土台がしっかりしていないと、なかなかここまで導き出すことが難しいかもしれません。

もしセミプロ、プロとして占星術を活用したいと思うなら、無料サイトやブログでシェアされている情報以上のものを提示できることが大切です。

そのためには、まずホロスコープの構造を理解し、象徴の意味がどこから来たのか、その背景を理解し、自分の中に説得力をつくっていく必要があります。

まずは基礎固めからやっていきましょう。
天体、サインの構造、アスペクト、ハウスの順番でリーディングの土台をつくっていきます。
象徴の理解が深まれば、自分に対する理解も自分を取り巻く環境に対する理解も深まっていきます。

そしてまた、占星術のオモシロさや奥深さに触れていただくことができる講座でもあります。
とても実りの多い講座です。
占星術に興味ある方、占星術をもっと自分のものにしたい方、ぜひ一度参加してみてください。

今回は、3/22(金)スタートの東京講座のご案内。
基礎が終わったら、その後、実践読み講座、ホラリー&コンサルテーションチャート講座、職業占星術へと続きます。

そして今回、再受講のための特別プランを用意しました。
再受講の方は、通常価格の50%で受講していただくことができます。
↓ ↓ ↓
※再受講の方には、特別割引制度があります。こちらからお問合せください

また、ビデオ受講もあります。
気になる方は、ぜひお問い合わせください。

★★3月22日(金)スタート 心理占星術基礎講座 平日 第4金曜日クラス★★
■日程:3/22 4/26、5/24、6/28 13時~17時 4時間×4回
■内容
・第1回目:天体の象徴を理解する
・第2回目:サインの特徴を構造から理解する
・第3回目:アスペクトの概念と個人の発達のテーマを考える
・第4回目:ハウスと個人の未来の可能性を考える
■場所:北参道・心理占星術研究所
■講座料:63000円(テキスト代が別途2000円かかります) 
※お支払方法はご相談ください。

※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※欠席の際は、ビデオにて補講していただくことができます
※ビデオ受講もあり

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


【心理占星術 基礎講座
●10天体の心理的象徴の理解
天体の公転周期、発達年齢域から考える人間の成長のステップ、そして各々の天体の心理的背景を学習していきます。
・太陽エネルギーとは、一体、どういうものなのか
・月の私的感覚、所属感覚を満たすとはどういうことか
・発達心理学における水星期、金星期の成長の難しさとは
・金星&火星は、環境を生き抜くための道具
・トランスサタニアンは時代の心理を読み解く鍵

●12サインの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類(2区分、3区分、4区分)から見えてくる、マンダラのようなホロスコープの構造を学習します。
・向かい合わせのサインは、心理的な補完関係にある
・2区分から考える自然のサイクルとは
・3区分から考える世界観
・4つのエレメントの洞察から得られる経験のサイクルとは

●ホロスコープから考えるアスペクトの理解
多くの学習者が難しく感じられるアスペクトを心理的に考え、センテンスで表現していけるよう学びます。サイン同士の関係やハーモニクスを用いて、アスペクトを徹底的に理解していきます。またノーアスペクトや逆行天体が、個人の発達にどのような影響をもたらしていくのかも考察します。

●ハウスの分類によるホロスコープの構造の理解
12サインの分類と同じように、ハウスにもある決まった構造があります。ハウスとは、個人を取り巻く環境を示しています。そして、生まれた時間と場所によって導かれる、より個人的なテーマを示すものです。個人的ということは、個人の人生の物語に沿って読む必要があるということです。ハウスを制する者は、ホロスコープを制すると言えるくらい、ハウスの理解が深まれば、個人のこころにしっかり寄り添うチャート読みができるようになるでしょう。
・半球の偏りから、個人の心理的な防衛のパターンを理解する
・3つのグランドクロス(アンギュラーハウス、サクシーデントハウス、ケーデントハウス)から、環境における個人のエネルギーの力学を理解する
・1-5-9ハウス、2-6-10ハウス、3-7-11ハウス、4-8-12ハウスから、環境によって形成された個人の資質を考える
水星逆行 悲しみの、落ち込みの、失敗の体験を教訓にする
2011年3月11日から8年経った。
今でもこの時期になると、当時のことを思い出す人もいるだろう。
私もその一人だ。
「あの時、私はどうしていたのだろう。この8年で、私はどのように変わったのだろうか」と。

先日、どうしても思い出したい出来事があって古い日記をひも解いてみた。
2009年の日記だ。
そこには今と変わらない私、または今より若く、未来の可能性を信じる私がいた。
日記を読み返しながら思う。

この書かれている反省や後悔を何かしらの教訓として、学びの機会に変えることができているのだろうか。
または、当時の夢や理想から離れずに、ちゃんとここまで進んで来られたのだろうか。

人は日々の暮らしの中で目の前の出来事に追われ、様々なことを忘れ、前へ前へと歩みを早めてしまう。
それでもふと、このような天体の運行の機会をもらい、解決すべき事柄に意識を向け、思い出すべき姿勢を振り返ることができる。
これも天体の効用だ。

今日の鑑定は、こんな話がメインテーマとなった。

失敗は誰にでもある。
失敗をするのは、前に進んでいる証でもある。
でも、次に未来を計画するときには、この失敗を繰り返さないための努力と策が必要になるかもしれません。
どのようなことを教訓にすべきか、今日はそんなことも話し合ってみましょう。

もちろん、これはコンサルテーションチャートから導き出されたテーマでもあり、また水星逆行を念頭に入れた提案でもある。

魚座は、水エレメント、陰サイン。
補完関係にある地エレメント乙女座が具体的、現実的な情報を頼りに計画を立てるとしたら、魚座は月の裏側にある眠っている記憶や感情を呼び覚まし、やり残したテーマやトラウマ、夢、ビジョン、様々なイメージをつなぎ合わせ、未来のための再設計を行う。

時に過去と対峙しなければならないタイミングが来たり、センチメンタルな思い出に浸ってしまったりすることもあるかもしれないけれど、あまり水の世界に酔わないように。
見たいものを見るのが目的ではなく、柔軟サインの学びの機会として、「記憶やわきあがってくる感情を頼りに、過去からの教訓を学ぶ」という魚座のテーマから離れていかないように。

魚座の目的は、生まれ変わりのサイン・牡羊座へと向かうことである。
未来のために、私たちは何を教訓にして、何を解決していけばいいのか、それを考えるのが今は一番適した時だ。
私もこの一週間、たくさんの揺らぎと後悔があり、そしてまた気づきと学びがあり、そして未来への教訓があった。

逆行が終わるのは3/28、火星も3/30から双子座に入る。
春分を迎え、水星が活発に動くであろうその前に、後ろを振り返ったり、前に進むふりをしてみたり、思い出してみたり、忘れたふりをしてみたり、けれど思い出せる過去の記憶は、すべてみんな今の私を生きるための学びの機会であり教訓である。

悲しみの、落ち込みの、失敗の体験を教訓にし、未来をもう一度、設計し直してみたいと思う。

過去にもたくさん逆行について書いているけれど、今日はこの2つの記事を再度ご紹介。

あるものを隠し、ないものを捏造する

前に進むばかりがいいわけじゃない 水星逆行について


最近、四季図読みとか火星WSとかであんまり水星の重要性とかの話ばっかりしているから、水星のWSをやろうかなと思ったりして。
水星ってね、火星と同様、地球から見たサイクルなどの現象がオモシロイのです。

大人のための水星力アップWS!
これからの時代はね、今回の四季図を見てもね、やっぱり水星ですよねー

今夜の「平成とはどんな時代だったのか」は日食サロスサイクルの話
大阪に向かう新幹線の中。
皆さん、おはようございます!

IMG_4784.jpg

いいお天気、気持ちがいいですねー
ということで、今日も張り切って心理占星術&天体サイクルやっていきます。 

で。
久しくやっていなかったサロスサイクルの講義。
ここでやらなきゃいつやる!ということで、今夜、プラネット大学院3限目の「平成とはどのような時代だったのか」で日食&サロスサイクルの話をする予定。
かなりマニアックな、でも占星術を学ぶなら、学んでおいて決して損はないサロスサイクル。

でね。
平成30年と天体のサイクルを見てたら、当たり前なのだけど、とても2時間半で終わる内容じゃなくてね、もしかしたら四季図は来月に持ち越しかもしれないです。
その代わり、日食のサロスサイクルをやりましょう。

数年前から言われている日本における2025年問題。

団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない超・超高齢社会を迎える。
これが2025年問題ですが、その問題を考えるにも、このサロスサイクルを振り返るのはとっても大事になるはずです。

まずは山羊座天王星2度から始まった平成を振り返り、30年という年月を感じてみましょう。
時期読みパーフェクトマスター講座でもやりましたが、カーディナルクライマックスももう一度見直してみるとともに、バブル崩壊、サリン事件、ワーキングプアなど社会現象となったものもチャートとして見ていこうと思います。
そこから、「どこから来て、どこへ向かっていくのか」を考えましょう。

2019年5月1日の新天皇即位を前に、「ああなるほど、ここに向かって動いていくのか」そんなイメージが共有できればいいなと思っています。

今日のスケジュールは、
1限目:心理占星術実践読み講座 
2限目:心理占星術 マスター講座 総合読み編
3限目:平成とはどのような時代だったのか 

となっています。
詳細はこちらから
↓ ↓ ↓
3/9 大阪プラネット大学院 スケジュール

では後ほど、淀屋橋の会場でお待ちしています!

あ!そういえば、今日から火星サイクルは4番目蟹座のタームに入りますね。
3番目のタームはいかがでしたか?
新しい意識は広がりましたか?
火星チャレンジと年を取ることと大小の宇宙の話をちょっとだけ
今さらですが、今週火曜日に行った牡牛座期・火星チャレンジ!の記事。
バタバタしていたので、アップするが遅くなっちゃった。
今、思い出しても寒かった、キツかった…

【火曜日は火星チャレンジ】
奥多摩、川乗橋~百尋ノ滝~川苔山登山コースにチャレンジ!
↓ ↓
https://yamahack.com/1786

登り3時間10分、下り2時間25分というなかなかタフなコース。
山頂付近は、昨夜降った新雪がかなり積もっていて、足が取られてキツかったけれど、雪景色はドラマチックで美しく、そして山は静かで清々しかった。
出会ったおじさんに「地衣類」の魅力を教えてもらったり(本当に神秘的な世界がそこにあった!)、自然はいつでもオモシロい。

Desktop69_2019030523292106c.jpg

今、長野の美貴子さんと自然観測に関する新しいプロジェクトを進行中。
ゴールデンウイークに星々と木々というテーマで何か面白いことをやる予定。

今日は、いろいろな天体が動く前のちょっとした振り返りの話(3/5現在)。
まずは、灯台屋のもずくさんからのメールから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お正月、2度目のサタリタを迎えて、心境の変化を実感しました。
切り替わりがはっきりしていましたよ。
それで私は、2つ目の環を閉じてみて、
定年を迎えて
時代遅れの自分の自慢に聞こえる話をするおじさんたちの気持ちがわかりましたよ。

3つ目の環にはいってみて、もうあまり時間がないのだなと感じております。
死ぬまで働く、働ききるのが私の夢ですので、
長くてもあと15年か20年くらいでしょうか。

でも3つ目の環は入ってみたら広く堅固な場所でしたよ。
時間が有限なこと。
体が有限なこと。
お金が有限なこと。
実感できていいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もずくさん、いつも豊かな洞察をありがとうございます。

今日も山で話をしていた。
年を取ることは、とてもいいことだという話。

年を取ると無理や力技が通用しなくなる分、今あるものを大切に、うまく利用するしかないということになる。
どうせ私という人間はそう変えられないのだから、それなら今の自分をもっと楽しみながら、快適に生かしたほうがいい。
年を取るとそんなことを考えるようになり、そして自分を工夫して生かせるようになる。

これからどんな時代が来ようが、もずくさんが書いてくれているように、またよく講座で話をしているように、身体、時間、お金、資質といった個人の「資本」を実感し、生かしきることで、自分であることをもっと心地よく感じられるような未来を目指していければいいし、そんなお手伝いをしていきたいと思う。

今、週末の大阪の資料を用意していますが、私自身も牡牛座天王星移動とか大騒ぎしているけれど、歴史を丁寧に振り返ると、いつでもそこには必然的な変化が見えてくる。

太陽系の天体のサイクルは45億年間、その秩序を保っている。
その中で人間は翻弄されたり、エゴをむき出しにしたり、必死で生にしがみついたり、良いことをしたり、悪いことをしたり、そして、最後の最後に、どう生きるのかの最終判断に迫られる。

どのような選択をするのか。
この個々人の判断に心理占星術がきっと役立つを思う。

10歩歩いては立ち止まり、10歩歩いては立ち止まりしながら、雪山をふーふー登りながら、そんなことをぽつぽつと考えていた。

次回の火星チャレンジでは、おじさんのようにルーペを持って地衣類を観察しよう。
太陽系という大宇宙だけではなく、そんな小さな宇宙の中の生命にも耳を傾けてみよう。

いつか、みんなで登れたらいいな。
3/9(土)10(日)は大阪 今、伝えるべき言葉を選ぶ技術を学ぼう!
大阪の淀屋橋の会場、3/9(土)はお隣「C」の広めのお部屋に変更となりました。
10(日)のホラリー&コンサルテーションチャート講座は、引き続き、「B」のお部屋になります。

【大阪会場】
大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階
■ google map での会場地図
↓ ↓ ↓
会場地図はこちらから
■ アクセス
淀屋橋駅11号出口徒歩4分
御堂筋を南へ進み淡路町3の交差点を左折。2つ目の交差点を過ぎると左手にあります。
大阪外語学院の看板が目印です。

それでは、3月のプラネット大学院9日(土)、10日(日)の内容になります。

●1限目 11:00~13:00 実践読み講座12回目
実践読み講座、延長3回目となります。
次回挑むのは、「心理占星術から考える関係性」。
「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」というアドラーの言葉にもあるように、「対人問題」は現場でも最も多い悩みの一つ。

関係性とは力学です。
一方通行の関係というのは成立しません。

カップル、夫婦、親子といった関係性の中でどのようなエネルギーが働いているのか。
なぜ、どうして、対人関係がうまくいかないのか。
いい相性、悪い相性が本当に存在するのか。
どうしたらもっと心地よい関係になれるのか。

こういったことを心理占星術的視点から考えていきましょう。

今回はレポート提出の宿題が出ていますね。
提出期限は3/6。
皆さんのレポートを楽しみにしています。

◆金額:7,000円
 お支払いは、現金を当日お持ちいただくか、以下のページからオンライン決済していただくこともできます。
↓ ↓ ↓
申し込みサイトへGO!

◆場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階C

●2限目 14:00~16:30 ホロスコープ読みの可能性を広げるマスター講座 総合読み編
こちらのシリーズは今回で最終回を迎えます。
今回のテーマは、今日のブログのテーマでもある「今、伝えるべき言葉をどう選び、どう伝えるか?」を徹底的にやっていこうと思います。

・ネイタルチャート
・プログレスチャート
・ソーラーアークチャート
・トランジットチャート
・ホラリーチャート
・コンサルテーションチャート

こういった数々のチャートを前に、「今、伝えるべき言葉」をどう選び、どう伝えていけばいいのでしょうか。

ASCやMCといったアングルなのでしょうか。
太陽や月なのでしょうか。
強調されたハウスなのでしょうか。
アスペクトなのでしょうか。
チャートからではなく、クライアントの言葉からそれを推測していくのでしょうか。
それとも何かしらのシンクロニシティを見つけていくのでしょうか。
その時、どのような言葉を選べば、クライアントの”真実”に迫れるのでしょうか。

それぞれのチャートを丁寧に追いかけながら、”今”に一番ふさわしい言葉を選んでいきましょう。

今回も動画視聴があります。
当日参加が難しい方は、ぜひ動画で受講してみてください。

◆講座料 10,000円
 お支払いは、現金を当日お持ちいただくか、以下のページからオンライン決済していただくこともできます。
 ↓ ↓ ↓
申し込みサイトへGO!

◆場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階C
※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください

★お問い合わせ、お申込み、ご質問はこちらから!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

●3限目 17:00~19:30 「これまでの時代、これからの時代を考える」
◆前半 さらば平成 平成とはどのような時代だったのか?

平成の30年間を占星術的視点から考察。
節目となった出来事とそれにともなう天体配置を追いかけながら、去り行く平成という時代を考えてみましょう。
また、その流れは個人にとってはどのような時代だったのか、参加者の過去とともに振り返ってみたいと思います。
◆後半:4つの季節図と天体のサイクルから見た2019年とは? 
春分を前に、恒例の季節図読みをします。
4つの流れを見ると同時に、再度、冬至図、天王星イングレス図にも触れておきましょう。
やり残したことがあると、スムーズに時の流れに乗っていけません。
何をどう整えて、新しい時代の流れに乗るのか。
これからの流れを考えるとともに、今、やっておくべきことも見ていきたいと思います。
参加者の皆さんと、各々のこれからのテーマを見つけていけるといいですね。

今回も動画視聴があります。
当日参加が難しい方は、ぜひ動画で受講してみてください。

◆講座料 4,000円
 お支払いは、現金を当日お持ちいただくか、以下のページからオンライン決済していただくこともできます。
↓ ↓ ↓
お申込みサイトへGO!

◆場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階C


※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください

★気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

では、大阪でお会いしましょう!

nico
現在を変えれば、過去も未来も変えられる 
横浜開港資料館で行われた心理占星術講座&火星WS。
参加者の皆さま、すばらしいホスピタリティで出迎えてくれてたユキコさん、そして火星プロジェクトチーム、今日は長い時間おつかれさまでした!

Desktop67_20190303000438570.jpg

いいお天気。
ステキな会場。
ユキコさんが豆から入れてくれたおいしい珈琲。
モダリティやエレメントの構造理解。
過去ー現在ー未来をつなく成長の物語。
美しき心理占星術の世界。

これは楽しいに決まっている!

今日の第1部は、心理占星術の実践読みの根幹となるモダリティの理解。

私たちは、まず初めに何から、どう世界をつくっていけばいいのか。
天秤座―山羊座をやる前に、牡羊座、蟹座をやらなければいけない理由はなぜか?
不動サイン=個性=存在価値は、どのように築かれていくのか。
柔軟サインの必要性は?
モダリティの成長プロセスがうまくいかないと、どのような問題が起こるのか。

チャートを用いながら、モダリティの理解だけで、個人の成長のドラマをつくっていきました。
これは、いつでも使えるテクニックです。
ぜひ、ご自分のチャートでもやってみてください。

第2部は、季節図、天王星イングレス図、季節図から考えるこれからの過ごし方。
牡牛座・天王星、山羊座・土星のテーマを人生に生かしていくには、何から手を付けたらいいのか。
そのために、2018年の冬至図から2019年の春分図にかけて何を行ったらいいのか。

地エレメントに必要な感性を育てた後の風エレメントの時代。
どんなテーマを意識すれば、内的充実と外的達成が得られるのだろうか。
では、そのためには火星・牡牛座期から双子座期にかけて、どんな力を身につける必要があるのだろうか。

火星・双子座期。
これは本当に大事なタイミングです。
春分図を見ても然り、天王星イングレス図を見ても然り。
この話、私の今の旬なので、ぜひ3/30(土)に開催する東京での火星WSでもみんなにお伝えしなくては!

ということで、こんなこと、あんなこと、3時間の間にギューッと詰め込んで皆さんと情報をシェアさせていただきました。

楽しい楽しい講義の後は羽目を外しに中華街へと繰り出しました。

Desktop68_20190303004450311.jpg

これまでの人生でどれくらい食べただろう、東光飯店のあんかけチャーハン(写真は麻婆豆腐だけどね)。
みんなにも食べてもらえてうれしいなあ。
ここでモモさんも合流(久しぶりにお会いできて嬉しいかった!!)。
紹興酒もだいぶ入って、いい気分で心理占星術トークに花を咲かせました。

アドラーは、「過去の出来事や育った環境などから、人の性格は形成される」という考えを否定し、

未来を形作るのは過去ではない。
現在を変えることで、過去も未来を変えられる。

と言った。
だから、鑑定の現場では過去をほじくり返すことなく、クライアントとは対話を通して、新たな現実を創造するという方向に意識を向けていけばいい。
そんな話を大真面目に語ってみたり。

食事の後は夜の港散策。
美しい夜景に導かれて、みんなでのんびりテクテク。
「楽しかったねー」を何度も口にしながら、みんなと日本大通り駅でお別れしました。

ユキコさん、素晴らしいホスピタリティありがとうございました。
横浜、やっぱり楽しい!
またやろう!

火星WS、次は3/30(土)北参道みらいづくり研究所でやります。
大事な双子座期の過ごし方、みんなで考えていきましょう!
火星で探査機がお役御免やトラブルに見舞われれば、地上でも…
火星が牡牛座に入ってからというもの、火星探査機が次々にトラブルに見舞われている。

14年以上にわって火星の表面を走り続けた探査機「オポチュニティ」との連絡が2月14日に完全に絶たれてしまった。
砂嵐に巻き込まれて休眠状態を続けていたが、起き上がらないまま任務を終了ということらしい。
火星が牡牛座にちょうどイングレスした日だ。

また先日、「オポチュニティの次はキュリオシティ? NASA火星探査機がトラブル続き エラー発生!」というニュースが飛び込んできた。
原因不明のコンピュータートラブルということだが、現在は、なんとか正常に動作ができる状態に回復したというが、とりあえず原因がわかるまで探査は一時停止という。
なるほど。

その象徴を地上に下してみると、どうだろう、チラホラと店じまいのニュースが耳に届く。
2/27には小倉駅の唯一の百貨店「コレット」の閉店のニュースが、2/28には「宇都宮パルコ」「熊本パルコ」、また甲府駅前の「山交百貨店」の閉店になるというニュースが流れてきた。
また、衣料メーカーのGAPが2年間で230店閉鎖するという報道もあった。

占星術の象徴では、よく山羊座の土星で断捨離とか言われたりするがどうだろう。
私には、自然淘汰、生存競争としての「生きるか死ぬか」「食うか食われるか」、火星―冥王星のテーマのように思えている。

水を発見したり、砂嵐の映像を撮影し続けたりと数々の偉業を残したオポチュニティでさえお役御免になったのだ。
生存競争の中で死んでいくもの、葬られてしまうものもあり、その中で必要とあれば、また形を変えて復活するものもあるだろう。
サイクルというのは、このように繰り返されているのかもしれない。

今、火星では2018年11月に着陸成功したインサイトが新しい任務に燃えている。
私たちの中でもこのようなテーマが動いているかもしれない。
名残惜しいけれど、もう必要なくなったもの。
いよいよ手放す時期なのかもしれない。

春は近い。

また同時に火星ー冥王星の別の象徴として、パワーバランスのテーマも見えてくるかもしれない。

米朝首脳再会談の不調。
拉致問題も解決の糸口が見えないまま、進展もなく終了した。
誰の思惑もどこにもたどり着かないまま。
仕切り直しのために、各々が持ち帰って、問題分析をすることになった。

押しても引いてもダメなときはダメなのだ。
だからと言って、自分たちの姿勢を曲げてまで相手に歩み寄ることはできない。
時には席を立つこともあるだろう。

とにかく、一歩踏み込めば、相手の出方もこちらの想いも見えてくる。
失敗はつきものだ。
火星的には、とにかくやってみるしかない、進めてみるしかない。
その現場で自分たちの思いに気づき、それを再確認していくしかない。

そんなことを火星探査機たちから学ばせてもらった。

そんな話も明日の横浜火星WSでできるといいですね。
イングレスチャートも見てみましょう。
横浜での初の心理占星術プチ講座もあります。
今回は、私の本気の現場使用のナラティブを見てもらおうかな、学んでもらおうかなと思っています。
とにかく面白い講座です。
明日の講義を私も楽しみにしています。

広い会場なので駆け込みもOK!
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。
↓ ↓
詳しくはこちらから!


そうそう。
今日から、牡牛座火星は第3タームに入りましたね。
牡牛座火星のピークを迎えます。

動きがあります。
外からの刺激もあります。
痛みもある分、気づきもあります。
外の空気をたくさん吸いこんで、そして思い切り吐き出しましょう。
お互いの知識の刺激が活発な”生”を生み出します。

今日の面談もそんな刺激になりましたね。
好奇心を持っていろいろぶつけてみたり、自分のベストを相手に伝えてみたり。
そんな第3タームのスタートとなりました。
Designed by aykm.