FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
不信は続く、信念は揺らぐ、自信なんて少しもない、それでも…
今日は、19:30から火星サイクル牡羊座第1期の振り返り会です。
ZOOM上で25名ほど集まり、火星サイクルについて考えます。
最初に私から、「サイクルとは」という話、そして逆行期へと向かうための準備などの話をさせてもってから、ぼちぼち話をしていきましょう。
人前で話をするのは緊張しますが、ナラティブ(自己語り)は自己像を確認するための大切な作業になります。
よかったら、ぜひ私に、そしてみなさんに声を聞かせてください。
後ほど、楽しみにしています。

そして、次に「小惑星=準惑星=ケレスの象徴を考える勉強会」の感想、続々いただいています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしにとってあの体験はこう繋がっていたんだなぁと今書いていて実感しています。
嘆き悲しんだ冬の時代として終わっていた物語が、ようやく今、自分のケレスの(成長)物語として生まれ変わっていっている…そんなひとつの癒しの体験をケレス勉強会を通じて得られた気がしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後、8/28にも、ケレスの天文ニュース「準惑星ケレスの地下に巨大な海が存在か!」が届いていましたね(いみじくも安倍さん辞任の日!)。
地下とは、まさにデーメーテールとコレーの神話そのまま、奥にしまわれていたものが表出するタイミングだったのかもしれないですね。

ゼウスに引き裂かれ傷ついた女性性。
そこにあるにもかかわらず、ないものにされ放置された心の傷。
交渉し、自分なりのシステムをつくり上げていく様子。
その人それぞれの内なる痛みと諦めのプロセスを聞かせていただき、私自身、新たな象徴理解につながりました。

「その体験をどう生かすのか」
ここまで考えられないと意味がないので、そこのところ、次回の勉強会でもう一度考えてみたいですね。
他の小惑星もやってほしい!ということなので、次回、やってみましょうか。
実際、4つの小惑星をエレメント的に考えてみてもいいかなーとか、成長段階のある側面としてそれぞれをとらえてみてもいいかな―とか、アイデアいろいろ浮かんでいます。
ぜひ、まとまったらまたやりましょう!

前置きが長くなりましたが、最近、調子が悪い、調子が上がらないという話を聞くことが多いので、チラッとだけその話を。
全体の配置を見てみても、やっぱり2019年12月3日から山羊座入りしたフォール(-4点)の木星の存在が気になります。

木星が山羊座入りしたころから、世界全体にナショナリズムや経済的な頭打ち感、グローバル化の限界といったムードが急速に起こり、そこにコロナがやってきたという流れは記憶に新しいです。
個人も企業も、このあたりから大きく失速、減退、縮小傾向がみられるようになりました。

これまでの様式では、もう通用しなくなった。
だから、新しい生活様式=ニューノーマルに向けて、私たちは、さらなる再建をしていかなければならない。

今、調子が上がらない人(去年末から調子を落としている人)は、心のどこかで昔の様式=成功体験に縛られている、もしくは懐かしんでいるかもしれないし、大きく意識を変えなくても「そのうちなんとかなるだろう」とどこかで高を括っているかもしれないし、そもそも射手座=木星タイプの人は低空飛行を得意としないので、士気が上がらず、くさくさしているのかもしれない。

山羊座木星は、速やかに低迷の時代にサイズを合わせることを要求している。
これまで時代の恩恵を受けてきた人は、かなり窮屈な思いをしているのだろうけど、自分サイズを受け入れられれば、案外と気楽に過ごせる。

けれど、こんな社会だ。
首相はいきなり辞任する。
国民のためではなく、党員のためだけの政治=システムの中で総裁選びが勝手に進んでいる。
木星がエネルギーとしている「信念」「信頼」は完全に揺らぎ、未来に対し、希望の持てるビジョンを描くことができなくなっている。

破たん、失業者が量産されると言われる時代、だったら腐らずに、自分のできる範囲で生き、自分のできる範囲で貢献的に生きることが必要なのではないか?
それがフォール木星のささやかな希望なのではないか?
そんなことを感じながら、自分のやれることを粛々とこなす日々を生きている。

unnamed (2)

これは8/29(土)21:50の天空、見た人も多いかな。
月、木星、土星が仲良く並んでいますね。
ニューノーマルな生き方していく覚悟。
そろそろ本気で、新しい自分を生きよう、自分なりに新しい希望を見つけようと、空を見上げて思ったりして。
9/10(木)19:30火星WS いよいよ!牡羊座火星逆行がはじまる!
「小惑星ケレスの心理的表現を考える」勉強会おつかれさまでした!
天文ニュースなどでピックアップされた天体をどう心理占星術のリーディングに活かすのか、今、私たちに起こっていることにどう結びつけ、生きた象徴として扱っていくのか、そういった新しいチャレンジの機会となった勉強会。
今回はケレスの記号や神話を再解釈しながら、参加者の体験をインタビューし、執着→喪失の不安→冬の時代→取引といった成長過程などを考えてみました。

出回っている象徴だけでは読み切れない、現代の言葉・物語、そういうものが小惑星群には詰まっているのではないか?という視点から見直してみたわけですが…

「傷つき、欠落し、諦めかけた冬の時代から、どう現実的な取引へと向かっていくのか」
最終的に成熟した解決策が今回のケレスにとって重要なテーマになるのではないか、そこを今回の着地点として、考察を深めていきましたが、なかなか深いリーディングができたのではないかしら。

ケレス、パレス、ジュノー、ベスタ、それぞれにジュピターによって破壊された「傷ついた内的世界(実際、)」というのがあり、個々人に思い入れのある体験がある。
またいつか、その辺全体の象徴を考え、火星と木星の懸け橋の在り方を考えてみたいですね。
ぜひ、また小惑星を考えていきましょう。

ということで、今日は9/10(木)に開催予定の牡羊座逆行期・火星ワークショップのお知らせです。

火星サイクル2020の最大の山場の一つ、79年ぶりの現象でもある牡羊座のみでの逆行。
この時期、動きを止めずに、どのようにして”I have nothing”の感覚と折り合いをつけ進んでいくのか、「何もない」という不安を克服し、どう持続可能な自己を形成していくのか、その辺を改めて考えていきたいですね。

この期間、山羊座の土星と最後の90度を形成します。
火星が山羊座の土星とコンタクトをとるのは、今後、約30年間やってこないわけですから、今回のコンタクトにはとても意味があるわけです。
無料動画でも説明した、「諦めない、立ち止まらない、持続可能な火星をつくるためには活動サインを整える」という話を取り上げつつ、「今、やるべき課題を見出し、そこに真摯に向き合うこと」というのをやっていくための具体的な方法や動きの作り方などを考えてみたいなと思っています。

☞ 持続可能な自己形成についてはこちらの無料動画で!

☞ 無料動画「火星ワークショップ牡羊座編」ダイジェスト版を公開中

夏至図を読んだ際、日食、木星、土星の逆行のテーマも相まって、「各国のリーダーの不在感」のようなテーマをピックアップしたのですが、火星逆行期間は木星、土星が順行に戻ってきます。
秋分時期は、ものごとが転じる時期ですから、予測できない動きが起こってくることも考えられます(大統領選、安倍首相の体調問題などもありますね。前回、牡羊座だけで逆行した1941年のちょうど逆行していた時期は、真珠湾攻撃、太平洋戦争が勃発していますから、まあ、何が起こるかわからないわけです)。
ということで、時代も動く、社会が動くとなれば、個人も動きに合わせて準備をしておかなくてはいけない時期になるということです。

今回は、持続可能な火星のテーマ、木星土星の順行、山羊座土星の意義、イングレスチャート7ハウスのテーマを再び考える、この変を皆さんとともに考えながら、牡羊座火星期に前に進んでいく力をつけ、前進していくことを目指してみたいなと思っています。

力強い内容です。
未来に不安を感じている方にぜひ参加、視聴していただけたらうれしいです。

【ZOOM開催 火星ワークショップ2020 牡羊座逆行期(9/10~11/13)】
開催日時:9/10(木)19:30~20:30(60分)
金額:1,650円(税込)
ライブ参加、録画視聴をお選びください!
お申込みはこちらから→【zoom】火星ワークショップ★牡羊座・逆行編!

【内容】
・火星逆行の時期に考えておくべきこと
・山羊座土星と牡羊座火星の90度の意義
・木星、土星の順行の動きと火星の関係
・イングレスチャートから4ハウス、7ハウスのテーマを考える

8/25(火)小惑星ケレスの心理的表現&木星、土星の見直しとか
数日前、「太陽系の準惑星ケレスに今も地質活動、有力な証拠が見つかる」という記事を見つけたので、せっかくなので、準惑星ケレスの心理的表現なども考えてみようということで定例の勉強会で行うことにしました。

いつもスケジュールが突然ですみません。

しばらく前から、伊泉先生監修の神話に関係する本の翻訳にかかわらせてもらっているのですが、そこでもケレスが紹介されていたので、少し先出ししてその辺のお話しもしてみようかな。

公的な記事で発表された太陽系の天体に関する記事は、現代占星術の象徴の考え方に積極的に取り入れていこう!という信条があるので、今回も新たな視点で「小惑星ケレス」について考えてみたいと思っています。
みなさんのチャートにあるケレスを見て、その解釈の仕方について話し合ってみるのもいいですね。

また、9/13~木星が、9/28~土星が順行に戻り、そしてこのまま一気に水瓶座へと向かっていきますので、最後にちゃんと「山羊座をやる」、山羊座木星がフォールだとしてもフォールなりにしっかりやる、それってどういうことなのか、その辺も話し合いながら、木星、土星、または山羊座について考えてみましょう。

実は、木星に関する質問が一番多かったりするのです。
わかっているようでわかっていない天体、それが木星なのかもしれません。
なので、今回の勉強会でしっかり木星の象徴を見直しておきましょう。

時間があったら、先月好評だった「レクティフィケーションの準備のためのチャート読み」もやってみます。
「またやってほしい!」という声をたくさんいただいているので、また別日にしっかり日程を設ける予定ですが、もし時間があまったら、チャートひとつくらいは読んでもいいですね。

ということで、かなり盛りだくさんな勉強会。
年末のグレートコンジャンクションも見据えつつ、「今、やるべきこと」をしっかり考えていきたいですね。
では、8/25(火)10時、定例の勉強会をハックして、みんなで盛り上げていただけたらと思います。
皆さんの参加をお待ちしています!

【これから必要なこと 小惑星ケレス&木星、土星を考える勉強会】
■日程:8/25(火)10:00~12:00
■時間:10時~12時(2時間)

■会場:ZOOM参加だけでなく、現地でも録画でも受講できます!
■料金::3,000円
《お支払方法》
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→オンライン決済はこちらから
気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

ニコプラネット2020乙女座期号 完全な自己をつくるには1+2+3
出会う人、みんな忙しくしている。
みんな、それぞれの事情があるようだけれど、今はどうも忙しい時期らしい。
そんなときこそ、もう一度、春分図のようにASC蟹座をやってみたい。
これからもっと動きが活発になってくるからこそ、もう一度、自分の世界を見つめ直しておきたい。
そんな話、いろいろ書きました。

まずは、
●赤ペン12サイン占いから
→12星座占い 8/23~9/21 — nicoの赤ペン添削付き


今日は、魚座を担当してくれたともりんの赤ペン原稿の書き方をご紹介。
かなり長いので一部だけになりますが、みなさん、こんな努力をしながら書いてくれているのです。
これまでの学びのたまものですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ソーラーサインチャートの考察(うお座)】
★太陽:7ハウスイン
新しい場作り、新しい人間関係の中で、自分の魅力を見せていく時。
★ストレスポイント
2H火星□11H土星
5H金星 ☍11H木星、冥王星、土星
イングレスチャートのASC支配星の月は8H、次へ進もうとしているのに
、2、5、11Hの価値、自分の持っているもの、与えられるもの、受け取るもののバラ
ンスの再確認をしたり、今までのしがらみや守られているところから、自立するための覚
悟を問われることへの恐れが刺激される。

8月30日 5H金星 ☍11H冥王星
8月31日 1H海王星 ☍7H水星
理想の自分が、新しい場面でどこまで通用するか見えてくる。力試しの時。
9月2日 5H金星 ☍11H土星
9月2日 1H月 ☍7H太陽
新しい場面で、これからに通用する自分の心地良いシステムがどういうものなのかを実感
する時。
変容のテーマのある今回は、太陽のテーマが7Hであり、11Hのやぎ座の3天体をより
いい方向に使っていくには、新しい場面で使って上手くいかないことをヒントに、これは
みんなに役立つのか、使えるのか、とか、そんな視点を持って、やってみる事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このような分析(実際は、この倍ほど分析してくれています)の結果、400Wのテキストが生み出されいてるのです。
そこをちょっとイメージしながら、今回の魚座のテキストを読んでみてください。
ともりん、いつもありがとうございます。

●次は、nicoの星宙予報
nicoの星宙予報2020 乙女座

今日のブログの最初にも書きました、また、ともりんも分析してくれていますが、乙女座太陽のイングレスチャートはASC蟹座。
春分図、夏至図と、これだけ繰り返しASC蟹座になるのは、何か意味があるはずです。
その意味を自分なりに考えてみること、それがこの乙女座期に必要になってくるのではないかと思いました。

とにかく、ASCのテーマが解決できないと、その先に進んでいけないということです。
さて、今月までにどんなことを解決しておく必要があるのでしょうか。

●最後は、今月の言葉
今月の言葉 2020乙女座 パウロ・コエーリョ


スピリチュアル業界にもファンが多いパウロ・コエーリョ。
今回は、タロットカードの「恋人たち」のカードの話でおなじみのヘキサグラムの話からスタートです。

乙女座の段階で、個人を完成させるには、何を、どう意識したらいいのか。
そんなお話しも少々。
お時間あるときに読んでみてください。

unnamed (1)ということで、今月も無事アップ作業ができました。
12サイン担当のみなさま、ありがとうございました!
アップ作業を担当してくれたつびーもご苦労様です。

来月は秋分。
秋分以降、ニコプラネットは心理占星術の学び場として、さらにパワーアップします。
楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

皆さんの乙女座期が素敵なものになりますように。

nico
9/1(火)火星サイクル牡羊座第1期の振り返り会にご参加のみなさま
国民民主党と立憲民主党が合流し、新党を結成するというニュース。
または、アメリカの民主党大会の様子。
新しいニュースのはずなのに、何の期待も、何の興味も生まれないのはなぜだろう。
政治家たちのせいか、政治そのものに未来を託したくなる材料がないのか、それとも制度の問題なのか。

ということで、今日は9/1(火)19:30の「火星サイクル・牡羊座第1期 ふり返り会」のお知らせ。
今回もたくさんの方に参加のお申込みをいただきありがとうございます。

ぜひ、みんなで2020火星サイクルのスタートの手ごたえ、不安、難しさといった感想をシェアしていけたらと思っているのですが、どうやら「傍観のみ」をご希望している方が多いということで、少し私の考えをお伝えしたいなと思い、ブログを書くことにしました。

まず、無料で行う牡羊座第1期の振り返り会は、約2年の火星サイクルの旅を仲間と共に完走するためのサポートのための、また火星サイクル手帳をよりよく使っていただくためのものとなっています。
心理占星術の学び場、エンカウンターグループ活動として、2012年からやっていたアネモネの会、ニコラボ的なものと同じような感じですね。

エンカウンターグループとは、カール・ロジャーズが提唱した心理的成長を目的とした小規模で集中的な人間的な出会いのグループ体験の場(wikiより)のことですが、私もアネモネの会、ニコラボ、火星ワークショップ、勉強会とたくさんの場を作ってきて、そういった場は参加者同士で信頼関係を築いていくことがとても大事だということを痛感しています。

ただ、私の目下の悩みとして、オンライン上ですと、初めての方同士が出会う際、信頼関係を築くのがとても難しく、ファシリテーションするのも、なかなか苦労するので、参加者一人一人の協力がどうしても必要になってきます。

9/1の振り返り会は、発言者の方に安心して語ってもらうためにも、参加者の皆さんには自分のニックネームでも構わないので、自己紹介と顔出しは必須にしようと思っています。
表情が見えない画面に向かって自分のことを話すというのは、私ですら、時々不安になることがありますから、グループでの話し合いの会は顔が見える中でリラックスして会話を育てていけたらという思いがあります。
みんなでお互いの「わたしはここにいる!」という自己開示(火星的!)の機会の場をサポートし合ってほしのです。
※ワークショップのほうは、顔出しなし、傍聴のみでOK!

最初に条件をお伝えせずに募集してしまってすみません。
ということで、今、17名ほどの参加申し込みをいただいていますが、できれば参加者で自己紹介をし合いながら、火星サイクル2年の旅をみんなで支え合い、盛り上げていただけたらと思っています。
※コメントは、無理にしてもらわなくても大丈夫、お話しに耳を傾けてくれるだけでもOK!

みなさんの2年を全力でサポートしたいと思っていますので、皆さんもご理解いただけたら幸いです。

導入のnicoのお話しのところで、もう一度、牡羊座1期のワークショップでお話しした7ハウス=天秤座=金星をふり返るとともに、少し時事的なテーマにも触れてみたいと思っています。
その辺のお話しもぜひお楽しみに!

ということで、そろそろ定員になるので、〆切にさせてもらおうと思います。
私も!という方は、今日明日くらいまでにお申込みいただけるとうれしいです。
では、9/1どうぞよろしくお願いします。

【zoom開催】火星サイクル牡羊座第1期 無料振り返り会
◆日時:2020年9月1日(火)19:30~20:30
◆ZOOMによる無料開催
◆参加資格:火星サイクル手帳ユーザー
nicoの簡単なレクチャーのあと、火星サイクルプルジェクトチームのつびー、みねんこさんとともに牡羊座第1期をふり返ります。

毎サイクルの終わりに開く振り返り会は、参加費無料、録画なしの会になります。
全国どこからでも、どなたでも参加OK!
お時間がある方は、ぜひ自分の進捗を見直すためにも参加してみてください。

「ZOOM無料振り返り会」参加のお申込みの方はこちらから!
↓ ↓ ↓
【zoom開催】火星サイクル牡羊座第1期 無料振り返り会のお申込みページ


nico
【火星サイクル】8/19-9/30まで自分磨き 乙女座=陰のターム 
【火曜日は火星の日】
IMG-7405.jpg火星サイクル手帳ユーザーのみなさま。
火星サイクル手帳を手に取ってみてください。
今日で火星21度~25度、獅子座のタームはいったん通り過ぎ、明日から26-30度の乙女座=陰のタームに入ります。
ひとまず、ここで「自分とは何者か」の気づきがチラリとでも見えているといいなと思います。

昨日のブログにも書きましたが、私の場合は、8/8に大阪実践読み最終回で生徒さんにオープンセッションをしてもらったり、15日には質問会で自己語りをさせてもらったりして、新たな自己像の気付きをたくさんもらうことができました。
皆さんは、どのような獅子座タームを過ごしたでしょうか。
良くも悪くも「この私でいこう」という”己を知る”機会を得ることができたかなー、得てくれているといいなーと思います。

ここから、火星は最後の26-30度の乙女座的陰のタームへと進むことになるのですが(詳しくは火星サイクル手帳の「火星サイクル手帳について——陰陽と5度区分ダイアリー」の項目を確認してみてください)、火星は逆行を開始するため、いったん26-30度の乙女座=陰のタームにしばらく(8/19-9/30)とどまることになります。
つまり、ここから少しずつ火星は逆行の準備に入るということです。

Desktop181.jpg

ということで、約1か月半の間、火星は陰サイン的な調整をしていくことになります。
本来は、21度ー25度(8/5-8/18)で得た「理想の自己像」のイメージに見合うよう動きたいわけですが、もし、それが単なる頭で考えたもの(外発的報酬、義務、とらわれ、虚栄心など)だと自分の内側が違和感を感じ始めます。
自分の本心と違う理想を掲げたら、火星は気持ちよく動くことができないのです。
特に、乙女座的タームは身体感覚にも出ますから、自分に合っていなければ身体の負担として出てくることもあるかもしれません。

陰サインは、火星サイクルを進めていくうえでとても大事です。
活動力を維持するためには、自分の内側が心地よく感じるやり方でないと、サイクルの循環をまっとうすることがとても難しい、必ずどこかで足が止まってしまうのです。

自分の心と身体に正直になり、自分のペースでコツコツ進む。
これが火星・陰サインのタームの過ごし方です。
そして、最後の26-30度のタームですから、せっかくここまで自分の理想が少しずつ見えてきているはずなので、それに見合う訓練——机の上での学習、環境の要請に応じた技術磨き、自分のベストパフォーマンスができるよう自分を高めていく努力、環境が心地よく整うよう新しいアイデアを採用していくこと——などを、じっくり時間をかけて続けていけば、かならず牡羊座期が終わるころ、自己像が今より少し頼もしく感じられるようになるでしょう(この辺の話は、9/10(木)開催予定の牡羊座逆行期のワークショップで詳しくお話ししようと思います)。

火星は、自己存在を元気にするためにエネルギーチャージしてくれます。
このタームで自分が一番気持ちのいいリズム、活動エネルギーの使い方、人との向き合い方などを見つけてみてください。
きっと火星サイクルがスムーズに進んでいくようになります。

まだ火星サイクル手帳を手にしていない方。
ここから火星サイクルが楽しくなってきます。

book_00_20200602004331e5c.jpg誰のものでもない自分の人生にコミットする。
自分の力を使って生きるって、こんなに楽しい!
そんな生き方のサポートに火星サイクル手帳を利用してみてください。

詳しくはこちらのページから!
↓ ↓ ↓
自分をデザイン 火星サイクル手帳2020

それぞれの太陽=銀河が輝くから、宇宙全体が美しい…
土曜日、みんなでnicoのチャートを読んだとき、いろいろなお話しをさせていただきました。
久しぶりに自分の人生をナラティブ=語り直すことで、自分の中に新しい自覚が起こったような感じで、数日間、細胞の調整のような日々を送っていました。
たくさんの質問をしてくれた岡崎さんをはじめ、私の語り直しを聞き届けてくれたみなさま、本当にありがとうございました。

土曜日の質問会をふり返りながら、「今回、特に伝えたかったことは何だったのだろう」ということを繰り返し考えていました。
私が自分のホロスコープを語ることで一番伝えたかったこと、それは

「どのホロスコープ、どの人生にも恩寵が与えられている」

ということかもしれません。

50年近く生きていれば、チャートに表示されたネガティブな象徴を嫌というほど掘り返すことはできる。
リズ・グリーンのサターンにあるような8ハウス土星のエピソードを、涙ながらに語ることはいくらでもできるかもしれない。

けれど、ネガティブな象徴をそのままに受け取るだけでは、心理占星術を学ぶ本当の意味にならないのではないだろうか。

ネガティブに思える象徴こそ、むしろ人生に恩寵をもたらしてくれる体験へとつながるのではないか、暗い体験こそ、その人らしい個性として、新たに世界が再構築されていくのではないか。
そんなふうにホロスコープを語り直してみると、ホロスコープにも、人生にも宝物に思えるような象徴がたくさん散りばめられているのが見えてくる、使い方=生き方がもっと豊かに感じられるようになってくるわけです。

私のつたない人生経験を語ることで、ホロスコープに示された豊かな可能性に触れてほしい、それが今回の勉強会で伝えたかったことかもしれません。

そうそう、今、つびーが私の過去のブログのアーカイブをしてくれているのですが、その作業中、2013.10.14の記事を見つけました。
↓ ↓ ↓
心理占星術の世界 生徒さんからのメールに涙する

その中からご紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近になってやっと、心理占星術のエッセンスの最初の一滴を味わえたような気がするんですよ。
心理占星術には、誰のせいにも何のせいにもさせてくれない厳しさがあって、勉強の途中では、これまで都合の悪いことを人のせいにして、そうやって自分自身を騙して生きてきたツケを払わされているような気持ちになったりもしました。

でも、nico先生が教えてくださる心理占星術のベースには、個人への揺るぎない信頼があるんですね。
そういう痛い気付きから逃げずに、自分の中の見たくない部分にも責任を持つことのできる存在であって、その勇気や能力を、他者や社会のためにも生かすことのできる存在だと信じているからこそときには痛いものを見せられたりもするんだな~ということがわかって、ちょっと感動しました。
占星術師がクライアントの未来を信じることが大事だって、職業シンポジウムで先生がおっしゃっていましたが、その姿勢は、クライアント自身が自分の未来を信じるときの拠りどころになったりすることもあるのでしょうね。

今までそんなことにも気づかずに勉強していたのか…って感じなんですけど。
もちろんまだまだ勉強の途上ですが、この感動はずっと覚えていたいなと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心理占星術は、個人のこころの暗い側面にスポットを当てるものではなく、個人の明るい未来の可能性を信じ、サポートするためのツールだ。
個人が自分の人生の責任を自分で引き受けるということは、一見、厳しいことではあるけれど、真の意味での個性化、自由(太陽ー天王星の象徴だね)を獲得できるということでもある。
それを私は信じているし、クライアントさんにも信じてほしいと思う。
時間がかかるかもしれないが、着地点をそこに見据えておけば、いつかそこに向かう勇気を持つことができるはずだ。
私の理想主義は、それを信じている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7年前の記事、今と言ってることまったく変わりませんが、まあ、そういうことです。

昨日、和歌山のKさんから、こんな素敵な写真が届きました。
和歌山県日高郡の西山ピクニック緑地からみた夏の星空です。

IMG_7277.jpeg

天の川を見ているといつも思うのです。
どの星が美しいとかではなく、一つ一つの太陽=銀河がしっかり輝くことで、宇宙全体がこんなに美しいのだと。
だから、この地上においても、個々人の太陽がそれぞれの個性を放つことで美しい世界が完成するのだと。

IMG_7276.jpg

銀河の輝きに貢献できるよう、今日も明日も明後日も自分なりにできる活動をやっていこうと思う。
Kさん、いつもありがとうございます。

nico
【ZOOM】無料質問会 明日はnicoのネイタルチャートを使用!
突然ですが、明日8/15(土)16:00~17:00、ZOOMによる無料の質問会を実施します。
先日、大阪実践読み最終クラスがあり、その際、nicoのチャートを使っての心理占星術セッションのロールプレイングをしたのですが、後日、生徒さんからいただいた質問内容(過剰補償、ASCルーラーのとらわれた魂の件)がとてもよかったので、急きょ、質問会をやろう!ということになりました。

今回は、大阪実践読み講座の方が中心になって行いますが、いつも皆さんのチャートを観て好き放題言わせてもらっているので、今回は、ぜひ私のチャートを好き放題読んでもらって、天体の使い方、ハウスの出方、心理的防衛やパターンなどについてあれこれ聞いてもらえればと思います。
もちろん、どのように克服してきたのか、まだ成長プロセスにいるのか、包み隠さずお伝えしようと思っています。

今回は、実践読み講座まで進んだ受講生のみの参加。
今のところ、動画配信予定はなしです。

たった1時間になりますが、時間に都合がつく方、あいまいになっているリーディングの弱点をいろいろ解明してみましょう。
大阪チームの方々、明日どうぞよろしくお願いします!

お申込み、お問い合わせはこちら。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


ちなみに、今、「心理占星術学習者のための質問広場」というサイトを作っているところなので、今後、心理占星術の質問をたくさん寄せてもらえるとうれしいなと思っています。
私の生徒の皆さん、サイトのお手伝いしてくれる方の募集を予定しています。
心理占星術の発展のため、いい質問、ユニークな質問、難問、いろいろ考えておいてください。

そのうち、お知らせすると思います。
では明日!

今日は、クリエイティブな方のビジネスコンサルをさせていただいてすっかり刺激されたので、3,4年ぶりにギターを弾いてみたりした。
下手の横好きとはこういうこと。
一度もうまく弾けたことがないけど、弦楽器の音が好きだから音鳴らすだけでも弾いた気分。
夜だから、ボソッと桑田佳祐の「月」とか。

nico
【募集】9/12職業占星術講座 自分に嘘のない人生を選択できるよう
毎日、たくさんの方の鑑定をさせていただいていますが、最近はビジネス戦略を考えるといっセッションも増え、緊張感のある現場が続いています。
昨日は昔から付き合いのある芸能事務所の方からの依頼で、所属タレントの方たちの売り出し方や今後の方向性などを考えるというのをやらせてもらったり、今日は60歳を過ぎた方のこれからの進むべき道(男時、運命の輪お話しまで!)のお話しさせていただいたり、「人がその人らしく開花していくプロセス」のお手伝いをするのは、いつでも本当に楽しいものです。

そういった鑑定が楽しく行えるのも、最近集中して組み立て直している「自分を活かす生き方、これからの働き方のための職業占星術」のメソッドの精度が上がり、充実したブラッシュアップができてきたというのもあり(毎回、改良の余地を感じてはいるものの)、多くの方に試してもらいたく、また新たに講座を開くことにしました。

このブログにも何度も書かせてもらっているのですが、職業占星術カウンセリングの30名のモニターの方のセッションから得た実感として、
①その人の中にある「それをやらずしては人生終われない!」という強い欲求としっかりアクセスし、それを言語化することが非常に重要になるということ
②このような時代だからこそ、自分に嘘のない人生を選択できるようサポートしていくこと
③ホロスコープに表示されている資質や個性は、ホロスコープの持ち主にしか使えないということを実感してもらうこと


この3点がとても重要だということにたどり着きました。
ここを拓くこと、それが新しい職業占星術パーフェクトマスター講座の目指すところです。

うれしいうれしい職業占星術モニター鑑定のレビューはこちらから。

【限定30名】職業占星術モニター鑑定のレビュー

皆さん、文章がうまい!

これまで開催している職業占星術パーフェクトマスター講座の始まりでもお伝えしましたが、職業占星術を学ぶにあたり、自分自身が生きること、働くことに真摯に向き合うことから始めてください。
自分の人生を本気で生きるつもりで学んでもらえたら、太陽を生きている者たちのホロスコープの使い方が少しはわかるようになるはずです。
私もまだまだこれからです。
一緒に成長していくつもりで講座を受講していただけたらうれしいです。

【ZOOM開催】9/12(土)スタート 自分を活かす生き方、これからの働き方のための職業占星術

◆開講スケジュール ※進捗により延長の可能性あり
毎月第2土曜日: 14:00~17:00(3時間)
9/12、10/10、11/14、12/12、1/9、2/13(全6回)
◆金額:74,000円 再受講の方は48,000円で受講できます。
《お支払方法》
・銀行振込(三菱UfJ銀行)
・オンライン決済→決済ページはこちらから!
※都度払いも可能です

気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


◆ZOOMによるライブ参加が難しい方は、動画による参加も可能です。
 講座が終わった後は、その日の講義内容を復習用として配信。6か月間視聴可能です。


◆カリキュラム
第1回 《個人を活かす働き方を考える①》

●個人はこれからの時代、どこを目指して進めばいいのか?
社会や時代意識に惑わされない個人の働き方、生き方を考える
●ワークシート(モダリティ、エレメント考察)を使った職業意識分析
●アスペクトから考える個人の存在の力(コンジャンクション、オポジション編)
●著名人のチャートから考える「個人の資質の育て方」

第2回 《個人を活かす働き方を考える②》
●マイナーアスペクトから考える個人の存在の力と潜在能力
●オリエンタル天体、カルミネート天体から見た個人の育てるべき能力
●自己のチャート分析から自分の能力の活かし方の傾向を考える

第3回《自己分析と適職診断》
●ミッドポイントを使った能力の活かし方、育て方
●著名人のチャート分析から力の使い方、見せ方、生き方を考える

第4回 《適職診断にチャレンジ①》
●適職診断の技術を徹底的に学ぶ
 MCから考える、社会の中の個人の在り方
 個人が目指す方向性とは?

第5回《適職診断にチャレンジ②》
●ここまで習った技術を用いて、参加者の職業分析をやってみよう!

第6回 9/26 《卒業試験》
●実地練習
トランジット図の運行から、これからのビジネス戦略を提案する
ホラリー&コンサルテーションチャートを使って、今、個人が解決すべき仕事のテーマを考える
個人の資質の提案、問題との向き合い方、これからの働き方、生き方などの提案
【zoom】火星サイクル手帳 牡羊座第1期をみんなでふり返ろう!
ずっと告知をさぼっていたので、これからしばらくお知らせブログが続きますが、よかったらお付き合いください。

その前に、英里佳ちゃんからこんな画像とメッセージが届きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここ最近、復習がゆるすぎるなって気づき。録音聞き直しと、ひらめき占星術ノート作りを始めました❤️
今のところ、基礎講座の聞き直しまで。
今更ながら、改めて気付きたくさんで、すごく勉強になりましたー!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
S__109240324.jpg

どんな分野もそうですが、基礎は学ぶごとに味わいが変わり、解釈が深まり、見える世界が変わってきますね。
逆に、どんなに学び続けても、基礎があいまいなままだと表面的な理解にとどまってしまうこともあります。
また、勉強会などで、深めた基礎的知識について話をしましょう。
英里佳ちゃん、ありがとうございます!

今日は、9/1(火)19:30~開催する、火星サイクル手帳の牡羊座第1期の振り返り会のお話し。

6/28(日)から始まった火星サイクル2020。
ここまでの国内外の出来事を見ても本当にいろいろなことがありました。
特に、6/30に成立した香港国家安全維持法などは、この火星サイクルにとって一つの象徴的な動きになりそうです。

個人は、自分の存在をどう感じたのか。
牡羊座第1期の振り返り会は、まずそんなことを聞いてみたいなと思っています。

何もないところから自分を形成する際、
自分の存在を無力と感じることはあったか、
周囲の動きに惑わされることはあったか、
自分の進むべき方向がわからなくなることはあったか

7/6(月)に開催した牡羊座第1期ワークショップでお話しした「火星イングレスチャート・7ハウスとタロットカード「戦車」の関係」について、もう一度考えながら、どんな意識が生まれたか、戦車は進んだのか、停滞してしまったのかも皆さんで振り返ってみたいですね。

火星サイクルは、あと2週間ほどで逆行を迎えます。
それまでに戦車がうまく走ってくれない理由などを、みんなで話し合えたらなーと思っています。
なかなかいい時間になりそうです。

毎サイクルの終わりに開く振り返り会は、参加費無料、録画なしの会になります。
全国どこからでも、どなたでも参加OK!
お時間がある方は、ぜひ自分の進捗を見直すためにも参加してみてください。

【zoom開催】火星サイクル牡羊座第1期 無料振り返り会
◆日時:2020年9月1日(火)19:30~20:30
◆ZOOMによる無料開催
◆参加資格:火星サイクル手帳ユーザー
nicoの簡単なレクチャーのあと、火星サイクルプルジェクトチームのつびー、みねんこさんとともに牡羊座第1期をふり返ります。


「ZOOM無料振り返り会」参加のお申込みの方はこちらから!
↓ ↓ ↓
【zoom開催】火星サイクル牡羊座第1期 無料振り返り会のお申込みページ

Designed by aykm.