nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
水星逆行記載ミス「だから予感よ、思考の力の代わりに力強く働け」
もうすでにお気づきの方もいたかもしれませんが、火星シートに今回の水星逆行が載っていませんよ!という指摘がありました。
なんと!水星逆行っぽい!

私がまったく水星逆行に注目していないもので、つい見逃してしまいました。
一応、お知らせです。
3月23日から4月15日まで、水星は見かけの逆行運動中です。
火星シートユーザーの皆様、大変失礼しました!

もはや天気予報並みに一般化されたと言われている水星逆行予報(←生徒さん情報)。
過去のブログにも水星逆行について、いろいろ書いたりもしてみましたが…
すみません…この仕事を生業にしていてなんですが…
水星逆行、正直言ってどうでもよかったりして…

たとえば、2015/2/11のブログとか

トランジット図には、時代を生きる個人のこころが反映されている

ここには、こんなことを書いた。

なので、水星の逆行により、個人に何が起こっているかを理解するには、以下のような質問が有効かもしれない。
水星逆行は、あなたの何を通常よりも難しくさせていると感じますか?
水星逆行によって、通常よりもどのようなことが敏感に感じられますか?
水星に関して、何かコンプレックや苦手意識を感じることはありますか?

または、2015/5/20のブログとか。


「前に進むばかりがいいわけじゃない 水星逆行について」


または、2016/5/16のブログでは、水星逆行期にシュタイナーの詩を紹介し、こんなコメントを書いている。

だから予感よ、現れよ
そして 感覚の仮象の中で
自分を失いかけている
思考の力の代わりに 力強く働け

水星がうまく働かないなら、思考を手放し、感性を働かせばいい。
あまり考えすぎず、スケジュールも詰め込まず、ぼんやり予感に身を任せてみるといいかもよ―――

いちおう、それらしく書いてはみたけれど、そうね、ホラリー&コンサルテーションチャートの分析の時以外、水星の逆行をとりわけピックアップすることはなくなっているかもしれない。

けれど、最後に紹介した、「だから予感よ、思考の力の代わりに力強く働け」が最近の一番の水星のお気に入りの解釈かもしれないですね。

水星過剰な時代に、水星逆行はむしろウエルカム。
水星なんてちゃんと働かなくていいじゃないか。
火や水エレメントのサイン(今は火エレメント)を運行しているときなんて、別に双子座や乙女座のように働いてくれなくていい。

電車の遅延したら大騒ぎせず、サバイバル能力と直感を生かせばいいし、電化製品が壊れたら、道具に頼らない感性を磨けばいい。
コミュニケーションの障害なんて、何よりも大歓迎。
いつも相手に気を遣い過ぎてヘトヘトなのよ。
だから、こんな時こそ気を遣わない。
なんで牡羊座の時に、コミュニケーションに注力しなくちゃならないわけ?
磨くべきは、瞬時に必要なものに手を伸ばす能力。
そこを磨く訓練をすればいい。

ということで、今夜の勉強会は、「ホロスコープを早読みする」をやります。
牡羊座の能力の訓練。
それを水星逆行時は積極的にやっていきましょう。

そういえば、札幌のタロット講座では、「今回、講座受けてソードが怖くなくなった!」という声を聴かせてもらったけれど、水星=ソードは、環境を生きる道具。
ちゃんとそれにふさわしい使い方を学べば怖いものではない。
ただし、水星=ソードは、いつだって個人を消耗させるものではあるけど。

ということで、水星逆行。
みんなの牡羊座的技術開発に期待してます!
次回は8/24、25、26 職業占星術&タロット勉強会で会いましょう!
楽しかった!
あっという間だった!
時間、全然足りなかった!
だからまた来る!
その時まで、みんな元気でね!

ともこさんが、

札幌は今年一番の好天気でした😁
ニコ先生が春を連れてきた感じです。

と言ってくれたとおり、札幌は気持ちのいい春の陽気。
札幌の方たちの熱心で素直で温かな雰囲気の中で、3日間、楽しく講座を行うことができました。
言いたい放題、やりたい放題、自由で気持ちのいい雰囲気を作ってもらって本当にありがとうございました!

今回も盛りだくさんでしたね。
1日目は、時期読み講座。
プログレス、ソーラーアークの利用の仕方――テクニックをどう効果的に利用するか、どこに焦点を当て、どのような着地を目指すのかを復習した後(簡単な技術ではないですね。また勉強する機会を作りましょう!)、12サイン別、ソーラーサインシステムを使って春の過ごし方を考えよう!というのをやりました。

個人が環境から孤立しないように、または個人が社会化していくイメージを育てながらトランジットの利用の仕方を考える。
ソーラーサインシステムを使って、参加者の皆さんの太陽サインと蠍座木星、山羊座火星の物語を作っていく。
または、12H・魚座からASC・牡羊座に飛び出すことの難しさ、水エレメントから火エレメントへの移行の難しさなども話し合ってみたり。

こういった学びが、次の日の大アルカナの学び――愚者から魔術師への流れにつながっていくわけです。
タロット講座は、スープ・ド・ポワソン (soupe de poisson)のようにうまみがギュ――――っとつまった濃厚な2日間となりました。
いつやってもタロットはドラマにぐっとくるのだけど、なんだろう、本当に人生の様々な局面をシンプルに教えてくれるのよね。
丁寧に勉強すると、人の成長のイメージを作りやすいですね。

大アルカナ=個人の心理的な成長
小アルカナ=個人の社会の中での成長
コートカード=個人の世界の作り方

4d.jpg2日目の夜は、みんなでアストロカードゲーム大会。
久しぶりにやったけど、やっぱり楽しい!
勉強になるし、頭つかう!

ゲームとかやると、人のいろいろな面が見れて面白い!
ともこさんのかわいらしい天然ぶりとか、まゆゆの淡々とした勝負強さとか、森さんの勘の良さとか。
「カード売ってないのですか」と聞かれたけど、そうなの…まだ商品化できてないの。
みんな、私と遊んでくれてありがとう。
いつか、またみんなでやりましょう!

そして、最終日は小アルカナ&コートカード&展開方法の紹介&実践読み!
あれ?私の教え方がうますぎ?って思うくらい、皆さん、スラスラ読めていてびっくり!
なんで?
札幌の生徒さん、レベル高い!

小アルカナもコートカードもシンプルでしょ。
テキストを読み返さないで、数字とエレメントと大アルカナ(サイン)のイメージを使って、自分で言葉と物語を作り出す、これがコツです。
どんだけ凝縮よ!というくらい詰め込みましたが、お昼の時間にね、ユーカリに似たアロマ、タランチュラ?みたいな名前のアロマ(結局、忘れてる…)をみんなで嗅いだので頭すっきり、たくさん頭使って、たくさん笑って、あっという間に3日間が過ぎていきました。

Desktop178.jpg

あーあ、楽しいときはあっという間。
また会おう!と約束し、みんなで熱いハグを交わして大急ぎで空港に向かったとさ。
ステキな環境を作ってくれた古川さん、お世話になりました。
「どうせ学ぶなら最高の知識を!」を目指して、これからもいい講座やっていきます!

次はね、本当は古典をやるつもりだったのですが、天王星が牡牛に入るし、キャリアの話はこれからの大事とても重要だし、なので「牡牛座・天王星時代の働き方 これからの職業占星術」をやります。
あ、タロットの実践読み勉強会もね。
それまで、復習頑張っていてくださいね。

あ、もう一つ。
今回、家を留守したとき、いつもは知人に猫の世話を頼んでいるのだけど、今回は火星アワード受賞者「モコと私」のトニさんこと吉本さんが猫たちの世話をしてくれました。
今、吉本さんはキャットシッター見習いとして修業を積んでいるそうです。

お家に帰ったら、猫たちはのんびりくつろいでいましたよー
レポートや写真を送ってくれたり、絶大な安心感でした。
いろいろお世話になりました。
皆さんもお留守にするときはぜひご利用ください。

あんなこんなで、皆さんに支えられての札幌出張。
またみんなで楽しい時間を過ごしましょう!
今日から3日間札幌講座!3重円も!タロットも!アストロカードも!
取りまとめをしてくれているハーバルムーンの古川さんから、3日間満員御礼!の連絡をいただきました。
おーっ!ありがとうございます。
おそらく、札幌は私の講座で1位、2位を誇る、生徒さんから熱を感じる場所。
なので、今日から3日間、私はみなさんから熱をもらいにいくつもりでいるのです。
参加者の皆さん、張り切っていきますよー!

今日の内容は
↓  ↓  ↓
■心理占星術 トランジット図から読む 12サイン別 2018年の過ごし方&個人のスケジュールを考える
【日時】3月23日(金)18時半~21時
【場所】 ハーバルムーン(地下鉄東西線・西18丁目駅 徒歩3分)

「時を読む」「時を扱う」というのは占星術の技術の中でも特に有益なものです。
四季図、新月図、トランジット図を読みこなすことで、個人が社会、時代から置き去りにされることなく、自分自身を生かすことができるようになります。
今回の講義で、ぜひ「時」と仲良くなってください。どのような時の活かし方があるのか、時間の許す限り、皆さんに情報を提供してみたいと思います。
12サイン別2018年の過ごし方は、ライティングの勉強にもなります。
ぜひ、生活や仕事に生かす知識を身につけて帰っていただけたらうれしいです。

ビデオ補講もありますので、ぜひお問い合わせください!
↓  ↓   ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

そして明日明後日は、
↓  ↓  ↓
■2日間集中 現場に強くなる心理タロット講座講座 札幌講座
【日時】3月24日(土)10時~17時(ランチ休憩1時間) 大アルカナの象徴理解 プチ実践読み
     3月25日(日)10時~16時(ランチ休憩1時間) 小アルカナ&コートカードの象徴理解 プチ実践読み
【講座料】60,000円 (テキスト代含む)
【場所】 ハーバルムーン 
問い合わせは古川さんまで メールアドレス :  herbal_moon7@phyto-energy.jp


IMG_2721.jpgタロットのテキストの準備もばっちり!
タロットの2日間集中講座は初めての試み。
2日間でどれだけ心理タロットの面白さを伝えられるか…
そして、なんと明日24日(土)の夜は、アストロカードゲーム大会!
おーっ!みんな大好きアストロカードゲーム!
昨夜、札幌のともこさんと電話で打ち合わせをして急きょ決定しました。

占星術の勉強にもなるし、頭の運動にもなるし、みんな仲良くなるし、いいことづくしのアストロカードゲーム。
タロット講座の後なので、頭ヘトヘトかもしれませんが、こんな機会はめったにないのでよかったらぜひみんなでやりましょう!

場所ですね、南1西20のハーバルさんから歩いて行けるカフェの個室をともこさんがおさえてくれました!
6人〜8人くらいまで余裕です!だそうです。
↓  ↓  ↓
www.bankeinatures.com/cafe-shop-seed/

あー楽しみだ。
いろいろ楽しみだ。

飛行機の中、キレイすぎる空からの風景と、3日間みんなと一緒に過ごせるワクワクとで胸いっぱいになったりして。

IMG_2727.jpg

では、今日からよろしくお願いします!

って!

IMG_2738.jpg

札幌! 雪こんなに残ってるじゃん!
ホロスコープの持ち主の鼓動が聞こえるようになるまで…
見守り隊の一員で、今、動画で私の講座を熱心に受講してくれているふみさんが、こんな素敵な実践読みの感想を送ってくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホロスコープを読むことって、
実は芸術活動に似ているんじゃないのかな、と思いました。

絵描きがキャンパスに線を引くように
彫刻家が木や石にノミを入れるように

ホロスコープを通して私が感じたあなたを表現していく
その人が肉体の中に内包している音や色を感じ取り表現していく作業なのではないか。

皆さんがどんな風に捉えているのかわかりませんが、これは、私にとっては新鮮な発見でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
音や色を感じ取り!!ですって!
キャー!ステキ!
そうそう、そんな感じを育てるのを実践読みの目標にしてほしかったのです!
うれしいなあ。
ふみさん、ありがとう。
メールで送ってくれるレポートもよくできています。

ほんとにね、そうやって丁寧にホロスコープの象徴を拾い上げ、人物像を描いていくと、ホロスコープがいきいきと語りかけてくるようになるのです。
ここ読んで!ここに注目して!と。
その声に導かれながら読み進めていくと、やがて道が開け、ホロスコープから可能性や光が見えるようになってくる。

毎回、その瞬間が楽しすぎて、ホロスコープを読むのがやめられない。

今日もそんな楽しい瞬間があった。
職業分析の着地がまさかのエロス。
リリスに対するステキすぎるミッドポイントをつい見つけちゃって(でも、だってAYAKOさんだもの)。
いつもは小惑星を職業占星術に組み込むことはないのだけど、なぜだろう、なぜかホロスコープが訴えてくるときがある。
「そこですか!」ってAYAKOさんも驚いていたけど。

ホロスコープ読み、たくさん練習しよう。
今、勉強会でも100本ノックみたいに、せっせとホロスコープ読みに勤しんでいる。
いつか必ず、ホロスコープを生きたものとして美しく、立体的に作り上げていくことができるように。

だから、苦しくてもやってみよう。
到達までの道のりは、何であっても、必ずバイアコンバスタを通る。
思い通りにならず、苦しく、険しい道。
自分の考えややり方を手放し、自分を超えていかなければならない道。

いつか必ず、ふみさんが言うように、ホロスコープの持ち主の鼓動が聞こえるように、可能性が見えるように、夢や悲しみの色を感じることができるようになる。
自分を、人を、世界を理解する道具として、ホロスコープを利用することができるようになる。
それまで頑張ってみよう。

IMG_2713.jpg
そうそう、今日、AYAKOさんからお花をいただいちゃった。
キレイな赤いバラ!

このバラはね、広尾のお花屋さんのものらしいのですが、そこは、

最高品質のバラをアフリカから世界に届けること。
それが、アフリカから貧困をなくすことにつながっていく。

というコンセプトで「AFRIKA ROSE」というバラのを販売しているそう。
茎は太く、花は大きく、生命力がある、それがAFRIKA ROSEの特徴なんだって。
なんてステキ!

花を贈ってもらうと、心の底から幸せな気持ちになる。
それがアフリカから届いたものだと思ったら、さらにうれしい。
AYAKOさん、ありがとうございます。

では皆さん、これからも張り切って、ホロスコープ読みやっていきましょう!
nicoPLANET春分号リリース 世界をまっさらなものとして体験する。
何!この寒さ!
春分なのに!

皆さんは、春の第一日目をいかがお過ごしでしょうか?

まずは、火星プロジェクトの広告から。
Jさんが英語の標語を、イツカさんが写真を編集して送ってくれました!
みんなのサポートのおかげで日々成長中!

火曜日毎に”火曜日は火星の日!”の写真をTwitterに投稿してくれている皆さんありがとう!
それを丁寧に拾って、編集してくれているみねんこさんもありがとう。

image1.jpeg

それではニコプラネット春分号のお知らせ。
ニコプラネットも3年目を迎えました。
妙なこだわりで、太陽がイングレスするタイミングで記事を投稿しているのだけど、その作業を律義に続けてくれているつびー。
毎月、毎月ありがとうございます。
今日も深夜の1:17に投稿してくれました。

それでは、赤ペン12サイン占い。
その前に、赤ペン占いを担当してくれているうか子さんのコメントから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
難しい難しいと唸ったり、すごいな占星術ってよくできてるなー!と感動したり、毎回一人で大騒ぎしながら書いていると、自分のなかにも予感がふくらんで、太陽のサイクルが楽しみになってくるのを感じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんて素敵なコメント!
そうそう!そんな感じをつかんでもらいたいのです!
うか子さん、今月もありがとうございました。

初参加の癒しウヲ☆さんからも、「悩みすぎて頭から白い煙が上がりました」というコメントが。
皆さんの努力の結晶です。
ぜひ、1か月の過ごし方の参考にしてね。
↓   ↓   ↓
赤ペン12サイン占い 牡羊座期

そして、今月の星宙予報。
↓   ↓    ↓
nicoの星宙予報 牡羊座


最後は、今月の言葉。
↓   ↓    ↓
今月の言葉 牡羊座 島崎藤村


1か月の過ごし方の参考になれば、そんな思いでいつも書いています。
その時々の太陽のエネルギーの使い方を理解することで、また身につけることで、自分をとりまく世界との調和――自分自身でありながら、全体の一部として存在する――を作ることができる。
季節の流れに逆らうことなく、それでいて受動的になることもなく。

今月は牡羊座。
牡羊座のエネルギーは、世界をまっさらなものとして体験すること。
1年前とはまた違う、今の「私」が心ときめく体験。

体験が自分を作っていく。
新しい自分に会える、そのワクワクする予感を手にして。

そうそう。
コンノマンのアイデアで、来月から「ニコプラネット お悩み道場 時期読み講座でしごかれた選抜メンバーが、皆さんのお悩みにメールでお答えします!」をやります。
詳細は後日!
お楽しみに!
 
IMG_2707.jpg
今日は、朝から講座三昧。
時期読み講座6回目を行いました。
パーソナルシェフの癒しウヲ☆さんがオイシイ料理を作ってくれたりして。
あー幸せ。
おいしいものを食べて、3重円をやって、なんてたのしい春分の日。
外が雪でも気にならない。
占星術の習得は難しいけれど、体験とともに少しずつ、自分の世界を育てていくのと同じリズムで学びを深めてもらえれば…

皆さんの太陽牡羊座期が素敵なものになることを祈っています。
心=月が環境に打ち解けないと世界を変えることができない
先日、大阪の生徒さんと道を歩きながら話をしていた時、「SNSの影響もあって、占星術の情報が出回るのがめちゃくちゃ早くなっていて、新月図読みも芸能ネタも早い者勝ちみたいになっているんですよー」と教えてくれた。
水星がいつから逆行するだの、次の新月はスーパームーンだの、そういった天文ネタも早くに出回るようになっているという。

鉄は熱いうちに打てというが、ダメだ…この流れについていく自信がない…

情報の裏も取りたいし、しっかり吟味したいし、象徴の意味を落とし込みたいし。
収集したら、ろ過して、火であぶって、そして残ったものだけを抽出したい。
種まいて、水あげて、象徴の意味を時間をかけて育てていきたい。

でもね…もう少し早いペースで情報を処理できるといいのだけど。

ということで、すっかり遅くなってしまったのだけど、今日は17日(土)の灯台屋・山羊座火星ワークのお話。
参加者&スタッフの皆様、おつかれさまでした!

今回は山羊座=土星と蟹座=月の関係の話がメインテーマ。

なぜ、蟹座=月を意識しないと山羊座=土星ができないのか。
蟹座=月で補完しないと山羊座=土星はどのような支障をきたすのか。
山羊座火星が機能した時、どのような利点が人生にもたらされるのか。

まずは、そんな話をぽつぽつと。

Desktop76_2018032102190145b.jpg

いつものことなのだけど、ワークの時は、きっと私が一番楽しんでる気がする。
占星術のシステムのすばらしさを説明するとき、毎度毎度、心からワクワクしてしまうのだ。

月を知ること。
それは自分の取り巻く環境を利用すること。
月が打ち解けると、生きる世界が変わる。
逆に心が環境に打ち解けないと世界を変えることができない。

そんな話をした後は付箋ワーク。
今日リリースした火星ニューズレターにも書いたのですが、私は火星が移り変わるたびにこの作業をやっていて、今回のワークでは、

山羊座期(3/18~5/15)に山羊座期の目標を
・チャレンジしたいアクション(do)
・調整したい気持ちや状態(be)

の2つを書いてもらいました。

例えば、
・子供向けのワークショップを開催しよう!(do)
・気持ちを素直に解放しよう!(be)
という感じです。

付箋に目標を書いた後、みんなで深層心理を探ろう!ホロスコープコラージュ!をやりました。
これね、本当に気づきがいっぱいでね、みんなに体験してもらいたい。

雑誌を切ったり、キラキラをはったり、皆さん楽しそうにコラージュしてくれました。
個性的でユニークなコラージュがたくさん!
火星チームも張り切って参加しました!

Desktop177.jpg

その後、私が驚きの診断を発表(みねんこさんは「バッサバッサと切りまくった」を書いてくれていた)。
本当の私を知りつつ、この春にやるべきことをコラージュから読み解いていきました。

あー楽しかった。
これまたやろうね。

ということで、山羊座火星WSも無事終了。
詳しくは、火星ニュースレターを読んでいただくか動画で視聴してください。

動画の申し込みはこちらから。
↓  ↓
動画のお申込みはこちらから


あ、そうそう。
写真の最後に映っているのはですね、藤井まほさんが手掛けている「火星クラッカー」。
もうね、おいしすぎてですね、うっかり独り占めしそうになったほど。
黒コショウ、カイエンヌペッパー、クミン、コリアンダーなど火星に由来したスパイスを使っているということです。
とにかく、一度食べてみてほしい!

お問い合わせなどは、こちらのページでチェックしてみて!
↓    ↓
藤井まほのほんわか日記

次回の灯台屋・水瓶座火星WSは5月19日(土)を予定。
また皆さんに会えるのを楽しみにしています。

では、素晴らしき山羊座火星期を!

【募集】4/14(土)大阪 心理占星術実践読み講座スタート
あー春だなあ。
開けっ放しの窓から、草花のにおいがする風が入ってきて気持ちがいい。
なんか素敵なことがしたくなるね。

今、ちょうどイツカさんからメールがあった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木星と土星を送る歌、すごくおもしろいと思いました。
楽しくイメージをつかみやすいって、普及していくにはいい武器ですよね。
ところで火星メンバーにとっての牡羊座ソングを聞いてプロモーションに使いたいと思うのですが先生はどう思いますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、2019年~2020年の主要なトランジットを拾う作業をしているときに、私が射手座から木星が去るのを、「あー行ってしまう。射手座から木星がいなくなってしまう!」っていたく悲しがったので、その時は送別会をやって、火を囲んで歌でも歌おうという話になったのです。

いいねー
牡羊座ソングやりましょう。
イツカさん、アイデアありがとう。

4/14(土)より、大阪で心理占星術実践読み講座がスタートします。
基礎を学んではみたけれど、チャートがうまく読めないという方、ぜひいらしてみてください。
占星術の知識の活かし方、現場でのアプローチの仕方、自分の人生に反映させる方法、いろいろ考えていきましょう。

象徴の理解が進むと、世界がカラフルになる、世界が宝の山に見えてくる。
楽しみですね。

【心理占星術実践読み講座】
◆日程:4/14 11:00~13:00スタート 毎月第2土曜日 全9回
◆料金:63000円 全9回×2時間
◆会場:谷六Village / 谷六ヴィレッジ
〒542-0062 大阪府大阪市中央区上本町西3-3-5 
地下鉄『谷町六丁目駅』から徒歩5分

※占星術の基礎的な知識がある方が対象です

お問い合わせ お申し込みはこちらから!


【カリキュラム】
1.ホロスコープの全体像を理解し、個人の輪郭を捉える
まずは、アスペクトは読まず、半球の偏り、太陽と月の配置、ASCのディスポジター等から、個人の発達の特徴を考えます。基礎的知識を復習しながら、少ない情報を利用して個人に寄り添ったリーディングをしていきます。

2.アスペクトの整理をし、個人の成長過程、問題点、未来の可能性を考える
nicoの心理占星術では、アスペクトは個人の成長過程と、それによりパターン化された個人の人生に対する印象と考えます。つまり、同じアスペクトを持っている人でも、その使い方は人それぞれ異なるのです。
天体の組み合わせを考えることで、個人がどのような物語を体験したのか、それにより、個人はどのように体験をパターン化しているのかを理解します。そして、天体の印象を書き換えることで、個人の人生をよりよい方向に導くことになるのです。

3.心理的防衛、ハウスのネットワークから成長の葛藤、個人の心理的背景を理解する
心理占星術の醍醐味が学べる講義です。
ホロスコープの象徴から、防衛メカニズム(防衛機制:不快な感情、気持ち、体験の影響を弱めたり、体験そのものを避けたりすることによって、心理的に安定した状態を保つために発生する心理的な作用)を分析します。
また、ハウスのネットワークを考えることによって、個人の成長の問題がどのような発達過程から生まれたものなのか、それをどう解決していけばよいのかを考えていきます。

4.トランジット図を読みこなし、個人の「今」を理解する
トランジットとは、時代意識です。
実際、「今」どのようなことが社会で起こっているのか、それは個人にどのような影響を与えるのか。
心理学者の河合速雄氏の「個人それぞれの傷は、文化の傷、社会の傷、時代の傷とつながっている」という言葉どおり、トランジットの象徴を理解することで、個人の問題とそれに伴う痛み、未来の可能性を知ることができるのです。
ここでは、主に外惑星=トランスサタニアンと土星のトランジットの影響を考えていきます。

5.三重円(ソーラーアーク、プログレス)から、個人の人生の流れを考える
三重円が苦手という声が良く聞かれますが、それはチャート上の情報が一気に増えてしまうからです。
ここでは、三重円のどの象徴を中心に読んでいくのか。どこを重要な視点としてピックアップするのかというのを学んでいきます。その上で、個人の成長の方向を考えます。

6.環境を生き抜く力――相性や関係性を考える
心理学では、よく「すべての人の悩みは対人関係である」と言われます。
実際、ネイタルチャートにおける難しい特徴と言われる象徴――ハードアスペクト、エレメントの偏り、逆行、ノーアスペクト等――の問題は、対人関係の中で働くものなのです。
よって対人問題を克服することにより、個人の人生を健やかに成長させることができることでしょう。
対人関係に問題が出やすいとされる象徴を学びつつ、愛着問題、セクシュアリティ、アニマ・アニムス等の心理学的アプローチも学んでいきます。
・ネイタルチャートにおける、個人の対人関係の問題とその解決法
・カップル、夫婦、親子等、対人関係の力学=ダイナミズムを考える

たくさん眠ってたくさん揺れて、そしてやがて浮上する
今週17日(土)の灯台屋さんの火星WSは「ホロスコープをコラージュしよう!」というワークの関係上、募集人数がいつもより若干少なくなっています。
なので、そろそろ〆切かな。
もしかしたら、あと1名、2名くらいならOKかもしれません。
残り席、早い者勝ちですね。

お申込みはこちらから!
↓   ↓
●当日参加の方はこちらから

動画のお申込みはこちらから

◆開催概要◆
日時:2018年3月17日(土)15:00-17:30
内容:第1部(75分)レクチャー (nico)
    山羊座期を美しく過ごすための月の調整 トランスサタニアンを味方につける

    第2部(75分) ホロスコープコラージュワーク
    月の調整と未来のビジョン作り


参加費:火星シートをお持ちの方で当日参加の方は2,000円
火星シートをお持ちでない方は5,000円(当日お買い求めいただけます)
動画視聴は1,500円
※30分の拡大版のため通常料金と異なります。持ち物:筆記用具、お持ちの方は火星シート


今回は、月とトランスサタニアンの話。
先日、大阪で開催したタロット講座の大アルカナの最終回では、「太陽」に向かう統合への過程とは、何度も何度も自己の深層に向き合うことに他ならないということを学びましたが、占星術の統合への道のりもやはり同じことで、やはりどうしても月の奥の奥にある深層に触れないことには、太陽系全体のシステムも偽物、借り物でしかならない。
太陽系=公的活動の体験を自分のものとして実感するには、速やかに月を浄化する必要がある。
その方法が、トランスサタニアンの利用ということだ。

ということで、今回の火星WSでは、月の浄化とトランスサタニアンの話をする予定です。
どうぞお楽しみに!

月の浄化とトランスサタニアン。
それは、まさに太陽魚座期にやるべきことだ。
そういえば、この日は魚座の新月の日でしたね。

春を待つまどろみの中で、夢うつつの浅い眠りの中で、私たちは海の底の忘れていた印象を拾う。

時には泣くこともある。
大いに泣くこともある。
または、期待や情熱に襲われることもある。
ままならないことばかりだけど、私には空がある、言葉がある、愛や友情がある。
海の底でゴロゴロ転がって、眠って、揺れて、キレイなものもたくさん見たし、何となく素敵な未来が見えたから、やっぱりもう一度やってみようかと思う。

Desktop171.jpg

Tさんからこんなメールをもらった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋から年明けにかけて心も事象も、かなり深く向き合わないといけない状況で、停滞感満載な感じから一転、2月から流れがぐっと変わる感じがあり。
気づいたら、射手の火星をいい感じに使えていて、でも上を目指しながらも、それが現実化しそうになると不安になるやっかいな気持ちと戦っていたところ、灯台やさんでの動画をポチっと購入。
気持ちを持ち上げてもらえました。
先日の下弦の月の前日には金星をみっちり言語化する機会があり、本当に星の動きってすごいなぁ、、、と改めて思いました。
太陽や金星が明確になることで、目の前のいろんな出来事がすごく心に響いてじわじわ涙がでたりということもあり。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、充実の職業占星術勉強会の後、次期火星手帳の作成のため、2019年1月1日火星牡羊座0度から、2020年6月28日火星魚座30度までの1年半の火星のアスペクト&重要な天体配置の書き出しをやった。

未来の天体配置を追いかけるのは本当に楽しい作業だし、そしてアスペクトをすべて書き出していくと、天体と天体のコンタクトがどれだけ貴重なのかもよくわかったりする。
それがたとえスクエアであっても、アスペクトというのは天体同士の奇跡の出会いなのだ。

天体を動かしながら見ていると、1年半分の未来の人生の疑似体験をすることもできる。
季節図と月相のシステマティックな関係性にときめいたり、2019年11月27日、射手座から木星が去る最後の射手座新月のチャートを見ながら別れを悲しんだり、2020年4月、土星が水瓶座に入ったと思ったら、速攻、山羊座に引き返して、肩透かしを食らったり。

Desktop172.jpg

笑いあり、長渕の歌ありの楽しい時期読みの作業となりました。
これを書きだしたら、あとはアスペクトの象徴をテキストにしていきます。
分担作業です。

あ、次期火星手帳のイメージサンプルが出来上がりました。
いいものができそうです。

イメージができ、アイデアが広がった。
未来に向かう光の筋が見えた。
そろそろ、浮上しようかな。
”始末”の季節だから、社会の傷として同じ苦悩を引き受ける
今起こっている一連の政治的出来事に関して、こんな質問をもらった。

これらの出来事は、どの天体が影響しているのでしょうか。
やはり山羊座の土星でしょうか。

土星は山羊座を運行し、射魚座の太陽と射手座の火星は牡羊座ポイントに向かい、木星は逆行をはじめ…というように、日々、チャートを開けば、天体同士が何かしらのコンタクトを取ったり、サインを変えたり、逆行したりしている。
物事が起こってからチャートを分析すれば、すべての表示がそれらしく見えてくるかもしれない。
実際、そうなのだ。
天空上にある、どれもこれもが影響を及ぼし合い、時代を動かし、色づけているのだ

すべては太陽を中心にして。

そして、様々な出来事は過去から未来へと続く物語の文脈の流れの中にある。
先日のブログにも書いた通り、2017年の春分から続いていた流れが、3/9の下弦の月で着地をし、次の新月&春分で新しい流れに切り替わることになる話。
森友問題は2017年2月に初めて報道されており、または2017年から始まったトランプ政権も、今回の米国務長官の解任表明によって、一つの流れが終わり新たな流れに入る、そのように考えることができるだろう。

季節図も、もちろん太陽のサイクルによってつくられているものだ。
太陽が社会的なテーマを大きく動かしている。

そして、季節図は2017年の天秤座(ASCサイン)の流れで、対人間の刺激によって問題点を明るみに出し、その後、季節図は2018年の山羊座の流れで、あぶり出されたテーマに挑んでいく。

日本の場合だったら、「官僚組織の根深い偽装&隠ぺい体質」と「政治不信」となるだろうか。
しかし、天体と人、ミクロとマクロの照応の考え方を用いれば、これが国で起こってるということは、おそらく官僚だけじゃなく、企業も個人も日本の体質として「偽装&隠ぺい」のテーマに向き合う必要があるということになるかもしれない。

臭いものには蓋をし、見てみぬふりする理想主義の体質。
みんなで渡れば怖くないという集団圧力の体質。
または、謝罪を強要する村八分的な体質。

いつも講座で話している、河合隼雄氏の言葉、

個人が受けた傷は、まったく個人的なものでありながら、それは同時代を生きる人々に共通であることがわかる。
個人のそれぞれの傷は、文化の傷、社会の傷、現代の傷とつながっている。ある個人が、なぜ自分はこのような不幸や苦しみにあうのだろうと嘆いていたり、不可解に思ったりしている時、それは文化や時代の傷を引き受けている。
同じ苦悩を引き受けている。

なので、自殺した職員の背負っていた傷は全体のものであり、偽造した側の問題も私たちの問題であるとすれば、私たちは誰かに問題を押しつけるのではなく、自分自身の傷として、問題に向き合っていかなければならないということだ。

企業、組織、グループ、自分がかかわっている社会の中で、私たちはどんな問題を表面化したのだろうか。
それは、全体の問題として解決が可能だろうか。

誰一人例外なく、多かれ少なかれ持っているであろう性質を見直し、偽装&隠ぺいすることのない「私たちの等身大」を創造すること。
それが、次からの流れになってくるのだ。
だから、与党も野党も官僚も関係ない。
自分たちの問題として解決しない限り、新しい季節はめぐってこないし、美しいシステムは目指せない。
個性とは、内的真実の言葉を持つこと。
IMG_2633_20180311201827729.jpg大阪からの帰りの新幹線。

停電で新幹線が2時間遅れたけれど、私には土曜日にCさんにもらった(ありがとう!)気持ちよすぎるブランケットと、ダウンロードしたばかりのブラームスのワルツ集があるので、始終機嫌がいい(ブランケット好きすぎて、昨日の夜も首に巻いて寝ちゃった。チャーリーブラウンのように肌身離さず持ち歩いちゃうかも)。
しかし、travelはtroubleがつきものねー

大阪プラネット大学院に参加の皆さま、おつかれさまです!
今回も学びの多い時間になりましたね。
いつもお話していますが、象徴を自分の言葉で語り始めると世界が変わる。
世界の輪郭がはっきりしてくる。
モヤっとしたものがクリアに感じられるようになる。

昨日の時期読みの冒頭で、リーディングのコツとして、

「相談者は占星家が何を感じ取り、何を内的に体験しているのかを受け取るものだ。なので、実際に鑑定するときに、占う側の表現されるべきものを何よりも体験することが大事だ」という話をしました。

言葉のリアルさ、説得力は、占う側の「内的真実」にかかっている。
なので、「心を動かし、今を生きる」、これが大事になるのかもしれないということです。

今日のタロット講座で、ⅩⅩ番目「審判 Judgment」のカードの解釈を説明した時、Tさんの体験談をシェアしてもらったのですが、そのシンクロニシティというか、カードの世界をリアルに感じることができた。
まるで自分が体験したもののように、クリアにタロットの世界観を追体験することになった。
あのような語りが積み重なっていくことで、象徴言語が豊かになっていくわけです。
Tさん、貴重な体験をシェアしてくれたありがとう。

Desktop168.jpg

しかし、占星術が理解できるようになってからのタロット講座、楽しいねー
ドラマに裏づけができるし、双方の仕組みの素晴らしさもわかるし、特に占星術のカテゴライズ(エレメント、モダリティ)の素晴らしさをしみじみと感じられる。

次回からは小アルカナに移ります。
次回もお楽しみに!

時期読みパーフェクトマスター講座も次回でいよいよフィナーレ―!!
時期読み講座、いい講座だなあ。
やっていて、私が楽しい。

そうそう。
皆さんにメール鑑定をしてもらった相談者さんからメールをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなにたくさんの鑑定を一度に受ける機会はないので嬉しかったです。
ゆっくり読んで心の糧にします。
せっかくメール鑑定していただいたのに直接お礼が言えないのが残念ですが、いろいろな視点があっていいのだということや心のあり方について考えるいいきっかけとなりました。
講座の皆様にもよろしくお伝えください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メール鑑定。
皆さんの分析力の鋭さ、洞察力の深さ、復習が進んでいる様子に感動しました。
まずは、ここまで成長してくれて本当にありがとうございました!

あと少し、もう一歩という感じかしら。
時期読みパーフェクトマスター講座は次回でとりあえず終了ですが、占星術の定型文、常套句に陥らないように、「占星術本、教科書からの脱出!」を目指していけたらいいかなあと思いました。

あとは、「心をつかむ鑑定」として、メール内容の言葉遣いや息遣いから、「どの天体が重要なテーマなのか」をくみ取る力が生まれるといいかな。
最後に、この辺を練習をしていけたらいいかなと思っています。
この辺がクリアできると、、個性のある息の長い占星家、占い師になっていけるのではないかな。

Desktop169.jpg

昨日は、「春の過ごし方」として、それぞれにプレゼンしたい対象(英語学習者、離婚を考えている人、プロレス団体等)に向けた、星の利用法を提案するというのをやってもらいました。
春分図、夏至図、新月図などを使って、どのようにしたら春をノリノリで過ごせるか、といったことをプレゼン。

時間がなくて、早回しさせてもらっちゃったのですが、あれね、ちゃんとできるようになるど仕事の幅が間違いなく広がります。
ちゃんとマスターしてほしい!
今度、プラネット大学院などで復習しましょう。

ということで、次回がラスト。
最後は、皆さんの実力を見るために、筆記問題を用意しようかなと思案中。
最後まで学びが深まる工夫をしていく予定です。
宿題のメール、後々送ります!

そして、プラネット大学院3限目は「うか子さんによるロバートダウニーJrの3重円読み」。
うか子さん、素晴らしいプレゼン用のブックまで作ってくれて!!
いやいや、ロバートダウニーJrの時期の使い方、特に36歳以降の中年の危機の過ごし方、土星のフェーズの使い方なんて、なんて勉強になるのでしょう!

Desktop170.jpg

・迅速果断と起死回生
・2ハウスと8ハウスが見せる愛の成熟
・希望のエネルギー

最後はしみじみ、感動的に終わったりなんかして。
おもしろ3重円シリーズ、ぜひ、またやりましょう。
うか子さん、素晴らしいプレゼンテーションありがとうございまし!

あ、夢中でPC打ち込んでいたら、新幹線酔いしてきた。
今日はここまで。
皆さん、また来月お会いしましょう!

nico


Designed by aykm.