FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
プロセスを生き、人生を創り続けていく中で個性を見つける
どうしても会いたい人がいて、どうしても心理占星術のことを伝えたい人がいるので、急きょ開催することになった名古屋講座。
懐かしい人たちとの出会い、とても楽しみ。
台風の影響が心配ですが、たくさんのこと学んでもらえたらうれしいです。

今日は基礎講座、明日が時期読み講座ですが、今回は天体のサイクルと発達のテーマを中心に伝えていこうと思っています。
何者かを目指すのではなく、どう生き続けていくか。
その生きる姿勢の中から個性が育ち、個性化が進んでいく。
終わることのない成長のプロセス中で、個人は何を「私」として育てていくのか。

天体のサイクルを考えながら、そんな話、していこうかなと思っています。
昨日の実践読みでも、そんなイメージを持ってネイタルチャートを読んでもらいました。

金星期の問題は、必ず水星期で発現し、水星期の問題は月のテーマへと帰っていく。
月が共通言語を見つけることで、水星→金星→太陽へと向かう力となる。

2日間の講座でどこまでお話しできるかな。

でも、天体のサイクル本当に面白いですね。
特に地球と同じ24Hの自転周期を持つ火星は、個人の能力のチャレンジの周期として本当に使える。
先日、KINOというブランドのファッションデザイナーの石川さんと火星シートを広げて、ショップオープンにふさわしい時期を探っていたのだけど、「火星サイクルながめてるだけでワクワクする」と言っていた。
チャレンジし続ける人には、このエネルギーはこんなふうに実感できるものなのかと思う。

良質なデザイナが本当にステキ。
ぜひショップに足を運んでみてね。
KINO

火星チームのみねんこさんが、火星プロジェクトに対する熱いメールを届けてくれた。
私がサイクルを使った活動をしている理由を、適切に代弁してくれている。
仲間の刺激に勇気をもらう。
これは水瓶座火星の力かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヘッダー文のテキストを通して読んでみて、改めて感じたことですが、
「火星力とは?」という定義や説明を加えないことが現段階での正解である気がしました。

初めて取り組む人にとってはそのヒントがほしいところかもしれませんが、
取り組むテーマによって、その人の発達段階によって、パーソナリティによって、
陰のテーマと陽のテーマとどちらが課題になるかも違ってくると思います。

まず陽っぽい煽りで、火星に関心をもってアゲ目に楽しくなってもらうのがいいのかも
このサイクル前半は思っていましたが、
これは自分の苦手感の投影だったのかもしれません。

陰が極まれば陽に、陽が過ぎれば陰に、
そのタイミングや程度は人それぞれである。
この「それぞれ」の探索をとおして、
自律や違い、対等や自由、責任や決断など
ユーザーのサバイバルに必要なものが発見されるツールなんだと思いました。

陽の火星力が強すぎる人にはこんな火星ツールは要らないか?
そんなことない。

自在感や爽快感を得る過程で知らず知らずに周囲の人々の自由や機会を奪う恐れもあるわけです。
対等さや環境を配慮するバランス感覚を見直すことで、
火星力を武器のように過剰に振り回さなくてもスムーズに自分を動かせるようになり、
消耗や攻撃性の癖を改善できるのではないでしょうか。

客観性、協調などの獲得に火星サイクルを使うわけです。
そこの点も再考してプロモーションしていけそうな気がします。

火星を使って健やかに、楽しく、生き生きと、なりたい自分に近づく!
このコピーは変える必要がなく、もっと押し出して行くべきではないでしょうか。

beとdo、陰と陽は頭で考えて理解しようとすると
それぞれの考え方、感じ方の癖のために理解されるのに引っ掛かりがありそうですが、
実際に自分を動かしながら、振り返りながら、仲間とシェアしながら、深まっていき
ユーザーたちによって何通りもの表現で語られる可能性があると思います。

つまりhow toではなく、けっこう普遍的なことを伝えるツールである。

5度カレンダーのテキストボリュームもちょうどよく。
Keydaysは下部配置にしたことで、見開きページ全体に対しての働きかけになっています。

nicoさんのヘッダー文もカレンダーのアドバイスも、
ちゃんと時期読みでありながら、占星術発信にありがちな
「天体Aと天体BがCのアスペクトなので~~である」という解釈の寄せ集めではなく
物事が生まれだす過程の途中(瞬間)の動きや表情を切り取って伝えています。

一枚のホロスコープは瞬間の切り取りであり、あらゆる創造物がそこから生まれ出てくる。
刻々と移り変わる環境や社会に、火星のリズムを使って新しく自分を生み出していく。

起業とか、スピとか、一通り体験してそれでも何か物足りない人に使ってほしい。

働き方とか生産性とか話題ですが、ポピュリズムや全体主義に染まってしまった人にも使ってほしい。
マイノリティや当事者、支援や包摂や共生に関心がある人は、
飲み込まれない強さを持つために使ってほしい。

火星が支配する天王星の牡羊座期に火星サイクルが盛り上がるのではなく、
牡牛座期になってから具体化、本格化して
木星が社会サインに入っていくタイミングとも重なるのがいい感じです。

2019がいっそう楽しみになってきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【大阪】10/13(土)心理占星術の現場のためのロールプレイング
占星術の学びの過程で外せないのが、「現場のためのロールプレイング」。

サンプラーさんを4名ほど招いて、心理占星術&タロットの技術を駆使し、実践の現場というのを体験してもらう講座を開催することになりました!

ただ座学で勉強を行っているだけでも、お茶会のような場で、自分や人の星の使い方を聞いているだけでは、どうしても学びが追いつかない。

占星術をまったく知らない人の中で、象徴がどのように働いているのか。
クライアントに何を伝えてあげると、一番、今の人生、意識、成長にシンクロするのか。
セッションの道筋はどう作ると効果的に働くか。

このようなことは、実践練習でしか学べないことも多くあります。
特に、プロで現場で活躍している人にこそ、やってもらいたい訓練であったりします。
心理の現場では、「自分のやり方が間違っていないかどうか」をレビューする勉強会や報告会といった機会が多く持たれている。
閉鎖的な中で問題を起こさないよう、お互いがチェック機能になっているわけだが、占いの現場は、基本的に個人経営みたいなものなので、なかなか横のつながりが持たれることは少ない。

自分の読み方に偏りがないか、人はどのような視点でチャートを読み、どのようなアプローチでセッションを行っているのか。
客観的な視点を持つ機会ということで、ベテランの方にもぜひ参加してもらいたいと思っています。

そもそも心理占星術って何?を知りたい方もぜひいらしてください。
読みに自信がなくても大丈夫。
見学だけでも、理解を深めたいだけでも参加可能です。

【大阪】10/13(土)心理占星術の現場のためのロールプレイング
●心理占星術の現場 注意点と技法
どのように現場を組み立てていくか
その問いに何を読み、どう答えていくか
どんなことを注意したらいいか
ナラティブセラピー「オルタナティブストーリーの話」

●実際、サンプラーの方を占ってみよう!
データ作成
質問の理解
初対面でのアプローチ
どの技術を使って悩みにこたえていくか
クライアントの”今”をとらえる
具体的解決法の提案
着地
エンディング

●セッションの振り返りとこれから
・反省点、修正点、可能性について話し合ってみよう
・何をどうするとうまくいくか、現場の今後を考えてみよう

◆日時:2018年10月13日(土)14:00~17:00
◆参加費:5000円
◆会場:谷六Village / 谷六ヴィレッジ
〒542-0062 大阪府大阪市中央区上本町西3-3-5 
地下鉄『谷町六丁目駅』から徒歩5分


※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
<気になる人はぜひお問い合わせを。
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!

そして、今回一番気をつけてもらいたいのは、「象徴の解釈を狭い範囲で限定しないこと」です。

実際、占星術的象徴には魔物が住んでいる。

私のT字スクエアは、私の人生にいつも混乱を巻き起こすんです。
私の海王星が、私の人生も目標を曖昧にするんです。
月土星が私の人生を苦しいものにするんです。

占星術は、壮大な宇宙論を軸とした学問だ。
象徴は限定するものではなく、本来、可能性を広げる力があるはずなのだ。

その意識を常に持っていないと、占星術的象徴という監獄の中にクライアントも自分自身も閉じ込めてしまうことになる。
または一生、それを言い訳に生きていくことになってしまう。
もちろん、誰にでも弱点はある。
ホロスコープにも、天体にも弱点はある。
けれど、長所と短所は紙一重でもある。

私がいつもお伝えしている心理占星術の目標、

①クライアントの人間的成長の援助
②社会生活における安定の実現の援助
③遭遇する諸問題の予防と解決のための援助を目的とした技術

これらを目標に、受容し、癒し、修正し、引き上げる。
シングルセッションでどのくらいできるかは別として、自分自身が少しでも手ごたえを感じられるようなセッションを目指していけたらと思っています。

ということで、皆さんと一緒に成長の機会が持てるよう、私も楽しみに臨みます。
11月23日には、「プラネット大学院」の看板を引っ提げて、大阪梅田でイベントに参加することになっています。
ぜひ、力をつけて帰ってください。

くみちゃん、もりもとさん、サンプラーさんを集めていただきありがとうございます。
サンプラーさんの方々にぜひよろしくお伝えください。

では、来月、大阪谷六でお会いしましょう!

nico
やっはり人ってオモシロイ!水瓶座火星に火がついた?
9/22(土)は、恒例の灯台屋さん火星ワークショップ。

個人的には、今までのワークショップの中で一番楽しくて、最後の打ち上げまで楽しくて、「秋分の期間は、今後の流れに乗るためにもとても重要だ」という話ができたはもちろん、人の話を楽しそうに聞くもずくさんの穏やかな姿や、自分の話を上手に交えながら、人を上手に誘導するみねんこさんの技、つびーの大真面目な仕切りなど、スタッフの良さ=個性を見ることができて、本当にいい時間を過ごさせてもらいました。

参加者の皆さん、忙しい中、足を運んでくれてありがとうございました。

Desktop24.jpg

季節図読みの恒例、「どこからきて、どこに向かっていくのか」ということを、今回はASCではなく、MCを中心に追いかけてみた。
春分=天秤座、夏至=天秤座、秋分=乙女座、冬至=天秤座という流れを見てみると、やはり水星、金星力の強化は必須というのがわかる。

この二つのサインが、今度、どのくらい重要になってくるか。
乙女座=水星、天秤座=金星が安定すると、山羊座土星の土台づくりになるだけでなく、射手座木星のイングレスの準備にもなるという話。
今度の流れをつくるのに、本当に大事な3か月になること。
そんな話をさせてもらうことができました。

風エレメントは、天秤座の力が身につけば、怖いものなしです。
活動サインというのは、そのエレメントのステージ=見せ場になるわけですから、火エレメントは牡羊座=火星を、水エレメントは蟹座=月をちゃんと表現できる場をつくることができれば、そのエレメントの安定につながるわけですから、風エレメントは天秤座の見せ場をとにかくやってみる。

人との関係性の中で、自分の金星を魅力的に見せる機会をたくさんつくる。
そして、その金星を天秤の片方に乗せ、社会に通用する価値に見合うよう育ていく(11番目のタロットカード、正義のイメージですね)。
これで風エレメントの完成となる。

今回のK氏のプレゼンテーションは、まさに天秤座→水瓶座の流れにつながっていたんじゃないかしら。
K氏の素直で前向きな行動力もすごいけど、火星の運行もマジですごい!

会社をやめて自分の活動に専念すると宣言してくれたIさん、すばらしい「be=在り方」と「do=未来にむけた行動」を披露してくれたAさんの話も、みんなの夢、みんなの理想を刺激してくれたんじゃないでしょうか。

皆さん、話をシェアしてくれて、初めての「be=こんな私でありたい!」と「do=ならばこうしていこう!」のワークを体験してくれてありがとうございます。
もっと洗練させて、またやってみようと思います。

42318076_295155827977622_4021573824242778112_n.jpgそんなこんなで打ち上げ。
ここでも、活発な意見交換が。
内容は…まあまあ真面目なセクシュアリティの話。
セクシュアリティは、個人的な話でありながら、その背景に社会心理や時代意識が働いているのではないか。
そんな話で、パーソナルな話もポツポツ。
時間を忘れるくらい話し込んでしまいました。

やっぱり人ってオモシロイね。

オイリュトミーでは、「M」という子音は水瓶座に対応してる。
過去と未来が、人と人がすれ違い摩擦を起こす。
交流し、刺激を与え合う。
「meet」そんなイメージだ。

今度、夜のニコラボでも同じテーマで会を開こうと思っています。
ぜひ、一度、気軽にセクシュアリティについて話し合ってみましょう。
日程は10月31日(水)。
詳細はまた後日ね。

さて、いよいよ2017年1月28日から始まった今期火星も終盤。
11月9日には、2019年度期火星サイクル手帳が発売されます。
今期の最後の灯台屋さん火星ワークショップは、11月17日(土)を予定しています。

では、水瓶座火星期をしっかりサバイバルしてください。
言葉の力に磨きをかけて、人とたくさんの摩擦「M」を作っていきましょう。
nicoPLANET秋分号 天秤座期だけど、引き続き乙女座もやろう!
秋分ですって。
早いものですね。
昨日、札幌チームのKさんから、「みんなで職業占星術の復習会やりました」という連絡をもらった。
みんな元気なのですね!よかった!

「仲間と一緒に理解を深めることが出来て、本当に良かったと思います」というコメント。
後ほど、皆さんの宿題をまとめたレポートが届くということ。
楽しみに待っています!

職業占星術の面白さってなんだろう。
未来の可能性を開くということにおいて、明るさや希望がある技術だからかもしれませんね。
動画での参加もできます!
10/7(日)スタート!職業占星術講座の案内はこちら!
お席はあと1、2席といったところかしら。

ということで、新しい季節を創造するためのテキストを集めたニコプラネットの秋分号。

まずは赤ペン12サイン占いから。
↓ ↓ 
赤ペン12サイン占い2018 天秤座


今回は、季節の変わり目に書かれたテキストだったからか、災害や事件が続いた時期だったからか、全体的にトーンが暗く、厳しめの内容が目立っていました。
「時代の空気を読む」ということなので時期読みというのはそういうものですが、だからこそ、少しでも希望の光が見えるとホッとするのかもしれませんね。
文章(双子座)というのは、本当に気分(蟹座)が反映されますね。
ごくろうさまでした!

そして、今月の言葉。
↓  ↓
今月の言葉2018 天秤座 ペドロ・アルモドバル


今回紹介したのは、インタビューの言葉なのですが、なかなかどうして天秤座らしい。
というか、そうか、7ハウス=天秤座というのは、こういう能力を身につけることを言うのかと改めて勉強になった言葉。
ぜひ、7ハウスが苦手!天秤座ってよくわからない!という方に読んでもらいたい。
結局ね、だからプーチンなんですよね、天秤座ってね。

でも、アルモドバルの映画はどれも好き。
音楽も色彩も人も風景も、すべての配置が完成されていて、なんというか歌舞伎の舞台のようなのです。

そして最後は…天秤座期の星宙予報。
↓  ↓
nicoの星宙予報2018 天秤座


今回は秋分図を読んでいます。
今日のブログのテーマにもありますが、内容は「天秤座期だけど、引き続き乙女座もやろう!」です。
後ほど、昨日の火星WSの内容もレビューしますが、昨日もね、同じ話をくどくどしましたね。
もうね、とにかくこれからの時代、まずは「水星力」なのです。
国も、企業も、個人もポケットからすぐに水星が出てくるくらいにしておかないと、やっぱりね。
そんな話。
少しシビアかもしれませんが、私も自分に対する戒めとして、気を引き締めながら書かせてもらいました。
あと、火星ー月ー木星のシステムの話なんかも出てきます。
お時間あるときに読んでみてください。

今回も日夜作業をしてくれたつびー、ごくろうさまでした。

秋ですよ。秋。
ときにメランコリックな気分にもなる季節ですが、だからこそ世界の美しさ、人の存在のありがたさに感謝しつつ、秋の季節を楽しめたらいいですね。
皆さんの秋のプランはどのようなものですか?
では、素敵な秋の日を!

nico
「違う声を強みに変える」 多様性が未来への扉を開く
週末火星WS、初灯台屋さんに参加させていただきます!
水瓶座シェア&付箋ワークをしたいため♪ よろしくお願いします!

Iさんから、こんなメッセージをもらった。
ぜひ、水瓶座シェアしましょう。
そして、未来へ持っていく”価値”について話し合いましょう。
そして、未来のための付箋ワークもしましょう。

南北首脳会談、安倍首相3選と、そのインパクトや重要性をリアルに感じることがまだできていないけれど、それでもやはり全体の流れがまた一つ変わったのだ。
こういった現象を個人のテーマに落とした時、どのような象徴を受け取ることになるのか。
そういったことも含めて、22日(土)、ぜひ水瓶座について話し合いましょう。

ここ数週間、2019年度版火星手帳のテキストづくり&校正作業に追われている。
今朝は、村上さなえさんが校正してくれた文章をさらに手直しする作業をしていた。
自分では気づけない指摘があり、いいものが出来上がっていく期待もあり、楽しく手を進めている。

次回の火星サイクル手帳は、たくさんの人がかかわってくれている。
多くは私の生徒さんだが、keydays、火星アスペクト、5度ずつの運行などのテキストを手掛けてくれているのだ。

人が関わることで時間がかかったり、遠まわりになることもあるけれど、”多様性”がもたらす価値には代えられない。
水瓶座・火星の、またはそれにコンタクトしている牡牛座・天王星や蠍座・金星の不動サインの”価値づくり”のテーマとは、まさに多様性のあるヒューマンリソースということになるだろう。

しかし、楽しいことばかりではない。
自分とは違う意見や考え方が、自分の”当たり前”を脅かすことは大いにある。
「これでOK」は、「これではNG」になることももちろんある。

でも、それが自然な時代の変化ということなのではないか?
こだわりを手放し、新しい価値観、考え方、生き方を採用しなければ時代に乗り遅れるのではないか?
南北だって合意し、“南北終戦”を宣言したのだ。
私だって、新しい風を取り込むことが必要なはずだ。

「違う声を強みに変える」とは小泉進次郎氏のコメントだが、多くの国民が自民党に期待はしていなくても、していないからこその立場なのだろう。
8か月続いた時期読みパーフェクトマスター講座で最後安倍首相のチャートを読んだ時、「3選は鉄板」という見解に落ち着いたので、まあ妥当な結果なのかもしれないけど、はたして水瓶座の石破氏が「国民の代弁者」として天王星的な役割を果たすことができたのかどうか。

一人一人の背後には、たくさんの”私に似た人”がいる。
だから、個人は自信を持って自分の意見を声にすればいいのだが、それはより良い未来への価値ある提案である必要があるし、前向きで建設的な議論である必要もある。

個人を超えた先にあるビジョン。
それが水瓶座=天王星で示せたらいい。

今日はこれから火星会議です。
最初にみねんこさんが火星研究を発表してくれます。
テキストの整理、レイアウトの提案、今後の作業の確認などをしていきましょう。
今日から、ライブ動画での参加もやってみることにしました。
京都のうか子さん、川崎のJさん、どうぞよろしくお願いします。

渋谷区は、雨がひどいです。
気をつけてきてください。
では、のちほど!

nico
「地エレメント」を育て、ウソのない自分を美しく生きる
【火曜日は火星の日】

皆さん、お元気ですか?
ここ数日、たくさんの方から、講座や勉強会のフィードバックをいただき、また「こんなことを目標に頑張ってみようと思います」という宣言を聞かせてもらいました。
昨日の職業占星術の講座でも、それはそれは素晴らしい未来への目標の発表がありました。
皆さん、ありがとうございます!

火星は、行ったり来たりしながら山羊座から水瓶座へと移行し、そろそろノーマルスピードに戻ってきましたが、このタイミングで将来の方向性が定まったとういことは、その目標を火種に次の火星サイクルの旅を始められるということです。

一度、山羊座へ戻り、自分のあるべき姿を確認し、それを持って水瓶座で「未来を生きるための価値づくり」をする。
この順行逆行の繰り返しの中で、自分の「生き方」の確認し、水瓶座、魚座を経て、次期サイクルのスタート—2019年1月1日—を迎える。
楽しみですねー

まだ、見つかっていない!
それなら、自分の中に揺るぎない「地エレメント」が育っていないかもしれません。

先日の火星WSでは、「自分の中に地エレメントを育てて、揺るぎない自分軸をつくろう」そんな話をさせてもらいました。

火星ニューズレターでも長々、詳しく書きましたが、2番目の構成要素のである「地」は、ユングの4つのタイプ論でいうところの「感覚タイプ」。
感覚タイプとは、自分に備わった器官で世界を実感するということ。
自分の目で見て触って確かめられるもの、「これが私の世界だ」と確信を持つことができること、そういったことを人生の主軸にするのが地エレメントの特徴です。
自分の感覚から離れずに世界を体験するということは、つまり、自分をごまかさず、自分に嘘をつかないということ。
自分の感覚を信じ、世界を美しく、心地よく構築していくこと。
この「感覚」が備わらないと、いつまでたっても自己の選択を信じることができず、人に判断を委ね、揺らぎやすく変わりやすい人生観の持ち主になってしまうということです。

今、世間では、牡牛座のさくらももこさん、乙女座の安室ちゃん、山羊座の樹木希林さんと、地エレメントの美しい生き様、去り際が話題になっていますが、それぞれに自分の持っている才能を全うし、自分自身をすがすがしく生きた人たちであり、ファンでなくてもその姿に感動します。
仕事の仕方、私生活の整え方、表現スタイル、自分の貫き方、どれをとっても「地エレメント=自分を生きる」を体現していて、どう生きるかのお手本にとてもなりますね。
最近、職業占星術を積極的にやっているのですが、MC=山羊座=土星の作り方として、また地エレメントの育て方として、いろいろ勉強させてもらうことができました。

ということで、今日の勉強会は職業占星術をやる予定です。
お楽しみに!

そうそう。
今週末、22日(土)は灯台屋さんで火星WSやります。
地エレメントの後、では風エレメントは何をするのか、それをお話しさせてもらいます。
きっと役立ちます。
楽しみにいらしてください。
最近、動画での参加も多くなっています。
時間的に無理!な方は、ぜひ動画で参加してくださいね。

詳細は↓
22日灯台屋さん火星ワークショップの詳細はこちら

チャートの何がどう働いているのか 天体?サイン?ハウスのカスプ?
大阪の生徒さん、雨の中、お疲れさまでした!
今回もたくさんのことを学び、疑問を持ち、難しさを感じ、できる喜びを知り、仲間と笑ったり、未来を語ったりの週末でした。

11/23(金)、もりもとさんのサポートのもと、大阪プラネット大学院として「大阪市立総合生涯学習センター 市民がつくる文化祭・総合フェスタ」で占い&ワークショップの出展をすることになり、俄然やる気になっている大阪チーム。

みんなでワイワイ、楽しみですねー
今回、初の現場を体験する方もいるわけですが、ゼロからタロットや心理占星術を学んでくれた皆さんが、こんなに成長するなんて夢のようですね。
でも大丈夫!
皆さん、どこに出しても恥ずかしくないくらい実力満点です。
この機会にぜひ!皆さんの実力を大阪の皆さんに見てもらいましょう!

まだ、仮ですが、
・心理占星術&タロットの鑑定
・火星手帳出版記念イベント
・あなたの強み&輝きアップのワークショップ
・射手座木星の追い風に乗れ!幸運体質ワークショップ
といったラインナップで、総勢6名?での参加予定。
詳細は後ほど発表ですが、関西方面の皆さん、11月23日(金)お時間ありましたらぜひ足を運んでねー
私もワークショップで登場します!

週末、実践読み講座は活発な質問のやり取りもあり、皆さんの実力がぐんぐんついてきたのを実感できる時間となりました。
丁寧に復習を重ねながらネイタルチャートを読みつつ、着地のイメージをつかむ練習。

MC=南半球強調のチャートをどう意識の書き換えをしていくか。

4ハウスにアンカーを下すのか。
月にアンカーを下ろすのか。
蟹座から始まるハウスにアンカーを下すのか。

そこを見極めていくことで、より現実的な回答をチャートに与えることができる。
では、北半球の強調の人はというと、

MCを目指すのか。
土星を目指すのか。
山羊座から始まるハウスを目指すのか。

を考える。
では、東や西の半球の強調は?
水星ー金星ー土星の使い方の調整をしていく。

そんな構造の話をしました。
こういった話は、午後のレクティフィケーション講座の学びにもとても重要となりました。

実際、チャートの何がどう働いているのか 天体?サイン?ハウスのカスプ?
人づきあいが苦手というのの原因は、

・半球の強調なのか
・水星、金星のコンディションなのか
・火星の弱さなのか
・3ハウス、7ハウスのテーマなのか

では、ASCを見極めるときの個人の環境に対するアプローチってどんなもの?
MCを見極めるときの個人に対する質問ってなんだろう。
といったことを3時間かけて学んだレクティフィケーション講座。

パズルのピース(アングル、天体のアスペクト、サインのカスプ)を並べて、それを丁寧に当てはめていく作業。
なかなかどうして難しいけどオモシロイ。
持っている知識を総動員して、ネイタルチャートを完成させていき、そしてソーラーアーク、プログレス、トランジットで微調整をしていきました。

Desktop23_20180911115405576.jpg

プラネット大学院3限目は、職業占星術のテクニック&関係性の育て方。

最近、ホラリーチャートとネイタルチャートのシンクロニシティを探しながら、そのテーマを軸に読みを展開していくというのをやっているのですが、ほんと、これは使える技術ですね。
その人の”今”に光をあて、読むべき場所まで導いてくれる。
ぜひ、皆さんにも学んでもらいたいテクニックの一つです。

詳細は後ほど発表しますが、次回10月13日(土)14時はイベント出展の予定アリということもあり、サンプラーを招いての現場のためのロールプレイングをやろうと思っています。
タロット、占星術を使って、現場をどのように構成するのか。
相手の質問に対してどのようにアプローチするのか。
どのような質問が効果的か。
そういったことを考えてみましょう。

もちろん、イベント参加予定がなくても、心理占星術、タロットの現場を見てみたい!という方も参加可能です。
開催場所等、後ほど発表しますが、決まっている情報だけ。
◆日時:10/13(土)14時~17時
◆金額:5000円

来月はもう10月!
このまま年末まで元気に頑張りましょう!

IMG_3839.jpgそうそう。
以前、もりもとさんにいただいて、あんまりおいしくて「大好物!」って言ったら、なんと2袋もいただいちゃった。
もりもとさん、ごちそうさま。
いつもありがとうございます。
イベントの準備等、どうぞよろしくお願いします。

nico
明日のプラネット大学院は、最新の職業占星術の技法も少々
明日の18時から行うプラネット大学院の3限目ですが、告知したチャートの総合読みに加えて、職業占星術をしっかり復習してみようかなと思っています。

IMG_3837.jpgなぜかと言うと、先日、職業占星術講座の後、課題を出したのですが、Oさんのレポートの出来が素晴らしくて、それを皆さんと共有させてもらいたいなと思ったのと、そのレポートを見て、「やっぱりこれはオモシロイ!」ということで、最新の職業占星術のテクニックを皆さんにも少し触れてもらおうと思ったということです。

明日はOさんもいらっしゃるので、レポートの発表もしてもらいましょう。

モチベーションの整え方、モダリティの流れ、職業の方向性の選定など、時間の許す限り、みんなで復習します。

もちろん先日告知した、総合分析——心理的傾向、人生の流れ、持って生まれた資質、これからの可能性等をネイタルチャート、ホラリーチャート、3重円、職業占星術――と、そして実際、私が現場で利用した「関係性の成長のさせ方」も学んでいきます。

Kさんは、さなちゃんをご主人に預けての参加ということ。
じっくり勉強できますね。
週末は大雨の予報ですね。
足元悪くて大変ですが、皆さんと心理占星術を深めていく機会を楽しみにしています。

◆1限目:心理占星術 実践読み講座6
◆2限目:レクティフィケーション講座ー出生図をオーバーホールする→
講座の詳細はこちらから◆3限目:ネイタルチャートの総合分析と関係性の育て方

本格派占星術勉強会 プラネット大学院 in大阪 
【現場力アップのための勉強会】
◆日時 9月8日(土) 18:00~20:00
◆会場:谷六Village / 谷六ヴィレッジ
〒542-0062 大阪府大阪市中央区上本町西3-3-5 
地下鉄『谷町六丁目駅』から徒歩5分
◆参加費 3000円 動画受講アリ
◆参加資格 占星術の基礎的なことがわかればどなたでも


お申込み&お問い合わせは、こちらのアドレスにお願いします。
iyokan.suika@gmail.com

誰かが私の代わりに痛みを引き受けてくれている
心理占星術を学ぶ醍醐味の一つに、トランスサタニアン(天王星、海王星、冥王星)の解釈というのがある。
多くの人たちが言うように、「人間の叡智を超えたエネルギーなので、そのすべてを理解することはできない」というのはもちろんなのだけど、それでも社会心理は時代意識としてこれらを理解することは心理占星術のチャレンジの一つであることから、3天体を丁寧に学び、人や時代に合わせて言葉を選んでいくことは、とても重要なことである。

そんなとき、いつだって河合隼雄氏の言葉が頭をよぎる(私の生徒さんは、本気で耳タコですね)。

個人が受けた傷は、まったく個人的なものでありながら、それは同時代を生きる人々に共通であることがわかる。
個人のそれぞれの傷は、文化の傷、社会の傷、現代の傷とつながっている。あ
る個人が、なぜ自分はこのような不幸や苦しみにあうのだろうと嘆いていたり、不可解に思ったりしている時、それは文化や時代の傷を引き受けている。
同じ苦悩を引き受けている。

なんともトランスサタニアン的な言葉である。

札幌の人たち、無事を知らせてくれてありがとうございます。
ホッとしました。
と、同時に、このようなニュースを目の当たりにするたびに、私はいつもトランスサタニアン的痛みを感じる。

誰かが私の代わりに痛みを引き受けてくれている。
暗い夜に不安を耐えてくれてくれている。

自然災害だけではない。
難病に苦しむ友人も虐待死した子供もワーキングプアの独身女性も、いつかの、どこかの私の姿であるかもしれない。
トランスサタニアンという集合エネルギーを共有している私たちは、分け隔てなく、いつだって運命共同体なのだ。

誰かの夢を錦織選手や安室ちゃんが叶えてくれている。
誰かの日常をさくらももこさんが描いてくれた。
宇宙にとって、それは誰でもいい。
誰かが、誰かの代わりなのだ。

仕事が決まったと報告してくれたMさん。
病気の不安を話してくれたIさん。
恋の悩みを打ち明けてくれたTさん。

みんな私の生きていない人生を生きてくれている。
だから、その人生を無駄にしないように、私もまた明日から頑張ろうと思う。

北海道の皆さん、一日も早く平穏が訪れることを祈っています。

nico
9/22水瓶座火星WS 風の時代を生きるためにやるべきこと
台風21号。
大きな被害が出ていますが、皆さん、無事に過ごされていますか?
いろいろな地域に出かけていくようになってから、このようなニュースを聞くと、いろいろな人たちの顔が思い浮かぶようになりました。
皆さんの無事を祈っています。

今日は、秋分の日・前日での開催が決定、火星みずがめ座期・灯台屋さんワークショップのご案内です。
今回のテーマは、「風の時代を生きるために ~風エレメント強化&秋分図の話&未来に光を当てる付箋ワーク」

風のエレメントであるみずがめ座&不動サインのテーマについて徹底解説をします。
また、ワークショップ翌日に迎える秋分から年内の流れもお伝えします。

2017年1月28日からスタートした今期火星サイクル。
今期、火星が最も長期にわたり滞在するサインはみずがめ座であり、その日数は155日(今期火星サイクルの21%を占める)にも及びます。
占星術的な観点では、ひとつのサインに長く滞在するということは、そのサインのテーマが今の時代を生き抜く力として非常に重要であると考えられるのです。

また、次期火星サイクルの2020年12月22日には、みずがめ座の0度にて木星と土星がコンタクトを取る、グレートコンジャンクションと言われる現象が起こります。
そこからちょうど100年間、本格的に風の時代を迎えると言われています(最後の風エレメントでのコンジャンクションは2119年。双子座14度で起こります。この辺もWS内で詳しくお伝えします)。

これからの時代、そして次期火星サイクルを今よりもっと意識的に、力強く生きるために、このみずがめ座期で何を準備すべきなのでしょう。
風エレメントであるみずがめ座をテーマに、これからの時代を健やかに生き抜ける力とは何か、どのような力を身につければよいかを考えるとともに、未来志向のみずがめ座らしく、皆さんのビジョンを創るための付箋ワークを行っていきましょう。

155日に及ぶ水瓶座火星。
この現象、この象徴、この意識を利用しないなんてもったいない!

IMG_3830.jpg

もちろん、今回もライブ配信+録画配信を行います。
皆さまからのご来場&お申込みをお待ちしています!

開催概要】
◆日時:9/22(土)15:00~17:30
◆内容
第1部(80分)レクチャー by nico
nicoが風のエレメントであるみずがめ座&不動サインのテーマについて徹底解説!
ワークショップ翌日に迎える秋分から年内の流れも解説します。

第2部(30分)シェアタイム by nico&みねんこ
せっかく水瓶座期ですから、みんなの意見を聞く時間を大いにとってみましょう。
そのうえで、自分はどうなのだろう?を考える機会をつくってみましょう。
そして、人の考えや意見に触れながら、自分の意見をフィードバックするのもやってみましょう。
相手を理解することで、自分をよく理解できるようになる。
それが水瓶座の知性です。
前回(5/16~8/12)のみずがめ座期で得たこと・得られなかったこと等、皆さんの体験はどのようなものだったか振り返りつつ、
自己像の再発見になるようなフィードバックをみんなで出し合ってみる。
創造的なシェリングができるよう、私もみねんこさんでやっていきます!
たくさん語り合いましょう!

第3部(20分)未来のための付箋ワーク
みずがめ座期にしておきたいことを付箋ワークで視覚化していきましょう!

※時間配分、内容等、少々変わることがあります。

◆場所:
占い&多目的スペース灯台屋

神奈川県川崎市中原区上新城1-2-3
JR南武線・武蔵新城駅
徒歩3分(北口はってん会、喫茶すなどけい隣)
https://goo.gl/maps/dAbPN3tTT782

◆参加費:
火星ワークシートをお持ちの方、2000円
お持ちでない方、2500円(火星シートの簡易版付き)


◆持ち物:
筆記用具、お持ちの方は火星シート


↓↓ お申込はコチラ ↓↓
◆当日ご来場の方◆
https://goo.gl/iGC38L

◆【youtube】ライブ&動画配信はこちら◆
https://goo.gl/6miPME
Designed by aykm.