FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
2/11火星WS 揺れ動く牡羊座の正体と牡牛座へ向かうための意味
火星が牡羊座に入ってから1か月が過ぎ、火星は明日から最後の5度のタームに入っていきます。
1か月、鑑定や講座を通して、または火星ユーザーの声を通して、皆さんがどのように牡羊座を過ごしてきたのかを聞かせていただきました。
多くの声が「生きることの難しさ」、または「生きることに真摯に向き合うこと」を教えてくれるものでした。

ニュースでは、火星力のコントロールの必要性、「他力」で生きることの無責任さなどを教えてくれるニュースが飛び込んできました。
野田市立小4年の女の子の命を奪った大人たちの非力。

火星が牡羊座から牡牛座へと向かうこの時期に、もう一度、「力」というものについて考えておくことはとても大事なことのように思えます。

なぜ、多くの人たちはこの時期、心が揺れ動くのか。
なぜ意識が「人」に向かってしまい、自分のやっていることに対して自信が持てなくなってしまうのか。
自分の進んでいる道が正しいかどうか不安になり、答えを「人」に求めてしまうのか。
なぜ、この時期、「人」から離れる必要を感じている人が多いのか。

今、皆さんが感じている不安こそ、「牡羊座」が持つ心理的背景です。
牡羊座とは、常に、そのように「人からの刺激によって煽られやすいサイン」であることがわかるでしょう。

それはなぜなのか。
11日のワークショップでその理由を詳しくみていきましょう。
ここが解読できれば、自分の中の火星の扱いがだいぶ変わるはずです。

または、先日、猫のトニさんからこんなメールをもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
断捨離」が気になって本を読んでみた、そして、実際ものを捨ててみた結果、「自分を大事にする」が、とても具体的になってきました。
面白いのです。
なので、当面「自分本位、今ここ重視で行動する」
実験中です。

自分でもバサバサ切り捨ててますが、
自分本位でものごと決めると、
おもしろいように、いらないものがハッキリしたり

あなた人間嫌いだったでしょ?って言ってくれんばかりに、
相手のことがよく分かることが起こって、
いっぱい「さようなら〜」しています。
そして取り入れようとするものが、みんな自分のためになっている感なので、調子いいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おーっ!これは、まさに私がいつも火星WSで「こんまり」を推す理由ではないですか!
そうです!
それこそ、牡羊座期です!
それが魚座からの脱出、牡牛座への着地なのです。
トニさん、いつも適切なサイクルの過ごし方の提案をありがとうございます。

そして、最後は2年間、火星の見守り隊として火星を体験してくれたKaoriさんのnotoの紹介。
丁寧に、2年の火星サイクルの流れを追いかけてくれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
火星の中で1番辛かった蠍座の時に向き合い学んだことでした。
実はこの気持ちは実は蟹座後半の気持ちの続きだったんです。
蟹座のシーズンに向き合わなかった結果、ここで噴出しました。
嫉妬やムカつくことだって人間ですからありますよね。
それをなかったこととして捉えたり、なんでもポジティブに捉えて、まっ、いっか、なんてことが出来ない私は、兎に角納得いかないことは考え抜くしかない。
めんどくさいんですけど、ここできちんと向き合っていないと、いずれ後で問題としてでてくる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうなのです!
水のエレメントの連動とは、まさにそういうことなのです!
それができていないと、なぜ牡羊座火星期がうまくいかないか。
そんな話も11日にしてみようと思います。

Kaoriさんのnoteはこちら
↓ ↓ ↓
見守り隊 かおりさんのnote

もし、そんな話聞いてみたい!という方。
こちらからお申し込みください。
火星チーム一同、皆様のお越しをお待ちしています!
最近、動画でのお申込みが圧倒的に多いのですが、よかったら現地にも足を運んでください。
そして、生の声を聞かせてもらえるとうれしいです。

●火星牡牛座期の過ごし方「内的課題と向き合い、未来の可能性を引き出す」
・牡羊座期の振り返り
・牡牛座イングレスチャート読み
・未来のための自己価値の実感
・火星力をあげるためのアスペクト考察
・牡牛座期の付箋ワーク


◆開催日時:2月11日(月)14:30~16:30
場所:北参道みらいづくり研究所
参加費:火星サイクル手帳をお持ちでない方 7,500円(税込)※「火星サイクル手帳2019-2020」の代金が含まれます。
     火星サイクル手帳をお持ちの方 3,500円(税込)

     ライブ&動画配信をご希望の方もこちらのページからお申し込みください!
↓ ↓ ↓
申し込みページはこちら!

最近の火星活動をちょっとだけ
【火曜日は火星の日】
今週もいろいろな火星トピック。

コラージュ

まずは、大阪の火星ユーザーが任意に集まっての火星振り返りの会から。
火星サイクル手帳の校正担当のうか子さんが中心になって進めてくれました。
皆さんから「楽しかったー」という報告。

・使ってみた感想はどうですか?
・毎日の生活の中で、火星を実感することはできてますか?
・「はじまり」のもどかしさや不安、焦りなどは感じましたか?
・または、その逆、「はじまり」の純粋さ、楽しさ、喜びを感じることはできましたか?


来週、2/11(月)の火星WSでは、火星チームを含め、そんな質問をみんなで共有できたらと思います。
個人と火星との向き合い方、また火星サイクル手帳の使い方なども、また1から考えて見られたらいいですね。

その他の写真はというと、
パンケーキの上にかかっているイチゴジャムは、オイリュトミー仲間のピアニストさんの手作り。
優しさと甘酸っぱさ。
幸せな味。
そのお隣は、イスラエルで買ってきたスパイスを利用したもの。
チキンカレーは麻美ちゃん作、キーマカレーはnico作。

その下は、火星チャレンジ!
昨日、この写真をTwitterで流したら、Hさんから「元気をもらった!」というコメントをいただいたので、気をよくしてブログにも載せちゃった。

雪の残る御岳山、自然の持つ静けさ、清らかさ、寛容さに抱かれ至福。
自分のあり方を見つめるのに、山は本当にいいですね。
次回の火星チャレンジ!は3/5(火)の予定です。
私自身も今回のチャレンジで、少しでも強い心身を手に入れられたらと思う。

立春=旧正月。
新しい季節の始まり。
皆さんの中に、どんな始まりの芽が育っていくのかな。
皆さんの火星チャレンジ!はどのようなものですか?
2月の大阪講座 古典占星術、タロット実践勉強会もあるよ!
大阪の会場、再び変わります!
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

【大阪会場】
大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 6階B
■ google map での会場地図
↓ ↓ ↓
会場地図はこちらから
■ アクセス
淀屋橋駅11号出口徒歩4分
御堂筋を南へ進み淡路町3の交差点を左折。2つ目の交差点を過ぎると左手にあります。
大阪外語学院の看板が目印です。

先日、Kさんから連絡をいただき、
12/8の3限目のミッドポイントを使ったスケジューリングの講座の前半で先生がお話しされていたこと、「まったくその通りじゃない!」と思ってくれたそう。
そうなんだ!
それは、動画をもう一度見直してみなくちゃ。
参加してくれた皆さんも、ぜひ聞き直してみてください。

それでは、2月のプラネット大学院9日(土)、10日(日)の内容になります。

●1限目 11:00~13:00 実践読み講座11回目
実践読み講座、延長2回目となります。
ネイタルチャート、コンサルテーションチャート、セカンダリープログレッション、ソーラーアーク、4枚のチャートを読んで、よりよい人生の提案をしていく、そんな宿題が出ていますね。
わかる範囲でいいです。
次回、それぞれが導き出した答えをみんなでシェアしましょう。
そして、次回はソーラーリターン図を見ていきます。
人生全体の大きな流れを読み、「今、自分が何を創造すべき時なのか」を考える、そんな練習をします。
参加者皆さんのソーラーリターン図(動画の方ももちろん)を読んでいきます!
お楽しみに!
◆金額:7,000円
 お支払いは、現金を当日お持ちいただくか、以下のページからオンライン決済していただくこともできます。
↓ ↓ ↓
オンライン決済はこちらから
◆場所:会場地図はこちらから

●2限目 14:00~17:00 ホロスコープ読みの可能性を広げるマスター講座 時期読み編②
前回、とても好評だった「クライアントの心をとらえるホロスコープ読み」。
その象徴は、どこから来て、どこへ向かっていこうとしているのか。
クライアントに物語を提示してあげることで人生を共有することができ、そこで信頼が生まれるというリーディング。
ホロスコープの構造を理解し、より少ない情報で相手の心をとらえる方法。

前回は、このようなアプローチでチャート読みをしていきました。
次回は、このアプローチをさらに洗練させつつ、時期読みでクライアントの心をとらえる方法を考えてみるというのをやっていきます。
クライアントの”今”のどこに注目したらいいのか。
ソーラーアーク、セカンダリープログレッション、または今の天空のトランジットを切り取り、クライアントに伝えるべき象徴を選び取っていく。
その象徴は、なぜ、そのチャートの持ち主にとって必要なのか。
それを読むことで、どのような人生へと動きが生まれるのか。
その象徴をどうとらえてあげればいいのか。

時期の提示は、占星術の何よりも重要なテクニックです。
ぜひ、この機会にマスターしてください!

◆講座料 10,000円
 お支払いは、現金を当日お持ちいただくか、以下のページからオンライン決済していただくこともできます。
 ↓ ↓ ↓
マスター講座 時期読み編オンライン決済はこちらから
◆場所:会場地図はこちらから
※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※ビデオでの受講もできます。

★気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


●3限目 17:30~20:00 タロット実践勉強会
今回は、タロットの面白さに触れてもらいたい!ということで、私のタロット講座に参加されてない方も参加可となります。
まずは、私の占星術講座でもおなじみのスプレッド「ケルト十字」を使って、その人が置かれている”今”をリーディングしていく練習をしてみましょう。
縦軸と横軸の交差点、もう一つの縦軸から読み取れる環境、その人の”今”がどこからきて、どこに向かうのか。
丁寧に読み解く練習です。
その中で、タロットの意味を再解釈していきましょう。
タロットから導き出される「心象風景」、ぜひその面白さを感じてください。

◆講座料 4,000円
 お支払いは、現金を当日お持ちいただくか、以下のページからオンライン決済していただくこともできます。
↓ ↓ ↓
タロット実践読み勉強会 オンライン決済はこちらから
◆場所:会場地図はこちらから
※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※ビデオでの受講もできます。

★気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


【カウンセリングの現場で生かすホラリー&コンサルテーションチャート】
そして、私にとって重要な現場読みのテクニックの一つ、ホラリー&コンサルテーションチャート!!
私の心理占星術に興味を持ってくれている方には、ぜひ学んでもらいたい、マスターしてもらいたい技法のひとつ。
夢のように面白いコンサルテーションチャート。
古典の構造の美しさに触れれば、占星術が100倍理解でき、よりオモシロく感じるし、このテクニックをマスターしたら仕事の幅も大きく変わると思います。
なので、ぜひ多くの方に受講していただけたら嬉しいです。

●2/10(日)スタート カウンセリングの現場で生かすホラリー&コンサルテーションチャート
■日時:毎月第2日曜日  10:00~13:00(3時間) 2/10、3/10、4/14、5/12、6/9(全5回)
■講座料 60,000円(1回12000円) ※お支払い方法はご相談ください ※再受講の方は30,000円で受講いただけます。
お支払方法は、当日直接お持ちいただくか、こちらのページからオンライン決済ができます。
↓ ↓ ↓ 
オンライン決済はこちらから
■場所::会場地図はこちらから
※ビデオでの受講もできます。

★気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


2/2(土)大阪でうか子さん&まさこさん仕切りによる火星の振り返り会を行ってくれる予定。
以下、うか子さんからのコメントです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪での火星の振り返りワークのお知らせですヽ(´▽`)/
皆様の新しい火星サイクルに、火星サイクル手帳は活躍していますか??

日時)2月2日(土)午前10時30分より
於)大丸梅田4F 喫茶カフェラ


お昼頃までを目安に。途中参加や途中退場もOKです。
店の前で落ち合って入店しましょう〜。
事前にお声かけいただいても、当日ふらっと来ていただいても大丈夫ですが、事前にお声かけいただいていたけど当日来られなくなった時には、心配ですので教えてくださいね。
なお、ご自身のご飲食代はお持ちくださいませヽ(´▽`)

お茶をしながらみんなで火星サイクル手帳を開く集まりです。
今期サイクルはどのように幕を開けたか?
1/16〜1/22にどんな動きを作れたか?
1/23〜1/30にどんな落ち込みを味わったか?
(日付の意味がもしもピンとこない時は、牡羊座期の5度区分ダイアリーをチェックしてみましょう)

牡羊座火星での体験や、火星サイクル手帳の使い方について、振り返りを行います。

2/2の火星は牡羊座21〜25度を運行中。
「個性の確立」がテーマとなる“陽=do”のタームです。
特にシェアしたい火星サイクルを活かすアイデアや手帳術がある方は、ぜひプレゼンのご用意をお願いします!


折しも当日は火星冥王星スクエアのピーク。
「不本意な物事に振り回されそう!?それなら状況に身を任せてみる、そんな図太さをゲットせよ!」
こじんまりとした集まりを想定していますが、思わぬ顔触れやシェアされたアイデアに翻弄されるかも?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どのような話し合いになったのか、ぜひゆっくり聞かせてください。
うか子さん、まさこさん、どうぞよろしくお願いします!

では、大阪でお会いしましょう!

nico
週末は集中講座 人の「成長」と「選択の力」を見込んだ象徴読み
いよいよ今週末は、2/2(土)、3(日)の2日間集中・心理占星術基礎講座です。
久しぶりの基礎講座ということで、私自身もやる気満々。
内容をブラッシュアップし続けることを常に心掛けていますが、今回は特に天体の意味に新しい光を当ててみようかなと思っています。

今回、皆さんとともに特にやっていきたいのは二つ。
●漠然とした象徴のイメージに対し、「そればどうしてか」の根拠を見つけていく
●あなたは〇〇は人ですという刷り込みではなく、人の「成長」と「選択の力」を見込んだ象徴読みをしていくこと

この二つです。
心理占星術は性格診断、平均化された星占いを目指すわけではありません。
個人の「どこからきて、どこへむかうのか」という人生の物語に触れ、「では、個人が個人の”最適を生きる=well being”ためにはどう選択し、どう成長していけるのか」という着地の方向性を探ることが目標です。

天体は生き物なので長所も短所も持ち合わせています。
吉凶という発想ではなく、個人のとらえ方を変えていくこと。
世界のとらえ方を書き換え、新しい物語を提示すること。

だからこそ、人生の流れを見据えた象徴読みをしていくことが大事になるのです。
その辺をいろいろ話し合いながら、一緒に考えてきましょう。
長丁場ですが、きっとあっという間の2日間になります。
ぜひ、たくさんのことを学んでください。

週末お待ちしています。

今回は、すでに満員になります。
2月の週末、平日いずれかで開催を予定しています。
また、お知らせをお待ちください。

ところで今日のガルシアくん。
どこにいるかわかるかな。

IMG_4477_20190131101328c59.jpg

nico
火星チャレンジ始まる!オープニングは御岳山登山から!
★火星チャレンジ始まる☆彡

火星サイクル手帳ユーザーにはメールが届いたと思いますが、

火星の象徴「サバイバル力」を体験していこう!という参加型企画「火星チャレンジ!」がスタート!
パワースポット宝庫として知られる東京の奥多摩・御岳山でトレッキングを行います。

これから12サインの歩みをなぞり、1合目→2合目→3合目と少しずつ高度、難易度を上げ、全国の山々を踏破していく予定です!

第1回は、2/5(火)に決定。
旧暦元旦・新月にあたるこの日。

Beginning of Life

はじまりのはじまり。
まだまだ寒いですが、春の訪れをいち早く感じ、新しい年、新しい予感に触れてみましょう。
私nicoと、そして山ガールのつびーがご案内します。

御岳山は、ロックガーデンという苔むした緑が美しい道と、そして登った後の清々しく神々しい景色が魅力的な山。
↓ ↓ ↓
御岳山情報はこちらから

こちらは、おととし登った時の写真

Desktop59_20190128135632127.jpg

今回は東京ですが、今後は全国各地での開催も検討中。
「ぜひ地元で一緒にチャレンジしたい!」
そんな体験がありましたら、トレッキングに限らず、お気軽にお声かけください。

2/5(火)のトレッキングに興味ある!参加してみたい方はこちらから!

◆問い合わせ&お申込みページ
↓ ↓ ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


ぜひ一緒に新しい季節を体感しましょう!

nico
自分を超えていかなければ、見たい景色は見られない。
そう、お釈迦さまのお生れになった国よ。天竺にはね、わたしたちの見たこともないような鳥けものが野山を跳ねまわり、めずらしい草木や花が庭をいろどっているのよ。そして空には天人が飛んでいるのよ。そればかりではないわ。天竺では、なにもかもがわたしたちの世界とは正反対なの。わたしたちの昼は天竺の夜。わたしたちの夏は天竺の冬。わたしたちの上は天竺の下。わたしたちの男は天竺の女。天竺の河は水源に向ってながれ、天竺の山は大きな穴みたいにへこんでいるの。まあ、どうでしょう、みこ、そんなおかしな世界が御想像になれまして。

tokyo_pf.jpg

昨日、世田谷パブリックシアターで、原作・澁澤龍彦、演出・振付・台本の舞踏家・笠井叡の「高岡親王航海記」を観てきた。
なんとこの舞台、生徒でオイリュトミー仲間の麻美ちゃんが舞台衣装のアシスタントを努めているのだ。

いい舞台だった。
演出の妙、ダンサーのパフォーマンスの美しさゆえだろう。
澁澤龍彦の魅惑的で艶のある言葉がステージの端々にちりばめられているかのようで、ナレーション以外、多くを語られることはないにもかからず、一編の小説を丁寧に読み進めているような気分にさせられた。
そして何より、笠井叡氏の76歳でこの仕事ぶり!
学びと成長の姿勢を持ち続け、常に最前線、新しい世界を切り開いていく、氏の姿勢にとにかく圧倒された。

先日、二コラボで「人を育てること 仕事編」というのをやったけれど、笠井先生も多くの”踊る人”を育てている人だ。
笠井先生の教えは、新しい知識の扉を開いてくれることだけではない。
こうして自ら新しい世界を開き続けていく、その生き様を”師”として見せてくれる。

これほどの仕事が今の私にできているだろうか。

そのように自分を問いただす機会、そのような姿勢に引き戻してくれる機会をもたらしてくれる、そういう「教える」ができる人物なのだ。

これぞ、射手座=木星がメンター、インストラクター、コーチと呼ばれる理由だろう(笠井先生は、もちろん射手座の人だ)。
理想のビジョンを目指し、今の自分を超えていく。
同じことを繰り返すのではなく、情熱を持ち続け、自ら進化しようと努力を重ねる。

彼の生き様を見れば、射手座=木星が棚ぼた的に仕事運や恋愛運をアップさせてくれるなど到底思えないし、棚ぼた的にもたらされたものが幸運を約束してくれるなんて、ちゃんちゃらおかしく思えてくる。
まさに”天竺”目指した高丘親王のように、自ら運命を切り開き、新大陸を目指し続けた人にこそ、未来が開かれていく。
「見たこともないような鳥けものが野山を跳ねまわり、めずらしい草木や花が庭をいろどっている」そんな世界を目指し、命がけで夢を生きる人こそが、棚ぼたで得たもの以上の喜びを得ることができるはずなのだ。

笠井叡氏は言う。
「澁澤龍彦が他界されて31年目にして、やっとこの公演にたどり着くことができました。」

この舞台を観終わった後、私には夢があったことを思い出した。
日常の生活に追われて、すっかり心の奥の方に追いやってしまっていたけれど、そうだった、私にはやりたいことがあったのだ。
思い出した。
私も次の12年、さらにその先の12年のビジョンを新たに、私なりの”天竺”を目指すことを心に決めた。
この「未来を生きる希望」を得たこと、これこそが木星=幸運の象徴なのかもしれない。

こちらの公演は、明日1/27(日)15時が最終となります。
お時間ある方は、ぜひ足を運んでみてね。

麻美ちゃん、おつかれさま!
またゆっくり、舞台の話を聞かせてね。
【急募】1/28 10時 ライティング講座「サインの心理と天体配置」を開催!
ご要望がありましたので、明日の10時よりライティング講座やります。

ブログに時期読みや12サイン占いを載せたり、または日常の暮らしに天体運行を取り入れていくコツも学びます。
とにかく何よりも、「伝える技術」とはどういうことなのか、改めて考える機会にしてもらえたらうれしいです。
どんなことを意識すると、「伝える力」がつくのか。
では、その「伝える技術」を使うことで、占星術ではなにができるのか。

ホロスコープの構造を考えつつ、「今、何を、どう読むべきか」を考えていきましょう。
そして、12サインの心理的背景に迫るには、どういった視点を持つべきかも学んでみましょう。
ホロスコープの考え方の復習にもなります。
「なるほど、そういう視点があったのか」という気づきにもしてください。

お時間ある方は、ぜひ1/28(月)開催のライティング講座にいらしてください。

ライティング講座――「今の天体配置の何を、どう読むか」
※動画での参加もアリ!

●ライティングの基礎を学ぶ
・12サイン占いのためのチャートの読み方のコツ
・トランジット図を読解し、象徴を文章に起こす
・天体配置のここを切り取る
・サインの心理的背景の読み方
◆日時:1月28日(月)10時~11時30分
◆参加費:3000円
◆会場:北参道 みらいづくり研究所
◆問い合わせ
↓ ↓ ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


「育てる」はクリエイション より良い未来を信じ、時間をかけ育む
Desktop58_20190124093807a23.jpg


まずは、ワカナさんからの感想から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みよちゃんさんのお話は、ポジティブでキラキラしてて楽しそうで、辛い、苦しい、大変という感じがまるで見えない。
でも25年というのは楽しいことばかりじゃないだろうし、努力もいっぱいしているでしょう。それでもなお25年続けてこられたのは『飽きなかったから』なのだろうな。と感じながらお話を拝聴しました。
人との付き合い方で「毎度同じじゃつまらない、あの手この手で飽きさせないことが大切」とお話されてましたが、これはとても大事なこと。幼児教育では基本の『き』ですが、大人にするとなると相手への興味と尊敬がないと出来ません。
これを出来るかどうかは個人の資質もありますが、部下や子どもだけでなくパートナーや友人、諸々の『良い関係性を育てていく手法』としても覚えておきたいと思います。
『人を楽しませる』ことで『自分も楽しむ』5ハウスのプラススパイラルは、聞いている私も楽しい気持ちになりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みよちゃん、もずくさん、そして参加者の皆さん、昨日は遅くまでありがとうございました!

火星見守り隊として2年間みよちゃんの仕事人生に触れ、「こんな素敵な話、ぜひ皆さんに聞いてもらいたい!」ということで開催に至った、今回のニコラボ。
本当にいい時間でしたね。

みよちゃんと話をしていると、TVの仕事でインタビューをしていたときに味わっていた喜びを思い出す。
誠実に仕事に向き合っている=プロフェッショナルな人から感じる、希望にあふれる生き生きとしたエピソード。
仕事に対する愛と情熱。
真剣に取り組んできたからこそ得られる、人としての深い洞察(私は、人からこういう話を聞くのが本当に好きだった)。

1時間という短いトークでしたが、関係性づくりや人と向き合う態度や姿勢の話がたくさん聞けて、心から勉強になりました。
名言もたくさん飛び出しましたね。

まずは、お二人の出生図を読み、「育てる」という能力はどこから来るのかというのを確認。
「養育」というと占星術では月を見ますが、私の考える職業占星術のアプローチでは、やはり「育てる」は5ハウス的な要素が不可欠だと思っています(子供を育てるのも5ハウスを見ますね)。
なぜなら「育てる」というのは、ただケアするだけでなく、理想や信念を持ち、未来の可能性を信じ、人生を創り上げるためのサポートをしなければならないからです。
明るい未来、希望が描けなければ、人を信じ「育てる」なんてできないということです(子育てもそうですね)。
お二人は、半球の強調は違えど、天秤座の金星、水星が5ハウス関連として特徴的に示唆されていました。

これからの時代は、間違いなく「天秤座力」が必要な時代になる。
これは、私の講座でよくする話題ですが、では実際、お二人の「天秤座力」は、どう現場で生かされているのか。
そこに注目しながら話を聞いてみましょう、ということで、その後、お二人のトークへと進んでいきました。

もずくさんが静かに質問をはじめ、みよちゃんが丁寧にそれに答えていく。
どこを切り取っても学びの多い話だったので、内容の詳細はぜひ動画で確認していただきたいのですが、私もワカナさんと同じように、相手との距離の保ち方、ここにお二人の天秤座金星の真骨頂を見た!という発見がありました。

みよちゃんの名言「仲良くなる必要はない。依存し合わず、どれだけ新鮮な関係性を保てるか。そうでないと成長もないし、いいものは生まれない」。
電話のかけ方ひとつをとっても、その時その時でアプローチの仕方を変えている。
通り一遍ではない、相手の「今」に合わせた対応。
これは、愛と努力がないとできない。

また二人から出た、「長期的な関係」という話。
息の長い作品を育てていく。
10年、20年、関係を育んでいく。

そこで私は、M・スコット・ペックの「愛と心理療法」の中に出てくるエピソードを思い出す。
隣人が芝刈り機を修理しているのを見て、「やあ、大したものですねえ。私にはそんなことができたためしがないですよ」と話すと、隣人は、「それはあなた、時間をかけないからですよ」と答えた、というエピソード。

ペックは言う。
「誰であれ、知能に欠陥がない限り、時間をかける気さえあればどんな問題も解決できる。この点が重要である。私が機械の修理に時間をかけなかったように、多くの人もあらゆる問題を解決するために時間をかけていない。子育てでもなんでも、問題が勝手に解決されることはない」と。

「できない」と人は言う。
でも、私はペックに習って「それはやっていないからだ」と考える。

みよちゃんは、話していた。
寝ても覚めても、「どうしたらうまくいくのか、相手の立場に立って、どうしてあげたらいいのかを考えている」と。
関係性がうまくいっていない人たちを見ると、まず自分のエゴを満たすことばかり考え、相手のために時間をかけていないことがよくわかる。
相手を思いやっているのではなく、自分が救われることばかりを求め、「人間関係が難しい!」と叫ぶ。
みよちゃんくらい真剣に向き合えば、何かしらの解決にたどり着くのだろう。

もずくさんからも、こんなコメントが寄せられた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たくさんの作品があることで人生の中で救われてきたという意味のことを聞いて、そのことと今もつながりながら仕事をしているみよちゃんはすごいなと思いました(最初のコーチングでもそのことを聞いたことを思い出しました。私もまたそうでした。家が貸本屋でおびただしい本やマンガのなかで育ちました。たくさんの人生をそこで知り、物語に救われ、信念を培ってきました)。
自分の大事にしていることを活力にしている。
すばらしいと思います。
そして、自分の思ったことを安心して話して受け入れられ人の意見も聞けるニコラボ。
これこそ人を育てる場だといつも思っています。
私は自分の5ハウスはわりとお荷物的な感覚があったのですが、昨日書き換わりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の大事にしていることを活力にしている」これも素晴らしい名言ですね。
まさに、牡牛座=2ハウスから獅子座=5ハウスへの、不動サインの成長物語ですね。

「I have」という人生の土台、信念(牡牛座)を未来の活力(獅子座)へとつなげていく。
このように形成されたものが、多くの人に影響を与えていくのですね。

このように、たくさんの気づきをもたらしてくれた「ニコラボ みらいづくり研究所」。
その後、参加者の方たちとの活発な意見交換もあり、すっかり夜も更けていきました。

もずくさんも書いてくれていますが、このように意見交換し合うのはいいですね。
自分の意見を言葉にする訓練としても、とてもいい機会になります。

みよちゃんともずくさんの貴重な対話。
「育てる」というのはどういったものなのか、対人力=天秤座力とはどういうものか、喜びとともに働くとはどういうことか、ぜひ、動画で視聴して、自分なりに意見を深めてみてください。

◆動画のお申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓
動画のお申し込みはこちらから!

日程は決まっていませんが、来月は「ちびママ教室」のもずくさん、ワカナさん、西塔さんによる「未来を生きるための子育てとは」をやります!
ワカナが言っていました。
「子供を育てる前に、親が育たないといけない」
では、親たちはどのように育っていけばいいのか。
そんなことも話し合えるといいですね。

来月も楽しみです。

さて、みよちゃんともずくさんから素敵な刺激をもらったから、おざなりな態度から離れ、仕事と関係性に感謝し、機嫌よく、希望をもって仕事に臨もう!
今日も一日頑張りましょう!

nico
2/11(月)火星WS「内的課題と向き合い、未来の可能性を引き出す」
次回の火星WSの内容が決まりましたのでお伝えします!

火星牡牛座期の過ごし方「内的課題と向き合い、未来の可能性を引き出す」
静かに始まった牡羊座火星期。皆さんは、どのような44日間を過ごしたのでしょうか。2/14から火星のサイクルは、2番目のサイン牡牛座期へと歩みを進めていきます。

今回のWSでは、牡牛座イングレスチャートから次の44日間の過ごし方を考えるとともに、不動サインとして金星ー火星について考えていきましょう。
なぜなら次の牡牛座期は、3/6に牡牛座に天王星がイングレスしたりと、意識を未来に開き、これからの時代を生きるための「自己価値の実感」をしていかなければならないとても重要な時期となります。
ここで一度立ち止まり、「自己資産」について考える機会を持ってみましょう。

後半は、火星力アップの鍵といえる、0度、45度、135度のアスペクトから、未解決の問題、抑圧された力をどのように未来の可能性へと育てていくことができるのかを見ていきたいと思います。
重要な時代の分岐点のために必要なことをみんなで考えていきましょう。

●火星牡牛座期の過ごし方「内的課題と向き合い、未来の可能性を引き出す」
・牡羊座期の振り返り
・牡牛座イングレスチャート読み
・未来のための自己価値の実感
・火星力をあげるためのアスペクト考察
・牡牛座期の付箋ワーク


◆開催日時:2月11日(月)14:30~16:30
場所:北参道みらいづくり研究所
参加費:火星サイクル手帳をお持ちでない方 7,500円(税込)※「火星サイクル手帳2019-2020」の代金が含まれます。
     火星サイクル手帳をお持ちの方 3,500円(税込)

     ライブ&動画配信をご希望の方もこちらのページからお申し込みください!
↓ ↓ ↓
申し込みページはこちら!


皆さまのお越しをお待ちしています!

nico
サーカディアン・リズム(体内時計)と火星の関係 
【火曜日は火星の日】

イスラエルで大量に仕入れたスパイスをお友達におすそ分け。
スパイスって、香りをかいでいるだけで元気になるね。
ケバブやファラフェル、カレー用と何にでも使えるのです。

IMG_4475.jpg

ということで、火星の話。

医療占星術では、昔から牡羊座と脳、特に松果体との関連づけを行ってきた。
松村潔氏は、著書でも講義の中でも牡羊座と松果体との関係の話をしていたけれど、松果体とはサーカディアン・リズム(体内時計)を調節するホルモン、メラトニンを分泌する脳の内分泌器のこと。

私は、牡羊座の支配星である火星を脳から分泌されるホルモンと関連づけて話をする。

私たちは通常、地球の自転周期に合った約24時間のリズムで生活している。
このリズムは、。地球上で何億年も生活してきた生物が、厳しい生存競争に勝ち抜くために、進化の過程で獲得した形質で、私たちは生まれながらにこのリズムを刻む遺伝子(時計遺伝子)をもっている。
2017年、アメリカの博士がサーカディアンリズムの遺伝子の発見でノーベル医学生理学賞を受賞したのは記憶に新しい。

概日リズム、またはサーカディアンリズム(体内時計)とは、約24時間(24時間~25時間)のリズムのこと。
睡眠と覚醒のサイクルだけでなく、ホルモン分泌、血圧や体温調節など、私たちの生理機能のほとんどはサーカディアンリズムを持ち、約24時間のリズムで変動している。

サーカディアンリズムは毎日リセットしないと、少しずつ地球の自転周期との「ずれ」を生じてしまう。
このずれを解消し日々のリズムを整えるために、体は朝の太陽の光で親時計(視交叉上核)をリセットし、新しいリズムを刻むのである。

火星の話をする際、「朝の目覚め方」について話をすることがある。

火星力が弱い人は、朝が苦手であること。
サーカディアンリズムが乱れやすいこと。
その対処として、メラトニンといったホルモンをしっかりと出すために、朝から活力を上げ、朝の光を浴びることが大事であること。

松村潔氏は、著書の中でこんなことも書いている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちは、社会リズムとしてグレゴリオ暦で生きていますが、これは自然界のリズムには同調しないという孤立したリズムです。
松果体は、自然界と同調するという点では、この肉体に閉鎖された世界においてのリズムと対立します。
松果体は本来、日リズムだけではなく、年リズムや様々な惑星リズムに同調する能力が潜在します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということだ。
つまり、火星=松果体が整うことで、日だけでなく、様々なリズムが整うということ。
これは、私が推奨している火星サイクルの利点として、一番最初に上げていることでもある。

火星サイクルを上手に使うことで、一般的なカレンダーに引っ張られない、自己由来のリズムを整えることができるということ。
24時間と37分という地球とほぼ同じ自転時間を持つということでも、火星のリズムとこのサーカディアンリズとの類似を見ることができるだろう。

朝の清々しい目覚めと夜の安らかな眠りを得るため、火星力を整え、一番古い遺伝子といわれる体内時計を整える。
火星サイクルでぜひ、健康なリズムを手に入れてほしい。
Designed by aykm.