FC2ブログ

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々

私たちは誰でも宇宙のエネルギーを利用することができる
4/24(水)27(土)ホロスコープを使ってアドラー早期回想を理解する
ブログを見ていたら、なんと初めてアドラー早期回想のワークをやったのは大阪講座、2014年4月27日のこと。
あれからちょうど5年が経つのですね。
早いものです。
アドラーもすっかりメジャーになって、多くの方が本やセミナーで彼のシンプルで力強い考え方に触れることができるようになりました。

今回は、その中でも特にお気に入りのワーク「早期回想」を久しぶりに皆さんと一緒に行ってみたいと思います。
というのも先日、村上さなえさんとランチをしていたとき、「早期回想(エピソード分析)とホロスコープには面白い関連性があるんですよー」と伝えたら、とても興味を持ってくれたので、この会を開催する運びになりました。

フロイトは「忘れている記憶に意味がある」と考えましたが、アドラーは「覚えている記憶にこそ意味がある」と考えました。
記憶とは、私の”今”を規定するための、”今”の私の存在を明確にするための、私語りの道具だからです。
つまり、覚えていること=”今の私”にふさわしい物語ということ。

すべての記憶には省略や歪曲が含まれています。
人は内的な必要にあわせて、自分の記憶に着色し、あるいは省略するのです。また強調したり省略したり、誇張したり、縮小したりもします。
早期回想を聞き取り、分析することで、その人の今の問題点や真の欲求や能力を掘り当てることができます。

今回のワークのおすすめは、アドラー早期回想とホロスコープとの関連がもたらす豊かな情報です。
実は、というか当たり前ですが、アドラー早期回想を実際現場で使うには、かなりの訓練が必要になります。
たくさんの実地訓練を積まないと、その記憶は、その人の何を示しているのか読解するのが難しかったりするのです。
しかし、ホロスコープと組み合わせてみていくと、「ああ、これがこの人の信念のパターンなのだな」というのがとてもよくわかるのです。

アドラー早期回想という、クライアントしか知り得ない物語に光を当てること。
そのうえで、ホロスコープを使って、クライアントの「これまで」を「これから」に発展させる重要な手掛かりを見つけていく。

非常にユニークな洞察。
この面白さを言葉で説明するのは難しいので、ぜひぜひ今回のワークで触れてもらえたらと思います。

今回は2回の実施となります。
お時間ある方、ぜひぜひ参加してください。

●アドラー早期回想ワークとホロスコープリーディング その記憶は、私の”今”の何を示しているか」
早期回想とは、
①ある日ある所での特定の出来事の思い出であること。
②始めと終わりのあるストーリーであること。
③ありありと視覚的に思い出せること。
④感情を伴っていること。
まず、実際のケーススタディをもとに、ホロスコープと早期回想の関連性を説明します。
その後、2~3名のワークで自分自身の早期回想に触れてもらいます。
たくさんの方の参加をお待ちしています!

■日時:①4月24日(水)14時~16時 ②4月27日(土)14時~16時
■場所:北参道 みらいづくり研究所
■金額:各2000円
お申込みはこちらから!
過去の成功体験を手放し、未来につながる技術と常識を超える勇気を
札幌の皆さん!!!
3日間お疲れさまでした!!
札幌に行くたびに書いていますが、楽しいときはなんてあっという間なのでしょう。
楽しく、そして居心地のいい時間を本当にありがとうございました!

未来につながる技術と今の自分を超える勇気を持てるような、そんな学びを提供したい!
そんな期待を胸に札幌に向かったわけですが、どうかな、たくさんのことを持って帰ってもらえたかな。

Desktop76_2019040719062251c.jpg

火星ワークショップでは、「平成とはどのような時代だったのか」というテーマから、土星・海王星=昭和の夢にしばられた大人たち――戦後の復興、「追いつき追い越せ」の右肩上がりの経済、終身雇用、ものづくりNIPPON、安全安心――そういった神話が崩壊し、喪失、失望の時代の30年の変遷を見た後、では、これからの時代はどうなっていくのか、そのためには”火星””金星””水星”といった個人天体は、どのような意識で成長していけばいいのかを考えていきました。

自分の中の土星・海王星を超えていかないと次の時代に行けない。
自分の中の成功体験やこうあるべきというイメージを超え、社会のタブーを超え(みねんこさんが送ってくれた孫正義のメッセージ「いかがわしくあれ」ですね)、もっと自由に未来を描いていく。

今回は、全員から牡牛座期のテーマ、双子座期へと向かうテーマをシェアすることができました。
牡牛座火星8ハウスの話、盛沢山でしたね。
新しいパートナーシップづくり、関係性の中で翻弄されながらも自分を育てていく様子、お金、健康、時間といった限りある資源に対する向き合い方などなど、誰もが「そうそう!私も!」と納得してしまうような、そんな象徴的な話がたくさん出てきました。

恒例のともりんの「蟹かぶり」とともに(さすが札幌支部長!)、折り鶴まで用意していただきました。
会場がぱっと華やかになりましたね!
ともりん、忙しいところサポートありがとうございます。

そして、その後は会場をハーバルムーンさんに移し、集中して占星術&タロット勉強会を行いました!

AIに負けない「人」の技術とは何だろう。
「4ハウスに太陽が入っている人は〇〇なタイプ」といった占い雑誌に載っているような、おしなべて万人に当たるように書かれているようなものではなく、クライアントとの関係の中で育てていく象徴、または足したり引いたりしながら”今”一番必要な情報を提供していけるような、そんなさじ加減を必要とするリーディングをしていくこと。

今回は、タロットの勉強会でも「コンピューターには決して真似できないサービスとは」ということを意識した練習をしました。
あの技術、オモシロいですよね。
出ているカードの何が足りない?
足したり引いたりしてみると、実際、何のテーマが隠れているの?
なぜ、大アルカナばかり選んでしまうのか?
ワンドが足りない?
奇数がない?
では、どんなカードをプラスすると、よりよい世界をつくっていけるのか?

「クライアントの心をつかむ」ためのユニークな問いを生む練習などもしていきました。

そして、2、3日目は、お待ちかねのホラリー&コンサルテーションチャート講座。
初めて学ぶ技術に戸惑いながらも、ホラリー&コンサルテーションチャートの持つシンクロニシティの魅力に触れてもらいました!

従来の古典占星術ではなく、クライアントの心象風景を読んでいくという技術――クライアントは、何を望み、何を恐れ、何を乗り越えたいと思っているのか――を丁寧に読んでいくというものです。

昨夜の懇親会で羽妙先生とも話していましたが、「現場の技術というのは、当たってなんぼ、クライアントに満足してもらうことが大事」ではないですが、クライアントのニーズにピタリとはまらないと、やはり現場で使えるとは言えない、そこをどう提供していくか、今回はそのテーマにこだわりました。

また、「未来につながる技術」として天体の象徴を擬人化したり、チャートから感情の機微や過去から未来に続くドラマを読み解いたりと、いかに創造的にリーディングしていくかというのもテーマとなりました。
「では、その象徴をどのようにクライアントさんに伝えていきますか」その問いに繰り返し答えていく練習もしましたね。
または、「凶相」と言われる結果に対し、「天空からのメッセージ」としてどれだけ真摯に伝えていくかというのも課題になりました。

しかし、ホラリー&コンサルテーションチャート講座、本当にドラマがありますね。
ASCが繰り出す色とりどりの悩みや欲求、下世話だけれど愛すべき悩みたち、夢のようなレセプション関係、月が織りなすストーリー、前に進んでいくためにはどうしても解決していかなければならない問題…
人というのはなんだかんだ言って愛おしいものです。

そうそう、今日の講座終わりにIさんが「ホラリー&コンサルテーションチャートの技術で生きていく!」という自立宣言をしてくれました!
これはうれしい報告。
私も全面的にサポートします!

楽しい時間はあっという間。
3日間、心地よい環境を提供してくれたハーバルムーンの古川さん。
こんなに温かく居心地のいい場所で講座ができるなんて…ほんとありがたいことです。
いつもありがとうございます!

Desktop77_2019040722344854c.jpg

最後に集合写真。
あれ?かわい子ぶってるのはなんで??
動画受講になってしまったAさん、お会いできず残念!

空港にて、古川さんからこんなメールを受け取りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニコ先生、三日間、お疲れ様でした!
札幌でこんなにレベルの高い講座を受けれるのは、本当にニコ先生のおかげです。
これまで、一緒に勉強してきた仲間との関係もとてもよく、一人だったら絶対へこたれてたけど、ここまで何とかこれました(笑)
時の流れで、みんながそれぞれ変化してるのも興味深いです。
また次回お会いするときは、どんな変化があるのか、楽しみにしてて下さい。

来月の勉強会は、早速コンサルテーションをやることに!先生からの宿題お待ちしてます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おっ!宿題やる気ですね!
もちろんです、やりましょう、やりましょう。
皆さんからのレポートも待っていますし、そして皆さんの変化も楽しみにしています!

また、今回も札幌の皆さんからたくさんの刺激をいただきました。

ともこさんのソプラノ、英里佳ちゃんのシャープなリーディング、ともりんの気遣い、Hさんのキューーーートなイラスト、Mさんの文房具愛などなど、皆さんの情熱をガッツリ受け取りました。

そして今回もこんなにたくさんのいただき物が!
なんと!大好物ばかり!
やばい!独り占めしちゃうかも!

Downloads2.jpg

この先、医療占星術もやりたいし、時期読み、マンデンなどもやりたいし、ホラリー&コンサルテーションチャートを含めて総合読みもやりたいし。
まだまだお伝えしたいことがたくさん!
ではまた札幌で会いましょう!

そうそう、ホラリー&コンサルテーションチャート講座は、名古屋、東京でも開催が決まっています。
ご興味がある方は、ぜひこちらのページを見てみてね。
↓ ↓ ↓
今後開催予定のホラリー&コンサルテーションチャート講座はこちらから!

nico
4/13(土)大阪 心理占星術による「今よりもっと自分らしい働き方」
その前に。
明日、うか子さんが大阪で火星の振り返り会を取りまとめしてくれます。
うか子さんからメッセージが届いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新元号発表前夜、火星も双子座にイングレスしました!
皆さまいかがおすごしでしょうか?
いよいよ明日の土曜日に迫る、牡牛座火星の振り返りの会のお知らせです!

日時)4/6(土)13:00より
於)梅田のハービスPLAZA ENT地下2階のイタリアンカフェ「アンティコカフェ アルアビス」

牡牛座期について振り返った内容を持ち寄ってわいわい話し合えればと思います。
またお互いにおせっかいを焼き合うくらいの爽やか(双子座イングレスしてますので!)かつ熱い(火星なので!)会ができれば嬉しいですヽ(´▽`)/
牡牛座期は掃除を頑張っているという声が聞こえてきたり、こんまりさんが大ブレイクしたりしていますが、皆さまの牡牛座火星はどうでしょう??ぜひお聞きしたいです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西方面の火星手帳ユーザーの皆さま。
よかったら足を運んでください。


では、4/13(土)の大阪講座のご案内です。

●4/13(土)1限目 11:00~13:00 実践読み講座13回目
実践読み講座、延長4回目となります。
予定をかなりオーバーしましたが、皆さん、着実に実力がついてくれたようでうれしい限り。
実際、ホロスコープを実践的に読むのは、占星術の中でも一番難しいパートです。
私が学んでいた時も、15名のクラスが最後は2名になってましたから、そう簡単な学問ではないですね。
でも脱落せず、ここまで来たというのは大したもの。
ここを超えれば必ず自信になりますから、学習をぜひ続けてください。

次回は、「心理占星術から考える関係性」の応用編。
引き続き、カップル、夫婦、親子といった関係性の中でどのようなエネルギーが働いているのか、その力学とアニマ・アニムス、女性性の葛藤、男性性の葛藤、こういったことを心理占星術的視点から考えていきましょう。

今回はレポート提出の宿題が出ていますね。
提出期限は4/10。
皆さんのレポートを楽しみにしています。
◆金額:7,000円
◆場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 3階F


●4/13(土)2限目 14:00~17:00 心理占星術アプローチによる”適職”を考える
最近、個人鑑定でも”働き方””キャリア””ビジネス戦略”を考える機会がとても多くなっているのですが、その際、「心理占星術をやっていてよかったなあ」「これは素晴らしい技術だなあ」としみじみ感じています。
日本人特有の「右へ倣え」的な生き方、自分で試行錯誤するのではなく、周囲から浮くことや失敗を避けるあまり、みんながやっているやり方、型や成功モデルを追随し、その結果、やりたいのかやりたくないのかわからない、ただ報酬を求める生き方になってしまっている人が多いのが現状です。

ライフワークとライスワークを分けよう!とかいろいろな指南があふれていますが、それ自体も誰かのスタイルだったりします。

人生に迷ったときは、自分の「本質」に戻って考える。
どうしたら、今よりもっと自分らしい働き方ができるか。
それが今の私の落としどころになっています。

本講座では、ネイタルチャート読みを洗練させ、その落としどころを見つける方法を考えてみようと思います。
マンデン占星術を取り入れ、これからの時代に合った働き方の意識も考えていきましょう。
職業占星術のテクニックも少しだけ利用してみます。
アスペクトを大いに利用し、自分らしいエネルギーの使い方も考えてみましょう。

お仕事、キャリア、働き方を質問された際の現場で使える技術をたくさんお伝えしていく予定です。
どうぞお楽しみに!

◆講座料 10,000円
◆場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 3階F
※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※動画での視聴もアリ!

★お問い合わせ、お申込み、ご質問はこちらから!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


●4/13(土)3限目 17:00~19:00 まるごとアスペクト読み!心理占星術の現場とアスペクトの関係
多くの学習者が一番苦労するのが、アスペクトを言葉にする作業です。
天体同士の組み合わせも考えなければならない。
サインの意味も考慮する必要がある。
アスペクトの種類によっても、表現の仕方を変えていくことも必要になる。

心理占星術の現場では、アスペクトはその人の心象風景として読んでいきます。
ネイタルチャート上に示されたアスペクトたちは、クライアントの心の風景にどのように映っているのでしょうか。

今回の勉強会では、徹底的にアスペクトを考える機会、アスペクトを言葉にしていく機会にしてみようと思います。
 
◆講座料 3,000円
◆場所:大阪市中央区淡路町3-1-8 七福ビル 3階F
※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※動画での視聴アリ!


★気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


では、大阪でお会いしましょう!

nico
今週末は札幌 火星WS&ホラリー&コンサルテーションチャート講座
いよいよ今週末は札幌!
現地をサポートしてくれている古川さん、ともりん、週末はどうぞよろしくお願いします。

今回は、年号が発表されたということもあり、「新しい時代を生きるための知恵と技術を学ぶ」そんな時間を皆さんとつくっていけたらいいなと思っています。
そして、私が愛してやまないテクニック「ホラリー&コンサルテーションチャート」を、ようやく札幌の皆さんにお伝えすることもできるのですね!
わーうれしい!

といっても、今回も内容かなり盛りだくさんです。
3日間参加の皆さん、ぜひ覚悟していらしてください。

そうそう、ワークショップの直前ですが皆さんにお断りがあります。
13:00~15:00の火星ワークショップ、16:00~18:00の占星術勉強会の内容が変更になります。

先日の東京での火星ワークショップでのお話しがとても好評だったので、内容を一部変更して、マンデン=時期読みのちょっと面白い話をしようと思っています。

・四季図
・火星イングレスチャート
・昭和天皇崩御
・新元号発表
・今上天皇のお気持ち発表

これらのチャートを合わせ読みしながら、「なぜ、新しい時代を行く抜くのに火星力が必要なのか?」をお伝えしていく予定です。
個人的にかなり偏愛の内容になっています。
楽しすぎで暴走するかもしれませんが、ぜひぜひ楽しみにいらしてください。

あ!そして…定員がオーバーしたため、火星WSの会場を変更することになりました。
会場はこちらになります。
とてもステキな会場です。
こちらでモリモリ、新し時代の話をしていきましょう。
現地でサポートしてくれているともりん、ありがとうございます!

【ホテルハミルトン札幌】
北海道札幌市中央区南1条西15丁目1-238 2F
地下鉄西18丁目駅まで徒歩7分・ハーバルムーンまで徒歩6分
↓ ↓ ↓
ホテルハミルトン札幌

4月5日(金)
●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:4月5日(金)13:00~15:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所:ホテルハミルトン札幌2F
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
申し込み販売サイトはこちら!

ということで、火星WSの内容とかぶってしまうため、次の占星術勉強会の内容を変更させていただくことになりました。
こちらも最近の勉強会で好評だった、「クライアントの心をつかむホロスコープ読み」というのをやります。

チャートに示された象徴のどこを、どう言葉にしていくか。
どうしたら、しっかり心に寄り添う言葉を伝えることができるか。
現場力を磨くための練習、また生活にも役立つ水星力の鍛え方を考えていきましょう。

★クライアントの心をつかむホロスコープ読み★
◆日時:4月5日(金)16:00~17:30
◆金額:3000円
◆場所ハーバルムーン  → アクセス (地下鉄東西線・西18丁目駅 徒歩3分)
◆お申込み ハーバルムーン☆古川さんまで メールアドレス : herbal_moon7@phyto-energy.jp


★タロットカード実践読み勉強会 クライアントの“今”にしっかり寄り添うリーディングの練習をしよう★
“今”を知るためには、まず全体に流れている動きをキャッチすることです。
目の前に展開されたカードたちが織りなす、”今、読まれるべき物語”にどのようにしたら気づき、寄り添い、それを伝えるべき言葉に落としていけるのか。
今回は、”今”をぎゅっとつかみ取り、目の前にいる人物に寄り添った言葉を見つけていく練習をしていきます。
◆日時:4月5日(金)17:30~19:00
◆金額:3000円
◆場所ハーバルムーン  → アクセス (地下鉄東西線・西18丁目駅 徒歩3分)
◆お申込み ハーバルムーン☆古川さんまで メールアドレス : herbal_moon7@phyto-energy.jp


【4月6日(土)7日(日)】
●カウンセリングの現場で生かすホラリー&コンサルテーションチャート
■日時:2019年4月6日(土)7日(日)10時~17時30分
■講座料 56,000円
●1日目 
古典の技法とコンサルテーション&ホラリーチャートの働きを学ぶ
ネイタルチャートとホラリー&コンサルテーションチャートのシンクロニシティを体験し、現場のアプローチを学ぶ
●2日目
総合的にネイタルチャートとホラリー&コンサルテーションチャートを使用し、現場でのアプローチを完成させる
個人の“今”を理解し、個人の人生の全体を設計する

■申し込み
ハーバルムーン☆ 古川まで メールアドレス : herbal_moon7@phyto-energy.jp
お申込み等のとりまとめは、古川さんがしてくれます。

火星WS 陰=月=beは、自分の心地よいサイズを知っているか?
まずは、大阪のTさんの牡牛座期の感想から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の火星牡牛座期は自分の対人関係の苦手意識も絡んで「自分は何も出来ない」と感じる場面が多くてなかなかハードな時期でした。
でも、こういう時期だからこそいろんなことやものをもう一度きちんと見直そうという気持ちにもなれました。
自分の歩みが本当に亀のように遅く感じられて、小説の「モモ」(ミヒャエル・エンデ)を思い出してまた読みたくなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほんとね、牡牛座火星、いろいろなことがありましたね。
8ハウスのテーマですものね、自分の心の中をのぞかずにはいられないですね。
他者との関係を通してなのか、「無力感」を覚えずに入られないですね。

心にわだかまりがあると、どうしても人生を前向きに進めていくことができない。
自分なりに”生きる”と向き合うために、しっかり自分の8ハウス=〇〇問題に向き合うことが大切な時期だったのかもしれません。

そんな牡牛座火星期の振り返りから始まった火星WS。

Desktop75.jpg

年号が変わる直前の大事な時期をどう過ごすか。
「昭和天皇崩御」「今上天皇のお気持ち発表」「新年号発表」といった重要な転換期のチャートと、そして2019年の四季図のチャートを使い、今、私が一番伝えたかったことを1時間40分みっちり、凝縮してお伝えしていきました。

土星・海王星から土星・冥王星の時代、私たちは何を失い何を得たのか。
失望の時代からサバイバルの時代へ。
安全神話崩壊の時代から自立の時代へ。
逆行のない今期の火星サイクルの重要なテーマとは??
2019年の四季図と陰・火星、風エレメントとの関係。

そんなこんな、夢中になってしゃべったことをみねんこさんがレポートしてくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【火星ワークショップ ふたご座編★レポート】
おうし座期間の最終日、ふたご座期へとつなぐ回。
1おひつじ、2おうし、3ふたご
1月1日からの流れが積み重なり、ユーザーそれぞれの火星の旅にもドラマが見えてきましたね。
振り返りシェアトークが充実した今回は、火星の効果ってどんな感じ?と手探りしてるアナタの4月からのプランニングに響く内容ですよ!

いまの時代の説明部分では大きく「平成」を振り返りました。
火星で扱うには大きいテーマですが、平成の始まりと終わりが「やぎ座の土星」でした。
そしていまは土星と冥王星がピタリと重なる時代の節目に当たります。

この土星冥王星と2019年の火星サイクルは切っても切れない関係に。
このことが4枚の季節図(春分、夏至、秋分、冬至)ではっきり表れています。
そして火星の中でも陰サイン(地と水のエレメント)のテーマである「be」「私はどのようにありたいか」が重要だと納得せざるを得ない完璧な仕組み。

天体サイクルを活かして日々の活力として取り入れると、目先の動きだけでなく大きなうねりで時代が切り開かれていくのを体感できる。

個人は時代の移り変わりに翻弄されて、自分の中心を手離さざるを得ない。
こんな風に固定化した観念を書き換えていく。
風エレメントふたご座火星のテーマは、理想の自分像を思い切って宣言しよう!です。
火星サイクル手帳は単なるスケジューラーではなく「魔法のワークブック」であることがジワジワと浸透中!

このワークショップ内容は後ほどyoutube動画でリリースします。
申し込みの皆様、お楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みねこさん、ありがとうございます。

陰=月=beは、自分の心地よいサイズを知っているか?
山羊座土星、冥王星をポジティブな体験にするには、陰の性質をしっかり自分の中に落とし込むことが大事という話もしましたね。

最後は、一人一人、双子座火星期に向けた

では、だったら、それならば、どんな自分軸を生きていくか。

の宣言をして火星WSが終了しました。
また、双子座期が終わるころ、宣言によってどのように場がつくられようとしていくのか、そこを振り返ってみたいですね。

2019年の過ごし方、未来をもう少しクリアにイメージしたい方、ぜひ動画を視聴してください。
↓ ↓ ↓
動画の視聴はこちらから!

そして来週、札幌でも火星WSが開催されます。
協力していただいているハーバルムーンの古川さん、火星支部長のともりん、お世話になります。

●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:4月5日(金)13:00~15:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所ハーバルムーン  → アクセス (地下鉄東西線・西18丁目駅 徒歩3分)
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
申し込み販売サイトはこちら!
獅子座は「アンナチュラル」 だからこそのクリエイティブ
先日、私の古くからの知り合いのキャスティング会社の社長さんやデザイナーさんなど、女性ばかり12名ほどが集まったある会に参加させてもらった。
みんなおしゃれで豪快で楽しい人たちばかりなのだが、その中でも私の大好きなアートディレクターの方とちょうど向かい合わせの席に座ることができた。

NYで賞を取るなど、CM業界でずっと活躍している素晴らしい才能の持ち主の女性なのだけど、仕事をしてないときはいつもなんだか自虐的でダメダメで、それがとってもおもしろく、いつも笑わせてもらっている。

鑑定を何回かさせてもらっているので、彼女が獅子座の太陽の持ち主であることは知っているのだけれど、女子会もいよいよ宴もたけなわになり、彼女はいつものようにサービス精神で自虐的にこんなことを言い始めた。


私はね、アンナチュラルな人間なんですよ。
好きな人を前にしたら、右足と右手を同時に出してしまう、そんなおかしな人間なんです。
そしてね、とっても作為的な人間でもあるんです。
いつもなんかぐちゃぐちゃ考えている。
だからね、「自然体」とか言っている人なんて、私からすると嫌味でしかないんです。


これを聞いたとき、私は一人でハッとしていた。
そうだ、そうだ、獅子座ってアンナチュラルなサインなのだ。

アンナチュラルとは、「不自然な」「わざとらしい」「気取った」という意味になる。

確かに。
私の知っている獅子座は、なんだかみんな不器用で作為的で、段取りしないとうまくできない小心者で、どうふるまったらいいかわからないから、とにかく堂々としているふりするしかなくて、だから変にわざとらしくて、でもそれがオモシロくて。

それはそうだ。
12サインで一番作為的なサインのはずなのだ。

だからこそ、宝塚スターになったりできるわけで、自然体だったらあんなド派手でまどろっこしいことなんてやりたくないし、でもだからこそ、創り出すことに意味があるわけだし、その力で人に夢やロマンを与えることができるということだ。

「あるがまま」「ぼくとつ」な牡牛座に反発すること、超えていくことで、2番目の不動サイン・獅子座というサインが成立する。
獅子座のココ・シャネルの言葉では「天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ」ではないけれど、「そこにあるもの」をどう料理するか、あるのかないのかわからない不確かな自分の能力と格闘し続けることが獅子座の仕事みたいなものだったりする。
その作業は、とても自然体などではいられない。

だから、太陽活動は自分の中のナチュラルと向き合い続ける必要がある。
どうすれば自分の「好き」を超え、もっと美しく、もっと輝かしく、もっと人が喜ぶ光を放つことができるのか。

結局、太陽を表現するということ、創作というのもそういうことなのかもしれない。
自然体で生み出したものなど何の面白みもない。
生み出すことの違和感、矛盾、葛藤などを感じながらも、自分の中の完成形を見つけていく行為。

いつまでたっても、自分を打ち出すこと、表現することに慣れないのはこういうことなのかもしれないね。
後悔、反省、内省、分析、しおれたり、恥じたり、落ち込んだり、つまり乙女座の補完がこれにあたる。

だから、表現とは飽くなき調整なのかもしれないね。
東京、名古屋でも開催!ホラリー&コンサルテーションチャート講座
先日の勉強会でも、「鑑定の現場はコンサルテーションチャートがなくちゃ始まらないですよー」という感想をいただきましたが、本当にね、これだけ使える技術を使わない手はないですね。
生徒さんの多くの人たちが、「現場でのコンサルテーションチャートのミラクル」の報告をしてくれますが、前にも書きましたが、クライアントにしっかり寄り添いたいという方にこそ、この技法を使ってほしいと思っています。

鑑定をする人間の思い込みや価値観から離れ、純粋にチャートと向き合うことができる、この視点はとても大きな価値があります。
獅子座はプライドが高いとか、乙女座は細かいといった凝り固まった象徴の世界から、鑑定する人を解き放ち、クライアントの内的世界にもっと丁寧に沿うことができたりするのです。

4/6(土)7(日)、札幌でも開講が決まっていますね。
いつも熱心に学んでくれている札幌の方にホラリー&コンサルテーションチャートを紹介できる日がくるなんて!
うれしいですね。
こちらはあと1席、空いているみたいです。
お時間ある方はぜひ!

今回は、東京と名古屋クラスを募集します。
辛抱強く待ってくれていた名古屋のUさん、ようやく開催決定しました!
5月から、どうぞよろしくお願いします!

★カウンセリングの現場で生かすホラリー&コンサルテーションチャート

占星術が何よりも面白いのは、天空に配置された星々と、地上における人々が作り出す事象がシンクロを体験したとき。
ホラリー&コンサルテーションチャートはその見事さ、面白さが凝縮されているのです。
クライアントは、時に自分自身の本当の悩みをうまく打ち明けられないことがあります。
または、質問とは違うところに本来の意図や悩みを持っていたりすることもあるでしょう。
ホラリーチャート、コンサルテーションチャートを使ってどのように個人の“今”とシンクロさせることができるか。
質問を受けてから、着地するまでどのようなシナリオを描けるのか。
ホラリーチャート、コンサルテーションチャートという“瞬間”を切り取った写真を使って「今ここ」の風景をあぶりだし、問題を浮き彫りにし、問題解決の糸口、またはネイタルチャートに隠されたパターンや欲求を見つけていく。
古典の技法をしっかり学び、実際の現場でのケースを多数読みこなし、じっくり学んでみたいと思います。
「今」の状況を理解し、乗り切る勇気を持つことができれば、過去の問題を消化し、未来を変えることができるはずだ。この心理学者アドラーの考え方をもとに、クライアントの“今”をしっかり理解し、サポートしていくこと。
それが心理占星術的古典の利用方法となります。
占星術の面白さ、現場の面白さがギュッとつまった講座です。
現場力をつけるためにも、ぜひ本講座を学んでみてください!

★東京クラス 4/22(月)スタート
■日時:毎月第4月曜日  12:00~15:00(3時間) 4/22、5/27、6/24、7/22、8/26(全5回)
■講座料 60,000円(1回12000円) ※お支払い方法はご相談ください ※再受講の方は30,000円で受講いただけます
■場所:北参道 みらいづくり研究所

★名古屋クラス 5/10(金)スタート
■日時:毎月第2金曜日  14:00~17:00(3時間) 5/10、6/7(この日は第1金曜日になります)、7/12、8/9、9/13(全5回)
■講座料 60,000円(1回12000円) ※お支払い方法はご相談ください
■場所:愛知県名古屋市中村区名駅3-13-28名駅セブンスタービル308 → 詳細はこちらから 

※情報量の多い講座です。ICレコーダーをお持ちください
※欠席の際は、ビデオにて補講していただくことができます
※動画による受講もあり
気になる方はお早目のお申込みを!
↓  ↓         ↓  ↓
お問い合わせ お申し込みはこちらから!


●第1回 第2回 
古典の技法とコンサルテーション&ホラリーチャートの働きを学ぶ
ネイタルチャートとホラリー&コンサルテーションチャートのシンクロニシティを体験し、現場のアプローチを学ぶ
●第3回 第4回
総合的にネイタルチャートとホラリー&コンサルテーションチャートを使用し、現場でのアプローチを完成させる
個人の“今”を理解し、個人の人生の全体を設計する
●第5回
100本ノック! 様々なチャートを使い、即戦力となる実践的テクニックとシンクロニシティの扱い方を学ぶ
「成功」「幸せ」「安心」のための一般化されたフォーマットなどない 
おそらく私のところだけでないと思うが、多くの人たちが新しい時代のための新しい生き方を目指し、自分でコンサルタントやセミナー講師、ワークショップやお茶会の主催などの事業を興そうと相談にやってくる。

そして、そういう人たちの多くは、集客ビジネスセミナーやら、〇〇コンサルタントという人たちにまあまあのお金を払って、ITやSNSなどの利用方法やら、HPの見せ方などを教わったりする。
または、これは昔から存在しているが、「自分を知る」という態で多額のお金を自己啓発セミナーに投資したりもしている。

これまでは「めちゃくちゃお金に余裕がある人なら、暇つぶしに自分探しを好きなだけやればいいじゃん」とのんきに傍観していたが、今は、みんなが切羽詰まって自分の未来を考えているわけで、そしてそれに対し、それも切羽詰まった業者たちがFacebookなどを使って本気で獲物を狙ってくるわけで、これは由々しき自体だなあと、なんだかひとり暗い気持ちになったりしている。

牡牛座火星の最後に、または牡牛座天王星のスタートにあたり、もう一度、自分のリソースの大切さと、そしてその扱い方を見直したいなあ、見直してほしいなあとしみじみ思う。

その際、最近のチャート分析のひとつとして、強すぎる山羊座・土星や射手座・木星が私にとって懸念材料になっている。

社会的報酬の天体と言われている木星(そういう読み方するから、多くの人たちが木星に踊らされちゃうのだけど)が一般的な成功や幸福のイメージをつくり、土星がそれに沿ったフォーマットなり、メソッドなりを構築し、それを一般論として提供する。
そういった方法論が巷にあふれかえっているように見える。

○○をすれば人が集まる。
○○をしないと時代から後れをとる。
〇〇で収入をもっとアップする。
○○をすれば結婚できる。

気持ちはわかる。
彼らはプロだから、スキルはある、人が惹かれるキャッチコピーをつくるのもうまい、そして自分は広いビジネス界で迷子になりそうになっている。

けれど、私が見てきたいわゆる成功者――イチローは先日の会見で、「どこからが成功でどこからがそうじゃないかを判断できない、だから僕は成功という言葉が嫌いなんですけど」と言っていたね――は通常の方法論に甘んじることなく、自分のスタイルとペースを模索し続けている。
クイーンのボヘミアンラプソディーの完成秘話じゃないけど、むしろ周囲に「NO!」と言われたときこそチャンス、常識の突破の時期、自分の殻を破れるときなのかもしれない。

そのうえで、プロの声を聞く。
最初から手取り足取りお任せするのではなく、自分に合うサイズ、資金、価値観、スタイル、個性を十分にわかったうえで、自分にはどうしても足りない知識を補ってもらう。
一人の旅路が不安な時、サポーターや理解者として、突破口をもたらす客観的な視点として彼らの存在をうまく利用する。

「成功」「幸せ」「安心」のための一般化されたフォーマットなどない。
そういうのを求め始めたときから、不安と無個性化がはじまる。

「個」を生きる時代と言われる時だからこそ、占星術で言えば個人天体の力を強める必要がある。
最初からカッコつけることなどない。
チープでつぎはぎだらけでも、自分らしさがにじみ出ていれば、その個性を買ってくれる人は少なからずいる。
個人で少しずつ世界をつくっていくなら、まずは一歩一歩、自分のやり方で進めていくこと。
1年や2年で簡単にものにできるものは、1年や2年で時の流れの中で消滅することになる。

自分が長く付き合ってきた自分の姿で勝負できるよう、その個性が消えないやり方を模索すること。
それがわかっていれば業者に食い物にされることなく、不安を感じることなく、コツコツと歩みを進めていけることになるだろう。

そんな私もアドバイスする立場なので、それぞれのリソースを大切にしつつ、その人のやり方で進んでいけるよういいやり方はないかな、を模索中。
それはもちろん簡単ではない。
人生は日々精進ですね。
3/30(土)火星WSは、四季図から考える火星の重要性の話
【火曜日は火星の日】

昨日、今日と勉強会では、昭和天皇、今上天皇、次期天皇の3人の天皇の特徴や共通項、そして平成30年における重要なターニングポイントとなった出来事のチャート分析、そして四季図から「これまでの時代、これからの時代」を考えるというのをやりました。

これからの未来を考えるのにすごく使える情報だし、かなりオモシロいし、そして今回の四季図は火星の重要性が際立っているので、せっかくだから3/30(土)の火星ワークショップ双子座期の巻で四季図と火星の重要性の話、ガッツリやろうかなと思っています。

さすがに天皇のチャートまでは触れませんが、牡羊座~双子座までの火星イングレスチャートとともに、春分から冬至にかけての4つの季節図を読みながら、この1年間に必須の火星力についてお話ししていこうと思っています。
ぜひぜひ楽しみにいらしてください!

●第1部:オープニング 牡羊座、牡牛座までの流れを振り返り、この先の道のりに必要なもの、足りないものを考える
●第2部:4つの四季図と双子座火星イングレスチャートを見ながら、これからの1年、そしてこれからの1か月半の過ごし方を考えよう!
●第3部:みんなの火星サイクル手帳の話をシェアしよう!
◆日時:3月30日(土)14:00~16:00
◆金額:火星サイクル手帳お持ちの方 3,240円
     火星サイクル手帳お持ちでない方 7,240円
◆場所 北参道 みらいづくり研究所
◆お申込み 

↓ ↓ ↓
火星WSのお申し込みはこちらから

火星はいよいよ牡牛座の最終ターム。
皆さんにとって、牡牛座3期はどのような時期になりましたか?
自分の「あるべき姿」とどのくらい向き合うことができたでしょうか。
自分のリソースをどのくらい実感できましたか?

そろそろ牡牛座期の振り返りページを開いて、
★牡牛座期に新しく体験したこと
★持ち物の見直しの中でトキメキを感じた出会い
★牡牛座期に後回しにしてしまったこと、自己嫌悪に陥ったこと
★双子座期にチャレンジしたいこと

などなどを丁寧に思い起こして、双子座イングレスに備えましょう。

今日の勉強会でも話題になった牡牛座期とこんまりの関係。
3年くらい前になるのかな、ミエルさんから「火星が牡牛座に入ると掃除がしたくなる!」という報告を受けて、それをみんなで検証してみたりしました。

牡牛座期は、自分の中の価値基準を育て、自分の力で「どうあるべきか」に答えを見つけていくことが目標となる。
そのために、自分のあり方を見直す必要が出てくる。
自分の持ち物を整え、安全圏を整え、今の私に一番ふさわしい在り方を物質面、現実面、身体面から見直すことが大切になる。
こういった体験から、自分にウソのない生き方が明確になるということだ。

だから、先日のイチロー引退の発表は、私にとって牡牛座火星・地エレメントに対する理解をさらに深めてくれることになったわけだ。
自分に正直に生きていたら、自ずと自分らしい生き方を選ばざるを得ない。
限界もわかる。
器もわかる。
やれること、やれないこと、身体や時間や才能がNOと言えば、やはりNOなのだ。
自分のリソースを丁寧に扱い、自分を大切に生きているからこそ、大切な決断の時期もわかる。

そんなふうに正直に生きた人の言葉を前にすると、こちらも真実を生きたくなるではないか?
何があっても堂々と生きてみたくなるではないか?
3/30までのラストスパート、できれば「私に返る」というのを意識し、自分に嘘のない在り方をここで一度見つめなおしていただけたらと思います。
その「私」を携え、活発な動きが始まっていく双子座期を前に、できる限り自分の本質に触れることができるといいですね。

そんなこんなで牡牛座期入ってから(もちろん山羊座土星、牡牛座天王星の影響もあるだろうが)、自分らしく生きたい人たちが続出した。

私も時間を作り、夢中になって大好きな土いじり。
お気に入りのオーストラリアのワイルドフラワー、セルリアや リューカデンドロン、フランネルフラワーやライスフラワーをベランダの鉢に植えたりして。

Desktop74_20190326234526c23.jpg

健やかな私を整え、この先の活発な動きに備えます。

皆さんの牡牛座期はどんなだったかな。
よかったら、土曜日のWSで聞かせてください。

nico
nicoPLANET 2019年春分号 新しい季節に必要なもの
春分、そして過去15年でもっとも春分に近い満月を迎える今日、皆さんは新しい季節を迎える準備はできているでしょうか。

今年も無事、nicoPLANETの春分号を迎えることができました。
赤ペン12サイン占いを担当してくれている皆さま、毎月のアップ作業をしてくれているつびー、そして読者の皆さま。
いつもサポートありがとうございます。
4年目を迎えたニコプラネット、これからもっと充実した記事をお届けできるよう頑張ります。

では、春分号のご紹介。

●赤ペン12サイン占い 2019年牡羊座期
↓ ↓ ↓
https://nicopla.net/monthly/3215/


今回、牡羊座を担当した月影氏のテキストは必読。
牡羊座期に、牡羊座男が牡羊座について書くとこんな冒頭文になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生きてれば、痛いことってある。痛くない、痛くないって言い聞かせたって、痛いもんは痛い。愛する人が去っていったり、クソみたいな奴に否定されたり、頑張ったのに報われなかったり、気にしないで前を向いていこうって思っても、痛いもんは痛い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さんの牡羊座期はどうなっていくのか。
ぜひ読んでみてください。

●nicoの星宙予報。
↓ ↓ ↓
https://nicopla.net/monthly/3215/


少しだけ春分図読み。
今の時期の進みづらさ、足りないもの過剰なもの。
その辺を少しだけ書いています。
もしよかったら、1か月の過ごし方の参考にしてもらえたらうれしいです。


●今月の言葉「ジャック・マイヨール」
↓ ↓ ↓
https://nicopla.net/word/3209/


牡羊座の生き難さにフォーカスしてみました。
牡羊座を生きるのは本当に大変。
けれど、その大変さと隣り合わせに”生”がある。
生きるとは過酷なものです。

どうせ生きるなら、生きると決めたなら、少しでも明るい方向に顔を向けて生きていけるといい。
明るく美しい世界がそこにある。

皆さまの春の季節が素敵なものになりますように。

IMG_5012.jpg
スリランカにて。

nico
Designed by aykm.